<   2017年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

太平記を歩く。 その34 「唐櫃城跡(専念寺)」 神戸市北区

神戸市北区の有馬温泉の近くにある「専念寺」というお寺の地が、かつて唐櫃城があったとされる場所で、赤松則村(円心)が一時滞在していたといわれているそうで、訪れました。


e0158128_22055967.jpg

専念寺は、「その33」で紹介した五社八幡神社から直線距離にして約2km南にあり、摩耶山城からは六甲山脈を超えた北側になります(神戸では、六甲山北側のことを「裏六甲」といいます)。


e0158128_22085420.jpg

現地説明板によると、円心が滞在していたのは「建武の頃」とありますが、その立地から考えると、円心がこの地に居たのは、摩耶山合戦の頃、すなわち元弘3年(1333年)2月前後ではなかったかと想像します。


e0158128_22085442.jpg

説明板によると、境内には円心とその三男・赤松則祐供養塔があると紹介されているのですが、肝心の供養塔を示す標示がなかったので、どれかわかりませんでした。

ご住職に訪ねようと思ったのですが、どなたかの法事が行われていて、聞くこともできず・・・。

とりあえず、それっぽい古い石碑を片っ端に撮影しました(笑)。


e0158128_22112812.jpg

これなんて、円心と則祐が二つ並んでるっぽくないですか?


e0158128_22122606.jpg

たぶん、この中のどれかです(笑)。


e0158128_22141060.jpg

唐櫃城の遺構らしきものは確認できませんでした。

たぶん、この裏山なんでしょうが、柵があって入れませんでした。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-31 17:38 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その33 「五社八幡神社」 神戸市北区

神戸市北区にある「五社八幡神社」を訪れました。

元弘3年(1333年)2月の「摩耶山合戦」の際、摩耶山城を本拠とした赤松則村(円心)は、北方の備えとしてこの背山に支城を築き、荒廃した社殿を再建して戦勝を祈願したと伝えられます。


e0158128_18124063.jpg

その甲斐あって赤松軍は幕府六波羅軍に大勝し、倒幕の勢いにのります。

鎌倉幕府の瓦解は、遠く離れた神戸のまちから始まっていました。


e0158128_18124928.jpg

時代は下って戦国時代、三木城主別所長治の家臣・小野三郎義晴切畑城を築き、ここの境内に居館を設けていたそうですが、羽柴秀吉軍の三木攻めの際、兵火により社殿を焼失したと伝わります。

その際、義晴は御神体に兵火がかからないよう、背後の谷間に埋めたといわれ、その後、村民が御神体を掘りおこし、社殿を再建して奉安したと伝えられますが、その年月は不明です。


e0158128_18125384.jpg

しかし、昭和55年(1980年)に文化庁の調査が行われ、社殿が室町時代のものと判明。

そこで、国の重要文化財に指定するかの審議がなされていたそうですが、その最中、放火によって全焼してしまいまったそうです。


e0158128_18125988.jpg

現在の社殿は、昭和60年(1985年)に鉄筋コンクリートで再建されたそうです。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-30 20:30 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その32 「五鬼城展望公園」 神戸市灘区

摩耶山の麓にある、「五鬼城展望公園」を訪れました。

かつてここは摩耶山城のひとつだったと考えられています。

摩耶山の登山口に位置し、「摩耶山合戦」に関わっていないはずはないと思い、シリーズに加えました。


e0158128_21314153.jpg

「五鬼城展望公園」へのルートは、摩耶山登山道と同じです。


e0158128_21331634.jpg

五鬼城の名称の由来は、昔この地を支配していた豪族・五鬼氏からきたものだそうです。

以下、説明板より引用。


五鬼城之由来


昔この地に五鬼氏と云う豪族が住んでいた。祖頃この辺りは昼尚鬱蒼たる大森林に覆われていた。この自然の要塞を砦として外敵のしばしばの襲来にも一度として敗れた事なく、従って一族は益々隆盛を極めて繁栄したものである。当時この付近に住む土着民達の暮しは大変貧しく「病気貧乏ふしあわせ」等で苦しむ人々が多く実に憐れな生活であった、此の姿を見た五鬼氏は五情の戒めを説いて幸せの道として多くの人々の救済に尽くされた。この素晴らしい威徳を讃えて永くこの地の守護神とされたが、今日では僅かに五鬼城の名称のみ残されているにすぎない。


五鬼城講


調べてみましたが、五鬼氏という豪族がいつの時代にいたのか、よくわかりません。

そもそも、この伝承が事実かどうかも定かではありません。


e0158128_21355885.jpg

南北朝時代から戦国時代にかけて、志摩国の海を支配した水軍で有名な九鬼氏がいますよね。

「九鬼氏」「五鬼氏」・・・なんか関連があるのかな?

ここ摩耶山周辺も海に近い海運の要地

あるいは、五鬼氏も兵庫津を支配する水軍だったのでは・・・なんて、これ、すべて私の想像で、根拠はありません。


e0158128_21374349.jpg

公園は標高270m付近にあり、神戸市東部から大阪湾にかけて一望できる展望台になっています。


e0158128_21393793.jpg

西南の三宮方面の眺望です。


e0158128_21394049.jpg

ビルの間に港神戸の象徴ポートタワーが埋もれています。

わたしが子どもの頃は、ポートタワーが神戸でいちばん高かったんですけどね。


e0158128_21422584.jpg

真南の眺望です。

遥か彼方に見えるのは、大阪泉南から和歌山にかけてです。


e0158128_21444814.jpg

そして西側の眺望、大阪湾が一望でき、その彼方に見える山は、右から「その14」「その15」「その16」「その17」で紹介した金剛山、その左が葛城山、そして「その27」で紹介した二上山です


e0158128_21471568.jpg

拡大です。


e0158128_21501571.jpg

ちなみに写真左端に見えるのが、「その30」で紹介した神戸大学キャンパス、その少し右に見える森が、「その31」で紹介した六甲八幡神社です。

e0158128_21501825.jpg

神戸大学にズームイン。

e0158128_21502133.jpg

六甲八幡神社にズームイン

こうして見ると、戦場となった位置関係がわかりますね。

赤松則村(円心)・則祐親子はこの地に立って一王山十善寺の配下と連携を取りつつ、八幡の森に陣を布いていた六波羅軍を撃破したわけです。

たしかに、この位置関係を見れば、赤松軍の圧勝の理由がわかるような気がしますね。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-29 18:34 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

おんな城主 直虎 第12話「おんな城主直虎」 ~井伊直親の最期と井伊直虎の誕生~

 井伊直親の最期の回でしたね。その伝承によると、直親が松平元康内通しているという小野但馬守政次の讒言によって、今川氏真は大いに驚き、ただちに井伊谷に軍勢を差し向けようとしますが、今川氏の一族でありながら井伊家寄りだった新野左馬助親矩が、氏真に思いとどまるよう説得し、出撃は中止されます。親矩の妹は亡き井伊直盛の妻で、つまり、次郎法師の母でした。さらに、親矩の妻は井伊家一族の奥山因幡守朝利の妹でもあり、親矩は今川氏の一族として井伊家の目付家老でありながら、井伊家と深い絆で結ばれていたんですね。


 そんな背景もあって、氏真は親矩の説得を心から納得していなかったのかもしれません。あるいは、零落著しい今川氏にあって、氏真は疑心暗鬼になっていたのかもしれませんね。氏真は直親を許すつもりはありませんでした。


 親矩から報せを受けた直親は、逆心がないことを弁明しようとただちに駿府城に向かいます。「行けば殺される」と止める家臣も多かったと思われますが、直親は強行したんですね。あるいは殺されるかもしれなくても、この時点では、そうするしかなかったのでしょう。永禄5年(1562年)12月、直親は家臣18人を従えて、井伊谷を発ちます。


 通説に従えば、12月14日、井伊谷から東南東に35kmほどのところで、遠江国掛川城主朝比奈泰朝の兵に囲まれます。このときのことを『井伊家伝記』は、「掛川通りの節朝比奈備中守取り囲み一戦に及び、直親主従共粉骨を尽すと雖も、無勢故終には傷害成され候」と記します。


また、『寛政重修諸家譜』には「十二月十四日遠江国掛川をすぐるところ、城主朝比奈備中守泰能(泰朝の誤り)その意しらず。氏真をせめむがために、行くならむとおもひ、俄に兵を出して囲みうつ。直親やむ事を得ずしてこれとたゝかひ、終に討死す。年二十七」とあります。つまり、泰朝は直親が申し開きのために駿府に向かっていると知らず、駿府を攻めるためだと勘違いし、兵を出して襲撃した・・・と。まあ、このあたりの理由は、後からどうとでもいえますよね。おそらく、氏真は最初から直親の抗弁など聞くつもりはなく、泰朝に命令して殺させたのではないかと・・・。


 かつて直親の父・井伊直満は、政次の父・小野和泉守政直讒言によって今川義元殺害されました。そしてまた、直満の子・直親は、政直の子・政次の讒言によって、義元の子・氏真に殺されたわけです。なんという因縁でしょう。安物の脚本家でも、こんな出来すぎた設定は考えないのではないでしょうか。まさに事実は小説より奇なり。ドラマでも、この親子二代の因縁を、もうちょっとクローズアップしてほしかった気がします。


 直親の死後、ドラマでは一族最長老の井伊直平中野直由新野親矩が瞬く間に死んでしまいましたが、実は直平らが死んだのは直親の死から9ヵ月後のことでした。しかも、直平の死は毒殺だったという説もあり、十分にドラマになったと思うのですが、ナレーションだけでこの世を去っちゃいましたね。早くおんな城主を誕生させたかったのかもしれませんが、直親の死からあとの井伊家の窮地がもっとも面白いところだと思っていたので、そこをもっとじっくり描いてほしかった気がします。その井伊家存続の危機があったから、おんな城主が誕生したわけで・・・。


直平が死んだことで、ついに井伊家を継ぐ男子は直親の忘れ形見・虎松だけとなりました。しかし、虎松はまだ幼く、後見が必要です。そこで白羽の矢が立ったのが、次郎法師だったんですね。ドラマのとおり、次郎法師を後見に推したのは、南渓瑞聞和尚だったといいます。かくして、おんな城主・井伊直虎の誕生です。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-27 17:11 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その31 「六甲八幡神社」 神戸市灘区

阪急六甲駅のすぐ南にある森が、六甲八幡神社です。

e0158128_15084531.jpg

『太平記』によると、元弘3年(1333年)2月の「摩耶山合戦」において、摩耶山城に籠る赤松則村(円心)に対し、幕府六波羅の軍勢が「八幡林よりぞ寄たりける」とあるのですが、その「八幡林」が、ここ八幡神社の森と考えられています。

e0158128_15113238.jpg

いまは街なかにありながらも、境内は広い森となっています。

このあたりの住所は現在も八幡町といい、たぶん、当時はこの辺り一体が森だったのでしょう。

5000の大軍が身を隠すには、もってこいのロケーションだったのでしょうね。

e0158128_15132844.jpg

六甲八幡神社の創祀は、万寿3年(1026年)、この地に水原氏が八幡神を祀っていたものを、治承4年(1180年)の福原遷都に伴い、平清盛石清水八幡宮を勧請したものといわれています。

e0158128_15153244.jpg

その後、戦国時代の戦乱によって荒廃していましたが、天正年間(1573~92年)に林播磨という人によって修築され、寛政7年(1795年)には、その孫の林清兵衛が社殿等を改築。

さらに、領主の石河氏春日大社旧社殿移築したのが、現在の本殿だそうです。

このあたり一帯は、平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災で壊滅的な被害を受けた地域であり、本殿も全壊してしまいましたが、現在は彩色も鮮やかに復興されています。

e0158128_15162693.jpg

ここはわたしの会社から近く、よく通る場所だったのですが、このたび太平記のことを調べていて、ここが関連史跡だと知りました。

いにしえの先人たちの足跡は、けっこう身近にあるものですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-26 01:09 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その30 「赤松城跡(神戸大学キャンパス内)」 神戸市灘区

神戸市灘区の山の手にある国立神戸大学のキャンパスが、赤松則村(円心)の建てた「赤松城」だったという伝承があります。


e0158128_20490461.jpg

『太平記』によると、円心は大塔宮護良親王令旨を持って都から帰った子・赤松則祐の勧めで、一族に奮起を促し、「当国赤松城に馳せ参ぜしむべし」と伝えたといわれますが、その赤松城というのが、ここ神戸大学の敷地だったとの説です。


e0158128_20503506.jpg

明治41年(1908年)の発掘調査遺構石垣跡が発見され、ここが『太平記』に出てくる赤松城に違いないという郷土史家の意見から、神戸大学構内に「赤松城之址」という標柱も立てられ、昭和7年(1932年)9月には、このあたりの地名も赤松町と名づけられました。

ところが、その後の調査で、実際の赤松城は播磨国佐用郡の苔縄城とわかり、ここにあったのは一王山十善寺の跡であることが判明。

元弘3年(1333年)2月の「摩耶山合戦」の際に、円心はここ一王山十善寺をとして利用し、六波羅軍によって焼かれたようです。


e0158128_20521569.jpg

城跡(砦跡)は大学敷地内では最も高い場所にある経済学部付近だと知り、キャンパス内を歩いてみたのですが、「赤松城之址」の標柱は見当たりませんでした。

あるいは、もうないのかもしれませんね。


e0158128_20560325.jpg

神戸大学から見た摩耶山です。

この地を訪れてみて、なるほど、摩耶山合戦に際しては、東の砦として絶好の場所だと思いましたね。

西に摩耶山を見渡せ、このちょうど真南には、六波羅軍が陣を布いた八幡の森が一望できたはずです。


e0158128_20560873.jpg

標柱は見つかりませんでしたが、「赤松町」という地名はしっかり残っています。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-24 22:30 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

おんな城主 直虎 第11話「さらば愛しき人よ」 ~小野但馬守政次の讒言~

 松平元康(のちの徳川家康)が今川家に反旗を翻したことで、駿府に人質として残っていた瀬名姫(のちの築山殿)、嫡男の竹千代(のちの松平信康)、長女の亀姫は窮地に立たされますが、元康は鵜殿長照の籠る上ノ郷城を攻め落とした際、長照の子の鵜殿氏長・氏次を生け捕りにし、今川家に対して人質交換を求めます。長照の母は亡き今川義元の妹で、寿桂尼から見れば長照は孫、今川氏真から見れば従兄弟にあたります。桶狭間の戦い以降、配下の離反が後を絶たない今川家にとって、一族の命を守るのは是非に及ばず。家康の要求に応じます。見事な人質奪回工作でした。


 無事に救い出された瀬名でしたが、岡崎城に入ることを許されず、岡崎城の外れにある惣持尼寺幽閉同然の生活を強いられることになります。その理由は、元康の生母・於大の方が瀬名のことを嫌っていたからとも言われますが、もともと今川義元の養女という立場での元康との結婚だったわけですから、反今川の立場となった今となっては、持て余していたというのが正しいかもしれません。こののちも、瀬名は元康から死ぬまで冷遇され続けます。


 ドラマでは、元康の見事な人質奪回工作に感銘を受け、元康に興味をいだいた井伊直親でしたが、もともと元康の妻・瀬名の母方の祖父は井伊直平で、直親にとって瀬名は従兄妹にあたるため、その夫である元康に親近感を持つのは当然のことだったと想像できます。そんな背景もあり、今川家衰退著しいなか、直親は次第に松平家に傾倒していったのではないでしょうか。


 元康から鷹狩の誘いを受けた直親は、その招きに応じて元康と対面、親交を深めることになりますが、これが、実は寿桂尼の仕掛けただった・・・というのがドラマの設定でしたね。そうとは知らない小野但馬守政次は、駿府で寿桂尼に事の真相を突きつけられ、やむなく寿桂尼の前にひれ伏すこととなります。この展開、なかなか上手い脚本だったんじゃないでしょうか。


 通説では、今川家の目付けであり、もともと直親と折り合いの悪かった政次が、今川家に松平家との内通讒言したとされています。『井伊家伝記』は伝えます。


 「小野但馬急に駿府へ罷り下り、今川氏真へ讒言申し候は、肥後守直親は家康公、信長両人へ内通、一味同心仕り候。」


 直親は元康と織田信長に内通し、陰謀を企てている・・・と、政次が今川氏真に讒言したというんですね。まさしく、政次の父・小野和泉守政直が直親の父・井伊直満を讒言して死に追いやったときと同じです。


「お前は必ずわしと同じ道をたどるぞ。」


 まさに、親子二代の因縁です。


 このドラマのとなる部分が、直親と政次、そして次郎法師(おとわ)友情物語にありますから、この設定はうなずけます。結果的に直親を裏切ることになった政次ですが、その裏には、今川家目付けという立場から井伊家を守るための苦渋の決断があった・・・と。ただ、その代償はあまりにも大きいものとなってしまうんですね。その結末は次週。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-22 19:17 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その29 「摩耶山城跡」 神戸市北区

神戸市に横たわる六甲山脈のなかで、六甲山の次に標高の高い摩耶山上に、かつて摩耶山城がありました。

ここは、元弘3年(1333年)に播磨国の守護大名、赤松則村(円心)によって築かれた城です。


e0158128_20122201.jpg

城跡には徒歩でも登れますが、登山に慣れないわたしは摩耶ケーブルで登ります。


e0158128_20131923.jpg

摩耶ケーブルの終点「虹の駅」のある一帯が東の曲輪群だそうです。


e0158128_20160644.jpg


虹の駅からの眺望。

神戸港から大阪湾が一望できます。

空気が澄んでいたら、 「その15」「その16」「その17」で紹介した金剛山まで見えるのですが、この日は残念ながら霞んで見えません。

e0158128_20244554.jpg

元弘2年(1332年)11月に大塔宮護良親王が吉野で挙兵、続いて12月に楠木正成が河内千早城にて挙兵。

こうした倒幕の動きを受け、元弘3年(1333年)2月、赤松則村(円心)はこの地に摩耶山城を築き、幕府の六波羅勢を迎え撃ちます。

これが、『太平記』にある「摩耶山合戦」です。


e0158128_20291547.jpg

『太平記』によれば、大塔宮に従っていた則村の三男赤松則祐が、親王の令旨を携え、父・則村に挙兵をすすめたとされています。

これを受けて則村は播磨から摂津に進軍。

『太平記』には、「兵庫の北に当たって摩耶という山寺ありけるに、まず城郭を構えて」とあり、このとき摩耶山城が築かれたと伝えます。


e0158128_20292090.jpg

幕府六波羅軍は5000の兵で摩耶山城を囲みますが、赤松軍は大塔宮によってもたらされた援軍を受けて7000の兵を従え、これを撃破。

幕府軍は敗走します。


e0158128_20292187.jpg

この摩耶山合戦の戦勝で勢いに乗った反幕府軍は、同年5月7日に足利尊氏、赤松則村(円心)らによって六波羅に攻め込み、同月20日には新田義貞が鎌倉を攻略し、鎌倉幕府はその幕を閉じることになります。

遠く関東の鎌倉幕府の瓦解は、ここ神戸の山中から始まったんですね。


e0158128_20314829.jpg

摩耶山城の北側にあった摩耶山天上寺跡は、現在摩耶山史跡公園となっています。

摩耶山天上寺は40年前までこの地にありましたが、昭和51年(1976年)に火災で消失し、より山頂に近い北側に移設されました。

かつては、この地に赤松則村(円心)・則祐親子の五輪塔が建っていたのだとか。


e0158128_20334880.jpg

史跡公園内には、建物跡の礎石だけが残されています。


e0158128_20355411.jpg

公園内の説明板には、在りし日の摩耶山天上寺の空撮写真が紹介されています。


e0158128_20372164.jpg

奇跡的に消失を免れた仁王門です。


e0158128_20423186.jpg

摩耶山史跡公園のすぐ西側には、「摩耶の大杉」と呼ばれる六甲山随一の巨木がそびえます。

幹周りは約8mあり、樹齢1000年と言われています。

一緒に写っている身長150cmのわたしの娘と比べれば、その大きさが伝わるでしょうか?

現地の説明看板によれば、約200年前に摩耶山一帯で起きた大水害のときにもビクともしなかったため、その生命力に驚いた人々は神霊が宿っているに違いないと、「大杉大明神」として崇めるようになったのだとか。


e0158128_20423402.jpg

残念ながらこの大杉は、昭和51年(1976年)の旧摩耶天上寺の大火災の後、火を被ったことが原因で、徐々に樹勢が衰え、現在は枯死してしまいました。

樹齢1000年ということは、「摩耶山合戦」のときにも、すでに樹齢300年の大樹だったんですね。

移り変わる歴史の変遷を見続けてきたこの大杉の姿は、枯死してもなおその存在感を人々に印象づけています。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-19 09:58 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その28 「陶器城跡」 大阪府南河内郡河南町

大阪府堺市にある陶器城跡を訪れました。

ここは現在、「東陶器公園」という児童公園になっています。


e0158128_21092513.jpg

公園奥にフォンスに囲まれた森のような一角があります。

ここに案内板が設置され、高さ2mほどの土塁跡が保存されています。


e0158128_21115359.jpg

フェンス越しの写真じゃわかりづらいですね。

直に見ると、結構立派な土塁です。


e0158128_21115704.jpg

案内板です。

その説明によると、陶器城は鎌倉時代の終わり頃、北条氏の家臣・陶器左衛門尉の居城だったそうですが、元弘3年(1333年)1月15日、楠木正成一族による河内国・和泉国の北条氏掃討作戦の一環として、攻め滅ぼされました。

このとき陶器氏も滅亡したとされます。

また、正平6年・観応2年(1351年)には南朝方の和田助氏淡輪助重が、北朝方の籠もる陶器城を攻めています。

その後の陶器城の歴史はよくわかっていないようです。


e0158128_21154681.jpg

フェンス内には、堺市指定保存樹となっているクスノキの巨木が聳えます。


e0158128_21154909.jpg

樹齢がどのくらいかわかりませんが、あるいは、往時を知っているかもしれませんね。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-17 19:16 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その27 「二上山城跡」 大阪府南河内郡太子町と奈良県葛城市の境界

奈良県葛城市と大阪府南河内郡太子町にまたがる二上山の山頂にあったと伝わる二上山城跡を訪れました。

旧令制国名でいえば大和国と河内国の国境にあたり、元弘2年(1332年)に楠木正成が築いたとされる楠木七城のひとつとする説がありますが、確証はありません。

e0158128_20590186.jpg

金剛山地北部に位置し、北方の雄岳(517m)と南方の雌岳(474m)の2つの山頂がラクダのコブのように並ぶ山で、現在は金剛生駒紀泉国定公園の区域に指定されています。


e0158128_20594934.jpg

二上山への登山ルートは複数ありますが、神戸から来たわたしは、山の西側、つまり大阪側から登ります。


e0158128_21005979.jpg

このあたり一帯は「万葉の森」と名付けられて公園整備されています。

河内郡太子町といえば聖徳太子ゆかりの地として、8世紀頃の古代遺跡が数多くあります。


e0158128_21025928.jpg

登山道は険峻なコースと整備されたハイキングコースがありますが、この日の往路はハイキングコースで。


e0158128_21040419.jpg

登山道途中にある石切場跡

奈良県明日香村にある有名な高松塚古墳の石山は、ここで採れた二上山凝灰岩が使用されているそうです。


e0158128_21050087.jpg

ここから、岩屋史跡を経由するコースを選びます。


e0158128_21062425.jpg

ここが、その岩屋遺跡

この遺跡は奈良時代の石窟寺院跡で、間口7m、奥行き5m、高さ6mの石窟です。

中央に建つ蔦が絡んだ石造りのものは、三重の塔です。

ここは、奈良時代に藤原豊成の娘・中将姫にまつわる逸話が残る場所ですが、長くなるのでまた別の機会に。


e0158128_21082205.jpg

岩屋跡に設置された年表看板では、「楠木正成が河内七城のひとつ二上山城を創る(弘安九)」と断定しています。


e0158128_21102498.jpg

岩屋跡の向かいには、樹齢約600年と言われる杉の巨木が横たわっています。

根回り約8mのこの杉は、最近までその樹勢を保っていたそうですが、平成10年(1998年)の台風で倒れてしまったのだとか。


e0158128_21102624.jpg

こちらの看板には、樹齢千年と書かれています。

あるいは、二上山城が築かれた当時を知っていたかもしれません。


e0158128_21124177.jpg

岩屋を後にすると、さらに山頂を目指して登ります。


e0158128_21124567.jpg

途中、ふり返ると、西に「その24」で紹介した嶽山城(龍泉寺城)跡が見えます。


e0158128_21124819.jpg

拡大します。


e0158128_21143003.jpg

登山を初めて約40分、標高474mに雌岳山頂につきました。

この日は10月30日の小春日和で、山頂は多くのハイカーさんで賑わっていました。


e0158128_21153455.jpg

山頂にある万葉の句碑


e0158128_21170117.jpg

山頂から見た北西の眺望です。

空気の澄んだ日は神戸の六甲山系まで見えるそうですが、この日は霞んで見えませんでした。


e0158128_21170695.jpg

拡大すると、あべのハルカスが見えます。


e0158128_21183486.jpg

南側には金剛山系が連なります。


e0158128_21183949.jpg

西側には奈良県飛鳥地方が一望できます。

なるほど、河内国から大和国をほぼ360度近く見渡せるわけですね。

正成でなくとも、ここは拠点として抑えておきたい場所です。


e0158128_20451477.jpg

しかし、二上山城があったとされるのは雄岳の山頂。

そのまま北側尾根伝いに雄岳を目指します。


e0158128_20463271.jpg

雄岳山頂近くまで登ると、土塁跡らしき遺構と思われる地形が見られ始めます。


e0158128_20480758.jpg

標高517mの雄岳山頂につきました。


e0158128_20492186.jpg

本丸跡と思われる山頂は、東西に細長い削平地となっています。


e0158128_20503516.jpg

こちらは、山頂に鎮座する二上神社


e0158128_20512922.jpg

二上山城は楠木正成が築いたと言われる説の他に、室町時代初期に河内国守護となった畠山氏高屋城の支城として築いたという説もあるそうです。


e0158128_20552447.jpg

本丸跡の東側の一段下がった二ノ丸跡と思われる場所には、大津皇子があすます(異説あり)。


e0158128_20552915.jpg

大津皇子は天武天皇(第40代天皇)の第3皇子で、天武天皇の死後、皇位継承争いのなかで謀反の疑いをかけられ、24歳の若さで自刃に追い込まれた悲劇の皇子です。


e0158128_20553276.jpg

現在は宮内庁の管理下にあり、中に入ることはできません。


e0158128_20570651.jpg

下山は険峻なコースを選びました。


e0158128_20585942.jpg

道中にある鹿谷寺跡

鹿谷寺は8世紀に造られたとされる凝灰岩の岩盤を掘り込んで作られた大陸風の石窟寺院です。


e0158128_20590386.jpg

中国大陸には敦煌龍門石窟など、数多くの石窟寺院が見られるそうですがが、奈良時代にまでさかのぼる本格的な石窟寺院は、日本ではここ以外には知られていないそうです。


e0158128_21003384.jpg

写真は寺跡の中心にある十三重の石塔


e0158128_21022508.jpg

その奥の岩窟の壁には、線刻の三尊仏坐像がかすかに浮かんでいます。


e0158128_21022845.jpg

さて、今回は太平記と直接関わりのない稿でしたが、ずいぶん長くなっちゃいました。

これで、金剛山系の正成に関連する城跡は、全て制覇したと思います。

が、シリーズはまだまだ続きます。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-15 22:17 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)