震災から14年。そして私の誕生日。今、思うこと。

Excite エキサイト : 社会ニュース

今日で阪神・淡路大震災から14年の年月が流れた。
そして今日1月17日は、私の誕生日でもある。
6,000人以上もの命日と同じ日。
当時28歳の誕生日だった私も、今日で42歳になった。

我が家は幸いにして家族皆無事だったが、私たち神戸市民にとって、今日は忘れられない日。
当時私は神戸市内のマンションの10階に住んでいて、あの地震を経験した。
本棚が倒れてきて目が覚め、揺れているあいだ何が起こっているのかまったく把握できなかった。
本棚の下敷きになりただ叫んでいた。
40秒余りだったらしいが、体感としては2~3分あったように思われた。
揺れがおさまり我にかえって、家内と息子(当時生後4か月)の安否が心配になり、二人の寝室に向かおうとする途中、揺れ戻しの余震。
今度は冷蔵庫の下敷きになった。
そのとき初めて「地震」ということを認識した。
赤ん坊を抱き抱え家内と家から脱出。
停電でエレベーターは止まっているので、10階から階段で避難。
階段は着のみ着のままのマンション住民でごった返した。
1月17日の午前6時前はまだ暗く、陽が昇るまで駐車場の車の中で待機。
明るくなってきて次第に見えてくる街の様相に愕然とした。

それから数日は実家に避難。
といっても同じ神戸市内。
電気、ガス、水道、全てがない日々は困難を極めた。
ありがたかったのは救援物資で赤ん坊の粉ミルクだけは困らなかったこと。
1日数十回ある余震におびえながら、家族でかたまって寝ていたのを今でも思い出す。

地震から3日たった1月20日、初めて会社に行った。
私の会社は神戸市灘区の阪神電鉄添いにある。
神戸市で最も倒壊率が高かった地域だ。
テレビなどは当然映らないため、究極の被災地を初めて見たこの日、足の震えがおさまらなかった。
私の会社の建物が無事だったのが不思議なくらいの光景だった。
我が社にも、家を失ったもの、家族を亡くしたものなどがおり全員参加ではなかったが、この日からしばらく会社での寝泊まりが続いた。(交通機関がストップしているため)
市内の得意先などはすべて機能しておらず、市街に出るのも難しく、仕事があるわけでもなかったのだが、被災地のど真ん中にいると、我が家に帰るのが地域の人に対して後ろめたい思いもあったからだ。
会社では電気や水道は半月以上復旧されなかった。
思いだされるのは、会社近くの避難所になっている小学校のトイレ。
汚物が散乱して使用できる便器などない。
今思い出しても気分が悪くなる。
そんな生活が、被災地では数週間続いた。

今、振り返ると、あの1年間は貴重な経験だった。
家族や家を失った人はもちろん、そうでない人も神戸市民(近隣市も含む)はあの日以来、多少なりとも生活がかわったはずだ。
私自身、あの地震がなければ全く違った人生を歩んでいたかもしれない一人である。
神戸市民は、平成7年を震災元年と位置づけ、何かにつけ「震災から何年」と語ることが多い。
それほど今日、1月17日は特別な日である。

冒頭でも書いたが、今日は私の誕生日でもある。
誕生日を迎えるたびに、あの日のことを思い出し、感傷に浸っている。
[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2009-01-17 14:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)  

センバツ行進曲「キセキ」・・・妥当だね。

<センバツ>入場行進曲は「キセキ」に決定

春の甲子園の行進曲、今年は「キセキ」だそうです。
たぶん「満場一致」だったのではないでしょうか?
久々に行進曲らしい行進曲という気がします。
息子が野球部で(まだ中学生だが)、昨年はこの曲を腐るほど聞かされました。
高校野球ファンの私としては、毎年このニュースを聞くと気持ちが昂ぶってきます。

歴代の行進曲を調べてみました。
***********************************************************************
センバツ高校野球入場行進曲一覧

1924年度――星条旗よ永遠なれ(ほか)
1925年度――カレドニアン・マーチ
1926年度――親しき戦友
1927年度――<入場式中止>
1928年度――モン・パリ・バレンシア
1929年度――観兵式行進曲
1930年度――われら戦友
1931年度――旧大会歌
1932年度――爆弾三勇士の歌
1933年度――青年度
1934年度――大会歌
1935年度――大会歌
1936年度――大会歌
1937年度――大会歌
1938年度――愛国行進曲
1939年度――大陸行進曲
1940年度――紀元2600年度奉祝歌
1941年度――国民進軍歌

戦争のため5年度間中断

1947年度--剣と槍
1948年度--鐘の鳴る丘
1949年度--異国の丘
1950年度--ハイスクール
1951年度--スポーツショー
1952年度--君が代マーチ
1953年度--黄色いリボン
1954年度--錨を上げて
1955年度--セントルイズ・ブルース
1956年度--雷神
1957年度--緑のこだま
1958年度--クワイ河マーチ
1959年度--皇太子のタンゴ
1960年度--誕生日
1961年度--バッファロー大隊マーチ
1962年度--上を向いて歩こう(坂本九)
1963年度--いつでも夢を(橋幸夫・吉永小百合)
1964年度--今日は赤ちゃん(梓みちよ)
1965年度--幸せなら手をたたこう(坂本九)
1966年度--ともだち(坂本九)
1967年度--世界の国から今日は(大阪万博テーマ曲)
1968年度--世界は二人のために(相良直美)
1969年度--三百六十五歩のマーチ(水前寺清子)
1970年度--世界の国から今日は
1971年度--希望(岸洋子)
1972年度--また逢う日まで(尾崎紀世彦)
1973年度--虹をわたって(天地真理)
1974年度--草原の輝き(アグネスチャン)
1975年度--おかあさん(森昌子)
1976年度--センチメンタル(岩崎宏美)
1977年度--ビューフル・サンデー(田中星児)
1978年度--愛のメモリー(松崎しげる)
1979年度--季節の中で(松山千春)
1980年度--ヤングマン(西城秀樹)
1981年度--青い珊瑚礁(松田聖子)
1982年度--ルビーの指環(寺尾聡)
1983年度--聖母たちのララバイ(岩崎宏美)
1984年度--キャツツ・アイ(杏里)
1985年度--星屑のステージ(チェツカーズ)
1986年度--青春(岩崎良美)
1987年度--Cha‐Cha‐Cha(石井明美)
1988年度--夢冒険(酒井法子)
1989年度--パラダイス銀河(光GENJI)
1990年度--約束(相川恵里=花と緑の博覧会テーマ曲)
1991年度--おどるポンポコリン(B‐B‐クイーンズ)
1992年度--どんなときも(槙原敬之)
1993年度--今ありて(大会歌)
1994年度--負けないで(ZARD)
1995年度--がんばりましよう(SMAP)
1996年度--TOMORROW(岡本真夜)
1997年度--これが私の生きる道(Puffy)
1998年度--硝子の少年度(KinKi Kids)
1999年度――長い間(Kiroro)
2000年度――ファーストラブ(宇多田ヒカル)
2001年度――TSUNAMI(サザンオールスターズ)・イエスタデイ、ブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、
          ヘイ・ジュード(ビートルズ)
2002年度――明日があるさ「ウルフルズ」
2003年度――TSUNAMI(サザンオールスターズ)と、ビートルズの「イエスタデイ」
          「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」「ヘイ・ジュード」の3曲のメドレー
2004年度――世界に一つだけの花(SMAP)
2005年度――君こそスターだ(桑田佳祐)
2006年度――青春アミーゴ(修二と彰)
2007年度――TOKIO宙船(そらふね)(TOKIO)
2008年度――蕾(コブクロ)
2009年度――キセキ(GReeeeN)
***********************************************************************
こうして見ると長い歴史があるものです。
私的には甲子園の行進曲にピッタリだと思うのは1992年の「どんなときも」と1996年の「TOMORROW」の2曲。
まさにこのために作られたような曲だと当時思ったものです。
今年の「キセキ」はこの2曲に匹敵するかもしれません。

センバツが楽しみになってきました。

以下、記事本文引用
************************************************************************
<センバツ>入場行進曲は「キセキ」に決定
 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で3月21日に開幕する第81回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の入場行進曲が16日、男性グループ「GReeeeN(グリーン)」の「キセキ」に決まった。リーダーのHIDE(ヒデ)さん(28)は「聴いた人が熱くなれるようにと作った曲。甲子園では、熱い思いで頑張ってほしい」と球児にエールを送る。
 メンバー4人は、現役の歯学部生と歯科医師。東北の大学歯学部で出会い、全員が在学中の07年1月にデビューした。音楽と学業・職業を両立させるため、テレビ出演やライブなど顔を出す活動は一切していない。
 「キセキ」は、高校野球を舞台にしたテレビドラマ「ROOKIES(ルーキーズ)」(昨年4~7月放映)の主題歌。依頼を受け、一部のメンバーが受験した昨年2月の歯科医師国家試験直後に、約1週間で完成させた。曲はドラマとともに大ヒットし、CDの売り上げ枚数は08年のオリコン年間ランキングで4位になった。
 曲名の「キセキ」は、今まで歩んできた道のりの「軌跡」と、偶然起こる「奇跡」の二つの意味を持つ。HIDEさんは「野球でも、日々の積み重ねと試合での一瞬がある。日々の生活で忘れてしまいそうな大事なことを、この曲を聴いて思い出してもらえたら」と語る。
 HIDEさんとともに作詞を担当した92(クニ)さん(27)は「やりたいことを見つけたら、がむしゃらにやるべきだ。一生懸命に頑張っている人の思い出の曲になるのはうれしい」と話した。
[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2009-01-17 00:15 | 高校野球 | Trackback | Comments(0)  

鳩山総務相「かんぽの宿」出来レース発言

かんぽの宿のオリックス売却 鳩山総務相発言で政治問題に浮上

鳩山邦夫氏のまともな発言を初めて聞いた。
さすがはアルカイダに友達がいるだけの事はある(友達の友達だったっけ?)。
全国70施設をオリックスグループに109億円で一括譲渡するということだが、あれだけ立派な施設を1カ所2億円にも満たない額で売却されるとは、素人の我々から見てもあまりにも安いと思われる。
それにかんぽの宿は、もともとは国有資産であったもの。
民営化されたからといって日本郵政の西川社長の独断で決済されるのもおかしいんじゃない?

オリックスグループの宮内義彦氏は、政府の規制改革・民間開放推進会議の議長として「公的宿泊施設の廃止、民営化」にたずさわっており、きな臭い匂いがプンプンする。
こんな本が出てる人だ。
「小泉規制改革を利権にした男 宮内義彦」
出来レースと言われても仕方がないのでは?

とにかく徹底的に調べて、われわれが納得出来るよう決着をつけて欲しいものだ。


以下、記事本文引用
*************************************************************************
かんぽの宿のオリックス売却 鳩山総務相発言で政治問題に浮上
日本郵政の保養・宿泊施設「かんぽの宿」のオリックスへの売却問題が、鳩山邦夫総務相の「出来レース」発言で、与野党を巻き込む政治問題に浮上してきた。鳩山総務相は国会の主戦場である衆院予算委員会でオリックスに矛先を向け、売却を認めない方針を示している。また、民主党の枝野幸男衆院議員はオリックスの宮内義彦会長の参考人招致を要求するなど、この問題が今週以降、国会の追及を受けるのは必至だ。

08年末の時点では売却に関心示していなかった
日本郵政は年間40億~50億円の赤字が続くかんぽの宿を、2012年9月末までに売却することが、郵政民営化関連法で義務付けられている。日本郵政は08年末に行った競争入札の結果、オリックス子会社のオリックス不動産に施設を一括譲渡すると08年12月26日に発表した。

これに噛みついたのが鳩山総務相。オリックスの宮内会長が政府の総合規制改革会議の議長として、規制緩和を進め、郵政を含む民営化議論を行ったことから、2009年1月6日、「国民が出来レースと受け取る可能性がある」と発言したのだ。オリックスへの施設売却は、日本郵政がかんぽの宿を別会社に会社分割したうえで譲渡する計画だが、会社分割には総務相の認可が必要となるため、俄然、雲行きが怪しくなった。鳩山総務相は「おかしなことがあれば、分社化を認可しない可能性は十分にある」と揺さぶりをかけたのだ。

9日の衆院予算委で、鳩山総務相は「一番大事なのは李下に冠をたださないことだ。なぜ安売りするのか。おかしなものはおかしいと言っているだけだ」と、語気を強めた。参考人として登壇した日本郵政の西川善文社長は「かんぽの宿は不採算部門で、持てば持つほど負担がかかる。早く売却できるのであれば、譲渡してしまいたい」と語るのが精一杯だった。

さらに、13日の衆院総務委員会で、改めて手続きの不透明さを指摘し、「今は全く認可する気持ちはない」と述べた。総務相が不認可の方針を示したことで、計画の見直しに追い込まれる可能性が出てきた。

鳩山総務相は08年末の時点では、かんぽの宿のオリックス売却に関心など示していなかった。それが年明け早々、攻勢に打って出たのは、郵政造反組から首相補佐官となった山口俊一氏の「入れ知恵」ではないかと、霞が関や永田町ではささやかれている。目的は、小泉政権時代の負の遺産を浮き彫りにし、政府の郵政民営化委員会(田中直毅委員長)が今春までに首相に提出する具体的な見直し論議を有利に進めるためと見られている。

オリックス側は問題ない、と正当性を主張
一連の疑惑に対して、オリックスは譲らない。オリックスは「総合規制改革会議など過去の答申に郵政民営化は出ていない。一括譲渡は日本郵政が決めた条件であり、オリックスは公正な手続きで譲渡契約を結んだ」と、法律的に問題がないと正当性を主張する。

これに対して鳩山総務相は、宮内会長が議長を務めた政府の規制改革・民間開放推進会議が04年8月の中間報告で「公的宿泊施設の廃止または民営化」をまとめた事実を指摘。「法律的に問題がなくても、倫理的、道徳的に問題がある」と反論している。鳩山総務相は、日本郵政が譲渡先をオリックスに決めた経緯について調査を行う方針で、国会の宮内会長参考人招致と合わせ、オリックス包囲網が強まるのは必至の情勢だ。
[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2009-01-15 16:23 | 政治 | Trackback | Comments(0)  

「定額給付金」使う?使わない?

<定額給付金>「さもしい」首相撤回「高額所得者も盛大に」

もめにもめた定額給付金。
貰えるものは嬉しいが、使うかどうかはわからない。
そもそも買い控えになるのは、お金がないからではない。
先行きが不安だから買い控えるのだ。
来月、再来月、来年、再来年の見通しがつくのなら、買い控えたりしない。
一時的に12,000円貰ったからってどれほどの経済効果があるのだろう。
多少の効果はあったとしても、それも一時的なもののような気がするのだが・・・。

2兆円ものお金。もっと先々の不安を拭えることに使えないものか。
貰えるものは貰うけどね。

以下、記事本文引用
*********************************************************
<定額給付金>「さもしい」首相撤回「高額所得者も盛大に」
 定額給付金をめぐるぶれが指摘された麻生太郎首相が13日、給付金を受け取る高額所得者を「さもしい」と表現した昨年12月の発言も、追い詰められる形で事実上撤回することになった。衆院財務金融委員会で「高額所得者も盛大に使っていただきたい。『さもしい』と思っていたら、そのようなことは言わない」と述べた。

 佐々木憲昭氏(共産)から「盛大に使ってもらいたいなら給付金をもらうのは『さもしい』わけではないのではないか」と指摘されたことを受けた答弁。

 首相は8日、衆院予算委員会で「高額所得者は給付金をもらった以上に盛大に消費してもらいたい」と発言。その後、記者団に「さもしい」について聞かれると「撤回するもしないも言っていることはずっと同じ」と述べていた。
[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2009-01-14 11:27 | 政治 | Trackback | Comments(1)  

天地人 第2話「泣き虫、与六」

戦国時代の主従関係は、後の江戸時代のそれとは違い流動的なものであり、「武士は二君に仕えず」と言った儒教的な感覚はなく、自分が仕える器ではないと思えばすぐさま主君を変えることが普通に行われていたと聞く。
一見、強い忠誠心が存在した江戸時代に比べて薄っぺらい関係のように思われがちだが、私は戦国のそれの方が、主と従の心が通っていたように思う。
家臣は自分が選んだ主の出世を望み、盛りたて、また主は、家臣に気持ちよく働いてもらえるよう心配りをしていたのではないだろうか。
“ギブアンドテイク”“持ちつ持たれつ”の関係が戦国の主従関係だったように思う。
それは信頼関係のもとに成り立つものである。

第2話で、幼少時代の喜平次と与六はまさに“持ちつ持たれつ”の信頼関係を築いた。
戦国武将が生き残っていくには信頼できる家臣が絶対に必要であり、これは現代社会に生きる私たちにもまったくもって置き換えることができることである。
今後の展開を楽しみにしている。

しかし、第1話のときも発言したが、与六役の加藤清史郎くんの演技には感心する。
幼少時代が2話で終わってしまうのはとても残念でならない。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2009-01-12 01:38 | 天地人 | Trackback | Comments(0)  

天地人第1話「五歳の家臣」

遅ればせながら「天地人」第1話を見終わった。
今回のテーマは「義と愛」ということらしい。
使い古された言葉だが、今この平成の時代には改めて必要なテーマかもしれない。

第1話を見終えた感想はまずます。
昨年の「篤姫」、一昨年の「山本勘助」と本来は脇役であるはずの人物を主役にした物語が続いている。そして今回の「直江兼続」もまた、本来ならば脇役の人物。今後の展開を期待する。

しかし、樋口与六役の加藤清史郎くんの演技力には脱帽。実際には7歳らしいが、あんな幼い子があれだけの迫真の演技ができるとは驚きである。うちの娘も今年7歳になるのだが・・・。

ポイントのシーンは、与六の母が紅葉の木の前で息子を説得するシーン。
「あなたは、この越後の子となるのです。」
母の言葉は深く重い。
前作の「篤姫」もそうだったが、人生を教える言葉はいつも「母」。
父である私としては、少々不満である。
たまには父にも花を持たせてほしいもの。

最後に第1話では出番が少なかったが、若き織田信長と豊臣秀吉の吉川晃司 、笹野高史のシーンに違和感を感じたのは私だけだろうか?
何となく滑稽で吹き出してしまった。037.gif

下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2009-01-06 00:46 | 天地人 | Trackback(1) | Comments(0)  

上原浩治、川上憲伸メジャー交渉難航

メジャー上原&川上“円高に涙”

上原浩治投手と川上憲伸投手のメジャー移籍交渉が難航しているようです。
円高や不況の向かい風も影響しているのでしょうが、両投手とも全盛期を過ぎた感は否めません。
数年前なら二人とも松坂大輔投手と同等レベルの評価を得ていたでしょう。
上原投手はケガを抱えているし、川上投手はオリンピックでの不振は交渉相手も知るところ。
一昨年、全盛期を過ぎた井川慶投手を高額獲得したヤンキースの失敗例で、各球団慎重になっている話も聞きます。
「第2の井川を穫るな。」というのが現状の空気だとか・・・・。

上原投手にしても川上投手にしても井川投手にしても、全盛期なら間違いなく活躍出来たろうと私は思います。
そう考えると、今のFAの年数はどうなんだろうと思ってしまいますね。
日本人選手のメジャー行きの是非の議論はともかく、いつの頃からか一流選手はメジャーに渡って結果を出さなければ、一流選手と認められないような空気が我々ファンの間にも出来てしまっているのは、否定出来ない事実です。
だったら日本で結果を残した選手は、力を試したい気になるのは当然のことでしょう。
しかし今のFA権利獲得年数では全盛期を過ぎてしまう可能性が大きいのもまた事実。
長くて20年のプロ野球選手寿命。
一流選手と言えども一番輝いている期間は数年しかありません。
メジャー行きの流れを止められないなら、その選手の全盛期に行かせてあげたいと思うのは、間違っているでしょうか。

以下、記事本文引用
***************************************************************************
オバマさん頼みます!メジャー上原&川上“円高に涙”
 越年となった上原浩治(33)、川上憲伸(33)両投手の渡米交渉は、米不況の暗い影に包み込まれ、不利な交渉を余儀なくされている。獲得希望球団の少なさもさることながら、昨秋からの円高の影響は大きく、ドル建て年俸支払いによる目減り分は甚大だ。年明けの外為市場では、オバマ米次期政権の経済政策に対する期待感からドルが買われたが、依然として不透明感は拭えない。日本の輸出産業と同じく、日本人メジャーリーガーにとっても、今年は“オバマ頼み”が続く-。
 米球団から思ったほどの高評価を得られず、上原、川上とも渡米交渉は難航中。大リーグのマウンドを夢見て海を渡るのはいいが、4、5番手の先発投手としての契約だと金額も低く抑えられる。加えて今年は、円建て支払いを受けない限り円高ドル安の影響をモロに受ける。
[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2009-01-05 19:32 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

新年会

今日我が家にて新年会を開催。
毎年旧友とその家族、総勢17人でカニすきをするのが我が家の恒例。
大人8人、高校生1人、中学生3人、小学生4人、幼児1人。
カニの購入先は下記。

グルメヤマオカ

4Lサイズ、7kg(19肩相当)・・・・¥18,000
冷凍ものですが、毎年絶対ハズレはありません。
e0158128_20562236.jpg

サイズも大きく、身も詰まっています。
厨房シンクにて水解凍。
e0158128_20573217.jpg

捌いた姿。
e0158128_2101187.jpg

そしていざ鍋突入。
e0158128_2122311.jpg

毎年少しずつカニの量は増やしているのですが、子供たちの食欲の方が成長著しく、7kgあったカニがあっという間に売り切れました。
来年は10kgくらい必要かもしれません。

最後に定番の雑炊。
e0158128_2171887.jpg

あまり美味しそうに撮影出来てないのが残念ですが、濃厚なダシが出て味は抜群。
最後の雑炊はやはりカニすきが一番です。

さて、正月気分は今日で終わり、明日から仕事が始まります。
カニエキスをたっぷり吸収して明日からガンバロー!
[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2009-01-04 21:16 | 日常 | Trackback | Comments(0)  

2009年、新年を迎えて

あけましておめでとうございます。

元旦らしい寒い朝を迎えました。
郵便受けの年賀状とぶ厚い新聞を取り、昨日見られなかった年末ジャンボの当選番号を確認。
今年もまた、コツコツと頑張って働く決意をした元旦の朝です。

昨年後半、リーマン・ブラザーズショックから始まった一連の世界的金融危機で、我々下々の周りでも、2009年の見通しは暗い話ばかりでした。
今、毎年と何も変わらない新年の朝を迎ることが出来たことは、嬉しいかぎりです。
また来年も同じ元旦を迎えられるように毎日を精一杯過ごしたいと思います。

・・・と、硬いこと書いていますが、要するに年末ジャンボの結果に落胆しているということです。007.gif
次は新春競馬「金杯」に望みを・・・!!!
[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2009-01-01 10:44 | 日常 | Trackback | Comments(0)  

大掃除

昨日今日と、自宅の大掃除に掛かりきり。
一昨日は1日中職場の掃除で、この3日間で延べ20時間以上掃除をしています(汗)。
1年間の蓄積とは、容易に落ちないものですね。
もっとも、普段あまりにサボり過ぎなのがいけないのですが・・・。

息子の本棚にある古いコミックを、古本店に90冊ほど売りに行きました。
なんと、4,540円になりました。(90冊中32冊が3,800円ほど、残りの60冊ほどは全て5円か10円)
もっと価値のないものだと思っていたので、正直驚きました。
思わぬ収入に息子はご満悦。
これでお年玉の代わり・・・・とはいかないものかな(笑)。

現在17時過ぎ、職場に出てきて年内最終の仕事をかたずけています。
毎年のことですが、何とか年内に家に帰りたいと思うのですが・・・。
今年もあと数時間。
よいお年をお迎えください。
[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2008-12-31 17:24 | 日常 | Trackback | Comments(0)