タグ:ウサイン・ボルト ( 5 ) タグの人気記事

 

ウサイン・ボルト選手がカール・ルイス氏を超えて「伝説」になった日。

陸上の男子200メートルはボルト(ジャマイカ)が19秒32で制し、史上初めて100メートルとの2大会連続2冠を達成した。ジャマイカ勢が3位までを独占。同800メートルはルディシャ(ケニア)が世界...
ロンドンオリンピック陸上男子200メートルで、ジャマイカ代表のウサイン・ボルト選手が19秒32をマークして優勝し、先日行われた100メートルと合わせてスプリント2冠を達成しました。
ボルト選手は4年前の北京大会でも2冠を達成しており、2大会連続で100、200メートルの2冠はオリンピック史上初の快挙だそうです。
あの、オリンピック通算9個の金メダルを獲得した伝説のスプリンター・カール・ルイス選手(米国)ですら、2大会連続の2冠は達成していなかったんですね(ルイス選手は84年ロサンゼルス大会で100、200ともに金の2冠だったものの、その4年後のソウルでは100が金で200が銀)。
大会前に「最も偉大な選手として名を残す」と、自ら「伝説」になることを公言していた彼でしたが、まさしく今、ボルト選手は「生きる伝説」となりました。
私たちは、その伝説の男と同じ時代を生きた「伝説の証人」となったのです。
いや、マジで・・・(笑)。

ボルト選手が尊敬するスプリンターは、意外にも100メートルの選手ではなく、90年代に200、400メートルで無敵を誇ったマイケル・ジョンソン選手(米国)だそうです。
ジョンソン選手は96年のアトランタ大会で200、400メートルの2冠を達成、4年後のシドニーでも400メートルを制しています。
どちらも当時の世界記録を持っていましたが、とくに400メートルでの強さは抜きん出たもので、他の選手に影を踏ませない圧倒的な強さを誇りました。
黒人選手には珍しく、脚が短くて重心が低く、上体を起こしたピッチ走法のスプリンターで、どちらかと言えば、ボルト選手とは対極に位置するタイプのスプリンターだったのですが、そのジョンソン選手をボルト選手が尊敬するというのは、おそらくスタイル云々ではなく、他を寄せ付けない圧倒的な強さでしょうね。
戦績だけで見ればルイス選手のほうが上でしょうが、「無敵」というインパクトの強さで言えば、ジョンソン選手だったように思います(あくまで私見です)。
奇しくも今回ボルト選手が優勝した200メートルのタイム19秒32は、96年のアトランタ大会でジョンソン選手がマークした当時の世界記録と同タイムでした。
当時、この記録は「向こう100年は破られることはないだろう」といわれていましたが、それから12年後の北京大会でボルト選手が19秒30をマークし、塗り替えられました。
不思議な縁を感じますね。

4年後のリオデジャネイロ大会時には30歳となるボルト選手。
彼の尊敬するジョンソン選手は30歳を過ぎてもなお、自身の持つ400メートルの世界記録を更新しました。
ルイス選手も30歳で世界陸上の100メートルを制しています。
次回、もしオリンピック3大会連続2冠を達成したら、伝説を通りこして「神話」となるでしょうね(笑)。
でも、彼ならやっちゃいそうな気がしませんか?
期待しましょう。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-08-11 00:01 | 他スポーツ | Comments(0)  

ウサイン・ボルト伝説の始まりに魅せられ、室伏広治選手の銅メダルに拍手を贈った寝不足の明け方。

ロンドン五輪最大のスター、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が、大会前に「最も偉大な選手として名を残す」と宣言していた通りの爆走で「生きた伝説」になった。陸上男子100m決勝で圧倒的な速さと強さを見...
陸上競技の華といわれる男子100メートルで、大方の下馬評どおりジャマイカ代表のウサイン・ボルト選手が圧倒的な強さで優勝しました。
これで前回の北京に続いてオリンピック2連覇
この種目での2連覇は、あの伝説のカール・ルイス選手以来24年ぶりの快挙だとか。
タイムは自身の持つ世界記録9秒58には及びませんでしたが、前回の北京で自らが記録したオリンピック記録を上回る9秒63という好タイムでフィニッシュ。
2位はヨハン・ブレーク選手(ジャマイカ)、3位はアテネでの金メダリスト・ジャスティン・ガトリン選手(米国)でした。

4年前の北京では、世界記録を超える走りを見せながらゴール前で減速し、余裕の「欽ちゃん走り」でフィニッシュして世界中のファンを唖然とさせたボルト選手でしたが、この度は最後まで抜かずに走りきりました(笑)。
でも、走りとしては素人目に見ても決して良い走りではなかったように見えましたね。
スタートも特に良くはなかったように見えましたし、道中もどこかぎこちなく、本来のダイナミックで流れるような走りではなかったように思います。
むしろ、終盤流して9秒87だった準決勝のほうが走りとしては良かったんじゃないでしょうか。
それでも他者を圧倒してしまうところに、ボルト選手の凄さを伺うことができます。

ただ、大会前は決して金メダルを絶対視されていたわけでもないんですよね。
代表選考会を兼ねた約1カ月前のジャマイカ選手権で、100メートル、200メートルの2種目ともヨハン・ブレークに敗れていたようですし、昨年の世界陸上でのフライングによる失格処分のトラウマからか、100メートルのスタートでは過剰なまでに神経質になり、出遅れることが多かったと聞きます。
たった10秒足らずで勝負が決まる100メートルの場合、一瞬のミスが命取りとなりますからね。
でも終わってみれば、彼を不安視する声はなんだったのかと思わせる内容でした。
さすが、大会前に「最も偉大な選手として名を残す」と、自ら伝説になることを公言している男は、本番できっちり結果を出すんですね。
見事です。

日本代表の山縣亮太選手もいい走りを見せてくれたのですが、結果は準決勝敗退に終わってしまいました。
でも、まだ彼は20歳で、かつての日本の短距離界のエース・朝原宣治選手や伊東浩司選手が本格化したのは20代後半になってからですから、山縣選手もまだまだこれからでしょうね。
4年後に期待しましょう。

男子ハンマー投げでは37歳の大ベテラン・室伏広治選手が78メートル71の記録で銅メダルを獲得しました。
8年前のアテネでは金メダルを獲得した室伏選手でしたが、4年前の北京では5位と振るわず、彼にとってはそのリベンジをかけた今大会でした。
結果は2大会ぶりの金メダルとはいきませんでしたが、37歳でのメダル獲得は見事です。
試合後、今後については「これが最後の五輪かもしれない。またゆっくり考えたい」と話していたそうですが、鉄人といわれた父の室伏重信選手は39歳で自身の持つ日本記録を塗り替え、40歳を過ぎても現役バリバリで活躍されていたと記憶していますので、それを思えば、そのDNAを受け継ぐ息子もまだまだいけるはずです(笑)。
もうひと踏ん張りして、次回のリオデジャネイロでのメダリストとなって「親父超え」を果たしてほしいですね。。

それにしても、陸上競技が始まってさらに寝不足との戦いです(笑)。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-08-06 15:03 | 他スポーツ | Comments(0)  

バドミントン無気力試合に見る、1次リーグ+決勝トーナメント方式の考察。

ロンドンオリンピックのバドミントン女子ダブルスで決勝トーナメント進出を決めたはずの中国、韓国、インドネシアの4ペアが、「無気力試合を行った」として失格処分となり、連日話題になっています。
無気力試合=故意に試合で負けようとした、ということですね。
無気力試合を行った理由は、決勝での組み合わせが有利になるための作戦だったとか。
詳しくいえば、決勝トーナメントでは予選リーグ1位と2位があたる仕組みになっているため、通常であれば予選を1位で通過した方が決勝で楽な相手と対戦できるはずですが、先に順位が決まった別の予選リーグの結果次第では、1位で通過するより2位で上がるほうが楽だったりする場合もあるわけです。
今回の場合も、たまたま優勝候補と目されるペアが別の予選リーグで2位通過してしまったことにより、後発のペアがそれらと当たらないため、あえて2位通過を狙ったというものでした。
つまり平たく言えば、勝つために負けようとしたわけです。

この行為に世間や有識者からの風当たりは厳しいようで、「スポーツマンシップに反する」とか「オリンピックを冒涜している」などの声が後をたたず、事態を重く見た世界バドミントン連盟は、該当する選手を失格処分としました。
たしかに試合の映像を見れば、サーブを故意にネットにぶつけたり、わざとアウトにしたりといった酷い内容で、見ていて気持ちのいいものではありませんでしたね。
でも、私は彼女たちの作戦は当然の判断だと思います。
失格になった4ペアは、いずれも既に1次リーグ突破が決まっていました。
ここで勝っても負けても決勝に進めるのなら、有利な道を選択するのは当然でしょう。
悪いのは彼女たちではなく、この1次リーグ+決勝トーナメントという方式自体に問題があるのではないでしょうか?

そもそも、スポーツの世界で似たようなことは当たり前のようにあります。
たとえば陸上競技でいえば、決勝を見据えて体力温存のために予選を流すのは当然の行為で、ウサイン・ボルト選手が1次予選から世界記録並の走りを見せるなんてことはあり得ません。
予選は勝つためのものではなく、決勝に進むためのものですから。
あれは「無気力試合」ではないんですか?

先日、1次リーグ2位通過で決勝進出を決めた日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」も、1次リーグ最終戦の南アフリカ戦は「引き分け狙い」だったと佐々木則夫監督が記者会見で述べていましたよね。
決勝トーナメント初戦での長距離移動を避けるためだったとか。
あれなんかも、見方によれば「無気力試合」なんじゃないんですか?
だって、勝ちに行ってないんですから。

こうして見ても、予選というのは決勝に進むための戦いであり、その予選通過を確実にした場合、次は決勝をどう有利に戦うかを考えるのは、当たり前の戦略です。
だいいち、「故意に負けた」なんて、どうやって証明できるのでしょう?
今回の場合、対戦した両チームとも「負け狙い」だったため、あのようなあからさまな酷い試合となってしまいましたが、仮に片方だけが「負け狙い」だったら、無気力を悟られることなく上手く負けられたんじゃないでしょうか?
その場合、失格処分にはならない?
それっておかしくないですか?

そもそも1次リーグ+決勝トーナメントの方式は、このような事態が起こりうる制度です。
それを防ごうと思うのなら、すべてトーナメントで行うべきでしょう。
1度負けたらそれで終わり、実に単純明快でわかりやすく、よほどの実力差がない限り手を抜くことはできません。
高校野球と同じですね。
ただ、トーナメントの場合は一発勝負ですから、往々にして番狂わせを生みます。
その点、リーグ戦は総当り方式ですから、ほぼ実力で決まるといっていいでしょう。
そこで考案されたのが、この1次リーグ+決勝トーナメントの方式だと思うんですね。
まずは1次リーグで実力者を選び、その選ばれた実力者のみで真剣勝負のトーナメントを戦う。
実によく出来た方式だと思いますが、一方でこの度のような戦略を生むのも事実です。
いずれの方式にも一長一短があって、これがベストといったものはないんですよね。
今回焦点となった選手たちは、現行の制度のなかでどう有利に戦うかを考えた上での行為だったわけで、それで失格処分は、あまりに気の毒というほかありません。

いずれにせよ、タイム制で引き分けがあるサッカーなどの競技と違って、バドミントンのような時間制限なしで必ず勝敗が決するラリーポイント制の競技には、この制度は向いてなかったのかもしれませんね。
4年後のリオデジャネイロ大会では改善を望みます。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-08-04 00:06 | 他スポーツ | Comments(2)  

世界陸上大邱大会における、フライング一発失格に思う。(後編)

昨日の続きです。
世界陸上大邱(テグ)大会で新たに導入されたフライング一発失格のルール改正により、男子100メートル決勝で世界記録保持者のウサイン・ボルト選手が失格となり、巷では「厳しすぎる」との声が高まっているようです。
私も、少々厳しすぎるような気がしないでもないと昨日は述べましたが、でも、たしかに以前はフライングの続出で競技進行の妨げになるケースが多々あり、それはそれで問題だとは思っていました。
かつては、「同一選手が2度目のフライングをした際に失格」となっていましたが、あまりにもフライングが続出していたずらに体力を消耗し、選手の集中力の維持に支障をきたす事態が続いたため、2003年に「1度フライングがあった後は、誰が違反しても失格」といったルールに改正されました。
しかしこのルールも問題で、敵を揺さぶるため、1回目に故意のフライングをするという心理作戦として悪用する選手が後を絶たず、2009年8月に開かれた国際陸連総会で1回目からの失格が承認され、現行ルールに至ったそうです。
一長一短ではあるものの、やむを得ない改正といったところでしょうか。

フライングで思い出されるのは、織田裕二さんと中井美穂さんのコンビが初めてキャスターを務めた、1997年の世界陸上アテネ大会での女子100メートルの決勝。
レースは当時38歳のベテラン、ジャマイカのマリーン・オッティ選手とアメリカの新星マリオン・ジョーンズ選手の対決に世間の注目が集まっていました。
オッティ選手は常に優勝候補と目されながらも、大きな大会ではいつも3位に終わってしまうことが多く、ブロンズの女王なんて不名誉なあだ名で呼ばれていた選手です。
でも、私はこのオッティ選手が好きだったんですよねぇ。
明るく楽天的なジャマイカ人のイメージとは違い、競技に対して真面目直向きというか、なんとなく日本人っぽくて・・・。
実力がありながら万年3位というところも、なんか日本人っぽくないですか?
ですから、当然このときも、オッティ選手を応援していました。

しかし、勝負はオッティ選手でもジョーンズ選手でもない、第三者のフライングによって明暗を分けることになりました。
このとき、たしかにスタートの鉄砲音とフライングの鉄砲音の間隔が短かったような気がしましたが、スタートを切った全選手の中でオッティ選手だけがフライングに気づかず、他の選手がレースを取り止めているのに彼女だけが70mほど全力疾走してしまいました。
競技はルールにそって、直後の仕切り直しとなるわけですが、70mも全力疾走してしまったオッティ選手は、当然かなりの体力を消耗してしまっています。
そこからゆっくり歩いて時間を稼ぎながら、息を整えてスタートラインに戻りましたが、38歳の肉体がそう簡単に回復するはずもなく、おそらくモチベーションも下がってしまったことでしょう。
結果はジョーンズ選手の優勝、オッティ選手は7位に沈みました。
あのとき、オッティ選手に対する同情の声と、フライングに気付かなかった彼女を責める声とがありましたが、私は、彼女がそれだけ自分の走りに集中していたということの表れだと思いますし、むしろ一流のアスリートとしてあるべき姿だったとさえ思います。
そう考えれば、フライングは自身のみならず、最高のスタートを切ったかもしれない他の選手に対しても罪な行為であり、一発失格もやむを得ないかもしれませんね。

ウサイン・ボルト選手は失格処分後の会見で、「フライングは完全に自分の責任だ。今後の教訓にしたい。」と潔く落度を認めており、また、自身の失格によってこの度のルール改正の見直しも含めた賛否両論の声が上がっていることに対しても、「ルールを変えるべきだとは思わない。」と発言しています。
さすがは、世界最速男の余裕ですね。
来年のロンドン五輪でもこのルールが適用されることはほぼ間違いないでしょうから、今度こそは最高のスタートを決めて、世界新記録を樹立して欲しいものです。

ちなみに上述したマリーン・オッティ選手は、その後もジャマイカからスロベニアに国籍を移してアテネ五輪に出場し、2007年の世界陸上大阪大会には47歳という年齢での出場を果たし、51歳の現在でも現役選手を続けているとか。
2000年に記録した10秒9940歳以上の世界記録で、2010年に記録した11秒6750歳以上の世界記録だそうです。
もし、あのときの不運なフライングがなくレースに勝っていれば、有終の美を飾って引退していたかもしれませんね。
今では「生涯現役」をモットーとしているそうですが、彼女にしてみれば、レースを途中で止めるのは、もう“真っ平御免”といったところかもしれません。
人生のフライングは、やり直しは効きませんから・・・。

マリーン・オッティ選手・・・心に残る、伝説のスプリンターです。

世界陸上大邱大会における、フライング一発失格に思う。(前編)


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-09-10 18:41 | 他スポーツ | Comments(0)  

世界陸上大邱大会における、フライング一発失格に思う。(前編)

韓国の大邱(テグ)で開催されていた世界陸上が、今月4日に幕を閉じましたね。
旬ネタを過ぎた感はありますが、遅ればせながら今日はその話題についてお付き合いください。
2年に1度のこの大会を毎回楽しみにしていた私ですが、幸か不幸か今大会中は仕事がメチャメチャ忙しく、ほとんどリアルタイムで観ることができませんでした。
ていうか、お隣りの韓国での開催だと日本との時差が少ないため、働くオジサンたちにとっては、かえって観づらかったりしますよね。
むしろ、欧米で開催してくれていたほうが、眠い目を擦りながらでも深夜に観戦できます。
ゴールデンタイムのテレビなんて、普段から観れる時間に帰宅できる人って、少ないんじゃないでしょうか。

さて、日本人選手では、男子ハンマー投げの室伏広治選手が金メダルを獲得しました。
意外にも世界陸上での金メダルは自身初だったとか。
アテネ五輪で金メダルに輝いたものの、北京五輪では5位に甘んじ、その後もケガなどで苦しんでいたようですが、この度の金で、ロンドン五輪に向けて明るい兆しが見えてきましたね。
なんでも、世界陸上と五輪の二冠達成日本人陸上選手初だとか。
さらに、今回のメダル獲得は世界陸上史上最年長記録(36歳と325日)でもあるそうです。
まあ、“鉄人”と言われたお父さんの室伏重信氏は40歳を過ぎても現役バリバリでしたし、たしか39歳まで自身の持つ日本記録を更新し続けたと記憶していますので、そのDNAを持つ室伏広治選手も、まだまだこれから、といったところでしょうか。
目指すはロンドン五輪の金、そして世界記録ですね。

そんな室伏広治選手が金メダルを獲得したものの、日本人選手のメダルはこの1個のみで、女子マラソンなど期待が大きかった種目でも残念ながら振るいませんでした。
特に残念だったのは、これまで5大会連続で続いていた決勝進出を逃した男子400メートルリレー
3年前の北京五輪で銅メダルを獲得したことを思えば、この度の準決勝敗退は寂しいかぎりです。
まあ、あのときのメンバーは高平慎士選手ひとりしか残っていませんけどね。
でも、北京での銅メダルをフロックと言われないためにも、最低限、決勝進出は果たして欲しかったと思います。

話は変わって、今大会での一番の話題は、なんといっても今回から導入されたフライングの一発失格というルール改正でしたね。
これにより、男子100メートル決勝で世界記録保持者のウサイン・ボルト選手が失格処分となってしまいました。
陸上界最大のスター選手の花形種目での失格処分に、新ルールに対する賛否両論の声が上がっているようです。
女子400メートルリレー中国チームも失格になってましたね。
リレーは自分だけで済まないですからねぇ・・・。
たしかに、ルールとしては極めて明確で、最もフェアともいえますが、少々厳しすぎるような気がしないでもないです。
たとえばテニスのサーブなどでも、1打目のミスが許されているから、一か八かのギリギリを狙ったサーブが打てるわけで、もしフォルトが許されなくなったら、サービスエースの可能性は極めて低くなるでしょう。
スプリンターにとってスタートは命といっても過言ではなく、この度のルール改正によって一か八かのギリギリのスタートは切れなくなるでしょうから、その結果スタートダッシュを鈍らせることになり、高記録が出難くなる懸念があります。
100分の1秒の世界で戦っている彼らにとっては、厳しいルール改正ですね。

そんなフライングで思い出されるエピソードを書きたかったのですが、今日は時間がなくなってしまったので、続きはまた明日ということで・・・。

世界陸上大邱大会における、フライング一発失格に思う。(後編)


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-09-09 19:36 | 他スポーツ | Comments(0)