「ほっ」と。キャンペーン

タグ:サッカー ( 5 ) タグの人気記事

 

ワールドカップ南アフリカ大会 総括

 1ヵ月間に及んだFIFAワールドカップ南アフリカ大会は、スペインの初優勝で幕を下ろしました。グループリーグからの全ての成績は下記のとおりです。↓↓↓
e0158128_0191454.jpg

 FIFAランキング2位の強豪スペインですが、ワールドカップでの優勝は今までなかったんですね。少し意外でした。念願の王座といったところでしょうか。日本が敗退したベスト16以降も随時このブログにて取り上げたかったのですが、珍しく仕事が忙しくてなかなかその時間がとれず、ここで少しだけベスト8以降を総括してみたいと思います。

 8強に名を連ねた国は、南米勢4ヵ国、欧州勢3ヵ国、アフリカ勢1ヵ国と、南米勢の優勢に思えましたが、結果欧州勢3ヵ国はすべて4強に勝ち上がり、南米勢はウルグアイ1ヵ国だけでした。今大会は、タレント揃いの南米サッカーを組織の欧州サッカーが制したという結果となりました。ブラジルアルゼンチンの意外なもろさが出ましたね。どちらも個人技としては相手国を凌いでいましたが、失点後の動きは粗くなり、その隙をつかれてまた失点といった、悪循環が目立ちました。焦りで平常心を失うと、もともと組織力がないためどうしても散漫なプレーになってしまうんですね。その点、ドイツオランダは安定感がありました。日本が負けたパラグアイも善戦したんですけどね。スペインに一歩及びませんでした。

 そんな中、南米勢で1ヵ国だけ勝ち上がったウルグアイでしたが、あの勝ち方には驚きましたね。決定的なゴールをレッドカード覚悟の両手ハンドで阻止。その後PKをガーナが外してゲーム終了。更にPK戦を制して勝利と、言ってみれば反則で掴んだ勝利のようなもので・・・。まあ、PKを決められなかったガーナが悪いといえばそうなんですけど、何か釈然としない思いがあります。ハンドで阻止した選手はお国では英雄扱いらしいですね。これって日本じゃあり得ない感覚でしょう。日本人選手が同じことやったら、おそらく勝ったとしても非難轟々でしょうね。一方で日本じゃ負けても精一杯戦った結果なら拍手が送られますが、南米の彼らは成績如何では命すら危ないお国柄ですから、反則してでも勝てば良しなんでしょうね。国民性の違いといってしまえばそれまでなんですが、私は日本人で良かったと思います。

 安定感抜群のドイツでしたが、4強でスペインに敗退しました。ドイツはこれまで大勝続きできており、少し油断があったように思えました。他のスポーツでもよくあることですが、大勝の次の試合は気付かぬうちにプレーが粗っぽくなり、力が出せない結果になることが往々にしてあります。ドイツがそうだったかはわかりませんが、やはり大勝続きでくると、緊張感が緩むというのはあったかもしれません。一方で、ここまで全勝という安定感を見せていたものの決して楽な試合続きではなかったオランダは、無難に決勝へと駒を進めました。まあ、反則勝ちのウルグアイはこの辺で負けてもらわないとねえ・・・。

 で、迎えた欧州勢同志の決勝。試合前の私の予想は、これまでのプロセスを考えるとランキングでは劣るものの勢いでオランダの優勝と思っていました。が、結果はスペインの底力に軍配が上がりました。全勝のオランダに対して、グループリーグ初戦を黒星スタートと今大会ではイマイチ地味な印象だったスペインでしたが、やはりランキング2位は伊達ではありませんでしたね。注目すべきは、決勝トーナメントの4試合をすべて1-0で勝利してきたことです。失点0というのはその堅い守りがわかりますし、1-0という緊迫したゲームを制してきたことによって培われた集中力の賜物とも言えるでしょう。大勝続きだったドイツと対比して、勝負の難しさがうかがい知れます。ボロ勝ちが必ずしも良いとは限らないということがよくわかる結果ですね。

 決勝に勝ち上がった2ヵ国は、どちらも派手な選手はいない組織のチーム。それはまさしく日本サッカーの目指すところで、この2ヵ国の活躍というのは、日本サッカーにとっても明るい未来に繋がる結果といえるのではないでしょうか。ここ数日、日本代表選手の海外移籍のニュースが後を絶ちませんね。ワールドカップは今の日本人選手にとっては世界への品評会のようなもののようです。近い将来、日本が決勝に上がる日が来ることを期待しながら、しばらくはワールドカップ南アフリカ大会の余韻に浸りたいと思います。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-07-13 01:49 | 他スポーツ | Comments(0)  

ワールドカップ南アフリカ大会 8強が出揃う。

 日本チーム健闘の話題が尽きませんが、FIFAワールドカップ南アフリカ大会ベスト8が出揃い、熱い戦いも残すところ7試合となりました。ベスト16の試合結果は下記のとおりです。

e0158128_9402122.jpg

 南米勢から4ヵ国、ヨーロッパ勢から3ヵ国、アフリカ勢から1ヵ国の8強となり、日本、韓国ともに負けた我がアジア勢からはゼロという結果になりました。まだまだアジアにとって世界の壁は厚いようです。出場国32ヵ国中、13ヵ国と最も多くの出場枠を持つヨーロッパ勢から8強に名を連ねたのは3ヵ国に対して、出場枠5ヵ国の南米勢は全てが16強入り、内4ヵ国が8強に残るという驚異的な成績をあげています。唯一8強入りを果たせなかったチリも、同じ南米のブラジルとの潰し合いでしたからこれは仕方がないところ。勝ち残っている4ヵ国はどこも8強では当たり合わないので、4強全てが南米勢という可能性もあります。注目したいところですね。

 一方、13ヵ国中8強入りは3ヵ国と劣勢のヨーロッパ勢ですが、その中でドイツオランダの2ヵ国はここまで危なげない安定感があり、存在感を見せつけています。オランダはグループリーグから無傷の4連勝、ドイツはガーナに1敗したものの、4試合で総得点9に対して総失点2という攻守ともに精度の高さがうかがえます。オランダはブラジルと、ドイツはアルゼンチンと戦う8強の南米vs欧州対決からは目が離せません。

 8強に残ったチームを見渡してみると、ガーナ以外の7ヵ国がグループリーグ1位通過の国となっているのが印象的です。逆に日本・韓国を含む2位通過組は16強で7ヵ国が敗退という結果で、グループリーグの結果は実力通りの順位になっているということがわかるデータです。決勝トーナメントで勝ち上がろうと思えば、グループリーグ1位通過が条件という、今後の日本チームの目指す課題がここにあるようですね。

 日本は負けてしまいましたが、まだまだワールドカップは続きます。
 世界の強豪たちの熱い戦いに注目しましょう。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-07-01 10:47 | 他スポーツ | Comments(4)  

脱力感・・・ワールドカップ日本代表ベスト8ならず。

とにかく疲れました・・・。
いや、試合結果のせいではないです。
日本の選手は本当によく頑張ったと思います。
ただ、見ていてとても疲れる内容の試合でした。

ワールドカップ南アフリカ大会、日本チームにとっての決勝トーナメント初戦・対パラグアイ戦は、熱戦の末パラグアイの勝利、日本は史上初のベスト8進出の夢はあと一歩のところで叶いませんでした。
試合は0-0のまま90分を過ぎ、延長戦にもつれ込みました。
延長の30分でも両チームとも得点できず決着はPK戦へ。
結果は惜しくも3-5で日本のベスト16敗退が決まりました。

PK戦は時の運。
勝ち負けは紙一重で、日本の勝利はすぐ手の届くところにありました。
しかし、実力はというと、まだまだ世界のベスト8にはほど遠いというのが率直な感想です。
結果は0-0でしたが、内容は大きな差があったという観は否めません。
細かいミスがたくさんありました。
ボールの支配率も、誰の目で見ても圧倒されていました。
ただ、パラグアイが決定力を欠いたことが、PKまでもつれ込んだ要因だと思います。
完敗といっていいのではないでしょうか・・・。

日本チームはここまで本当によく頑張ったと思います。
このワールドカップでの4試合、日本選手の集中力は素晴らしいものでした。
大会前、テストマッチで4連敗を喫し、バッシングの嵐だった岡田武史監督でしたが、日本チームのあの結束力を見ると、彼の指揮官としての手腕は称賛に値すると思います。
指揮官の手腕というのは、戦術・戦略をたてることはもちろんですが、それ以上にチームを一つにまとめるという仕事がもっとも重要で、もっとも難しいと私は思います。
ましてや、あのバッシングの中でチームをまとめるというのは簡単なことではありません。
それはフランスやカメルーンを見れば歴然とわかることでしょう。
団体競技である以上、結束力がなければ良い結果は生まれませんし、その結束力が本来の力以上のものを引き出すということもままあります。
その意味では、今回の岡田ジャパンはチームとして理想的な形を作ったと思います。
しかし、チームワークがもたらす効力という点だけでいえば、ここら辺りまでが精一杯だと言えるかもしれません。
彼らの清々しいチームワークは、見ている私たちに感動を与えてくれましたが、ここから上に進むには、それプラス何が必要かを4年後に向けて考えていかなければならないでしょう。

防戦一方の試合というのは、戦っている選手はもちろん、見ている側もホント疲れますね。
それでも、もし勝てたら、この脱力感は半減したのでしょうか・・・。
おそらく選手たちは、疲れているにもかかわらず今夜は眠れないことでしょう。
特にPKを外した・・・・いや、負け試合で個々の選手の名前を出すのはやめましょう。
選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。
日韓大会のときの地の利を生かしたベスト16とは違い、今大会はまぎれもなく力で掴んだものでした。
今後の日本チームは、この南アフリカ大会のチーム超えが目標となります。
その意味では、価値あるワールドカップだったと言えるのではないでしょうか・・・。

日本は負けましたが、ワールドカップ南アフリカ大会はまだまだ続きます。
少しテンションは下がっちゃいますが・・・。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


下記、記事本文引用
***************************************************************************
日本、PK戦でパラグアイに破れる W杯
サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会決勝トーナメント1回戦、プレトリアのロフタス・バースフェルド競技場で、E組2位通過の日本とF組1位のパラグアイが対戦。
試合は前半・後半通じて、互いに無得点のまま、0-0で延長戦に。さらに、15分ハーフの延長戦でも決着がつかず、PK戦に突入した。PK戦は、日本は3人目の駒野のシュートがバーにはじかれ、一方、パラグアイは5人全員がシュートを決め、パラグアイがPK戦を制し、初のベスト8入りを果たした。

<PK戦 パラグアイが先攻>
1人目 バレト ○ 遠藤 ○ 
2人目 バリオス ○ 長谷部 ○
3人目 リベロス ○ 駒野 ×
4人目 アエドバルデス ○ 本田 ○
5人目 カルドソ ○

日本代表のスターティングメンバー(1次リーグ3戦と同じ)
GK:川島永嗣
DF:長友佑都 田中マルクス闘莉王 中澤佑二 駒野友一
MF:阿部勇樹 遠藤保仁 長谷部誠 松井大輔 本田圭佑
FW:大久保嘉人

後半20分:松井→岡崎
後半36分:阿部→中村憲剛
延長前半終了:大久保→玉田
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-06-30 02:50 | 他スポーツ | Comments(10)  

ワールドカップ南アフリカ大会16強出揃う。

 FIFAワールドカップ南アフリカ大会グループリーグの全日程が終了し、決勝トーナメントに進む16強が出揃いました。グループリーグの結果と決勝トーナメントの組み合わせ表を作成しました。

e0158128_1123569.jpg


 フランスイタリアのグループリーグ敗退は予想外でした。まあ、フランスの場合、あれだけチーム内がゴタゴタしていて良い結果が出るはずはないですけどね。前回のドイツ大会準優勝国のフランスですが、その前の日韓大会のときは確か今回と同じような結果でした。そして更にその前の自国開催大会では優勝と、良い時と悪い時がハッキリしています。ムラがある国なんでしょうか? しかし、南アフリカ戦終了後に同国の監督さんが握手を求めたところ、フランスの監督さんは拒否していましたが、あの態度はいただけませんね。超格下相手に負けたとあっては監督としてのプライド丸つぶれだったかもしれませんが、我々日本人の感覚では、格下相手に負けたことよりも潔くないあの態度の方が恥ずかしいと思うのですが・・・。あれがフランスの国民性なのでしょうか?

 他にもヨーロッパ勢では、イングランドスペインも、何とかギリギリ決勝トーナメントに駒を進めたといった感じでしたね。最も多くの国が出場しているヨーロッパ地区ですが、意外と本番に弱いところがあるのかもしれません。そんな中で、ドイツオランダの2国は安定した強さを見せていました。日本と同じグループEで戦ったオランダは、地区大会から負けなしの強さを見せ、今最も安定した優勝候補と言えるかもしれません。ドイツもワールドカップではいつも上位に絡んできますからね。さすがという観はあります。

 あと、忘れてはならないのが南米勢。ブラジルアルゼンチンの2強は、いつものことながら安定してます。両国とも南米地区大会時はあまり良い内容ではなかったようですが、ここへ出てきたらいつも安定した強さを見せます。特にアルゼンチンは、今回マラドーナ監督ということで、ひときわ目立っていますね。決勝トーナメントでの雄姿が楽しみです。他にもチリウルグアイ、そして日本と戦う予定のパラグアイと、南米地区の出場5ヵ国全て16強に名を連ねています。こちらはヨーロッパ勢とは違い、本番に強いということでしょうか?

 さて、我がアジア地区からは、日本韓国の2ヵ国が16強に名乗りを上げました。今大会での2ヵ国はどちらも他力本願的な要素はなく、力で掴んだ16強と言ってもいいかと思います。日本の対戦相手はパラグアイ、韓国はの対戦相手はウルグアイと、どちらも上記で安定していると言った南米勢で、初戦から厳しい戦いが予想されます。とは言え、日本と韓国から見れば、他の14ヵ国はすべて自国よりランキングは上の国ばかり。楽な相手など存在しません。しかしランキングは所詮過去の実績。今、上り調子の両国にとってはランキングなど関係ないと思いたいですね。日本と韓国は決勝まで当たることはありません。ワールドベースボールクラシック(WBC)のときのように、日韓決勝戦なんてことがあったら、アジアは大騒ぎになることでしょう。・・・無理かな・・・。

 何はともあれ、今夜から始まる決勝トーナメントの熱い戦いを楽しみにしましょう。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-06-26 12:14 | 他スポーツ | Comments(2)  

FIFAワールドカップ 南アフリカ大会開幕!

 さて、11日よりFIFAワールドカップ南アフリカ大会が始まります。私は普段サッカーには特別熱心に見ることはなく、4年に一度のワールドカップ時に突然現れる、典型的俄ファンです。オリンピックのときだけ急にスポーツ観戦好きになって、やたらと講釈たれるというあれと同じですね。熱心なサポーターの方々にすれば気に入らない輩かもしれませんが、どうぞご勘弁ください。とにかくこれから1ヶ月はサッカーファンです。

 せっかくサッカーファンになったので、出場国一覧と日程表を作りました。↓↓↓
e0158128_17581453.jpg
e0158128_17582464.jpg

 アフリカ大陸初上陸とあって、世界的に注目の高い大会のようですが、日本では今イチ盛りあがりに欠けると感じているのは私だけでしょうか?TVなどでは大きく取り上げられていますが、巷ではワールドカップの話題があまり聞こえてきません。フランス大会以降4大会連続出場を果たした日本ですが、惨憺たる結果だった前回のドイツ大会時でも、大会前はもう少し盛り上がっていたように思います。まあ、ここまでの強化試合などの内容を考えればとても好成績を期待できる雰囲気ではなく、盛り上がりに欠けるのも当然かも知れません。

 その強化試合を見ていて俄ファンとして思うことは、日本のサッカーのレベルは実際上がってきているのでしょうか?Jリーグが発足して19年。93年のドーハの悲劇から5年後の98年フランス大会に初出場し、02年の日韓大会では、地の利はあったものの初勝利・予選リーグ突破と、一歩ずつではあるけど世界に近づいている観はありました。ところが前回の06年ドイツ大会では1勝も出来ず、そして今回の南アフリカ大会では、1得点も出来ないのではないかという声さえ聞かれます。たしかに強化試合を見る限りでは、得点力がなさ過ぎですよね。こんなことを言えば熱心なサポーターに袋叩きにされるかもしれませんが、日本のレベルって逆に下がってるように思えてならないのですが、サッカーに詳しい人の目にはどう映っているのでしょう?

 まあとにかく強化試合は練習試合。せっかくだから予選突破を目指して盛り上がりましょう!


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-06-11 15:31 | 他スポーツ | Comments(12)