タグ:サムライジャパン ( 5 ) タグの人気記事

 

日本風ベースボール~野球~

WBC サムライ連覇に米ファンも賞賛

発明するのは苦手だが、開発するのは得意な日本人。
日本のラーメンやビールは、祖国の人たちにも絶賛されるほど。
約140年前にアメリカから輸入されたベースボールも、日本風にアレンジされて「野球」という独自のスタイルを築いた。
そして今回、その祖国に賞賛される結果を成した。
嬉しい限りだ。

そもそも野球は日本人気質に合っていたと思う。
コツコツ型の農耕民族である私たち日本人は、1回から9回まで攻守交代しながら9人順番に攻撃して得点を取る、そして9つのポジションでそれぞれの役割を果たしながら27個のアウトを取っていく、そんな積み重ねのスポーツと肌が合い、広く愛された。
西洋の狩猟民族が愛する、攻守入り混じった「フットボール」のような戦争ゲームとは肌が合わなかったのだろう。
時間制限のない勝負も、日本人気質に合っていたように思う。
「勝負は下駄を履くまでわからない」という、ある種武道にも通ずる感覚が、日本人の愛するところだったのではないかと考える。
野球は9回2アウトランナーなしからでも逆転可能であり、サッカーなどは、ロスタイムに入って点差が開いていると、勝負は決まったも同然。
下駄を履く前に勝負が分かってしまう。
あくまで、私の個人的な見方ではあるが・・・・。

今回の結果で「野球」が「ベースボール」に勝ったとは思わない。
ただ、日本的ベースボール「野球」を世界に知らしめ、祖国アメリカやカリブ海諸国が今一度ベースボールを磨き、「野球」&「ベースボール」が今以上に発展することを、一ファンとしては願わずにいられない。

ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村


以下、記事本文引用
****************************************************************
WBC サムライ連覇に米ファンも賞賛
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝でアメリカを、そして決勝で韓国を破って優勝した日本代表。ではこの日本の二連覇について、「ベースボール」の本家、アメリカはどう見ているか?

全米で最も読者の多い日刊紙「USATODAY」のWebサイトには、日本の優勝記事に対し、読者たちの賞賛のコメントが数多く寄せられている。

「すばらしい試合、すばらしいイベント、すばらしいファンたち。チームのために、そして自分の国のために、情熱をもってプレイする選手たちを見るのはとても楽しいことだった。自分自身のためだけにプレイするアメリカ流とは違う。」

「12時46分までこのゲームを見るために起きていた(私はテキサスに住んでいる)。今まで見た試合の中で、もっともすばらしいゲームだった。1点 を取るための走塁、盗塁、投球、目を見張らせるプレイの数々。情熱とハッスル。ステロイドで汚染されたMLBは全く逆の方向へ進もうとしている。」

「ひさしぶりに本物の野球を見た。」

野球を愛するアメリカのファンたちは、日本と韓国が繰り広げた熱戦に惜しみない賞賛を送り、そして「本物の野球の姿を失ってしまったかもしれない」自分たちの国アメリカの現状に対して、厳しい批判を付け加えるのを忘れない。

bleacherreport.comの野球アナリスト、Matthew Goodmanは「マツザカもイチローもアマチュアではない。しかし彼らは自分の国を代表し、ファンを喜ばせるために、プロの世界から飛び出してきた」 と、大リーガーの選手たちもWBCに積極的に参加し、関係者やファンもそれをサポートするべきだと述べた後、次のように読者に呼びかけている。

「(MLBワールドシリーズの)勝者を『ワールドチャンピオン』と呼ぶのは滑稽だ。50年前はそうだったかもしれないが、もはや過去のこと。準備を しよう、本当のワールドシップを勝ち取るために、本気で準備をしよう。他のチームは、勝つためにすべてを捧げていることを、我々は学んだのだから」

2013年のWBCでは、きっとアメリカチームのすばらしいプレイが見られるに違いない。彼らを「本気」にさせた侍ジャパンにも、もちろん本気で「3連覇」を目指してほしい。


ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-03-27 16:39 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

WBC日本代表最終メンバー発表

WBC代表28人決まる イチローら選出、松中ら外れる

日本代表最終メンバー(28名)
◆投手13名◆
松坂大輔(米大リーグ・レッドソックス)
涌井秀章(埼玉西武)
小松聖(オリックス)
ダルビッシュ有(北海道日本ハム)
渡辺俊介(千葉ロッテ)
田中将大(東北楽天)
岩隈久志(東北楽天)
馬原孝浩(福岡ソフトバンク)
杉内俊哉(福岡ソフトバンク)
内海哲也(巨人)
山口鉄也(巨人)
岩田稔(阪神)
藤川球児(阪神)

◆捕手3名◆
城島健司(米大リーグ・マリナーズ)
阿部慎之助(巨人)
石原慶幸(広島)

◆内野手6名◆
岩村明憲(米大リーグ・レイズ)
中島裕之(埼玉西武)
片岡易之(埼玉西武)
川崎宗則(福岡ソフトバンク)
小笠原道大(巨人)
村田修一(横浜)

◆外野手6名◆
イチロー(米大リーグ・マリナーズ)
福留孝介(米大リーグ・カブス)
稲葉篤紀(北海道日本ハム)
亀井義行(巨人)
青木宣親(東京ヤクルト)
内川聖一(横浜)


松中信彦選手の落選は故障もあり仕方のないところ。しかし、和田毅投手の落選は理解できない。
岸孝之投手の落選も残念だ。
内海投手、山口投手より数段期待できるように思うのだが?
捕手も阿部選手より細川選手の方が使えると思う。
亀井選手なんてジャイアンツでもレギュラー定着してないのに・・・・。
結局、投手、捕手、内野手、外野手、すべての枠にジャイアンツの選手がいる。
原監督! ちょっとアカラサマ過ぎやしませんか?


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村



以下、記事本文引用
**************************************************************
WBC代表28人決まる イチローら選出、松中ら外れる 
野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の最終メンバー28選手が22日、決まった。前回大会で優勝の原動力となった、イチロー外野手、松坂大輔投手や、ダルビッシュ有投手らが選ばれた。代表候補として合宿に参加していた和田毅投手、松中信彦内野手(以上ソフトバンク)岸孝之投手、細川亨捕手(以上西武)栗原健太内野手(広島)の5選手は最終メンバーから外れた。

by sakanoueno-kumo | 2009-02-22 19:27 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

WBC日本代表1次登録選手発表

Excite エキサイト : スポーツニュース

日本代表第1次登録メンバー(42名)
◆投手20名◆
松坂大輔(米大リーグ・レッドソックス)
岡島秀樹(米大リーグ・レッドソックス)
小林雅英(米大リーグ・インディアンズ)
岸孝之(埼玉西武)
涌井秀章(埼玉西武)
小松聖(オリックス)
ダルビッシュ有(北海道日本ハム)
渡辺俊介(千葉ロッテ)
田中将大(東北楽天)
岩隈久志(東北楽天)
馬原孝浩(福岡ソフトバンク)
和田毅(福岡ソフトバンク)
杉内俊哉(福岡ソフトバンク)
内海哲也(巨人)
山口鉄也(巨人)
岩田稔(阪神)
藤川球児(阪神)
武田勝(北海道日本ハム)
永川勝浩(広島)
寺原隼人(横浜)

◆捕手5名◆
城島健司(米大リーグ・マリナーズ)
細川亨(埼玉西武)
阿部慎之助(巨人)
石原慶幸(広島)
高橋信二(北海道日本ハム)

◆内野手10名◆
岩村明憲(米大リーグ・レイズ)
中島裕之(埼玉西武)
片岡易之(埼玉西武)
松中信彦(福岡ソフトバンク)
川崎宗則(福岡ソフトバンク)
小笠原道大(巨人)
栗原健太(広島)
村田修一(横浜)
田中賢介(北海道日本ハム)
西岡剛(千葉ロッテ)

◆外野手7名◆
イチロー(米大リーグ・マリナーズ)
福留孝介(米大リーグ・カブス)
稲葉篤紀(北海道日本ハム)
亀井義行(巨人)
青木宣親(東京ヤクルト)
内川聖一(横浜)
福地寿樹(東京ヤクルト)


 昨年12月に発表された34名から黒田博樹、斎藤隆が辞退したこともあり、岩田稔、岡島秀樹、小林雅英、武田勝、永川勝浩、寺原隼人ら5名の投手がメンバー入り。捕手では高橋信二、野手では西岡剛、田中賢介、福地寿樹らが新たに登録された。妥当な選出といったところだろうか?(不安要素は監督だけ・・・)
 最終メンバー28名は2月25日に決定される。頑張れ!サムライジャパン!!

by sakanoueno-kumo | 2009-01-20 14:20 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

WBC日本代表1次候補が決まる

Excite エキサイト : スポーツニュース


候補メンバー
◆投手◆
松坂大輔(MLB・レッドソックス)
黒田博樹(MLB・ドジャース)
斎藤隆(MLB・ドジャース)
岸孝之(埼玉西武)
涌井秀章(埼玉西武)
小松聖(オリックス)
ダルビッシュ有(北海道日本ハム)
渡辺俊介(千葉ロッテ)
田中将大(東北楽天)
岩隈久志(東北楽天)
馬原孝浩(福岡ソフトバンク)
和田毅(福岡ソフトバンク)
杉内俊哉(福岡ソフトバンク)
内海哲也(巨人)
山口鉄也(巨人)
藤川球児(阪神)

◆捕手◆
城島健司(MLB・マリナーズ)
細川亨(埼玉西武)
阿部慎之助(巨人)
石原慶幸(広島)

◆内野手◆
岩村明憲(MLB・レイズ)
中島裕之(埼玉西武)
片岡易之(埼玉西武)
松中信彦(福岡ソフトバンク)
川崎宗則(福岡ソフトバンク)
小笠原道大(巨人)
栗原健太(広島)
村田修一(横浜)

◆外野手◆
イチロー(MLB・マリナーズ)
福留孝介(MLB・カブス)
稲葉篤紀(北海道日本ハム)
亀井義行(巨人)
青木宣親(東京ヤクルト)
内川聖一(横浜)


まずは見渡して、セ・リーグの選手が少ないのが寂しいですね。
私の愛する阪神タイガースからは藤川球児投手がただひとり。
残念ですが、考えてみると他に選ばれそうな選手を考えてみても赤星選手ぐらい。
仕方がないですね。
こうして見ると、強いチームに優れた選手がいるとも限らないということがわかります。
先発ローテは、松坂、ダルビッシュ、岩隈、涌井・・・ってところでしょうか。
野手も、スタメンはMLB選手とパ・リーグ選手だけになりそう・・・。(青木が入れるかな?)
頑張れ!球児!

追記、松井稼頭央が怒っているみたいやで(笑)。

by sakanoueno-kumo | 2008-12-16 14:04 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

侍ジャパン

WBC原監督「世界一を目指す」 愛称は“侍ジャパン”

どんな愛称を付けようと、原監督ではねぇ。
とりあえずは応援しますけど、
落ち武者ジャパンにならなければ良いが・・・。

以下、本文記事本文引用
***************************************************************************
WBC原監督「世界一を目指す」 愛称は“侍ジャパン”
 来年3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表監督に就任した巨人の原辰徳監督(50)が12日、東京都内で就任会見を行い「先輩たちが築き上げてきた日本らしい戦い方をしていきたい。前回同様に世界一を目指す」と抱負を語った。日本代表の正式な愛称を「SAMURAI JAPAN」に決定。

by sakanoueno-kumo | 2008-11-12 20:11 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)