「ほっ」と。キャンペーン

タグ:マラソン ( 4 ) タグの人気記事

 

惨敗の日本女子マラソンに思う、マラソンは自分本位であるべきの論。

オリンピックの花形、陸上競技が始まりましたね。
世界最速の男・ウサイン・ボルトの出場する男子100メートルの準決勝・決勝や、北京オリンピックの雪辱を晴らしたい男子ハンマー投げの室伏広治選手も気になるところですが、同じく北京の雪辱という意味では、女子マラソンの3人娘が注目でした。
1992年バルセロナの有森裕子選手の銀、1996年アトランタでの有森裕子選手の銅、2000年シドニーでの高橋尚子選手の金、2004年アテネでの野口みずき選手の金と、4大会連続でメダリストを出したマラソン王国日本が、4年前の北京ではメダル獲得はおろか8位入賞すら果たせないという悔しい結果に終わりました。
その北京の雪辱を晴らすべくスタートラインにたった日本女子マラソン代表の3人の選手でしたが、結果は木崎良子選手が2時間27分16秒で16位、尾崎好美選手が2時間27分43秒で19位、重友梨佐選手は2時間40分6秒で79位に終わり、北京のときの中村友梨香選手の13位という記録にすら及ばないという、惨憺たる結果に終わってしまいました。

今回のマラソンコースは、高低差は少ないものの狭い道直角コーナーが数多くあり、また路面は滑りやすい石畳や足に負担のかかる凸凹道が多いため転倒の危険をはらんだ難コースだと聞きます。
加えて今日は天候にも恵まれず、ランナーにとっては良いコンディションとはとても言いがたい条件でした。
しかし、コースコンディション云々はどの選手にとっても条件は同じで、敗因とは言い難いでしょう。
難コースという点で言えば、高橋尚子選手がオリンピック新記録で優勝したシドニーのコースは、アップダウンが激しく史上最高の難コースだと当時いわれていましたし、有森裕子選手が銀メダルを獲得したバルセロナのマラソンコースも、今回のロンドンのコースに似た石畳の多い難コースだったと記憶しています(あのときその石畳の給水所で男子マラソンの谷口浩美選手が転倒しましたよね)。
実際、今回この難コースといわれるコースで優勝したエチオピア代表のティキ・ゲラナ選手の記録は、高橋尚子選手が持っていたオリンピック記録を上回る新記録でゴールしました。
強い選手にとっては、コースコンディションなんて関係ないということでしょう。

昨夏の世界選手権で表彰台を独占したケニア勢が、交代で先頭を引っ張るなどチームで揺さぶりをかける戦略で勝利したことを受け、日本陸連は従来のように日本選手同士で互いにけん制し合う意識ではアフリカ勢に勝てないと判断し、オリンピックに向けて始めて代表3人での合同合宿を行ったそうですね。
一体感を高め、代表3選手が協力しながらレースを展開する「チーム戦」を選択したわけですが、結果的にその作戦で効果があったのか私にはわかりませんでした。
厳しい言い方をすれば、15キロ付近で揃って先頭に躍り出て、その後揃って脱落していったという印象で、何も脱落まで団結しなくても・・・みたいな。
もちろん、一生懸命走っている彼女たちを責めるつもりは毛頭ありませんが、陸連の戦略ミスではないでしょうか。
マラソンは自分との戦い
素人が生意気言うようですが、仲良しこよしで勝てるような世界ではないと思いますけどね。
だって、有森裕子さんや高橋尚子さんは、とても協調性があるようには見えませんよ(笑)。
当時の彼女たちにもし「チーム戦」の話を持ちかけても、きっと固辞したと思いますよ。
良きにせよ悪しきにせよ、自分本位でなければ自分との戦いには勝てないんじゃないでしょうか。

正直言って、レース前に有力選手の持ちタイムを見て、日本の3選手に好成績を期待するのは酷かなと思ってはいたのですが、予想以上に世界との差が大きいことを痛感する結果となりました。
11年前、高橋尚子選手が世界で始めて2時間20分を切って以来、世界の女子マラソンのタイムは日進月歩高速化しています。
一方で、日本選手では高橋尚子選手、野口みずき選手以降、2時間20分を切る選手は生まれていません。
今回の木崎選手と尾崎選手のタイムは、有森裕子選手がメダリストとなったときより速いタイムですからね。
それだけ世界のレベルは急速に進歩しています。
今回の結果を真摯に受け止め、今一度対策を練り直して4年後に臨んでほしいと思います。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-08-05 23:58 | 他スポーツ | Comments(0)  

猫ひろしさんの五輪出場消滅に思う、オリンピック精神への冒涜。

カンボジア代表としてロンドン五輪男子マラソンの出場が決まっていたタレントの猫ひろしさんでしたが、国際陸連からのダメ出しによって結局出場できなくなったそうですね。
国籍を変えてまでつかんだロンドン五輪への切符でしたが、思わぬかたちでついえることとなりました。
国際陸連のダメ出しの理由は、国籍取得後1年が経過していない場合の条件として、
 (1)連続した1年の居住実績
 (2)国際陸連理事会による特例承認

のいずれかが必要で、国籍の変更から7ヶ月ほどしか経っておらず、日本に住んでタレント活動をしている猫さんには、(1)も(2)も当てはまらず、参加資格を満たしていないという判断になったようです。
当然といえば当然の結果ですね。

彼の五輪出場が内定したとき、元メダリストの有森裕子さんが、「これが本当にいいことなのか」と苦言を呈しておられましたが、私も全くもって同じように思っていました。
五輪の出場権を得るために国籍を変える・・・そんな方法がまかり通っていいのか、と。
いってみれば、高校野球の甲子園大会出場校で、北国の代表校のレギュラーメンバーのほとんどが関西出身の選手だった・・・という、あれと同じようなもので・・・。
それでも高校野球のそれは、選手たちはその学校に在学中はその地方で暮らしているわけですが、猫さんの場合は国籍変更後も日本で暮らし、カンボジアとは縁もゆかりもないわけで・・・。
高い能力があっても、住んでいる地域(国)のレベルが高すぎるため、そこで選ばれし者となるのは困難。
ならばレベルの低い地域(国)に移住して、そこで選ばれし者となり、能力を発揮したい。
その思いはわからなくもないですが、それを許せば、アラブ諸国のような金持ち国が五輪代表選手を金で買うような事態にも発展しかねませんし(高校野球の特待生なども、いってみれば金で選手を買っているようなもの)、そんなことが当たり前になってしまえば、五輪自体の存在価値が危うくなってしまうでしょう(外国ではすでに当たり前になっているとも聞きますが)。

それに、レベルの低い地域(国)に対しても失礼なんじゃないですかね。
もし、日本のレベルが低い競技(たとえばバスケットボールとか)に、レベルの高い国(たとえばアメリカ)から大勢国籍変更してきて、日の丸背負って戦って好成績を残したとしても、日本人として素直に応援する気になるでしょうか。
この度の猫さんのカンボジア代表としての五輪出場は、カンボジア政府は後推ししていたようですが、カンボジア国民はどう思っていたのでしょうね。
私は、猫さんの行為はカンボジア国民に対する愚弄と言ってもいいように思えます。

そもそも猫さんの自己ベスト記録は、2月に別府大分毎日マラソンで記録した2時間30分26秒で、五輪参加標準B記録である2時間18分に達していなかったのですが、カンボジアにも標準記録に達した選手がいなかったため、代表に選ばれたわけです。
だから仮にロンドン五輪に出場しても、その結果は推して知るべしだったと思いますが、それでも、国籍を変えてまで参加することに意義があったのでしょうか・・・。
オリンピック規則では、その国で標準記録を超える選手がいない場合、特別に2名まで出場を認めています。
これは、出場体制の整わない途上国などの国状を考えて、できるだけ多くの国に参加してほしいという趣旨によって作られた規則です。
その趣旨から考えれば、本来カンボジアで生活する選手のための出場枠であるべきで、その規則を逆手に取り、いわば悪用して代表選手になろうとした猫さんの行為は、少々キツイ言い方をすれば、オリンピック精神への冒涜といっても過言ではないように思えます。

少しだけ彼を擁護すれば、私はアスリートとしての猫ひろしさんは批判するところではありません。
2時間30分26秒という記録が単なるタレントランナーの域を超えたレベルであることは認めますし、それが、30歳を過ぎてマラソンを始め、たかだか3年ほどで達した記録であることにも感嘆しています。
何より、練習に対するストイックさは、実業団に所属する他の日本人マラソン選手たちも敬服するところだそうで、彼の活躍は、近年低迷続きの日本男子マラソン界に一石を投じたといえるでしょう。
でも、それと今回のことは別の話。
本当に優秀な選手なら日本代表に選ばれるはずで、それが無理ならば、五輪出場なんてそもそも叶わぬ夢だったのです。
「夢」なんて言えば聞こえがいいですが、反則技を使ってまで手にしようとした「野望」といったほうがいいかもしれませんね。
で、その野望はおそらく猫さんだけの発案ではなく、それを喰い物にしようとした企画者がいたはずです(彼自身が思いついたとはとても思えません)。
さらには、その尻馬に乗っかって猫さんを煽っていたマスコミ同罪でしょう。
これまで散々彼を応援するような報道をしておきながら、手のひらを返したように猫さんの行動を批判し始める、節操のないマスコミの姿が思い浮かびます。
その意味では、動機は不純だったとはいえストイックに五輪を目指していた猫さんには、多少は同情の余地があるかもしれませんが、だからといって、これを機に日本国籍を取戻そうという安易な心づもりであるならば、決して許さざることです。
まあ、そんなことは言われなくともわかっているでしょうけどね。

とにもかくにも、この度の国際陸連の常識ある判断を評価します。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120509-00000030-dal-spo
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-05-09 17:38 | 他スポーツ | Comments(0)  

東京マラソンでの川内優輝選手の好走にみる、“能力”と“実力”の違い。

 先日行われた東京マラソンで、市民ランナーとして一般参加していた川内優輝さんが、日本人としては3年ぶりに2時間10分を切る2時間8分37秒という好タイムで日本人選手再先着の3位に入賞し、一躍“時の人”となっていますね。聞けば、川内さんは高校で事務職を務める公務員だそうで、職業柄、企業のサポートは一切受けられず、費用もすべて自費、練習もすべて自己流だとか。もちろん、まったくのど素人ではなく、学生時代には箱根駅伝に出場した経験もあるそうですが、とはいえ、実業団でもなく自己流で練習してきた一般のランナーが、こんな好タイムをたたき出せるということに驚かされます。このタイムがどれほどスゴイかというと、伝説のマラソンランナー・瀬古利彦氏が、この東京マラソンの前身である東京国際マラソン(コースは若干変わっているらしい)で1983年に優勝したタイムが2時間8分38秒(当時の日本記録)で、その後、同大会で日本人選手がそのタイムを20年以上超えることが出来なかったことを思えば、今回その瀬古氏のタイムより1秒速くゴールインした川内さんのタイムが、いかに素晴らしい記録であるかがわかると思います。

 一方で、アマチュア選手に敗北した実業団選手たちはショックを隠せないようです。日本陸連の幹部からは、不甲斐ない選手たちに対して怒りの訓戒があったとか。近年、女子マラソンに比べて劣勢の男子マラソン勢ですから、厳しい声が上がっても仕方がないとは思いますが、4位に入った尾田賢典選手も、一応は世界陸上代表選考の基準タイムをクリアしていたわけで、決して悪い結果ではなかったと思います。レース後、尾田選手は、39キロ過ぎで川内選手に抜かれたことを振り返り、「川内選手が後ろを走っていることを知らず対応できなかった」とショックを隠せない様子だったそうですが、これは言い訳ではなく本音の言葉でしょう。尾田選手にしてみれば、ノーマークのダークホースに足元をすくわれた、といったところだと思います。

 「マラソンは自分との戦い」などとよく言われますが、それはあくまでアマチュアレベルでの話。トップランナーたちのマラソンは、“駆け引き”のスポーツです。優勝候補と目される選手たちは、そのレースに出場しているライバル選手たちの顔ぶれによって、レース展開を考えて走ります。前半からガンガンとばす選手がいてハイペースが予想されるレースと、後半のスピード勝負に自信がある選手が揃ったレースでは、道中の位置取りからスパートのタイミングまで変わってくるわけです。そんな中、まったく眼中になかった無名の選手の思わぬ好走に、仕掛けどころがわからないまま逃げ切られてしまう、または、仕掛けが早すぎて差し返されてしまう、というのはよくあることですね。逆に無名の選手にしてみれば、駆け引きなしの、自分との戦いのレースをしたら、たまたま絶好調で好結果が出てしまった・・・というだけで、まさに“無欲の勝利”といえるでしょう。

 その例で思い出されるのは、バルセロナ五輪の代表選考が懸かった1992年の大阪女子国際マラソンで、当時まったく無名だったダイハツの小鴨由水選手が、初マラソンで優勝、しかも当時の日本新記録で、さらに当時の初マラソン世界最高記録という快挙を成し遂げたレースです。小鴨選手は、同じダイハツで優勝候補だった、浅利純子選手のペースメーカー役での出場だったといいます。ところが、想定外のハイペースでレースを引っ張ったため、併走していた浅利選手は36km過ぎで脱落。そしてその浅利選手をマークしていた、もうひとりの優勝候補の松野明美選手は、後半懸命に追い上げるも差し届かず結果は2位(松野選手のタイムも当時の日本新記録)。ペースメーカーで出場したはずの20歳の女の子が、一躍日本女子マラソン界のトップに立ってしまったわけです。(このレースで小鴨選手が五輪の切符を手にしたことで、のちに揉めに揉めた松野明美選手と有森裕子選手の代表権争いのきっかけとなったレースとして、覚えている人が多いのではないでしょうか。)

 日本記録保持者としてバルセロナ五輪に臨んだ小鴨選手でしたが、今度は当然ノーマークの選手ではなく、さらに五輪代表という重圧もあってか、結果は惨憺たる内容でした。その翌年、彼女はダイハツを退社し、マラソン選手も引退しています。彼女にとって大阪女子国際マラソンでの好走は、“一世一代の大駆け”だったのかもしれませんね。もちろん、力がなければ日本記録など出せませんから、潜在能力は高いものがあったのでしょうが、ノーマークの気楽な立場での好結果はあくまで“能力”であって、注目された中での結果こそが真の“実力”だと思います。その意味では、のちの五輪金メダリストの高橋尚子選手や野口みずき選手などは、すべての選手からマークされる立場でレースに臨み、さらに国民のメダルの期待を一身に背負っての結果ですから、間違いなく、高い“実力”の持ち主だったといえるでしょう。小鴨選手は、まだ“実力”がついていないのに高い“能力”を発揮してしまった、不運な例だといえるかもしれません。

 さて、川内優輝さんですが、今回の結果で高い“能力”の持ち主であることが証明されました。しかし、好結果に水をさすわけではありませんが、次のレースこそが、真の“実力”を問われるレースだと思います。近年、振るわない日本の男子マラソン勢の中で、彗星のごとく現れた新鋭ですから、ぜひとも頑張ってほしいとは思いますが、彼の好走に触発された実業団選手たちも、今度は負けるわけにはいかない思いがあるでしょう。ひいてはそれがマラソン界全体の底上げに繋がれば、川内選手の功績は大きかった、ということになるかもしれませんね。

 ちなみに、小鴨選手はその後結婚し、松永由水選手としてマラソン界に復帰。二児の母となった現在でも、市民ランナーとして数々のレースに参加しているそうです。小鴨由水選手・・・彼女もある意味、伝説のマラソンランナーといえるでしょうか。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000014-sanspo-spo
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-03-01 22:11 | 他スポーツ | Comments(2)  

訃報・・・日本女子マラソンのパイオニア・佐々木七恵。

<佐々木七恵さん>27日に死去 日本女子マラソンの草分け

 女子マラソンのパイオニア、佐々木七恵さんが亡くなられた。享年53歳。
 私は高校時代陸上部で、当時(80年代前半)は瀬古利彦や宗茂・猛兄弟など日本男子マラソンの黄金期であった。一方、女子マラソンは歴史も浅く、世界とは大きく水を開けられていた時代だった。

 佐々木は1981年に2時間40分56秒の日本最高記録を樹立し、その翌年には2時間35分00秒で自己の日本記録を塗り替えている。しかし、当時の世界記録は2時間25分台で、まだまだ10分近い差があった。そんな中、彗星の如く現れた若干19歳の新鋭、増田明美が、当時の佐々木七恵の記録を大きく上回る、2時間30分30秒(当時ジュニア世界記録)という記録を樹立する。以後、世界に通用する初めてのランナーとして注目は増田に集まり、佐々木は日陰の存在になった。

 増田に刺激された佐々木は、教員を辞職して本格的に陸上に取り組むため、当時瀬古利彦などが在籍していたヱスビー食品陸上部に入部した。天才と言われながら若さ故に走りにムラがあった増田明美に対して、地道にコツコツと我慢のレースを重ね、1984年に初めて正式種目になったロサンゼルスオリンピックの女子マラソン代表に、増田と二人で選ばれた。

 向かえたオリンピック当日。誰もが増田の好走を期待したものの、プレッシャーの重圧に押しつぶされた増田は16キロ付近で途中棄権。一方、自分の走りを失わなかった佐々木は、2時間37分04秒で完走。順位は19位に終わったが、自身の持てる力は十分に出し切っており、マラソンにおける精神力の大切さを証明する結果となった。

 当時、佐々木七恵は28歳。以後、日本の女子マラソンは着実に力をつけ、世界のトップクラスに位置するに至ったが、オリンピックで好成績を残した選手たちは皆20代後半の年齢で、若くして国内大会で好タイムを記録しても、大舞台では結果を出せてきない。<有森裕子(26歳)バルセロナ銀・(30歳)アトランタ銅、高橋尚子(28歳)シドニー金、野口みずき(26歳)アテネ金、など>

 世界に誇る実力となった女子マラソン。その草分け的存在だった佐々木七恵さんの早すぎる訃報は残念でならない。
 心からご冥福をお祈りいたします。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


以下、記事本文引用
*************************************************************
<佐々木七恵さん>27日に死去 日本女子マラソンの草分け
 日本の女子マラソン界の草分け的存在で、1984年ロサンゼルス五輪代表だった永田七恵(ながた・ななえ、旧姓・佐々木)さんが27日、死去した。53歳。葬儀は親族のみで行う。旧所属先のエスビー食品関係者によると、ここ数年、がんのため治療を受けていたという。
 岩手県出身。日体大時代は中距離ランナーとして活躍したが、卒業後、地元で教員をしながらマラソンに取り組んだ。ロス五輪で女子マラソンが正式種目に決まり、盛岡一高の教員を退職し、82年にエスビー食品に入社。瀬古利彦選手を育てた中村清氏(故人)に師事した。代表選考レースの83年東京国際女子マラソンで日本人として初めて優勝した。ロス五輪は19位だった。
 引退レースとなった85年3月の名古屋国際女子マラソンで自己最高、当時日本歴代3位の2時間33分57秒で優勝。同年6月に結婚した。引退後はエスビー食品陸上部のコーチや顧問、解説者などとして活躍した。

 ◇努力の天才の人

 ロサンゼルス五輪女子マラソンに共に出場した増田明美さんの話 昨夜訃報(ふほう)を聞き、悲しくて眠れませんでした。七恵さんは努力の天才。ロサンゼルス五輪で七恵さんに抜かれたのは一番悔しい思い出ですが、昨秋に十何年かぶりにお会いした際には「私たちは戦友だから、仲良くしましょう」と声を掛けてもらいました。市民ランナーを出発点に、女子マラソンの歴史と共にあった人でした。

 ◇教職捨てて走りに徹する

 エスビー食品で同時期に所属し、共にロサンゼルス五輪に出場した瀬古利彦さんの話 20代半ばに教員の職を捨ててまで、マラソンのために中村門下生になったのがすごかった。女子マラソンのパイオニアのような存在だった。すごく練習していて、それが強さにつながったと思う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000510-san-spo
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-06-29 16:00 | 他スポーツ | Comments(0)