タグ:今川氏真 ( 4 ) タグの人気記事

 

おんな城主 直虎 第28話「死の帳面」 ~おんな大名 寿桂尼~

 寿桂尼、最後の政治でしたね。武田信玄の息子・武田義信が幽閉先の東光寺自害(病死とも)したのが永禄10年(1567年)10月19日。その翌月には義信の正室・嶺松院(実名は不明)がその娘とともに今川に送還されているので、ドラマはこの1ヵ月前後の政治を描いています。寿桂尼が没するのは翌年の3月14日。死の4~5ヵ月前ということになりますね。そんな寿命が尽きる寸前のばあさんが、甲斐へ相模へと奔走しえたとはとても思えませんが、「死しても今川の守護たらん」という有名な遺言を残すほど今川の行く末を案じていた寿桂尼ですから、きっと、最後まで孫の今川氏真にまつりごとを任せられず、あんな感じで口を出していたんじゃないでしょうか。


信玄「お具合がよろしゅうないと聞いておりましたが、ご息災で何よりでございます。」

寿桂尼「神仏も我には会とうないようにございます。」

信玄「それは神仏も正直なことを。」


寿桂尼「老婆心ながら、そなたほどのお方が尾張の若造に足をすくわれませぬように。」

信玄「ご忠告、痛み入ります」


 圧巻の舌戦でしたね。老獪VS老獪古雌狐VS古禿狸。実に見ごたえがありました。でも、明らかに寿桂尼がイニシアティブを取っていましたね。


氏真「おばばさま、首尾はいかがでしたか?」

寿桂尼「鈴は武田にとっては決め手となる人質です。われが行ったくらいで手放すわけが・・・」

氏真「では、何のために行かれたのですか?」

寿桂尼「シテにお出ましいただきやすくするためです。」

氏真「シテに?」

寿桂尼「春どの、お父上に仲立ちをお頼みしたいので、一筆したためていただけるかの?」

氏真「北条に?・・・では初めからそうすればよかったのではございませぬか?」

寿桂尼は「直に関わる者同士が話し合うておらぬ場にシャシャリ出るのは、北条も望むまい。武田は、北条にはまだ大切な味方・・・」


 寿桂尼のいう「シテ」とは、における「主人公」という意味だそうです。つまり、主人公の出る幕を作りに行ったのだと。仲裁役が仲裁し易いようにお膳立てをしに行ったわけですね。さすがは寿桂尼、したたかな外交手腕です。


 今川氏親の正室として駿河国に嫁ぎ、夫の死後、わが子の氏輝、義元、そして孫の氏真と、今川家4代に渡って政務を補佐し、「駿河の尼御台」「女戦国大名」などと称された寿桂尼。実際、桶狭間の戦いで義元が死んだあとも、今川氏が何とかその大名としての面目を保ってこられたのは、寿桂尼のちからだったともいわれ、武田信玄などは、「寿桂尼が生きているうちは駿河を攻められない」と言っていたとか。事実、寿桂尼が死ぬやいなや、信玄は駿河侵攻を開始しますしね。一説には、駿河攻めを開始した信玄は、まず手始めに寿桂尼の墓を破壊してから今川に攻め入ったなんて話もあります。本当に墓から出てきそうな気がしたのかもしれません。まさに、おんな大名・寿桂尼です。


 さて、ドラマに戻って井伊直虎ですが、井伊直親への所業について寿桂尼から問われた直虎は、こう答えます。


直虎「家を守るということは、きれい事だけでは達せられませぬ。狂うてでもおらねば、己の手を汚すことが愉快な者などおりますまい。汚さざるをえなかった者の闇はどれほどのものかと・・・そう思います。」


 涙する寿桂尼。そなたがわが娘であれば・・・と。そして、そのまま寿桂尼はこの世を去る・・・と思いきや、デスノート×井伊直虎」の文字が!!!
曰く、「われに似た女子は、衰えた主家に義理立てなど決してせぬ。」・・・と。
いや~、見事な結末でしたね。さすが、寿桂尼は最後まで寿桂尼でした。今話は、これまででいちばん見応えがあったかも・・・。


 ちなみに上記の直虎の台詞、のちの小野但馬守政次に対する所業の伏線かもしれません。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-07-17 20:09 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第25話「材木を抱いて飛べ」 ~経済封鎖政策・塩留~

 「敵に塩を送る」

 という上杉謙信の有名な美談が生まれた「塩留」に絡めた話でしたね。甲相駿三国同盟が瓦解すると、武田信玄幽閉していた長男・武田義信廃嫡し、その妻で今川氏真の妹・嶺松院とも強制的に離縁させ、駿河へ送り返します。そして、四男の武田勝頼の正室に織田信長の娘を迎えました。これは、今川氏との同盟関係を断ち切り、今川氏の仇敵である織田氏と手を結ぶという意思表示でした。


 これに怒った今川氏真は、相模の北条氏康と相談し、武田領である甲斐に塩を売らないよう商人たちに命令します。山国で海を持たない甲斐では、自国で塩を精製することはできず、駿河湾からの輸入に頼っていました。言うまでもなく塩は人が生きていくうえで不可欠なもので、塩を絶たれた武田氏は、たちまち困窮して降伏せざるを得なくなるだろう・・・というのが、今川氏、北条氏の狙いです。


 この経済封鎖政策のことを「荷留」と言い、戦国時代から明治初頭にかけてしばしば行われていました。今川氏の場合は塩でしたが、の輸出を止める場合や、港で船の荷揚げ荷下ろしを制限する「津留」という政策などもあったようです。江戸時代以降のそれは、飢饉時などによる自領内の食料を確保する目的で行われるものでしたが、戦国時代の場合、今川氏の塩留のように敵国に対する経済制裁の目的が多かったようです。このやり方を「卑怯」だと批判した上杉謙信が、敵国である武田領に塩を送ったという逸話が、後世に「敵に塩を送る」という故事を伝えることになるんですね。もっとも、この話は、現在では史実ではないと言われていますが。


 経済制裁は現代でも行われており、国連主導のものや個別国家によるものなど、世界中で複数の制裁政策が現在進行形です。わが国の身近なものとしては、北朝鮮への国連安保理決議のものや、日本が独自に行う特定船舶入港禁止法などの制裁政策も行われていますね。しかし、北朝鮮はいっこうにダメージを受けていないようにも見えます。また、わが国が受けた経済制裁としては、太平洋戦争開戦に至るまでのアメリカによる石油などの禁輸在米資産凍結などの対日措置が知られていますね。その結果、何が起こったか・・・。経済制裁を受けて追い詰められた国が、猛省して態度を改めることはまずなく、暴挙にでることがほとんどです。その結果、苦しむのは民なんですね。その意味では、経済制裁も結局は武力制裁と変わらない非人道的な行為といえるでしょうか。それを450年も前に見通していた上杉謙信はスゴイ!!・・・って、史実じゃないんですけどね。


 で、ドラマに戻って、「荷留」による経済封鎖政策を打ち出した今川氏ですが、そうなれば、武田氏も困りますが、それを生業にしていた商人たちも商売上がったりになるわけで、そうすると、瀬戸方久らのように塩の密輸入を始める輩も当然出てきていたでしょう。そんな時勢の中で、井伊領で伐採した材木の商い先である成川屋が、三河の徳川に材木を流していることが発覚。またもや、井伊は今川より謀反の嫌疑をかけられるはめに・・・。もちろん、これも史実ではありませんが、時勢に絡めた面白い設定だったんじゃないでしょうか?材木の話を何話も引っ張ってきたのは、今話を描くためだったんですね。なるほど納得。


 井伊直虎成長ぶりもいいですね。これまでのような熱意だけの拙い施策とは違い、第二、第三の対応策を練り、毒薬を飲んで時を稼ぐ荒業など、強かさを身につけています。また、直虎と小野但馬守政次が、それぞれ別の場所で碁盤に向かいながら意志を通じ合わせる場面も秀逸でした。そしてその政次に寄り添うなつが切ない・・・。


今川氏真への申し開きも、以前、寿桂尼に申し開きしたときは村人からの嘆願書に救われ、今回は龍雲丸たちが取り戻した材木が持ち込まれて救われるという、一見、ワンパターンの結末にも見えますが、その申し開きの口上は以前のものより明らかにスキルアップしています。おんな城主直虎、覚醒ですね。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-06-26 17:12 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第13話「城主はつらいよ」 ~地頭・井伊直虎~

 かくして井伊家の家督を相続し、幼い虎松(のちの井伊直政)が成長するまでのあいだ、執務をとることとなった次郎法師あらため井伊直虎ですが、具体的にいつ家督を継承したかはわかっていません。その目安となる史料としては、地頭として直虎が龍潭寺南渓瑞聞和尚に宛てた寄進状が残されており、永禄8年(1565年)9月15日付けとなっていることから、おそらくその数ヶ月前と考えられています。


 直虎が地頭になった経緯を、『井伊家伝記』はこう伝えます。


 「中野信濃守井伊保を預り仕置成され候跡に、討死の後は地頭職も之れ無く候。之に依り、直盛公後室と南渓和尚相談にて次郎法師を地頭と相定め、直政公の後見を成され、御家を相続成さる可き旨ご相談にて、次郎法師を地頭と定め申し候。(瀬戸保久に下され候家康公の御判物に、地頭次郎法師とこれ有り)其節井伊家御一族、御家門方々にて戦死、直政公御一人殊に御幼年故、井伊家御相続御大切に思召され候也。」


 上記()内注釈で、そこには、井伊家を支えた瀬戸保久(方久)に、のちに徳川家康が与えた判物「地頭次郎法師」とあったので、この判物が、直虎が地頭職に就いたことを証明している、と伝えています。つまり、それくらい直虎の地頭職就任に関する史料は少ないんですね。


 また、井伊家に関する一次史料には、次郎法師が還俗して「直虎」と名乗ったとするものは存在しません。『井伊家伝記』によると、「次郎法師は女こそあれ井伊家惣領に生候間」とあるのみで、「直虎」という名は出てこないんですね。では、「直虎」という名はどこから来たかというと、唯一、蜂前神社に伝わる徳政令に関する文書に「次郎直虎」との署名があるそうで、花押が押されているそうです。花押とは、現代でいうところのサインみたいなもんですね。


歴史上、この直虎の花押以外で女性が花押を使用した例はなく、そのことから、直虎は実は男なんじゃないかという説も根強くあります。最近でも、直虎が男だったのではないかと取れる史料が見つかって話題になっていましたね。ただ、これらの説は井伊家の女性地頭の存在をも否定しているわけではありません。井伊直盛が出家して次郎法師と名乗り、のちに虎松を後見したという記録は複数の史料に記されていることです。つまり、いま疑問符が打たれているのは、次郎法師と直虎は別人なんじゃないか?・・・ということで、次郎法師が女性だったという通説は、いまのところ覆っていません。


 ちなみに、「地頭」とは、中学校の日本史でも習ったと思いますが、年貢の徴収権、警察権、裁判権をもった在地領主のことで、戦国時代は、守護の被官となっていました。つまり、井伊家は井伊谷の領主でありながら、地頭として駿河国守護の今川家の被官だったわけです。


 さて、今話は地頭となった直虎が領民からの徳政令の願い出を安請け合いしてしまい、右往左往するといった話。「徳政令」とは、債権者・金融業者に対して債権放棄を命じる法令で、簡単にいうと「借金帳消し」の制度です。歴史的には鎌倉時代からある制度で、災害借金に苦しむ人々を救済する制度です。競馬やパチンコで借金まみれになった人は救ってくれません。ただ、借主がいれば貸主もいるわけで、扱いが難しい制度でもありました。領主となった直虎の領国経営の業績で、最も知られているのがこの徳政令です。ただ、今話のストーリーはすべてドラマの創作。実際には、今川氏真が井伊家の領内に徳政令を発布するものの、直虎は2年間それを抵抗しつづけたという話で、今話はそれにつなげるための伏線と、今後、直虎と深く関わってくるであろう瀬戸方久の顔見せの回ですね。というわけで、徳政令の話は次回に。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-04-03 18:30 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(2)  

おんな城主 直虎 第12話「おんな城主直虎」 ~井伊直親の最期と井伊直虎の誕生~

 井伊直親の最期の回でしたね。その伝承によると、直親が松平元康内通しているという小野但馬守政次の讒言によって、今川氏真は大いに驚き、ただちに井伊谷に軍勢を差し向けようとしますが、今川氏の一族でありながら井伊家寄りだった新野左馬助親矩が、氏真に思いとどまるよう説得し、出撃は中止されます。親矩の妹は亡き井伊直盛の妻で、つまり、次郎法師の母でした。さらに、親矩の妻は井伊家一族の奥山因幡守朝利の妹でもあり、親矩は今川氏の一族として井伊家の目付家老でありながら、井伊家と深い絆で結ばれていたんですね。


 そんな背景もあって、氏真は親矩の説得を心から納得していなかったのかもしれません。あるいは、零落著しい今川氏にあって、氏真は疑心暗鬼になっていたのかもしれませんね。氏真は直親を許すつもりはありませんでした。


 親矩から報せを受けた直親は、逆心がないことを弁明しようとただちに駿府城に向かいます。「行けば殺される」と止める家臣も多かったと思われますが、直親は強行したんですね。あるいは殺されるかもしれなくても、この時点では、そうするしかなかったのでしょう。永禄5年(1562年)12月、直親は家臣18人を従えて、井伊谷を発ちます。


 通説に従えば、12月14日、井伊谷から東南東に35kmほどのところで、遠江国掛川城主朝比奈泰朝の兵に囲まれます。このときのことを『井伊家伝記』は、「掛川通りの節朝比奈備中守取り囲み一戦に及び、直親主従共粉骨を尽すと雖も、無勢故終には傷害成され候」と記します。


また、『寛政重修諸家譜』には「十二月十四日遠江国掛川をすぐるところ、城主朝比奈備中守泰能(泰朝の誤り)その意しらず。氏真をせめむがために、行くならむとおもひ、俄に兵を出して囲みうつ。直親やむ事を得ずしてこれとたゝかひ、終に討死す。年二十七」とあります。つまり、泰朝は直親が申し開きのために駿府に向かっていると知らず、駿府を攻めるためだと勘違いし、兵を出して襲撃した・・・と。まあ、このあたりの理由は、後からどうとでもいえますよね。おそらく、氏真は最初から直親の抗弁など聞くつもりはなく、泰朝に命令して殺させたのではないかと・・・。


 かつて直親の父・井伊直満は、政次の父・小野和泉守政直讒言によって今川義元殺害されました。そしてまた、直満の子・直親は、政直の子・政次の讒言によって、義元の子・氏真に殺されたわけです。なんという因縁でしょう。安物の脚本家でも、こんな出来すぎた設定は考えないのではないでしょうか。まさに事実は小説より奇なり。ドラマでも、この親子二代の因縁を、もうちょっとクローズアップしてほしかった気がします。


 直親の死後、ドラマでは一族最長老の井伊直平中野直由新野親矩が瞬く間に死んでしまいましたが、実は直平らが死んだのは直親の死から9ヵ月後のことでした。しかも、直平の死は毒殺だったという説もあり、十分にドラマになったと思うのですが、ナレーションだけでこの世を去っちゃいましたね。早くおんな城主を誕生させたかったのかもしれませんが、直親の死からあとの井伊家の窮地がもっとも面白いところだと思っていたので、そこをもっとじっくり描いてほしかった気がします。その井伊家存続の危機があったから、おんな城主が誕生したわけで・・・。


直平が死んだことで、ついに井伊家を継ぐ男子は直親の忘れ形見・虎松だけとなりました。しかし、虎松はまだ幼く、後見が必要です。そこで白羽の矢が立ったのが、次郎法師だったんですね。ドラマのとおり、次郎法師を後見に推したのは、南渓瑞聞和尚だったといいます。かくして、おんな城主・井伊直虎の誕生です。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-27 17:11 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)