タグ:内村航平 ( 5 ) タグの人気記事

 

内村航平選手、田知本遥選手、ベイカー茉秋選手の金メダル獲得と、福原愛選手の惜敗に三喜一憂の朝。

今日からお盆休みという人が多いと思いますが、その初日の朝からいきなり大忙しですね。

まず、朝起きてTVをつけたら、柔道女子70キロ級で田知本遥選手と男子柔道90キロ級ではベイカー茉秋選手が、男女そろって金メダル獲得という嬉しいニュースが飛び込んできました。

いや~・・・もうちょっと早く起きればよかった!

これで今大会、柔道は金メダル3個ですね。

4年前のロンドン大会では、女子57キロ級の松本薫選手の金メダル1個だけで、男子にいたっては史上初の「金ゼロ」という惨敗でしたから、現時点での金3個は立派です。

そのほかの階級でも、今大会メダルを逃したのはいまのところ女子63キロ級だけですよね。

お家芸復活の狼煙といえるでしょうか?

まだ、男女ともあと2階級ずつ残っていますから、明日以降も続いてほしいですね。


その次に飛び込んできたのが、体操男子個人総合内村航平選手が金メダルを獲得したというニュース。

これは、かろうじて最後の鉄棒だけ観ました。

完璧な演技でしたね。

鉄棒までの経緯をリアルタイムで観戦していなかったのですが、最終の鉄棒演技前は0.901点差の2位で、この点差は決して小さいものではなかったそうですね。

しかし、終わってみれば内村選手の大逆転Vで、その点差はわずか0.099点差

やっぱ、持ってる人っていうのは、こういうドラマティックな結末を作れるんですよね。

お見事です。


で、その勢いに乗って観戦したのが、卓球女子シングルスの3位決定戦に臨んだ福原愛選手でしたが、結果は1‐4で敗れ、日本勢初の個人戦メダル獲得は果たせませんでした。

実はわたしは卓球には少し詳しくて、今朝の早起きのいちばんの目的は愛ちゃんだったのですが、いや~、悔しいですね。

今大会の愛ちゃんの調子だと、メダルは夢じゃないと思っていたのですが・・・。

振り返ると、準決勝までは1セットも落とすことなく完璧な勝ち上がり方を見せてきた愛ちゃんでしたが、昨夜(リオでは朝ですか)の準決勝では、逆に1セットの奪えずの完敗でした。

でも、あれは仕方がないというか、中国の李暁霞選手(ロンドン大会どう金メダリスト)とは完璧に実力差があったと思いますし、李選手に負けての3位決定戦は、ある意味想定内だったと思います。

でも、今日の北朝鮮のキム・ソンイ選手は、勝てない相手ではなかったかな・・・と。

もちろん、キム選手は3回戦で石川佳純選手を破って勝ち上がってきている選手ですから、決して侮れない相手ではありますが、1セット目を見る限り、李選手との対戦のような実力差は感じられませんでした。

ただ、もともと愛ちゃんはカットマンがあまり得意でないことと、やはり、前半すこしミスが続いちゃったのが致命傷になっちゃいましたね。

セットカウント0-3で迎えた崖っぷちの4セット目をデュースに持ち込んで何とか1セット獲りましたが、あれがもし1セット目だったら、その後の展開はずいぶん変わったんじゃないでしょうか。


というのも、準々決勝で戦ったシンガポールの馮天薇選手も、愛ちゃんからみれば格上の選手(ロンドン大会銅メダリスト)でしたが、デュースとなった1セット目の接戦をものにしてから、2セット目以降、愛ちゃんはどんどん勢いを増し、逆に馮選手は意気消沈してミスが目立ち始め、結果は4-0で愛ちゃんが圧勝しました。

愛ちゃんにとっては完璧なゲームでしたが、それほどの実力差があったわけもなく、すべては1セット目の接戦を制したことにつきると思います。

そうして見ると、トップレベルでの戦いというのは、つくづくメンタル勝負なんだなぁ・・・と思わずにはいられません。

勝負ごとに「もしも」はナンセンスですが、今日の試合、もし4セット目の接戦が1セット目だったら・・・ちょっとした勝負の綾で、結果はまるっきり逆になっていたように思います。

残念ですね。


福原愛
選手が石川佳純選手や伊藤美誠選手と比べて特別強いというわけではありませんが、日本の卓球の人気をここまで盛り上げてきたのは、まぎれもなく愛ちゃんの功績といっていいでしょう。

その意味では、日本人初の個人戦メダリストに最も相応しいのは彼女だと思っていたのですが、残念ながらあと1歩及びませんでした。

次は団体戦。

2大会連続のメダル獲得に向けて頑張ってほしいですね。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-08-11 11:58 | 他スポーツ | Trackback | Comments(0)  

リオデジャネイロオリンピック開幕から4日、“あっぱれ”な日本人選手たち。

リオデジャネイロオリンピックが始まってから4日が経ちますが、日本人選手は快調な滑り出しですね。

最初に飛び込んできたのは、競泳400m個人メドレーで萩野公介選手が金メダル瀬戸大也選手が銅メダルという速報でした。

競泳の日本選手が同一種目で複数表彰台に上がるのは、昭和31年(1956年)のメルボルン大会以来、60年ぶりのことだそうですね。

荻野選手は同種目の世界ランク1位でしたから、終わってみれば当然の結果といえるかもしれませんが、期待されたなかで結果を残すというのは、並大抵のことではありません。

某TV番組風にいえば、実に“あっぱれ”ですね。

ウエイトリフティングでは、女子48キロ級の三宅宏実選手がロンドン大会の銀メダルに続いて今回も銅メダルを獲得しましたね。

銀から金といえば、なんかランクダウンしたような気がしますが、2大会連続メダル獲得というのは、なかなか出来ることではありません。

そもそも、同競技で日本人女子がメダルを獲得したこと自体、ロンドン大会の三宅選手が初めてのことで、当然、2大会連続メダル獲得も日本人女子初の快挙です。

これも“あっぱれ”と言っていいんじゃないでしょうか?

そのロンドン大会では史上初の「金ゼロ」だった男子柔道ですが、今朝、73キロ級の大野将平選手がみごと金メダルを獲得しましたね。

いや~、良かった良かった。

やっぱ、お家芸の柔道で勝たないと、盛り上がらないですからね。

今のところ、男子60キロ級の髙藤直寿選手、男子66キロ級の海老沼匡選手、女子49キロ級の近藤亜美選手、女子52キロ級の中村美里選手、そしてロンドン大会で金メダルだった女子57キロ級の松本薫選手と、惜しくも準決勝で負けたものの、何とか全員メダルは死守しています。

柔道は金でなければならないという厳しい意見もありますが、このまま全階級メダル獲得を狙ってほしいものです。

そして何といっても興奮したのが、体操男子団体の金メダル獲得ですね。

「団体での金」というのは、彼ら全員の悲願でしたが、ミスが相次いで予選4位となったときは、正直、金は厳しいんじゃないかと思ってしまいました。

いや~、よく巻き返しましたよね。

とくに、すべての種目にエントリーしたエース・内村航平選手の安定感は抜群でした。

彼も、競泳の荻野選手同様、期待されたなかで結果を出せる選手で、実に“あっぱれ”だと思います。

このまま、個人でも2大会連続の「金」を達成してほしいですね。

とまあ、4日間のメダリストを矢継ぎ早に振り返りましたが、実はわたし、これらすべてをリアルタイムで観れていません。

やっぱ、12時間の時差は厳しいですね。

毎晩3時頃までは頑張って起きてるのですが、いつの間にかソファーで眠ってしまい、気がつけば朝で、結果が出てしまっています。

今朝も、大野将平選手の試合が終わった直後に目を覚ましました(苦笑)。

体操も同じく。

大失敗です(泣)。

当ブログでは、バンクーバー大会、ロンドン大会、ソチ大会と、ほとんど毎日オリンピック観戦記を起稿していましたが、今回は無理そうですね。

まあ、翌日の仕事に支障をきたさないよう、無理のない程度に追っかけようと思っています。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-08-09 21:06 | 他スポーツ | Trackback | Comments(0)  

ロンドンオリンピック総括

16日間に渡って繰り広げられたロンドンオリンピックが閉幕して5日が過ぎましたが、いまだ日本中がその余韻に浸っているようで、連日のようにマスコミでは凱旋したメダリストたちの動向を報じています。
この度、日本が獲得したメダルの数は、金7、銀14、銅17の計38個
この成績は、これまで最多だった2004年のアテネ大会の37個を超えて史上最多だそうですね。
開幕以来、当ブログでもほぼ毎日オリンピックネタを起稿してきましたが、気がつけばこの16日間で日本人選手がメダルを獲得できなかった日は1日もなかったわけで、当然といえば当然の結果ですね。
某TV番組風にいえば、まさに“あっぱれ”な大会でした。

その中でもとりわけ“あっぱれ”だったのが、開幕早々からメダルラッシュで日本勢に勢いをつけてくれたといっていい競泳陣の活躍ですね。
今大会で競泳陣が獲得したメダルの数11個は、これまたアテネ大会の8個を超えて戦後最多となったそうです(史上最多は1932年のロサンゼルス大会の12個)。
残念ながら「金」はありませんでしたが(アテネ大会では金3)、個人競技ではこれまでずっと競泳界を引っ張ってきた北島康介選手抜きでの9個で、最後には男女ともメドレーリレーでのメダル獲得で締めくくり、見事というほかない結果でした。
メダリストはこれからの若い選手が多く、日本の競泳界の未来は明るいですね。

大会序盤の日本勢を盛り上げてくれたのが競泳陣ならば、大会終盤に有終の美を飾ってくれたのはレスリングでした。
とりわけ女子にいたっては、4階級中3階級制覇という圧倒的な強さを見せてくれましたし、男子も最終日に米満達弘選手が「金」を獲得して今大会すべての日本人選手の“締めメダル”となりました。
今大会、史上最多の38個のメダルを獲得しながら「金」は7個と少なめだったのですが、そのうち4個がレスリングですから、レスリング陣さまさまですね。
とくに伊調馨選手と吉田沙保里選手の3大会連続制覇の偉業達成は見事でした。
もはや日本は「女子レスリング王国」といっても過言ではないでしょうね。

一方で、その「金」の少なさの原因には、日本の「お家芸」だったはずの柔道の不振が挙げられます。
とくに男子柔道は1964年の東京大会で柔道が五輪種目に採用されて以来、史上初の「金ゼロ」となり、男女あわせても「金」獲得は松本薫選手ただひとりという結果に終わりました。
2004年のアテネ大会時の日本の「金」獲得総数は16個で、そのうち8個が谷亮子選手や野村忠宏選手をはじめとする柔道陣だったことを思えば、この度の日本勢の「金」7個という結果は、柔道の結果がそのまま反映された数字といえるでしょう。
柔道の場合、メダル獲得は最低限、「金」でなければ喜ぶべからず、といった空気の中で戦わないといけませんから、少々気の毒な気がしないでもないですが、先人たちもそんな中で結果を残してきたわけですから、そこは柔道家として仕方がない宿命ですね。
日本柔道が勝てなくなったのは、それだけ柔道という競技が世界的に普及した表れだから仕方がない、とする声もありますが、でもそれは日本から言うべきではないでしょう。
世界のレベルが上ったのか日本のレベルが下がったのか、いずれにせよ、柔道が日本発祥の競技である以上、日本は世界のトップであり続ける使命があると思います。
今回の結果をふまえ、柔道界は猛省して再建に臨んでほしいですね。

メダル常連組で不振に終わった競技といえば、シンクロナイズドスイミングもそうですね。
シンクロが正式採用された1984年のロサンゼルス大会以降、日本がメダルを獲得できなかったのは初めてだそうです。
私はシンクロには詳しくないので、メダルを逃した原因はよくわからないのですが、聞くところによると、かつて日本チームのコーチとして日本シンクロ界の基礎を築いた優秀な指導者が何らかのもめごとで退任し、その後その方が監督に就任した中国の躍進によって、日本がメダル圏外に押し出される結果となったといいます。
素人考えではありますが、シンクロのような競技は選手の能力よりも指導者の能力によって大きく左右するものなんじゃないですかね。
そんな優秀な指導者を手放したことが痛かったんじゃないでしょうか。
間違っていたらスミマセン。

あと、オリンピックの花形である陸上競技でも、ハンマー投げの室伏広治選手の「銅」1個だけでしたね。
かつて4大会連続でメダルを獲得した女子マラソンは惨敗に終わり、北京大会に続いて2大会連続メダルを期待された男子400メートルリレーも、残念ながら5位に終わりました。
陸上トラック競技の場合、非ネグロイドが入賞することがいかに難しいことであるかは理解していますが、それでも近年、伊東浩司選手や朝原宣治選手、為末大選手などの活躍で、確実に世界との差が縮まりつつある観があっただけに、今回の結果は一歩後退といった観が否めません。
4年後の巻き返しを期待したいですね。

そんな中で史上最多のメダル獲得数に至った背景には、“史上初”“◯◯年ぶり”といった嬉しい誤算のメダルが数多くあったことが挙げられます。
“史上初”のメダル獲得でいえば、女子サッカー「なでしこジャパン」をはじめ卓球女子団体フェンシング男子フルーレ団体バドミントン女子ダブルスアーチェリー女子団体など、団体競技での活躍が目立ちましたね(個人競技では女子重量挙げの三宅宏実選手が史上初でしたね)。
“◯◯年ぶり”を挙げると、先述したレスリング男子の米満達弘選手が24年ぶりの「金」を獲得したことをはじめ、男子ボクシングの村田諒太選手が48年ぶりの「金」、女子バレーボール28年ぶりの「銅」、体操個人総合の内村航平選手も28年ぶりの「金」でした(あと、史上最多を記録した競泳陣の中でも、種目別に見れば“史上初”や“◯◯年ぶり”が多くありました)。
この結果は実に喜ばしいことだと思いますが、これを今回のみのフロックに終わらせず、次回以降も継続できるよう力を維持していくことが大切だと思います。
次は、◯大会連続を期待したいですね。

さて、連連と振り返ってきましたが、最後に私の独断と偏見でロンドンオリンピック日本人選手のMVPを男女ともに挙げたいと思います。
まず男子は、何といっても体操個人総合で「金」を獲得した内村航平選手ですね。
その理由は、今大会の「金」7個のうち、唯一格闘技以外の競技で獲得したのが内村選手だったことと、大会前の下馬評で、「金メダルに一番近い男」と評されながら、見事その期待に答えたことです。
これって簡単なようで、なかなか出来ることではありません。
続いて女子では、金メダリストの4選手の中から選びたいところですが、ここではあえて卓球女子団体の3人娘、その中でもとくに福原愛選手を挙げたいと思います。
理由は、同競技で男女通じて初のメダルを獲得したことはもちろん、福原選手の場合、幼いときから世間の注目と期待をずっと浴び続け、見事その期待どおりメダリストとなったことです。
「天才◯◯少女」などと持て囃される幼い子どもは珍しくありませんが、その期待どおりに成長した例は稀といっていいのではないでしょうか。
その意味で、彼女が日本の卓球のレベルを底上げしたといっても過言ではないでしょう。
そんな理由で、私はあえて福原選手にMVPを贈りたいと思います。

報道によると、五輪開催期間中のオンライン視聴率ランキングでは福原愛選手がダントツの1位で、推定視聴者数は237万5千人だったそうです。
内村航平選手も3位にランクインで推定視聴者数169万8千人だとか。
内村選手にしても福原選手にしても、注目度も期待度も絶大な中で結果を出した・・・。
これは私の個人的な意見ですが、注目された中で結果を出してこそ、真の実力者だと思っています。
その意味で、両選手はまさに真の実力者でした。
両選手ともに23歳、まだまだ今後も期待したいですね。

私の好きな野球ソフトボールが除外されたこともあって、開幕前には私の中で今ひとつテンションが上がらなかったロンドンオリンピックでしたが、終わってみればどっぷりオリンピック漬けとなった半月間でした。
オリンピックの魅力は、競技そのものではなく、4年に一度の舞台にかける選手たちの姿にありますから、その競技自体に興味があるなしはあまり関係ないんですね。
メダルを獲得した選手もメダルに届かなかった選手も、本当にお疲れさまでした。
そして感動をありがとう。
まだまだ余韻に浸りながらも、ひとまず当ブログでのロンドンオリンピックの稿を終えることにします。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-08-17 01:33 | 他スポーツ | Trackback | Comments(4)  

体操男子個人総合で内村航平選手が金メダル!

社会、芸能、スポーツ、海外などニュース速報に加え、エキサイト独自の明日使えるコネタ、びっくりニュースも配信中。

ロンドンオリンピック体操男子個人総合で内村航平選手が金メダルに輝きましたね。
日本選手の個人総合優勝は1984年のロサンゼルスオリンピックでの具志堅幸司選手以来28年ぶりのことだそうです。
また、内村選手は現在世界選手権3連覇中で、五輪と世界選手権の「個人総合2冠」も日本人としては初の快挙だとか。
先日の団体では銀メダルを獲得したとはいえ、内村選手自身は不本意な成績で終わっていましたから、個人戦を不安視する声も少なくありませんでした。
そんな声を吹き飛ばす会心の演技だったようですね。

大会前、すべての日本人選手のなかで「金メダルに最も近い男」といわれ、外国の新聞までもが「内村が金メダルを取るのに必要なのは会場に来ることだけだ」と評したほど、誰もが優勝を確実視してきた内村選手だっただけに、団体戦の鉄棒での落下やあん馬での着地失敗は目を疑うものでした。
オリンピック本番に向けての調整に失敗したのか、あるいは何か身体的原因を抱えているのか、いずれにせよ、大会前の自信に満ちた内村選手でないのは確かでした。
でも、この度の安定した金メダルの演技を見るかぎり、取り越し苦労だったようですね。
世界選手権3連覇中の内村選手といえども、オリンピックの舞台というのは特別なもののようで、優勝を確実視される者にしかわからない重圧がのしかかっていたようです。
「オリンピックには魔物がいる」なんて言いますが、有力選手であればあるほど強力な魔物が襲ってくるのかもしれません。
同じく金メダルを確実視されながら不本意な結果に終わった柔道女子48キロ級の福見友子選手の言葉を借りれば、「これがオリンピック」ということなんでしょうね。

聞くところによると、この度の鉄棒演技では、団体予選の際に落下したF難度の手放し技「コールマン」を封印して、リスク回避のために難易度を落とした構成で臨んだそうですね。
必要以上の高得点を狙わず、確実に演技を通すことを選んだわけですが、それでも2位以下と差を広げているところに、内村選手の抜きん出たレベルを伺うことができます。
この安全策は、団体戦が終わった後にコーチから打診されたそうです。
内村選手はかなり迷ったそうですが、今回に限っては「勝ちにこだわる試合」に考え方を切り替えたそうです。
これにいてはいろんな意見があるようですが、私は当然の策だと思いますね。
たしかに、自身の持てる力を最大限に発揮して勝てば、これほど気持ちいいことはないかもしれませんが、それがハイリスクを伴うもので、しかも安全策でも充分に勝てる目処が立つのであれば、あえて危険を冒す必要はないと思います。
勝つための作戦ですからね。
先日、バドミントン女子ダブルスの予選リーグで、決勝での組み合わせが有利になることを狙ってわざと負けるようなゲームをした選手が失格処分になりましたが、この件に関してはまた稿を改めようと思っていますが、あれとて、「勝つために負ける」という作戦には違いなく、「勝つために難易度を下げた」内村選手の場合と出発点は同じだと思います。
力を最大限に発揮することと勝つことは、必ずしも同じだとは限らないということですね。

何はともあれ、金メダルおめでとうございます。
ちなみに内村航平選手のプロフィールを見て気づいたのですが、1989年1月3日生まれだそうで、その4日後の1月8日に『平成』に改元しましたから、つまり、たった1週間しかなかった『昭和64年』生まれなんですね。
のちに日本体操界の宝となる男は、その誕生から希少なものだったんですね。
こじつけですが・・・(笑)。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-08-02 18:23 | 他スポーツ | Trackback | Comments(0)  

ロンドンオリンピック体操男子団体の銀メダルに見る、後味の悪さ。

昨夜(正確には本日未明)、柔道と卓球の観戦記を起稿したあと寝るつもりでしたが、やはり体操男子団体の動向が気になり、結局最後まで観てしまいました。
結果は残念ながら痛恨の4位・・・と思いきや、内村航平選手のあん馬の採点について日本側が抗議した結果、審議後に逆転で銀メダル獲得となりました。
「おめでとう!」と言っていいのかどうか・・・でも、公正な審議の結果の逆転ですから、やはり「おめでとう!」でいいですよね。
ただ、なんとなく後味の悪い思いを抱いてしまっているのは私だけでしょうか?
選手たちは全力を尽くして戦っているわけですから、本当は素直に拍手を贈りたいんですけどね。

先日の柔道男子66キロ級の海老沼匡選手のときといい、今回の体操男子団体といい、ジャッジの見直しによって日本側に有利にはたらいてはいるものの、なんとも後味の悪さを感じてしまいます。
なんか、ラッキーでメダルを貰ったみたいじゃないですか!
柔道のときに再判定によって敗者となった韓国の選手は、現実を受け入れられずにしばらく畳から下りようとしませんでしたが、今回の体操男子団体でも、日本が繰り上がったことでメダル圏外に押し出されてしまったウクライナの選手は、きっと納得がいかなかったことでしょう。
銀から銅に格下げとなったのが開催国イギリスだったのも日本にとっては不運でしたね。
別に彼らが悪いわけじゃないのに、会場内のブーイングを一身に受けて気の毒なかぎりでした。
それもこれも、最初から審判が正確にジャッジしてくれていたら、感じずに済んだ後味の悪さです。
オリンピックでしか体操競技を観ない私にはわからないことですが、審議によって判定が覆るような事例は頻繁にあることなのでしょうか?
採点を競う競技は、どうも釈然としない結末が多いように思えてなりません。

それにしても、金メダルに最も近い男といわれた内村航平選手が苦しんでいるようです。
予選での鉄棒演技での落下を精神的に引きずっているのか、それとも何か身体的原因を抱えているのか、いずれにせよ、大会前の自信に満ちた内村選手でないのは確かです。
やはり、4年に1度しかないオリンピックの舞台に、心身ともにベストの状態を作るのは難しいことなんですね。
団体戦終了後のインタビューで彼は、「メダルはとれたが、後味の悪いチーム戦だった。」と述べていましたが、彼のいう後味の悪さは、私たちが思う審判のジャッジに対するものではなく、自分の演技に対する後味の悪さでしょう。
審判のジャッジがどうあれ、自分として納得いく演技ができなかったのは事実。
納得いく演技ができた上でメダルを逃したのなら諦めもつくでしょうし、納得いかない演技でメダルを獲得しても、素直に喜べない思いがあるのでしょうね。
メダルの色というのは目標のひとつの指標であって、本来の目的は世界の大舞台で自分の持てる力を最大限に発揮することにあります。
今回、4位から2位に判定が覆ったからといって、自身の演技が変わったわけではありませんからね。
団体戦は終わってしまいましたが、でもまだ個人戦があります。
気を取り直して、本来のダイナミックな演技を見せてほしいものです。

体操団体の観戦を終えて就寝しましたが、朝起きたら競泳女子100メートル背泳ぎで寺川綾選手が、男子100メートル背泳ぎでは入江陵介選手が、さらに女子100メートル平泳ぎでも鈴木聡美と、3人の競泳陣が揃って銅メダルを獲得していました。
なかでも、自身の持つ日本記録を更新して銅メダルとなった寺川綾選手は27歳でのメダル獲得で、これは日本の女子競泳史上最年長のメダリストだそうです。
なにより、美人ですよね~。
オジサンはファンになっちゃいそうです(笑)。

それにしても、先日の男子400メートル個人メドレーの萩野公介選手に続いてメダルラッシュの競泳陣ですが、決勝の時間があまりにも深夜(早朝?)すぎて、リアルタイムで観れていません。
そろそろ寝不足がピークを向かえそうです。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-07-31 12:11 | 他スポーツ | Trackback | Comments(0)