「ほっ」と。キャンペーン

タグ:前田利家 ( 4 ) タグの人気記事

 

軍師官兵衛 第46話「家康動く」 ~石田三成襲撃事件~

 豊臣秀吉の死後、天下の政は五大老五奉行の合議制で行われます。今で言う内閣のようなものですね。しかし、実質的には、莫大な領地と高い官位を持つ二人の長老、徳川家康前田利家が権勢をふるい、そこに五奉行の筆頭的立場である石田三成が加わった三者が実権を握って進められます。ただ、そのトップである内閣総理大臣的立場の者がおらず、さらに、家康と三成はそもそも秀吉の生前から折り合いが悪かったため、そんな不安定な内閣が上手く機能するはずがありません。案の定、秀吉の死から半年も経たないうちに、早くも体制は崩れはじめます。

 そのキッカケを作ったのは徳川家康。秀吉が死ぬやいなや家康は、秀吉の生前に禁止と定められた大名間の婚姻を無断ですすめ、着々と味方づくりを始めます。そんな挑発ともとれるあからさまな専横行為に、三成ら反家康勢は大いに憤慨し、前田利家のもとに集結。情勢は一触即発のムードとなります。しかし、このときは利家と家康の間で和解が成立し、なんとか衝突は避けられました。このとき利家を説得したのが、ほかならぬ黒田官兵衛だったといいます。このあたり、『黒田家譜』によると、

「奉行衆利家卿をすゝめて、内府をほろぼし奉らんとする謀、別の儀にあらず。今天下の両雄は、内府と利家なり。利家を大将として内府を討たんとす。内府亡び給はゞ天下にこはき人は利家一人なり。利家は老人にて病者なれば、やがて逝去し給べし。」

 と説いた上で、

「今の世に内府をほろぼさんとする事は、蟷螂が車を遮るに異ならず。今利家卿等が邪謀の欺かれ給はん事、謀の拙き所なり。いそぎ利家卿内府と和睦し給ふべき由をいさめ給へ。」

 と諌めています。ほぼドラマのとおりですね。ただ、ドラマでは官兵衛が利家を直接説得していましたが、『黒田家譜』の記述では、利家の嫡男・前田利長に進言させたとあります。いずれにせよ、『黒田家譜』の記述が実話かどうかは定かではありませんが。

 和解成立からわずか1か月後の慶長4年(1599年)3月3日、利家が病没します。利家の死によって、それまでなんとか保たれていた均衡が一気に崩れ、予てから三成憎しで団結していた武断派の加藤清正、福島正則、藤堂高虎、黒田長政、浅野幸長、細川忠興、脇坂安治の七将が暴発。大坂の前田屋敷に滞在していた石田三成を殺害すべく襲撃します。しかし、この動きを事前に察知した三成は、佐竹義宣の協力を得て屋敷を逃げ出し、伏見城に逃げ込みます。この騒動を収拾したのが、徳川家康でした。家康は武断派を説得して鉾を収めさせ、襲撃した武断派が三成の身柄引き渡しを要求したため、三成を蟄居にすることで手を打たせます。そして閏3月10日、三成は家康の次男・結城秀康の警護のもと佐和山城に戻り、謹慎生活となりました。こうして三成は政治の表舞台から遠のくことになります。

 この経緯のなかでの有名な逸話として、武断派の襲撃を受けた三成が、敵である家康のもとに助けを求めて単身乗り込み、難を逃れたという話があります。このエピソードから、三成が単に小賢しいだけのインテリ官僚ではなく、豪胆な一面を持った武将だったという印象につながっています。このたびのドラマでも、この逸話を採っていましたね。石田三成という人物を描く上で欠かせないエピソードといえますが、残念ながらこの逸話は、最近では否定的な見方が強いようです。というのも、この説の典拠となっている史料は明治以降のもので、それ以前に成立した史料には、三成が家康屋敷に赴いたことを示すものはないからだとか。三成ファンの人にとっては少々ガッカリな事実だと思いますが、ただ、まったく荒唐無稽な逸話かといえば、そうとも言えないですよね。徳川に弓引いた「天下の大悪人」として蔑まれていた江戸期の史料には、三成を称える史料など存在するはずがありません。しかし、伝承レベルで巷に残っていた逸話が、三成が再評価された明治になって拾い記された・・・と考えられなくもないかなぁ・・・と。多少、そうあってほしいという願望が込められていますが・・・。

 この事件を収拾したことにより徳川家康はその影響力を拡大し、一方で石田三成は一時失脚します。一説には、すべて家康の描いたシナリオ、家康自身がこの事件の黒幕だった・・・なんて俗説もありますが、いかがなものでしょう。いずれにせよ、この武断派と吏僚派の対立が家康にとって有利にはたらいたことは間違いありません。これ以降、豊臣政権の政務は家康が一手に握ることとなります。

 そして官兵衛は・・・なるほど、そういう物語の展開で描いていくんですね。次週以降を楽しみにしたいと思います。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-11-17 19:57 | 軍師官兵衛 | Comments(2)  

江~姫たちの戦国~ 第33話「徳川の嫁」

 ここまであまり描かれていなかったため、いささか唐突な展開になってしまったが、朝鮮出兵を境に豊臣家家臣団の分裂が始まっていた。一般に文治派武断派の対立といわれ、その文治派といわれる代表的な人物が石田三成小西行長大谷吉継などで、武断派の代表は福島正則加藤清正など。天下統一を果たすまでは、武勇に優れた武断派が重宝されたが、秀吉が統一政権を形成するにつれ、政務を担う文治派の権限は次第に拡大していった。そのため五奉行に選ばれた人材は文治派の者が多く、武断派は不満を抱えていた。もともと文治派は近江出身の者が多かったのに対し、武断派は尾張出身者が多く、そんなことからも両者はそりが合わなかったという。そしてその対立を決定的にしたのが「朝鮮の役(文禄・慶長の役)」だった。

 過酷な戦いとなった「朝鮮の役」において武断派は常に前線で戦う一方、軍監として従軍していた文治派は、その戦いの様子を逐一秀吉に報告。武断派はその報告に偏りがあると感じ、自分たちの働きが秀吉の耳に正確に伝わっていないのではないかと疑念をおぼえ、その憤懣は、この軍監を人選した石田三成に向けられていた。その三成が、「朝鮮の役」の休戦講和に尽力し、戦後の論功行賞に大きな影響力を及ぼした。大陸に渡り、辛酸をなめつつ奮闘した武断派の彼らにしてみれば、その間、秀吉の側にいてずっとデスクワークをしていた三成に、働きぶりを評価されるというだけでも面白くないことだったが、そんな三成が下した福島正則や加藤清正らの武功の評価は、彼らが受け入れがたいほど低いものだったという。生真面目な三成にしてみれば、その評価は決して間違ってはいなかったのかもしれない。だが、正則や清正にしてみれば面白いはずもなく、前述した三成への感情も加わって、やがては憎悪となっていった。現代でもよく耳にする、現場と事務方の対立の構図である。

 そんな一触即発の関係でありながらも、なんとか導火線に引火せずにここまでいられたのは、秀吉の旧友で五大老のひとりでもある前田利家が、両者の間に上手く入っていたからであった。それだけでなく利家は、徳川家康の行動を牽制する立場でもあった。しかし、慶長4年(1599年)閏3月3日、その前田利家が病没してしまう。その直後、利家の死を待っていたかの如く武断派の加藤清正福島正則藤堂高虎黒田長政浅野幸長細川忠興脇坂安治の七将が暴発。大坂の前田屋敷に滞在していた石田三成を殺害すべく襲撃した(石田三成襲撃事件)。しかし、この動きを事前に察知した三成は、佐竹義宣の協力を得て屋敷を逃げ出し、伏見城に逃げ込む。この騒動を収拾したのが、徳川家康だった。家康は武断派を説得して鉾を収めさせ、襲撃した武断派が三成の身柄引き渡しを要求したため、三成を蟄居にすることで手を打たせる。そして閏3月10日、三成は家康の次男・結城秀康の警護のもと佐和山城に戻り、謹慎生活となった。こうして三成は政治の表舞台から遠のくこととなる。

 なお、今回のドラマでもそうだったように、物語では欠かせないこの事件の一説として、三成が敵である家康に助けを求め、単身で家康の向島屋敷に入り難を逃れたという逸話があるが、最近ではこの説は否定的な見方が多いようである。その理由としては、これらの典拠となっている史料は明治以降のもので、江戸期に成立した史料に三成が家康屋敷に赴いたことを示すものはないからだとか。しかし、江戸期に作られた三成の史料ほど信頼できないものはなく(江戸時代には三成は悪人と見なされた)、それをもって否定するのも早計な気がする。史料には残っていないが、伝承レベルで残っていたものが明治以降に記述された・・・と考えられなくもない。この逸話は、いってみれば石田三成の豪胆さを示す貴重なエピソードで、この逸話をもってして三成が好きになったという人も多いはず。現在、否定的な見方が多いこの説だが、私は、信じたいと思っている。

 いずれにせよ、この事件を収拾したことにより徳川家康はその影響力を拡大し、一方で石田三成は失脚した。一説には、家康自身がこの事件の黒幕だった・・・なんて俗説もあるが、それは穿ち過ぎとしても、武断派と文治派の対立が家康にとって有利にはたらいたことは間違いない。これ以降、豊臣政権の政務は家康が一手に握ることとなる。

 本来なら3話ぐらいに分けてもよかったほどの内容を1話にまとめて、さらにタイトルにある『徳川の嫁』の話も進め、かなり詰め込み感満載となってしまった今話だったが、あくまで主役はお江の物語だから、これも仕方がないといったところだろうか。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-08-31 00:25 | 江~姫たちの戦国~ | Comments(0)  

豊臣秀吉は6本指で、ひとつの眼球にふたつの瞳があった?

 豊臣秀吉6本指だった、という逸話があるのはご存知だろうか。これは、よくある偉人の超人的伝承とはちがって(たとえば、聖徳太子が一度に複数の人の話を聞き分けた・・・とか)、それなりの根拠をもった逸話である。この説の起こりは、織田信長時代にキリスト教布教活動のため来日していたポルトガル人の宣教師、ルイス・フロイスが編纂した『日本史』によるもので、その中に次のような記述がある。

 ルイス・フロイス『日本史』豊臣秀吉編 I 第16章
「優秀な武将で戦闘に熟練していたが、気品に欠けていた。身長が低く、醜悪な容貌の持ち主だった。片手には六本の指があった。眼がとび出ており、支那人のように鬚が少なかった。極度に淫蕩で、悪徳に汚れ、獣欲に耽溺していた。抜け目なき策略家であった。」


 これ以降、海外では、この「6本指説」が広く信じられてきたが、日本では、フロイス以外にこの点にふれる史料がないことや、フロイスの記述には多分に私怨が含まれているという理由から否定的な意見が多く、“邪説”とされてきた。

e0158128_03078.jpg しかし、私はこの説を信じている。たしかにフロイスの記述をみれば酷い言いようで、彼が秀吉に好感を持っていなかったことがわかるが、だからといって、6本指を作り話とする理由にはならないように思う。フロイスの残した安土城の記述などを読めば、彼は自分の目で見たことを執拗なまでに詳細に記しており、秀吉の6本指も、フロイスには強烈なインパクトとして映り、記録に残したものと考えられる。
(← 6本あるようには見えないが・・・。)

 そのフロイスの記述を裏付ける史料として、秀吉の旧友、前田利家が記した回想録が、近年になって見つかっている。その内容は次のとおり。

 前田利家『国祖遺言』
「大閤様は右之手おやゆひ一ツ多六御座候然時蒲生飛 生飛弾殿肥前様金森法印御三人しゆらく(聚楽)にて大納言様へ御出入ませす御居間のそは四畳半敷御かこいにて夜半迄御 咄候其時上様ほとの御人成か御若キ時六ツゆひを御きりすて候ハん事にて候ヲ左なく事ニ候信長公大こう様ヲ異名に六ツめかな とゝ御意候由御物語共候色々御物語然之事」


 この利家の談話からわかるのは、秀吉は右手の親指が1本多かったということ。要訳すると、「上様(秀吉)ほどのお人ならば、若いときに6本目の指をお切りなればよかったのに、そうされないので信長公は“六ツめ”と異名されていた。」と語っているもので、この談話を信じれば、フロイスの記述が“邪説”でないということになる。

 生まれつき手足の指が多い人のことを「多指症」というそうだが、これはそれほど珍しいことではないらしい。主にアフリカやヨーロッパに多いそうだが、東アジアでも1000人に1人ぐらいの割合で生まれるそうだ。ということは、戦国時代(織豊時代)の我が国の人口は約1200万人と言われるから、単純計算で1万人程度は「多指症」の人がいたということになる。ただ、戦国時代でも現代でも多指症に生まれた場合、幼児の間に切断して5本指にするのが一般的で(通常6本目の指は役に立たない場合が多いらしい)、その意味では、秀吉のように6本指のまま大人になった例は、当時としても珍しかったのかもしれない。

 では何故、秀吉は6本指のままだったのか・・・。ここからは私の想像だが、6本目の指を幼い頃に切り落とす慣習は、武士階級や、ある程度の身分の者に限られていたのではないだろうか。農民の家に生まれた秀吉は6本指のまま成長し、その後、武士となったことから、武家社会では珍しい存在となった。成長してから切り落とすことも出来たかもしれないが、彼はあえてそれをせず、周囲から奇異な目で見られることを逆に反骨心にして、天下人への出世街道を上っていったのではないだろうか・・・と。

e0158128_0351879.jpg しかし、天下人となってからの秀吉は、肖像画を右手の親指を隠す姿で描かせたり、どうも、6本指の事実を歴史上の記録から抹消しようとしたきらいがある。
(たしかに、この肖像画の右手の描き方も、少々不自然な気がしないでもない。 →)
“猿”“禿げ鼠”とあだ名されたことが、これほどまで後世に伝わっているのに対し、利家の談話にある“六ツめ”というあだ名は、現在でもあまり知られていない。これを逆に考えると、秀吉が“六ツめ”というあだ名を歴史の記録から削除するために、あえて、 “猿”“禿げ鼠”というあだ名が後世に伝わるように操作した・・・と考えるのは、穿ち過ぎだろうか。(あえて猿顔に肖像画を描かせた、なんてことはないと思うが。)秀吉にとって一番のコンプレックスは、卑賤の出自でも醜悪な容貌でもなく、6本指だったのでは・・・と。

 作家・司馬遼太郎氏が、小学校の教科書向けに書いた文章『洪庵のたいまつ』の中で、生まれつき病弱だった緒方洪庵について、こう述べている。
 「人間は、人なみでない部分をもつということは、すばらしいことなのである。そのことが、ものを考えるばねになる。」
 たしかにそのとおりで、たとえば野口英世は、1歳のときの火傷で左手の5本の指がくっついてしまい、その後13歳のときに指を切り離す手術を受けるも、生涯、左手の指は自由に動かなかった、という話は有名。発明王のトーマス・エジソンは生まれつきの難聴障害に苦しんだというし、ヘレン・ケラーにいたっては視力・聴力ともに失った人。そうしたハンデキャップを克服して名を成した偉人というのは歴史上たくさんいて、子供向けの伝記などでは、そんな逸話が大いにクローズアップされるものである。

 しかし、秀吉の「6本指説」にふれた伝記は少ない。近年まで邪説とされてきたこともあり、しかも6本指にまつわるエピソードや史料が少ないことを考えれば、これまでは当然だったかもしれないが、現在では真説と考える歴史家も多く、もっとスポットを当てていいのではないだろうか。6本指のコンプレックスをバネにして、天下人になった豊臣秀吉・・・と。

 ちなみに、秀吉にはもうひとつ、一つの眼球に二つの瞳があった(重瞳)という説もある。もっとも、これについての信憑性はきわめて薄く、まともに論じられることはめったにない。重瞳については、古代中国の伝説上の聖王であるが重瞳であったという伝承があり、日本においても重瞳は貴人の相と考えられていたらしく、おそらく秀吉のそれは、天下人となったあとの権威付けのためか、もしくは後の世に作られた伝承と考えてよさそうである。

 6本指にしても重瞳にしても、事実であれ虚像であれ、そんな常人とは異なった身体的特徴の伝承が残っていること自体が、豊臣秀吉という人物の歴史上の存在感の大きさといえるだろう。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-08-19 00:53 | 歴史考察 | Comments(10)  

江~姫たちの戦国~ 第10話「わかれ」

 天正11年(1583年)、羽柴秀吉柴田勝家が対峙したこの決戦は、近江賤ヶ岳、同柳ケ瀬(どちらも現在の滋賀県長浜市)が戦場になったことから、古くは『柳ケ瀬の役』とも呼ばれたそうだが、現在では『賤ヶ岳の戦い』として知られる。当初、伊勢で小競り合いがはじまったことにより、先に秀吉が出兵を開始。次いで3月上旬、越前北ノ庄城から南下した勝家軍は、柳ケ瀬の内中尾山に陣地を構築した。一方、秀吉は木之本まで進撃したのち、美濃大垣城へ転進して、岐阜城主・神戸信孝(織田信孝)に睨みを利かせた。

 このとき、勝家軍の副将であり勝家の甥でもある佐久間盛政は、一瞬の機会を捉えて大岩山まで攻め寄せ、秀吉方の中川清秀を討死に追い込み、さらには隣の岩崎山にいた高山右近を攻撃してこれを撃退した。しかし、あまりにも出来すぎのこの戦果に、勝家はあくまで慎重な姿勢を崩さない。秀吉の並外れた機動力や、用兵の巧みさを熟知していた勝家は、再三撤退を勧告するも、盛政はこれに応じようとはしなかった。この予想外の勝利に、盛政は舞い上がってしまったのだろうか。案の定、勝家の懸念は的中する。秀吉率いる羽柴方の本隊(約1万5千)は、大垣から木之本間の約12里(約50km)を5時間で走破し、4月21日の未明、盛政の陣地に襲いかかった。

 こののち、戦場では盛政の弟・柴田勝政による逆襲や、秀吉軍の福島正則加藤清正『賤ヶ岳七本槍』の活躍などといった名場面が繰り広げられるが、一時は勝正の逆襲で盛り返していた勝家軍も、次第に秀吉軍に圧倒され、盛政、勝政兄弟は相次いで戦場離脱を開始する。さらに勝家軍の敗走を決定的にしたのが、勝家の与力であるはずの前田利家率いる5千の兵が、戦わずして戦場を離脱したことだった。利家はこのドラマには出ていないが、織田信長の母衣衆を努めていた武将で、勝家に恩義を感じ仕えていた。その利家が、ことここにいたって寄親であるはずの勝家を見限ったのである。利家は秀吉と若い頃からのマブダチだったともいわれ、このとき利家は、秀吉に調略されていたとか、親友と寄親との相克に耐えられなかったとか、後世に様々な推測を残しているが、いずれにせよ、この利家の行動で勝家軍の敗走は決定的となった。そんな利家に対して、勝家は責めることなく、越前への撤退の際に利家の城に立ち寄り、長年の苦労を謝したと伝えられる。勝家の懐の大きさが伺えるエピソードともいえるが、そうした“裏切り”“寝返り”といった行為が、ごく当たり前に行われていた戦国の世の姿を垣間見れるエピソードでもある。裏切った利家が悪いというよりも、裏切られた勝家に力がなかったということ。利家を責めるということは、勝家自身の力のなさを露呈するようなもの。そんなところだったのだろう。

 身代わりを立てるなどして辛うじて戦場離脱に成功した勝家は、4月23日までに、お市の方と三人の娘たちの待つ越前北ノ庄城に戻った。しかし敗走中、味方の中には臆病風に吹かれて逃亡したり、寝返った者も多くいたようで、勝家と共に城へ入ったのは僅かな人数だったとか。勝家にしてみても、城へ戻ったところで秀吉軍に包囲されるのは火を見るより明らか。このとき勝家は、どんな思いで城に戻ったのだろうか。利家の“寝返り”を知ったとき、一時は自刃を口にしたとも伝えられる。しかし、落ちのびて居城に戻る道を選択した勝家。ドラマのように、ひと目、お市たちに会いたかったのだろうか。“鬼柴田”という異名をとり、猛将として後世に伝わる柴田勝家。しかし、その人の持つ本当の人間像は、死に際したときに見て取れるもののようにも思える。
 「思えば、この半年が、わしの人生の華であった。」
 鬼柴田といえども人間、案外、真意をついた台詞かもしれない。

 間もなく北ノ庄城は、秀吉軍によって重包囲された。しかし、勝家がかつて織田家の重臣筆頭だったからか、または、お市の方が城内にいたからか、秀吉がすぐに城へ総攻撃を仕掛けることはなく、しばらく散発的な銃撃戦が繰り返されるといった状況が続く。やがて銃撃戦も止み、城の内外を不気味な静寂が覆った。同日夜、先の『賤ヶ岳の戦い』で奮戦し、最後まで自分に従ってくれた者たちの労をねぎらうべく、勝家は城内でを開いたという。その賑やかな様子は城外にも響き、その様子を聞いた秀吉軍は、勝家の覚悟を悟ったと伝わる。そして同じ頃、お江たち三姉妹が秀吉軍の陣まで送り届けられた。このときお茶々は14歳、お初は13歳、お江は11歳。その姿は、まさに10年前の小谷城落城のときと同じだった。しかし、10年前と違っていたのは、そこに母、お市の姿がなかった。

 秀吉軍は、お市も城を出るよう再三促したと伝えられるが、お市は勝家と運命を共にする道を選んだ。その理由については、古くから様々な解釈がなされている。秀吉が勝家を助命する可能性が皆無であること、兄の信長が落命していたため返るべき家がないこと、助命の打診に応じて城を出てもそれが履行されるとは限らないことなど、いずれも理由としては充分なものだが、それ以前に、彼女にしてみれば二度目の落城経験。同じ轍は踏みたくない思いが強かったのでは・・・と私は思う。10年前に生きる道を選んだのは、幼い娘たちのため。しかし、彼女にとってこの10年間は、死んだも同然の10年だったのかもしれない。お市は勝家に嫁ぐときから、この最後の覚悟は出来ていたのではないか・・・とさえ思う。彼女にとって勝家との結婚は、死に場所を求めた結婚だったのでは・・・と。

 天正11年(1583年)4月24日早朝、秀吉軍の総攻撃が開始されたため、同日夕方、勝家・お市の方夫婦、12人の側室(異説あり)、約80人の家臣、約30人の女中らは、北ノ庄城天守閣にて自刃を遂げた。生年を天文16年(1547年)とする説にしたがえば、お市はこのとき37歳。同じく生年を大永2年(1522年)とする説にしたがえば、勝家はこのとき62歳だった。

 辞世
 お市 「さらぬだに 打ちぬる程も 夏の夜の 別れをさそふ 郭公(ほととぎす)かな」
 勝家 「夏の夜の 夢路はかなき 跡の名を 雲井にあげよ 山郭公(ほととぎす)」


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-03-22 02:57 | 江~姫たちの戦国~ | Comments(2)