タグ:加藤清正 ( 5 ) タグの人気記事

 

真田丸 第33話「動乱」 ~家康襲撃未遂事件~

 太閤亡きあと、五大老筆頭であるはずの徳川家康が、法度に反して諸大名との縁組を次々と行った問題で、慶長4年(1599年)1月19日、家康以外の四大老・五奉行は、伏見の徳川屋敷に詰問使を派遣します。このときの家康は、詰問使を恫喝して追い返したとも、のらりくらりととぼけてあしらったとも伝わりますが、いずれにせよ、家康は私婚の罪を認めようとはしませんでした。これに憤慨した石田三成が、家康に毅然と立ち向かいます。ドラマでは、三成が家康襲撃を企てた設定になっていましたが、別の説では、三成はもうひとりの筆頭大老である前田利家の元に集結し、軍備を整えたともいわれます。


e0158128_23084082.jpg これを受けて、徳川屋敷にも家康を支持する大名たちが集まり、警固が行われます。ここに、情勢は一触即発のムードとなりました。このとき、三成側についたのは、四奉行のほか、宇喜多秀家、毛利輝元、上杉景勝、佐竹義宜、小西行長、長宗我部盛親らで、一方の家康側についた大名は、伊達政宗、福島正則、池田輝政、藤堂高虎、黒田長政、加藤清正、細川忠興、加藤嘉明、浅野幸長等で、ドラマにあったように、大谷吉継も、この時点では徳川方につきます。一般に、三成と吉継は無二の親友だったといわれますが、実際には、二人の友情に関するエピソードは、すべて後世に作られたものだそうで、どこまで心を寄せていたかは定かではありません。この時点での吉継の考えは、家康を支えることで、豊臣政権を盤石なものにするというものでした。ただ、最終的に関ケ原の戦いでは三成方につくわけですから、吉継自身、迷いのなかだったのかもしれませんね。

 で、その吉継との関係もあってか、ドラマのとおり真田昌幸、真田信幸、そして、ドラマでは三成に与していた真田信繁も、実は、このときは徳川屋敷の警固に加わっています。のちに犬伏の別れで敵味方に分かれる真田家ですが、この時点では、まだ一枚岩だったようですね。昌幸にしてみれば、勝負どころはまだ先にあるとみていたのでしょうか?

e0158128_19301095.jpg それと、今回のドラマでの石田三成と加藤清正の間柄は、今までにない微妙な関係ですね。一般に、清正と三成は犬猿の仲で、清正や福島正則武断派の三成に対する憎悪が、関ケ原の戦いの導火線になったと描かれることが多いですが、今回のドラマの清正は、いまの時点では三成を憎んではいないようです。この関係を、このあとどのように関ケ原の対立に持っていくのでしょうか? その前に、次週描かれるであろう「七将襲撃事件」にどう結びつくのか、興味深いです。


 それにしても、三成の不器用さが歯がゆいですね。清正が何度も歩み寄ろうとしているのに拒絶したり、宇喜多秀家を侮辱したような発言をして、「どうにもイラッとさせられる男だ」と言われたり、細川忠興を味方に引き入れようとして、逆に怒らせてしまったりと、人の心を読み取れないというか、デリカシーがないというか、こんなんでよくまあ、秀吉に気に入られたなあ・・・と。見ていて切なくなります。

吉継「徳川内府を殺してそのあとはどうする? おぬしは自分がまつりごとの要となるつもりか?」

三成「ほかにおらぬならば」

吉継「おぬしに人がついてくるのか?」

三成「やってみねばわからぬ!」

吉継「ならば今宵、どれだけの大名がおぬしに従った?」

もし、三成に人を引きつける能力があれば、歴史はどうなっていたでしょうね。

まあ、三成の性格がどうこうというより、家康の老獪さの前では結果は同じだったかもしれませんが。

関ケ原の戦いは、すでに始まっていました。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2016-08-22 23:59 | 真田丸 | Trackback(1) | Comments(2)  

真田丸 第32話「応酬」 ~石田三成の人物像~

 豊臣秀吉は、ただちには発表されませんでした。その理由は、今なお朝鮮10万の将兵が留まったままで、戦場を混乱させないための配慮でした。慶長3年(1598年)8月25日、五大老(老衆)として秀吉亡きあとの豊臣政権を担っていた徳川家康前田利家は二人の使者を朝鮮に遣わし、講和を進めてすみやかに兵を撤退させるよう命じます。そして、石田三成、浅野長政、毛利秀元の三人を筑前博多に派遣し、大陸より兵の撤収に当たらせます。


e0158128_19301095.jpg ドラマでは描かれていませんでしたが、この撤収作業がきわめて困難で、釜山に兵を集めて順次渡海を始めたのが11月初旬。しかし、その頃になると秀吉の死を朝鮮も嗅ぎつけており、朝鮮水軍が退路をはばんで襲撃してきます。しかし、李氏朝鮮の将軍・李舜臣の死によって朝鮮方は軍の統制を欠き、撤退軍はようやく退路の難を打開しました。そして12月10日、殿軍の島津義弘が博多に到着したのを最後に、全軍の撤退を完了します。


 このとき、撤収のための船舶の配置などを統括したのが石田三成でした。このときの三成の采配は見事なもので、実に無駄なく的確な仕置だったと伝わります。三成の手腕がとくに発揮されたエピソードですが、しかし、この慶長の役での三成の采配が、加藤清正福島正則黒田長政武断派といわれる諸将からの反感を買い、それがやがて関ヶ原での勢力図へとつながっていくんですね。


清正「わしらが海の向こうで戦ってるとき、おぬしらはこっちで何をしとった!」

三成「後ろで算段をするのも戦のうちだ!」


 たぶん、実際にもこれに似たやり取りがあったのでしょうね。もっとも、現場と事務方の相容れぬ関係というのは、現代社会でも少なからず存在する問題です。事務方はできるだけ合理的に仕事を進めようとしますが、現場は現場でしかわからない不合理の必要性を主張します。これを解決するには、双方が存在意義を認め合うしかないのですが、これは、なかなかできることじゃないんですよね。ましてや、その現場が命を懸けた戦場となれば、なおさらだったでしょう。


三成「徳川が既に動き出しておる。これからの豊臣は我らにかかっておる。おぬしは案外、城造りもうまいし、領内の仕置きも確かだ。ただの戦ばかではない。われらで秀頼様をお支えし、殿下亡きあとの豊臣家をお守りしていこうではないか!」

清正「お前には言いたい事が山ほどある。・・・が、あえて言わぬ。われらで秀頼様をお支えし、豊臣家をお守りしようではないか!」

三成「だから、それはいま、わたしが言った!」


 思わず笑っちゃいましたが、結局何が言いたいかっていうと、同じ「臣家をお守りしようではないか!」という言葉でも、三成が言うと、どこか上から目線の命令口調に聞こえる・・・。そういうことですよね。実際の三成がどういう人物だったかはわかりませんが、司馬遼太郎の小説『関ヶ原』をはじめ、多くの小説やドラマで、似たような人物像で描かれていますね。ひと言多く、人の心を忖度する能力に欠けていて、したがって無駄に敵を作ってしまう性格。実際の三成も、遠からずのキャラだったんじゃないでしょうか。


 秀吉が死ぬやいなや、徳川家康は次第に勢威を強めて不遜となり、六男の忠輝伊達政宗の娘を娶らせたのをはじめ、福島正則蜂須賀家政などの子とも縁組を進めるなど、あからさまな味方づくりを開始します。この目に余る法度違反に対して三成と利家は、慶長4年(1599年)1月19日、家康以外の四大老・五奉行が、家康の違反行為に対して詰問使を派遣し、五大老の席から外すことも辞さないことを伝達します。ドラマでは、伏見城の評定の場で詰問するという設定でしたね。しかし、このときは家康の老獪な対応であしらわれてしまいます。これに毅然として楯突いたのが、三成だったんですね。ここからしばらくは、三成が主役の物語になりそうです。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2016-08-16 23:59 | 真田丸 | Trackback(1) | Comments(0)  

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その19 ~木村重成菩提寺・蓮城寺~

木村重成の墓から5分ほど北に歩いたところに、蓮城寺というお寺があります。
ここは木村重成の菩提寺で、若江の戦いの際、重成はこの辺りに陣を布いたそうです。

e0158128_15453563.jpg

境内には重成の位牌堂があります。

e0158128_15485949.jpg

お寺の関係者にお願いすると、快く鍵を開けて中を見せていただけました。

e0158128_15504832.jpg

真ん中が重成の肖像画、右側が重成と夫人の位牌、そして左側が、なぜか加藤清正像です。

e0158128_1553353.jpg

五木ひろしさんに似てませんか?(笑)

e0158128_1613112.jpg

こちらは当時に描かれた肖像画だそうです。
重成は享年23~4歳だったといいますが、どう見てもオジサンのような・・・。

e0158128_16162126.jpg

卒塔婆に隠れちゃっていますが、重成と夫人の位牌です。

e0158128_16181755.jpg

そしてなぜか加藤清正像。
お寺の方にお聞きすると、日蓮宗では、その熱心な信者で外護者だった清正公を祀ることがあるんだそうです。
また、このお堂は九州の日蓮宗寺院にあった清正公堂を移したものだそうです。
へぇ~・・・ですね。

e0158128_1620444.jpg

夏の陣の戦後、徳川家康が討ち取られた重成の首を検分したところ、頭髪にが焚きこめてあったので、家康はその覚悟を大いに称えたという逸話が残っています。
若すぎる死でした。

次回も重成関連です。



大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その2 ~心眼寺(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その3 ~鴫野古戦場跡・佐竹義宣本陣跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その4 ~白山神社(本多忠朝物見のいちょう)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その5 ~野田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その6 ~本町橋~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その7 ~御勝山古墳(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その8 ~大和郡山城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その9 ~忍陵古墳・岡山城跡(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その10 ~徳川家康星田陣営跡・旗掛け松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その11 ~岸和田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その12 ~樫井古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その13 ~塙団右衛門直之の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その14 ~淡輪六郎兵衛重政の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その15 ~法福寺(お菊寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その16 ~大野治胤(道犬斎)の墓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その17 ~今井宗薫屋敷跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その18 ~若江古戦場・木村重成の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その20 ~木村重成本陣跡・銅像~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その21 ~木村重成表忠碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その22 ~山口重信の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その23 ~飯島三郎右衛門の墓・若江城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その24 ~長宗我部盛親物見の松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その25 ~常光寺・八尾城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その26 ~小松山古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その27 ~玉手山公園(道明寺古戦場)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その28 ~誉田古戦場・薄田隼人碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その29 ~真田幸村休息所跡・志紀長吉神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その30 ~権現塚・中村四郎右衛門正教宅跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その31 ~樋ノ尻口地蔵・全興寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その32 ~安藤正次の墓・願正寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その33 ~桑津古戦場跡・柴田正俊の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その34 ~茶臼山古墳古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その35 ~安居神社(真田幸村終焉の地)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その36 ~一心寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その37 ~玉造稲荷神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その38 ~方広寺大仏殿の梵鐘~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その39 ~淀殿の墓(太融寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その40 ~伝・徳川家康の墓(南宗寺)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-11-05 16:25 | 大坂の陣ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

出張ついでの尾張国紀行 その1 ~名古屋城~

もう1ヶ月ほど経っちゃったんですが、先月、名古屋出張の折、仕事の合間を縫って名古屋城に行ってきました(参照:尾張名古屋城なう!)。
今更ではありますが、そのときの旅記録です。

e0158128_2213207.jpg

名古屋城のある尾張藩は、周知のとおり徳川御三家のひとつで、慶長17年(1612年)、東海道の要所として、徳川家康が九男・徳川義直の居城として築城したものです。
以降は尾張徳川家17代の居城として明治まで利用されました。
名古屋城は、姫路城熊本城と並んで日本三名城のひとつとして数えられます。

e0158128_22145421.jpg

名古屋城は桜の名所でもあるそうですね。
ここを訪れたのは3月10日、残念ながら桜にはまだ少し早かったのですが、桜に似た花が咲いていたので撮影しました。
花には詳しくないので名前はわかりません。
(この日はあいにくの天気だったので、残念ながら暗い写真ばかりです)

e0158128_22191277.jpg

名古屋城が築城される以前にあった那古野城(なごやじょう)は、織田信長が生まれた城だといわれています。
那古野城は信長が清須城(清洲城)に本拠を移したため廃城になります。
その跡地に家康が名古屋城を建てました。

e0158128_22221792.jpg

名古屋城の築城は徳川家康から命じられた20名の助役大名たちによって工事が進められました。
いわいる「天下普請」による建築土木工事の一貫です。
なかでも、最も高度な技術を要した天守台石垣は、加藤清正の担当だったそうです。
清正は城づくりの名人として有名ですよね。
天守台石垣は、上部で外側に反り出した「扇勾配」の技法が採り入れられ、別名「清正流三日月石垣」とも言われているそうです。
この技法は、石垣を内側に湾曲させ石の重みと内側の土圧による力を分散させ、はらみを避けるため・・・と、現地案内看板に書いてありました(笑)。
一級建築士さながらの構造計算がなされているんですね。

e0158128_2223674.jpg

加藤清正の銅像です。
築城に関わったのは清正だけではないんですけどね。
やっぱ、知名度と後世の人気度の違いでしょうか・・・。

e0158128_22232159.jpg

あと、名古屋城といえば思い出すのが、金の鯱ですね。
名古屋城は別名「金鯱城」「金城」とも呼ばれ、大天守に上げられた金鯱(きんこ)は、名古屋の街の象徴的存在といえます。
現在のものは復元ですが、400年前の築城当初の金鯱は、215キログラム純金が使用されたといわれているそうです。
今の時価に換算すると、いくらになるのでしょう?・・・・見当もつきません。
(実物大だそうです↓↓↓)

e0158128_2225279.jpg

もっとゆっくり見たかったのですが、仕事の合間を縫って訪れただけに、小一時間ほど足早に見て回っただけでした。
このあと、清洲城にも行ったので、また後日起稿します。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2013-04-11 22:28 | 愛知の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

江~姫たちの戦国~ 第39話「運命の対面」

 徳川秀忠に将軍職を譲った徳川家康は、新首都となる江戸城とその城下町の設計に取り掛かっていた。広大な首府となる江戸の町の地盤を固めるために、家康は前田利長・伊達政宗・加藤清正・結城秀康・松平忠吉・本多忠勝らに命じて神田山を切り崩し、豊島の洲を埋め立てさせた。慶長9年(1604年)8月からは江戸城普請のための石垣工事が始まり、築城の名人とされた藤堂高虎に基本設計を任せ、福島正則・加藤清正・池田輝政・黒田長政・細川忠利といった、遠国に住む豊臣恩顧の大名までもが動員された。家康自身は駿府に移り住むことを決めており、この築城はまぎれもなく二代将軍となった秀忠のためであり、その築城に豊臣恩顧の大名を動員することで、豊臣時代の終焉徳川時代の到来を天下に公言するものでもあった。歴史は着々と、家康の描いたとおりに動き始めていた。

 家康が最初に豊臣秀頼へ上洛要請をしたのは、慶長10年(1605年)5月のことで、秀忠が伏見城で将軍宣下を受けた翌月だった。ドラマにあったように、家康は高台院(おね)を介在して大坂城に居城する秀頼に対し、秀忠の将軍就任を祝うために上洛せよと呼びかけるも、これに激昂した淀殿が、「上洛を強制するならば秀頼と共に自害する。」といって頑なに拒絶したのもドラマにあったとおり。大坂城で秀頼を補佐する淀殿は、徳川家の権力が強大化して実質的な天下の覇者となっても、あくまで徳川家を豊臣家の家臣と見なす見方を変えなかった。いや、変えたくなかったという見方が正しいだろう。このあたりの淀殿に、もしもっと柔軟な思考があったならば、のちの彼女と秀頼の運命も変わっていたかもしれない。

 家康の秀頼に対する二度目の上洛要請は、慶長16年(1611年)3月、後水尾天皇の即位に立ちあうため、駿府城から家康が上洛した際であった。このときも6年前と同じく淀殿は、「主家である秀頼を京に呼びつけるとは何事か。家康のほうこそ大坂に下ってくるのが道理であろう。」と激昂したが、天下の軍事の形勢は完全に徳川に傾いており、秀吉恩顧の加藤清正浅野幸長の懸命な諫言もあって、やむなく秀頼の上洛を同意する。このとき、豊臣秀頼19歳。6年前の上洛要請時と比べれば随分と大人になっており、ドラマのように、自分の意志で上洛を決意したのかもしれない。このときまで、一歩も大坂城の外に出たことがなかったと言われる秀頼だが、これが彼にとっての親離れの瞬間だったといってもいいかもしれない。一方、淀殿は、最後まで子離れができなかった・・・ということだろうか・・・。いってみれば、モンスターペアレントの元祖とでもいうか・・・。

 秀頼の上洛は、「妻の千姫の祖父に挨拶する」という名目で実現した。会見場所は京都二条城。道中は、加藤清正浅野幸長らの厳重な警護のもとに行われ、更には、片桐且元・片桐貞隆・織田有楽・大野治長などの重臣が連れ添った。ドラマでは、家康が上座に着いていたが、これについては物語によって様々である。形式的には、まだ豊臣の家臣である家康が上座に着くのはおかしい、といった見方もあるが、正妻の祖父に挨拶するという名目である以上、家康が上座でも格好がつくともいえる。いずれにせよ、家康の呼び出しに秀頼が答えたかたちには違いなく、公式に豊臣家が徳川家の家臣になったわけではないが、事実上そう解釈した諸大名は多かったであろう。すべては家康の思惑どおりだった。

 しかし、当の家康自身は、この会見で豊臣秀頼という人物の成長ぶりを目の当たりにし、逆に恐怖を覚えたという。秀頼は身の丈6尺5寸(約197cm)の並外れた巨漢であったとされ、それでいて思慮分別に長け、老成人の風格を備えた人物であったと伝わる。家康はこの会見で、秀頼に落ち度があった場合はそれに難癖をつけ、豊臣家を弱体化させる口実にしようと考えていたと言われるが、家康の前に現れた秀頼は、そんな家康を驚かせるほどの立派な若者に成長していたのである。一説には、家康はこのとき秀頼からかもし出されるカリスマ性に恐怖を覚え、豊臣家を滅ぼすことを決意したとも伝わる。真意がどうだったかはわからないが、実質これ以後、家康の豊臣家討伐の姿勢が露骨になっていったのは事実であり、案外、的外れでもないように思う。身の丈6尺5寸は大袈裟としても、家康が恐怖する何かを、秀頼は持っていたのだろう。逆に秀頼がそれほど聡明な人物だったとすれば、このときの家康の心中を察したかもしれない。しかし、いくら秀頼がカリスマ性に富んだ偉丈夫であったとしても、海千山千の家康にまともに対峙してかなうはずもなく、ただ1点、家康に勝てる部分があるとしたら、残された寿命だけであった。

家康 「しかし、母君がよう出されたものじゃな・・・。」
秀頼 「私が望みました。」
家康 「ほう、なにゆえ来ようと?」
秀頼 「・・・詫びを・・・言いたいと・・・。」
家康 「・・・詫び?」
秀頼 「かつては、亡き父、太閤殿下に服従を強いられ、さらには国替えをされ、江戸に追いやられ、積もり積もった恨みもおありでしょう。それでもなお、豊臣のために働いてくださること、ありがたく存じまする。これからも徳川殿と共に・・・徳川殿と共に、泰平の世を築くこと、共に考えてまいりたいと思います。よろしく頼みまする。」

 この会見時の徳川家康、御年70歳。自分の目の黒いうちに、コイツ(秀頼)をなんとかしなければ・・・きっと、そう思ったに違いない。健康には人一倍気を使っていた家康といえども、そう長くは生きられないことは自覚していたはず。大坂冬の陣が起きるのは、この会見から3年後のことである。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2011-10-11 00:50 | 江~姫たちの戦国~ | Trackback(2) | Comments(0)