タグ:北条仲時 ( 3 ) タグの人気記事

 

太平記を歩く。 その46 「観音正寺~観音寺城跡(前編)」 滋賀県近江八幡市

琵琶湖の東岸、滋賀県近江八幡市にある標高433mの繖山(きぬがさやま)にやってきました。

この山の山頂付近に観音正寺という大きな寺院があり、その背後には、室町時代から戦国時代にかけて近江国南半部を支配した佐々木六角氏の居城・観音寺城跡があります。


e0158128_19284707.jpg

参道入口にある観音正寺全景です。


e0158128_14583969.jpg

寺伝によると、推古天皇(第33代天皇)13年(605年)、この地を訪れた聖徳太子のもとに人魚が現れ、「もとは漁師だったが、魚を殺生しすぎてこんな姿になってしまいました。太子さまがお堂を建てて、観音さまをお祀りしてくれれば、この苦しみから解放されます。」と訴えたそうで、その願いを聞き入れた聖徳太子は、千手観音菩薩像を刻み、同地に観音正寺を興したといいます。

にわかに信じがたい話ではありますが、その人魚のミイラと称するものが最近まで同寺に保管されていたそうですが、平成5年(1993年)の火災で焼失したそうです。

ホントかなあ。


e0158128_14591901.jpg

参道の崖には、巨岩を天然の祠とした「奥の院」があります。


e0158128_14592328.jpg

巨岩に神が宿るとする原始的な磐座信仰は古代からあり、聖徳太子が観音正寺を興す以前から、繖山は信仰の山だったようです。

その点は、「その1」「その2」「 その3」で紹介した笠置山と同じですね。


e0158128_14592929.jpg
e0158128_14593240.jpg
e0158128_19302315.jpg

境内の入口にあたる権現見附の石垣です。


e0158128_14594133.jpg

そして観音正寺境内。

露天に立つ仁王像というは、珍しいですよね。


e0158128_19462572.jpg
e0158128_14594482.jpg

『太平記』との関連は、元弘3年(1333年)に足利高氏(尊氏)ら討幕軍に攻められた六波羅探題北条仲時が、後伏見上皇(第93代天皇)、花園上皇(第95代天皇)、光厳天皇(北朝初代天皇)を伴って東国に下ろうとした際、ここ観音正寺を両院やと天皇の宿舎に充てられたと伝えられます。


e0158128_14594881.jpg

本堂です。

以前の本堂は平成5年(1993年)に火災で焼失し、現在の本堂は平成16年(2004年)に再建されたものだそうです。


e0158128_15030203.jpg

本堂横にある石積みです。

いつの時代に積まれたものかはわかりませんが、壮観です。


e0158128_19492656.jpg

観音正寺の境内から約300mで観音寺城跡のようです。


e0158128_19503461.jpg

観音正寺境内の石垣です。

ほとんど城跡ですね。


e0158128_15060264.jpg

観音寺城はその名が示すとおり、観音正寺という大きな寺院と一体型になった山城でした。

この時代、大きな寺院では多くの僧兵をかかえ、時として合戦に参加することもありました。

寺院に求められたのは、戦勝祈願祈祷戦力でした。

寺院にとっても、時の権力と結びついて、祈祷と戦功による恩賞としての所領を獲得しなければ、寺を運営していけない現実がありました。


長くなっちゃたので、城跡めぐりは次稿にて。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-05-04 00:50 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その40 「北条仲時以下432名墓所(蓮華寺)」 滋賀県米原市

滋賀県米原市番場にある蓮華寺を訪れました。

ここは、足利高氏(尊氏)軍の攻撃を受けて落ち延びた六波羅探題北方の北条仲時が、進退窮まり、一族432人と共に自刃した場所と伝えられます。


e0158128_18052025.jpg

蓮華寺は名神高速米原ICを降りてすぐのところにあります。

このあたりは、かつて中山道の62番目の宿場、番場宿として栄えたところです。

道沿いに、「南北朝の古戦場・蓮華寺」と書かれた誘導看板が見え、その横に「境内在故六波羅鎮将北条仲時及諸将士墳墓」と刻まれた石柱があるのですが、なぜかその1面が、野暮ったいブリキ看板で覆われていました。

石柱に刻まれた文字が古くて読みづらくなったからかもしれませんが、なんだか安っぽくて・・・。


e0158128_18061785.jpg

山門です。

ここを訪れたのは年末押し迫る12月17日。

場所が米原ということもあったのですが、今にも雪が降りそうな寒い日でした。


e0158128_18075624.jpg

蓮華寺は聖徳太子の創建で、はじめは法隆寺と呼ばれたそうですが、弘安7年(1284年)、当地の地頭で鎌刃城主の土肥元頼が、良忠の弟子とされる一向を招いて寺を再建し、八葉山蓮華寺と号したと伝わります。

山門横には、寺院の由緒と、仲時自刃を説明する看板が設置されています。


e0158128_18090924.jpg

山門横には、「血の川」と書かれた立て札が。

伝承によると、432人の鮮血滴り流れて、辺りは川の如しだったといいます。


e0158128_18101127.jpg

本堂です。


e0158128_18110581.jpg

境内の奥にある、北条仲時ら432人の墓所に向かいます。


e0158128_18120617.jpg

墓所です。


e0158128_18130339.jpg

元弘3年(1333年)5月7日、足利高氏(尊氏)軍、赤松則村(円心)軍、千種忠顕軍らに六波羅探題の館を包囲され、追い詰められた六波羅探題北方の北条仲時は、六波羅探題南方の北条時益とともに、後伏見上皇(第93代天皇)、花園上皇(第95代天皇)、光厳天皇(北朝初代天皇)を伴って東国へ落ち延びようとしますが、道中の近江国で野伏に襲われて時益は討死し、仲時も番場峠野伏に襲われ、さらには佐々木道誉の軍勢に行く手を阻まれ、やむなく番場の蓮華寺にて天皇と上皇の玉輦を移したあと、5月9日、本堂前で一族432人と共に自刃します。享年28。

『太平記』によると、仲時は自害するに際して、最後まで付き従ってくれた軍勢に感謝の意を表し、「自身の首を持って敵方に下り、恩賞を得よ!」と言って果てたといいます。

以下、『太平記』原文。


其時軍勢共に向て宣ひけるは、「武運漸傾て、当家の滅亡近きに可在と見給ひながら、弓矢の名を重じ、日来の好みを不忘して、是まで着纏ひ給へる志、中々申に言は可無る。其報謝の思雖深と、一家の運已に尽ぬれば、何を以てか是を可報。今は我旁の為に自害をして、生前の芳恩を死後に報ぜんと存ずる也。仲時雖不肖也。平氏一類の名を揚る身なれば、敵共定て我首を以て、千戸侯にも募りぬらん。早く仲時が首を取て源氏の手に渡し、咎を補て忠に備へ給へ。」と、云はてざる言の下に、鐙脱で押膚脱、腹掻切て伏給ふ。


e0158128_18141681.jpg

寄り添うように眠る432人の墓。

境内奥の森のなかで、あまり光が挿さない場所ということもあったのですが、何かもの悲しげに思え、700年近く経ったいまも、その無念さが伝わってきます。


e0158128_18151651.jpg

説明板によると、仲時の墓だけは、享保年間(1716~36年)に近くの山に移されたそうです。

この日、周辺を探してみましたが、どの山も立入禁止で入れませんでした。


e0158128_18160808.jpg

432人の墓の側には、明治22年(1889年)に建てられた記念碑があります。


e0158128_18171086.jpg

境内には、樹齢約700年と伝わる「一向杉」と呼ばれる巨木があります。

あるいは、仲時らの最期を見届けていたかもしれません。


e0158128_18192416.jpg

六波羅探題が落ちた翌日の5月8日、新田義貞が関東の上野国で挙兵。

元弘3年(1333年)5月22日、激戦の末ついに鎌倉を落とし、北条一族は執権・北条高時をはじめ全員自害

ついに北条氏鎌倉幕府は滅亡します。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-04-14 15:34 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その39 「六波羅探題府跡(六波羅蜜寺)」 京都市東山区

大塔宮護良親王楠木正成、赤松則村(円心)のはたらきに加え、幕府方だった足利高氏(尊氏)寝返りが決定打となり、元弘3年(1333年)5月7日、とうとう六波羅探題が落とされます。


e0158128_17581063.jpg

六波羅探題は現在の京都市立六原小学校にあったとされ、現在はその近くにある六波羅蜜寺石碑が建てられています。


e0158128_17591423.jpg

『太平記』によると、足利軍と六波羅軍の合戦を源平合戦になぞらえています。

足利は源氏、北条は平氏だからでしょう。

六波羅軍は足利軍の猛攻を必死に抵抗しますが、6時間の激戦のすえ、ついに壊滅します。

足利軍は、なおも追いすがる残敵を払いのけ、大宮大路の各木戸を打ち破り、二条大路から八条大路までの七つの大通りを埋め尽くしながら、ここ六波羅密寺に押し寄せました。


e0158128_18010712.jpg

やがて、赤松則村(円心)軍、千種忠顕軍も合流し、六波羅探題の館を包囲。

追い詰められた六波羅探題北方の北条仲時は、六波羅探題南方の北条時益とともに、後伏見上皇(第93代天皇)、花園上皇(第95代天皇)、光厳天皇(北朝初代天皇)を伴って東国へ落ち延びようとしますが、道中の近江国で野伏に襲われて時益は落命し、仲時も番場峠野伏に襲われ、さらには佐々木道誉の軍勢に行く手を阻まれ、やむなく番場の蓮華寺にて天皇と上皇の玉輦を移したあと、本堂前で一族432人と共に自刃します。享年28。

次回は、その蓮華寺を訪れます。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-04-13 22:09 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)