タグ:原辰徳 ( 5 ) タグの人気記事

 

WBC 総括

感動から1日余り過ぎたが、まだ余韻に浸っている。
興奮冷めやらぬ間に、今大会を総括してみたい。

何といっても日本の投手力は世界に誇れることが証明された。
9試合のチーム防御率は1.71。4強に入った韓国(3.00)、ベネズエラ(4.13)、米国(5.99)と比べても群を抜いていた。被安打50。奪三振は75。
先発3本柱の成績は、松坂投手が投球回数14.2で防御率2.45、被安打14、奪三振13。
岩隈投手が、投球回数20で防御率1.35、被安打12、奪三振15。
ダルビッシュ投手が、投球回数13で防御率2.08、被安打7、奪三振20。
3人以外では、杉内投手の、投球回数6.1ながらで防御率0.00、被安打0、奪三振6が光った。

打線の方は、チーム打率が2割9分8厘、安打数92、本塁打4、得点50、安打92。打点41。盗塁11。
本塁打が少なかった感はあるが、成績としては決して悪くない。
個人成績を見てみると、打率は打席数の差があるので一概には比べられないが、20打数以上の選手の中では中島選手の3.64が光る。
続いて城島選手の3.33。
イチロー選手の不振が大会通してクローズアップされていたが、安打数をみてみると青木選手と並んで12安打でチームトップ(1番打者だったので打数が多いが)。
他には、片岡選手の盗塁4が光る。

国際野球連盟(IBAF)が、第2回WBCの結果を反映した世界ランキングを発表した。
1位(前1位)キューバ 1072.18点
2位(前3位)韓  国  939.82点
3位(前4位)日  本  891.00点
4位(前2位)アメリカ  859.32点

五輪での成績が影響してまだまだ3位にあまんじているが、今回のWBCのような野球をしていれば近い将来1位になるのも夢ではなさそう。

MVPは松坂投手の手に渡った。
上のデータだけ見てみれば岩隈投手の成績がずば抜けているようだが、私はやはり松坂投手の貢献度が一番大きかったと思う。
彼が勝利した3試合は第1ラウンドの韓国戦、第2ラウンド初戦のキューバ戦、そして準決勝のアメリカ戦。
いずれもそのラウンドにおいて最も重要と思われる戦いで、勝利に結びつけている。
それだけ原監督から信頼を受けていたという証で、その期待にきっちり答える仕事をしていた。
日本のエースの座はまだまだ動きそうにない。

今大会の優勝と北京五輪の惨敗を比較した、私なりの勝手な感想。
今回、原監督の采配は北京の反省を十分に修正されていたように思う。
選手の実績を重んじ、投手起用や打順をかたくなに崩さなかった北京に対し、当初の原構想から大きく変えてでも、好調の選手を起用した采配は素晴らしかった(特に後半3試合はその傾向が顕著に見られた)。
北京の星野ジャパンの失敗が生きたといったら、星野氏に怒られるだろうか?
あとは、やっぱり投・打の軸となる選手の存在。
イチロー・松坂の存在だ。
いくら不振であったとしても、チームには絶対的に必要な存在。
これは数字では測れないものである。
イチローを外せといった声も大会中多く聞こえたが、もし彼がいなければチームの士気は高まらず、青木や城島、中島、内川の活躍も無かったように思う。
松坂投手がもしいなければ、ダルビッシュ、岩隈の肩に掛かる比重は重く、杉内投手などの活躍があったかどうかもわからない。
残念ながら北京五輪では、投・打の軸となる選手が両方いなかったことが、一番の敗因だったように思う。

上記、いろいろと述べたが、これはあくまで私個人の勝手な見解である。
何はともあれ栄冠を手にした29人(村田含む)に拍手を送りたい。
世界一の余韻から今もまだ覚めないでいる私は、もうすぐ始まるペナントレースに気持ちが入るか心配である。

ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村


以下、WBC期間中に書いた私の記事です。興味あれば一読ください。
世界を掴んだ29人の侍たち <WBC決勝戦>
ベースボールに野球が勝った日!~その時歴史が動いた~
イチロー選手の苦悩。
WBCサムライジャパン第2ラウンド1位通過!
とりあえず安堵。。。WBC決勝ラウンド進出決定!
後がなくなったサムライジャパン!
早起きは三文の得。WBC 第2ラウンド初戦。
韓国に惜敗?完敗?
サムライジャパン2次ラウンド進出決定!
WBC1次ラウンド始まる。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-03-25 19:11 | プロ野球 | Trackback | Comments(1)  

WBC日本代表最終メンバー発表

WBC代表28人決まる イチローら選出、松中ら外れる

日本代表最終メンバー(28名)
◆投手13名◆
松坂大輔(米大リーグ・レッドソックス)
涌井秀章(埼玉西武)
小松聖(オリックス)
ダルビッシュ有(北海道日本ハム)
渡辺俊介(千葉ロッテ)
田中将大(東北楽天)
岩隈久志(東北楽天)
馬原孝浩(福岡ソフトバンク)
杉内俊哉(福岡ソフトバンク)
内海哲也(巨人)
山口鉄也(巨人)
岩田稔(阪神)
藤川球児(阪神)

◆捕手3名◆
城島健司(米大リーグ・マリナーズ)
阿部慎之助(巨人)
石原慶幸(広島)

◆内野手6名◆
岩村明憲(米大リーグ・レイズ)
中島裕之(埼玉西武)
片岡易之(埼玉西武)
川崎宗則(福岡ソフトバンク)
小笠原道大(巨人)
村田修一(横浜)

◆外野手6名◆
イチロー(米大リーグ・マリナーズ)
福留孝介(米大リーグ・カブス)
稲葉篤紀(北海道日本ハム)
亀井義行(巨人)
青木宣親(東京ヤクルト)
内川聖一(横浜)


松中信彦選手の落選は故障もあり仕方のないところ。しかし、和田毅投手の落選は理解できない。
岸孝之投手の落選も残念だ。
内海投手、山口投手より数段期待できるように思うのだが?
捕手も阿部選手より細川選手の方が使えると思う。
亀井選手なんてジャイアンツでもレギュラー定着してないのに・・・・。
結局、投手、捕手、内野手、外野手、すべての枠にジャイアンツの選手がいる。
原監督! ちょっとアカラサマ過ぎやしませんか?


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村



以下、記事本文引用
**************************************************************
WBC代表28人決まる イチローら選出、松中ら外れる 
野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の最終メンバー28選手が22日、決まった。前回大会で優勝の原動力となった、イチロー外野手、松坂大輔投手や、ダルビッシュ有投手らが選ばれた。代表候補として合宿に参加していた和田毅投手、松中信彦内野手(以上ソフトバンク)岸孝之投手、細川亨捕手(以上西武)栗原健太内野手(広島)の5選手は最終メンバーから外れた。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-02-22 19:27 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

WBC日本代表1次登録選手発表

Excite エキサイト : スポーツニュース

日本代表第1次登録メンバー(42名)
◆投手20名◆
松坂大輔(米大リーグ・レッドソックス)
岡島秀樹(米大リーグ・レッドソックス)
小林雅英(米大リーグ・インディアンズ)
岸孝之(埼玉西武)
涌井秀章(埼玉西武)
小松聖(オリックス)
ダルビッシュ有(北海道日本ハム)
渡辺俊介(千葉ロッテ)
田中将大(東北楽天)
岩隈久志(東北楽天)
馬原孝浩(福岡ソフトバンク)
和田毅(福岡ソフトバンク)
杉内俊哉(福岡ソフトバンク)
内海哲也(巨人)
山口鉄也(巨人)
岩田稔(阪神)
藤川球児(阪神)
武田勝(北海道日本ハム)
永川勝浩(広島)
寺原隼人(横浜)

◆捕手5名◆
城島健司(米大リーグ・マリナーズ)
細川亨(埼玉西武)
阿部慎之助(巨人)
石原慶幸(広島)
高橋信二(北海道日本ハム)

◆内野手10名◆
岩村明憲(米大リーグ・レイズ)
中島裕之(埼玉西武)
片岡易之(埼玉西武)
松中信彦(福岡ソフトバンク)
川崎宗則(福岡ソフトバンク)
小笠原道大(巨人)
栗原健太(広島)
村田修一(横浜)
田中賢介(北海道日本ハム)
西岡剛(千葉ロッテ)

◆外野手7名◆
イチロー(米大リーグ・マリナーズ)
福留孝介(米大リーグ・カブス)
稲葉篤紀(北海道日本ハム)
亀井義行(巨人)
青木宣親(東京ヤクルト)
内川聖一(横浜)
福地寿樹(東京ヤクルト)


 昨年12月に発表された34名から黒田博樹、斎藤隆が辞退したこともあり、岩田稔、岡島秀樹、小林雅英、武田勝、永川勝浩、寺原隼人ら5名の投手がメンバー入り。捕手では高橋信二、野手では西岡剛、田中賢介、福地寿樹らが新たに登録された。妥当な選出といったところだろうか?(不安要素は監督だけ・・・)
 最終メンバー28名は2月25日に決定される。頑張れ!サムライジャパン!!
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-01-20 14:20 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

プロなんだから

WBC主力級含めた辞退「最強軍団」構想に暗雲

北京以降、球界全体のモチベーションが下がっている気がしますね。
選手達の本音が見えてきている様子です。
王貞治氏は苦言を呈していたようですが、辞退する選手の気持ちもわからなくもないです。
実際、消極的になるのも無理はないんじゃないかと・・・。
彼らもプロなんだから精神論では限界があるのではないでしょうか?
プロである以上、彼らの野球はビジネス。
出場するからには、何らかのメリットを考えてあげなければならないと思います。
一番わかり易いのは報酬でしょうが、他にも、たとえばWBCでもし怪我した場合の保証とか・・・。
本気で今後WBCを盛り上げていこうと思うのならば、参加選手の負担にならない策を、プロ球界全体で考えていかなければならないんじゃないでしょうか。


以下記事本文引用
***********************************************************************
WBC主力級含めた辞退「最強軍団」構想に暗雲

 来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表問題で21日、主力級を含め複数の辞退者が出たことが判明。「団結して最強軍団を作りたい」と代表監督就任会見で話した原監督の狙いは、スタートでつまずいた。山田投手コーチは「(辞退者に)我々もがく然とした」と言い、頼りにしていた投手の一人に辞退者が出たため「構想が崩れた」と嘆いた。

 大会は開幕直前の3月開催。長丁場のシーズンを考慮すれば、故障を恐れ、消極的になるのも理解できる。中日から辞退者が出たとみられるのも、今夏の北京五輪の影響があるからだろう。中日の白井文吾オーナーは、コンディション不良のまま五輪に参加し、その後のペナントレースで思うようなプレーができなかった森野や川上を例に挙げ、「五輪後遺症はきつかった」と振り返った。

 しかし、理由を明示せず、ただ辞退というのはいかがなものか。原監督によると、ある球団は候補者全員が辞退し、その球団の別の選手に要請したところ、また断ってきた。そこまでくると、チームとして何らかの力が働いているとみられても仕方あるまい。

 王貞治コミッショナー特別顧問は「日本の野球界すべてが参加する意識を持つ」ことの重要性を説いた。球界のまとまりを欠いた状態では、大会2連覇など夢に終わってしまいかねない。【村田隆和】
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2008-11-22 03:28 | プロ野球 | Trackback | Comments(2)  

侍ジャパン

WBC原監督「世界一を目指す」 愛称は“侍ジャパン”

どんな愛称を付けようと、原監督ではねぇ。
とりあえずは応援しますけど、
落ち武者ジャパンにならなければ良いが・・・。

以下、本文記事本文引用
***************************************************************************
WBC原監督「世界一を目指す」 愛称は“侍ジャパン”
 来年3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表監督に就任した巨人の原辰徳監督(50)が12日、東京都内で就任会見を行い「先輩たちが築き上げてきた日本らしい戦い方をしていきたい。前回同様に世界一を目指す」と抱負を語った。日本代表の正式な愛称を「SAMURAI JAPAN」に決定。

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2008-11-12 20:11 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)