タグ:吉田東洋 ( 5 ) タグの人気記事

 

土佐勤王党と山内容堂 (後編)

 土佐藩の政変から京における土佐勤王党の台頭までの流れを、江戸で謹慎中の山内容堂はどんな思いで見ていたのだろうか。彼ら勤王党は、自身が信頼を厚くしていた吉田東洋を殺した憎き集団であり、しかし、「君辱かしめを受る時は臣死す」と容堂に忠誠を誓っている集団でもあった。容堂にとって土佐勤王党は、物語などで描かれるような、不快な存在でしかなかったのだろうか。

 約8年ぶりに謹慎が解かれ藩政に復活した山内容堂は、ちょうど時を同じく京で政変が起き、攘夷派が一掃されたことも相俟って、公然と土佐勤王党弾圧に乗り出した。これより勤王党は一変して衰退の道を辿ることになる。手始めは平井収二郎間崎哲馬弘瀬健太の3名が切腹。そして文久3年(1863年)9月21日、武市半平太が投獄されたことにより、土佐勤王党は壊滅する。結局、彼ら勤王党が活躍したのは、文久2年(1862年)4月8日に吉田東洋が暗殺されてから、わずか1年半足らずの間に過ぎなかった。

 武市半平太の投獄生活は1年8ヶ月にも及んだ。他の軽格党員たちは過酷な拷問を受けたが、半平太は同年1月に白札から留守居組という上士格に昇格していたため拷問は受けなかった。党員たちは厳しい拷問に耐え、吉田東洋暗殺を否認し続けた。中には拷問に屈することを恐れ、服毒自殺した者もいた。結局、東洋暗殺の罪状を立証出来ぬまま、「君主に対する不敬行為」という罪目で半平太は切腹を命ぜられ、慶応元年(1865年)5月11日、「三文字の割腹」の法という壮絶な最後を遂げる。

 ここで少し疑問に思うことがある。それは、武市半平太の投獄から切腹までになぜ1年8ヵ月もの年月を費やしたのかだ。容堂にとって半平太が、嫌悪の対象でしかなかったのであれば、すぐにでも処罰できたはずだ。東洋暗殺の罪を暴くためといっても、結局は立証できず、「君主に対する不敬行為」という曖昧な罪状で切腹に至っている。その気になれば、罪状なんてどうでも良かったはずだ。実際、平井収二郎たち3名は、投獄後間もなく処刑されているし、土佐の独眼竜・清岡道之助と、野根山23士の悲劇。の稿で紹介した清岡道之助たち23名などは、一度も取調べを受ける事もなく首を落とされている。半平太は上士格だったということが理由ならば、即刻降格させればいい。もともと彼の昇格は容堂の隠居中のことであり、容堂の認めるところではなかったのだから。もっと言えば、隠居中の身であっても藩政にまったく口を差し挟めなかったわけではなく、勤王党の台頭を阻むこともできたはずだ。しかし彼はそれをせず、彼らが江戸に下った際には逆に力になったりしている。容堂にとって半平太は、本当に不快な存在でしかなかったのだろうか。

 ここで私見を述べさせてもらうと、容堂は迷っていたのではないだろうか。「酔えば勤王、醒めれば佐幕」と揶揄された山内容堂。「錦旗ひるがへるの日」と誓ったのも彼の本心で、しかし関ヶ原以来の徳川恩顧を重んじるのもまた彼の本心だった。「開国やむなし」と考え至ったのも彼の本心で、しかし「帝の御心に添いたい」と思うのもまた彼の本心だった。参政としての吉田東洋の行政能力には絶大な信頼を置いていたものの、「婦女子の如き京師の公卿を相手にして何事ができようか」といった東洋の考えと容堂は違っていた。下士の分際で藩政を掌握した土佐勤王党には不快感を抱くものの、自身が出来なかった「錦旗ひるがへるの日は、列藩、親藩を問はず、その不臣はこれを討ち、王事に勤めん。」の言葉どおりに行動した勤王党に対して、半ば痛快に思えたときもあったのではないだろうか。そして「君辱かしめを受る時は臣死す」と容堂に忠誠を誓った武市半平太を、殺すに憚られる思いがあったのではないだろうか。半平太投獄から切腹までの1年8ヵ月、容堂は半平太を生かす道を模索していたのではないだろうか。

 結果的に山内容堂は「秩序」を選んだ。藩を治める立場の者の判断としては当然だったのかもしれない。しかし、このとき多くの有為な人材を失ったことによって、維新に際して土佐藩は完全に薩長の後塵を拝することになる。維新後、木戸孝允(桂小五郎)が酒席で容堂に向かって「殿はなぜ武市を斬りました?」と責めた際、容堂は「藩令に従ったまでだ」と答えたという。明治5年(1872年)脳卒中で倒れ病床に伏した容堂は、「半平太、許せ。半平太、許せ。」と何度もうわごとを繰り返したといわれている。容堂の本心はどこにあったのか、彼自身にしかわからない。

 幕末の一時代を猛スピードで駆け抜けた土佐勤王党。彼らは新しい日本が生まれるための「陣痛」のような存在だった。「産みの苦しみ」がなければ、新しい命は生まれない。その苦しみが大きければ大きいほど、生まれてくる命は強いものとなる。彼らの存在がなければ、後の坂本龍馬中岡慎太郎の活躍もなかったかもしれない。新国家誕生の産みの苦しみ。彼ら土佐勤王党は、歴史に大きな役割を果たしたといえよう。

土佐勤王党と山内容堂 (前編)
土佐勤王党と山内容堂 (中編)


下のバナーを応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2010-07-24 00:37 | 歴史考察 | Trackback | Comments(2)  

土佐勤王党と山内容堂 (中編)

 土佐勤王党の掲げる「一藩勤王」を実現するには、どうしても邪魔な存在、それが吉田東洋だった。武市半平太は何度も東洋と会見し、その重要性を説くも、東洋は一向に理解を示さない。事態は思うように好転せず、武市半平太は行き詰っていた。しかし彼らにとって有利だったのは、東洋に敵が多かったことである。まずは民衆だった。彼の推し進める改革によって藩の出費がかさみ、税が厳しくなっていた。それに商人たちは、東洋が作った専売制によって、利益の大部分を藩に吸い上げられ、恨んでいた。そして東洋は下僚には節約を命じていながら参政の職分は別格だとし、豪放な暮らしを平気で行っていた。

 官僚内にも敵が多かった。急激な藩政改革を推し進めていた東洋に対して、それを不満とする保守派グループが形成されていた。これまで世襲が決まっていた、軍学、弓術、槍、剣、居合、馬術、砲術、儒者、医者、などの家格を廃し、家筋によらず能力によってその役を任ずるといった東洋の改革によって、「芸家」の当主たちは当然失職のおそれが出てきた。必然、東洋の失脚を願う者たちが出来た。行き詰まった土佐勤王党と藩内保守派の共通の政敵。思わぬ利害の一致がそこに生じた。

 土佐勤王党と藩内保守派の、そのどちらが先に歩み寄ったのか、また、どちらが先にその計画を打ち出したのかはわからないが、彼らの共通の敵が排除された。吉田東洋暗殺である。実行犯は勤王党と考えてほぼ間違いないだろう。東洋は江戸で謹慎中の山内容堂から全面的信頼を受けている。その東洋を殺すことに、武市半平太に迷いはなかったのだろうか。そこで半平太の背中を押したのは、「錦旗ひるがへるの日」と誓った容堂のあの言葉だったのではないだろうか。容堂が東洋を信頼しているのは、その実情を知らないからだ。東洋は君側の奸なのだ。「その不臣はこれを討ち、王事に勤めん」。この言葉が、東洋暗殺の追い風になったのではないだろうか。

 東洋の死後、土佐勤王党は隆盛を極めた。元々無能が故東洋に退けられていた保守派の藩政復活によって、武市半平太は身分こそ軽格であったが実質影の首相と言ってもよかった。彼らの掲げた「一藩勤王」は、ここに実現した。そして、藩主・山内豊範を奉じて京に上った彼らは、京における尊皇攘夷運動の中心的存在となり、半平太は朝廷の直参のような扱いを受けた。幕府に対する攘夷催促と御親兵設置を要求する勅使として三条実美姉小路公知が江戸に下った際には、警固役に勤王党の者が選ばれ、半平太は姉小路の雑掌となり江戸へ随行した。その際、隠居中の山内容堂も力添えをしている。土佐一藩に留まらず、日本をも動かしつつあったこの時期は、まさに土佐勤王党最盛期だった。一方で、「暗殺集団」としての色も増していった。岡田以蔵を刺客として開国派の人物を次々と殺していったのもこの時期である。彼らはこの暗殺を「天誅」と言った。これもまた、「その不臣はこれを討ち、王事に勤めん」という容堂の言葉に後押しされたものだったのかもしれない。

土佐勤王党と山内容堂 (前編)
土佐勤王党と山内容堂 (後編)

下のバナーを応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2010-07-23 00:00 | 歴史考察 | Trackback | Comments(0)  

土佐勤王党と山内容堂 (前編)

 幕末史に燦然とその名を残す土佐勤王党。尊皇攘夷をスローガンに立ち上がった彼らは、一瞬の花火のように燃え上がり、消えていった。同時代の同じような思想集団としては、水戸の天狗党や薩摩の精忠組などがあげられる。彼らは皆、藩内において低い身分の者たちの集団で、その多くは動乱の中に消え、あるいは藩上層部によって処刑された。

 彼らのような下級層にとってこの「尊皇攘夷論」は、250年もの長い間、身分によって虐げられてきた憤懣を晴らす、恰好の材料だった。元々「尊王論」「攘夷論」という、それぞれ独立した考えとしてあったものが、ペリー来航によって結ばれた不平等条約のため、諸物価の高騰や流通制度など日本経済に大混乱を招き庶民の生活を圧迫、その憤懣から「攘夷論」が叫ばれはじめ、やがてそれに、日本は神国であるというナショナリズムの発想である「尊皇論」が結びつき、「尊皇攘夷論」となって諸藩の志士や公卿に支持された。さらにそこに、天皇に忠義を尽すという「勤王論」が加わり、やがてそれが250年続いた「封建制」を瓦解させ、倒幕のエネルギーと化していった。

 武市半平太を首魁とした土佐勤王党も、当然この尊皇攘夷をスローガンとした。特に身分差別が激しかったとされる土佐藩下士たちにとっては、封建社会を打破する一筋の光であっただろう。そんな背景もあってか彼ら土佐勤王党は、上記の天狗党や精忠組のような単純な「思想集団」に留まらず、藩論を勤王に統一する「一藩勤王」というテーゼを掲げた「政治集団」となった。そしてその改革を実現するために邪魔者を排除する「暗殺集団」となっていったのである。「思想集団」「政治集団」「暗殺集団」の3つの顔を持ってしまった土佐勤王党。彼らはなぜ、ああも足早に時代を駆け抜けてしまったのだろう。

 当時、土佐藩の藩政を握っていた参政・吉田東洋は、半平太たち土佐勤王党とは180度違う「開国論」の持ち主だった。東洋にとって勤王党の主張は、書生の戯言でしかなかっただろう。そんな東洋を相手に、下士集団に過ぎない勤王党が「尊皇攘夷」を声高に訴えることが出来たのは、このとき江戸にて謹慎の身だった前藩主、容堂こと山内豊信の存在があったからだ。後に勤王党を壊滅させるに至る容堂だが、若き日の彼は熱心な尊王家だった。彼の正室が三条家の幼女だったこともあり、朝廷への政治工作にも加担し、そのことによって安政の大獄時に謹慎の身となった。謹慎前、朝廷に宛てた容堂の「使命覚書」がある。
 「豊信(容堂)は一朝事有り、錦旗ひるがへるの日は、列藩、親藩を問はず、その不臣はこれを討ち、王事に勤めん。」
 この言葉が、武市半平太たち勤王党員たちを後押しした。天皇に忠義を尽すことが、自藩の君主に忠義を尽すことでもある。彼らの思いには一辺の迷いもなかっただろう。

 土佐勤王党の盟約書(盟曰)には次のような文言がある。
 「かしこくも我が老公(容堂)夙に此事を憂ひ玉ひて、有司の人々に言ひ争ひ玉へども、却てその為めに罪を得玉ひぬ、斯く有難き御心におはしますを、など此罪には落入玉ひぬる。君辱かしめを受る時は臣死すと。」
 「錦旗若し一とたび揚らバ、団結して水火をも踏まむと、爰(ここ)に神明に誓ひ、上は帝の大御心をやすめ奉り、我が老公の御志を継ぎ、下は万民の患をも払わんとす。」

 この盟約の文言は、明らかに上記容堂の言葉を取り入れたものだとわかる。ここでは、天皇と「我が老公」である容堂が忠誠の対象となっている。幕府が容堂に謹慎を命じたことを批判し、そしてその志を自分たちが引き継ぐと誓っている。この思いが、彼らが臆することなく突き進む糧となった。そして容堂の本質を見誤る要因ともなったのである。

土佐勤王党と山内容堂 (中編)
土佐勤王党と山内容堂 (後編)

下のバナーを応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2010-07-22 02:38 | 歴史考察 | Trackback | Comments(2)  

龍馬伝 第13話「さらば土佐よ」

 土佐藩参政・吉田東洋暗殺されたのは、文久2年(1862年)4月8日。この日東洋は、高知城二の丸で藩主・山内豊範に「日本外史」「信長記・本能寺の変」を講義していた。このとき陪席していた後藤象二郎、福岡藤次らはのちに、このときの東洋の講義は普段よりはるかに熱が入っていたと語っている。奇しくもこの後、信長と同じく家臣の手によってその生涯を閉じることになろうとは、思いもよらなかっただろう。この日は最終講義だったこともあり、講義のあと酒肴が出された。亥の刻(午後10時頃)に下城。東洋に多少の酔いはあったであろうと想像する。
 
 雨が降っていた。東洋は傘をさしている。共は若党と草履取りの二人。下城したときは後藤や福岡たちと一緒だったが、途中で別れている。東洋自身、自分の命が狙われているという意識がないわけではなかったはず。土佐勤皇党の不穏な動きは十分に察知していたであろうし、未遂事件もあったという。にもかかわらず、特別な警備をつけていない。東洋は学問のみならず、剣術においても神影流免許皆伝の腕だった。ここでも、吉田東洋という人の何事においても自信過剰な気性がうかがえる。

 刺客団は土佐勤王党の那須信吾・大石団蔵・安岡嘉助の3人。黒幕は彼らの首領である武市半平太と考えていいだろう。彼らの剣の腕は、普通ならば3人がかりで挑んでも、簡単に東洋を斬れる腕ではない。しかし、ここでも彼の自信過剰が災いした。平素、戦国武将の風を好んだ東洋は、長さ二尺七寸もあり、刀幅も厚い豪壮な太刀を持っていた。これはよほど長身で剛力な者にしかあつかえず、馬上で鎧武者を斬る目的の刀であり、路上で複数相手の立ち回りに適したものではない。酒に酔っていたこと、警備をつけていなかったこと、実戦向きの刀でなかったこと・・・そのどれもが、吉田東洋という人の自信の表れであり、そしてその自信過剰が命取りとなった。

 絶命した東洋の首は、白木綿に包まれた。この白木綿は、3人のうちの誰かが急いで外したふんどしだったという。このふんどしにかんしては、後に武市半平太が、「武士の礼を知らぬ」と怒ったというが、彼らはいずれも食うや食わずの極貧郷士で、新しい布を用意することが出来なかった。平素、絹服しか身につけなかったという贅沢三昧の東洋が、首になって貧乏下士の古ふんどしにくるまれることになろうとは、なんとも皮肉な話である。東洋の首は翌朝雁切橋のたもとにさらされた。

 このクーデターによって武市半平太率いる土佐勤皇党は、土佐藩におけるイニシアティブをほんの少しの間とることになる。ほんの少しの間・・・。

 「暗殺」とは最も近道で簡単な革命手段。「こいつさえいなくなれば・・・。」 現代の私たちも、これに似た感情を一瞬でも抱いたことのない人は少ないのではないだろうか? しかし、ほとんどの場合、思うだけで終わるものである。時代が違うとはいえども、武市半平太はその一線を越えてしまった。「暗殺」とは癖になるような気がする。事実、この後土佐勤皇党は、「天誅」という大義名分のもとに暗殺を繰り返すこととなる。しかし、歴史上、「暗殺」をもってして大業を成した人物はいない。そのことに半平太は気が付いていただろうか・・・。

 坂本龍馬脱藩したのは、文久2年(1862)3月24日。吉田東洋暗殺の約2週間前のことである。龍馬が東洋暗殺の計画を知っていたかは定かではない。ただ、これまで紆余曲折がありながらも寄り添ってきた龍馬と半平太が、このタイミングで袂を別つことになったことから考えれば、この暗殺計画が二人を別々の道を歩ませる原因になったと考えても無理はない。脱藩を決意したこのときの龍馬に、後の開明的なビジョンがあったかどうかはわからないが、あくまで土佐という狭い枠からはみ出すことが出来なかった武市半平太と吉田東洋という二人の秀才よりも、はるかに器の大きさが感じられる決意である。

 龍馬の脱藩における坂本家のエピソードで、ドラマには登場しない龍馬の姉、次女・栄の存在がある。龍馬の脱藩に際し、業物の刀を渡し、家族が脱藩に加担したという事実を隠すために自害したという説。ドラマでは乙女が刀を渡していたが、栄姉の説の方がなじみのある人も多いだろう。この栄姉のことについて少しふれたいのだが、東洋暗殺の件でかなりの行数を費やしてしまったので、後日、稿を改めてふれてみたいと思う。

 兎にも角にも、第1部完結。次週から龍馬のサクセスストーリーが始まる。


 追記:坂本龍馬脱藩時の、姉・栄自害説が消えた理由。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2010-03-29 01:45 | 龍馬伝 | Trackback(8) | Comments(2)  

龍馬伝 第8話「弥太郎の涙」

 21歳で江戸に遊学した岩崎弥太郎は安積艮斎(あさかごんさい)の塾で学んだ。しかし1年ほどで帰国するはめになる。父・岩崎弥次郎の投獄の知らせを受けたためであった。

 ドラマでは、庄屋・島田便右衛門が田んぼの水を独り占めしたため、そのことを抗議に行った弥次郎が、大勢に殴る蹴るの暴行を受け、半死半生のめに遭ったとあったが、司馬遼太郎著の「竜馬がゆく」村上元三著の「岩崎弥太郎」などでのこのエピソードは、弥次郎の酒乱が引き起こした喧嘩沙汰とされている。岩崎家があった土佐安芸郡井ノ口村に暮らす人たちはとにかく気性があらかったようで、何かにつけすぐに暴力沙汰におよんだらしい。そんな井ノ口村の中でもとりわけ悪評の高かったのが、この岩崎弥次郎・弥太郎親子だったそうである。

 弥次郎の起こした騒動にドラマのような理由があったのか、それとも酒の所為での喧嘩だったのかはわからないが、集団リンチを受けて半死半生になったのは本当のようで、そしてその後一方的な裁きを受けたのも本当の話である。江戸から戻った弥太郎は、村中を駆け回り事件の真相を調べ、父の冤罪を求めて訴え出たが、既に奉行所には庄屋の袖の下がまわっており、取り上げられることはなかった。それでもおさまらい弥太郎がとった行動が、ドラマ中にあった落書きである。
「官以賄賂成」(官ハ賄賂ヲモッテ成シ)
「獄以愛憎決」(獄ハ愛憎ヲモッテ決ス)

 金と感情で裁判をするという意味である。これでは無事にすむはずがなく、弥太郎は投獄される。岩崎弥太郎という人物の酷烈すぎる性格がうかがえるエピソードである。

 奉行所の裁きを不服とした弥太郎と龍馬が、吉田東洋のところへ直訴に行く話があったが、この話はもちろんドラマのオリジナル。そもそもこの弥次郎の喧嘩沙汰に龍馬が関わっていたことすらない話なのだが、それにしてもこのドラマでの吉田東洋はダーティーに描かれ過ぎ。確かに東洋といえば、上士・下士の身分にこだわる権力主義者に描かれることが多いが、その実、身分にとらわれず有能な者を登用するといった合理的な考えを持った人物でもあった。現実に、こののち弥太郎は蟄居中だった東洋が開いていた少林塾の門人になり、そこで明晰さが東洋の目にとまり藩職に就くこととなる。ただ、ドラマ中で「わしは天才じゃき。」と言っていたように、東洋という人は、自分の頭脳に自信過剰であり過ぎた。あり過ぎたが故に、武市半平太率いる土佐勤皇党のみならず、藩内の保守派からも敵視され、命を落とすことになる。

 駄目親父のおかげで、あれほど夢だった江戸遊学を中途半端なかたちで終わらざるをえなかった弥太郎。おまけに帰郷するなりの投獄では踏んだり蹴ったりである。どこまでも運がない弥太郎に思えるが、この獄中で、のちに三菱王国を築く基礎となる算術や商法を学ぶこととなる。江戸でも学べなかったものを獄中で学ぶことになるとは、幸運というのはどこに転がっているかわからないもので、そこに偉人の人生の面白さがある。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2010-02-22 00:59 | 龍馬伝 | Trackback(4) | Comments(2)