タグ:城跡 ( 161 ) タグの人気記事

 

三木合戦ゆかりの地めぐり その22 ~志方城跡(観音寺)~

神吉城から直線距離で3kmほど北上したところに、志方城があります。
ここは、黒田官兵衛の妻・の生まれ育った城で、現在その本丸跡は観音寺という寺院になっています。

e0158128_18142355.jpg

そんなわけで、当然ながらここでも、この看板が迎えてくれました。

e0158128_1815770.jpg

今回は看板だけでなく、境内のいたる場所に、てるひめちゃんが・・・。
まあ、光姫の実家ですから、当然の光姫推しですよね。

e0158128_18283329.jpg

e0158128_18181536.jpg

光姫の嫁いだ黒田家は、播磨国の領主の中でもいち早く織田氏の傘下に入っており、三木合戦の際には当然、羽柴秀吉軍に与していましたが、光の実家である志方城の城主・櫛橋家は、加古川評定の席で秀吉と決裂し、別所氏に呼応して毛利方に与します。
このときの志方城主は、光の実兄・櫛橋政伊
政伊のもう一人の妹で光の姉にあたる妙寿尼(実名は不明)は、毛利氏の傘下にある上月城主・上月景貞に嫁いでおり、光は兄と姉ふたりと敵対することになります。
戦国時代では珍しい話ではありませんが、光は辛かったでしょうね。

e0158128_182116100.jpg

周辺の野口城・神吉城が攻め落とされると、ここ志方城は孤立無援となり、天正6年(1578年)8月10日、政伊はやむなく降伏します。
その後、官兵衛の助言もあって櫛橋家一族のほとんどが黒田家に仕えますが、城主の政伊のその後は、定かではありません。
大河ドラマ『軍師官兵衛』では、潔く切腹していましたが、司馬遼太郎氏の小説『播磨灘物語』では、官兵衛が秀吉に命乞いをし、助かっています。
実際にはどうだったんでしょうね。

e0158128_18261860.jpg

寺の敷地内には、櫛橋家歴代城主の墓所があります。
ここも、光姫推しでした(笑)。
光姫はここには眠ってないのにねぇ。

e0158128_18262884.jpg

その向こうに見える建物は、志方小学校の校舎です。
この小学校の敷地が、かつての二の丸跡だったそうです。

e0158128_18182996.jpg

とにかく、いたるところにみつひめちゃん幟が設置されていました。
中谷美紀さんも訪れたのかなぁ?

さて、次回は秀吉の志方城攻めゆかりの地を訪れます。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-06-10 18:10 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その20 ~神吉城跡(常楽寺・神吉神社)~

野口城を落とした羽柴秀吉軍は、天正6年(1578年)6月23日、その北西にある神吉(かんき)城を攻撃しました。
現在その城跡は、常楽寺というお寺になっています。

e0158128_1402919.jpg

ここを訪れたのは4月18日だったのですが、写真のとおり、少しだけが残っていました。
みごとな枝垂れ桜で、満開のときに来れば、きっと見応えがあったでしょうね。

e0158128_1452975.jpg

で、ここにも、やはりこのデザインの看板が・・・。

e0158128_1455593.jpg

神吉城の城主は赤松氏一族の神吉氏で、三木合戦のときの城主は神吉頼定でした。
秀吉軍は織田信忠・明智光秀・佐久間信盛・荒木村重ら約3万人という大軍で神吉城を包囲。
対する神吉軍は、わずか2千人の兵で籠城したといいますが、それでも秀吉軍を手こずらせ、約1ヵ月持ちこたえたといいます。
ここは平城ですが、よほどの堅城だったのでしょうね。
最終的に秀吉は、頼定の伯父・神吉藤太夫を謀略で味方に引き入れ、頼定を暗殺して神吉城は落城したと伝えられます。

e0158128_147574.jpg

敷地内には、往時を知っているかも知れない巨樹がありました。

e0158128_1414930.jpg

本堂裏の墓地には、その頼定の墓があります。

e0158128_14142929.jpg

常楽寺の隣にある神吉神社には、神吉合戦の絵図が奉納されています。

e0158128_14284756.jpg

なかなか、生々しい絵図です。

e0158128_14193489.jpg

e0158128_1420760.jpg

e0158128_1420232.jpg

e0158128_14203518.jpg

ちなみに、余談ですが、加古川市内には常楽寺というお寺がもう1ヵ所あるんですね。
ここを訪れようとしてカーナビで検索すると、間違えて違う常楽寺に連れていかれました(笑)。
そっちの常楽寺の方が、小高い丘陵にあって城跡っぽかったので、しばらく気づかずに写真撮りまくってて・・・。
悔しいので、1枚貼っときます(笑)。

e0158128_14232549.jpg

次回は、頼定の弟が神主をしていたという、生石神社を訪ねます。




「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-06-03 19:00 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その19 ~野口城跡(教信寺・野口神社)~

加古川評定での決別により別所氏の籠る三木城を包囲した羽柴秀吉軍でしたが、堅固な三木城を短期間で落とすのは難しいと判断し、まずは周囲の支城から攻め落とし、三木城を孤立無援にする作戦に出ます。
その最初の標的となったのが、『別所長治記』「播州一ノ名城」と記されていた野口城でした。

e0158128_15441911.jpg

写真は教信寺という寺院の山門です。
ここにも、加古川城跡と同じ『軍師官兵衛』の観光誘致看板がありました。

e0158128_15454551.jpg

看板には、「教信寺(野口城跡)」と表記されていましたが、実際には、野口城の正確な位置はわかっていないようです。

e0158128_1549207.jpg

野口城の築城時期についても詳しくわかっていませんが、三木合戦時の城主は別所氏の重臣・長井長重でした。
野口城は四方を沼田に囲まれた要害でしたが、秀吉は数万荷分を麦や草木でこれを埋め立て、三日三晩休みなく攻撃を続け、降伏させたといいます。

e0158128_15493388.jpg

境内の写真です。
伝承によると、ここ教信寺も戦火に巻き込まれて全焼しましたが、同寺の僧兵・不動坊海長、経蔵坊春盛らが野口城方に参戦し、奮戦したと伝えられます。

e0158128_15523736.jpg

写真は、教信寺から100mほど西にある野口神社です。

e0158128_1552499.jpg

この野口神社と教信寺のに野口城があったとも考えられているそうです。
伝承によると、野口城は長さ43間(約83m)横21間(約42m)の丘陵であったとされますから、たしかに、大きさ的にはバッチリの敷地かもしれません。
ただ、現在、神社と寺の間は平坦な住宅地と畑で、丘陵地ではありません。

e0158128_15555672.jpg

それでも、何か城跡を思わせるような手掛かりはないかと付近を歩いてみると、新しい家が並ぶ中に、妙に周りに馴染まない空間を見つけました。
近寄ってみると・・・。

e0158128_15561953.jpg

e0158128_15571551.jpg

古いがありました。
そこに記されている看板を見ていると・・・。

e0158128_15591379.jpg

消えかかって読みにくいですが、「野口城趾」とあります。
あとは読めないのですが、どうやら、野口城に関連した祠のようです。

e0158128_1602517.jpg

背後には、古い樹木と盛土があり、なんとなく遺構っぽい雰囲気でしたが、定かではありません。

さて、次稿は野口城の次に攻撃された神吉城跡を訪ねます。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-05-29 16:02 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(2)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その18 ~加古川城跡(称名寺)~

続いて加古川市にやってきました。
加古川市にも、三木合戦ゆかりの史跡が数多くあるのですが、まずは、三木合戦の発端となった加古川評定の舞台、加古川城跡を訪ねます。

e0158128_15542240.jpg

現在、城跡には称名寺という寺院が建てられており、城の遺構は残っていません。
城は元和元年(1615年)に破却されたと伝えらているそうで、ちょうど今年で400年ですね。

e0158128_15554688.jpg

加古川市は黒田官兵衛の妻・の出生地ということで、昨年の大河ドラマ『軍師官兵衛』にあやかった観光誘致が熱心だったようで、いたるところにこのデザインの看板が立てられていました。

e0158128_15564054.jpg

天正6(1578)年2月、織田信長から中国の毛利攻めを任されていた羽柴秀吉は、播磨国の領主たちをこの地に一同に集めて、中国攻めに向けての軍議を開きます。
その軍議の場で、三木城主・別所長治の代わりに出席していた叔父の別所吉親(賀相)が秀吉と衝突し、これをキッカケに別所氏は秀吉に叛旗を翻します。
東播磨一の実力者である別所氏が毛利方に寝返ったことにより、周辺諸氏たちが次々と別所氏に同調していきます。
播磨を反毛利氏で結束させたいという秀吉の思惑で開催した加古川評定は、逆効果に終わってしまい、ここから、約2年に及ぶ三木城攻めが始まるんですね。

e0158128_1559899.jpg

山門を入ると、中央にいちょうの巨樹があります。
今は刈り込まれていますが、この木は昔から加古川の町の目印だったそうです。
あるいは、加古川評定を見ていたかもしれません。

e0158128_161060.jpg

加古川城の城主は、のちに賤ヶ岳七本槍のひとりとなる糟谷武則で、別所氏に仕える身でありながら、早くから秀吉とよしみを通じていたと言わる人物です。
境内には、糟谷家の墓があります。

e0158128_1615757.jpg

三木合戦とは関係ありませんが、境内には、地人が憐れんで建てた南北朝時代の7人の武者の七騎供養塔があります。
詳しくは看板を読んでください(笑)。


e0158128_1634361.jpg

e0158128_1635391.jpg

城の面影はまったく残っていませんが、歴史が大きく動いた場所に立つと、何だか言い知れぬ感動を覚えますね。

次回に続きます。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-05-27 23:58 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(2)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その17 ~池尻城跡~

今回は、三木市の北に位置する小野市にやってきました。
大歳神社という名称の小さな祠の東にある丘陵に、池尻城跡と刻まれた石標があります。
ここにも、三木合戦ゆかりの城跡なんだそうです。

e0158128_1539086.jpg

城主ははっきりとわかっていませんが、石標の説明板によると、別所氏の家臣の居城だったと伝わるそうで、三木合戦の際に羽柴秀吉軍によって攻め落とされたと伝えられているそうです。
(写っているのは、わたしの愛車です。)

e0158128_15391531.jpg

三木城からみれば北西約5kmの場所で、三木城と池尻城を結ぶ直線上のちょうど真ん中あたりには、「その5」で紹介した大村城平田村付城があり、その位置関係から考えれば、あるいは天正7年(1579年)9月の「平田・大村合戦」の戦火に巻き込まれたのかもしれません(これは、あくまでわたしの想像です)。

e0158128_15424196.jpg

山に入ると、遺構らしき跡が何ヶ所も確認できます。

e0158128_15444164.jpg

説明板によると、一番の高所に設けられた主郭は長さ約18mの方形を呈し、周囲には空堀がつくられ、その北方には二つの曲輪がある、とあります。

e0158128_15445273.jpg

おそらく、上の写真が主郭跡かなぁと。
写真じゃわかりづらいですけどね。

e0158128_15472061.jpg

堀切跡かな?

e0158128_15473467.jpg

丘陵の西にある大歳神社です。
城への登城道はここから伸びており、説明板によると、この神社の敷地に城主の館があったんじゃないかと考えられているそうです。

e0158128_15475415.jpg

祠の側には、小野市保存樹木に指定された巨樹があります。
樹齢は記されていませんが、あるいは往時を知っているかもしれません。

シリーズはまだまだ続きます。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-05-15 21:00 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(2)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その16 ~枝吉城跡~

神戸西区と明石市の境あたりにある枝吉城跡を訪れました。
「えだよし」ではなく「しつき」と読みます。

e0158128_20275463.jpg

前稿、前々稿で紹介した端谷城福谷城を攻め落とした織田軍のなかに、枝吉城主の明石則実がいました。
端谷城から5kmほどしか離れていない枝吉城ですが、こちらは織田方についていたんですね。
枝吉城は黒田官兵衛母の生家だったといわれており、ということは、明石則実は官兵衛の従兄弟にあたるわけで、そんな関係から、織田軍の傘下に入ったのかもしれません。

e0158128_2028887.jpg

現在、城跡の東には柿本神社があり、その裏の小山に城が築かれていました。
神社裏の階段を上ると、本丸跡に繋がるのですが、現在は公園として整備されており、石碑があるだけで遺構らしきものはありません。

e0158128_20282531.jpg

枝吉城主の明石氏は、別所氏や衣笠氏と同じく、赤松氏の流れだといわれています。
結局のところ、播磨国の実力者のほとんどが、元を辿れば赤松氏に行きつくんですよね。

e0158128_20283846.jpg

枝吉城跡があるこの地域は、現在の住所では王塚台というのですが、その名称のとおり、この近くには「王の塚」、宮内庁が管理する吉田王塚古墳という大きな古墳があります。
また、枝吉城が築かれた台地上には、稲作開始時期にあたる弥生時代前期の村落跡あったそうですが、枝吉城築城の際に破壊されてしまったそうです。
城跡公園内には、その「播磨吉田遺跡」の石碑も建てられています。

e0158128_20285584.jpg

枝吉城は三木合戦以前にも、2度の合戦を経験しています。
しかし、いずれも落ちることなく耐えしのいできた堅城でした。
しかし、三木合戦で功をあげた明石則実は、豊臣政権の時代になって但馬国豊岡へ国替えとなり、代わりに摂津国高槻よりキリシタン大名高山右近が入封しますが、ほどなく右近はここより南の海沿いに船上城を築いて移ったため、枝吉城は廃城となりました。
最後の城主となった高山右近は、のちに羽柴秀吉バテレン追放令によって迫害され、最後は亡命先のマニラで死去する話は有名ですが、豊岡に移った明石則実も、その後、豊臣秀次謀反に連座して切腹しています。

シリーズはどこまで続くのやら・・・。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-05-13 20:11 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その15 ~福谷城跡~

端谷城跡から南西に1.5kmほど下ったところにある丘陵上に、福谷城跡があります。
現在の住所でいう神戸市西区櫨谷町一帯には、端谷城を本城として多くの支城が築かれていましたが、ここ福谷城も、その支城のひとつだったようです。

e0158128_1654441.jpg

城主はわかっていませんが、おそらく端谷城と同じ衣笠氏の一族だったと考えられています。

e0158128_16265987.jpg

現在、城跡の主郭跡らしき場所は、秋葉神社が建っています。
神社の参道ということで、登山道は舗装されていて歩いやすくなっていたのですが、かなりの急斜面で、メタボ腹のわたしは息切れしまくりです。

e0158128_16272254.jpg

この急斜面、写真で伝わるでしょうか?

e0158128_16293741.jpg

主郭跡とみられる場所にある、秋葉神社です。
ありがたいことに、境内横に物見台っぽい展望台が建てられていました。

e0158128_16295531.jpg

そこから見た西側の眺望です。
現在、この辺りは狩場台糀台という地名で、西神ニュータウンといわれ、神戸市内有数のベットタウンとなっています。
30年前は何もない山だったんですけどね。

e0158128_16323997.jpg

境内北側は、自然のままの山道になっています。
中へと進むと、土塁らしき遺構が見られます。

e0158128_16325927.jpg

そのまま更に北へ進むと、藪が拓けた場所が見えてきます。
曲輪跡か何かかな?・・・と近づいてみると・・・

e0158128_16331962.jpg

ゴルフ城・・・じゃなかったゴルフ場に出ちゃいました(笑)。
ファー!!!

e0158128_16343122.jpg

上の写真は福谷城跡の鳥瞰図
図の切れている上が、ゴルフ場になっています。
史料が乏しく城史が定かではない福谷城ですが、おそらく、天正8年(1580年)2月の織田軍の攻撃によって、本城の端谷城と共に落城したと考えられています。

e0158128_16365536.jpg

それにしても、神戸市西区や北区には、福谷、櫨谷、寺谷、名谷、伊川谷、押部谷、箕谷と、「谷」の付く地名がやたら多いですね。
で、そのほとんど場所に、かつて城があったとされています。
その谷と谷の間には、「◯◯ヶ丘」「◯◯台」といった地名が必ずあるのですが、それらのほとんどは、昭和の時代に開かれたニュータウンです。

e0158128_1639588.jpg

司馬遼太郎氏の何の作品だったか忘れたのですが、その中で司馬さんは、古来、日本人はずっと、「谷」を恵み地としてきた、ということを述べておられました。
谷には川が流れ、その川を水源に、田畑を耕してきた。
一方で谷には洪水がつきもので、人々は、天災と戦いながら、それでも谷に住み続けた・・・と。
それが、産業が発達した近代、人々は災害の多い谷を嫌って、「丘」へと移り住んだ。
で、いつの間にか、「◯◯ヶ丘」といった場所が、人々の憧れの地となった。
でも、司馬さんは、新しい地名の「丘」「台」にはまったく魅力を感じず、歴史と共に歩んできた「谷」にこそ、深い感動を覚える・・・と。
うろ覚えで申し訳ないのですが、たしか、そんな旨のことを述べられていました。
なるほどなあ・・・と。
だから、「谷」には必ずがあったんですね。
「谷」に比べたら、「丘」や「台」は安っぽい土地なんですね。
そういうわたしは、丘に住んでるんですが(笑)。

話がずいぶんそれちゃいました。
次回に続きます。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-05-07 23:58 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その14 ~端谷城跡~

三木城から南へ10kmほど下ったところに、端谷城跡があります。
ここは現在の住所では神戸市西区櫨谷町といいますから、あるいは「端谷」「櫨谷」になったのかもしれませんね。

e0158128_20305123.jpg

端谷城は、明石川の支流である櫨谷川の上流域右岸、標高110~140mの丘陵上にあります。
城主は、鎌倉時代後期からこの地を治めていた衣笠氏
衣笠氏は、別所氏の分かれと伝えられますので、当然、三木合戦の際には、別所方につきました。
現在は衣笠氏の菩提寺だった満福寺の境内が、三の丸跡にあります。

e0158128_20354281.jpg

e0158128_20355797.jpg

その三の丸跡です。
その背後に見える山に、二の丸、本丸の遺構があります。

e0158128_20374592.jpg

その本丸跡への誘導表示、ありがたいですね。

e0158128_20394872.jpg

登山道には、各所に説明板が設置されていて、わかりやすかったですね。

e0158128_20425734.jpg

e0158128_20431269.jpg

二の丸の斜面下を削り込んだ堀切です。
実にみごとな遺構です。

e0158128_2046085.jpg

e0158128_20461244.jpg

二の丸跡です。
幅約25m、長さ約65mで、この城内でもっとも広い曲輪です。
ここでは、時期の異なる2棟の建物跡が発掘されているそうです。

e0158128_20474497.jpg

二の丸跡から見下ろした城下です。
現在、櫨谷川にはほとんど水が流れていませんが、かつては、あの川が大地の恵みだったのでしょうね。
晴れていれば、遠く淡路島まで見通せるそうです。

e0158128_20514319.jpg

e0158128_20515930.jpg

上の写真は二の丸東斜面の曲輪
こんな狭い場所にも曲輪を設けてるんですね。

e0158128_2055169.jpg

e0158128_20552981.jpg

西南の尾根の曲輪です。
東斜面の曲輪と同じく、狭い空間ながら谷を見下ろすように設けられています。

e0158128_20581094.jpg

e0158128_20582493.jpg

で、山頂の本丸跡です。
南側は二の丸を見下ろし、北側は土塁で囲まれています。

e0158128_20593558.jpg

三木合戦のときの城主だった衣笠範景は、淡河城の淡河氏らと共に別所方に味方し、ここ端谷城に籠城して奮戦しますが、三木城の落城から1ヵ月ほどのちの天正8年(1580年)2月25日、羽柴秀吉率いる織田軍の猛攻によって落城したと伝えられます。

e0158128_2113911.jpg

本丸北西隅にある、物見台跡と見られる遺構です。

e0158128_21252100.jpg

とにかく、どれもこれも実に良好なかたちで遺構が残されていて、圧巻です。
神戸市の史跡に指定されてはいますが、ここ端谷城は神戸市民にもあまり知られていません。
もっと知られてもいいですよね。
ある意味、ここも天空の城ですよ。

e0158128_2155252.jpg

三の丸跡の満福寺には、衣笠範景の慰霊碑があります。

e0158128_216811.jpg

その片隅にある大樹
あるいは、往時を知っているかもしれません。

次回に続きます。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-05-05 21:07 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その13 ~淡河城跡・八幡森史蹟公園~

三木城跡から東へ7~8km離れた神戸市北区に、淡河城跡があります。
難読ですが、淡河(おうご)と読みます。

e0158128_2365436.jpg

あまり有名ではありませんが、ここ淡河城は三木城籠城戦に際して、食料の補給ルートを確保した重要な役割を担っていた城です。
三木合戦のときの淡河城主・淡河弾正忠定範は、三木城主・別所長治の義理の伯父にあたります。

e0158128_2395066.jpg

淡河氏は鎌倉北条一族の流れと伝えられる名家で、南北朝時代は播磨国一帯を支配する守護大名の赤松氏の配下に属し、この地で勢力を拡大します。
ここ淡河城が築城時期は定かではありませんが、かなり昔からこの地に城があったと考えられているようです。

e0158128_2312725.jpg

城は淡河の里を一望できる小高い丘の上にあります。
濠を渡って、比高差約20mの斜面にある山道を登ります。

e0158128_2314193.jpg

e0158128_23141435.jpg

現在は、本丸跡土塁等が残っているのみとなっています。
南の土塁は天守台跡と考えられており、上端が広いため、が建っていた可能性があると考えられているそうです。

e0158128_23165377.jpg

ただの草むらか畑のように見えますが、本丸跡です。
この本丸跡では、柱穴井戸などの遺構が見つかっているそうです。

e0158128_23193963.jpg

本丸跡北側から見た天守台跡です。

e0158128_23224147.jpg

天守台跡は現在、稲荷神社の境内となっていて、遊が置かれた公園になっています。
地面にピンクに散らばっているのは、桜の花びらです。
この日は4月12日で、もう一週前に訪れていたら、きっと桜が綺麗だったでしょうね。

e0158128_23263973.jpg

境内の片隅には、淡河氏のあとに城主となった有馬氏の子孫にあたる有馬頼寧氏が昭和11年(1939年)に揮毫した石碑があります。

e0158128_2328165.jpg

天守台から見下ろす城下です。
黒い建物は、模擬櫓です。

e0158128_23293663.jpg

本丸の周りには内堀跡があります。

e0158128_2331172.jpg

内堀の外側には、淡河氏の菩提寺だった竹慶寺跡があります。
竹慶寺は、江戸時代中期頃に無住寺となり、廃寺となったそうです。
境内には歴代の城主の墓碑があります。

e0158128_23335945.jpg

e0158128_23341193.jpg

三木合戦時に城主だった淡河弾正忠定範は、奇策を用いて織田軍を手こずらせたといいます。
その奇策とは、攻めこむ羽柴秀長軍に対して、数十頭の牝馬を放ち、敵の馬が乱れ狂ってパニックになったところに城内から攻め掛かり、秀長軍を敗走させました。
その後、自ら城に火を放ち、別所氏の籠もる三木城に入り、やがて運命を共にしたと伝えられています。

e0158128_23391477.jpg

その定範が討死したと伝えられる三木市の八幡森史蹟公園には、「淡河弾正忠定範戦死之址」と記された石碑と、平田大村加佐合戦の戦死者の慰霊碑があります。

e0158128_23395138.jpg

平田大村加佐合戦とは、三木合戦のなかでももっとも激しかったといわれる戦いで、「その6」で紹介した谷大膳が討死した合戦です。

e0158128_23402556.jpg

石碑には、「三木方戦士者、侍大将七十三人、士卒八百余人」とあります。
織田方を入れると、もっと大勢の兵が、この戦いのあった天正7年(1579年)9月9日に命を落としているんですね。
それでも、三木城内で餓死した籠城兵よりは、武士らしく死ねて幸せだったかもしれません。

e0158128_23421969.jpg

現在この慰霊碑は、閑静な住宅街の一角にある公園内に、遊具とともにあります。
公園で遊ぶ子どもたちは、430年前の惨劇を知るよしもありません。

次回に続きます。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-05-01 19:00 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(2)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その12 ~三木城鷹尾山城(鷹ノ尾城)跡~

羽柴秀吉軍が築いた付城はまだまだあるのですが、少し飽きてきたので、ここらで別所方の陣を見てみましょう。
訪れたのは鷹尾山城跡、本城である三木城のすぐ南の高台にある要害です。
本によっては、「鷹ノ尾城」と書かれているものもあるのですが、現地看板は「鷹尾山城」となっていたので、拙稿では後者でいきます。

e0158128_20251730.jpg

ここを守っていたのは、別所長治の伯父で後見人でもある別所吉親(賀相)でしたが、三木合戦の最終段階では、長治の弟、別所彦之進友之が守備していました。

e0158128_20272538.jpg

現在は市役所の西隣にある勤労者体育センターの裏山に遺構の一部が残っています。
当時は、「その1」で紹介した長治と妻・照子首塚がある雲龍寺の裏山まで、要害が続いていたそうです。

e0158128_20311793.jpg

市役所などの建設で大部分が破壊されていると聞いていたので、正直、訪れるまではあまり期待していなかったのですが、実際に来てみると、少ない面積ながら立派な遺構がしっかり残っています。

e0158128_20334497.jpg

土塁跡が平らな敷地をL型に囲んでいます。
おそらく郭跡でしょう。

e0158128_2035039.jpg

土塁の外側には、堀跡があります。
で、その堀跡の外側には、また土塁があります。

e0158128_2037436.jpg

案内板などは設置されていませんが、面積が狭いので容易に全形が想像できます。
なかなか見応えがありました。

e0158128_2040284.jpg

天正8年(1580年)1月11日、ここ鷹尾山城は秀吉軍に攻め込まれ、占領されます。
そして、ここから三木城に対して降伏勧告を行ったのだとか。
そして1月17日、降伏した別所一族はみごと自刃します。

「命をも惜しまざりけりあずさ弓 末の世までも名を思う身は」

友之の辞世です。
長治23歳、友之21歳でした。

シリーズは、まだまだ続きます。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-04-30 20:42 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(2)