タグ:城跡 ( 121 ) タグの人気記事

 

三木合戦ゆかりの地めぐり その32 ~五社八幡神社~

神戸市北区にある「五社八幡神社」を訪れました。

かつてこの地に、三木城主別所長の家臣・小野三郎義晴切畑城を築き、ここの境内に居館を設けていたそうです。


e0158128_18124063.jpg

当然の如く、三木合戦の戦火に巻き込まれ、時期ははっきりしませんが、羽柴秀吉軍によって攻め込まれ、社殿を焼失したと伝わります。


e0158128_18124928.jpg

その際、義晴は御神体に兵火がかからないよう、背後の谷間に埋めたといわれ、その後、村民が御神体を掘りおこし、社殿を再建して奉安したと伝えられますが、その年月は不明です。


e0158128_18125384.jpg

ところが、昭和55年(1980年)に文化庁の調査が行われ、社殿が室町時代のものであると判明したとか。

伝承というのは、いい加減なものですね。

でも、別所方の拠点である以上、社殿は焼けずにすんだとしても、何らかの被害は被ったのかもしれません。


e0158128_18125642.jpg

時代は遡って、元弘3年(1333年)2月の「摩耶山合戦」の際、摩耶山城を本拠とした赤松則村(円心)は、北方の備えとしてこの背山に支城を築き、荒廃した社殿を再建して戦勝を祈願したと伝えられます。

室町時代の社殿というのは、あるいはこのときのものかもしれません。


e0158128_18125988.jpg

その社殿ですが、調査後に国の重要文化財に指定するかの審議がなされていたそうですが、その最中、放火によって全焼してしまいまったそうです。

なんと、悪いやつがいたもんです。

現在の社殿は、昭和60年(1985年)に鉄筋コンクリートで再建されたそうです。


次回に続きます。




「三木合戦ゆかりの地」シリーズの、他の稿はこちらから。
  ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-11-03 20:41 | 三木合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その30 ~稚児ヶ墓山城跡~

前稿で紹介した丹生山城跡から西へ4kmほど離れたところに、「稚児ヶ墓山」という変わった名称の山があります。

標高596.4mのこの山には、三木合戦における悲しい伝説が残されています。


e0158128_22243471.jpg

別所長治らが籠る三木城に兵糧を輸送する拠点となっていた丹生山城は、天正7年(1579年)5月、羽柴秀吉によって攻め滅ぼされ、城は焼き払われ、城兵たちもことごとく処刑されました。

このとき一緒に焼き討ちにあった丹生山明要寺には、幼い侍童や稚児たちが大勢いました。

子どもたちは丹生山城の羽柴軍の戦闘がはじまると、一団で北東の尾根伝いに落ち延びようとしますが、5月22日、ついにこの地で羽柴軍に捕まり、全員虐殺されたと伝わります。

この地に住む人々はこれを哀れみ、「稚児ヶ墓」と呼ばれる墓をこの山上に作って弔いました。

以来、この山を「稚児ヶ墓山」と呼ぶようになったと伝えられます。


e0158128_22243708.jpg

登山道は丹生山から帝釈山という標高585.9mを経て稚児ヶ墓山へ向かう6時間コースもあるそうですが、登山は素人のわたしはそんな無茶をせず、丹生山を一旦下山して、車で稚児ヶ墓山の標高350mほどの地点まで移動し、そこから登山です。


e0158128_22244070.jpg

比高250mほどの道のりですが、道中は大きな岩がゴロゴロ転がった険しい道で、なかなかハードでした。

でも、たぶんここを稚児たちは必死に逃げたんでしょうね。


e0158128_22244381.jpg

30分ほど岩道を登ると、歩きやすい尾根道に出ます。


e0158128_22245518.jpg

そして山頂。

片道約45分の登山でした。

頂上には手書きの看板と、その横に消えかかった説明板が。


e0158128_22250023.jpg

説明板の上には「稚児ヶ墓山城址」と書かれたプレートが。

え???・・・ここ城跡なの?


e0158128_22250420.jpg

たしかに、山頂の周りは土塁で囲われたようなかたちになっています。

たぶん、城というよりのような場所だったのでしょうね。


e0158128_22250740.jpg

山頂の近くの見晴らしのいい場所に、「稚児墓山伝説遺跡」と記された木碑が建てられていました。

たぶん、ここに墓があったのでしょうね。


e0158128_22261510.jpg

木碑は近年建て替えられたであろう新しいものでした。

碑に記された説明文によると、稚児たちの亡骸を村人たちがこの地に葬り、その側に椿を植えて冥福を祈ったといいます。

その椿は長年枯れていましたが、平成元年(1989年)に植え替えられたそうです。


e0158128_22261964.jpg

素晴らしい眺望です。


e0158128_22262242.jpg

でも、ここで多くの幼い命が酷くも失われたんですね。

殺された子どもたちは、たぶん、この戦の意味さえ理解していなかったでしょう。

殺戮が当たり前の戦国の世でも、罪のない子どもたちが殺されることへの憤りは、当時もあったのでしょうね。

だから、このような伝説が残されているのでしょう。


e0158128_22262565.jpg

下山して西側から撮影した丹生山系です。

手前から稚児ヶ墓山、帝釈山、そして丹生山です。

かつて凄惨な戦場となった山々は、現在も長閑な田園地帯を見下ろしています。



「三木合戦ゆかりの地」シリーズの、他の稿はこちらから。
  ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-10-28 20:58 | 三木合戦ゆかりの地 | Comments(0)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その29 ~丹生山城跡~

約1年半ぶりの三木合戦シリーズ再開です。

今回は神戸市北区にある丹生山城跡を訪れました。

標高514mの丹生山山頂にあった丹生山城は、三木合戦の際には別所長治側に与し、兵糧補給ルートの拠点となっていた城です。


e0158128_22124670.jpg

写真正面の山が丹生山です。

1年半前の三木合戦ゆかりの地めぐりの際に、ここを訪れるかどうか迷ったのですが、標高514m、比高370mの約1時間の登山はさすがに躊躇し、パスしていました。

歴史は好きですが、登山は素人ですからね。


e0158128_22133114.jpg

ところが、やはり歴史オタクの悲しい性で、自身の住む神戸市内に城跡があると知りながら捨て置くに忍びず、意を決して登山に訪れました(今回ここを訪れるにあたって、わざわざリュックとトレッキングパンツを購入しました)。


e0158128_22134051.jpg

季節はが散りかけた4月中旬。

たぶん、ハイカーの人たちに言わせれば、最もいい季節なんでしょうが、素人のわたしには、じゅうぶんキツかったです。


e0158128_22134314.jpg

写真では伝わりづらいですが、結構な勾配です。


e0158128_22134690.jpg

道中、古い墓石群を見つけました。


e0158128_22134859.jpg

ひとつの墓石には「天保五年」と刻まれていますので、三木合戦とは関係ないようです。


e0158128_22145945.jpg

およそ2.5kmの山道をひたすら登ること約1時間強、ようやく城跡にたどり着きました。

現在は、何らかの建物跡と思われる石垣上に、「丹生山城跡 丹生山明要寺跡」と刻まれた石碑があるのみです。


e0158128_22150209.jpg

丹生山明要寺とは、6世紀に百済から渡来した童男行者という人物がこの地に建立した寺院で、平安時代末期には多くの僧兵と幾多の伽藍を擁し、一大勢力を誇りました。

この時代、大きな寺院では多くの僧兵をかかえ、時として合戦に参加することもありました。

ここ丹生山城は、武将が構える城ではなく、寺院が要塞化した僧兵たちの城でした。


e0158128_22161396.jpg

天正6年(1578年)に始まった三木合戦では、羽柴秀吉の包囲網を掻い潜って三木城に兵糧を輸送していたのが、ここ丹生山城を経由したルートでした。

城を守っていたのは、備中勢の中島左京、祢屋与七郎、日幡八郎左衛門、生石中務らが300騎と、近隣の野武士や農民ら500名あまりでした。


e0158128_22161623.jpg

これに対し羽柴秀吉は、天正7年(1579年)5月、籠城する近隣の農民の妻子を生け捕り、城内から内応させることを強要。

内部からあがった火により丹生山城は混乱に陥り、落城したそうです。

丹生山城が秀吉の手に落ちたことで、三木城の補給路は完全に絶たれます。


e0158128_22162098.jpg

本丸跡と思われる山頂には、現在、丹生神社があります。


e0158128_22162377.jpg

丹生神社境内からの眺望です。

見えているのは南側、三木城方面ではありません。

霞がかっていてわかりづらいですが、うっすら明石海峡大橋が見えます。


e0158128_22162668.jpg

ここ、丹生山城は、三木合戦より遡ること250年前の南北朝時代にも、戦乱に巻き込まれています。

その話は、また別の稿でふれてみたいと思います。


e0158128_22163022.jpg

下山は緩やかなハイキングコースをくだりました。

時間はかかりましたが、こっちの方が素人向けでしたね。


e0158128_22163332.jpg

麓のバス停横には、丹生神社の鳥居が。

その鳥居の中に映っているのが、丹生山です。


さて、次稿では、その丹生山城の戦いで命を落とした幼子たちの悲話が残る稚児ヶ墓山を訪れます。




「三木合戦ゆかりの地」シリーズの、他の稿はこちらから。
  ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-10-27 20:19 | 三木合戦ゆかりの地 | Comments(0)  

後藤又兵衛基次ゆかりの地をたずねて。 その1 「南山田城跡」

後藤又兵衛基次といえば、若き日は「黒田二十四騎」「黒田八虎」のひとりとして、晩年は大坂の陣の大坂方の武将として、真田信繁(幸村)と並び称される英雄として後世に人気の人物ですが、その又兵衛の生誕地と伝わる姫路市山田町を訪れました。


e0158128_21261476.jpg

といっても、ここを目当てに訪れたわけではなく、別の目的でこの道を通ったところ、たまたま「後藤又兵衛」と書かれたを見つけ、つい立ち寄った次第です。

こういう偶然を想定して、休日はいつもカメラを持参しています。

ただ、この日はあいにく小雨がパラつく天気で、暗い写真ばかりなのが残念ですが。


e0158128_21261856.jpg

看板にあった史跡マップを参考に、「南山田城跡」を目指します。


e0158128_21262115.jpg

手前に見える森が、城跡のようです。


e0158128_21262579.jpg

城跡といっても遺構などはほとんど残っておらず、現在は公園として整備されています。


e0158128_21262838.jpg

公園内は広場になっており、北側から東側ののなかに、わずかに土塁っぽい遺構が残されています。


e0158128_21263107.jpg

公園内ある古い祠と、城跡の説明板です。


e0158128_21263448.jpg

南山田城の築城年代は定かではありませんが、又兵衛の父である後藤基国によって築かれたと伝えられます。

天正6年(1678年)に織田信長の命を受けた羽柴秀吉が播磨国に侵攻すると、三木城主・別所長治らがこれに反旗を翻し、別所氏の配下にあった後藤氏は、運命を共にします。

しかし、当時まだ幼かった基国の子・又兵衛は、姫路城代だった黒田官兵孝高に預けられました。

しかし、官兵衛が荒木村重によって有岡城幽閉された際、黒田家家臣一同の誓紙への署名を、又兵衛の叔父である春日山城主後藤基信が拒否したため、後藤氏一族は追放となり、又兵衛も黒田家を去ることになります。

その後は仙石秀久に仕えたといわれますが、確かではありません。


e0158128_21263861.jpg

公園の周辺は曲がりくねった道で囲われていて、かつての堀跡を思わせるロケーションです。


e0158128_21264122.jpg

ここは明らかに土塁跡でしょうね。


南山田城跡のその後は定かではありませんが、ここから2kmほど北にある又兵衛の叔父・基信の春日山城が秀吉軍によって攻め落とされたとき、共に落城したとみていいのではないでしょうか。

次稿では、又兵衛の父・母が眠る福田寺を訪れます。


ブログ村ランキングに参加しています。

よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。

   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-10-19 22:15 | 兵庫の史跡・観光 | Comments(0)  

山崎合戦のまちを歩く。 その15 「明智藪~明智光秀胴塚~小栗栖八幡宮」

シリーズ最終稿です。

羽柴秀吉軍の追撃を受けて勝龍寺城を脱出した明智光秀は、自身の居城である坂本城に落ち延びる途中、小栗栖の藪で土民の竹槍に刺されて落命したと伝わります。

山崎合戦の舞台からはずいぶんと離れますが、ここまできたら、光秀の最期を見届けようと思い、京都市伏見区小栗栖に伝わる光秀落命の地にやってきました。


e0158128_21015158.jpg

「明智藪」という名称がついているようです。

付近まで行くと、上の写真ような誘導看板が設置されていて分かりやすかったです。


e0158128_21020955.jpg

民家の横の細い道を入っていくと、石碑のようなものが見えてきました。


e0158128_21023881.jpg

「明智藪」と刻まれた石碑と説明書きがあります。


e0158128_21030000.jpg

よく読んで見ると、「信長の近臣小栗栖館の武士集団飯田一党の襲撃された」とあります。

えっ? 光秀は土民に殺られたというのが通説だったと思いますが、「飯田一党」という武士団に殺られたの?


e0158128_21033190.jpg

石碑の奥は、まさしくただの竹藪でした。

現在は、近くに民家も学校もある開けた町なので、藪はほんの一角にすぎませんが、たぶん当時は、この辺り一帯が鬱蒼とした藪のなかだったのでしょうね。


e0158128_21035433.jpg

近くにある本経寺に、光秀の供養塔があると聞いたので、立ち寄ってみました。


e0158128_21041320.jpg

石碑は新しいもののようですが、前の石灯籠は古いもののようです。


e0158128_21044176.jpg

また、明智藪から北に500mほど上がったところに、光秀の胴塚と伝わる場所があります。

探すのに苦労したのですが、ぶどう直売店やコイン精米所の並ぶ一角に、ひっそりと墓碑が建っていました。


e0158128_21045636.jpg

説明板のようなものが設置されていなかったので、詳細はわかりませんが、墓碑が建てられたのは昭和45年と刻まれていました。

でも、それまでも、きっと地域の人々によって供養されてきたのでしょうね。


e0158128_21052758.jpg

最後にもう1か所、明智藪から200mほどしか離れていない場所に、小栗栖八幡宮という古そうな神社があるのですが、帰り道、吸い寄せられるように同地に立ち寄りました。


e0158128_21055631.jpg

創建は清和天皇(第56代天皇)時代の貞観4年(864年)と伝えられるそうで、説明板によると、室町時代には社領三十六石と栄えていたそうですが、その後は寂れていたようです。

ただ、そんなことより、由来を読んでみて目からウロコが・・・。


e0158128_21061030.jpg

「地頭は飯田左近将監。左近屋敷は、神主で、小栗栖城主で、飯田家の屋敷であり、現在は石垣のみ残る。」とあります。

ここで思い出されるのは、明智藪の石碑にあった「飯田一党」という武士集団。

あの「飯田」は、この「飯田」なんですね。


e0158128_21091660.jpg

即座にスマホでググってみると、かつてこの近くには小栗栖城があって、その城主だった飯田氏織田信長の傘下だったそうで、従って、「本能寺の変」後のこの時点では、光秀にとってだったと思われます。

まあ、光秀の最期も諸説あって、なかには生存説なんかもあったりしますから、これもひとつの説として鵜呑みにはできないのでしょうが、ここに本当に敵陣の城があったのなら、十分にある話ですね。

でも、だとすれば、なぜこれほど敵陣に近い道を光秀は通ったのか?・・・という疑問が出てきます。

いずれにせよ、今となっては、真相はまさに藪のなか・・・ですね。

お後がよろしいようで・・・。



このシリーズの他の記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-08-04 16:38 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

山崎合戦のまちを歩く。 その13 「勝龍寺城跡 ~後編~」

勝龍寺城本丸跡は東西120m、南北80mの長方形で、現在は庭園として整備されています。


e0158128_14363075.jpg

向こうに人物像が2体見えます。


e0158128_14365055.jpg

像は細川藤孝の嫡子・細川忠興と、その妻・玉(ガラシャ)のものでした。

ふたりは勝龍寺城で盛大な結婚式を挙げ、天正8年(1580年)に丹後国宮津に移るまでの2年間、新婚生活をこの地で過ごします。


e0158128_14370335.jpg

15歳どうしの結婚でしたが、わずか2年の間に2人の子宝に恵まれます。

宮沢保浅井雪乃ですね(←これ、わかる人はわたしと同世代かな?)。


e0158128_14371557.jpg

しかし、ふたりが幸せだったのはつかの間

天正10年(1582年)に玉の父である明智光秀「本能寺の変」を起こして自らも滅んだため、忠興は「逆賊の娘」となった妻を丹後国の味土野に幽閉します。

その後、羽柴秀吉の執り成しもあって、玉は細川家に戻されますが、その頃から心の拠りどころをキリスト教に求め、洗礼を受けてガラシャと呼ばれるようになりました。


e0158128_14373053.jpg

管理棟内にある忠興とガラシャの肖像画です。

ガラシャは絶世の美女だったと伝えられます。

そのせいか、忠興のガラシャに対する愛情常軌を逸していたといわれ、玉の美しさに見とれた植木職人を手討ちにしたとか、玉のキリスト教信仰に影響を与えた侍女の鼻をそいだとか、異常といえる妻への愛情が伝えられます。

そして、慶長5年(1600年)の「関が原の戦い」の際は、大坂玉造の細川屋敷にいたガラシャは石田三成人質になることを拒み、壮絶な最期を遂げます。

忠興はその後も半世紀近く長寿しますが、ガラシャが幸せだったのは、ここ勝龍寺城で暮らした新婚時代だけだったといえるでしょうね。


e0158128_14374210.jpg

本丸南西の土塁上から、天王山が見えます。


e0158128_14375533.jpg

同じ場所から見下ろした南側の堀です。


e0158128_14381757.jpg

本丸の西側には、「沼田丸」という曲輪跡があります。

かつてここには、細川藤孝の妻の実家であった沼田氏の屋敷があったのではないかと伝えられているそうです。


e0158128_14383168.jpg

話を山崎合戦に戻して、一時、勝龍寺城に逃げ込んだ光秀でしたが、羽柴軍の追撃を受けて同城を脱出、自身の居城である坂本城に落ち延びる途中、小栗栖の藪で土民の竹槍に刺されて落命します。

光秀にとって勝龍寺城は、まさに「最後の砦」でした。


次回に続きます。





このシリーズの他の記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-07-29 16:06 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

山崎合戦のまちを歩く。 その12 「勝龍寺城跡 ~前編~」

前稿で紹介した恵解山古墳から北東へ500mほどのところに、勝龍寺城跡があります。

山崎合戦において羽柴秀吉に敗れた明智光秀は、一時、ここ勝龍寺城に逃げ込んだと伝えられます。

当時、勝龍寺城には光秀の三女・玉(ガラシャ)が嫁いでいました。


e0158128_14095464.jpg

応仁・文明の乱頃から、寺院としての勝龍寺が臨時的なとしてしばしば使われていたようですが、恒常的な城として確実な史料が残されているのは、元亀2年(1574年)に織田信長が京都の防御拠点として細川藤孝に勝龍寺城の普請を命じたことに始まります。

「幽斎」の雅号で知られる藤孝は、肥後細川家の中興の祖と言われる人物で、あの細川護熙元総理大臣のご先祖さんとして有名ですね。

藤孝は光秀との親交が深く、一説には、藤孝と信長を引き合わせたのも光秀だったといいます。


e0158128_14103593.jpg

現在の勝龍寺城は、昭和63年(1988年)から発掘調査が行われ、平成4年(1992年)に勝龍寺城公園として蘇ったものです。

発掘調査の結果、穴太積の石垣枡形虎口など、のちの安土城大坂城など織豊時代の城郭に見られる特徴の先行的城郭だったことがわかったそうです・・・と、現地のボランティアで解説されていたご老人がおっしゃっていました。


e0158128_14105904.jpg

現在公園として整備されているのは、本丸跡と西側の沼田丸跡です。

本丸跡の周辺は、で囲われています。


e0158128_14111230.jpg

本丸を囲む土塁の上に石垣を積んだを作り、角の隅櫓と連結して守りを固める構造の建物を「多聞櫓」といいますが、これも、確認された遺構としては、ここ勝龍寺城が最古なんだそうです。


e0158128_14112586.jpg

南門です。

枡形虎口になっています。

「枡形」とは、出入り口の通路を直角に曲げて、大軍が侵入しづらく考えられた設計のことを言います。


e0158128_14113925.jpg

城門の向こうに見えるのは、模擬天守(櫓?)です。


e0158128_14115603.jpg

天守が存在していたことは間違いないようですが、文書の史料しかなく、復元はできません。

現在の建造物は、あくまで模擬です。


e0158128_14121079.jpg

こちらは北門跡

やはり、枡形になっています。


e0158128_14122112.jpg

外側から見た北門跡です。


e0158128_14124632.jpg

北門跡の側には、発掘調査の際に石垣跡から多数出土した石仏五輪塔が祀られていました。

当時、石垣にそれらの石材を使用することは、珍しくありませんでした。


e0158128_14130086.jpg

やっぱ、城跡レポートは長くなっちゃいますね。

もう一回、勝龍寺城の続きをやります。




このシリーズの他の記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-07-28 14:17 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

山崎合戦のまちを歩く。 その6 「天王山山頂(山崎城跡)」

山崎の戦いで明智光秀に勝利した羽柴(豊臣)秀吉は、天王山山頂に天守を持つ城を築きます。

この城は山崎城とも天王山城ともいい、のちに大坂城が築かれるまでの秀吉の本拠地となりました。


e0158128_20564685.jpg

酒解神社を過ぎたあたりから、いくつもの曲輪跡らしき遺構が確認できます。


e0158128_20575887.jpg

土塁っぽいですね。


e0158128_20591877.jpg

山頂に繋がる登り口、どうやらここが虎口のようです。


e0158128_21005108.jpg

山頂にあがると、主郭跡は広場になっています。

この日はたいへんいい天気だったので、ハイキング客で賑わっていました。


e0158128_21031861.jpg

説明看板です。


e0158128_21033048.jpg

こちらは縄張り図


e0158128_21060893.jpg

主郭の北側は、さらに盛り上がった丘になっています。

縄張り図によると、ここが天守台のようです。


e0158128_21062567.jpg

中央には、「天王山山頂、標高270.4メートル」と書かれた標識が建てられていました。


e0158128_21082136.jpg

こちらは井戸跡


e0158128_21104221.jpg

主郭の周りには、土塁跡が確認できます。


e0158128_21105737.jpg

秀吉がこの地を本拠地としたのは、わずか2年ほど。

天正12年(1584年)4月には、山崎城は破却されてしまいます。

このとき、山崎城の天守も取り壊されたと伝わり、どの程度の規模かは定かではありませんが、天守があったことがわかっています。

山崎地方では、この地は字古城と呼ばれ、その後も城跡と認識されていました。

わずか2年の歴史しかない山崎城ですが、秀吉の天下統一の出発点として、歴史に大きな存在感を残しています。


e0158128_21134561.jpg

ゆっくり史跡を見ながらの登山だったので、麓から山頂まで1時間ほどかかりましたが、帰路は20分ほどで下山できました。

帰りに宝積寺によって、こんなものをいただきました。


e0158128_21192420.jpg

天王山登頂証明書

天王山を制覇しちゃいました(笑)。

でも、何度もいいますが、天下分け目「関ヶ原」です!


さて、天王山を制覇したので、次回からは周辺史跡をめぐります。




このシリーズの記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-07-07 07:12 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

大和国、郡山城跡を歩く。 その6 「三の丸・外堀」

ひと通り城跡内を歩いたので、次は中堀の外を散策します。

まずは、鉄御門を出た南側にある「三の丸緑地」

e0158128_20143020.jpg

現在は、市民憩いの場となっています。

e0158128_20164905.jpg

三の丸緑地から道路を挟んで東側にある「柳御門跡」

ここも石垣は「野面積み」ですね。

e0158128_20165319.jpg

石垣と押しボタン信号のミスマッチです(笑)。

e0158128_20181175.jpg

大和郡山市役所前の「中堀跡」

e0158128_20192580.jpg

そこから更に東へ進むと、「外堀跡」「外堀緑地公園」として整備されています。

写真はその南門

かつて郡山城の外堀は、惣構として九条町大門、鍛冶町大門、高田町大門、柳町大門の4つの大門を通じて出入りをしていましたが、この南門は、柳町大門をイメージして再現されたものだそうです。

e0158128_20231188.jpg

その外堀公園に設置されていた城下町MAPです。

e0158128_20263090.jpg

外堀を普請したのは、豊臣秀長の死後、文禄4年(1595年)に20万石で入部した増田長盛でした。

e0158128_20265528.jpg

この頃には約1万人の家臣が城下に集中し、武家屋敷も多くなり、城下町では商工業が発達するなど、外堀で城下全体を囲む惣構の必要が生じていました。

そこで長盛は、秋篠川の付け替えや溜池をつないで、周囲が50町13間(約5.5km)の外堀を完成させます。

e0158128_20285954.jpg

外堀のほとんどは素掘りで、中堀や内堀のように石垣は積まれなかったようですが、掘削した土を堀の内側に積み上げて土塁を作り、防御壁としました。

e0158128_20290354.jpg

それらの説明板です。

赤いTシャツを着たわたしが映っています(笑)。

e0158128_20301416.jpg

城下町には、箱本十三町と書かれた説明板とMAPが各所に設置されていました。

天正13年(1585年)に入城した豊臣秀長は、城下町の繁栄のため、奈良や堺の商人たちを郡山に呼び寄せ、地租免除などの特権を与えて箱本制度という自治組織を作りました。

e0158128_20310650.jpg

城下町に復元された「火見櫓」です。

延宝8年(1680年)、郡山で大規模な火災があり、町屋670軒あまりが焼失しました。
貞享3年(1696年)、当時の藩主・
本多忠平が、この延宝の大火」を教訓として城下町の防火進めるために、堺町、本町、柳5丁目、今井町に火見櫓を建てました。

城下町を描いた町割図という絵図には堺町の火見櫓が描かれているそうです。

建物の屋上に四角い望楼を高く建てて、四方に窓を開けたもので、17町が交代で見張りを行っていたそうです。

さて、シリーズ6まで続いた郡山城シリーズですが、ひとまずこれで終わりとします。

この日は2015年8月8日の夏真っ盛りの猛暑日で、汗だくになって歩きまわりました。

郡山城は桜の名所だと聞きますから、今度は春に訪れてみたいですね。




大和国、郡山城跡を歩く。 その1 「二の丸」

大和国、郡山城跡を歩く。 その2 「天守台」

大和国、郡山城跡を歩く。 その3 「本丸(法印郭)」

大和国、郡山城跡を歩く。 その4 「本丸(毘沙門郭)」
大和国、郡山城跡を歩く。 その5 「本丸(主郭)」

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-05-26 23:12 | 奈良の史跡・観光 | Comments(4)  

大和国、郡山城跡を歩く。 その5 「本丸(主郭)」

郡山城主郭は、現在、柳澤神社となっています。

本丸南側の入口には、その鳥居があります。

e0158128_19583329.jpg

鳥居をくぐって進んだところにある、「竹林門跡」です。

e0158128_19591992.jpg

石碑には、「祭神旧川越甲府城主柳澤美濃守吉保公」と刻まれています。

柳沢吉保とは、郡山城に入った初代・柳沢吉里の父にあたります。

e0158128_20020713.jpg

この神社は、明治に入ってから旧藩士たちによって、吉保・吉里の遺徳を偲んで建立されたそうです。

e0158128_20043027.jpg

神社境内の西側に、小さな鳥居と祠がありました。

その向こうに見えるのが、立ち入り禁止になっている天守台です。

e0158128_20051957.jpg

この祠が何を祀ったものかは説明板がなかったのでわからなかったのですが、おそらく、「その2」で紹介した石地蔵などを祀ったもので、天守台が立入禁止の間は、ここに参拝するようになっているのかと。

e0158128_20062193.jpg

祠から見た天守台石垣です。

e0158128_20073207.jpg

柳沢氏は第19代城主・柳沢吉里から第24代・柳沢保申まで6代に渡って郡山城主を務め、郡山城の最期を見届けました。

明治6年(1873年)に郡山城は破却され、櫓・門・塀などの建築物は、入札によって売却されます。

多くの城がそうでしたが、維新後、旧藩主は知藩事に任命され、城も藩庁としての役目を担うものの、その後、明治4年(1871年)の廃藩置県によってほとんどの知藩事は罷免となり、東京に移住させられます。

そのとき、ほとんどの城が破却されてしまうんですね。

今となっては残念なことですが、維新当時は、城など無用の長物の極みだったでしょうから。

あと1回だけ続きます。



大和国、郡山城跡を歩く。 その1 「二の丸」

大和国、郡山城跡を歩く。 その2 「天守台」

大和国、郡山城跡を歩く。 その3 「本丸(法印郭)」

大和国、郡山城跡を歩く。 その4 「本丸(毘沙門郭)」
大和国、郡山城跡を歩く。 その6 「三の丸・外堀」


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-05-25 20:31 | 奈良の史跡・観光 | Comments(2)