タグ:大塔宮護良親王 ( 10 ) タグの人気記事

 

太平記を歩く。 その146 「花矢倉展望台」 奈良県吉野郡吉野町

吉野山シリーズの最後は、吉野朝廷の舞台がほぼ見渡せる花矢倉展望台からの眺望です。

のシーズンは観光客でにぎわう絶景スポットですが、真夏のこの日はわたしひとりでした。

標高約600mで、ここまで上がってくるのは結構たいへんですからね。


e0158128_22421449.jpg

眼下に目を落とすと、吉野山の町並みが南北に馬の背のような格好で尾根伝いに浮かびます。


e0158128_22440912.jpg

尾根伝いのいちばん向こうにひときわ高くそびえ立つ大建築が、「その127」で紹介した金峯山寺蔵王堂です。

こうして見ると、吉野山は蔵王堂を中心に発達した門前町だということがよくわかります。


e0158128_22441218.jpg

蔵王堂にズームイン。

その左側の山中から覗いている塔のような建物が、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)が開いた吉野朝廷の皇居跡に経つ南朝妙法殿です。


e0158128_22520968.jpg

遠く西の方角に目を向けると、奈良県と大阪府の境にある金剛山系が望めます。

写真左のいちばん高い山が「その16」「その17」で紹介した金剛山、その右の山が葛城山、その右のラクダのふたつコブのような小さな山(小さいといっても標高517mあるのですが)が「その27」で紹介した二上山です。

金剛山系には、楠木正成が築いた千早城(その15)上赤坂城(その14)下赤坂城(その13)などがあります。

こうして見ると近いように思えますが、金剛山まで直線距離にして20km以上離れています。


e0158128_22541470.jpg

『太平記』では、この尾根伝いの吉野山全体を、「吉野城」としています。

吉野山の尾根は東西の深い谷にはさまれ、その尾根の落ちる北側には天然の堀ともいえる吉野川が流れ、さらに吉野山の背後は、大峯から熊野へ連なる急峻な山岳地帯であることを思えば、後醍醐天皇や大塔宮護良親王が、吉野山の僧兵の力を頼りながら、守りやすく攻められにくい自然の要塞ともいえるこの地に身を寄せた理由がよくわかる気がします。

まさに、ここは南朝方の城だったんだと。

それにしても、鷲峯山、笠置山、船上山、比叡山、そしてここ吉野山と、山の上を渡り歩いた後醍醐天皇の晩年でした。


さて、次稿から吉野山を離れます。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-10-20 23:17 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その136 「村上義光の墓」 奈良県吉野郡吉野町

「その126」で紹介した吉野神宮から1kmほど北へ坂を上りつめた右側の丘の上に、村上義光と伝えられる宝篋印塔があります。


e0158128_16463329.jpg

道路わきに古い石碑があり、その側に説明板が設置されています。


e0158128_16463786.jpg

その横にある石段を上ります。


e0158128_16480571.jpg

石段の上に上ると、広い空間にポツンとのさびた宝篋印塔石碑が見えます。

どうやら、あれが義光の墓のようです。


e0158128_16521521.jpg

これが、義光の墓です。


e0158128_16521940.jpg

村上義光は信州の人で、『太平記』には、大塔宮護良親王熊野に逃れる際、お供した9名のなかのひとりとして登場します。

『太平記』巻五「大塔宮熊野落事」によると、大塔宮とともに熊野から吉野山に来る途中で、賊に奪われた錦旗を取り返して、賊を田んぼにめがけて投げ飛ばし、勇名を轟かせたとあります。

このとき4、5丈(約12m)ほど投げ飛ばしたといいますから、かなりの怪力の持ち主だったようです。

「その128」でも紹介しましたが、元弘3年(1333年)閏2月1日、落城寸前の蔵王堂二天門の楼上で、大塔宮の身代わりとなって割腹して果てました。

このとき義光は、自らのはらわたを引きちぎって敵に投げつけ、太刀を口にくわえたのちに、うつぶせとなって絶命したといいます。

案内板によると、身代わりとなって蔵王堂で果てた義光を北条方が検分し、親王ではないと判明して打ち捨てられていた亡骸を、哀れと思った里人がこの地に葬ったと伝わるそうです。


e0158128_16534668.jpg

宝篋印塔の横には、錆びた甲冑武士のミニチュアがありました。

誰が、いつ置いたものでしょう?


e0158128_16535024.jpg

向かって右にあるこの石碑は、大和高取藩士・内藤景文が天明3年(1783年)に建てたとされる「村上義光忠烈碑」だそうです。

江戸時代から、忠臣として崇められていたんですね。


同じ吉野山には、義光のい息子、村上義隆の墓もあります。

次回は、そちらを紹介します。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-10-05 23:30 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その135 「攻めが辻」 奈良県吉野郡吉野町

前稿で紹介した大橋跡から50mほど北に、「攻めが辻」と呼ばれる場所があります。

ここは、吉野神宮からの尾根道と、吉野駅からの七曲りを上り詰めて出合う場所で、三叉路になっています。


e0158128_20472725.jpg

ここは、吉野山に立てこもった大塔宮護良親王方の守りと、北条幕府方の二階堂貞藤(道蘊)率いる大軍の攻撃がぶつかり、激しい戦闘を繰り広げたところで、「攻めが辻」と呼ばれるようになったそうです。


e0158128_20492378.jpg

現在、その道脇には石標が建てられています。


e0158128_20492692.jpg

また、正平3年(1348年)に起きた高師直吉野焼き討ちの際にも、迎え討つ天皇方とこの地で激しい戦闘が繰り広げられました。


e0158128_20502133.jpg

わたしがここを訪れたのは夏真っ盛りの7月23日でしたが、春には、ここから千本桜が一目に見渡せるスポットだそうです。

かつて多くの兵の血が流れた場所だったなんて、桜見物に訪れた観光客は知らないでしょうね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-10-04 23:26 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その134 「大橋跡・天王橋跡・丈之橋跡」 奈良県吉野郡吉野町

南北に細長い吉野山には、3つの橋の跡があります。

これは、かつて大塔宮護良親王が挙兵した吉野城に設けられたとされる空堀に架かる橋でした。


e0158128_20364586.jpg

まず初めに紹介するのは、最も北側にある「大橋跡」です。

現在、朱塗りの欄干が復元されていますが、これは、形こそ橋の格好をしていますが、橋の下に水はなく、両側は谷になっています。


e0158128_20364983.jpg

谷の下から撮影した大橋です。

もちろん、かつては木の橋が架かっていました。


e0158128_20370143.jpg

車の交通量とともに木の橋は傷み、現在はコンクリート橋になっていますが、木の橋ときの欄干についていた青銅の擬宝珠には、慶長9年(1604年)豊臣朝臣秀頼卿御建立の銘が刻まれていたそうです。


e0158128_20411834.jpg

次に紹介するのは、細長い吉野山のちょうど中央付近にある「天王橋跡」です。


e0158128_20412278.jpg

ここは、いまでは注意して探さないと見逃してしまいそうなほど小さな橋のかたちをしているに過ぎませんが、ここも大塔宮吉野城三空堀に架かる橋のひとつです。


e0158128_20412666.jpg

東側の相叶の尾根と竹林院の丘をつなぐ細い地形を掘り割った、戦略的な橋だったようです。


e0158128_20412905.jpg
e0158128_20413330.jpg

橋を渡った向かい側には小山神社という小さな祠があります。

ここは、明治の初めまで梵天王を祀っていたそうで、橋の名はこれに由来しているそうです。


e0158128_20432458.jpg

最後に、吉野山南にある吉野水分神社の裏手にある、「丈之橋跡」です。

いまは、少し尾根道が細くなったところに石標があるだけですが、ここも、大塔宮吉野城三空堀に架かる橋のひとつです。

江戸時代にはまだ橋が架かっていたらしく、寛文11年(1671年)の『吉野山独案内』には、「子守の社より少し過ぎ、城の橋あり」と記されているそうです。

e0158128_20432859.jpg

いまは桜の名所として名高い吉野山ですが、かつては、山全体が大塔宮護良親王の城だったんですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-30 11:19 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その133 「大塔宮仰徳碑・火の見櫓」 奈良県吉野郡吉野町

高城山の登山道の途中にある丘の上に、かつて大塔宮護良親王が挙兵した吉野城火の見櫓跡があります。


e0158128_20220911.jpg

現在、火の見櫓跡は登山客の休憩場所になっており、あずまやがあります。


e0158128_20243038.jpg

標高435mの丘の上には、小さな石碑が建てられています。


e0158128_20243495.jpg

火の見櫓跡から北を見下ろすと、金峯山寺蔵王堂が見えます。


e0158128_20243757.jpg

拡大します。


e0158128_20293856.jpg

火の見櫓跡の向かい側の台地には、高さ8mに及ぶ「大塔宮仰徳碑」が建てられています。


e0158128_20294226.jpg

この碑は、日本皇紀2600年にあたる昭和14年(1939年)に、当時の皇国隆盛、勤王思想をより高揚させるために建てられたものです。


e0158128_20294509.jpg

いまは木々に覆われていますが、往時はここから西に金剛・葛城の山脈、北に龍門・高取の山並みが見渡せたそうで、大塔宮方の武士たちが合戦の合図の狼煙をここから上げたと伝えられます。


e0158128_20294880.jpg

石碑に埋め込まれた説明板です。


e0158128_20310503.jpg

わたしがここを訪れたのは夏真っ盛りの7月23日でしたが、春には、この石碑の周りはでいっぱいになるそうです。

昨今では、この碑の下で桜に酔う人はいても、碑の意味を知る人はほとんどいないようです。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-28 23:30 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その131 「高城山」 奈良県吉野郡吉野町

吉野山の南にある標高702m高城山にやってきました。

古くは万葉集にも歌われるこの山は、大塔宮護良親王が吉野で挙兵した際、奥の詰城となった場所です。


e0158128_20015434.jpg

現在は展望公園となっています。


e0158128_20015864.jpg

誘導看板の脇に整備された登り口があり、5分ほど登ると山頂に着きます。

もっとも、金峯山寺などのある吉野山中心部からここまで、30分以上の登山でしたが。


e0158128_20020298.jpg

山頂には往時の山城のを思わせるような休憩所が設置されています。


e0158128_20051760.jpg

別名「ツツジヶ城」とも呼ばれるここ高城山は、寛文11年(1671年)に刊行された『吉野山独案内』にも、「牛頭天王のほこら左に大塔宮こもらせ給ひし城あり、ここを高城とも、またつつじヶ岡ともいふ。」と紹介されています。


e0158128_20052190.jpg

元弘3年(1333年)閏2月1日、攻め寄せた北条幕府二階堂貞藤(道蘊)を総大将とする大軍に吉野城の間道の機密がもれ、奥の詰城として親王が最も頼りにしていたこの城が、真っ先に落ちてしまいます。

この高城山が落ちたことで、親王はもはやこれまでと観念し、蔵王堂前庭での酒宴を開くんですね。


e0158128_20052440.jpg

高城山展望台から望む北西の眺望です。

中央左のいちばん高い山が「その16」「その17」で紹介した金剛山、その右隣が葛城山、さらにその右の2つこぶの山が、「その27」で紹介した二上山城のある二上山です。

吉野山での戦いに敗れた大塔宮護良親王は、あの金剛山中腹にある千早城(参照:その15に落ち延び、楠木正成と合流することになります。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-26 23:30 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その128 「金峯山寺・大塔宮御陣地」 奈良県吉野郡吉野町

前稿で紹介した蔵王堂の正面、玉垣に囲まれたなかに桜の木が4本植えられている空間があります。


e0158128_19274691.jpg

時代は遡って元弘3年(1333年)閏2月1日、北条幕府の二階堂貞藤(道蘊)を総大将とする大軍に責められた後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の第二皇子・大塔宮護良親王は、ここに本陣を布いて戦ったと伝えられます。


e0158128_19290400.jpg

隅には「大塔宮御陣地」と刻まれた石柱が建てられています。


e0158128_19341839.jpg

『太平記』巻7「吉野城軍の事」によると、圧倒的な兵力で攻める幕府軍でしたが、天然の要害を持つ吉野城を攻めあぐみ、戦いは一進一退の攻防を繰り返します。

しかし、結局は衆寡敵せず、死を覚悟した大塔宮は、ここ蔵王堂前で最後の酒宴を開いたといいます。


e0158128_19342288.jpg

『太平記』の記述によると、このとき、大塔宮親王の鎧には7本の矢が刺さり、二の腕の2ヵ所に傷を負い、血が滝のように流れていましたが、宮は突き刺さった矢を抜こうともせず、流れる血を拭おうともせずに、毛皮の敷物の上に立って、大盃で3杯空けたといいます。

なんとも豪傑な親王ですね。


e0158128_19342693.jpg

雲が近いです。


e0158128_19373638.jpg

蔵王堂前庭の南側には、「村上義光忠死之所」と刻まれた石柱が建てられています。

村上義光は大塔宮護良親王の忠臣で、『太平記』では、「元弘の変」笠置山が陥落し、潜伏していた南都の般若寺から熊野へ逃れる親王に供奉した9名のなかの1人として登場します。

吉野城落城の際、前庭での酒宴も終わり、いよいよ死を決した大塔宮護良親王に対して、「ここで宮に死なれるのは犬死というもの、恐れながら今お召しの鎧直垂と甲冑を賜り、それを某が身に着けて敵を欺きましょう。その隙に宮は落ち延びてください。」と涙ながらに説き、身代わりとなって二天門に駆け上がり、「われこそは大塔宮護良親王である。」と叫んだのちに見事に腹をかき切り、壮絶な最期を遂げたといいます。

このとき義光は、自らのはらわたを引きちぎって敵に投げつけ、太刀を口にくわえたのちに、うつぶせになって絶命したといいます。

この間に大塔宮は高野山に落ち延びます。

歌書よりも軍書に悲し吉野山

松尾芭蕉の門弟・各務支考が詠んだ有名な句ですが、まさに、そんな歴史が感じられる場所です。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-21 23:33 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その36 「太山寺・太山寺城跡」 神戸市西区

神戸市西区にある太山寺を訪れました。

ここは、霊亀2年(716年)、元正天皇(第44代天皇)の勅願寺として藤原鎌足の子・藤原定恵が開山し、孫の藤原宇合が建立したと伝わる寺で、南北朝時代に建てられたとされる本堂国宝に指定されており、神戸市内ではもっとも由緒あるお寺です。


e0158128_15532433.jpg

この太山寺が、「その29」で紹介した「摩耶山合戦」と、深く関わっていたといいます。


e0158128_15544443.jpg

元弘3年(1333年)2月、赤松則村(円心)の挙兵を知った後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の皇子・大塔宮護良親王は、ここ太山寺の衆徒に赤松応援を命ずる令旨を出しました。

令旨とは皇太子、皇后、親王などが発する文書のことです。


e0158128_15580755.jpg

この令旨は現存するそうで、現在、太山寺に保管されているそうです。

それによれば、「今月二十五日寅一点に軍勢を率いて、当国赤松城に馳せ参ぜしむべし」と記されており、これを受けた同寺の衆徒は、さっそく摩耶山城に陣を布く赤松軍に加勢します。


e0158128_16020282.jpg

現存する太山寺衆徒の軍忠状によれば、赤松軍に加わった太山寺衆徒は、多くの死傷者を出しながらも、摩耶山の合戦、尼崎の合戦、坂部村の合戦を戦い、さらに京都まで攻め上ります。


e0158128_15593612.jpg

この時代、大きな寺院では多くの僧兵をかかえ、時として合戦に参加することもありました。

寺院に求められたのは、戦勝祈願の祈祷と戦力でした。

寺院にとっても、時の権力と結びついて、祈祷と戦功による恩賞としての所領を獲得しなければ、寺を運営していけない現実がありました。


e0158128_16045301.jpg

寺の東の背後の山上には、太山寺城跡があります。


e0158128_16061651.jpg

城跡への登山道には、古い石仏が連なるように並んでいます。


e0158128_16083785.jpg

堀切跡でしょうか?


e0158128_16094219.jpg

郭跡らしき山頂の削平地には、大きな石仏が建てられていました。

ここが本丸跡だとしたら、比較的小さな規模の城だっただろうと思われます。


e0158128_16120590.jpg

鎌倉幕府の滅亡に一役買った太山寺は、その後、多くの末寺をかかえ、寺内には、41もの支院や僧坊を数えましたが、やがて時代とともにその力を失っていき、現在は五つの支院を残すだけとなっています。


e0158128_16123995.jpg

現在の太山寺は、そんな往時を偲ぶものものしさは少しもなく、桜や紅葉の名所として、市民に広く親しまれています。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-04-06 19:04 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その13 「下赤坂城跡」 大阪府南河内郡千早赤阪村

大阪府は南河内郡の千早赤阪村にある、下赤坂城跡にやってきました。

元弘元年(1331年)、倒幕計画が発覚した後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)が逃亡先の笠置山で挙兵した際、楠木正成がこれに呼応してこの地で挙兵したと伝えられます。


e0158128_23122034.jpg

別名「赤阪城」とも呼ばれる下赤坂城は(の違いに注意)、城跡としての遺構は残っていませんが、現在、想定される千早赤坂村立中学校の丘の上に、石柱が建てられています。


e0158128_23151213.jpg

石柱には、「昭和十四年三月建設」と刻まれています。


e0158128_23162678.jpg

『太平記』によると、正成は笠置山が危なくなったときにはここに天皇を迎えようと考え、急いでこの地に城を築いたと伝えられます。


e0158128_23173911.jpg

9月27日に笠置山を追われた後醍醐天皇は、この地に落ちる途中に捕らえられてしまいますが、大塔宮護良親王はこの地に落ち延びることができました。

このため、下赤坂城は10月中旬から鎌倉幕府軍大攻撃の的となりますが、正成は熱湯二重塀の活用、大木の投下等の奇策を用いて幕府軍を翻弄したと伝えられます。


e0158128_23184858.jpg

しかし、所詮はにわか造りの城であったための、しだいに大軍の攻撃に耐え切れなくなり、10月21日に落城

正成は城に火を放って金剛山に逃げました。

このとき、下赤坂城の大穴に見分けのつかない焼死体が20体以上見つかり、これを楠木正成とその一族と思い込んだ幕府軍は、11月に鎌倉に帰陣したといいます。

翌年12月、再挙兵した正成は夜襲をかけてこの城を奪回しますが、間もなく落城。

しかし、その後、千早城の戦いの最中に、鎌倉幕府滅亡します。


e0158128_23200238.jpg

下赤坂城跡は石碑が建てられているのみで、城跡としての魅力はさほどありませんが、わたしはかねてから一度ここを訪れてみたいと思っていました。

というのが、これ。


e0158128_23221177.jpg

石碑の建つ丘から見下ろす、広大な棚田です。

どうです、実に美しい光景でしょ。


e0158128_23234924.jpg

この日は梅雨真っ只中の7月3日。

でも、どうしてもこの景色が見たくて、田植えが終わって稲穂が育ち始めるこの季節で、天気の良い日をずっと狙っていました。

やっと、来ることが出来ました。


e0158128_23261102.jpg

この美しい景色を見ると、ここで幾度と無く戦が行われたなどとは、想像もつかないですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-02-15 17:50 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その6 「大塔村」 奈良県五條市大塔町

後醍醐天皇(第96代天皇)が笠置山にて兵をあげると、その第2皇子・大塔宮護良親王も参向して父を助けます。

しかし、笠置山が落ちて父・後醍醐天皇が捕らえられると、大塔宮護良親王は幕府軍の追捕を逃れ、吉野、十津川、熊野などを転々とします。

その親王の名前が地名になった場所が、奈良県五條市の山奥にあります。


e0158128_13245322.jpg

和歌山県との県境に位置するこの地は、かつては奈良県吉野郡大塔村とされていましたが、現在は五條市に編入合併されています。

大塔村は「おおとうむら」と読みますが、大塔宮親王は「おおとうみや」とも「だいとうみや」とも読まれます。


e0158128_13270355.jpg

後醍醐天皇がまだ天皇になる前に生まれた大塔宮護良親王は、幼少期に比叡山に入り、20歳より同寺天台座主を務め、法名を尊雲と号しました。

この間、親王は比叡山の大塔周辺に門室を置いたことから、世に大塔宮と称されていました。

元弘元年(1331年)9月に後醍醐天皇が挙兵すると、還俗して参戦します。


e0158128_13294054.jpg

「道の駅・大塔」にある大塔村郷土館前には、大塔宮護良親王の騎馬像があります。


e0158128_13320131.jpg

逆光で顔が見難いですが、なかなか凛々しい姿です。


e0158128_13320537.jpg

アップです。


e0158128_13333173.jpg

後姿です。


e0158128_14412009.jpg

幕府の追捕を逃れた大塔宮護良親王は、熊野に落ち延びる途中にこの地に潜伏し、この地の豪族・竹原八朗、戸野兵衛の助けを得て全国各地に討幕の呼びかけを発し、機を窺っていました。

その縁で、この地は「大塔村」と呼ばれるようになったのだとか。

以後、赤松則祐、村上義光らとともに十津川、吉野、高野山などを転々として2にわたり幕府軍と戦い続けます。


e0158128_14423676.jpg

騎馬像の横には、「維新胎動の地」と刻まれた石柱が建てられています。

「胎動」とはいうまでもなく、生まれる前の胎児の動き。

このすぐ近くには、大塔宮護良親王の時代から500年以上あとの幕末騒乱期に立ち上がった吉村寅太郎ら反幕府勢力「天誅組」旗揚げの本陣跡があります。

彼らの挙兵は、あえなく幕府軍の追捕に散りますが、その後の討幕運動の起爆剤になりました。


e0158128_14445686.jpg

大塔宮護良親王の令旨も、天誅組の旗揚げも、この地から発せられた。

まさに、「維新胎動の地」だったわけですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-01-27 18:23 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)