タグ:寿桂尼 ( 2 ) タグの人気記事

 

おんな城主 直虎 第28話「死の帳面」 ~おんな大名 寿桂尼~

 寿桂尼、最後の政治でしたね。武田信玄の息子・武田義信が幽閉先の東光寺自害(病死とも)したのが永禄10年(1567年)10月19日。その翌月には義信の正室・嶺松院(実名は不明)がその娘とともに今川に送還されているので、ドラマはこの1ヵ月前後の政治を描いています。寿桂尼が没するのは翌年の3月14日。死の4~5ヵ月前ということになりますね。そんな寿命が尽きる寸前のばあさんが、甲斐へ相模へと奔走しえたとはとても思えませんが、「死しても今川の守護たらん」という有名な遺言を残すほど今川の行く末を案じていた寿桂尼ですから、きっと、最後まで孫の今川氏真にまつりごとを任せられず、あんな感じで口を出していたんじゃないでしょうか。


信玄「お具合がよろしゅうないと聞いておりましたが、ご息災で何よりでございます。」

寿桂尼「神仏も我には会とうないようにございます。」

信玄「それは神仏も正直なことを。」


寿桂尼「老婆心ながら、そなたほどのお方が尾張の若造に足をすくわれませぬように。」

信玄「ご忠告、痛み入ります」


 圧巻の舌戦でしたね。老獪VS老獪古雌狐VS古禿狸。実に見ごたえがありました。でも、明らかに寿桂尼がイニシアティブを取っていましたね。


氏真「おばばさま、首尾はいかがでしたか?」

寿桂尼「鈴は武田にとっては決め手となる人質です。われが行ったくらいで手放すわけが・・・」

氏真「では、何のために行かれたのですか?」

寿桂尼「シテにお出ましいただきやすくするためです。」

氏真「シテに?」

寿桂尼「春どの、お父上に仲立ちをお頼みしたいので、一筆したためていただけるかの?」

氏真「北条に?・・・では初めからそうすればよかったのではございませぬか?」

寿桂尼は「直に関わる者同士が話し合うておらぬ場にシャシャリ出るのは、北条も望むまい。武田は、北条にはまだ大切な味方・・・」


 寿桂尼のいう「シテ」とは、における「主人公」という意味だそうです。つまり、主人公の出る幕を作りに行ったのだと。仲裁役が仲裁し易いようにお膳立てをしに行ったわけですね。さすがは寿桂尼、したたかな外交手腕です。


 今川氏親の正室として駿河国に嫁ぎ、夫の死後、わが子の氏輝、義元、そして孫の氏真と、今川家4代に渡って政務を補佐し、「駿河の尼御台」「女戦国大名」などと称された寿桂尼。実際、桶狭間の戦いで義元が死んだあとも、今川氏が何とかその大名としての面目を保ってこられたのは、寿桂尼のちからだったともいわれ、武田信玄などは、「寿桂尼が生きているうちは駿河を攻められない」と言っていたとか。事実、寿桂尼が死ぬやいなや、信玄は駿河侵攻を開始しますしね。一説には、駿河攻めを開始した信玄は、まず手始めに寿桂尼の墓を破壊してから今川に攻め入ったなんて話もあります。本当に墓から出てきそうな気がしたのかもしれません。まさに、おんな大名・寿桂尼です。


 さて、ドラマに戻って井伊直虎ですが、井伊直親への所業について寿桂尼から問われた直虎は、こう答えます。


直虎「家を守るということは、きれい事だけでは達せられませぬ。狂うてでもおらねば、己の手を汚すことが愉快な者などおりますまい。汚さざるをえなかった者の闇はどれほどのものかと・・・そう思います。」


 涙する寿桂尼。そなたがわが娘であれば・・・と。そして、そのまま寿桂尼はこの世を去る・・・と思いきや、デスノート×井伊直虎」の文字が!!!
曰く、「われに似た女子は、衰えた主家に義理立てなど決してせぬ。」・・・と。
いや~、見事な結末でしたね。さすが、寿桂尼は最後まで寿桂尼でした。今話は、これまででいちばん見応えがあったかも・・・。


 ちなみに上記の直虎の台詞、のちの小野但馬守政次に対する所業の伏線かもしれません。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2017-07-17 20:09 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第15話「おんな城主 対 おんな大名」 ~寿桂尼~

 今話のタイトルは「おんな城主 対 おんな大名」。おんな城主とは、いうまでもなく井伊直虎ですが、おんな大名とは、駿河国、遠江国の守護にして戦国大名でもある今川氏のゴットマザー・寿桂尼のこと。この時代の女性というと、大名の正室といえども史料が少なく、その実在性も含めて不明な場合が多いのですが、この寿桂尼に関しては、歴史にその存在をしっかりと残した数少ない女性といえます。


e0158128_15564417.jpg

 寿桂尼は中御門宣胤という公卿の娘として生まれたと伝えられ、永正5年(1508年)、今川氏親の正室として駿河国に嫁いできました。今川家は、足利将軍家の一族にあたり、守護大名のなかでも名門の家柄だったため、京との関係を深めるために公家の娘を正室に迎え入れたのでしょう。氏親との間には長男の今川氏輝、三男の今川義元を含む7人(4人の息子と3人の娘)の子をもうけており、夫婦仲は良かったと見られています。

 その氏親は晩年、十数年に及ぶ病床生活を送っており、その間、寿桂尼が政務を補佐したと伝わります。その最も有名なものとしては、大永6年(1526年)4月に制定された、今川氏の分国法である『今川仮名目録』。ドラマで徳政令を回避するために直虎が使った法令ですね。この分国法が発布されたのは、氏親の死の2ヵ月前のことで、中風で寝たきりだった氏親がこれを作成したとは考えづらく、また、目録は漢文ではなく女性文字である仮名交じり文であることから、寿桂尼が大きく関わり、氏親の名で発布したと考えられています(異説あり)。


 「戦国大名」の定義は曖昧ですが、幕府と一線を画する独自の法律の制定だとすれば、今川氏は、この『今川仮名目録』の制定から戦国大名に変貌したといえ、すなわち、今川家を戦国大名にしたのは寿桂尼だったと言っても過言ではないかもしれません。それ以後、寿桂尼はわが子、氏輝、義元、そして孫の氏真と、今川家4代に渡って政務を補佐し、「駿河の尼御台」、「女戦国大名」などと称されました。


 実際、桶狭間の戦いで義元が死んだあとも、寿桂尼が存命の間は何とかその大名としての面目を保っていましたが、寿桂尼が死ぬやいなや、武田信玄による駿河侵攻によって今川氏は滅亡します。そのことからも、少なくとも氏真の時代は、寿桂尼あっての今川家だったことがわかりますね。まさしく「おんな大名・寿桂尼」でした。


 ドラマで直虎がやりあったのは、そんな女傑でした。もちろん、今話はすべてフィクションで、ドラマのオリジナルです。ただ、同じく国を統治する女性という立場として、直虎は寿桂尼という偉大な存在を意識していなかったはずはありませんし、寿桂尼も、少なからず直虎という女性を気に留めていたかもしれません。ふたりが面会したという記録はありませんが、もしあったとしたら、あんな感じだったかもしれませんね。


 今話はフォクションといえども、わたしは面白かったと思います。そもそも、この徳政令に関していえば、今川氏真が井伊家の領内に発布した徳政令を、直虎が2年間それを抵抗しつづけたということ以外、何もわかっていません。つまり、次週からも、この徳政の施行を引き伸ばした2年間の話は、ほぼ創作の回となります。もともと史料の少ない人物を主人公にしているわけですから、これは仕方がないことでしょう。今話の主題は、実は直虎を守ろうとしていたという、小野但馬守正次の本意だったんじゃないでしょうか? 今後、このふたりの関係がどのように描かれていくのか楽しみです。



ブログ村ランキングに参加しています。

よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。

   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2017-04-17 15:58 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)