タグ:島袋洋奨 ( 4 ) タグの人気記事

 

第92回全国高校野球選手権大会 総括

 興南(沖縄)の史上6校目の春夏連覇で幕を閉じた第92回全国高校野球選手権大会。とにかく忙しくて閉幕してから1週間が経ち、今更?という声が聞こえないでもないが、遅ればせながら夏の甲子園大会を総括してみたい。大会結果は下記のとおり。↓↓↓
e0158128_352553.jpg

 興南(沖縄)東海大相模(神奈川)の対戦となった決勝戦。興南のエース・島袋洋奨投手と東海大相模のエース・一二三慎太投手は、今年のセンバツ大会前からそれぞれ右投・左投のナンバーワン投手と注目されていた二人で、センバツでは東海大相模が早々と散ったため対戦はなかったが、夏の甲子園の決勝戦という最高の舞台での投げ合いが実現した。結果は13対1という思わぬ大差のゲームとなったが、投手力の差はこの点差ほどではなかったと思う。東海大相模に守備の乱れが目立った。というより、興南打線の打球の速さに東海大相模の守備陣がついていけなかったというのが正しいかもしれない。一二三投手は、春負けてからサイドスローにフォームを改造して、打たせて取るスタイルで今大会に臨んでおり、言ってみれば、自分のピッチングをしたということだ。それにも勝る興南打線の破壊力だったということだろう。結果よりも、サイドスローに改造してたった数カ月で、甲子園の決勝の舞台まで上がってきた一二三投手に拍手を贈りたい。

 一方、島袋洋奨投手はさすが春の優勝投手といった圧巻の内容だった。これまでと内容を変え、変化球主体で臨んだ決勝戦。9回9安打を許しながら要所を抑え、1失点完投は見事。奪三振4という数字が、いかに打たせて取るスタイルに終始したかを裏付けている。春夏連覇は、現レッドソックスの松坂大輔投手を擁した横浜高校以来の偉業。島袋投手の今後の進路も気になるところだ。

 4強では、大会前に起稿した拙ブログの第92回全国高校野球選手権大会直前で私の注目選手として紹介した、報徳学園(兵庫)の1年生右腕・田村伊知郎投手の活躍が光った。背番号こそ11番だが、実質はエースといっていいだろう。準々決勝の新潟明訓(新潟)戦では、7回2/3を投げ5安打1失点、三振を9個奪った。残念ながら興南戦での先発はなかったが、春夏連覇を目指す興南戦に先発して、もし破ったら・・・と考えたとき、私は27年前に史上初の夏・春・夏の3連覇を目前にしていた、水野雄仁投手を擁する池田高校を、同じく準決勝で破った1年生投手、PL学園の桑田真澄投手を思いだした。背番号11で身長も小柄。そしてなんといってもクレバーなピッチング内容。まさに1年生のときの桑田投手は今回の田村投手のような感じだった。桑田投手と比較するのはまだ早いといわれるかもしれないが、私はそれほどの可能性を田村投手に感じる。彼は中学時代は普通の学校の軟式野球部出身で、硬球をさわりだしてまだ数カ月しか経っていない。伸びしろといった意味では、まだまだ計り知れない魅力があると私は思う。今後に注目したい。

 もう一校の4強、成田(千葉)は、私の中ではまったくのダークホースだった。エース・中川諒投手のキレのあるスライダーは一級品。1回戦で強豪・智弁和歌山(和歌山)を破ったときには失礼ながら大番狂わせと思ってしまったのだが、中川投手の内容をみれば9回6安打2失点で、なんと奪三振14と素晴らしい結果だった。その後も強い内容で勝ち進み堂々4強入り。1回戦がフロックでないことを証明してみせた。準決勝の東海大相模戦では19安打10失点という内容だったが、これは全試合ひとりで投げ抜いてきた疲れもあったのだろう。彼も、今後の進路が楽しみな投手だ。

 ここまで投手のことばかり述べてきたが、今大会は例年以上に攻撃力が目立った大会でもあった。2ケタ得点で勝利したチームが決勝戦も含め15試合もあり、10点差以上の大差のゲームが6試合、さらに7点差まで入れると15試合もあった。「春は投手力、夏は攻撃力が制す」と言われるが、まさに今大会は打撃優位の大会だったといえるだろう。しかし、そんな中で4強に残ったのは、上記したように投手力の優れていた4校。打撃優位だからこそ、投手力が生きる・・・といっていいのではないだろうか。

 あと、私の個人的なことだが、名前は出さないが私が毎週末に指導している少年野球チームの卒団生が今大会に出場していた。これは私が指導者をやりだしてから初めてのことで、それだけでも興奮していたのだが、その選手が今大会で大きな活躍をしてくれた。正直興奮して鳥肌が立った。そんなこともあって、今大会は私にとって忘れられない大会となった。

 さて、沖縄代表の興南の春夏連覇となった今大会。数年前、田中将大投手を擁した北海道代表・駒澤苫小牧が夏2連覇(3年連続決勝進出)という偉業を成し遂げたかと思えば、今度は沖縄の春夏連覇だ。どちらも以前は1回戦の壁すら破るのが難しかった県。昨年の夏は、新潟代表の日本文理が準優勝だったし、今大会でも新潟明訓が8強入りをしている。逆に毎回優勝候補と目される、天理(奈良)や智弁和歌山(和歌山)などが早々と1回戦で敗退など、もはや高校野球における地域格差はなくなりつつあるようだ。これは、これまであまり良い成績がない地方で甲子園を目指す球児たちにとっても、希望が持てる傾向だと思う。優勝した興南の次の目標は、史上初の春・夏・春の3連覇。これは、だいたいの場合メンバーが変わるので容易ではない。しかし、興南の打線の破壊力を見れば、島袋投手がいなくとも不可能ではないように思う。頑張ってほしい。

 気がつけばグダグダと長い講釈をたれてしまったが、語りだすといつまでたっても尽きそうもないので、この辺りで終わりにしようと思う。球児の皆さん、たくさんの感動をありがとうございました。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-08-28 03:37 | 高校野球 | Comments(4)  

第92回全国高校野球選手権大会 直前

 さて、今年も7日(土)から高校球児の熱い日々、夏の高校野球甲子園大会が始まる。今年から我が愚息も高校球児となり(地区予選で早々に散ったが・・・)、例年以上に高校野球を身近に感じている。先日抽選会が行われ、組み合わせは下記に決まった。↓↓↓
e0158128_1554842.jpg

 センバツ優勝の興南(沖縄)は、4日目第4試合で鳴門(徳島)との対戦となった。興南の左腕・島袋洋奨投手の快投が楽しみだ。優勝すれば史上6校目の春夏連覇となるが、同ブロックには明徳義塾(高知)や仙台育英(宮城)など強豪が揃っていて、そう容易くはなさそうだ。一方で、センバツ準優勝だった日大三(東京)は今回出場を果たせなかった。日大三のような名門校でも、春夏連続出場というのは容易ではないということだろう。

 センバツで注目されながらも1回戦で甲子園を去った、東海大相模(神奈川)の右腕・一二三慎太投手が、春の雪辱を果たすべく、また甲子園にやってきた。184センチの長身から投げ下ろす角度のある速球はMAX149キロ。不完全燃焼で終わった春以来、一時は制球難で苦しんでいたそうだが、ここに来てまた調子を取り戻したらしい。春じっくり見れなかったので、今大会では勝ち上がってその実力を見せてほしいところだ。

 私の注目選手は、我が兵庫県代表の報徳学園(兵庫)の1年生右腕・田村伊知郎投手。背番号は二桁だが、1年生ながら名門・報徳学園のベンチ入りを果たし、準々決勝の市神港戦では6回を無安打ピッチング、準決勝ではセンバツ出場校の神戸国際大付を相手に8回を2失点に抑えた。まさにスーパー15歳の出現だが、驚くことに彼の中学校時代は普通の公立中学の軟式野球部出身。硬球をさわりだしてまだ4ヶ月ほどということだ。まだまだ伸び代を感じる田村投手を今後も注目していきたい。(私の息子も同じ兵庫県の1年生なのだが・・・)

 あと、ここでは名前は出さないが、私が毎週末に指導している少年野球チームの卒団生が、実は今大会に出場している。これは私が指導者をやりだしてから初めてのことで、非常に興奮している。是非頑張ってほしい。

 先日、センバツ優勝校の興南が沖縄代表に決まった後に練習試合を行ったということで、大会本部から注意処分を受けたという報道があった。理由は大会規定に、公平性を期すため地方大会開始後は全国選手権(甲子園)も含め、参加チームが敗退するまで対外試合ができないという決まりがあるらしい。規則である以上、守らなかった興南の指導者は注意を受けて然るべきかもしれないが、しかし、この規定はどういう意図のものだろう。「公平性」という理由で考えれば、そもそも地区によって不公平はある。大阪や神奈川、兵庫といった激戦区は、つい先日まで地区予選を戦っているのに対し、沖縄は47都道府県の中で一番早く代表が決定する。大阪代表が8月1日に決定したのに対して、沖縄代表が決定したのは7月18日で、約2週間もの差があるのだ。甲子園大会までとなると3週間、試合勘という観点で考えれば、これは明らかに不利なことだ。調整試合を行いたくなるのも無理もないこと。公平性というならば、本大会開催何日前というような規定に変えるべきではないだろうか・・・。

 とにもかくにも、今年もまた球児たちの熱い夏が始まる。
 いざ、熱闘甲子園!


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100805-00000069-mai-base
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-08-05 21:51 | 高校野球 | Comments(4)  

第82回選抜高校野球大会 閉幕

 第82回選抜高校野球大会は、興南(沖縄)初優勝で幕を閉じた。沖縄県校としては、1999年・2008年の沖縄尚学と今回の興南で3度目の全国制覇。今大会、初めて沖縄から興南と嘉手納の2校出場を果たしており、ここ12大会で3度の全国制覇という結果を見れば、近年の沖縄勢のレベルの高さがうかがえる。沖縄勢がセンバツに初出場したのは、今からちょうど半世紀前の1960年の那覇高校。その後、1971年に普天間高校が甲子園初勝利をあげるまで、実に11年の歳月を要した。その後徐々に力をつけ、21世紀に入ってからの沖縄勢は、毎年優勝候補といわれる強豪校を送り出してくる。今や沖縄県は、全国屈指の野球王国と言ってもいいだろう。

 準優勝は、過去、春夏ともに優勝経験のある強豪・日大三(東京)。だが、意外にも東京勢がセンバツの決勝に進出するのは1992年の帝京以来18年ぶりのこと。日大三としては、1972年の準優勝以来、実に38年ぶりの決勝進出だった。試合結果は10-5というスコアになったものの、決勝戦としては21年ぶりの延長線にもつれ込む熱戦を見せてくれた。

     ■大会結果
e0158128_1147223.jpg

 興南のエース・島袋洋奨投手は、大会ナンバーワン左腕という前評判どおり、全試合通して見事なピッチングを見せてくれた。昨年夏の甲子園大会で、19奪三振という内容ながらも1回戦で敗退した反省点をふまえ、今大会は打たせて取りながら要所々々を三振で締めるという実に丁寧なピッチングが見られた。特に準決勝の大垣日大(岐阜)戦では、奪三振は6個と少ないながらも、6回2死までノーヒットの快投。決勝では延長12回、198球の力投で、スタミナ面の強さも披露した。173センチと決して大きくない体格だが、マウンド上の彼は誰よりも大きく見えた。

 日大三のエース・山崎福也投手は昨秋の新チーム結成から投手に転向した左腕。今大会では序盤コントロールに苦しみながらのピッチングが見られたが、まだまだ伸び代を感じさせる内容。夏に成長した姿が見たいものだ。

 決勝に残った両チームは打撃の方も素晴らしく、優勝した興南はチーム打率3割3分2厘で全試合2ケタ安打。準優勝の日大三はそれを上回る3割4分だった。特に興南の主将・我如古盛次君と日大三の投手・山崎福也君は、大会最多安打タイ記録の13安打を記録。「春は投手力が制す」などと言われるが、この打線あっての優勝・準優勝だったということも忘れてはならない。ただ、決勝戦で残念だったのは、興南が5失策、日大三が2失策という守りの内容。延長12回に勝負が決まったのもエラーによるものだった。高校野球にエラーは付き物だが、エラーで勝敗が決まるというのは、頑張って練習してきた球児たちにとってこれほど悔しいことはないだろう。決勝の両チームのみならず、夏に向けての課題がそこにあるように思う。

 大会全般で見ると、開幕前に評判の高かった、一二三慎太投手を擁する東海大相模(神奈川)や、岡本健投手を擁する神戸国際大付(兵庫)などが相次いで1回戦で敗退。一方で、その東海大相模を破った初出場の自由ヶ丘(福岡)や、21世紀枠出場の向陽(和歌山)が中国大会覇者の開星(島根)を破った試合、また同じく21世紀枠出場の川島(徳島)も、破れはしたものの4強まで勝ち上がった大垣日大(岐阜)を1回戦でギリギリまで苦しめるという、フレッシュなチームの頑張りが目立った。これもセンバツ高校野球の醍醐味だ。

 今大会は雨に悩まされた大会でもあった。1回戦から雨で25年ぶりという2日連続の順延。短い春休みの中、円滑な試合日程消化は重要なことだが、そんな中、可哀想だったのは雨天で行われた広陵(広島)対日大三の準決勝。5対4と広陵のリードで迎えた8回裏日大三の攻撃時、前夜から降り続いていた雨がこの回から激しさを増し、田んぼのようにぬかるんだグランドで失策が絡み、滑って上ずった球を打ち込まれて10失点。9回表の広陵の攻撃時も同じく失策が相次ぎ、5点差まで詰め寄ったもののそこまで。結果14対9で日大三が勝った。その日の天気予報は1日中雨の予報で、試合開始時も既に雨は降っており、このような試合になることは十分に予想出来た。雨がふらなくとも結果は同じだったかもしれない。しかし雨が降らなければあのような荒れた試合にはならなかったであろうことは間違いない。あのような天候は十分に予想出来た中、強行開催する理由がどこにあったのだろう。結局2試合目は翌日に順延しているのだから・・・。「これも高校野球」とは私は思わない。

 とにもかくにも、球児たちの春は終わった。また夏の甲子園で、さらに成長した彼らの姿をぜひ見たいものだが、春に活躍した球児たちが必ずしも夏に再び甲子園にやってくるとは限らない。これもまた高校野球の醍醐味だ。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-04-06 15:19 | 高校野球 | Comments(2)  

第82回選抜高校野球大会 直前

 21日(日)から、第82回選抜高校野球大会が始まる。13日(土)に組み合わせ抽選会が行われ、出場32校の対戦相手が決まった。毎年、高校野球のシーズンになると、仕事が手につかなくなる私である。組み合わせは下記のとおり。(オリジナルで作りました。)
e0158128_16533397.jpg

 選手宣誓は北照(北海道)の西田明央主将。打率、打点、本塁打の3部門で今大会出場選手内トップという三冠王の選手だ。宣誓は昨秋の明治神宮大会に続いて2回目。高校野球で2回も選手宣誓をすることになるなんて、かなりのラッキーボーイかもしれない。プレーも注目したいところ。

 1回戦の注目カードは、帝京(東京)VS神戸国際大付(兵庫)。東京大会の覇者と、近畿大会の覇者が激突する。神戸国際大付属の岡本健投手は、MAX144キロの速球と、抜群の制球力を持つプロ注目の右腕。かたや帝京の伊藤拓郎投手は、昨夏の甲子園で「1年生投手最速」を記録した逸材。好勝負が期待できそう。
 
 今大会注目度ナンバーワン投手は、優勝候補筆頭の東海大相模(神奈川)の右腕・一二三慎太投手。184センチの長身から投げ下ろす角度のある速球は、昨秋の時点でMAX149キロをマーク。冬を越してどれぐらい成長しているか楽しみ。左腕では、興南(沖縄)の島袋洋奨投手。こちらも昨秋の時点でMAX145キロをマーク。東海大相模の一二三投手に一歩リードしているところは、甲子園のマウンド経験があるということ。昨春のセンバツでは対富山商戦で19奪三振を奪うという好投を披露した。この2人が対戦するとすれば準決勝になるが、2校のいるBブロックは強豪ぞろいで容易ではなさそう。

 21世紀枠の出場は、山形中央(山形)、向陽(和歌山)、川島(徳島)の3校。山形中央の対戦相手は強豪・日大三(東京)、川島の対戦相手は神宮大会の覇者・大垣日大(岐阜)と、いずれも初陣には厳しい試練になりそうだが、下馬評どおりにはいかないのがセンバツの特徴。頑張って欲しい。

 昨春の大会では、花巻東(岩手)の菊池雄星投手(現・埼玉西武ライオンズ)と、清峰(長崎)の今村猛投手(現・広島東洋カープ)の、高校野球史に残る名決勝戦が生まれた。今大会では、どんな名勝負が見られるか、どんなスターが生まれるか、今から楽しみでならない。

いざ、球春。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-03-17 18:23 | 高校野球 | Comments(2)