タグ:教訓 ( 5 ) タグの人気記事

 

埼玉女子中学生誘拐監禁事件に再認識させられた公衆電話の重要性。

埼玉県朝霞市で2年前から行方不明になっていた女子中学生が先日保護され、連日のように報道されていますね。

わたしも同世代の娘を持つ親として、この事件は2年前から気になっていました。

この2年間の親御さんの心中は察するに余りありますが、ともかくも生きて再会できて良かった。

もちろん、これにて一件落着というわけではありませんし、これからがまた大変だと思いますが、ひとまず最悪の事態には至らなかったわけで、「良かった」と言っていいのではないでしょうか。

被害者ならびにご家族が、一日も早く日常を取り戻されることを願うばかりです。

ところで、今回の事件が解決に至った経緯は、被害者の女の子が犯人が外出した隙を突いて監禁場所から脱出し、駅の公衆電話を使って自宅と警察に助けを求めたからでしたが、そこでふと思ったのは、この春中3になるわたしの娘は、似たような状況下に置かれた場合、公衆電話という発想にたどり着いただろうか?・・・ということ。

現在大学生の息子に携帯電話を持たせたのは高校入学のときでしたが、娘の場合、両親共働きということもあり、加えて、幼い少女が誘拐される事件があとを絶たない昨今の世情を憂慮し、小3の頃からGPSと防犯ブザー機能付きの子供用ケイタイを持たせていて、中学生になってからは普通のケイタイを持たせています。

おそらく公衆電話なんて使ったことないだろうと・・・。

お金がなくても公衆電話から110番119番に繋がるということを知ってるだろうか?

そもそも、自宅両親のケイタイの番号を覚えているだろうか?

覚えていたとして、市外からかける場合、市外局番がいるということを知っているだろうか?

そんな疑問が頭をよぎり、先日、娘にたしかめてみたところ、ちゃんと自宅と母親のケイタイ番号は覚えていましたし、市外局番のことも知っていました。

親の知らない間に、ちゃんと学習してたんですね。

「お父さんの番号は覚えてない」・・・と言われましたが(苦笑)。

ただ、お金がなくても110番できるということは知らなかったようですし、実際、公衆電話は一度だけ中学の学習の一環で使ったことがあるだけのようでした。

まあ、そりゃそうでしょうね。

親にしてみれば、GPSと防犯ブザー機能付きのケイタイをお守り代わりに持たせて安心を買っていたつもりでしたが、考えてみれば、もし、このたびのような事件に巻き込まれた場合、ケイタイなどは真っ先に取り上げられて捨てられるか破壊されるでしょうから、おそらく何の役にも立たない可能性が高いでしょう。

そう考えれば、こういう場合頼りになるのは、きっと公衆電話なんですね。

今回の事件で、あらためて公衆電話の重要性を再認識しました。

全国の公衆電話の台数は、20年前に比べて5分の1ほどに減少しているそうです。

ケイタイの普及率を考えれば、これはやむを得ないことでしょうが、考えてみれば、私自身、テリトリーの中での公衆電話の設置場所を把握していません(たぶん、駅にはあるのでしょうが、駅のどこに設置されているのか気にしたこともありませんでした)。

今回の事件を教訓にさせてもらい、子どもを持つ親は緊急時の連絡先を子どもと共有し、公衆電話の使い方をちゃんと教えておいたほうがいいかもしれません。

そして、最低限、生活圏内の公衆電話の設置場所は、把握しておくべきでしょうね。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


by sakanoueno-kumo | 2016-03-31 22:16 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)  

東日本大震災発生から3ヵ月、今、思うこと。

東日本大震災から3ヵ月が経ちました。
「人の噂も七十五日」という言葉もありますが、90日を過ぎた今も、震災の話題が尽きることはありません。
それも当然、出口が見えない福島原発事故放射能漏れ問題をはじめ、今なお10万人近くおられる避難所生活を余儀なくされている方々や、未だ8千人余りいる行方不明者の捜索、被災地の復旧・復興作業に従事する方々など、まだまだ震災は現在進行形だからでしょう。

16年前の阪神・淡路大震災のときは、地震発生から2ヵ月余りが過ぎたとき、東京であのオウム真理教による「地下鉄サリン事件」が起こったため、世間の関心は一斉にそちらに移り、マスコミからも震災の話題がフェードアウトしていきました。
まさに、「人の噂も七十五日」だったと記憶しています。
神戸市民の私は、当時、世間のあまりの変り身の速さに、白々した思いを抱いたものです。
しかし、今、思い返してみれば、あれはあれで良かったんじゃないかと思っています。
あそこからが、本当の復興の始まりだったんじゃないかと・・・。

震災以降、この未曽有の大災害を、決して風化させてはいけない・・・忘れてはいけない・・・といった声を多く耳にします。
たしかに、今後また起こりうる災害に向けての危機管理教訓といった観点でいえば、忘れずに語り継ぎ、風化させない努力が必要でしょう。
しかし、人間、“忘れる”ことも必要なときがあると私は思います。
「のど元過ぎれば熱さ忘れる」なんて言葉もありますが、人は、忘れるから生きていけるともいえるのではないでしょうか。
どんなに辛いことがあっても、その苦しみを忘れることができなければ、立ち上がることはできません。
どんなに大切な人を失っても、いつまでも悲しみに暮れていたら、心が病んでしまうでしょう。
どんなに怖い思いをしても、その恐怖を忘れることができなければ、一生トラウマとなってしまいます。
心が壊れてしまえば、人は生きていけません。

しかし、コンピューターとは違って人間の脳は、“忘れる”ようにできています。
苦しみ、悲しみ、痛み、恐怖、ついでに怒りや憤り・・・こういったネガティブな心も、だんだんと薄れていくようにプログラムされているんですね。
“忘れる”とは、神が人間に与えた、生きていくために必要な能力なんじゃないかと・・・。
“忘れる”ことが、次へのステップに繋がるのではないでしょうか。

とはいえ、この度の危機的状況はあまりにも重く、とてもそんな境地には達せられないというご意見もあろうかと思います。
それも、もっともだと思います。
でも、どこかで忘れなければ、前には進めないと思うのです。

一日も早く、“忘れる”ことができる日が訪れることを、願ってやみません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110610-00000117-jij-soci

by sakanoueno-kumo | 2011-06-11 01:49 | 時事問題 | Trackback(1) | Comments(3)  

松葉杖

e0158128_18354314.jpg062.gifケータイからの投稿です。
不注意で、こんな物に頼ることになりました(涙)。
訳?・・・・訳はカッコ悪いので聞かないでください(苦笑)。
いわゆる、“自業自得”というやつです。
それにしても、松葉杖での歩行が、こんなにも難しいものだとは思いませんでした。
肩と腕にかかる負担がハンパじゃないですね。
見ているだけと、実際に体験してみるのとでは違うものです。

「人には添うてみよ、馬には乗ってみよ」

人生初の松葉杖・・・何事も経験です。
007.gif008.gif002.gif025.gif042.gif


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2011-04-05 12:26 | 日常 | Trackback | Comments(7)  

携帯電話紛失で真っ青になった、ある日の午後。

今日、不覚にも携帯電話を紛失してしまいました。
明後日、久々にゴルフに行く予定で、そのための買い物をしに自宅から片道2キロほど離れた店まで自転車で出かけた際に、どうやら落としてしまったようです。
普段、自転車など乗りつけないのですが、たまたま息子の自転車があいていたため、珍しく利用したらこの始末です。
馴れないことはするもんじゃないですね。

とにかく焦りました。
電話自体はそろそろ買い換えようかと思っていた古い物でさしたる問題ではないものの、そこに入っているデータは取り返しがつきません。
500件近いアドレスはもちろん、その他悪用されかねない個人情報もたらふく入っていて、いや~真っ青になりましたね。
このブログのID情報も入ってましたしね。
自分は仕方がないにしても、そこに入っている他人さんの情報が悪用されたりしたら、申し訳が立たないですもんね。
とにかくもう一度ゆっくり経路をたどり、くまなく探し回ったものの見つかりません。
結局1時間ほど探しても見つからず、探すのを諦め新しく電話を購入する気になったものの、とりあえず紛失届を出しに警察に行ったところ、なんと届いてたんですよ!
いや~、世の中捨てたもんじゃないなぁと思いましたよ。
それとも私の日ごろの行いが良かったからですかね・・・・(笑)。

警察署に着いて携帯電話の落し物を尋ねたところ、窓口の婦警さんが「ああ、あの坂本龍馬のストラップの分ですね?今流行りですもんね!」と、ニヤッと笑いながら言うんですよ。
「いや、私はにわかファンじゃなく、何年も前から龍馬のストラップです!」と思いながらも言わず、「そう、それです。」と答えたところ、「○○交番所に届いてますのでそちらへ行ってください。」とのこと。
で、そこから車で10分ほどの交番所に行くと、そこでも、 「ああ、坂本龍馬のストラップと待ち受け画面のヤツね。今、旬ですからねぇ。」・・・と。
どうやら流行りを追っかけた「嬉しがり」のオッサンに思われたようです(苦笑)。

こちらがその、「嬉しがり」のオッサンの携帯電話。↓↓↓
e0158128_23385965.jpg

古いでしょ。
もう4年以上も使ってます。
先日、テレビで「さんまの恋のから騒ぎ」を見るともなしに見ていたら、 「この人オジサンだなぁと思うとき」というテーマで、「何年も携帯電話を買い換えてないことを、さも自慢げに言う人」というのがあり、「それって、俺のことやん!」と、今更ながらに自分がオジサンだということを再認識しました(苦笑)。
まあ、オジサンなんですけどね。
そんなこともあって、そろそろ携帯を買い換えようかとは思っていたのですが、このストラップは妹からのプレゼントということもあり、5年以上前から着けてます。
龍馬の待ち受け画面は、ちょっと引かれるかな・・・。

今回この写真を載せた理由は、このたび拾ってくれた方に何かお礼をと思ったのですが、拾い主の方はそれを望んでおられず、落とし主との接触も拒んでおられたということで、警察では氏名も連絡先も教えてもらえなかったことから、この場を借りてお礼申し上げたく思い写真を載せました。
拾い主は中学生だそうで、こんなオジサンのブログを見てくれている可能性は限りなく無に等しいのですが、もし、何らかの偶然で目にすることがあったら、きっと自分のことだとわかるのではないかと思って・・・。
届けていただいて本当にありがとうございました。
オジサンはめちゃめちゃ助かりました。
貴方はきっと、立派な大人になれます(笑)。

今回のことで改めて思ったのは、いかに携帯電話に依存した生活になっているかということ。
仕事はもちろん、プライベートも、趣味も、すべてがこの端末機器の中に詰まっていて、失ってしまうとどうにも身動きが取れなくなる・・・。
紛失したことを公衆電話から妻に知らせようと思っても、妻の携帯番号さえわからない。
これって問題ですよね。
もちろん失くさないことが一番なんですが、もし不注意で失ってしまっても狼狽えずにすむよう、普段から策を講じておかなければなりませんね。

とにかく肝を冷やした休日の午後でした。


にほんブログ村に参加しています。
下の応援クリック頂けるとと嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2010-09-19 01:45 | 日常 | Trackback | Comments(9)  

「風邪は万病のもと」ならぬ、「風邪は災のもと」。

夏風邪をひいてしまいました。
ここ数日前から急に朝晩が涼しくなったせいでしょうか・・・。
日曜日から咳と鼻水が止まらず、昨日はとうとう発熱、早退してトットと寝ました。
本格的に風邪をひいたのは、何年ぶりかわからないぐらい久しぶりのことです。
というのも、普段から風邪には必要以上に注意をしていましたから・・・。

若い頃の私は、「風邪など気力で治る」といった具合の、体育会系にありがちないわゆる「根性論」の持ち主で、熱があっても病院に行こうともせず、薬を飲もうともせず、無理に平気な顔をして自力で治していました。
でも結局それって、薬を飲めば3日で治る病気をわざわざ1週間かけて治しているだけなんですけどね。
今思えば、熱があっても普通に仕事をしているタフな自分に酔っていただけだったなと・・・。
30歳を過ぎたある日、そのことが災いして、まわりに大きな迷惑をかけることになりました。

その日も朝から38度以上の熱があり、しかしどうしても休みたくない仕事があったため、バファリンを飲んで無理矢理熱を下げて出社しました。
夕方頃からまた体調が芳しくないことを感じながらも、なんとかその日の仕事を終え、夜11時頃帰宅するやいなやぶっ倒れました。
熱を計ると40度・・・さすがにこの熱では根性論も歯が立ちません。
「救急車を呼ぼうか?」という妻に対して、「たかが風邪ごときで救急車は大袈裟だろう」と、その日の夜間救急病院を新聞で調べ、寝ている子供を起こし、妻の運転で病院に行きました。
夜間の当直医では大した診察はしてもらえず、解熱剤をもらっただけでした。
その帰路、妻の運転する車が接触事故
その頃の妻は免許は持っていたものの何年も運転はしていない状態で、しかも当時我が家は大きなワンボックスの車に買い換えたばかりで、この日妻は初めてその車のハンドルを握ったのです。
交差点で飛び出してきた車と接触、瞬間妻は急ハンドルをきったようで車は横転、大破しました。
結局、大袈裟といって拒んだ救急車で運ばれるはめに・・・。
幸い私も妻も怪我は大したことありませんでしたが、何よりも安堵したのは、一人で家に寝かせておくわけにもいかず一緒に連れていっていた、当時4歳だった息子がまったくの無傷だったこと。
もしこのとき息子に大怪我をさせていたら・・・今考えてもゾッとします。

病院に運ばれ怪我の治療をして、さらに高熱を下げるための点滴を受け、一晩入院しました。
次の日もその次の日も大切な仕事があったのですが、3日ほど会社を休まざるをえない結果となりました。
私の風邪に対する考えの甘さが、家族にも、会社にも多大な迷惑をかけることとなりました。
300万円のローンで買った車もなくなり・・・。
大きな大きな代償でした。

以後、私は風邪予防には必要以上に神経を使っています。
毎日のうがいは徹底していますし、少しでも喉や鼻に異変を感じたら、すぐに薬を飲んで寝ます。
「♪かかったかな~と思ったら~♪」のCMどおり、ひきはじめが肝心なんですね。
「病は気から」とも言いますが、それはかかってからの根性論ではなく、かかる前の意識の「気」なんですね。
「たかが風邪、されど風邪」です。

そんな私ですが、今回は不覚にも発熱に至ってしまいました。
で、今日はさしたる重要な仕事があるわけでもなかったので休めばよかったのですが、かねてから予約していた「健康診断」が今日だったため、朝から検診に行ってきた次第です。
この体調では「不健康診断」ですけどね(笑)。
まだ熱も下がりきっておらず、相変わらず咳が止まらず、加えて検診時に飲んだバリウムで腹の調子も悪い・・・(苦笑)。
今日も早く帰って寝ます!!!


にほんブログ村に参加しています。
下の応援クリック頂けるとと嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2010-09-14 15:42 | 日常 | Trackback | Comments(2)