タグ:新田義貞 ( 9 ) タグの人気記事

 

太平記を歩く。 その99 「処女塚古墳」 神戸市東灘区

神戸市東灘区御影町にある「処女塚古墳」にやってきました。

「処女塚」と書いて「おとめづか」と読みます。

前稿で紹介した「生田の森の戦い」から敗走した新田義貞軍が、追撃してきた足利軍に追いつかれたのが、ここ処女塚古墳だったと伝わります。


e0158128_20514956.jpg

義貞は味方の軍勢を落ち延びさせるため一人踏ん張りますが、義貞の乗る馬が敵の矢に射られて倒れてしまいます。

『太平記』巻16「新田殿湊河合戦事」では、このときの様子を「義貞の乗られたりける馬に矢七筋まで立ける間、小膝を折て倒けり」と伝えています。


e0158128_20515656.jpg

身動きの取れなくなった義貞は、処女塚の墳丘に駆け上り、敵の激しい攻撃を受けました。

足利軍の矢が雨のように降るなか、義貞の気迫もすさまじいもので、「鬼切・鬼丸とて多田満仲より伝たる源氏重代の太刀を二振帯れたりけるを、左右の手に抜き持て」と、二刀流を使って敵に立ち向ったと『太平記』は伝えます。


e0158128_20520063.jpg

この義貞の窮状をはるか遠くから眺めて気づいた新田方の小山田太郎高家が、これまで義貞から受けた恩義を感じ、すぐさま処女塚の上に駆け寄り、自分の馬に義貞を乗せ、高家は塚の上にとどまって、義貞を東へ逃れさせました。

義貞に代わって足利軍の攻撃に立ち向かった高家でしたが、味方の敗色は濃く、ついに墳丘の上で討死しました。

しかし、高家のおかげで、義貞は何とか京へ落ち延びることができました。


e0158128_20520530.jpg

『太平記』が描くこの小山田太郎高家の武勇を称え、処女塚の東脇には高家の碑が建てられています。


e0158128_20521052.jpg

現地説明板によると、この石碑は弘化3年(1846年)に代官の竹垣三左衛門藤原直道が、東明村塚本善左衛門・豊田太平・牧野荘左衛門に命じて建てさせたものだそうです。


e0158128_20553034.jpg

ところで、なぜ高家は、自らの命を犠牲にしてまで義貞を助けたのか・・・。

『太平記』によると、高家が従軍中、兵糧に困り付近の農家の麦を刈り取ったことから、軍法で死刑を宣告されますが、そのとき義貞が、「武将に兵糧の不自由をさせたのは自分の責任だ」と、麦の代金を畑の持ち主に支払い、麦を高家に渡しました。

このことから、高家は義貞に大きな恩義を感ずるようになったといいます。

実話かどうかは定かではありませんが、高家を庇った義貞も、そして義貞を守った高家も、どちらも武士の鏡といえるでしょうか。


処女塚古墳については、以前の稿「神戸の古墳めぐり その4」でも紹介していますので、

よければ一読ください。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-08-05 22:22 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その98 「生田の森」 神戸市中央区

足利尊氏水軍を討つべく経ケ島に陣を布いた新田義貞でしたが、足利軍の巧みな戦略の前に押され、中央区の生田の森まで後退することになります。


e0158128_20335024.jpg

すでに楠木正成軍を討った足利軍は、ここ生田の森で三方から集中して新田軍に襲いかかります。

『太平記』巻16「新田殿湊河合戦事」によると、新田軍は奮戦し、合戦は「新田・足利の国の争ひ今を限りとぞ見えたりける」との激しさを見せます。


e0158128_20335668.jpg

合戦の規模からすると、ここ生田の森での戦いが、「湊川の戦い」本戦と言っていいかと思います。

しかし、結局は衆寡敵せず

兵力差は歴然としており、新田軍は丹波路めざして敗走することになります。


e0158128_20340072.jpg

現在「生田の森」は、生田神社境内の北側に、少しだけその名残を残しています。


e0158128_20363401.jpg

「生田の森」は、「湊川の戦い」以外でも、12世紀末には源氏平家の間で行われた「一ノ谷の戦い」の舞台にもなり、また、16世紀末には、織田信長軍と荒木村重の間で行われた「花隈城の戦い」の舞台にもなりました。

いつの時代でも、砦となる立地条件は同じということですね。


e0158128_20380361.jpg

余談ですが、ここ生田神社は神戸市いちばんの繁華街である三宮のど真ん中にあり、近年では、女優の藤原紀香さんとお笑いタレントの陣内智則さんが結婚式をあげた神社として、全国に知られるところとなりました。


e0158128_20382065.jpg

以来、ここで結婚式をあげたいというカップルが増えたそうで、わたしが訪れたこの日も、1組のカップルが結ばれていました。

キッカケとなったふたりは、別れちゃいましたけどね(笑)。


e0158128_20382437.jpg

話を戻して、『太平記』によると、「生田ノ森の東より丹波路を差(さし)てぞ落行ける」とあります。

次回は落ち延びる新田軍の足跡を追います。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-08-03 23:47 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その97 「本間重氏遠射之跡」 神戸市兵庫区

「湊川の戦い」で足利の陸軍と対峙したのは楠木正成軍でしたが、海から攻め寄せてくる水軍と戦ったのが、新田義貞軍でした。

義貞は弟の脇屋義助とともに、足利尊氏水軍の上陸地点を経ヶ島と考え、これを迎え討つべく、大輪田ノ泊・経ヶ島付近に陣を布きます。

経ヶ島とは、平清盛がこの地に築いた人工の島です。


e0158128_20204285.jpg

戦いの舞台となった和田岬は、現在は三菱重工の敷地となっていて史跡といえるものはありませんが、近くの和田岬小学校の校庭に、「本間重氏遠射之跡」と刻まれた石碑があります。


e0158128_20204776.jpg

『太平記』巻16「本間孫四郎遠矢事」によると、海から攻め寄せてきた足利の大軍に対して、新田方の本間孫四郎重氏という弓の名手が、沖に浮かぶ足利方の軍船めがけて遠矢を放ったところ、魚をくわえた海鳥の羽をつらぬき、それらもろとも敵の船に飛び込んでいったといいます。


e0158128_20205127.jpg

さらに『太平記』によれば「その矢六町あまりを越て」とあり、矢が六町(約650m)も飛んだということが記されています。


e0158128_20205681.jpg

これ以降、この地は「遠矢の浜」と呼ばれるようになったといい、浜が埋め立てられた現在でも、「遠矢町」「遠矢浜町」といった地名が当時を偲ばせてくれます。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-08-02 22:31 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その82 「大嶋城跡」 兵庫県相生市

「その72」で紹介した白旗城から南東7kmほど下った相生湾の入江にある大嶋城跡を訪れました。

ここも、赤松則村(円心)に関係する城です。


e0158128_20490443.jpg

写真に写るおわん型の山が、大嶋城跡と伝わる大島山です。

かつて大島山は蝦江(相生湾)に浮かぶ離れ島だったそうで、長治元年(1104年)、播磨国の海老名家季がここに城郭を築いたのがはじまりといわれています。

海老名氏は、代々矢野荘別名の下司職、矢野荘例名の地頭職等に任ぜられた豪族です。


e0158128_20501221.jpg

ここを訪れたのは4月、桜が満開の日でした。


e0158128_20521428.jpg

登山口には、「大嶋城址」と刻まれた石碑が建てられています。


e0158128_20542778.jpg

側面には説明書きが。

建武3年(1336年)5月19日、児島高徳の父・和田範によって火を放たれ、灰燼に帰したとあります。


e0158128_20521832.jpg

大島山の由来です。

この説明書きによれば、保元2年(1157年)に小千通清が架僑し、次に赤松氏が船橋をかけて、赤松則村(円心)のときに、ここに城を築いたとあります。

その後、赤松氏の家臣・宇野弥三郎重氏速弥太の兄弟が城主となったとあります。

そして、焼失したのは嘉吉の乱のときと伝えています。

石碑の説明と少し違いますね。


e0158128_20570036.jpg

山頂にも、説明板が設置されていました。

こちらの説明では、石碑と同じく海老名家季が築城主としています。

建武3年(1336年)の白旗城の戦いのとき、7代目海老名景知は赤松方に属し、弟の詮季や同族の泰知と共に白旗城にたてこもって戦功をあげましたが、留守にしていたここ大嶋城は、新田義貞軍によって焼き落とされたといわれています、とあります。

築城、落城共に、諸説あるようですね。


e0158128_20594689.jpg

現在、山頂には住吉神社善光寺が並んで鎮座しています。

大嶋城は別名・浜御殿と呼ばわれるほど、美しい城だったといいます。

かつては離れ島だったことから、洋上の要塞といった感じだったのでしょうね。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-07-06 23:18 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その72 「白旗城跡」 兵庫県赤穂郡上郡町

兵庫県の西の端にある白旗城を訪れました。

ここは、播磨国守護の赤松氏の居城とされたところで、『太平記』によれば、東上する足利尊氏軍を迎え撃つ新田義貞軍約6万を、赤松則村(円心)がここ白旗城にて50日あまりの間足止めさせたと伝わります。

この標高440m比高390mの登山にチャレンジしました。


e0158128_21322484.jpg

城跡への登山の手引は、上郡町のHPで懇切丁寧に紹介してくれていましたので、迷うことなく登れます。

写真に記したように、山頂の北から南へと連なる尾根筋に三の丸・本丸・馬場の丸・二の丸・櫛橋丸と曲輪が梯郭式に並ぶ縄張りとなっています。

e0158128_22164656.jpg

ここを訪れたのはGW初日の4月29日。

新緑が美しい麗らかな日でした。



e0158128_21353950.jpg

登山口には獣除け金網の扉が閉じられて針金で縛られていますが、「扉を開閉できる方はご自由にお通りください」と書かれています。

開けたらちゃんと閉めて、針金で縛って進みます。


e0158128_21382890.jpg

しばらく歩きやすい山道を進むと、城跡の説明看板が表れます。


e0158128_21400349.jpg

城跡まで、約1.6kmとあります。


e0158128_21415600.jpg

ここからの道のりが、大きな岩がゴロゴロ転がった険峻な山道で、たいへん進みにくい。


e0158128_21425752.jpg

これって、元は石垣だったものが崩れた跡じゃないでしょうか?


e0158128_21434921.jpg

更に登ると、どうみても石段跡らしき道があります。


e0158128_21450405.jpg

約1.6kmの標識から歩くこと険峻な道を30分強、城跡南側の分岐にたどりついたのですが、標識はまだ残り0.8km

あれから800mしか進んでいませんでした。


e0158128_21462333.jpg

でも、ここからは尾根道で歩きやすく、北へ5分ほど進むと、はっきりとした遺構が始まります。

まずは堀切跡


e0158128_21473001.jpg

さらに北へ5分ほど進むと、櫛橋丸への誘導表示が。

登ってみます。


e0158128_21485302.jpg

櫛橋丸です。


e0158128_21485705.jpg

櫛橋丸からの眺望です。


e0158128_21505849.jpg

さらに5分ほど進むと、二の丸跡にたどり着きます。


e0158128_21510283.jpg

結構な面積です。


e0158128_21524329.jpg

そして、さらにそこから5分進んだところに、本丸跡があります。


e0158128_21534684.jpg

標高440mの山頂です。


e0158128_21552899.jpg

本丸跡に設置されている案内板。


e0158128_21553203.jpg

縄張り図です。


e0158128_21573631.jpg

九州で勢力を立て直した足利尊氏は、再び兵庫へ攻め上ってきますが、これを阻止すべく新田義貞が西へ向かいます。

e0158128_22001643.jpg

ところが、その動きを見た播磨国の守護大名・赤松則村(円心)がこれを食い止めます。

この戦いを「白旗山合戦」と呼びます。


e0158128_22002074.jpg

『太平記』によれば、東上する足利軍を迎え撃つ新田軍約6万を、ここ白旗城にて50日あまりの間足止めさせたといいます。

その結果、楠木正成はわずかな兵力で、負けるとわかっていた湊川の戦いに出て行かなければならなくなったわけです。


e0158128_22044928.jpg

本丸跡のさらに北側を下ると、三の丸跡があります。


e0158128_22022388.jpg

ここも山頂近くとは思えないほど広い面積の平滑な地で、周りは土塁で囲われています。


e0158128_22022778.jpg

登山は麓から約70分、なかなかハードな道のりでした。


e0158128_22143961.jpg

下山途中、麓にある白旗城跡五輪塔群と、白旗八幡神社、栖雲寺跡に立ち寄りました。


e0158128_22144323.jpg

栖雲寺は円心の次男・赤松貞範が建てたといわれ、ここにある五輪塔群は、白旗城合戦で落命した兵たちの供養塔と言われています。


e0158128_22174928.jpg

麓にある「円心の里」記念碑

その後方に見えるのが、白旗山です。

もう少し、円心の里をめぐってみます。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-06-20 23:46 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その71 「室山城跡」 兵庫県たつの市

ここでまた少し神戸市を離れて、たつの市にある「室山城跡」を訪れました。

築城は播磨の守護大名・赤松則村(円心)といわれ、建武3年(1336年)に足利尊氏が九州に敗走する途中、西下して来る新田義貞の追討軍を阻止すべく、防衛拠点とした城といわれています。

円心は、長男の赤松範資を室山城の守りにつけますが、新田義貞軍によって落城

その後、範資は円心の白旗城に逃れます。


e0158128_21132274.jpg

室山城は兵庫県たつの市の南西端瀬戸内海に面した岬の先にあります。

江戸時代には参勤交代の宿場町として大いに栄えたという室津港が近くにありますが、現在は小さな漁港町となっています。


e0158128_21132677.jpg

城跡の遺構は残っていませんが、カーブT字路の多い町並は、かつて城があったことを感じさせてくれます。

写真は二ノ丸公園からみた瀬戸内海の景色です。


e0158128_21160180.jpg

二ノ丸公園から坂を登っていくと、本丸跡と見られる高台をぐるりと道が囲っています。


e0158128_21160556.jpg

左は高台、右はです。

いかにも城跡っぽい地形ですね。


e0158128_21174315.jpg

高台に登る坂を進むと、石碑が設置されています。


e0158128_21174660.jpg

石碑南面には「遠見番所跡」と記され、東面には「室山城跡」とあります。


e0158128_21191646.jpg

本丸跡と見られる高台は、一応城跡っぽい石垣に囲われています。

もちろん、遺構ではありません。


e0158128_21205378.jpg

高台頂上です。

たぶん、ここが本丸跡です。


e0158128_21205774.jpg

片隅に目をやると・・・「売物件」の看板が!

なんと、本丸跡が売りに出されていました(笑)。

これって、なんとかならないのかなぁ・・・。


e0158128_21221111.jpg

本丸跡から望む瀬戸内海です。


e0158128_21233185.jpg

城跡を離れて、近くの「道の駅」から城跡のあるを望みます。

その後、室町幕府のもとで播磨の守護となった円心は、この地に孫の本郷掃部助直頼赤松雅楽助頼則を置いて守らせました。

さらに時代は下って嘉吉の乱以後は、山名持豊(宗全)の城となりますが、応仁の乱以降は、浦上氏の城となり、赤松氏と対立します。

2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』で、黒田官兵衛の初恋の相手が婚礼の日に赤松氏の襲撃で命を落としたエピソードがありましたが、あの舞台は、ここ室山城です(実際は、官兵衛の妹と伝わります)。


e0158128_21245058.jpg

ここ室津のまちでは、黒田の姫の死を悼んでひな祭りを半年延期、8月に行う「八朔のひな祭り」という風習があるそうです。

この辺りは、冬は牡蠣が美味しいんですよね。

さて、次回は範資が逃げ込んだ白旗城を訪れます。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-06-17 00:14 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その69 「福海寺(足利尊氏開祖)」 神戸市兵庫区

足利尊氏が開祖という神戸市兵庫区の福海寺に来ました。

建武3年(1336年)、京都を脱出して西へと敗走する足利尊氏が、新田義貞の軍勢に追われたとき、この地にあった観音堂の下に身を隠して難を逃れたといわれ、その報恩のため、のちに尊氏がこの寺を建立したと伝えられています。


e0158128_20480731.jpg

先の話になりますが、「湊川の戦い」楠本正成が戦死し、新田義貞が敗走したことにより、足利尊氏は京へ戻り、延元元年/建武3年(1336年)8月に後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)を廃し、持明院統光明天皇(北朝第2代天皇)を擁立します。

しかし、その12月、京を脱出した後醍醐天皇は奈良県の吉野に逃れ、自己が正統の天皇であると主張し、ここに京都の朝廷(北朝)と吉野の朝廷(南朝)が両立することになり、南北朝の動乱がはじまります。


e0158128_20500247.jpg

そんななか、尊氏は延元3年/建武5年(1338年)8月に、光明天皇から征夷大将軍の宣下を賜り、幕府を開きました。

そして、興国5年/康永3年(1344年)、ここ福海寺を創建します。


e0158128_20510308.jpg

入口横の壁にあった「太平記合戦図」です。

先述した福海寺の前身である針ヶ崎観音堂の下に避難する様子が描かれているそうです。


e0158128_20520042.jpg

境内には、尊氏の歌碑があります。


「彼の岸へ 渡す誓いの船出には 我も乗りえん 賽は火の海」


尊氏が兵庫から落のびる心境を詠ったものだとか。


e0158128_20531237.jpg

寺の紋である「二引両」は、足利氏の家紋からきています。

e0158128_20264306.jpg

なお、足利尊氏が兵庫で敗れ九州へ逃げたあと、逃げ遅れた足利軍の軍勢は持っていた軍旗の「二引両」の紋の間を黒く塗って2本線1本線にし、にわか「一引両」(新田家の家紋)にしたという逸話が残されています。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-06-15 00:41 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その67 「藤之寺(北風家菩提寺)」 神戸市兵庫区

神戸市兵庫区にある、藤之寺にやってきました。

ここは兵庫津の豪商・北風家の菩提寺として知られますが、その北風家の祖先が、『太平記』に関わっていると知り、ここを訪れました。


e0158128_20544044.jpg

伝承によると、建武3年(1336年)2月10・11日の打出合戦に破れた足利尊氏軍が、兵庫津から船で九州に敗走しようとしていたとき、この地に古くから住む豪族・白藤氏の第44代・白藤惟村が、北風を利用して足利軍の船に火をつけ、足利軍に大きなダメージを与えたそうです。

その功により、足利追討軍の新田義貞から軍忠状とその佩刀を賜り、北風にあやかって「喜多風」の姓を受け、さらに、惟村は新田義貞から「貞」の一字を譲り受け、喜多風貞村と名乗るようになったそうです。


e0158128_20544596.jpg

しかし、その新田軍が湊川の戦いで敗走すると、喜多風一族もそれとともに隠遁、その後、なんとか一族の滅亡は逃れたものの、室町時代は目立った活躍はなかったようです。

やがて江戸時代に入り、姓を「北風」と改めると、廻漕業を営むようになり、寛永年間(1624~1648)には、北風彦太郎が越後米、加賀米を西廻り下関を経て瀬戸内海から兵庫に廻漕するルートを開き、莫大な富を築きます。

第63代・北風荘右衛門貞幹のときには、俳人与謝蕪村パトロンとなったり、無名時代の高田屋嘉兵衛を後援したりしたそうです。

また、幕末から明治にかけての当主・北風正造(第66代荘右衛門貞忠)は、表向き幕府の御用達を勤めながら、勤皇の志士側たちに資金と情報を提供し、倒幕を推進しました。

しかし、正造はあまりにも公徳心が強すぎ、明治に入って家業は倒産してしまいます。


e0158128_20544953.jpg

新田軍に与したことから始まり、倒幕軍に与して終わった北風家。

時代は違えど勤皇だったんですね。

その北風家の一族が、ここに眠ります。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-06-09 23:52 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

神戸の古墳めぐり その4 ~処女塚古墳・西求女塚古墳・東求女塚古墳~

神戸市東灘区御影町に、処女塚(おとめづか)古墳という全長約70m前方後方墳があるのですが、その処女塚を中心に東西約2kmの位置に、東求女塚西求女塚と呼ばれる古墳があります。

e0158128_19170731.jpg

その名称から連想されるように、この3つの古墳には、男女の三角関係の悲恋話が古くから伝わります。

e0158128_19272409.jpg

太古の昔、現在の神戸市東部から芦屋市にかけて、大阪湾沿岸の湿地に茂る芦を屋根にふいて葦屋(あしのや)と呼ばれていたそうですが、伝承によれば、その葦屋に菟原処女(うないおとめ)という可憐な娘がいて、多くの若者が思いを寄せていたといいます。

なかでも、同じ里に住む菟原壮士(うないおとこ)と、和泉国から来た茅渟壮士(ちぬおとこ)という二人の男が彼女を深く愛し、激しく争うことになりました。

これに心を傷めた処女は身を処しかね、嘆きつつ自ら命を絶ってしまいます。

処女の死を知った壮士たちは深く悲しみ、二人とも後を追いました。

親族たちは、このことを長く語り継ごうと、処女の墓を中央に、壮士たちの墓を両側に作ったと伝えられます。

e0158128_19273836.jpg

この『菟原処女の伝説』は、古くは『万葉集』にも歌が残されており、奈良時代から語り継がれてきたそうです。

しかし、発掘調査によると、実際には築造時期がそれぞれ異なっているそうで、事実とは考えられないようですね。

e0158128_19281993.jpg

処女塚古墳には、もうひとつの伝承があります。

建武3年(1336年)に起きた「湊川の戦い」で、敗れた新田義貞が敗走の途中この地に立ち寄り、処女塚に登って敵を防いだといいます。

このとき義貞に従っていた小山田高家という武将は、自身の馬に義貞を乗せて逃し、身代わりとなって討死したと伝わります。

e0158128_19304853.jpg

処女塚古墳の片隅には、弘化3年(1846年)に建てられたと伝わる小山田高家の石碑があります。

e0158128_19334238.jpg

上の写真は、東求女塚古墳

『菟原処女の伝説』で言うところの茅渟壮士の墓です。

e0158128_19343555.jpg

現在は公園になっていて、塚の原型は留めず石碑だけが建てられています。

e0158128_19373956.jpg

そして、こちらは西求女塚古墳

『菟原処女の伝説』で言うところの菟原壮士の墓です。

e0158128_19394575.jpg

こちらも公園となっているのですが、こっちの方は、全長約95m前方後方墳の形が復元されています。

発掘調査によると、卑弥呼の鏡と言われる三角縁神獣鏡をはじめ、たくさんの埋葬品が出土したそうで、ヤマト朝廷と深く関わりを持った豪族の墓と考えられているそうです。

築造時期は3世紀後半で、神戸市内では最も古い古墳だそうです。

e0158128_19512456.jpg
(『摂津名所図会』より。生田川に浮かぶ水鳥を射んとする2人の男と見守る菟原処女)

いまは、ビルなどの建物に隠れてそれぞれの古墳は見渡せませんが、当時は、きっと処女塚を中心に東西に古墳が見渡せて、こんな伝承が生まれたのでしょう。



神戸の古墳めぐり その1 ~五色塚古墳と小壺古墳~
神戸の古墳めぐり その2 ~吉田王塚古墳~
神戸の古墳めぐり その3 ~狩口台きつね塚古墳~
神戸の古墳めぐり その5 ~大歳山遺跡公園・舞子古墳群~

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-04-06 21:45 | 神戸の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)