タグ:明智光秀 ( 20 ) タグの人気記事

 

山崎合戦のまちを歩く。 その15 「明智藪~明智光秀胴塚~小栗栖八幡宮」

シリーズ最終稿です。

羽柴秀吉軍の追撃を受けて勝龍寺城を脱出した明智光秀は、自身の居城である坂本城に落ち延びる途中、小栗栖の藪で土民の竹槍に刺されて落命したと伝わります。

山崎合戦の舞台からはずいぶんと離れますが、ここまできたら、光秀の最期を見届けようと思い、京都市伏見区小栗栖に伝わる光秀落命の地にやってきました。


e0158128_21015158.jpg

「明智藪」という名称がついているようです。

付近まで行くと、上の写真ような誘導看板が設置されていて分かりやすかったです。


e0158128_21020955.jpg

民家の横の細い道を入っていくと、石碑のようなものが見えてきました。


e0158128_21023881.jpg

「明智藪」と刻まれた石碑と説明書きがあります。


e0158128_21030000.jpg

よく読んで見ると、「信長の近臣小栗栖館の武士集団飯田一党の襲撃された」とあります。

えっ? 光秀は土民に殺られたというのが通説だったと思いますが、「飯田一党」という武士団に殺られたの?


e0158128_21033190.jpg

石碑の奥は、まさしくただの竹藪でした。

現在は、近くに民家も学校もある開けた町なので、藪はほんの一角にすぎませんが、たぶん当時は、この辺り一帯が鬱蒼とした藪のなかだったのでしょうね。


e0158128_21035433.jpg

近くにある本経寺に、光秀の供養塔があると聞いたので、立ち寄ってみました。


e0158128_21041320.jpg

石碑は新しいもののようですが、前の石灯籠は古いもののようです。


e0158128_21044176.jpg

また、明智藪から北に500mほど上がったところに、光秀の胴塚と伝わる場所があります。

探すのに苦労したのですが、ぶどう直売店やコイン精米所の並ぶ一角に、ひっそりと墓碑が建っていました。


e0158128_21045636.jpg

説明板のようなものが設置されていなかったので、詳細はわかりませんが、墓碑が建てられたのは昭和45年と刻まれていました。

でも、それまでも、きっと地域の人々によって供養されてきたのでしょうね。


e0158128_21052758.jpg

最後にもう1か所、明智藪から200mほどしか離れていない場所に、小栗栖八幡宮という古そうな神社があるのですが、帰り道、吸い寄せられるように同地に立ち寄りました。


e0158128_21055631.jpg

創建は清和天皇(第56代天皇)時代の貞観4年(864年)と伝えられるそうで、説明板によると、室町時代には社領三十六石と栄えていたそうですが、その後は寂れていたようです。

ただ、そんなことより、由来を読んでみて目からウロコが・・・。


e0158128_21061030.jpg

「地頭は飯田左近将監。左近屋敷は、神主で、小栗栖城主で、飯田家の屋敷であり、現在は石垣のみ残る。」とあります。

ここで思い出されるのは、明智藪の石碑にあった「飯田一党」という武士集団。

あの「飯田」は、この「飯田」なんですね。


e0158128_21091660.jpg

即座にスマホでググってみると、かつてこの近くには小栗栖城があって、その城主だった飯田氏織田信長の傘下だったそうで、従って、「本能寺の変」後のこの時点では、光秀にとってだったと思われます。

まあ、光秀の最期も諸説あって、なかには生存説なんかもあったりしますから、これもひとつの説として鵜呑みにはできないのでしょうが、ここに本当に敵陣の城があったのなら、十分にある話ですね。

でも、だとすれば、なぜこれほど敵陣に近い道を光秀は通ったのか?・・・という疑問が出てきます。

いずれにせよ、今となっては、真相はまさに藪のなか・・・ですね。

お後がよろしいようで・・・。



このシリーズの他の記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-08-04 16:38 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

山崎合戦のまちを歩く。 その14 「洞ヶ峠」

「洞ヶ峠を決め込む」という言葉がありますよね。

両者を比べて、有利な方につくために形勢を観察し、日和見的な態度をとることを言いますが、この言葉の由来は、山崎合戦明智光秀から援軍要請を受けた大和国郡山城主筒井順慶が、羽柴秀吉明智光秀のどちらに加勢しようかと、洞ヶ峠に陣取って形勢をうかがったというにちなみます


e0158128_20162328.jpg

「洞ヶ峠」という名称は現在も残っており、京都府八幡市と大阪府枚方市の府境にあります。


e0158128_20280622.jpg

現在のロケーションはこんな感じ。

飲食店などが立ち並ぶ開発された町並みで、当時の痕跡を見ることはできません。


e0158128_20283051.jpg

「八幡洞ヶ峠」の交差点の片隅には、「筒井順慶陣所跡」と刻まれた石碑が、ひっそりと建っています。

碑は道しるべも兼ねていて、『右西双子塚三丁、左圓福寺三丁』とありました。

いつ建てられたものかはわかりませんが、かなり古いもののようです。


e0158128_20285669.jpg


峠の頂上付近には、「洞ヶ峠茶屋」という屋号のかやぶき屋根そば屋がありました。

べつに史跡というわけではないようですが、ちょうど昼食時だったこともあり、入って見ることに・・・。


e0158128_20291236.jpg

入口には、教育委員会が作った「洞ヶ峠」伝承の説明板が設置されていました。

何度もいいますが、お店自体は史跡ではありません。


e0158128_20292675.jpg

店内はこんな感じ。


e0158128_20294290.jpg

席につくと、洞ヶ峠茶屋と洞ヶ峠伝承を紹介した新聞記事がテーブルに置かれていました。


e0158128_20295508.jpg

で、これが「順慶定食」1300円です(笑)。

具がたっぷりはいったうどん(そば)二玉に、小鉢が3品も付いたボリューム満点の逸品です。

でも、なんで「順慶」なのかはわかりません(笑)。


e0158128_20301299.jpg

お店はぼたもちが名物らしく、せっかくなので買って帰りました。

帰宅して包装を開けてビックリ!

で・・・デカイ!!


e0158128_20304141.jpg

ちなみに、洞ヶ峠の伝承についてですが、実際には、筒井順慶は「本能寺の変」のあと、郡山城に籠城を決め込んでいて、洞ヶ峠には来ていないという説が正しいようです。

なぜ、このような話が生まれたのかはわかりませんが、伝承なんて、案外そんなものなのでしょうね。

不名誉な伝承で汚名を着せられた筒井順慶は気の毒ですが、そのおかげで、洞ヶ峠という名称が世に知れ渡っていて、わたしも、このぼたもちに巡り会えました(笑)。


次回、シリーズ最終回です。




このシリーズの他の記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-08-03 18:49 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(0)  

山崎合戦のまちを歩く。 その12 「勝龍寺城跡 ~前編~」

前稿で紹介した恵解山古墳から北東へ500mほどのところに、勝龍寺城跡があります。

山崎合戦において羽柴秀吉に敗れた明智光秀は、一時、ここ勝龍寺城に逃げ込んだと伝えられます。

当時、勝龍寺城には光秀の三女・玉(ガラシャ)が嫁いでいました。


e0158128_14095464.jpg

応仁・文明の乱頃から、寺院としての勝龍寺が臨時的なとしてしばしば使われていたようですが、恒常的な城として確実な史料が残されているのは、元亀2年(1574年)に織田信長が京都の防御拠点として細川藤孝に勝龍寺城の普請を命じたことに始まります。

「幽斎」の雅号で知られる藤孝は、肥後細川家の中興の祖と言われる人物で、あの細川護熙元総理大臣のご先祖さんとして有名ですね。

藤孝は光秀との親交が深く、一説には、藤孝と信長を引き合わせたのも光秀だったといいます。


e0158128_14103593.jpg

現在の勝龍寺城は、昭和63年(1988年)から発掘調査が行われ、平成4年(1992年)に勝龍寺城公園として蘇ったものです。

発掘調査の結果、穴太積の石垣枡形虎口など、のちの安土城大坂城など織豊時代の城郭に見られる特徴の先行的城郭だったことがわかったそうです・・・と、現地のボランティアで解説されていたご老人がおっしゃっていました。


e0158128_14105904.jpg

現在公園として整備されているのは、本丸跡と西側の沼田丸跡です。

本丸跡の周辺は、で囲われています。


e0158128_14111230.jpg

本丸を囲む土塁の上に石垣を積んだを作り、角の隅櫓と連結して守りを固める構造の建物を「多聞櫓」といいますが、これも、確認された遺構としては、ここ勝龍寺城が最古なんだそうです。


e0158128_14112586.jpg

南門です。

枡形虎口になっています。

「枡形」とは、出入り口の通路を直角に曲げて、大軍が侵入しづらく考えられた設計のことを言います。


e0158128_14113925.jpg

城門の向こうに見えるのは、模擬天守(櫓?)です。


e0158128_14115603.jpg

天守が存在していたことは間違いないようですが、文書の史料しかなく、復元はできません。

現在の建造物は、あくまで模擬です。


e0158128_14121079.jpg

こちらは北門跡

やはり、枡形になっています。


e0158128_14122112.jpg

外側から見た北門跡です。


e0158128_14124632.jpg

北門跡の側には、発掘調査の際に石垣跡から多数出土した石仏五輪塔が祀られていました。

当時、石垣にそれらの石材を使用することは、珍しくありませんでした。


e0158128_14130086.jpg

やっぱ、城跡レポートは長くなっちゃいますね。

もう一回、勝龍寺城の続きをやります。




このシリーズの他の記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-07-28 14:17 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

山崎合戦のまちを歩く。 その11 「明智光秀本陣(境野1号墳・恵解山古墳)」

石碑のある公園から北東へ500mほど歩いたところに、山崎合戦において明智光秀本陣を布いたと考えられている場所があります。


e0158128_22242696.jpg

『太閤記』の記述に、光秀の本陣は「御坊塚」に布かれたとありますが、その「御坊塚」というのが、かつてこの地にあった境野古墳群のなかの境野1号墳と推定されているそうです。


e0158128_22253952.jpg

現在、古墳はサントリーの工場敷地内になっており、中には入れません。

フェンスの外に、説明看板が建てられているだけです。


e0158128_22261850.jpg

ただ、その横には墓地があり、そこにはかなり古い墓石や祠がありました。


e0158128_22255579.jpg

地蔵はいつの時代のものでしょう・・・あるいは、合戦を知っているかもしれませんね。


e0158128_22263604.jpg

また、光秀本陣と考えられているもうひとつの説として考えられているのが、境野1号墳から500mほど北上したところにある恵解山古墳(いげのやまこふん)です。

こちらは大山崎町のお隣の長岡京市になります。


e0158128_22270151.jpg

もともと、2つの説があって結論をみていなかったそうですが、平成23年(2011年)の発掘調査で、火繩銃の玉や、兵が駐屯するために古墳を平らに整形した曲輪の跡、幅4~5m、深さ約2mで、49mにわたる堀跡などが見つかったそうで、現在では、こっちの説のほうが有力になりつつあるようです。


e0158128_22271888.jpg

全長120m、後円部径60m、高さ8m、前方部幅55m、高さ6.5mの前方後円墳で、幅30mの周濠を持ちます。

陣城(付城)として使用するには、最適な大きさなんじゃないでしょうか。


e0158128_22273109.jpg

現在は史跡公園として整備され、市民憩いの場となっています。


e0158128_22274668.jpg

すぐ北側にある歩道橋から撮影した眺望です。


e0158128_22280454.jpg
e0158128_22280776.jpg
e0158128_22281094.jpg

歩道橋には、古墳及び山崎合戦を紹介する説明板がありました。


e0158128_22283869.jpg

墳丘の上から見た天王山です。

いまは建物がひしめき合っていますが、当時は、ここから天王山の麓までが開けていて、合戦の舞台になりました。

光秀はこの地で、次々に敗走する自軍の兵を見ながら、何を思っていたでしょう。

次回に続きます。



このシリーズの他の記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-07-22 18:16 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

山崎合戦のまちを歩く。 その10 「山崎合戦古戦場碑」

名神高速道路の大山崎インターチェンジを降りてすぐのところに、「山崎合戦古戦場碑」があると聞いてやってきました。

当時の合戦図を検証すると、ちょうどインターチェンジあたりを境に、明智光秀軍と羽柴秀吉軍が対峙していたと考えられているそうで、その中心あたりに近年石碑を建てたとか。


e0158128_17534027.jpg

で、現地に足を運んでみたのですが、なかなか石碑が見つからない。

ネットの情報では、大山崎中学校の校門付近に建っているとのことだったのですが・・・。


e0158128_17552686.jpg

学校の周りをいくら探しても見当たらず、途方にくれていたのですが、ふと、道路を挟んで西側にある高速道路の高架下に、「天王山」と書かれたが目に入り、行ってみることに・・・。


e0158128_17584507.jpg

やっと石碑が見つかりました!

どうやら、ここに移設されていたみたいですね。


e0158128_18001941.jpg

ここは「天王山夢ほたる公園」という名称で、昨年5月にオープンしたばかりの公園だそうです。

どうりで、ネットにもカーナビにも出てこないはずです。


e0158128_18021083.jpg

石碑は教育委員会が建てたものだそうですが、残念なことに字がきたない(苦笑)。

この日は、わが家の中2の娘も一緒だったのですが、書道有段者の娘曰く、「わたしのほうが上手い」と・・・。

たしかに(笑)。


e0158128_18030565.jpg

公園から見た天王山です。


e0158128_18043633.jpg

何度も言いますが、「天下分け目」「関ヶ原」です!!!


次回に続きます。




このシリーズの記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-07-21 22:20 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

山崎合戦のまちを歩く。 その6 「天王山山頂(山崎城跡)」

山崎の戦いで明智光秀に勝利した羽柴(豊臣)秀吉は、天王山山頂に天守を持つ城を築きます。

この城は山崎城とも天王山城ともいい、のちに大坂城が築かれるまでの秀吉の本拠地となりました。


e0158128_20564685.jpg

酒解神社を過ぎたあたりから、いくつもの曲輪跡らしき遺構が確認できます。


e0158128_20575887.jpg

土塁っぽいですね。


e0158128_20591877.jpg

山頂に繋がる登り口、どうやらここが虎口のようです。


e0158128_21005108.jpg

山頂にあがると、主郭跡は広場になっています。

この日はたいへんいい天気だったので、ハイキング客で賑わっていました。


e0158128_21031861.jpg

説明看板です。


e0158128_21033048.jpg

こちらは縄張り図


e0158128_21060893.jpg

主郭の北側は、さらに盛り上がった丘になっています。

縄張り図によると、ここが天守台のようです。


e0158128_21062567.jpg

中央には、「天王山山頂、標高270.4メートル」と書かれた標識が建てられていました。


e0158128_21082136.jpg

こちらは井戸跡


e0158128_21104221.jpg

主郭の周りには、土塁跡が確認できます。


e0158128_21105737.jpg

秀吉がこの地を本拠地としたのは、わずか2年ほど。

天正12年(1584年)4月には、山崎城は破却されてしまいます。

このとき、山崎城の天守も取り壊されたと伝わり、どの程度の規模かは定かではありませんが、天守があったことがわかっています。

山崎地方では、この地は字古城と呼ばれ、その後も城跡と認識されていました。

わずか2年の歴史しかない山崎城ですが、秀吉の天下統一の出発点として、歴史に大きな存在感を残しています。


e0158128_21134561.jpg

ゆっくり史跡を見ながらの登山だったので、麓から山頂まで1時間ほどかかりましたが、帰路は20分ほどで下山できました。

帰りに宝積寺によって、こんなものをいただきました。


e0158128_21192420.jpg

天王山登頂証明書

天王山を制覇しちゃいました(笑)。

でも、何度もいいますが、天下分け目「関ヶ原」です!


さて、天王山を制覇したので、次回からは周辺史跡をめぐります。




このシリーズの記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-07-07 07:12 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

山崎合戦のまちを歩く。 その4 「山崎合戦旗立松」

天王山八合目あたりに、「旗立松」と刻まれた石碑石灯籠があり、その横に松の木が植えられています。

説明板によると、山崎合戦の際に羽柴(豊臣)秀吉がここにあった老松の樹上高くに旗印を掲げ、自軍の士気を高めたと伝えられるそうです。


e0158128_20041397.jpg

当時の旗立松は明治中期ごろまでは、その姿をとどめていたそうですが、朽ちてしまったそうです。

e0158128_20053019.jpg

その後、幾度か植樹を繰り返し、説明看板には5代目とありますが、現在の松はその6代目だそうです。


e0158128_20062341.jpg

オリジナルの松は、きっと麓からも見えるほど大きな松だったのでしょう。


e0158128_20085629.jpg

すぐ横には、「山崎合戦の地」と刻まれた石碑があります。

実際には、合戦は山中ではなくで行われたんですけどね。


e0158128_20091773.jpg

こちらは裏面。




その側には、説明板があるのですが・・・。


e0158128_20093342.jpg

読めません(笑)。


e0158128_20105021.jpg

近くには、古戦場を望める展望台があります。


e0158128_20165507.jpg

木が茂ってよく見えないですが、高速道路が見えるあのあたりを境に、北に明智軍、南に羽柴軍が陣取っていました。


e0158128_20173420.jpg

展望台にある説明板です。


e0158128_20174362.jpg

『太閤記』によれば、秀吉の軍勢4万人に対し明智光秀1万6千人とあります。

夕方4時頃から始まった合戦は、わずか3時間ほどで決着がつき、軍勢に勝る羽柴軍の一方的な勝利に終わります。

その後、光秀は敗走し、落ち延びる途中、小栗栖の藪で土民の竹槍に刺されて落命します。

世に言う「光秀の三日天下」ですね。


次回に続きます。




このシリーズの記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-06-24 07:29 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(0)  

山崎合戦のまちを歩く。 その3 「天王山登山道~秀吉の道陶板絵図」

宝積寺をあとにして天王山山頂を目指します。

登山道はハイキングコースになっていますので、そう苦もなくのぼれます。


e0158128_19403424.jpg

この日は昨秋10月18日の気候のいい日だったので、絶好のハイキング日和で多くの登山客とすれ違いました。


e0158128_19415258.jpg

途中の休憩所から見た天王山南側の眺望

中央の高いビルとビルの間に、かすかに大坂城が見えるとのことですが・・・。


e0158128_19420819.jpg

う~ん・・・見えるような見えないような・・・。


e0158128_19432796.jpg

登山道の道中には、頂上まで数カ所に分けて「秀吉の道」というタイトルの大きな陶板絵図が設置されています。

説明書きを見ると、堺屋太一氏の監修・解説、岩井弘氏の屏風画なんだとか。

お金かけてますねぇ。

せっかくなので、まとめて紹介しておきます。


e0158128_19455961.jpg

最初に目にしたのが、ハイキングコース最初の展望台「青木葉谷展望台」に設置された陶板絵図。

題名は「秀吉の中国大返◆勝負を決めた判断と行動◆」

わずか1週間足らずで備中高松城から引き返していた、有名な羽柴(豊臣)秀吉中国大返しが解説されています。


e0158128_19475187.jpg

続いて、ハイキングコース八合目あたりの酒解神社大鳥居をくぐったところに大きな陶板絵図が2枚。


e0158128_19493803.jpg

まずは、山崎合戦直前の各部隊のを描いた絵図。

題名は、「頼みの諸将来たらず◆明智光秀の誤算◆」

明智光秀があてにしていた諸将の援軍は来なかったという、光秀の誤算がテーマです。


e0158128_19494197.jpg

そのすぐ隣の絵図は、まさに合戦の様子を描いたもの。

題名は、「天下分け目の天王山◆勝負は川沿いで決まった◆」

前々稿でも言いましたが、天下分け目は「関ヶ原」だと思うんですけどね。


e0158128_19511206.jpg

さらに山を登って、酒解神社を過ぎたあたりにある絵図。

タイトルは「明智光秀の最後◆古い常識人の敗北◆」

たしかに、光秀はこの時代の常識人、秀吉や信長は非常識人でした。

時代を変える英雄というのは、その時代の人から見れば非常識な人じゃないとだめなんでしょうね。

秀吉に敗れた光秀は、落ち延びる途中、小栗栖の藪で土民の竹槍に刺されて落命しますが、絵図は、まさにその寸前を描いたものです。


e0158128_19524989.jpg

最後は、山頂にある絵図。

題名は「秀吉の『天下人への道』はここからはじまった」

秀吉は光秀との戦いに勝利すると、ここ天王山山頂に山崎城を築城し、大坂城に移るまでの拠点とします。

まさに、秀吉の天下への道はここからはじまりました。

陶板の堺屋氏の解説では、「秀吉のきらびやかな天下。-それはこの天王山の東側で行われた合戦からはじまったのである。」と結んでいます。


それにしても、登山道の道中にこのような立派な陶板を設置するなんて、運搬がたいへんだったでしょうね。

次回につづきます。


このシリーズの記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-06-23 00:02 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(0)  

山崎合戦のまちを歩く。 その1 「天王山登山口」

「ここが勝負の天王山」という言葉がありますよね。

ここ一番の勝負どころのことを「天王山」と表現して、スポーツの実況放送などでよく使われていますが、このたとえの由来が、羽柴(豊臣)秀吉明智光秀が激突した山崎合戦であることは周知のところだと思います。

「本能寺の変」で主君の織田信長を討った光秀が、備中高松城から猛スピードで帰ってきた秀吉に討たれた戦いで、この敗北によって、いわゆる「光秀の三日天下」となってしまったわけですね。

一方の秀吉は、この戦いを制したことで一気に天下人への階段を上ることになるのですが、この山崎の戦いを有利にすすめるうえでの要所となったのが、山崎地区にある標高270.4mの天王山だったことから、勝負のヤマ場のことを「天王山」と言うようになりました。


e0158128_11100726.jpg

天王山は、現在の京都府大阪府府境に位置しますが、その昔も、山城国摂津国国境でした。

関西の人にとっては、名神高速道路の天王山トンネルとして耳馴染みの地名だと思いますが、実はわたし、関西に住む歴史好きを自称しながら、これまで天王山を訪れたことがなかったんです。

で、過日、思い立って天王山を登ってみました。


e0158128_11123804.jpg

JR山崎駅を降りて北へ向かいます。

歴史的に有名な山崎という地名ですが、駅は小さくてローカル感いっぱいです。

e0158128_13402522.jpg

駅前には、秀吉のシンボル「千成瓢箪」の馬印をデザインしたオブジェがあります。


e0158128_11144056.jpg

周辺観光マップです。

左端にサントリー山崎蒸溜所という場所がありますが、洋酒の好きな方はご存知だと思いますが、ここ山崎はサントリーウイスキー「山崎」の発祥の地でもあります。


e0158128_11154605.jpg

踏切の向こうに見えるのが登山口です。

前のリュックを背負った外国人のお姉さんも、天王山の登山客でした。


e0158128_11260439.jpg

登山口です。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、かなりの急勾配です。


e0158128_11274019.jpg

「歴史街道百選」だそうです。


e0158128_11292613.jpg

「天下分け目の天王山」って、「天下分け目の関が原」と混同してません?

たしかに山崎合戦は歴史のターニングポイントではありますが、「天下分け目」という表現はちょっと違うような・・・。

やっぱ、「ここが勝負の天王山」のほうがニュアンス的にしっくりきますよね。


次回へ続きます。



このシリーズの記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-06-08 23:43 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(0)  

「本能寺の変」記念日に再考する歴史のターニングポイント <後編>

記念日を1日過ぎちゃいましたが、昨日の続きです。

今回は、現在の本能寺を訪れました。

e0158128_15575128.jpg

織田信長が横死した「本能寺の変」の7年後にあたる天正17年(1589年)、豊臣秀吉が行った都市計画の区画整理でこの地に移されました。

旧本能寺跡地からは、直線距離にして1.2kmほどに位置します。

e0158128_15580327.jpg

その後も、天明8年(1788年)1月30日に起きた「天明の大火」、そして幕末の元治元年(1864年)7月18日に起きた「元治の大火」によって消失し、現在の本堂は昭和3年(1928年)に再建されたものだそうです。

e0158128_15581527.jpg

境内には、信長の廟所があります。

「本能寺の変」から1ヶ月後に信長の三男・信孝が焼け跡から燼骨を収集し、本能寺跡に墓所を建てたそうですが、その後、同寺の移転とともに、墓所もこの地に移されたそうです。

e0158128_15583471.jpg

いままで数々の小説やドラマなどになってきた「本能寺の変」ですが、どの作品でも概ね同じ描かれ方で、本能寺を包囲した明智軍鉄砲隊で攻撃し、それを信長自身もをとって応戦するも、腕に銃弾を受け、やがて観念した信長は、殿舎に火を放たせて自刃する、というものですよね。

これまで何度も観てきたシーンですが、これがどれほど事実かといえば、複数の史料を元にした、かなり信憑性の高い描写のようです。

e0158128_15585173.jpg

まず、信長の史料として最も信頼されている『信長公記』の記述から。

「是れは謀叛か、如何なる者の企てぞと、御諚のところに、森乱申す様に、明智が者と見え申し候と、言上候へば、是非に及ばずと、上意候。」

有名な「是非に及ばず」の台詞は、ここに記されているものです。

「言うまでもない、戦うまでだ!」といった意味でしょう。

また、同史料によると、

「信長、初めには御弓を取り合ひ、二・三つ遊ばし候へば、何れも時刻到来候て、御弓の弦切れ、その後、御鎗にて御戦ひなされ、御肘に鎗疵を被り、引き退き、これまで御そばに女どもつきそひて居り申し候を、女はくるしからず、急ぎ罷り出でよと、仰せられ、追ひ出させられ、既に御殿に火を懸け、焼け来たり候。
御姿を御見せあるまじきと、おぼしめされ候か。殿中奥深入り給ひ、内よりも御南戸の口を引き立て、無情に御腹めさる」


信長は、初めはで、弦が切れてからはで応戦したが、肘に槍傷を受けたため退き、女中たちを逃がし、御殿に火をつけて自害した・・・とあります。

『信長公記』の著者は信長の家臣だった太田牛一という人ですが、彼自身は本能寺にはいなかったものの、逃された女たちに取材して書いたものだそうです。

e0158128_15590867.jpg

また別の史料としては、ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスの著書『日本史』に、次のように記されています。

「厠から出てきて手と顔を洗っていた信長の背中に、明智方の者が放った矢が命中した。信長はその矢を引き抜き、鎌のような武器(長刀)を手にしてしばらく戦ったが、明智方の鉄砲隊が放った弾丸が左肩に命中すると、自ら部屋に入って障子を閉じ、火を放って自害した」

『信長公記』と少し違うところもありますが、概ね同じストーリーですよね。

『信長公記』が書かれたのはフロイスの死後のことで、同じような描写が日本とヨーロッパで執筆されていることを思えば、ほぼ史実とみていいのでしょう。

炎の中に消えた信長が、どんな死に方をしたかは、想像するしかありませんが。

e0158128_15592321.jpg

写真は「本能寺の変」で命を落とした側近たちの慰霊塔

森蘭丸らの名前も見られます。

e0158128_16010291.jpg

日本史のなかには、その時代時代に数々のターニングポイントがありますが、その中でも、この「本能寺の変」いちばんの分岐点だったとわたしは思います。

天下分け目といわれる「関ヶ原の戦い」ですが、もし、西軍が勝っていたとしても、やはり豊臣政権は長続きしなかったでしょうし、となれば、結局は250万石を有する徳川家覇権が移っていた可能性が高いでしょう。

もし、後醍醐天皇が事を起こさなくても、遠からず鎌倉幕府滅亡していたでしょうし、もし、ペリー艦隊が来航しなくても、他国から何らかの圧力がかかって、結局は明治維新を迎えていたでしょう。

どれも、微妙な狂いは起きていたでしょうが、たぶん、似たような歴史を歩んだと思うんですね。

e0158128_16033956.jpg

ところが、この「本能寺の変」だけは、もし起きていなければ全然違う歴史を辿った可能性が極めて高いといえます。

信長が横死しなければ、当然、豊臣政権はなかったわけですし、となれば、のちの徳川政権も、言うまでもなく存在しません。

現代のわたしたち日本人の国民性は、ほぼ徳川期250年で形成されたといわれますから、もし、徳川政権時代がなければ、日本はずいぶんと違った国になっていたでしょう。

そう考えれば、「本能寺の変」が変えた歴史というのは計り知れないといえます。

一般に「明智光秀の三日天下」などと言われますが、たしかに明智光秀自身が天下人になることはありませんでしたが、天下を大きく変えたという意味では、歴史上なくてはならなかった希有な人物といえます。

ある意味、「天下人」といえるかもしれませんね。

e0158128_16052838.jpg

日本史に興味がない人でも、「本能寺の変」を知らない人はほとんどいないでしょう。

それは、それだけ歴史的に大きな出来事だったからだといえます。

人はこの出来事を400年以上もの長きにわたって語り継ぎ、人間の持つ「おごり」や、人の上に立つ者の「心得」を学び得てきたのかもしれません。

その意味では、後世のわたしたち道徳教科書として、大きな意味を持った歴史の必然だったのかもしれませんね。

温故知新です。




「本能寺の変」記念日に再考する歴史のターニングポイント <前編>



ブログ村ランキングに参加しています。

よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。

   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-06-03 01:40 | 京都の史跡・観光 | Comments(2)