タグ:有馬記念 ( 4 ) タグの人気記事

 

第54回有馬記念 結果

 有馬記念が終わった。結果は下記のとおり
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【有馬記念 全着順】
1着 ドリームジャーニー   2:30.0
2着 ブエナビスタ       1/2
3着 エアシェイディ       4
4着 フォゲッタブル      アタマ
5着 マイネルキッツ      2.1/2
6着 セイウンワンダー     2.1/2
7着 マツリダゴッホ      1.3/4
8着 イコピコ           4
9着 シャドウゲイト       3/4
10着 コスモバルク       クビ
11着 ミヤビランベリ      アタマ
12着 ネヴァブション       7
13着 リーチザクラウン     4
14着 テイエムプリキュア    7
15着 アンライバルド       7
中止 スリーロールス
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 結果的には1・2番人気で決まったものの、馬連740円、馬単1,510円という配当を見れば人気が割れていたことが窺える。それだけ難解なレースで、難解なときは固くおさまるというジンクスどおりの結果に。私も何とかおさえでゲット。元返し程度の配当だったが・・・まぁ、よしとしよう。

 レースはハイペースの展開。勝ったドリームジャーニーはスタート直後から後方待機。理想的な競馬を見せた。2着のブエナビスタはいつもと違って積極策で前へ。鞍乗は初騎乗の横山典で、前に行く競馬は彼のスタイルでもあり予想はされたものの、結果的に展開が向かず差し切られた。しかし、掲示板に載った他の馬が皆後方追い込みの馬であることを考えれば、ブエナビスタの底力はあっぱれ。いずれにしてもこの2頭の強さだけが目立った結果となった。

 3着のエアシェイディ、5着のマイネルキッツは、過去JC組の活躍が目立つこのレースのデータどおり、3歳馬に負けない実力を見せた。4着のフォゲッタブルは、やはりハードなローテーションのせいか、最後のひと伸びがなかった。そしてなんといっても残念なのは、私が予想でもっとも推していたスリーロールスの競争中止。力が未知数だっただけに、期待は大きかったのだが・・・。まともに走った上での結果が見たかった。

 何はともあれ有馬記念が終わると、ようやく今年も終わりだなぁと実感する私である。

私のレース前予想
   ↓↓↓
第54回有馬記念 予想


にほんブログ村に参加しています。
下の応援クリック頂けるとと嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-12-27 17:50 | 競馬 | Trackback | Comments(0)  

第54回有馬記念 予想

 さて、いよいよ有馬記念。4歳馬未出走という異例のメンバーとなった今回の有馬記念。人気は3歳馬中心となった。現在1番人気は今年の桜花賞、オークスの2冠馬ブエナビスタ。確かに実力は認められるものの、秋になって勝ち切れないレースが3走続いている。牡馬の一線級と対戦するのも初めてで、昨年のダイワスカーレットが牝馬として37年ぶりの勝利であったことも考え合わせれば、この圧倒的な1番人気ほどの信頼度は持てない。

 3歳牡馬では、菊花賞の上位3頭が出走している。まずは菊花賞1着馬のスリーロールス。1000万を勝ち上がったばかりの8番人気での勝利でその実力はまだ未知数だが、勝ち時計もまずまずで、たとえ人気薄であっても菊花賞にフロックはないという観点からもここは押さえたい。他の人気馬に比べて比較的前で競馬が出来るところも魅力。菊花賞2着のフォゲッタブルもスリーロールス同様魅力大だが、前走のステーヤーズSが余分。菊花賞から直接有馬なら強く推したいところだが、ローテーションを考えれば割引せざるを得ない。菊花賞3着のセイウンワンダーは、安定はしているものの3歳になって勝ちがない。メンバー薄とはいえ勝利から遠ざかっている馬が有馬記念で勝ち負け出来るとは思えないのでここは見送り。他、菊花賞4着馬で神戸新聞杯をレコード勝ちしたイコピコ、菊花賞1番人気で5着に沈んだリーチザクラウンも気にはなるもののそこまで手を回せないので切り。皐月賞馬のアンライバルドは近走を見れば終わってる感は否めない。

 古馬勢を見渡すと、過去ローテーションで言えばJC組が断然強いのだが、今年はそのJC上位組が参戦していない。JC最先着馬は5着のエアシェイディで、昨年の有馬では3着に着ているものの、今年は勝ちがなく好走もない。JC組は捨てて、今年の宝塚記念の覇者で前走天皇賞6着のドリームジャーニーの方が信頼出来そう。中山巧者で一昨年の有馬記念覇者のマツリダゴッホも多少気にはなるが、昨年同レースでの惨敗と、前走天皇賞での不甲斐ない結果を考えるとここは切り。穴はGⅠレース初出走ながら、今年重賞レース3勝で好調さが伺えるミヤビランベリ。後方待機の人気馬が多いところで、直線の短い中山競馬場で前にいてそのまま粘りこみの展開も大いに予想出来る。買い目あり。

 上記の結論から、今回は勝ち馬を当てるのは非常に難解で、よって馬単、3連単は回避。馬連で勝負したい。本命は10番スリーロールス、2番ブエナビスタ、16番フォゲッタブルの3歳馬のボックスで。そこに古馬の3番ミヤビランベリ、9番ドリームジャーニーを加えて私の買い目は下記のとおり。

馬連②-⑩、⑩-⑯、②-⑯の3点を厚めに。そして
馬連②-③、③-⑩、③-⑯、②-⑨、⑨-⑩、
⑨-⑯
を押さえたい。

 多点買いになってしまった今年の有馬記念。それだけ難解なレースということで、自身の経験から言うと、多点買いになったときほど当たらないモノである。終わってみれば、有馬記念6度目の挑戦のコスモバルクだった・・・・なんてことにはならないとは思うが・・・。
 


にほんブログ村に参加しています。
下の応援クリック頂けるとと嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-12-27 11:56 | 競馬 | Trackback | Comments(0)  

有馬記念、37年ぶり牝馬

完敗だった。強いとわかってはいたが、あそこまで強いとは・・・。
ダイワを捕まえに馬たちは総崩れだった。
ダイワスカーレットを切る予想をした自分が恥ずかしい。

職場の数人で毎年、有馬とダービーで「目指せ100万円馬券」を1点勝負している。
今年はこれ。↓
e0158128_1421056.jpg

全くかすりもしなかった。

個人的にも完敗。やはり有馬記念は難しい。
来年こそは・・・!

以下、第53回有馬記念結果
***********************************************************************
e0158128_146750.jpg

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2008-12-29 14:07 | 競馬 | Trackback | Comments(0)  

有馬記念予想

今年も1年の締め括り、有馬記念が開催される。
枠順は、下記のとおり。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

中山競馬場10R 有馬記念 グランプリ GI
2500m芝・右       定 量 

 1  1 カワカミプリンセス    55.0  横山典弘
 2  2 ベンチャーナイン     55.0  柴田善臣
 3  3 コスモバルク       57.0  松岡正海
 3  4 エアジパング       57.0  藤田伸二
 4  5 フローテーション     55.0  C.ルメール
 4  6 エアシェイディ      57.0  後藤浩輝
 5  7 アルナスライン      57.0  O.ペリエ
 5  8 スクリーンヒーロー    57.0  M.デムーロ
 6  9 メイショウサムソン    57.0  武 豊
 6 10 マツリダゴッホ       57.0  蛯名正義
 7 11 ドリームジャーニー    57.0  池添謙一
 7 12 アサクサキングス     57.0  四位洋文
 8 13 ダイワスカーレット    55.0  安藤勝己
 8 14 アドマイヤモナーク    57.0  川田将雅

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私の勝手予想 
 巷評では、ダイワとマツリダの一騎打ちムードだが、なかなか1、2番人気で落ち着かないのが有馬記念。 過去10年で1、2番人気で決まったのは、1999年のグラスワンダー・スペシャルウィークと、2000年のテイエムオペラオー・メイショウドトウの2回のみ。今年の2頭が、この2回のときほど信頼がおけるとは私は思えない。特に1番人気が予想されるダイワスカーレットは、今年2走しかしていなく、5番人気だった昨年と1番人気の今年では他馬のマークも違うだろう。昨年のような前残りの展開は厳しいように思うのだが。(もしここで勝つようならば、史上最強牝馬と言えよう。)
 人気2頭以外では、メイショウサムソンに期待したい。忘れた頃の実績馬が穴を開けるのも有馬記念の特徴。ラストランのGⅠ4勝馬。展開も向くように思う。ここは狙いたいところ。
 他、穴馬を上げれば、菊花賞2着のフローテーション、混戦の天皇賞5着のエアシェイディあたり。上記をまとめると、私の馬券は、
馬連⑤-⑨、⑨-⑩、⑤-⑩、⑥-⑨、⑥-⑩の5点。馬単を狙うには少々危険なレースだと思う。
 上記はあくまで私の極めて勝手な予想。
ちなみに私は有馬記念でいい思いをした記憶があまりない。
 
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2008-12-28 03:29 | 競馬 | Trackback | Comments(0)