タグ:木村重成 ( 6 ) タグの人気記事

 

真田丸 第49話「前夜」 その1 ~大坂夏の陣開戦~

 さて、いよいよ大坂夏の陣の開戦です。


 ドラマでは、慶長20年(1615年)4月29日に起きた「樫井の戦い」によって戦端が開かれたとされていましたが、史実では、その2日前の4月26日、豊臣方・大野治房隊2千が徳川方・筒井定慶の守備する大和郡山城を落としたことに始まります。徳川軍が大坂城南側の河内平野から進軍してくるであろうと睨んだ豊臣方は、その玄関口である大和口を押さえておきたかったのでしょうね。しかし、ほどなく徳川方・水野勝成隊が大軍で攻め寄せるとの報が届くと、大野隊は大坂城に引き上げます。

 そして大野治房はその2日後、今度は2万(一説には4万)の兵を率いて和泉路を南下。紀伊国から攻め寄せる和歌山城主・浅野長晟軍と和泉国樫井川付近で激突します。浅野軍の兵は約5千。数の上では豊臣方有利でしたが、ここで豊臣方は、取り返しのつかない失態を演じます。先鋒の塙団右衛門直之岡部則綱の軍勢が戦功争いをして飛び出してしまい、その結果、小勢で浅野軍の待つ樫井に飛び込むかたちとなり、浅野軍・亀田高綱隊の鉄砲隊に囲まれた豊臣方先陣は、袋のネズミ状態となってしまいます。やがて岡部隊は敗走し、団右衛門は孤立無援のまま奮闘しますが、遂に矢を股に受け、討ち取られます。大軍といえども、所詮は寄せ集めの烏合の衆、指揮系統が整っていないバラバラの集団だったわけで、一丸となって戦う浅野軍の敵ではありませんでした。結局、豊臣軍は堺の町を焼き払ったのみで、むなしく大坂城に撤退します。


e0158128_2055145.jpg

 その後も大坂城内はなかなか作成計画がまとまりません。真田信繫(幸村)は四天王寺あたりで徳川軍を迎え撃つか、宇治・瀬田方面に出陣する策を唱えますが、結局は後藤又兵衛基次の主張する道明寺方面に陣を布くことに決定。道明寺は大和路から河内平野への入口にあたり、道が狭いため大軍での行軍が難しく、ここを押さえて徳川軍を小隊ごとに撃破するという思惑でした。


e0158128_19355785.jpg

 5月5日夜、大坂方は後藤隊を先陣として大坂城を出陣し、真田信繁(幸村)、毛利勝永約1万2000は第二陣として出陣します。ところが、後藤隊が道明寺付近まで行軍すると、すでに内通者によって情報を得ていた徳川方に押さえられていました。やむなく後藤隊は誉田陵(応神天皇陵)に陣を布き、ここで真田隊ら第二陣との合流を待ちます。しかし、真田隊らの到着が遅れ、業を煮やした後藤隊は単独で行軍しちゃうんですね。この日は濃霧が激しく、第二陣は道に迷っていたとか。ドラマでは又兵衛が功を焦って行軍したことになっていましたが、通説では、信繁たちの遅参が原因だったといわれます。

 6日午前4時頃、後藤2千800小松山に陣を布き、徳川方の伊達政宗3万8千の軍と激突します。この兵力差のなかで後藤隊はよく踏ん張るのですが、結局は多勢に無勢。約8時間の激戦のすえ、正午頃に又兵衛は戦死しました。享年56。


e0158128_4571852.jpg

 同じ頃、河内口の八尾・若江方面では、豊臣方・木村重成6千と、宗我部盛親5千300が布陣し、徳川軍本体12万と激突します。若江方面に布陣していた木村重成は、一時は徳川方、藤堂高虎軍の右翼を撃破する勢いを見せますが、その後、井伊直孝軍との激戦のすえ、討死します。ドラマで、万一首を取られても恥をかかないように兜に香を焚きこめたという話がありましたが、夏の陣の戦後、徳川家康が討ち取られた重成の首を検分したところ、頭髪に香が焚きこめてあったので、家康はその覚悟を大いに称えたという逸話が残っています。重成は豊臣秀頼とほぼ同世代で、重成の母が秀頼の乳母を務めたことから、幼馴染のように育ったといいます。重成の討死を知った秀頼は、大いに悲しんだことでしょう。自身もその2日後に後を追うことになるのですが・・・。


 さすがに今回は長くなりそうなので、明日の稿に続きます。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2016-12-12 21:19 | 真田丸 | Trackback | Comments(0)  

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その22 ~山口重信の墓~

舞台は若江地区に戻って、若江古戦場跡にある木村重成の墓から川を挟んだ北側に、徳川方の武将・山口重信の墓があります。
山口重信は、慶長20年(1615年)5月6日に行われた若江の戦いで豊臣方の木村重成隊と戦い、討死しました。

e0158128_15431876.jpg

山口家は周防の守護・山内氏の流れをくみ、重信の父・山口重政は、徳川家康より常陸国牛久に1万石の領地を与えられますが、慶長18年(1613年)、重信の婚姻をめぐり幕法に反したとして、領地を没収されてしまいます。
そのため、武功をあげて旧領を復活させるべく、大坂夏の陣では井伊直孝隊に父子で参戦していました。
そして、この地で行われた若江の戦いで、先陣を競いあった重信は、木村隊の飯島三郎右衛門5騎を討つ功をあげますが、武運拙く26歳の若さで討死します。
敵方の大将である木村重成も23~4歳
若い命が失われていく悲しさというのは、今も昔も変わりません。

e0158128_1544752.jpg

重信の武功により、寛永5年(1628年)、父・重政に牛久など1万5千石が復され、その後、次男・弘隆が本領1万石、三男・重恒が5千石を継ぎました。
この墓は、重信の33回忌にあたる正保4年(1647年)に弘隆によって建てられたそうです。
現地の説明板によると墓は3m角の礎石の上に亀の背が乗り、その上に高さ3m、幅90cm、厚さ45cmの墓塔が建てられており、総高4.5m以上あるそうです。
墓石正面の銘文には、若江堤の戦いの様子が、幕府の大学頭である林羅山の文章を石川丈山の篆刻で刻まれているそうです。
上部に2尾の龍が彫られており、デザイン的にも貴重な墓塔なんだとか。

e0158128_1545758.jpg

写真の向こうに木樹が茂ったのような場所が見えますが、あそこに、「その18」で紹介した敵方の大将・木村重成の墓があります。

e0158128_15461796.jpg

ふたりの墓所の間は、写真のように川で分断されています。
北側(写真左)に山口重信、南側(写真右)に木村重成の墓があり、現在の住所では、北が東大阪市、南が八尾市の境界となっています。
合戦当日も、この川を挟んで激戦が行われたと伝わりますが、その後、何百年もずっと川を挟んで睨み合ったままともとれますし、死んだあとは敵味方なく隣り合わせの眠っているともいえます。
また、後年、木村重成の子孫が牛久藩山口家に召抱えられ小川姓に改姓したという伝承もあるそうです。
それが事実とすれば、その時点で睨み合いは終わっていたかもしれませんね。

次回に続きます。



大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その2 ~心眼寺(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その3 ~鴫野古戦場跡・佐竹義宣本陣跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その4 ~白山神社(本多忠朝物見のいちょう)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その5 ~野田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その6 ~本町橋~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その7 ~御勝山古墳(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その8 ~大和郡山城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その9 ~忍陵古墳・岡山城跡(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その10 ~徳川家康星田陣営跡・旗掛け松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その11 ~岸和田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その12 ~樫井古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その13 ~塙団右衛門直之の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その14 ~淡輪六郎兵衛重政の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その15 ~法福寺(お菊寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その16 ~大野治胤(道犬斎)の墓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その17 ~今井宗薫屋敷跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その18 ~若江古戦場・木村重成の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その19 ~木村重成菩提寺・蓮城寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その20 ~木村重成本陣跡・銅像~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その21 ~木村重成表忠碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その23 ~飯島三郎右衛門の墓・若江城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その24 ~長宗我部盛親物見の松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その25 ~常光寺・八尾城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その26 ~小松山古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その27 ~玉手山公園(道明寺古戦場)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その28 ~誉田古戦場・薄田隼人碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その29 ~真田幸村休息所跡・志紀長吉神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その30 ~権現塚・中村四郎右衛門正教宅跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その31 ~樋ノ尻口地蔵・全興寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その32 ~安藤正次の墓・願正寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その33 ~桑津古戦場跡・柴田正俊の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その34 ~茶臼山古墳古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その35 ~安居神社(真田幸村終焉の地)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その36 ~一心寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その37 ~玉造稲荷神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その38 ~方広寺大仏殿の梵鐘~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その39 ~淀殿の墓(太融寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その40 ~伝・徳川家康の墓(南宗寺)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-11-12 15:47 | 大坂の陣ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その21 ~木村重成表忠碑~

若江地区から離れますが、大阪市内の中之島公園内の美術館横にも「木邨長門守重成表忠碑」と刻まれた、でっかい石碑があります。
なぜ中之島公園内に木村重成の石碑があるかというと、かつてこの地に豊臣秀吉・秀頼・秀長を祀る豊國神社があり、その境内にこの石碑が建てられましたが、昭和36年(1961年)に神社は大坂城二の丸に移転し、この石碑だけがここに残されたそうです。

e0158128_18403967.jpg

写真ではわかりづらいですが、高さは4m以上は優にあり、奥行きも1mくらいあると思います。
たぶん、デカすぎて大坂城に移設出来なかったんじゃないでしょうか。

e0158128_18443775.jpg

豊臣秀頼の小姓として仕えた重成ですが、その父・木村重茲は、豊臣秀吉がまだ筑前守だった時代から仕え、各地の戦いで功をあげ、越前国府中12万石を与えられていました。
しかし、晩年の秀吉の悪行のひとつである秀次事件に連座して罪に問われ、摂津国茨木の大門寺において自害して果てます。
このとき、重成の兄や姉も処刑されていますが、当時3歳だった重成はなぜか罪に問われず、しばらく生母とともに近江に逃れていましたが、関ヶ原の戦い後に生母とともに大坂城に召し出されたと伝わります。
そこで、生母は宮内卿と称して秀頼付の保姆となり、重成は秀頼の小姓に挙げられました。
成人した重成は、容姿端麗にして文武の造詣深く、男子としてすべての美点を備えた人物だっとか。
秀頼の信頼も厚く、豊臣姓も与えられていました。

e0158128_18445258.jpg

この表忠碑は、旧彦根藩士で第6代大阪府知事の西村捨三という人が建てたそうですが、名だたる豊臣家の家臣のなかで、なぜ重成の碑をこの地に建てるに至ったかは、よくわかりません。
西村府知事が重成のファンだったんですかね?

次回に続きます。



大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その2 ~心眼寺(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その3 ~鴫野古戦場跡・佐竹義宣本陣跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その4 ~白山神社(本多忠朝物見のいちょう)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その5 ~野田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その6 ~本町橋~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その7 ~御勝山古墳(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その8 ~大和郡山城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その9 ~忍陵古墳・岡山城跡(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その10 ~徳川家康星田陣営跡・旗掛け松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その11 ~岸和田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その12 ~樫井古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その13 ~塙団右衛門直之の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その14 ~淡輪六郎兵衛重政の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その15 ~法福寺(お菊寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その16 ~大野治胤(道犬斎)の墓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その17 ~今井宗薫屋敷跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その18 ~若江古戦場・木村重成の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その19 ~木村重成菩提寺・蓮城寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その20 ~木村重成本陣跡・銅像~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その22 ~山口重信の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その23 ~飯島三郎右衛門の墓・若江城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その24 ~長宗我部盛親物見の松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その25 ~常光寺・八尾城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その26 ~小松山古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その27 ~玉手山公園(道明寺古戦場)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その28 ~誉田古戦場・薄田隼人碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その29 ~真田幸村休息所跡・志紀長吉神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その30 ~権現塚・中村四郎右衛門正教宅跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その31 ~樋ノ尻口地蔵・全興寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その32 ~安藤正次の墓・願正寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その33 ~桑津古戦場跡・柴田正俊の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その34 ~茶臼山古墳古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その35 ~安居神社(真田幸村終焉の地)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その36 ~一心寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その37 ~玉造稲荷神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その38 ~方広寺大仏殿の梵鐘~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その39 ~淀殿の墓(太融寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その40 ~伝・徳川家康の墓(南宗寺)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-11-10 18:51 | 大坂の陣ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その20 ~木村重成本陣跡・銅像~

蓮城寺から歩いてすぐの場所に、木村重成の銅像があります。
この辺りが、若江の戦いの重成本陣だったようです。

e0158128_1722848.jpg

けっこう立派な銅像なんですが、ここを探し当てるのにずいぶん苦労しました。
住宅地の間に隠れるように建っていて、上の写真の1角度のみ銅像が確認できて、少しずれると、住宅や樹木に隠れてわかりません。
結局、何度探しても見当たらず、蓮城寺の方に教えてもらうと、何度も前を歩きながら気づかなかった場所でした。

e0158128_17231911.jpg

重成は豊臣秀頼とほぼ同世代で、重成の母が秀頼の乳母を務めたことから、重成も幼少から秀頼の小姓として仕えたといわれます。
秀頼の信頼が厚く、元服後には豊臣姓を与えられ、重臣として秀頼に仕えました。
主従関係とはいえ、秀頼にしてみれば、数少ない同世代の友達だったのかもしれませんね。

e0158128_17245464.jpg

大阪冬の陣の武功によってその名を広めましたが、夏の陣における若江の戦いで討死します。
前稿でも紹介しましたが、夏の陣の戦後、徳川家康が討ち取られた重成の首を検分したところ、頭髪にが焚きこめてあったので、家康はその覚悟を大いに称えたという逸話が残っています。

e0158128_17263033.jpg

奥には、重成の夫人・青柳の顕彰碑がありました。
大蔵卿局の姪と伝わる青柳は、重成討死のとき妊娠しており、戦後、近江の親族によって匿われ男児を出産し、そして、重成の一周忌を終えると20歳の若さで自害したといいます。
悲しい話です。

e0158128_1728161.jpg

副碑を見ると、この銅像は昭和7年(1932年)に建てられたそうです。
ただ、その副碑が、写真のように倒れたまま無造作に放置されていました。
蓮城寺の方のお話では、ここの地主さんが土地を売りたいと考えているそうで、銅像を蓮城寺に移設できないか、という依頼があったのだとか。
まあ、いろんな事情があるのでしょうが、80年以上ここに建っていたわけで、できればそのままにしておいて欲しいですね。
部外者が勝手なことを言うようですが・・・。

もう一回、木村重成で推します。



大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その2 ~心眼寺(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その3 ~鴫野古戦場跡・佐竹義宣本陣跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その4 ~白山神社(本多忠朝物見のいちょう)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その5 ~野田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その6 ~本町橋~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その7 ~御勝山古墳(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その8 ~大和郡山城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その9 ~忍陵古墳・岡山城跡(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その10 ~徳川家康星田陣営跡・旗掛け松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その11 ~岸和田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その12 ~樫井古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その13 ~塙団右衛門直之の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その14 ~淡輪六郎兵衛重政の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その15 ~法福寺(お菊寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その16 ~大野治胤(道犬斎)の墓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その17 ~今井宗薫屋敷跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その18 ~若江古戦場・木村重成の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その19 ~木村重成菩提寺・蓮城寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その21 ~木村重成表忠碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その22 ~山口重信の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その23 ~飯島三郎右衛門の墓・若江城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その24 ~長宗我部盛親物見の松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その25 ~常光寺・八尾城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その26 ~小松山古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その27 ~玉手山公園(道明寺古戦場)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その28 ~誉田古戦場・薄田隼人碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その29 ~真田幸村休息所跡・志紀長吉神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その30 ~権現塚・中村四郎右衛門正教宅跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その31 ~樋ノ尻口地蔵・全興寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その32 ~安藤正次の墓・願正寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その33 ~桑津古戦場跡・柴田正俊の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その34 ~茶臼山古墳古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その35 ~安居神社(真田幸村終焉の地)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その36 ~一心寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その37 ~玉造稲荷神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その38 ~方広寺大仏殿の梵鐘~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その39 ~淀殿の墓(太融寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その40 ~伝・徳川家康の墓(南宗寺)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-11-06 17:29 | 大坂の陣ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その19 ~木村重成菩提寺・蓮城寺~

木村重成の墓から5分ほど北に歩いたところに、蓮城寺というお寺があります。
ここは木村重成の菩提寺で、若江の戦いの際、重成はこの辺りに陣を布いたそうです。

e0158128_15453563.jpg

境内には重成の位牌堂があります。

e0158128_15485949.jpg

お寺の関係者にお願いすると、快く鍵を開けて中を見せていただけました。

e0158128_15504832.jpg

真ん中が重成の肖像画、右側が重成と夫人の位牌、そして左側が、なぜか加藤清正像です。

e0158128_1553353.jpg

五木ひろしさんに似てませんか?(笑)

e0158128_1613112.jpg

こちらは当時に描かれた肖像画だそうです。
重成は享年23~4歳だったといいますが、どう見てもオジサンのような・・・。

e0158128_16162126.jpg

卒塔婆に隠れちゃっていますが、重成と夫人の位牌です。

e0158128_16181755.jpg

そしてなぜか加藤清正像。
お寺の方にお聞きすると、日蓮宗では、その熱心な信者で外護者だった清正公を祀ることがあるんだそうです。
また、このお堂は九州の日蓮宗寺院にあった清正公堂を移したものだそうです。
へぇ~・・・ですね。

e0158128_1620444.jpg

夏の陣の戦後、徳川家康が討ち取られた重成の首を検分したところ、頭髪にが焚きこめてあったので、家康はその覚悟を大いに称えたという逸話が残っています。
若すぎる死でした。

次回も重成関連です。



大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その2 ~心眼寺(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その3 ~鴫野古戦場跡・佐竹義宣本陣跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その4 ~白山神社(本多忠朝物見のいちょう)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その5 ~野田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その6 ~本町橋~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その7 ~御勝山古墳(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その8 ~大和郡山城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その9 ~忍陵古墳・岡山城跡(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その10 ~徳川家康星田陣営跡・旗掛け松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その11 ~岸和田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その12 ~樫井古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その13 ~塙団右衛門直之の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その14 ~淡輪六郎兵衛重政の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その15 ~法福寺(お菊寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その16 ~大野治胤(道犬斎)の墓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その17 ~今井宗薫屋敷跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その18 ~若江古戦場・木村重成の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その20 ~木村重成本陣跡・銅像~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その21 ~木村重成表忠碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その22 ~山口重信の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その23 ~飯島三郎右衛門の墓・若江城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その24 ~長宗我部盛親物見の松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その25 ~常光寺・八尾城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その26 ~小松山古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その27 ~玉手山公園(道明寺古戦場)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その28 ~誉田古戦場・薄田隼人碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その29 ~真田幸村休息所跡・志紀長吉神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その30 ~権現塚・中村四郎右衛門正教宅跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その31 ~樋ノ尻口地蔵・全興寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その32 ~安藤正次の墓・願正寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その33 ~桑津古戦場跡・柴田正俊の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その34 ~茶臼山古墳古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その35 ~安居神社(真田幸村終焉の地)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その36 ~一心寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その37 ~玉造稲荷神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その38 ~方広寺大仏殿の梵鐘~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その39 ~淀殿の墓(太融寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その40 ~伝・徳川家康の墓(南宗寺)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-11-05 16:25 | 大坂の陣ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その18 ~若江古戦場・木村重成の墓~

舞台は紀州路から河内地区に移ります。
大阪府八尾市と東大阪市の境を流れる川沿いに、大坂の夏の陣で討死した豊臣方の武将・木村重成の墓があります。
ここは、慶長20年(1615年)5月6日に行われた若江の戦いの激戦地となった場所です。

e0158128_4483644.jpg

大阪冬の陣後の講和で堀をすべて埋め立てられてしまい、城を出て戦わざるをえない状況となった豊臣方は、敵は大和路から河内平野を抜けて大坂城南に進軍してくるだろうと見、後藤又兵衛基次、真田信繁(幸村)、毛利勝永らの隊が道明寺方面に出撃し、長宗我部盛親隊が八尾へ、そして木村重成隊がここ若江に兵を進めました。

e0158128_4523590.jpg

そこで徳川方の藤堂高虎軍の右翼・藤堂良重、藤堂良勝を切り崩しますが、その後かけつけた井伊直孝の軍勢による激しい攻撃を受けて木村隊は潰滅
重成本人も槍を持って奮戦しますが、やがて討死します。
まだ23~4歳だったとか。
重成を討ったのは井伊隊の安藤重勝と伝えられますが、同じく井伊隊の庵原朝昌に討たれたものの、朝昌がその功を重勝に譲ったともいわています。

e0158128_4542876.jpg

この墓所は、重成を討ち取った安藤重勝の子孫・安藤次輝が、重成の150回忌に建てたものだそうです。
中央の墓石が重成のもので、左横の小さな墓石は、山口左馬介弘定の墓です。
弘定は加賀大聖寺城6万石の大名・山口宗永の次男で、重成の妹婿にあたる人物だそうです。
重成とともに、この地で戦死しました。

e0158128_4555669.jpg

墓所のある場所は現在公園となっており、入口には石碑があります。
左側の石碑は「木村重成公」、右側の石碑は「噫(あゝ)忠勇武烈」と刻まれ、裏面には「陸軍中将谷寿夫誌」とあります。
昭和14年(1939年に建てられたようです。

e0158128_4571852.jpg

その傍らには、「此付近木村重成奮戦地」と書かれた小さな石碑もあります。
大正八年に建てられたようです。

次回も木村重成関連の史跡を訪ねます。



大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その2 ~心眼寺(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その3 ~鴫野古戦場跡・佐竹義宣本陣跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その4 ~白山神社(本多忠朝物見のいちょう)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その5 ~野田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その6 ~本町橋~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その7 ~御勝山古墳(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その8 ~大和郡山城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その9 ~忍陵古墳・岡山城跡(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その10 ~徳川家康星田陣営跡・旗掛け松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その11 ~岸和田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その12 ~樫井古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その13 ~塙団右衛門直之の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その14 ~淡輪六郎兵衛重政の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その15 ~法福寺(お菊寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その16 ~大野治胤(道犬斎)の墓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その17 ~今井宗薫屋敷跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その19 ~木村重成菩提寺・蓮城寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その20 ~木村重成本陣跡・銅像~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その21 ~木村重成表忠碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その22 ~山口重信の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その23 ~飯島三郎右衛門の墓・若江城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その24 ~長宗我部盛親物見の松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その25 ~常光寺・八尾城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その26 ~小松山古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その27 ~玉手山公園(道明寺古戦場)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その28 ~誉田古戦場・薄田隼人碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その29 ~真田幸村休息所跡・志紀長吉神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その30 ~権現塚・中村四郎右衛門正教宅跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その31 ~樋ノ尻口地蔵・全興寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その32 ~安藤正次の墓・願正寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その33 ~桑津古戦場跡・柴田正俊の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その34 ~茶臼山古墳古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その35 ~安居神社(真田幸村終焉の地)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その36 ~一心寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その37 ~玉造稲荷神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その38 ~方広寺大仏殿の梵鐘~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その39 ~淀殿の墓(太融寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その40 ~伝・徳川家康の墓(南宗寺)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-11-01 04:57 | 大坂の陣ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)