タグ:松田聖子 ( 4 ) タグの人気記事

 

大トリ松田聖子さんの歌唱力の衰えにショックを受けたNHK紅白歌合戦

年が明けて1週間が過ぎましたが、年末年始はほとんどゆっくりできる時間がなく、今頃ようやく録り溜めた正月TVを観はじめました。

といっても、録画した番組の半分以上は、毎年けっきょく観ずに削除することになっちゃうんですけどね。

あまり面白い番組もないですしね。

見るともなしに観ていたらそれなりに楽しめるものの、録り溜めてまで観ようというほどのものでもない。

むかしは、大晦日から正月三が日の間はTVが楽しみだったのに(大昔かな?)、今は正月といっても、普段やってる人気番組の拡張版ばかりで、1年に一度しか観られないという番組は少なくなっちゃいましたもんね(新春かくし芸大会なんて、いつ頃なくなっちゃったんでしょう?)。

そんななか、数少ない1年に一度しか観られない番組『NHK紅白戦』を、昨夜ようやく観ました。

『ガキ使』もいいですが、わたしらオジサン世代は、なんとなく今でも紅白を観て年越しを味わいたいという思いもあるんですよね(1週間遅れで観ておきながらいうのもなんですが)。

といっても、4時間半もベッタリ観るのは無理だし、観ても若いアーチストはわからない人のほうが多いので、適当に早送りでとばしながら、

「ジャニーズとAKBとEXILEの仲間でどんだけおんねん!」とか、

「演歌歌手の後ろで視聴率稼ぎにアイドルを躍らせるのって失礼とちゃうん!」とか、

「なんでメドレーばっかやねん!1曲ちゃんと歌ったほうがええやろ!」など、

好き勝手なことをボヤキながら観ていたのですが、わたしの一番のお目当ては、何と言っても大トリの松田聖子さん。

10代の頃めちゃめちゃファンでしたし、わたしと同じ世代のオジサンたちにとっては、やっぱ永遠のアイドルです。

しかも、今回の歌は『赤いスイートピー』で、この曲は、聖子ファンのみならず好きだという人が多い名曲ですよね。

はっきり言って、聖子ちゃんだけ視聴できたらそれでよかったのですが、中学生の娘と一緒に観てたので、仕方なくジャニーズも観ていたわけで・・・。

で、白組トリのマッチの歌が終わって、お待ちかねのイントロが始まったのですが・・・・。

「ん?・・・低い?」

「え?・・・そう?」

「いや!間違いなく低い!キー下げてる?」

「まさか?!・・・聖子はそんな必要ないやろ!」

「でも低いで!・・・それも、だいぶ低い!・・・半音とかのレベルとちゃう!」

すぐさまユーチューブ原曲を聴いてみると、やはり1音低いキーで歌ってました。

ショックでしたね。

ベテラン歌手が加齢による衰えでキーを下げるというのは珍しい話ではありませんが、まだ50歳過ぎの聖子さんのそれは、やっぱショックでした。

半音ならまだマシですが、1音も下げると、歌のイメージがずいぶん変わっちゃいますからね。

絶対音感などない素人でも、なんとなく違和感を覚えるものです。

ましてや、聖子さんの場合は、あの透きとおったハイトーンボイスが魅力なわけで・・・。

また、たしか昨年の紅白のときも思ったことですが、あの演歌歌手のような溜めた歌い方も、なんとかならないものかと・・・。

たぶん、声の伸びが悪くなったため、声に助走をつけようとしてああいった歌い方になるのだと思いますが、それがあまりにも耳について、違和感を覚えた人がたくさんいたんじゃないでしょうか?

あと、あの必要以上に大げさなヴィブラートも・・・。

音域が狭くなった分をテクニックでカバーしようという意図なのでしょうが、でも、それがかえって歌唱力の低下を感じさせる結果となっているように思えてなりませんでした。

ガッカリでしたね。

スポーツ選手が年とともに衰えるように、どんな一流シンガーでも、加齢による歌唱力の衰えは避けられないものなんだろうとは思います。

マライア・キャリーなんて、聖子さんよりずいぶん若いのに、劣化が甚だしいですもんね。

一方で、シンディ・ローパーなどは、60歳を過ぎてもあのハイトーンボイスは健在ですし、先日の紅白の出場歌手を見ていても、石川さゆりさんなんて、あの高い『津軽海峡冬景色』原曲キーそのままで歌ってましたしね。

個人差はあると思いますが、聖子さんの場合、まだまだ衰えるのは早いんじゃないかと。

彼女に何があったんでしょう?




そんなこんなで、大きなショックを受けた今年(昨年)の紅白でした。

がんばれ! 聖子ちゃん!



ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

by sakanoueno-kumo | 2016-01-07 23:29 | 芸能 | Trackback | Comments(4)  

映画『アナと雪の女王』鑑賞記

先日、話題の映画『アナと雪の女王』(吹き替え版)を、寸暇を惜しんで観てきました。
そもそもディズニー・アニメが好きなわけでもないんですが、これだけ話題沸騰の作品となれば、やはり話のネタに観ておくべきなんじゃないかと思い、といっても中年のオヤジひとりで観に行く勇気はなかったところ、たまたま妻と中1の娘が観に行こうとしていたので、便乗したというわけでして・・・(娘には「え〜!お父さんも行くの〜!」と、思いっきり嫌な顔をされましたが)。
さすがに映画館でも、わたしと同年代以上のオジサンは少なかったですね。

e0158128_2135440.jpg

で、観終えた感想ですが、といっても他のディズニー・アニメに詳しいわけでもないので、過去の作品と比較してどうこうというウンチクを垂れられるわけでもありません。
加えて、ミュージカルというものにもあまり馴染みがないので、これまたどう評していいのか難しいのですが、ひとことで言えば、「ふ〜ん。」といった感想です。
ストレートに言えば、期待していたほどではなかったかな・・・と。

たしかに、映像は綺麗だしCGアニメの技術も見応えがあり、音楽も歌も素晴らしく、たいへん良い作品といえるのでしょうが、『千と千尋の神隠し』『タイタニック』をも抜いて日本歴代興収のトップに躍り出ようとしていると聞くと、そこまでスゴイ作品だろうか?・・・と思うんですね。
ストーリーは、昔からあるお姫様ものの延長線上の話で、いたってシンプルなものでしたし、ストーリーに奥深さが感じられませんでした(ミュージカルとは、そもそもそういうものだと言われるかもしれませんが)。
わかりやすいといえばそうなんでしょうが、あれを観て泣いたという人の声が、わたしにはよくわからなかったですね。
あれなら、ジブリアニメの方が100倍感動できますし、ジブリと比較する自体が間違っていると言うならば、同じディズニー・アニメでも、『トイ・ストーリー』の方がはるかに物語に引き込まれました。
引き込まれたところといえば、歌だけでしょうか。
全体としては、展開が早くテンポが良かったので、だらける感はなく、2時間が短くは感じられましたけどね(時間が短く感じるというのは、名作といえるのかもしれません)。
まあ、そもそも観る前から勝手に期待しすぎてて、少しハードルを上げすぎていたのかもしれません。



ところで、注目すべきは、やはり二人の主役の声優さん、エルサ役で主題歌『Let it Go』が大ヒット中の松たか子さんも素晴らしかったですが、アナ役の神田沙也加さんは見事でしたね。
わたしたち世代のオジサンたちにしてみれば、彼女はどうしても松田聖子さんの娘さんという目で見てしまい、聖子さんの結婚、妊娠、出産の過程を見てきたファンとしては、「なんと立派になったものだ」と、勝手に親戚のオジサン感覚で見てしまいます(笑)。
いや〜、たいしたもんですよ。
松たか子さんの歌唱力は、映画を観る前から『Let it Go』を何度も耳にして知っていましたが、神田沙也加さんの歌唱力も、松さんに決して引けをとらないものでしたし、あるいは、お母さんと比べても負けてないかもしれません。
少なくとも、ファンの目から見てもお世辞にも上手いとは言えないお母さんの演技力に比べれば、沙也加さんのアフレコは素晴らしかったですね。
お母さんには絶対できないですよ、声優は(笑)。

ともあれ、話題沸騰の作品を、なんとか旬のあいだに観られてよかったです。
なんだかんだと言いながら、映画を観たあと、気がつけば「♪ありの〜ままの〜♪」と口ずさんでしまっているわたしです。
松たか子さんの歌声が耳にこびりついて離れません。

「♪すこ〜しも寒くないわ♪」

これが、ミュージカルの妙味なのかもしれませんね。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

by sakanoueno-kumo | 2014-06-05 21:37 | 映画・小説・漫画 | Trackback(1) | Comments(6)  

心に残る名曲 No.9 『白いパラソル』 松田聖子

先週、松田聖子さんが3回目の結婚をされたそうですね。
なんでも、お相手は聖子さんと同世代の一般の方だそうで・・・(たしか「ビビビ婚」のときも一般の方でしたね)。
どういう経緯で交際が始まったのかは知りませんが、現在40歳代の人にとって聖子さんといえば、言わずと知れた永遠の超ビッグアイドル
たぶんお相手の方も、若い頃は少なからずお世話になったことでしょう(笑)。
その頃はまさかまさか、将来そのぶりっ子アイドルが自分の嫁さんになるなんて、ゆめゆめ思わなかったでしょうね。
人生なにが起こるかわからないものです。
ご当人もそうですが、おそらく周りの友人や同級生などの間でも大騒ぎなんじゃないでしょうか。

e0158128_1504085.jpgかくいう私も、何を隠そう聖子さんに憧れていた一人です(笑)。
それも、結構熱心に応援していたくちだということは、当時の写真集エッセイ本を今も捨てずに、しかもすぐに出せるところに置いてあるという、左の写真を見ていただければわかっていただけるかと思います。
たぶん、この写真を見て「懐かしい〜」と思わず声をあげてしまった人、かなりたくさんおられると思いますよ。
保存状態も結構きれいですから、ネットオークションに出せば高値がつくでしょうか(笑)。


松田聖子さんがデビューした昭和55年(1980年)といえば私は中学2年生。
いまさら説明するまでもないでしょうが、その人気たるや大変なもので、当時の男子中学生のほとんどが、聖子ファンかアンチ聖子のどちらかでした。
アンチというのは、ある意味ファンと同じくらい興味を持っていることだと私は思いますので、つまり当時の中学生は、みんな聖子さんに何らかの刺激を受けていたといっても過言ではないと思います。
高校生になると、女子はみんな聖子ちゃんカットでしたよね(笑)。
今、10〜20歳代の若い人は、ぜひご両親の卒業アルバムを見てみてください。
女の子はみ〜んな同じ髪型ですから(笑)。

松田聖子さんの結婚祝いということで、久々に「心に残る名曲」を紹介します(ていうか、当ブログでそんなシリーズをやっていたことをすっかり忘れてました)。
聖子さんの名曲はたくさんありますが、私にとっていちばん心に残っているのは、昭和56年(1981年)にリリースされた6枚目のシングル『白いパラソル』です。



『チェリーブラッサム』『夏の扉』に続いてチューリップ財津和夫さんが作曲した3作目です。
松田聖子さんの名曲といえば、『赤いスイートピー』『スイートメモリーズ』などが人気で、おそらくこの曲をあげる人は少ないんじゃないかと思います。
私も、一番好きな曲と聞かれたら違う曲になるのですが、思い出の曲となればこの曲になります。
どんな思い出かというと、中学3年生の文化祭のステージで、一人でこの歌を歌ったんです。
従姉に借りた水玉模様のワンピースを着て、右手にハンドマイク、左手に白いパラソルを持って(笑)。
当時私は丸坊主だったのですが、家が美容院のクラスメートのお母さんに、聖子ちゃんカットのカツラを作ってもらって、振り付けも完璧に覚えて・・・。
客席は大爆笑の渦でしたよ(笑)。
当時の私は、右上の似顔絵のようなヒゲはありませんでしたが(あたりまえですね・・・笑)、中3ともなれば、一応は声変わりも終わって、ニキビ面のむさ苦しい男になってましたから。
特に女子には大ウケでした。
「カワイイ〜!!!」って(笑)・・・いやマジで(笑)。

あれから30年余り、あの聖子ちゃんが50歳なんですね(50歳でも「聖子ちゃん」と呼ばれて、しかも違和感がないのはサスガですね)。
50歳にして3度目の結婚、今度こそ幸せになって欲しいですね。
でも、結婚されたばかりでこんなこと言うのもなんですが、聖子さんなら4回目5回目があっても許されるような・・・。
先日テレビで、芸能レポーターの井上公造さんが「聖子さんのお陰でわれわれ芸能レポーターは、どれだけ飯を食わせてもらったか・・・」という旨のことを言っておられましたが、正直なところでしょうね。
良くも悪くも、彼女の生き方をリスペクトする女性ファンは多いですし、私生活も含めた彼女の人生そのものがエンターテインメントといえるでしょう。
ということは、まだまだ第4ステージ第5ステージが用意されているのかもしれません。
そのときには、同じく一般男性の私にもチャンスがあるでしょうか?(笑)
え?・・・一般男性といっても、地位名声収入も違う?
・・・言わずもがな(笑)。



ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-06-22 15:25 | 音楽 | Trackback | Comments(0)  

平清盛 キャスト

 2012年の大河ドラマは『平清盛』です。桓武平氏(伊勢平氏)の棟梁の家に生まれ、平安時代末期を生きた平清盛は、わが国最初の武家政権を樹立した人物として後世にその名を残しました。以後、わが国では鎌倉幕府、室町幕府、豊臣政権、江戸幕府と、700年以上もの間ほぼ継続して武家政権が続きました。そんな新しい時代の幕を切って落とした人物として現在では高く評価されながらも、なぜか後世にあまり人気がない清盛。それは、「平氏にあらずんば人にあらず」のことばでも知られるように、専制君主のイメージが強いことと、貴族の世を終わらせたために公家から憎まれ、源氏の仇として鎌倉時代以降の武家からも嫌われ、後世の書物で常に悪人として描かれてきたことが大きいと思われます。

 一般には専制君主のイメージが強い清盛ですが、一方で情にほだされやすく、涙もろいという人間味あふれる人柄の人物だったともいわれます。よく知られているように、平治元年(1159年)の平治の乱後に池禅尼の嘆願を入れ、源頼朝を助命した点などからも、傍若無人な人物ではなかったことがうかがえます。「平氏にあらずんば人にあらず」も、裏をかえせばそれだけ一族、一門を大切にしていたともとれるでしょう。

 「驕る平家は久しからず」を代表する人物として、悪人として描かれることが多かった平清盛。今回のドラマでは、どのような人物像で描かれるのでしょうか。楽しみですね。さて、第1話の放送開始を目前にして、ここでキャストの紹介をしておきます。

***********************************************************************
平家一門
平氏一族
平 清盛・・・・・・・・・・・・・・・・松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)
平 忠盛・・・・・・・・・・・・・・・・中井貴一
平 正盛・・・・・・・・・・・・・・・・中村敦夫
平 忠正・・・・・・・・・・・・・・・・豊原功補
平 家盛・・・・・・・・・・・・・・・・大東駿介
平 頼盛・・・・・・・・・・・・・・・・西島隆弘
平 時忠・・・・・・・・・・・・・・・・森田 剛
女性たち
時子・・・・・・・・・・・・・・・・・・深田恭子
明子・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤あい
宗子・・・・・・・・・・・・・・・・・・和久井映見
滋子・・・・・・・・・・・・・・・・・・成海璃子
秀子・・・・・・・・・・・・・・・・・・海老瀬はな
須磨・・・・・・・・・・・・・・・・・・駒塚由衣
平家家臣
平 家貞・・・・・・・・・・・・・・・・中村梅雀
平 盛国・・・・・・・・・・・・・・・・上川隆也(幼少期:小林廉)
伊藤忠清・・・・・・・・・・・・・・・・藤本隆宏
平 盛康・・・・・・・・・・・・・・・・佐戸井けん太
平 維綱・・・・・・・・・・・・・・・・尾美としのり
源氏一門
源氏一族
源 義朝・・・・・・・・・・・・・・・・玉木 宏
源 為義・・・・・・・・・・・・・・・・小日向文世
由良御前・・・・・・・・・・・・・・・・田中麗奈
常盤御前・・・・・・・・・・・・・・・・武井 咲
源氏家臣
鎌田通清・・・・・・・・・・・・・・・・金田明夫
鎌田正清・・・・・・・・・・・・・・・・趙珉和
頼朝関係
源 頼朝・・・・・・・・・・・・・・・・岡田将生
政子・・・・・・・・・・・・・・・・・・杏
朝廷
白河院関係
白河法皇・・・・・・・・・・・・・・・・伊東四朗
舞子・・・・・・・・・・・・・・・・・・吹石一恵
祇園女御/乙前・・・・・・・・・・・・・松田聖子
鳥羽・後白河院関係
鳥羽上皇・・・・・・・・・・・・・・・・三上博史
後白河天皇・・・・・・・・・・・・・・・松田翔太
崇徳天皇・・・・・・・・・・・・・・・・井浦 新(幼少期:桑代貴明)
璋子・・・・・・・・・・・・・・・・・・檀 れい
堀河局・・・・・・・・・・・・・・・・・りょう
得子・・・・・・・・・・・・・・・・・・松雪泰子
御影・・・・・・・・・・・・・・・・・・横山めぐみ
藤原摂関家
藤原忠実・・・・・・・・・・・・・・・・國村 隼
藤原忠通・・・・・・・・・・・・・・・・堀部圭亮
藤原頼長・・・・・・・・・・・・・・・・山本耕史
その他の貴族
信西・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿部サダヲ
藤原家保・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺 哲
藤原家成・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤二朗
藤原長実・・・・・・・・・・・・・・・・国広富之
高階基章・・・・・・・・・・・・・・・・平田 満
藤原季範・・・・・・・・・・・・・・・・山口良一
その他
西行・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤木直人
兎丸・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤浩次(幼少期:前田航基)
朧月・・・・・・・・・・・・・・・・・・隆 大介
滝次・・・・・・・・・・・・・・・・・・河原崎建三
国松・・・・・・・・・・・・・・・・・・白倉裕二
時松・・・・・・・・・・・・・・・・・・内野謙太
蟬松・・・・・・・・・・・・・・・・・・原 勇弥
荒丹波・・・・・・・・・・・・・・・・・八田浩司
麒麟太夫・・・・・・・・・・・・・・・・須加尾由二
資遠・・・・・・・・・・・・・・・・・・真島公平
***********************************************************************

 清盛役の松山ケンイチさんはもちろん、脇を固める方々も皆さん演技派揃いの豪華キャストですよね。中井貴一さん、中村梅雀さん、上川隆也さんといった大河常連の方々がしっかりと重要な役柄を固めてくれていますし、白河法皇役の伊東四朗さんなんて、何となく想像できて笑っちゃいます。清盛のライバル・源義朝役の玉木宏さん、藤原頼長役の山本耕史さん、信西(藤原通憲)役の阿部サダヲさんも楽しみですね。あと、この物語は源頼朝の視点を通して描いているそうで、その語り部となる頼朝役の岡田将生さんは大河ドラマ史上最年少の語り担当となるそうで、こちらも注目したいところです。あと、個人的に楽しみなのは、祇園女御役の松田聖子さん。昔好きだったもので・・・(笑)。

 さて、当ブログでは、『天地人』『龍馬伝』『江~姫たちの戦国~』『坂の上の雲』と、毎週かならずレビューを起稿してきましたが、今年は正直いって迷っています。ていうか、毎週起稿する自信がありません。その理由のひとつは、平清盛とその時代に私はそれほど詳しくなく、毎週レビューできるほどの材料を持ちあわせていないということ(十数年前に吉川英治著『新・平家物語』は読みましたが、ほとんど忘れちゃってますし、今からあの長編を読み返す勇気は毛頭ありません)。あと、もうひとつの理由は、『龍馬伝』『坂の上の雲』は、得意分野ということもあって楽しんでレビューできましたが、昨年の『江~姫たちの戦国~』のレビューは正直後半苦痛でした。それは、個人的に忙しくてリアルタイムで観ることが少なかったというのもあるのですが、やはり、作品自体に魅力を感じなかったというのも大きいでしょう。それでも、最後は意地で何とか挫折せずに続けられましたが、趣味でやっていることに縛られて苦痛を感じていたら何の意味もありません。

 でも、せっかくここまで続けてきたんだから、やめてしまうのも勿体無い・・・というわけで、今年からは必ず毎週起稿するといった縛りを作らず、書きたいと思った回は書く、忙しいときは無理をしない、というスタイルで、肩の力を抜いていきたいと思います。そんな気まぐれブログですが、よろしければまた覗いてやってください。今年もよろしくお願いします。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-01-07 01:21 | 平清盛 | Comments(2)