タグ:栗山善助利安 ( 4 ) タグの人気記事

 

軍師官兵衛 最終回「乱世ここに終わる」その2 ~エピローグ~

 関ヶ原の戦いにおける黒田長政の活躍によって、黒田家は筑前国名島に52万3000石を与えられます。新天地に入国した黒田官兵衛・長政父子は、さっそく博多のそばに新しい城の建設を開始。同時に、この地を「福岡」と名づけます。これ以後、長政を藩祖とした福岡藩黒田家は、幕末まで12代続きます。

 そして徳川家康征夷大将軍に任じられ、江戸幕府が開かれた慶長8年(1603年)頃から、官兵衛は病に伏すところとなります。その頃から、官兵衛はどういうわけか、人が変わったように家臣に冷たく当たるようになり、難癖をつけては罵るようになったといいます。家臣たちは官兵衛の激変に「ご乱心」と恐れおののいたといいますが、見かねた長政が諌めたところ、官兵衛は「そちのためにやっているのだ。」と囁きます。曰く、家臣たちに酷い仕打ちをするのは、自分が疎まれることで、早く長政の代になってほしいと家臣たちに思わせるためだと・・・。自分が憎まれることによって、長政の求心力を高めようと考えたんですね。

 また、当時は主君が亡くなると家臣が殉死する習慣があったため、これを防ぐ狙いもあったのだとか。有能な家臣が殉死して黒田家家臣団が弱体化することを恐れたというわけですね。いずれも実話かどうかはわかりませんが、人生の最期の最期まで、合理的知略に富んだ逸話が絶えません。と同時に、官兵衛の長政に対する親心もうかがえますね。このエピソードもドラマで演ってほしかったなぁ・・・。

 慶長9年(1604年)に入って、いよいよ死期を悟った官兵衛は、股肱の臣である栗山善助を呼びつけ、自身の愛用していたを授けます。本来であれば、息子の長政に引き継ぐべきものですが、官兵衛はあえてこれを善助に託すことで、長政への忠誠心を今一度促し、また、長政には善助を父のように思うようにと言い残しました。そして、3月20日、黒田官兵衛はその波乱に満ちた生涯の幕を閉じます。享年59歳。その辞世の句は、

 「おもひをく 言の葉なくて つゐに行く 道はまよはじ なるにまかせて」

 「いっこうに悔いが思い浮かばぬ」といったドラマの官兵衛の台詞は、この辞世の句からきたものでしょうね。言い残す言葉もなく、ついにあの世にいくことになったが、その道は迷うことなく、なるようにまかせよう・・・・。人生の最期にこんな言葉が言えるのは、精一杯生きてきた者だけでしょうね。

 「殿、よく生き抜かれましたなぁ・・・。」

 そう言った妻・は、官兵衛の死後、出家して院号を照福院とし、官兵衛の死から23年、息子の長政より長生きします。

 織田信長にその才を見出され、豊臣秀吉を天下人に押し上げ、徳川家康に一目置かれた智将・黒田官兵衛。一方で、その人となりは、生涯名利を好まず、質素倹約を旨とし、戦国武将としては地味な存在の武将といえるでしょう。しかし、そんないぶし銀的な生き方が、官兵衛の魅力だとわたしは思います。それが、官兵衛をして「天下を取ってほしい」という思いに繋がるのでしょうね。もし、官兵衛が天下人になっていたら、歴史はどう変わっただろうと・・・。でも、歴史は官兵衛を天下人に選びませんでした。黒田官兵衛という人物に与えられた歴史的役割は、やはり、「軍師官兵衛」だったということですね。


 1年間、拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました。今年も、なんとか完走出来て安堵しています。年内には総括を起稿したいと思っています。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-12-23 22:43 | 軍師官兵衛 | Comments(4)  

軍師官兵衛 第48話「天下動乱」 ~光、栄の脱出劇と小山評定~

 徳川家康が上杉征伐のために東国に向かった隙を突いて挙兵した石田三成は、すぐさま大坂城を占拠。そして、家康に付き従って東国に向かった諸将の妻子人質にとるべく画策します。徳川方に与する諸将を少しでも切り崩そうとする作戦ですね。これは、当時の慣らいでいえば、特に卑怯な行いというわけでもなく、当然の策でした。然るに、大坂を留守にしていた諸将も、もし、三成に不穏な動きあらば、妻子の身が危険に晒されるであろうことは想定済みだったに違いありません。

 このとき大坂を空けていた黒田官兵衛、長政父子も、当然、三成の動きには警戒を怠っておらず、本来、父子どちらかに付き従っているべき栗山善助母里太兵衛らを、大坂に残しています。非常事態を想定したSP役だったのでしょう。官兵衛の正室・の命ももちろんですが、祝言をあげたばかりの長政の後妻・は家康の養女であり、いわば徳川家からの預かり物のようなもので、何としても敵の手に渡すわけにはいかなかったのでしょう。善助や太兵衛といった最も信頼の厚い家臣を大坂の残したのは、頷ける人選です。

 彼らの働きによって、光と栄は三成の人質包囲網からみごと脱出し、官兵衛のいる豊前国中津城に帰国します。このあたりに経緯については、『黒田家譜』にかなり詳細に記されています。それによると、夜中に二人をに入れ、商人姿に変装した太兵衛が二人の入った俵を天秤棒で担いで運搬し、黒田家に味方する納屋小左衛門という商人の屋敷に逃げ込みます。そこでしばらく身を潜めて脱出の機会を探しますが、三成の包囲網も厳重を極め、なかなか機を得ることができません。その間、黒田の屋敷は善助が守っていましたが、ある日、石田方から差し向けられた使者から、「二人の奥方が屋敷内にいるか確認したい」と迫られます。困った善助は、「お方様の面吟味などあるまじきこと。どうしてもと言うならば、垣根越しにお二人に気付かれぬよう・・・」とたくみに言い逃れ、似た顔の侍女たちを替え玉に仕立てて、なんとか使者を納得させたといいます。ほとんどドラマのとおりですね。

 なかなか脱出の機を得ることなく過ごしていたある日、長政と同じく家康に従軍していた細川忠興の妻・ガラシャが、人質となることを拒んで自らを選び、家臣に胸を突かせて屋敷に火を放ちます(ガラシャの死については、以前の拙稿『江~姫たちの戦国~ 第34話「姫の十字架」』でふれていますので、よければ一読ください)。この事件で大坂城周辺は大混乱。ここを絶好のタイミングと考えた善助や太兵衛らは、騒ぎに乗じて屋敷を脱出。小舟で川を下った後、大阪湾で船に乗り換え、海路、九州に逃げ延びます。

 ドラマでは、善助と太兵衛と井上九朗右衛門の3人が活躍していましたが、『黒田家譜』では、九朗右衛門ではなく宮崎助太夫となっています。善助と太兵衛は、官兵衛の有岡城脱出の際も活躍しており、夫婦揃っての脱出の恩人と言えます。二人共、武勇に長けた猛将だったと伝えられますが、戦場での働きも去ることながら、2度の脱出劇の活躍は、まさに何万石もの大身に値する働きだったといえるでしょう。それ故、『黒田家譜』でも多くの紙数を費やして称えているのでしょうね。

 一方で、上杉討伐に向かっていた家康陣営が、三成と対決すべく結束し、軍を西へ返すことを決定した小山評定の席において、事前に家康が長政を呼びつけ、進退を決めかねている福島正則を説得するよう根回ししたという有名な逸話ですが、これについては『黒田家譜』には何も記されておらず、家康が上杉と三成のどちらを攻めるか諮問したところ、福島正則、黒田長政、徳永法師が大坂へ向かうべきだと進言し、了承されたと記されているだけです。また、福島正則が率先して徳川支持を表明し、その声に煽動された諸将が次々に続いていったという有名な話も、一次史料に乏しく後世の創作と見る向きが強いようです。このあたりの諸将の根回し、裏切り、抜け駆け、逡巡などの人間模様が、いちばん面白いところなんですけどね。

 ただ、この時点ではまだ、徳川方有利などといった空気はまったくなかったわけで、家康にしてみれば、大坂へ向かう東海道中の諸将がどれだけ味方してくれるかというのが、いちばんの気がかりだったに違いありません。そう考えれば、史料は乏しくとも、似たような人間模様は繰り広げられていたんじゃないでしょうか。

 官兵衛の動きについては、次話に譲ることにします。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-12-01 22:16 | 軍師官兵衛 | Comments(2)  

軍師官兵衛 第31話「天下人への道」 ~賤ヶ岳の戦いの官兵衛の逸話~

 清州会議柴田勝家とお市の方の婚儀織田信長の葬儀賤ヶ岳の戦い越前北ノ庄城の戦いと、超足早に描かれた本話でしたが、この間、およそ1年近くの時が流れています。これまでの戦国ものの大河作品であれば、3~4話ほどに分けて描かれていた重要なポイントですが、本作ではわずか1話の、それも半分ほどしか使っていませんでしたね。まあ、この辺りの流れのなかには、主役である黒田官兵衛の活躍があまり見えませんから、とくに詳細に描く必要性がないとの判断だったのかもしれませんが、だったら、「天下人への道」というサブタイトルにしなけりゃよかったのになあ・・と。

 で、せっかくなので、ドラマで描かれなかった賤ヶ岳の戦いでの官兵衛のエピソードを紹介します。羽柴秀吉と柴田勝家とが対峙したこの戦い。ドラマでは、あっという間に秀吉軍の勝利で終わった賤ヶ岳の戦いですが、実際には、柴田軍もかなり奮闘し、一時は秀吉軍を劣勢に追い込むほどの猛攻を見せます。さすがは、織田家筆頭家老にして猛将として名高い勝家、明智軍のように簡単にはいきません。

 そんな激戦のなか、柴田軍に圧倒されて弱気になった官兵衛は、戦線に立っている嫡男・黒田長政の安否を気にかけます。長政は自身の武勇に自信過剰なところがあり、無謀に突進して自滅するのではないか・・・そう案じた官兵衛は、家臣の栗山善助を呼びつけ、長政を安全な場所まで逃すよう命じたといいます。子を思う親心とはいえ、戦場の指揮官としてはあるまじきこと。命令を受けた善助は耳を疑いますが、もう一度聞き返しても、官兵衛は引かずに強く命令するため、やむを得ず善助は、長政に理由を告げずに後に従え、馬を駈け出して戦線を退きます。

 ところが、しばらく馬を走らせたところで不審に思った長政は、「もしや逃げるのか?」と善助を問いただします。問い詰められた善助は事情を説明しますが、それを聞いた長政は、「父上がそんな命令をするはずがない。敵に背を向けるなというのが父上の教え。善助の聞き間違いだ!」といい、すぐさま戦線に引き返したといいます。その姿を見た善助は、さすがは黒田家の嫡男だと感涙し、また、これまで見せたことがない官兵衛の意外人間らしい一面に、のちにこの話を聞いた秀吉も笑みを浮かべたといいます。

 この逸話が事実かどうかはわかりませんが、実話だとすれば、いつも沈着冷静公私混同などしないイメージの官兵衛には珍しいエピソードですよね。また、勇猛果敢な長政の人となりもよく出た話だと思います。このとき、秀吉は岐阜城の織田信孝の挙兵に対処するため、一部の兵を率いて岐阜に出撃していました。その機をついて猛攻を仕掛けてきた柴田軍によって、中川清秀が討ち死にし、黒田軍の守る砦が最前線に立たされていました。そんな戦況下で、あるいは官兵衛は討ち死にを覚悟したのかもしれませんね。とすれば、黒田家の家名を残すために嫡男の長政を戦線離脱させるという選択は、当然のことだったのかもしれません。単なる親心というわけではなかったのでしょう。

 そんな長政と、蜂須賀小六の娘・との縁談がまとまりましたね。ドラマのとおり、糸を一旦秀吉の養女に迎え入れての縁談だったようです。黒田家と蜂須賀家は、こののち秀吉が天下人となっていく上で両翼を担うべき両家で、その結束を深める上でも大きな意味を持つ縁談でした。しかし、あくまで糸は長政の「最初の妻」なんですね。その辺りは、今後の物語に譲ることにしましょう。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-08-04 23:27 | 軍師官兵衛 | Comments(2)  

軍師官兵衛 第6話「信長の賭け」  ~栗山善助・母里太兵衛・井上九朗右衛門~

 青山・土器山の戦いで多くの家臣を失った黒田官兵衛は、新たな家臣を集める必要がありました。このときスカウトされた家臣たちが、のちに黒田二十四騎と称された家臣団の中核をなす存在となっていきます。今回は、官兵衛の家臣たちについて少しふれてみましょう。

 まず、ドラマ第2話からずっと官兵衛に付き従ってきた栗山善助利安は、15歳で官兵衛に仕え、以後ずっと官兵衛の側近中の側近として活躍します。正直で実直な性格だったため、官兵衛が「善助」と名づけたとか。武勇も知略も兼ね備えた人物だったようで、家臣団のなかでは、ずっとリーダー的立場でした。青山の戦いで初陣を飾って以降、戦のたびに勲功をあげた善助は、後年、黒田家が筑前福岡藩に移封されると、筆頭家老に列せられ、1万5千石の大身となります。しかし、善助はどれほど出世しようとも、万事控えめで、質素で、決しておごり高ぶることはなかったといいます。まさしく、名前の通りの人物だったようですね。

 その善助と義兄弟の契を結んでいたとされるのが、母里太兵衛友信です。母里は、「もり」と読むのが一般的ですが、「ぼり」と読む場合もあります。青山・土器山の戦いでほぼ壊滅状態になった母里一族でしたが、官兵衛の父・黒田職隆に仕えていた曽我一信と母里氏の女との間の子・万助に母里姓を継がせ、母里太兵衛友信と名乗らせます。太兵衛14歳のときでした。身の丈6尺を超える大男で、気が荒く強情な性格だった太兵衛に対して、官兵衛は善助を世話役にあて、「こののち太兵衛は善助を兄とし、善助は太兵衛を助け、太兵衛は善助の言いつけに背いてはならない」と命じたそうです。太兵衛はその言いつけを生涯守り、善助のいうことだけは聞いたとか。眉が太く髭も濃く、槍術に優れた剛力な勇将といったイメージで、民謡『黒田節』の逸話にもあるように、底なしの酒豪だったようです。「豪傑」を絵に書いたような人物だったようですね。決して、オリーブオイルの料理が得意な色男ではなかったようです。

 善助に次いで家臣団ナンバー2の立場にいたのが、井上九郎右衛門之房です。九郎右衛門は職隆の時代から黒田家に仕え、その後、官兵衛、長政、忠之の4代に仕えた人物です。九郎右衛門は礼儀正しく律儀な人物だったといわれますが、善助や太兵衛に比べて官兵衛に仕えたのは遅く、隠居した職隆にずっと仕えていました。したがって戦の経験は少なく、身体も小さくて力も劣っていたといいます。一方で、黒田二十四騎のなかで特に武勇にすぐれた8人「黒田八虎」の筆頭にあげられているところから見ると、武術の心得はあったのでしょうね。九郎右衛も善助と同じく、のちに2万石近い大身となります。

 善助、太兵衛、九郎右衛門、この3人で、のちに官兵衛が荒木村重によって有岡城幽閉されたとき、伊丹の商人の助けを得て牢に近づき、官兵衛に播磨の情勢などを伝え、その後、有岡城落城のときには、官兵衛を土牢から救出します。おそらくドラマ前半の山場となるであろう有岡城の戦いの役者は揃いましたね。歴史の謎とされる荒木村重の謀反の動機。こののち、村重がどのようにして織田信長に反旗を翻すに至るのか、楽しみに観てみることにしましょう。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-02-10 21:01 | 軍師官兵衛 | Comments(0)