タグ:武田信玄 ( 8 ) タグの人気記事

 

おんな城主 直虎 第38話「井伊を共に去りぬ」 ~武田信玄死去~

 三方ヶ原の戦い徳川家康をこてんぱんにやっつけた武田信玄は、まさに破竹の勢いといえる快進撃で西上を進めますが、その途中、信玄は血を吐いて倒れ、そのまま病死したと伝わります。歴史は武田信玄を時代の覇者に選びませんでした。


 ドラマでは突然死のように描かれていましたが、通説では、信玄は若い頃からたびたび体調を崩すことがあったといわれ、このときも、三方ヶ原の戦いから約1ヶ月半後の野田城の戦いあたりからたびたび喀血するなど持病が悪化し(一説では、三方ヶ原の戦いの首実検のときに喀血が再発したとも)、武田軍の突如として進撃を停止して長篠城療養するために軍を返します。そこで近習や一門衆によって話し合われ、甲斐への撤退が決まりますが、その帰路、甲斐に戻ることなく没したと伝わります。享年53。


e0158128_17253063.jpg

 信玄の死因については様々な説がありますが、大きく2つにわけて、胃がん説肺結核説があります。胃がん説は『武田三代記』『甲陽軍鑑』に見られる説で、現在最も有力視されています。胃がんは末期には吐血下血などの症状が激しくなるといいますから、血を吐いて倒れたという伝聞にも一致します。しかし、信玄はかねてから血を吐く持病があったともいわれ、この説を信用すると、当時の医学で胃がんを患った人が何年も生きているなんてことは考えづらく、そうなると、同じく血を吐く症状のある肺結核説のほうが真実味があるかもしれません。もっとも、肺結核は感染しますから、もし信玄が何年も前から肺結核を患っていたとすれば、家臣たちに感染らないよう隔離されていて、とても上洛できるような身体ではなかったんじゃないかと・・・。たしか、中井貴一さんが演じた大河ドラマ『武田信玄』では、結核説を採っていましたね。

 ちなみに胃がんだと「吐血」、肺結核だと「喀血」というそうです。「吐血」は食道などの消化管からの出血で、黒っぽい血を吐くことが多いそうですが、「喀血」は、からの出血のため、真っ赤な鮮血を吐くそうです。ドラマの信玄が吐いた血は真っ赤でしたね。ということは、結核でしょうか? でも、だったらあんなに寸前まで元気なはずがないですし、少なくとも遊び女を抱くような体力はないような・・・。やっぱ、寿桂尼の呪いだったのでしょうか。あの局面で寿桂尼が床に入ってきたら、誰でも卒倒して血を吐くかもしれません(笑)。おお、コワっ!


 信玄はその死に際して、自らの死を3年間秘匿するよう遺言したと言われています。ところが、ドラマではすぐに情報が飛び交っていましたね。実際、当時も信玄の死はすぐに知れ渡っていたようで、徳川家康上杉謙信織田信長も、かなり早い段階で信玄の死を確信していたようです。テレビも新聞もインターネットもない時代ですが、当時の有力武将たちは、ドラマで言う高瀬のような間者を何人も持ち、諜報活動にはぬかりありませんでした。逆にわざとガセネタを流して混乱させる場合もあるのですが、信玄の死の情報の場合、あからさまに兵を撤退するという不可解な行動をみれば、諜報活動などなくともバレバレだったんじゃないでしょうか。


 信玄が病没する前後の井伊谷については、詳しいことはわかっていません。家康は信玄の死の翌月には早くも駿河侵攻久能、駿府などを侵していますから、おそらく井伊谷も徳川領となったことでしょう。この間の井伊直虎の動向も定かではありません。井伊家が歴史の表舞台に復活するには、いま少し時間を要します。その最初の記録が、天正2年(1574年)に行われた井伊直親十三回忌でした。その話は次回の稿で。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2017-09-25 17:31 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第37話「武田が来たりて火を放つ」 ~三方ヶ原の戦い~

若き日の徳川家康が無謀にも武田信玄に戦いを挑み、大敗北を喫したことで知られる「三方ヶ原の戦い」の回です。


元亀2年(1571年)、室町幕府15代将軍・足利義昭織田信長討伐令を出し、これに応えるかたちで武田信玄は、徳川の領国である遠江国、三河国に侵攻する西上作戦を行います。信玄の西上を可能にしたのは、相模国北条氏康が死んだことで再び北条氏と和睦して甲相同盟を結び、後顧の憂いが絶たれたことにありました。信玄は破竹の勢いで侵攻し、徳川領の支城を次々と落としていきます。


 武田軍は南進して家康の居城・浜松城を攻める進路を取ります。これに対して家康は、織田から送られた援軍と共に籠城戦で迎え討つべく準備を進めます。ところが、武田軍は途中で急に進路を西に変えて三方ヶ原台地に上がり、そのまま浜松城を無視して三河国に向かう姿勢を示します。これを知った家康は、急遽、作戦を変更。一部家臣の反対を押し切り、武田軍を背後から襲う積極攻撃策に打って出ました。


 信玄がなぜ進路を変えたかについては、あえて浜松城を無視することで家康を挑発し、得意の野戦に持ち込むためだったと言われますが、確かなことはわかりません。当時、信玄は百戦錬磨の51歳。一方の家康は31歳の血気にはやる武将で、自分の庭を土足で通る武田軍を許しがたく、まんまと信玄の挑発に乗った、というのが一般的な見方です。また、ここで武田軍が通り過ぎるのを指をくわえて見ているようでは、家臣や国人衆たちから見限られる恐れがあったからかもしれません。いずれにせよ、家康は敗北を恐れずに打って出る覚悟を決めます。


 劇中の家康は、織田を見限って武田に下る決断をするも、そこへ織田からの援軍が訪れ、やむなく武田軍と戦うことに。援軍を得てガッカリする武将というもの珍しい(笑)。今回のドラマの家康は、いつも受け身の行動ですね。ここまではその受け身が功を奏してきましたが、今回はそうはいきません。


e0158128_21470434.jpg 三方ヶ原を通過する武田軍を背後から突こうと出撃した徳川軍でしたが、武田軍はその心を読み、三方ヶ原を通過せずに待ち構えていました。およそ2万5千と伝わる武田軍に対して、徳川軍は半分以下の約1万(諸説あり)。しかも、野戦を得意中の得意とする信玄ですから、若い家康が太刀打ち出来るはずがありません。徳川軍はわずか2時間あまりで大敗北を喫します。敗走する徳川軍を武田軍は執拗に追撃し、夏目吉信、鈴木久三郎ら三河譜代の家臣たちが、家康の身代わりになって討死しました。家康は恐怖のあまり鞍の上に脱糞したといわれ、それを部下に指摘されると、「これは味噌だ!」と反論したなんて逸話もあります。これ、劇中にもありましたね。家康はこのときの大失策を今後の戒めにするため、「しかみ像」と呼ばれる肖像画を書かせたとも言われます(異説あり)。劇中の家康は、帰陣するなりしがみポーズをとってましたね。


 武田軍の徳川領侵攻の影響は、井伊直虎たちの住む井伊谷にも及びました。井伊谷には信玄率いる本隊とは別の山県昌景が侵攻し、ことごとく焼き払われたと伝えられます。ところが、ドラマでは武田に帰順することを良しとしない近藤康用が、せめてもの抵抗で城に火を放って逃げるという設定でしたね。まあ、武田軍が井伊谷を焼き払ったという説は確かな史料は存在せず、伝承レベルの逸話なので、ドラマのような設定でも何ら問題はないかと思いますが、でも、だったら、今話のタイトルは「武田が来たりて近藤が火を放つ」なんじゃないかと(笑)。字余りですが。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2017-09-18 21:52 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第29話「女たちの挽歌」 ~信玄・家康の密約と虎松の生母の再婚~

寿桂尼がこの世を去った永禄11年(1568年)、井伊家を取り巻く情勢はいよいよ緊迫の様相を呈していました。同年8月17日、実質破綻していた甲斐国武田信玄駿河国今川氏真手切れが決定的となります。危機感を抱いた氏真は、越後国上杉謙信同盟を結ぶべく懸命に交渉を進めていました。劇中、井伊直虎三河国徳川家康に上杉氏との同盟を持ちかけたのは、そんな背景からの着想だったわけです。上杉氏と徳川氏が結び、そこに今川氏と北条氏が加われば、武田氏の駿河侵攻は避けられる・・・と。しかし、信玄はすでに家康に接近し、大井川をはさんで駿河国は武田氏、遠江国を徳川氏といった密約を交わしていたといわれます。武田軍の駿河侵攻は時間の問題でした。


 ドラマでは描かれていませんでしたが、信玄がこのタイミングで動き出した背景には、この年の9月、織田信長が将軍・足利義昭を奉じて上洛したことが影響していたと思われます。このとき、武田氏と織田氏は同盟関係にありましたが、織田氏の勢力拡大は武田氏にとって決して喜ばしいことではなく、牽制する必要があったんですね。そのためには、東の憂いを排除しておく必要があったわけです。


 直虎が家康に上杉氏との同盟を勧めたという話はドラマのオリジナルの設定なので、当然ながら同盟は不成立に終わります。そして、逆にその行為がとなって、井伊家の立ち位置を危ぶまれ、井伊虎松の母・しの人質に要求されてしまいます。もちろんこれも、ドラマのオリジナル設定です。


 しかし、虎松の生母再婚したという話は本当で、その相手が徳川方の間者・松下常慶の兄・松下源太郎清景というのも史実です。この件に関して『井伊家伝記』にはこう記されています。


 「直盛公内室並びに次郎法師御相談にて、直政公御実母御年若故、松下源太郎方へ御縁付き成され候」


 直虎は母の祐椿尼と相談し、若くして未亡人となった虎松の母に再婚を勧め、松下源太郎清景に嫁がせたというんですね。どうやら人質ではなかったようです。ただ、この結婚がいつだったかはわかっておらず、ちょうどこの駿河攻め直前にもってきて人質としたのは、上手い設定だったんじゃないでしょうか?


 この松下氏とは、頭陀寺城の城主・松下加兵衛之綱の一族です。之綱といえば、まだ織田信長に仕える前の少年・藤吉郎(のちの豊臣秀吉)の非凡さを見抜いて拾い上げ、武士として育てたことで知られる人物です。その一族である清景は、虎松の実母と結婚したことで虎松の継父となり、後年、井伊直政となった虎松が徳川家家臣として頭角を現すと、井伊家の重臣として代々仕えることになります。


 物語は前回あたりがらグッと大河ドラマらしくなってきましたね。緊迫した甲駿関係、そんななか、直虎のとる策は・・・。これから数話、ドラマは大きなクライマックスを迎えます。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2017-07-24 21:53 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第28話「死の帳面」 ~おんな大名 寿桂尼~

 寿桂尼、最後の政治でしたね。武田信玄の息子・武田義信が幽閉先の東光寺自害(病死とも)したのが永禄10年(1567年)10月19日。その翌月には義信の正室・嶺松院(実名は不明)がその娘とともに今川に送還されているので、ドラマはこの1ヵ月前後の政治を描いています。寿桂尼が没するのは翌年の3月14日。死の4~5ヵ月前ということになりますね。そんな寿命が尽きる寸前のばあさんが、甲斐へ相模へと奔走しえたとはとても思えませんが、「死しても今川の守護たらん」という有名な遺言を残すほど今川の行く末を案じていた寿桂尼ですから、きっと、最後まで孫の今川氏真にまつりごとを任せられず、あんな感じで口を出していたんじゃないでしょうか。


信玄「お具合がよろしゅうないと聞いておりましたが、ご息災で何よりでございます。」

寿桂尼「神仏も我には会とうないようにございます。」

信玄「それは神仏も正直なことを。」


寿桂尼「老婆心ながら、そなたほどのお方が尾張の若造に足をすくわれませぬように。」

信玄「ご忠告、痛み入ります」


 圧巻の舌戦でしたね。老獪VS老獪古雌狐VS古禿狸。実に見ごたえがありました。でも、明らかに寿桂尼がイニシアティブを取っていましたね。


氏真「おばばさま、首尾はいかがでしたか?」

寿桂尼「鈴は武田にとっては決め手となる人質です。われが行ったくらいで手放すわけが・・・」

氏真「では、何のために行かれたのですか?」

寿桂尼「シテにお出ましいただきやすくするためです。」

氏真「シテに?」

寿桂尼「春どの、お父上に仲立ちをお頼みしたいので、一筆したためていただけるかの?」

氏真「北条に?・・・では初めからそうすればよかったのではございませぬか?」

寿桂尼は「直に関わる者同士が話し合うておらぬ場にシャシャリ出るのは、北条も望むまい。武田は、北条にはまだ大切な味方・・・」


 寿桂尼のいう「シテ」とは、における「主人公」という意味だそうです。つまり、主人公の出る幕を作りに行ったのだと。仲裁役が仲裁し易いようにお膳立てをしに行ったわけですね。さすがは寿桂尼、したたかな外交手腕です。


 今川氏親の正室として駿河国に嫁ぎ、夫の死後、わが子の氏輝、義元、そして孫の氏真と、今川家4代に渡って政務を補佐し、「駿河の尼御台」「女戦国大名」などと称された寿桂尼。実際、桶狭間の戦いで義元が死んだあとも、今川氏が何とかその大名としての面目を保ってこられたのは、寿桂尼のちからだったともいわれ、武田信玄などは、「寿桂尼が生きているうちは駿河を攻められない」と言っていたとか。事実、寿桂尼が死ぬやいなや、信玄は駿河侵攻を開始しますしね。一説には、駿河攻めを開始した信玄は、まず手始めに寿桂尼の墓を破壊してから今川に攻め入ったなんて話もあります。本当に墓から出てきそうな気がしたのかもしれません。まさに、おんな大名・寿桂尼です。


 さて、ドラマに戻って井伊直虎ですが、井伊直親への所業について寿桂尼から問われた直虎は、こう答えます。


直虎「家を守るということは、きれい事だけでは達せられませぬ。狂うてでもおらねば、己の手を汚すことが愉快な者などおりますまい。汚さざるをえなかった者の闇はどれほどのものかと・・・そう思います。」


 涙する寿桂尼。そなたがわが娘であれば・・・と。そして、そのまま寿桂尼はこの世を去る・・・と思いきや、デスノート×井伊直虎」の文字が!!!
曰く、「われに似た女子は、衰えた主家に義理立てなど決してせぬ。」・・・と。
いや~、見事な結末でしたね。さすが、寿桂尼は最後まで寿桂尼でした。今話は、これまででいちばん見応えがあったかも・・・。


 ちなみに上記の直虎の台詞、のちの小野但馬守政次に対する所業の伏線かもしれません。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2017-07-17 20:09 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第27話「気賀を我が手に」 ~義信事件と瀬戸方久城主説~

武田義信、まだ死んでなかったんですね。幽閉の報せが届いたのがずいぶん前(たしか18話)だったので、てっきりもう死んじゃったとばかり思っていました。井伊直虎が城主になって以降、物語の進行がひじょうに緩やかなので、時代背景がわからなくなります。


 義信の幽閉、廃嫡からそのまでを簡単におさらいしておくと、永禄8年(1565年)、義信の傅役である飯富虎昌、側近の長坂源五郎(昌国)曽根周防守らが武田信玄暗殺を企てるも、計画は事前に虎昌の実弟・飯富三郎兵衛によって露見し、同年10月、虎昌ら側近たちは謀反の首謀者として処刑されます。その後、義信は甲府の東光寺に幽閉され、義信の正室で今川義元の娘・嶺松院(実名は不明)と強制的に離縁させられ、嫡子としての地位も異母弟の武田勝頼に奪われます。そして2年後の永禄10年(1567年)10月19日、義信は幽閉先にて死去しました。享年30


 ドラマではその死を自害と伝えていましたが、病死という説もあって定かではありません。また、自害説のなかでも、絶望した義信が自らの意志で自害したという説と、信玄に命じられて切腹したという説があります。昭和最後の大河ドラマ『武田信玄』では、前者の設定でしたね。まあ、どんな感情のもつれがあろうと親子ですから、父親が息子を死に追いやったとは思いたくありませんが、一方で、義信と信玄父子の仲は決して良好なものではなかったともいわれ、対今川氏の方針をめぐって父子の間で対立を深めると、親今川派を一掃するために、信玄自身が自身の暗殺計画をでっち上げて粛清したという見方もあります。さすがは戦国時代、親子といえども血も涙もない話ですが、しかし、見方を変えると、飯富ら側近がすぐさま処刑されたにもかかわらず、義信は2年間生きながらえたことを思えば、やはり、そこには親心があったのかなぁ・・・とも。結局のところ、真相は藪の中です。


 ただ、いずれにせよ、この義信の死が今川氏真にとって大打撃だったことは間違いないでしょう。今川氏にとって武田義信夫妻は武田氏との唯一の架け橋であり、これを失うということは、武田氏との国交断絶、全面対決を意味します。義信の死の翌月には、嶺松院が駿河に送り返されています。ドラマの氏真、荒れてましたね。


 で、話は変わって気賀堀川城ですが、なんか色々あったすえに井伊家が治めることになりましたが、実際には、そのような説は存在しません(たぶん)。ただ、瀬戸方久城主を務めたという説は存在します。というのも、この時期、方久は今川氏真に取り入り、自身の田畑や屋敷を徳政令の対象外とする安堵状を得る代わりに、堀川城、刑部城などの築城の費用を請け負っていたといわれます。また、堀川城の城代として入った大沢基胤配下の新田友作という地元領主が、後年、出家して「法休喜斎」と名乗っていたそうで、これらの逸話から、新田友作と瀬戸方久が同一人物ではないか、というんですね。まあ、俗説ではありますが、ドラマでは、方久は井伊家の家臣という設定ですから、方久が城主(あるいは城代)になるのであれば、堀川城は井伊家のものということになるんでしょうね。


 もっとも、盗賊団が城の普請をするなんて話は、古今東西聞いたことがありません。まあ、城といってものようなものだったでしょうから、気賀の領民が工事を手伝ったということはあったかもしれませんが、設計を任すなんてことはありえません。盗賊に設計なんてさせるから、あんなヘンテコリンな城になっちゃうんですよ。満潮干潮を利用した画期的な設計だそうですが、湖といえども荒波もあれば高波もあります。あの城、波浪警報が出たら一巻の終わりだと思いますよ。


 「大したものだ」(政次)


どこが!!!(笑)



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2017-07-10 21:41 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第25話「材木を抱いて飛べ」 ~経済封鎖政策・塩留~

 「敵に塩を送る」

 という上杉謙信の有名な美談が生まれた「塩留」に絡めた話でしたね。甲相駿三国同盟が瓦解すると、武田信玄幽閉していた長男・武田義信廃嫡し、その妻で今川氏真の妹・嶺松院とも強制的に離縁させ、駿河へ送り返します。そして、四男の武田勝頼の正室に織田信長の娘を迎えました。これは、今川氏との同盟関係を断ち切り、今川氏の仇敵である織田氏と手を結ぶという意思表示でした。


 これに怒った今川氏真は、相模の北条氏康と相談し、武田領である甲斐に塩を売らないよう商人たちに命令します。山国で海を持たない甲斐では、自国で塩を精製することはできず、駿河湾からの輸入に頼っていました。言うまでもなく塩は人が生きていくうえで不可欠なもので、塩を絶たれた武田氏は、たちまち困窮して降伏せざるを得なくなるだろう・・・というのが、今川氏、北条氏の狙いです。


 この経済封鎖政策のことを「荷留」と言い、戦国時代から明治初頭にかけてしばしば行われていました。今川氏の場合は塩でしたが、の輸出を止める場合や、港で船の荷揚げ荷下ろしを制限する「津留」という政策などもあったようです。江戸時代以降のそれは、飢饉時などによる自領内の食料を確保する目的で行われるものでしたが、戦国時代の場合、今川氏の塩留のように敵国に対する経済制裁の目的が多かったようです。このやり方を「卑怯」だと批判した上杉謙信が、敵国である武田領に塩を送ったという逸話が、後世に「敵に塩を送る」という故事を伝えることになるんですね。もっとも、この話は、現在では史実ではないと言われていますが。


 経済制裁は現代でも行われており、国連主導のものや個別国家によるものなど、世界中で複数の制裁政策が現在進行形です。わが国の身近なものとしては、北朝鮮への国連安保理決議のものや、日本が独自に行う特定船舶入港禁止法などの制裁政策も行われていますね。しかし、北朝鮮はいっこうにダメージを受けていないようにも見えます。また、わが国が受けた経済制裁としては、太平洋戦争開戦に至るまでのアメリカによる石油などの禁輸在米資産凍結などの対日措置が知られていますね。その結果、何が起こったか・・・。経済制裁を受けて追い詰められた国が、猛省して態度を改めることはまずなく、暴挙にでることがほとんどです。その結果、苦しむのは民なんですね。その意味では、経済制裁も結局は武力制裁と変わらない非人道的な行為といえるでしょうか。それを450年も前に見通していた上杉謙信はスゴイ!!・・・って、史実じゃないんですけどね。


 で、ドラマに戻って、「荷留」による経済封鎖政策を打ち出した今川氏ですが、そうなれば、武田氏も困りますが、それを生業にしていた商人たちも商売上がったりになるわけで、そうすると、瀬戸方久らのように塩の密輸入を始める輩も当然出てきていたでしょう。そんな時勢の中で、井伊領で伐採した材木の商い先である成川屋が、三河の徳川に材木を流していることが発覚。またもや、井伊は今川より謀反の嫌疑をかけられるはめに・・・。もちろん、これも史実ではありませんが、時勢に絡めた面白い設定だったんじゃないでしょうか?材木の話を何話も引っ張ってきたのは、今話を描くためだったんですね。なるほど納得。


 井伊直虎成長ぶりもいいですね。これまでのような熱意だけの拙い施策とは違い、第二、第三の対応策を練り、毒薬を飲んで時を稼ぐ荒業など、強かさを身につけています。また、直虎と小野但馬守政次が、それぞれ別の場所で碁盤に向かいながら意志を通じ合わせる場面も秀逸でした。そしてその政次に寄り添うなつが切ない・・・。


今川氏真への申し開きも、以前、寿桂尼に申し開きしたときは村人からの嘆願書に救われ、今回は龍雲丸たちが取り戻した材木が持ち込まれて救われるという、一見、ワンパターンの結末にも見えますが、その申し開きの口上は以前のものより明らかにスキルアップしています。おんな城主直虎、覚醒ですね。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2017-06-26 17:12 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第18話「あるいは裏切りという名の鶴」 ~甲相駿三国同盟の瓦解~

 前話で種子島(火縄銃)の製造に着手した井伊直虎でしたが、目付家老の小野但馬守政次は、それを今川家への謀反の企てと疑い、虎松後見を降りるようせまります。まあ、主家である今川家に内緒で武装強化していたわけですから、目付にそう疑われても仕方がありませんね。死んだ井伊直親の父・井伊直満が殺されたのも、武田軍の攻撃に備えるための武装を今川家への謀反の企てと疑われたからでした。通説では、政次の父・小野和泉守政直讒言によって陥れられたとされていますが、あるいは、本当に謀反の企てがあったのかもしれません。あとからでは、どうとでも言えますからね。


弱者が強者からあらぬ疑いをかけられないためには、ひたすら弱者でいること。「李下に冠を正さず」です。下手に武装強化しておいて、戦うつもりはなかったといっても、信じてもらえなくて当たり前です。憲法改正して戦える国家にした上で戦うつもりはないと言っても、あるいは国内ではその理屈が通用しても、外からみれば、日本は臨戦態勢に入ったと見られても仕方ないんですよ。そのときはどうするんですかね? 安倍さん?


 と、話がそれましたが、観念した直虎は後見を政次に譲ることを約束し、政次とともに駿府へ向かいます。ところが、瀬戸方久の機転で井伊が種子島(火縄銃)を製造していたのは謀反のためではなく今川に買ってもらうためだったということにし、窮地を救います。上機嫌の今川氏真。いくら氏真が凡庸な人物だったといっても、こんな子供だましな言い訳を、こんなにも単純に信じるとも思えないんですけどね。まあ、ドラマの氏真は、凡庸にも届かない愚鈍な武将といった設定でしょうか。


 で、そこに、武田家の嫡男・武田義信が、謀反の罪で幽閉されたという知らせが・・・。


 ここで、井伊家を取り巻くこの頃の背景をおさらいしておきましょう。この時代より遡ること10年以上前の天文21年(1552年)から同23年(1554年)にかけて、駿河の今川氏模の北條氏斐の武田氏の間で甲相駿三国同盟が結ばれていました。その証明として、今川義元の娘・嶺松院武田信玄の嫡男・義信に、信玄の娘・黄梅院北条氏康の嫡男・氏政に、氏康の娘・早川殿が義元の嫡男・氏真にそれぞれ嫁ぎ、関係を強固にしていました。ところが、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦い後、今川氏の後継者に氏真が就いてから、徐々に今川氏は弱体化していき、三国同盟の関係にも少しずつ影響し始めます。


 永禄7年(1564年)、武田信玄は飛騨に攻め込みますが、お隣の美濃には織田信長が侵攻しており、翌年、信長は信玄に対して同盟締結を働きかけ、養女を信玄の子息・勝頼に嫁がせます。信玄は信長と手を結ぶことで、今川領への侵攻を視野に入れはじめていたのでしょう。ところが、今川氏真の妹を妻に娶っていた義信は、三国同盟を理由に父の行動に猛反対。やがて家臣も巻き込んで父と対立します。そして永禄8年(1565年)10月、義信派の飯富虎昌粛清されると、同年10月には、義信も甲府の東光寺幽閉され、氏真の妹・嶺松院とも強制的に離縁されます。ネタバレになりますが、この2年後には義信も自害に追いやられます。これにより、今川氏は武田氏との同盟の根拠を失うことになります。義信幽閉の報せを受けて氏真が狼狽えていたのは、そういった背景からきたものです。井伊家の子供だましな言い訳には引っかかる愚鈍な氏真ですが、義信幽閉の事の重大さはわかるようです。


 さて、ドラマのストーリーに戻って、ようやく直虎が政次の真意に気づいたようです。


 直虎「われを上手く使え。われもそなたを上手く使う。」


 元々幼馴染だったふたりですから、わかり合えないはずがない。これから良き主従関係良きパートナーとして井伊家を守っていく・・・・といいたいところですが、通説では、このふたりの終着点はバッドエンドです。このあと、どんな風に描かれるのでしょうね。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2017-05-08 17:12 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

2013年元旦はケータイより新年のごあいさつ。

新年あけましておめでとうございます。
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。
e0158128_2151740.jpg近所のショッピングセンターのエントランスに飾られた門松です。
「松飾り」とも言いますよね。
昔と違って今は元旦から店があいてますから、年々正月らしさが薄れてきましたが、門松やしめ飾りなどを見ると多少は正月気分になりますね。
門松とは、古くは木のこずえに神が宿ると考えられていたことから、年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがあるそうです。
ただの正月ディスプレイではなかったんですね。
新年に松を家に持ち帰る習慣は平安時代に始まったそうで、室町時代には現在のように玄関の飾りとする様式が決まったと言われているそうです。

あと、関西関東は門松の形が違うって知ってました?
本来、関西では根元を竹で包み、竹の切り方も「寸胴(ずんどう)」といって、節を残して真っ直ぐ平に切る形だそうで、関東では、根元は藁で包み、竹の切り方は「そぎ」といって、斜めに切った形だそうです。
関東風の「そぎ」は徳川家康が始めたものだと言われているそうで、家康の生涯唯一の敗北として知られる元亀3年(1573年)の「三方ヶ原の戦い」のあと、敵将である武田信玄に対して、「次は斬るぞ」という念を込めたのが始まりといわれているそうです。
ということは、関東風より関西風のほうが歴史があるということですね。
でも、ここは神戸ですが、どういうわけか写真の門松は関東風ですよね。
調べてみると、今は寸胴よりも関東形の「そぎ」が全国で一般的になっているのだとか。
たしかに、関西にいても関西風の門松はあまり見かけないような気がします。
なんででしょうね。
何もそんなものまで全国共通にしなくても、地域独自の伝統を継承していって欲しいと思うのは私だけでしょうか?

と、ウンチクはこでくらいにして、何はともあれ2013年の始まりです。
昨年は私にとって転機の年でした。
今年は、出来れば飛躍の年にしたいですね。
昨秋以降、ブログの更新頻度も減っていますが、ボチボチと続けていきますので、本年も引き続きよろしくお願いします。

平成25年1月1日


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

by sakanoueno-kumo | 2013-01-01 21:05 | 日常 | Trackback | Comments(2)