タグ:源為朝 ( 1 ) タグの人気記事

 

太平記を歩く。 その54 「的石」 鳥取県西伯郡大山町

前稿で紹介した名和氏館跡のすぐ近くに、「的石」と呼ばれる遺跡があります。

この石は、名和長年を始めとする名和氏一族が、弓矢の修練に使用した的だと伝わります。


e0158128_19564749.jpg

広い公園内の一角に、大きな石と説明板が見えます。


e0158128_19565072.jpg

説明板です。


e0158128_19581264.jpg

縦170cm、横150cmの大きな石で、たしかに平らに削ったような面があるものの、それ以外は何の変哲もないただの石です。


e0158128_19581558.jpg

なんでも、この的石は、雨が降りやんだあとに太陽が照り出すと、石の表面に白い二重の輪がくっきり見えるのだそうで・・・。


e0158128_19590977.jpg

う~ん・・・この日は太陽は照っていたものの雨上がりではなかったので、なんとも言えません。


e0158128_20014643.jpg

長年が弓の名手であったことは、『太平記』にも記されています。

『太平記』巻7「先帝船上臨幸事」によると、隠岐島を脱出した後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)が名和の湊についたとき、船を降りた千種忠顕「この辺りに弓矢の名手はおらぬか?」と領民に尋ねたところ、「このあたりでは名和又太郎長年という者が一番でしょう。」と答え、長年を頼ることにしたとあります。(参照:その52)

上の説明板にもありますが、長年は五人張りの強弓を引き、一矢で二人の敵兵を射抜いたとの伝説があります。


e0158128_20015046.jpg

五人張りの強弓とは、弓を張るのに5人必要だったという超強弓のことで、普通は強弓といっても3人張り程度だそうです。

現在のオリンピッククラスのアーチェリーでも、強いもので引き重量が25kgほどだそうで、これは、ひとりで十分張れるそうです。

そう考えれば、五人張りというのがいかに強弓であったかがわかり、凄まじい威力を発揮したであろうことが想像できます。


e0158128_20015396.jpg

ちなみに、日本の歴史上、有名な強弓の使い手といえば源為朝(源頼朝、義経の叔父)で、為朝の弓も五人張りだったといいます。

為朝の放った矢は、鎧武者を貫通し、後ろにいた武者の袖鎧を射抜いて止まったという伝説があります。

長年の一矢で二人の敵兵を射抜いたという伝説も、あながち盛った話ではないのかもしれません。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-05-18 23:21 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)