「ほっ」と。キャンペーン

タグ:王貞治 ( 6 ) タグの人気記事

 

打撃の神様、川上哲治氏のご逝去を悼む。〜昭和は遠くなりにけり〜

元読売巨人軍の川上哲治氏が亡くなられたそうです。
川上氏といえば、日本プロ野球の草創期を支えた大選手で、「打撃の神様」との異名を取った天才打者だったそうですが、昭和42年生まれのわたしにとっては、そんな氏の現役時代を知るはずもなく、前人未到のV9を成し遂げた昭和の名将といった認識でしかありません。
そのV9時代ですら、最後の年が小学校1年生のときですから、指揮官としての氏の姿もかろうじて知っている程度で、いうなれば、伝説の人物のような存在です。

選手時代を調べてみると、日本初の2000本安打日本初の逆転満塁サヨナラ本塁打など、まさに打撃の神様という異名に相応しい成績を残していますが、その中でもとくに驚かされたのは、昭和26年(1951年)に.377という高打率で首位打者を取ったとき、シーズン424打席、374打数で三振がわずか6個だけだったという驚異的な記録です。
この年の空振りはわずか7回だったそうで、783球連続空振りなしという記録も打ち立てたそうです。
「ボールが止まって見えた」という有名な名言は、この年のシーズン前の打撃練習で言った言葉だそうですが、決して大げさな表現ではなかったのでしょうね。

指揮官としての功績は、ここであらためて語る必要もないでしょうが、あれだけの結果を残していたにもかかわらず、批判的な声が多かったのもよく知られるところです。
初回からバントを多用した手堅い野球に、巨人ファンですら「川上野球は面白くない」というバッシングが多く、なかには「川上哲治がプロ野球をつまらなくした」と酷評する専門家もいたそうです。
まあ、当時の巨人ファンは勝つことに飽きていたのかもしれませんが、そんな川上野球のなかにあったからこそ、長嶋茂雄選手の明るさが余計に際立っていたのかもしれませんね。
川上氏と長嶋氏は不仲だったという説もありますが、本当でしょうか?
あと、川上氏へのバッシングの遠因は湯口事件にもあると思いますが、何よりも、氏はマスコミが嫌いだったそうです。
マスコミを大事にした長嶋さんとは対極にありますね。
あるいは長嶋さんは、そんな川上氏を反面教師にしていたのかもしれません。

王貞治氏に打者転向を強く薦めたのも、コーチ1年目の川上氏だったそうですね。
もし、川上氏の助言がなければ、世界の王は誕生しなかったかもしれません。
そう考えれば、のちのON時代はコーチ時代から下地が作られていたんですね。

川上氏が監督を勇退したのが昭和49年(1974年)。
氏は享年93歳だったそうですから、あのときまだ54歳、今の原辰徳監督より若かったんですね。
めちゃめちゃ大御所の貫禄でしたけどね。
ということは、『侍ジャイアンツ』に出てくる川上監督は今の栗山英樹監督くらいで、『巨人の星』に出てくる氏は、今のわたしと同じ歳くらい?
なんか、不思議な気分です(笑)。
ということは、星一徹も現在93歳ですね(笑)。

またひとり、昭和を彩った英雄がこの世を去りました。
昭和は遠くなりにけり・・・です。

日本プロ野球は今、日本シリーズの真っただ中。
アンチ巨人のわたしは、いうまでもなく楽天を応援しているのですが、川上氏の訃報を受けた巨人が、弔い合戦とばかりに奮起して逆転Vという、出来すぎのドラマのシナリオが見えてきたような気がします。
もし、巨人が日本一になれば40年ぶりの連覇で、V9時代の川上巨人軍以来のことだそうですから。

謹んで、ご冥福をお祈りします。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-10-30 22:36 | プロ野球 | Comments(0)  

バレンティン選手のシーズン最多本塁打記録更新に見る、“聖域”の呪縛から解き放たれた日本プロ野球。

東京ヤクルトスワローズウラジミール・バレンティン選手が、日本プロ野球のシーズン最多本塁打記録をとうとう塗り替えましたね。
昭和39年(1964年)に読売ジャイアンツ王貞治選手が55本をマークして以来、実に49年ぶりのことです。
この日バレンティン選手は、56号、57号と2本の本塁打を放ち、韓国プロ野球サムスンの李承ヨプ選手が持つアジア最多本塁打記録も塗り替えました。
今シーズン、スワローズはまだ残り18試合あり、どこまで記録を伸ばせるか注目ですね。

とにもかくにも、このたびバレンティン選手によって歴史が塗り替えられたことで、ようやく日本プロ野球も悪しき呪縛から解き放たれるのではないかと期待しています。
悪しき呪縛とは、日本人選手の残した記録を外国人選手に塗り替えられたくないという、つまらない島国根性のことですね。
私も同じ日本人として、その思い自体は理解できなくもないですが、問題なのはその思いがプレーに結びついてしまうことです。
かつて3人の外国人選手が、この記録を塗り替えそうな勢いで本塁打を量産したことがありましたが、いずれも55本の“聖域”に迫るにつれ、球界全体に「それ以上打つな」という妙な空気が漂い始め、いよいよ記録更新となると、相手投手が勝負を避け、記録更新を阻みました。

最初に“聖域”を脅かしたのが、昭和60年(1985年)の阪神タイガースの助っ人ランディー・バース選手でした。
バース選手はシーズン残り3試合の時点で54本、プロ野球記録にあと1本まで迫っていましたが、最後の2試合は記録保持者の王貞治監督率いるジャイアンツ戦で、結果は2試合で6四球
バース選手いわく、最初の打席でジャイアンツの捕手(たぶん山倉和博捕手)に「ごめん」と言われ、事態を悟ったといいます。
おそらく王監督の指示ではなかったと思いますが、球界全体に漂った空気がそうさせたのでしょうね。

次に“聖域”に迫ったのが、平成11年(2001年)当時近鉄バファローズにいたタフィ・ローズ選手。
残り5試合で王選手の55本に並んだローズ選手でしたが、その後の福岡ダイエーホークス戦で怒涛の四球攻めにあい、結果、記録更新はなりませんでした。
このときも対戦相手のダイエーの指揮官は王監督でしたが、王さん自身は試合前にローズに対して本塁打新記録達成を望む声を掛けていたそうです。
ところが、当時ホークスのバッテリーコーチだった若菜嘉晴氏が敬遠を指示していたことがのちに発覚。
若菜氏は報道陣に対しても、「王・長嶋は野球の象徴。いずれ彼(ローズ)はアメリカに帰るんだから、オレたちが配慮して、監督(王貞治)の記録を守らないといけない。うちが打たれるわけにはいかない」と発言していたそうです。
この件はアメリカのマスコミで大きく取り上げられ、結果、当時のコミッショナーまでもがフェアプレーを訴える声明を発表するという騒ぎとなりました。

その翌年には西武ライオンズアレックス・カブレラ選手が同じく55本に並びましたが、バースやローズのときほど露骨ではなかったものの、やはり四球攻めにあって記録更新には及びませんでした。
バースやローズのときは、たまたま対戦相手が王監督指揮のチームでしたが、たとえそうでなかったとしても、外国人に記録を塗り替えられたくないという空気は同じだったと思います。
その思いが闘志となって表れるのならいいのですが、ブザマに逃げて記録を守るようでは、かえって王選手の記録の価値を下げているように思えてなりませんでした。
そもそも球団が助っ人外国人打者を雇うのは、本塁打を量産して欲しいがためなわけで、でも、その外国人打者が期待以上の働きをして“聖域”に迫ると、途端に「打ってほしくない」というのはなんとも滑稽な話です。
外国人打者からすれば、梯子を外された気分だったでしょうね。

今年、バレンティン選手が本塁打量産体制に入ったとき、また性懲りもなく同じ愚行が繰り返されるのか・・・という懸念もありましたが、今回はたぶん大丈夫だろうと思っていました。
というのも、過去3人の外国人選手と比べても、今年のバレンティン選手の本塁打のペースは驚異的で、55本に並んだ時点で残り22試合。
いくらなんでも全打席敬遠なんてあり得ないですからね。
時間の問題だと思っていました。
このペースだと、65本くらい打つんじゃないでしょうか。

せっかく新記録が出たと思ったら、今度は「飛ぶボール」がどうとか「神宮球場の狭さ」がどうとか、記録にケチをつける論調の記事をいくつか見かけました。
あと、王選手が記録を作った1964年と今とでは、投手の平均防御率被本塁打率もまったく違い、そのあたりを計算したなんとか指数ってやつで比較すると、王選手のほうが遥かに上だそうです(なんでも、王さんの55本をいまのプロ野球に当てはめると、70本以上の価値があるとか)。
くっだらないですね。
そこまで言うなら、そもそも球場の広さも相手投手のレベルも気候も、何もかもが違う条件のなかで数を競うこと自体ナンセンスなことです。
もし、王さんの記録をジャイアンツ時代の松井秀喜選手が塗り替えていたら、だれもケチはつけなかったと思いますよ。
時代が違うからこそ、新しい歴史を作ったバレンティン選手に素直に拍手を贈るべきなんじゃないでしょうか。

平成22年(2010年)には、イチロー選手が持っていたシーズン最多安打記録を、阪神タイガースのマット・マートン選手が塗り替えましたが、だからといってイチロー選手の価値が下がることはまったくありません。
このたび王貞治氏の記録が半世紀ぶりに塗り替えられましたが、王さんの残した功績が曇ることはないでしょう。
むしろ、くだらない“聖域”の呪縛から解き放たれたことで、今度はバレンティンの記録を日本人選手に破って欲しいという楽しみができますし、その結果、日本プロ野球全体のレベルアップに繋がるという相乗効果が得られるかもしれません。
私が生きてる間にこの記録を塗り替える選手が現れるか・・・楽しみにしたいと思います。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-09-16 16:48 | プロ野球 | Comments(6)  

長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の国民栄誉賞W受賞に思う。

長嶋茂雄氏と松井秀喜氏への国民栄誉賞の表彰式は観られましたか?
私は、たまたま休日ということもあって、ゆっくりテレビ中継を視聴させてもらいました。
同賞の表彰式が官邸以外の場所で行われるのは、このたびが初めてだそうですが、LIVE中継されるというのも初めてのことだったんじゃないでしょうか?
松井氏の引退セレモニーも兼ねた舞台だったから実現したことでしょうが、これを企画した方に感謝したいですね。
いいものを観せていただきました。

国民栄誉賞の授与は、長嶋・松井両氏で22、23人目だそうで、プロ野球選手では、1977年の王貞治氏と1987年の衣笠祥雄氏に次いで3人目、4人目となります。
これまで、「なぜ長嶋氏に授与しないんだ」といった声はずっと叫ばれてきましたが、ようやくの受賞といったところでしょう。
今年2月に受賞した大相撲の元横綱大鵬(故・納谷幸喜氏)のとき、「なぜ生前に授与しなかったのか!」といった批判の声が多くあがっていましたから、それも後押しになったかもしれませんね。

一方の松井氏への授与に関してですが、こちらは賛否両論の声があったようで、両氏のW受賞の報道があって以降、いろんな意見を耳にしました。
松井氏への授与に否定的な方々の意見としては、
「まだ早い」「長嶋と同格扱いなんておこがましい」などなど。
でもね・・・私はそうは思わないですけどね。
「まだ早い」という意見についていえば、王貞治氏が受賞したのは37歳で、38歳で現役引退した松井氏が受賞してもなんら不思議ではありませんし、「長嶋と同格扱い」について否定的な意見についていえば、通算安打数、本塁打数、打点数と、どれをとっても松井氏の方が長嶋氏を上回っており、記録の上では決して劣っていません。
というと、長嶋氏の偉大さは記録では語れない・・・という反論になると思うんですが、でもそれって主観的な話になりますから、それを言い出せば、キリがないんですね。
私は、長嶋氏がもらえるなら松井氏ももらっていいと思うし、松井氏がダメなら長嶋氏にも授与すべきではないと思います。

そもそも国民栄誉賞とは、通算本塁打の世界記録を樹立した王貞治氏を称えるために出来た賞で、その後の衣笠祥雄や横綱・千代の富士関などの受賞から見ても、前人未到の何かを成し遂げた人に対して授与していた賞だったはずです。
つまり、渥美清氏が受賞して石原裕次郎氏が受賞していないこと、長谷川町子氏が受賞して手塚治虫氏が受賞していないことなどのように、“記憶”だけではなく“記録”を残していることが重要な条件だったはずなんですね。
だから、王さんが受賞して長嶋さんが受賞していないことも、ある意味うなずけたんです。

ところが今回、その長嶋さんへの授与が決定した・・・私はむしろ、そのほうが違和感を覚えました。
だって、ただでさえ選考基準の曖昧さを指摘されてきたこの賞が、さらに曖昧になったような・・・。
広く国民に夢と希望を与えた・・・というならば、手塚治虫氏だってもらっていいですよね。
国民栄誉賞は、あの長嶋さんですらもらえない賞だったからこそ、権威のある賞だったように思います。

せっかくのめでたい話に水を差すようなことを述べましたが、私は決して二人の受賞に否定的なわけではありません。
ただ、長嶋氏の受賞は納得できるが松井氏は疑問・・・といった的外れな意見に対して一言述べたまでです。
昭和のヒーロー平成のスターを比べること自体、ナンセンスですよね。
国民栄誉賞を受賞すると、国が認める国民的英雄となるわけで、残された人生をその地位に相応しい生き方をせねばならず、その意味では、長嶋氏の何倍も人生が残っているであろう松井氏の方が、受賞者としての重圧ははるかに大きいでしょうね。
長嶋氏においてはこれからもお元気で、そして松井氏には更なる活躍を期待したいところです。

国民栄誉については以前も拙稿で述べていますので、よければ一読ください。
    ↓↓↓
なでしこジャパンの国民栄誉賞授与に思う。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-05-06 02:41 | プロ野球 | Comments(0)  

金本知憲選手の通算2500安打達成に思う、横綱の引き際。

昨日、阪神タイガースの金本知憲選手が史上7人目の通算2500安打を達成しました。
44歳2カ月での到達は、1991年に43歳5カ月で達成した門田博光(当時福岡ダイエーホークス)を超える史上最年長記録だそうで、大卒選手としては初めての快挙だそうです。
今月3日には札幌ドームで史上9人目の1500打点も達成しており、23日には通算474本目の本塁打を放ち、阪神OBの田淵幸一氏と並んで歴代10位と、不惑を過ぎてなお衰えを知らない鉄人ぶりには脱帽するしかありません。
2500安打以上を記録した歴代選手を列挙すると、

日本プロ野球歴代安打数
1位 張本 勲 3085安打 2752試合
2位 野村克也 2901安打 3017試合
3位 王 貞治 2786安打 2831試合
4位 門田博光 2566安打 2571試合
5位 衣笠祥雄 2543安打 2677試合
5位 福本 豊 2543安打 2401試合
7位 金本知憲 2500安打 2517試合(2012年6月28日現在)
※参考記録(日米通算安打数)
イチロー 3706安打 2700試合(2011年度シーズン終了時)
松井秀喜 2629安打 2470試合(2011年度シーズン終了時)

となります。
このまま大きなケガがなければ、今シーズン中に5位まで上がるでしょうし、調子が良ければ4位の門田氏にも届くかもしれませんね。
海の向こうで活躍するイチロー選手と松井秀喜選手を度外視すれば、その上は張本勲氏、野村克也氏、王貞治氏といったアンタッチャブルな大選手だけとなります。
張本、野村、王の次ですからねぇ・・・スゴイことですよ。
金本選手は素晴らしい選手だとは思いますが、正直言ってこれほどの記録を打ち立てる選手になろうとは思いませんでした。
失礼ながら、たぶん本人も思ってなかったんじゃないでしょうか。
だって、広島入団時にはそれほど期待された選手じゃなかったですし、事実、安定した成績を残すようになったのは、20代後半になってからですよね。
入団3〜4年目までは、左投手のときは代打を出されるようなレベルの選手でしたから。
使い古された言い方をすれば、金本選手は「努力の人」で、「鍛錬」によってここまできた選手だと思います。
彼のその強靭な精神力を支えているのはいったい何なんでしょうね。

私は、一昨年まで続けていた連続フルイニング出場の世界記録が途切れたとき、これで金本選手の張り詰めていた緊張の糸が切れ、気力も失せていくんじゃないかと思っていました。
彼のアンチエイジングの源は、記録更新にこそあったんじゃないかと・・・。
ところが、記録が途絶えたあとも、全盛期のそれには及ばないにしても、打撃面においてはそれなりに結果を出し続けています。
昨日の試合後のインタビューで金本選手は、「記録は足し算だから、長くやっていればいつか到達する。2500という数字より、その中で何本が勝ちに貢献できたかが大事。」と述べたとか。
つまり、俺は記録のためにやってるんじゃない、勝つためにやってるんだ!!・・・と。
いかにも優等生が言いそうな教科書どおりの答弁にも聞こえますが、一昨年に世界記録が途絶えたあとも気持ちが切れなかったこと思えば、タテマエではなく本当の気持ちかもしれませんね。
さすがは多くの後輩たちからリスペクトされるアニキ金本。
村上春樹風に言えば、「やれやれ、たいしたもんだよ、金本さん」・・・です(笑)。

ただ、少々辛口なことを言わせてもらえば、「どれだけ勝ちに貢献できたかが大事」という彼の考えに立脚すれば、ディフェンス面ではほとんど勝ちに貢献できておらず、むしろ、金本選手がレフトを守っていたために負けたゲームも少なくありません。
一昨年に痛めた右肩の棘上筋は断裂したままだと聞きますし、守備範囲も若い外野手のそれとは比較にならないほど狭く、広い甲子園の外野手としては致命的ともいえます。
「勝ちに貢献」というのは、なにも攻撃面だけじゃないんじゃないでしょうか?
そんな金本選手を引きずり下ろすような選手が出てこないから・・・といってしまえばそれまでですが、上述したように、張本、野村、王の次に名前が上がるような大選手の肩を叩くことができる人はなかなかいません。
昨今、ボロボロになるまで現役を続けることの美学、といった風潮が主流となっている感がありますが、二流選手の場合はそれもありだと思いますが、頂点を極めた超一流選手は、自らの決断で引き際を決める必要があるんじゃないでしょうか。
かつて王貞治氏は、「本塁打が打てなくなった」といって引退しましたが、最後のシーズンも30本打ってましたからね。
横綱は横綱としての相撲が取れなくなったら土俵をあとにします。
金本選手はまぎれもなく横綱だと思うんですけどね。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-06-29 18:06 | プロ野球 | Comments(2)  

遅すぎた松井秀喜選手の日米通算500本塁打に思う。

MLBアスレチックス松井秀喜選手が、日米通算500本塁打を達成しました。
日本プロ野球史上9人目の偉業で、立派といえば立派なんですが、松井選手の持つ本来の力でいえば、遅すぎる500号と思わざるを得ません。
NPB読売ジャイアンツ時代の10年間で332本塁打を記録したことを思えば、メジャー9年目で168本塁打という数字に不満を抱くファンは多いと思います。
打席数から考えて、膝のケガを考慮したとしても、あと60~70本は上にいっていないと・・・(張本勲氏は100本少ないと辛口のコメントをされていました)。
打率や打点、安打数などは、日本時代と比べて遜色ない数字を渡米後も残していますから、明らかに本塁打だけが減ってしまったわけです。
日本一の長距離打者が渡米して中距離打者になってしまった・・・というのでは、日米の実力差を見せつけられているようで、不満を感じてしまうのは私だけでしょうか。



☆日本人通算本塁打ランキング(2011年7月21日時点)
王 貞治  868本
野村克也  657本
門田博光  567本
山本浩二  536本
清原和博  525本
落合博満  510本
張本 勲  504本
衣笠幸雄  504本
松井秀喜  500本
10 大杉勝男  486本

日本時代の松井選手の成績からいえば、世界記録保持者の王貞治氏には及ばないにしても、2位の野村克也氏の記録には届くんじゃないかと期待していた人は多かったんじゃないでしょうか。
その辛口で知られるノムさんも、松井選手の才能はルーキー時代から高く評価していましたし、川上哲治氏や青田昇氏などといった重鎮の評論家でさえも、入団当初から「王貞治より上」と絶賛していました。
その王貞治氏自身も、「自分の記録に迫るとしたら、松井君しかいない。」という旨のことをいっておられたと記憶しています。
野球ファンのみならず、玄人目から見ても高い評価だった松井選手の長距離打者としての才能。
正直、こんなもんじゃないだろう・・・と、いいたくなるのは、私だけではないと思います。
日本一のアベレージヒッターイチロー選手が、誰もが認める世界一のアベレージヒッターになったことを思えば、日本一のホームランバッターの松井選手も、このまま尻すぼみに終わってほしくはないですね。
現在37歳の松井選手ですが、もう一度ホームランにこだわって、あと50本・・・いや、できればあと100本ぐらい、あの弾丸ライナーでスタンドに突き刺さる彼のホームランを見たいですね。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110721-00000508-sanspo-base
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-07-21 16:38 | プロ野球 | Comments(0)  

プロなんだから

WBC主力級含めた辞退「最強軍団」構想に暗雲

北京以降、球界全体のモチベーションが下がっている気がしますね。
選手達の本音が見えてきている様子です。
王貞治氏は苦言を呈していたようですが、辞退する選手の気持ちもわからなくもないです。
実際、消極的になるのも無理はないんじゃないかと・・・。
彼らもプロなんだから精神論では限界があるのではないでしょうか?
プロである以上、彼らの野球はビジネス。
出場するからには、何らかのメリットを考えてあげなければならないと思います。
一番わかり易いのは報酬でしょうが、他にも、たとえばWBCでもし怪我した場合の保証とか・・・。
本気で今後WBCを盛り上げていこうと思うのならば、参加選手の負担にならない策を、プロ球界全体で考えていかなければならないんじゃないでしょうか。


以下記事本文引用
***********************************************************************
WBC主力級含めた辞退「最強軍団」構想に暗雲

 来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表問題で21日、主力級を含め複数の辞退者が出たことが判明。「団結して最強軍団を作りたい」と代表監督就任会見で話した原監督の狙いは、スタートでつまずいた。山田投手コーチは「(辞退者に)我々もがく然とした」と言い、頼りにしていた投手の一人に辞退者が出たため「構想が崩れた」と嘆いた。

 大会は開幕直前の3月開催。長丁場のシーズンを考慮すれば、故障を恐れ、消極的になるのも理解できる。中日から辞退者が出たとみられるのも、今夏の北京五輪の影響があるからだろう。中日の白井文吾オーナーは、コンディション不良のまま五輪に参加し、その後のペナントレースで思うようなプレーができなかった森野や川上を例に挙げ、「五輪後遺症はきつかった」と振り返った。

 しかし、理由を明示せず、ただ辞退というのはいかがなものか。原監督によると、ある球団は候補者全員が辞退し、その球団の別の選手に要請したところ、また断ってきた。そこまでくると、チームとして何らかの力が働いているとみられても仕方あるまい。

 王貞治コミッショナー特別顧問は「日本の野球界すべてが参加する意識を持つ」ことの重要性を説いた。球界のまとまりを欠いた状態では、大会2連覇など夢に終わってしまいかねない。【村田隆和】
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2008-11-22 03:28 | プロ野球 | Comments(2)