タグ:福島正則 ( 6 ) タグの人気記事

 

備後福山城のまち逍遥備忘録 その2 「天守」

福山城天守は昭和20年(1945年)8月8日の福山大空襲で消失し、現在の建物は昭和41年(1966年)に月見櫓、御湯殿と共に復興された鉄筋コンクリート製のものです。

e0158128_16055084.jpg

8月8日といえば、同じ広島県内に原爆が投下された2日後、終戦の1周間前ですね。

広島市内では、原爆により8月6日に広島城が大破しています。

戦争は多くの人の命を奪いましたが、同時に、わが国の歴史的遺産も奪いました。

終戦の決断がもう少し早ければ、救われた命も、そして失わずにすんだ文化遺産もたくさんあったでしょうね。

e0158128_16060986.jpg

福島正則の改易によって元和5年(1619年)に入封した水野勝成が、3年の歳月をかけて築城した福山城天守は、5重5階地下1階層塔型の天守でした。

現在の復元城とは、外観はかなり違うようで、「復元」ではなく「復興」に分類されているそうです。

e0158128_16061884.jpg

明治維新による廃城後、城はそのまま放置され、天守の傷みは甚だしかったそうですが、その歴史的価値が認められた明治30年(1897年)から修理が行われ、昭和6年(1931年)には、姫路城松本城と同時に国宝に指定されたそうです。

重ね重ね残念ですね。

e0158128_16063609.jpg

この日は本丸広場でイベントが開催されていて、写真を撮るには目障りなテントやらステージやらがあって残念でした。

e0158128_16081684.jpg

天守のなかは博物館になっていて、撮影禁止です。

e0158128_16092655.jpg

ただ、せっかくなので、天守最上階からの眺望をアップします。

写真は天守南側の本丸広場で、奥の芝生部分が前稿で紹介した伏見御殿跡、その左の櫓は月見櫓、中央が御湯殿、右側に少し見えるのが筋鉄御門で、その横に伏見櫓があるのですが、木に隠れちゃってます。

e0158128_16123705.jpg

曇り空でなければ、いい眺めだったのでしょうけどね。

e0158128_16143092.jpg

扉の家紋です。

e0158128_16144402.jpg


さて、本丸と天守を制覇したので、次回は二の丸をめぐります。



備後福山城のまち逍遥備忘録 その1 「本丸・伏見御殿跡」

備後福山城のまち逍遥備忘録 その3 「二の丸」

備後福山城のまち逍遥備忘録 その4 「赤門・小丸山」

備後福山城のまち逍遥備忘録 その5 「備後護国神社(阿部神社)」

備後福山城のまち逍遥備忘録 その6 「水野勝成の墓所・聡敏神社」

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



by sakanoueno-kumo | 2016-04-15 13:14 | 広島の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

備後福山城のまち逍遥備忘録 その1 「本丸・伏見御殿跡」

過日、広島県は福山市にある福山城に行ってきました。

福山城は山陽新幹線福山駅のすぐ北側にあり、城跡周辺は「ふくやま文化ゾーン」として観光地化されています。


e0158128_15291878.jpg

この日はあいにくの曇り空だったのですが、なんとか雨に降られず一日中城跡周辺を歩きました。

e0158128_15362355.jpg

現在、城跡公園として整備されているのは、かつて内堀のなかだったところです。

南面の階段を登ると、すぐに本丸南側につながります。

なので、今回は先に本丸から攻めていきます。

e0158128_15390863.jpg

本丸南側にある筋鉄御門(重要文化財)です。

この門をくぐると、本丸広場になります。

e0158128_15410304.jpg

本丸南側には、かつて伏見御殿がありました。

なぜ「伏見御殿」という名称かというと、元和5年(1619年)に廃城となった京都の伏見城から多くの移設されており、それにあやかって「伏見御殿」と名付けられたそうです。

ちなみに、先述した筋鉄御門も、伏見城から移設されたものです。

他には、

e0158128_15434774.jpg

本丸南東角の月見櫓

e0158128_15464743.jpg

本丸南中央の御湯殿

e0158128_15470189.jpg

本丸南西角の伏見櫓などが、同じく伏見城から移設されました。

このうち、月見櫓と御湯殿は空襲で焼けたため復元ですが、伏見櫓と筋鉄御門は当時のもので、重要文化財に指定されています。

e0158128_15481199.jpg

その伏見御殿跡から北を見ると、天守がそびえます。

この日は本丸広場でイベントが開催されていて、テントやらステージやらが設置されていて残念でしたが。

e0158128_15500787.jpg

福山城は、元和5年(1619年)に福島正則が改易され、備後10万石の領主として入封した水野勝成が、3年の歳月をかけて築城した平山城です。

次稿では、その天守を攻めます。



備後福山城のまち逍遥備忘録 その2 「天守」

備後福山城のまち逍遥備忘録 その3 「二の丸」

備後福山城のまち逍遥備忘録 その4 「赤門・小丸山」

備後福山城のまち逍遥備忘録 その5 「備後護国神社(阿部神社)」

備後福山城のまち逍遥備忘録 その6 「水野勝成の墓所・聡敏神社」

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2016-04-14 00:37 | 広島の史跡・観光 | Trackback | Comments(4)  

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その33 ~桑津古戦場跡・柴田正俊の墓~

大阪市東住吉区桑津にある桑津天神社の南東隅の道路沿いに、「大阪陣戦歿将士慰霊塔」と刻まれた石碑があります。
ここは慶長20年(1615年)5月7日、大坂夏の陣の最終決戦の日に激戦の舞台となった地区でした。

e0158128_1740320.jpg

現地には説明看板がなく、桑津地区での戦いを詳細に伝えてくれる材料がないのですが、大坂夏の陣最大の激戦となった茶臼山の戦い(天王寺口の戦い)の場所から1kmほどしか離れていない場所で、おそらく、ここも一連の戦いの舞台だったのでしょうね。

e0158128_17464671.jpg

近くには、福島正則の家臣・柴田権十郎正俊の墓があります。
福島正則は、大坂冬の陣、夏の陣ともに江戸留守居役を命じられて従軍していないので、おそらく、柴田正俊は正則の嫡男・福島忠勝に付き従っていたのか、あるいは、同じく正則の一族で豊臣方に与した福島正守・福島正鎮の配下に入ったのかもしれません。
ネットで調べてみると、正俊は徳川方蜂須賀九郎右衛門とこの地で闘い、九郎右衛門の首を討ち取るが、自らも重傷を負いこの地で自刃したとあります。
ということは、豊臣方に与していたということですね。

e0158128_1749029.jpg

墓は川沿いの細い路地を入ったところにあり、見つけるのがたいへんでした。
下の写真は川の対岸からのロケーションです。
民家と民家の間にひっそりとあるので、こうして見ても、史跡だとは気づきません。

e0158128_17505138.jpg

東住吉区のホームページでは、徳川家康が正則の大坂方への寝返りを警戒し、江戸城留守居役として正則の行動を封じ込めたので、柴田正俊が身代わりとなって、秀頼に味方したと紹介しています。
正則はのちに広島城を幕府に無断で改築した罪を問われて改易となりますが、大坂の陣で直属の家臣が豊臣方に与していた事実も、その後の正則の立場に少なからず影響していたかもしれません。

e0158128_1751646.jpg

現地の説明板によると、この地の南に正俊に打ち取られた九郎右衛門の五輪塔もあったそうですが、行方不明になったとあります。
だれがどこに持って行っちゃったのでしょうね。

次回に続きます。



大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その2 ~心眼寺(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その3 ~鴫野古戦場跡・佐竹義宣本陣跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その4 ~白山神社(本多忠朝物見のいちょう)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その5 ~野田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その6 ~本町橋~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その7 ~御勝山古墳(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その8 ~大和郡山城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その9 ~忍陵古墳・岡山城跡(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その10 ~徳川家康星田陣営跡・旗掛け松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その11 ~岸和田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その12 ~樫井古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その13 ~塙団右衛門直之の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その14 ~淡輪六郎兵衛重政の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その15 ~法福寺(お菊寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その16 ~大野治胤(道犬斎)の墓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その17 ~今井宗薫屋敷跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その18 ~若江古戦場・木村重成の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その19 ~木村重成菩提寺・蓮城寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その20 ~木村重成本陣跡・銅像~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その21 ~木村重成表忠碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その22 ~山口重信の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その23 ~飯島三郎右衛門の墓・若江城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その24 ~長宗我部盛親物見の松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その25 ~常光寺・八尾城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その26 ~小松山古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その27 ~玉手山公園(道明寺古戦場)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その28 ~誉田古戦場・薄田隼人碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その29 ~真田幸村休息所跡・志紀長吉神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その30 ~権現塚・中村四郎右衛門正教宅跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その31 ~樋ノ尻口地蔵・全興寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その32 ~安藤正次の墓・願正寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その34 ~茶臼山古墳古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その35 ~安居神社(真田幸村終焉の地)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その36 ~一心寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その37 ~玉造稲荷神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その38 ~方広寺大仏殿の梵鐘~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その39 ~淀殿の墓(太融寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その40 ~伝・徳川家康の墓(南宗寺)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-12-09 17:53 | 大坂の陣ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

晩秋の安芸国広島城逍遥記 その2

昨日の続きです。

内堀の外から見た広島城二の丸の写真です。
手前から太鼓櫓・多聞櫓・平櫓です。

e0158128_1747955.jpg

この石垣と3つの櫓から成る二の丸は、馬出の機能を持つ郭で、全国の城郭の中でも特異な配置だそうで、広島城の特徴とされています。

e0158128_17501928.jpg

上の写真は表御門
橋を渡って表御門をくぐり、二の丸内に入ります。

e0158128_1752798.jpg

で、こちらが二の丸内側から見た太鼓櫓と多聞櫓です。
これらはもちろん復元ですが、戦前まであった郭は、毛利輝元の築城当初からのものだったそうです。
3つの櫓の外観は、天守と同じく黒漆塗りの板貼りですね。

e0158128_17533298.jpg

こちらは内部の天井。
梁をむき出しにし、柱も漆などを塗らずに、木の肌を出したままの質素なつくりです。
下の写真は、太鼓櫓のなか。

e0158128_182757.jpg

工事が始まって2年後の天正19年(1591年)に輝元は入城しますが、その後も並行して工事は進められ、全工事が完工したのは慶長4年(1599年)、しかし、その前年に豊臣秀吉が死去しており、時代はふたたび戦乱の様相を呈していました。
そして、翌年に天下分け目の関ヶ原の戦い
このとき、名目上、西軍の総大将となった毛利輝元は、実際に出陣はしなかったものの、その責任を負わされ、徳川家康によって周防・長門の2ヵ国に押し込められます。
それが、幕末まで続く長州藩となるんですね。

e0158128_17581420.jpg

毛利家に代わって広島城に入城したのは、安芸・備後の2カ国(現在の広島県域)45万余石の領主となった福島正則でした。
正則はさっそく城の修築工事を進めるとともに、西国街道が城下を通るように南下させるなど、城下町を整備します。
しかし、洪水で破損した石垣を修築する際、幕府への修築届けの不備を咎められ、元和5年(1619年)、正則は安芸・備後両国を没収されます。
この一件については、豊臣恩顧の正則を失脚させるための幕府の陰謀説もありますが、真相は闇の中です。

e0158128_1802599.jpg

福島氏が去ったあと、領内は広島藩福山藩に分かれ、広島城には紀伊国和歌山城主だった浅野長晟が42万余石の領主として入城します。
以後、明治2年(1869年)の版籍奉還までの約250年間、浅野氏が12代に渡って広島城主を勤めます。

e0158128_1894867.jpg

明治時代、広島城内には旧大日本帝国陸軍の施設が徐々に設けられ、日清戦争時には、本丸に大本営が置かれたという稀有な歴史を持っています。
上の写真はその大本営跡です。

e0158128_18102183.jpg

なぜ広島に大本営が置かれたかというと、山陽鉄道(現在のJR山陽本線)が広島まで開通していたことや、近くに宇品港を擁するといった諸条件が揃っていたからです。
ここに大本営が置かれると、明治天皇が広島に入られ、城内にあった建物を行在所として、戦争を指揮されたそうです。

e0158128_18111268.jpg

太平洋戦争時にも、周辺に軍事施設が集中していたことから、この広島城が、原爆投下の目標点になったと言われています。
当然ながら、天守をはじめ城内の建造物は、すべて壊滅しました。

e0158128_18124566.jpg

夜の広島城です。
三脚などは持っていなかったので、手ブレご容赦ください。

毛利時代、福島時代、浅野時代のみならず、日清戦争、太平洋戦争と、近世近代の歴史を見つめ続けた広島城。
いまは、堀と緑に囲まれた城跡公園として、市民憩いの場となっています。
まさに、「兵どもが夢の跡」ですね。

晩秋の安芸国広島城逍遥記 その1

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2015-02-13 18:14 | 広島の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

軍師官兵衛 第44話「落ちゆく巨星」 その2~黒田節と母里太兵衛~

前回の続きです。

 酒は呑め呑め 呑むならば 日本一のこの槍を
 呑み取るほどに呑むならば これぞ真の黒田武士


 有名な民謡『黒田節』の歌詞ですが、今話、この歌にまつわる母里太兵衛の有名なエピソードが描かれていましたね。知っている人も多いと思いますが、ここで改めて逸話を紹介しておきます。

 母里太兵衛といえば、「黒田二十四騎」の中でも最も剛力として知られる勇将で、黒田官兵衛、長政父子の二代に仕えた人物です。今回のドラマでも、常に官兵衛に付き従う側近として描かれていますね。

 文禄5年(1596年)正月、太兵衛は長政の名代として、京都伏見城に滞留中の福島正則のもとを訪れます。このとき、太兵衛は正則からを勧められますが、名代という立場をわきまえ、いったんはこれを固辞します。太兵衛は家中でも「フカ」とあだ名されるほどの大酒呑みでしたが、このときは「先方で酒を出されても呑むことまかりならぬ」と、事前に長政より釘をさされていたといいます。しかし、自身も酒豪である正則はなおもしつこく勧めます。今も昔も、大酒呑みという人種は、酔うとはなぜか人にも酒を進めたくなるんですね。いわゆる質の悪い酔っぱらいです。

 頑なに拒む太兵衛に対して正則は、大盃になみなみと酒を注ぎ、「これを飲み干せたならば、好きな褒美をとらせよう」といいます。さらに正則は、「黒田武士は酒に弱い。酔えば何の役にも立たない」と侮辱して挑発したとか。さすがの太兵衛も、ここまで言われては黙っていられなかったのでしょう。太兵衛は大盃を手にすると、一気に呑み干したといいます。

 そして太兵衛は、約束どおりの褒美として、正則が豊臣秀吉から拝領した名槍「日本号」を所望します。さすがの正則もこれには困ってしまいますが、「武士に二言はない」と開き直り、潔く「日本号」を太兵衛に与えたといいます。酔うと太っ腹になるというのも、典型的な大酒呑みの姿ですね。

 翌朝、正気になった正則は、真っ青になって太兵衛のもとに「日本号」の返却を求めてきましたが、太兵衛は「武士に二言は無いはず」といってこれを受け付けませんでした。正則としては、一生の不覚だったでしょうね。この逸話によって、「日本号」は「呑取り日本号」という異名がつき、これが民謡『黒田節』の歌詞となり、黒田武士の男意気を示すエピソードとして後世に長く伝えられることになります。

 とまあ、黒田家の歴史を語る上では欠かせない太兵衛の逸話ではありますが、今話の流れ的にいえば、本筋から大きく外れたところの余談であり、なんとなく唐突な感じがしましたね。多くの人に愛される逸話だから省くわけにいかず、無理やり話の間に押し込んだ感がありました。物語は秀吉の最晩年に差し掛かり、秀吉と官兵衛の関係も大詰めを迎えようとしているところ、太兵衛の逸話は割愛してもよかったんじゃないかと・・・。特に本編に必要な話ではなかったですしね。なんとなく、あのシーンだけ異質なものに感じました。

 さて、いよいよ次週は秀吉の最期が描かれるようです。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2014-11-05 22:09 | 軍師官兵衛 | Trackback | Comments(4)  

天地人 第39話「三成の遺言」

 大河ドラマにおいて、初めて関ヶ原の敗者側が主役となった今年の「天地人」。直江兼続と石田三成の友情物語でもあったこの物語では、当然その最期も三成側の視点から描かれている。

 関ヶ原の敗軍の将として無念の最期を遂げた石田三成。優れた行政能力を持った官僚型の人物で、同じ豊臣恩顧の福島正則や加藤清正などの武断派たちとの間に確執があったとされ、その確執が結果的に関ヶ原での敗走を招いたともされる。しかし自らの領地・近江では、善政を敷いていたため領民から慕われ、三成の死後も領民たちは佐和山城付近に地蔵を築き、彼の遺徳を偲んだという。ドラマでは省かれていたが、関ヶ原を敗走した三成が自身の領地・近江の岩窟に身を潜めていたとき、領民の与次郎という人物が死罪を覚悟で三成の献身的な介抱をする。三成はこの与次郎の義侠心に感銘し、彼に罪が及ばないように自ら役人に身を晒したという有名な話がある。彼の人間性がうかがえるエピソードである。

 「大義は尚、我にあり。」「不義の輩が長く栄えるは無しと思われよ。」
 囚われの身となった三成が家康に言った最期の言葉だが、皮肉にも歴史はその言葉とは全く反対の意志を示し、以後250年に及ぶ日本歴史上最も安定した政権、徳川時代に繋がるのである。ならば三成の言う「正義」は間違っていたのか・・・。そうは思えない。それではもしも関ヶ原の戦いで三成が勝利していたら・・・その後の日本がどのような歴史をたどったかは、誰にもわからない。やはり歴史の「もしも」はタブーで、歴史に起こった出来事はすべて現代の私たちに繋がっており、それは歴史の必然であって、「正義」と言えるのかもしれない。

 処刑を待つ三成と福島正則が酒を酌み交わすシーンはいいシーンだった。もちろんこのようなエピソードは存在せずフィクションなのだが、石田三成と福島正則という二人が、道は違えても豊臣家の為に命を賭した武将であったことは十分に伝わるシーンであり、その心は決してフィクションではないだろう。

 石田三成 辞世の句
 「筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり」


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-09-28 01:00 | 天地人 | Trackback | Comments(0)