「ほっ」と。キャンペーン

タグ:竹中半兵衛重治 ( 6 ) タグの人気記事

 

三木合戦ゆかりの地めぐり その4 ~もうひとつの竹中半兵衛墓所~

三木市内には、もう1か所、竹中半兵衛のものと伝えられるがあります。
場所は、前稿(その3)で紹介した平井山の麓の墓所から、直線距離で1kmほど離れたところにある栄運寺というお寺の裏山。
平井山の墓所は有名ですが、こちらはあまり知られていません。

e0158128_17153111.jpg

栄運寺は、写真のようなのどかな田園風景を見下ろすように、山の麓の高台にあります。
晴れてたらきっといい景色だったのでしょうけど、あいにくこの日は雨上がりの重い雲に覆われた日で、路面も乾いていません。

e0158128_17212796.jpg

近くに駐車場はないので、ずいぶん遠くに車を停めて徒歩で向かいます。

e0158128_17224160.jpg

栄運寺が見えてきました。

e0158128_172410100.jpg

境内に向かう手前に、墓所への誘導看板を発見。
ここから、山道を登ります。

e0158128_17252813.jpg

なかなかハードな傾斜道です。

e0158128_17261736.jpg

しばらく登ると、また誘導看板がありました。
おかげで迷わずに進めます。

e0158128_17294085.jpg

誘導看板から少し奥に進むと、古い墓石のある場所にたどり着きました。
どうやら、ここがもうひとつの半兵衛の墓所と思われるのようです。

e0158128_17351728.jpg

e0158128_17353287.jpg

e0158128_17354566.jpg

宝塔のような墓石の裏には、天正七年六月十三日と刻まれています。
たしかに、半兵衛が死んだと伝えられる日です。

e0158128_17372174.jpg

墓石に立てかけられた卒塔婆には、戒名が揮毫されています。

e0158128_17393782.jpg

向かいの小さな石には、よく見ると「竹中」と書かれているようです。
あるいは、こちらが墓石で、向かい側の立派な石塔は、供養塔のようなものかもしれません。

e0158128_17395781.jpg

平井山の墓所から1kmほどしか離れていないこの場所に、なぜ半兵衛の墓があるのかわかりませんが、おそらくどちらも半兵衛の墓とみていいのでしょうね。
なぜ2つの墓が存在しているのかはわかりませんが、たぶん、建てられた時期が違うのでしょう。
見た感じ、こちらのほうが古そうに思えましたから、あるいは、没後すぐに埋葬されたのは、こっちかもしれません。
あくまで、わたしの印象ですが・・・。

e0158128_17454819.jpg

半兵衛は死ぬ半年ほど前、このとき有岡城に幽閉されていた黒田官兵衛孝高の嫡男・松寿丸(のちの黒田長政)を、織田信長の処刑の命に背いてかくまったという話は有名ですね。
しかし、その後、官兵衛が有岡城から生還したときには、半兵衛はこの世にいませんでした。
きっと、官兵衛もこの地に参ったのではないでしょうか。

e0158128_1746219.jpg

三木の人々にとっては敵方の武将である竹中半兵衛の墓にもかかわらず、400年以上もの長きに渡り、地元の人の手によって守られてきたことを思えば、いまこうして歴史に触れることができることを、感謝せずにはいられません。
豊臣秀吉の墓所なんて、豊臣氏の滅亡と共に破壊されてしまいましたからね。
三木市民のご先祖さまに感謝です。

そんなこんなで、後日、まだまだ続きます。

「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2015-03-19 23:58 | 三木合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

三木合戦ゆかりの地めぐり その3 ~竹中半兵衛墓所~

羽柴秀吉の本陣があったとされる平井山の麓に、秀吉の名軍師として知られる竹中半兵衛重治墓所があります。
半兵衛は三木城攻めの真最中の天正7年(1578)6月13日、平井山本陣にて病没したと伝えられます。

e0158128_194770.jpg

場所は平井山観光ぶどう園のなかにあります。
ここを訪れた日は2月15日という冬まっただ中で、周囲はキツネ色の畑と裸木に囲まれて寂れた印象の写真になっていますが、いい季節に来れば、きっと緑に囲まれた美しい景色なんでしょう。

e0158128_1954625.jpg

そんな自然の中に、特別な場所といった感じの白漆喰に塗られた土塀が見えます。

e0158128_1971623.jpg

案内板の横の細い道を入っていくと、四方を土塀で囲まれた廟所となっています。

e0158128_1914524.jpg

手前の花立ては新しいもののようですが、墓石石灯籠は、かなり古いもののようです。
墓石には、「竹中半兵衛重治墓」と記されています。

e0158128_1911062.jpg

半兵衛は、もとは美濃国斎藤氏の家臣の家に生まれますが、主君の斎藤龍興暴君ぶりに愛想をつかせて斎藤家を去り、その後、羽柴秀吉の熱烈なラブコールを受けて、織田信長傘下に入ります。
そして、その後は秀吉の片腕として各地に転戦し、殊勲を立てました。

e0158128_1915572.jpg

しかし、半兵衛はもともと病弱だったといわれ、この三木城攻めの真最中に胸を病みます。
秀吉のすすめで一時は京都に移って療養しますが、やがて自らの死期を悟ると、「武士ならば畳の上でなく戦場で果てたい」と秀吉に懇願し、この地に帰ってきました。
ほどなく病魔は容赦なく半兵衛の身体を蝕み、天正7年(1578)6月13日、この墓所の東にある平井山本陣にて病没します。
享年36歳
死因は肺病とされ、おそらく、現代の肺炎か肺結核と考えられています。
秀吉は、半兵衛の遺体のとりすがり、「お先真っ暗」と、ひと目もはばからずに泣き崩れたといいます。

e0158128_19193225.jpg

墓所内に立てられた40年ほど前の手書き看板です。
文字がかすれて読みづらいですが、この墓所の維持のために、その昔から竹中山と称する山林1ヘクタールが村の山として残され、毎年6月13日には村の老若男女が仕事を休んで供養を続けている、と書かれています。

e0158128_19194770.jpg

こちらの看板の漢詩は、天保年間(1830年~1844年)、儒者の山田翠雨がこの墓に参拝の折に詠んだものだそうです。
最後から二行目に、「土を盛り上げた一つの塚が平井山の緑の中に包まれる」とありますね。
土を盛り上げた塚とは、おそらく墓石の後ろの盛り土のことでしょう。

e0158128_1920387.jpg

ところで、三木市内には半兵衛の墓と伝わる場所が、もう1か所あります。
次稿では、そのもうひとつの半兵衛の墓を紹介します。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2015-03-18 19:25 | 三木合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

軍師官兵衛 第22話「有岡、最後の日」 ~村重逃亡と官兵衛生還~

 天正7年(1579年)春、京都で療養していた竹中半兵衛は、自らの死期を悟ってか、武士の死に場所は戦場にありとして、播磨国三木城攻めにあたっていた羽柴秀吉軍に加わります。それから間もない6月13日、陣中にて死去します。享年36歳。労咳(肺結核)だったようです。黒田官兵衛の嫡男・松寿丸を匿ってから約半年、誰よりも官兵衛が裏切っていないと信じていた半兵衛でしたが、残念ながら、それを確認することなくこの世を去ってしまいました。

 その頃、官兵衛が幽閉されている有岡城では、期待していた毛利の援軍がいつまでたっても来る気配が見えず、荒木村重は焦りはじめていました。このまま孤立無援状態では敗北は必至、家臣たちのなかには、村重を殺して、その首をみやげに織田信長のもとへ走ろうという空気も立ちはじめていたといいます。そんななか、籠城戦が始まって1年近くたった9月2日、あろうことか村重は、わずかな側近を連れて夜半に城を抜け出し、嫡男・村次のいる尼崎城(大物城)に移ってしまいます。このとき、愛する妻さえ置き去りにしてきた村重でしたが、茶道具は持ちだしています。よくわからない行動ですよね。

 この村重の行動については、はっきりしたことはわかっていませんが、逃亡との解釈が多いようです。敵方のみならず家臣からも命を狙われ、極度の恐怖心を抱いていたのかもしれませんし、妻を捨てても茶道具を持ちだしているところを見ても、正常な心理状態ではない、常軌を逸した行動といえます。そんな追い詰められていく村重の心理状態を、ドラマでは上手く描いていたと思います。

 ただ、一方で、村重が有岡城を抜けだしたのは、再三使者を送って援軍要請しているにも関わらず動かない毛利氏に対して、自ら安芸国に出向いて直談判するためで、持ちだした茶道具はその手みやげだったと見る説もあります。しかし、だとすればその後の村重の行動に矛盾が出てきますし、何より、総大将がいない籠城軍など総崩れは時間の問題。ちょっと無理がある解釈だと思います。やはり、追い詰められて逃亡と考えるのが打倒なんじゃないでしょうか。

 主を失った有岡城は、織田方の調略などで内部から崩れ始め、10月15日、織田軍の総攻撃が開始されます。この大混乱に乗じて城内に紛れ込んだ栗山善助ら官兵衛の家臣たちは、獄中の官兵衛の救出に成功します。栗山善助、母里太兵衛井上九朗右衛門らは、この少し前から商人に変装して城内に侵入し、投獄場所をすでに特定していたといいます。ドラマでは、3人揃って官兵衛を救出していましたが、別の説では、実際に官兵衛を助けだしたのは、善助と銀屋新七という商人だったともいわれます。いずれにせよ、善助がいたのは間違いないようですね。

 助けだされた官兵衛は、1年近くも不衛生で狭い土牢に閉じ込められていたため、膝の関節が曲がり髪の毛は抜け落ち皮膚病を患い、生涯回復しなかったといいます。奇跡的に生還したとはいえ、大きな代償だったといえるでしょう。ドラマの官兵衛は、禿げてないようでしたけどね(笑)。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-06-04 00:51 | 軍師官兵衛 | Comments(3)  

軍師官兵衛 第21話「松寿丸の命」 ~竹中半兵衛の正義~

 荒木村重を説得するために有岡城に入ったまま戻らない黒田官兵衛に対して、織田信長はやがて強い不信感を抱き始めます。つまり、官兵衛は村重に味方したんじゃないかという疑念ですね。ドラマでは、思いのほか守りが堅い有岡城の戦いぶりを見て、信長は村重の影に官兵衛の存在を確信したという設定になっていましたが、あるいは本当にそうだったかもしれません。ミイラ取りがミイラになったと決めつけた信長は、羽柴秀吉のもとに人質となっている官兵衛の嫡男・松寿丸首をはねるよう命じます。この命令を受けたのが、秀吉の側近中の側近で、官兵衛とも誼のある竹中半兵衛だったといいます。

 半兵衛は信長に対して、官兵衛は忠義者であるがゆえ、決して敵に翻すことなどあり得ない、村重に与する理由がないと忠言し、また、ここで黒田家を敵にまわせば、中国攻めがうまく進まないとも述べます。それらを勘案すれば、松寿丸を殺すのは得策ではないと懸命に進言しますが、信長の怒りは収まりませんでした。

 力及ばずと悟った半兵衛は、一計を案じます。松寿丸を自身の領地である美濃国不破郡岩手の奥堤に連れ出し、密かに匿ったのです。そして、信長のもとには偽の首を秀吉に進呈させ、命令どおり処刑が行われたと見せかけます。下手をすれば半兵衛の立場が危うくなりかねない行為ですが、この半兵衛の機転によって、松寿丸の首はこの後50年近く繋がることになります。

 自身の危険を顧みないこの半兵衛の行いに、後世の物語などは、半兵衛と官兵衛との間に強い信頼関係と厚い友情があったと伝えます。しかし、裏切り、寝返りが当たり前のこの時代において、本当にそんな心通じ合う関係があったのかは甚だ疑問です。おそらく、松寿丸処刑の命を聞いた誰もが、「そこまでしなくとも」と思ったに違いありません。しかし、皆自身の身を守ることで精一杯で、信長の命に背くなど誰にも出来なかったことでしょう。松寿丸を助けたとて、自身にとって何の得にもならない。そんななか、身の危険を覚悟の上で信長の命に背いた半兵衛の姿に、彼の守るべき信念、価値観を見て取ることができる気がします。

 竹中半兵衛という人を知るに、美濃国斎藤家仕官時代の稲葉山城乗っ取り事件が不可欠ですが(参照:第3話)、あのエピソードから見ても、半兵衛という人は地位名声欲にはおよそ無頓着であることが見て取れますし、自身の正しいと思うことに命をかけられる人物であることがわかります。彼は何よりも義を重んじた・・・。半兵衛にとって、このときの信長の命には義を感じられず、一時の感情に任せた愚行であり、どうしても従う気にはなれなかった・・・。彼は、自身のなかの正義を守るために、松寿丸を助けたんじゃないかと思うんですね。自身の命がそう長くないことを悟っていたせいもあるかもしれません。彼は自身の人生最後に、自身の信念を曲げたくはなかった・・・。松寿丸を助けることによって、自身の人生を完成させたといっていいかもしれません。決して、官兵衛との友情といったような、単純なものではなかったんじゃないかとわたしは思います。

 それにしても、このときの信長の判断は明らかに早計ですよね。ネタバレになりますが、事実、のちに官兵衛が囚われの身であったことを知った信長は、松寿丸の処刑を命じたことを大いに悔み、半兵衛の機転によって処刑が行われなかったことを知って、深く半兵衛に感謝します。しかし、そのとき既に半兵衛は、この世にいませんでした。

 半兵衛は決して黒田家に恩を着せるつもりはなかったでしょうが、後年、福岡藩主となった松寿丸こと黒田長政は、このときの恩を決して忘れることなく、半兵衛の孫にあたる竹中重次を召し抱え、手厚く庇護しています。恩というものは、与えるものでも着せるものでもなく、受けた側が感じるものなんですね。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-05-30 21:02 | 軍師官兵衛 | Comments(4)  

軍師官兵衛 第9話「官兵衛試される」 ~小寺政職の人物像~

 織田信長との面会を果たした黒田官兵衛は、さっそく播磨に帰国し、周辺豪族の説得工作を開始。織田氏毛利氏か、今なおどちらの傘下に入るか迷っていた小領主たちを、次々に織田氏方へ引き寄せます。そして、主君である小寺政職をはじめ、龍野城主の赤松広秀、三木城主の別所長治らを揃って信長に謁見させます。官兵衛大活躍ですね。そんな官兵衛を刺激して手のひらで転がしていたのが、羽柴秀吉の名参謀として仕えていた竹中半兵衛だった・・・というのが、今話のストーリーでしたね。(余談ですが、このとき14歳の赤松広秀は、のちに、最近日本のマチュピチュとして観光客が急増している但馬竹田城の、最後の城主となる人物です。)

 前話の稿でも紹介したとおり、小寺氏、赤松氏、別所氏が揃って信長に謁見したという話は、『信長公記』のなかに記されているエピソードで、おそらく史実とみていいでしょう。しかし、それらの播磨豪族たちを説得して束ねたのが官兵衛だったという話は、たぶん後年に作られた話でしょうね。ましてや、それを裏で操っていたのが半兵衛だったという設定は、いうまでもなくドラマのオリジナルです。のちに「両兵衛」と称され、深く関わりを持つことになる二人ですが、この時点ではまだ面識がなかったか、あったとしても、せいぜい秀吉を介して名刺交換した程度の関係だったでしょうね。

 それにしても、ひどく優柔不断で臆病なバカ殿さまに描かれている小寺政職ですが、実際には、どのような人物だったのでしょう。今日は、そんな政職について少しふれてみたいと思います。

 政職の家系である小寺氏は、赤松氏の有力な家臣として鎌倉時代末期から活躍していたとされますが、史料でしっかり確認できるのは、長禄元(1457)年の「長禄の変」からだそうです。「長禄の変」とは、その16年前に起きた「嘉吉の乱」で没落していた赤松氏を、家臣たちの働きで再興させた出来事で、そのとき中心となって活躍したのが、政職の高祖父にあたる小寺性説という人物だったといいます。以後、小寺氏は赤松氏の重要な家臣として仕え、御着城を拠点として地位を保ってきました。しかし、世の中は下克上の時代へと移り、赤松氏の家臣だった浦上氏別所氏明石氏櫛橋氏とともに、小寺氏も徐々に赤松氏の配下から独立の様相を見せるようになります。政職が家長となったのは、そんな時代でした。

 家督を継いだ政職は、御着城を改修して防御を強化するとともに、播磨国内の香山氏真島氏らを制圧。その後も、赤松氏や浦上氏、別所氏らとの小競り合いを繰り返しながら、少しずつ播磨国内での勢力を拡大していきます。内政面でも善政を敷いていたようで、領民からも慕われていたとか。どうも、ドラマで描かれているような暗愚な人物ではなかったようです。何よりも、浪人同様の身分だった黒田職隆、官兵衛父子の能力を認めて引き上げたのは政職で、既成概念にとらわれない人材登用は、織田信長に相通ずるともいえますよね。決して、赤鼻のバカ殿さまではなかったようです。

 たぶん政職の優柔不断で頼りないキャライメージは、最終的に織田方から毛利方に寝返ったという1点のみで作られた人物像でしょう。ちょっと気の毒な気がしないでもないですが、ただ、政職が愚人に描かれているのは今回のドラマだけではなく、司馬遼太郎氏の『播磨灘物語』をはじめ、多くの物語で同じような描かれ方をしてるんですよね。人間やっぱ、人生の着地点を間違えると、こういう評価になるんですね。

 「兵の情は速やかなるを主とす(孫子)・・・戦いは迅速でなくてはなりませぬ。いつまで頼りにならぬ主君に振り回されているおつもりか。貴殿ほどの力がおありなら、いっそ小寺政職など討ち取り、御着の城を乗っ取ってしまう方が楽なのでは?」

 実際に、かつての主君から城を奪ったことのある半兵衛だからいえる台詞ですね。ということは、酒色に溺れて政務を顧みなかった斎藤龍興と、政職は同じレベルの愚かさだということでしょうか? 気の毒というほかありません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-03-03 22:58 | 軍師官兵衛 | Comments(2)  

軍師官兵衛 第3話「命の使い道」 〜荒木村重と饅頭の逸話〜

 幼なじみで初恋の相手のおたつの死に、心を痛める若き黒田官兵衛の話でした。前話の稿でも述べましたが、おたつはドラマのオリジナルで、架空の人物。そのモデルは、官兵衛の妹・志織姫です。黒田家の仕える小寺家と、備前国の浦上家との同盟関係の証として、浦上政宗の息子に嫁いだ志織姫でしたが、室山城(室津城)での婚礼の夜に、隙を突いた龍野の赤松政秀に襲撃され、新郎新婦もろとも命を落とします。戦国の世のならいとはいえ、悲しい逸話ですね。室津の人々はこの悲劇を憂い、花嫁の鎮魂のために、ひな祭りを半年遅れの八朔(旧暦の8月1日)に延しました。このときより、室津では3月のひな祭りを八朔に行うことになったそうです。

 本話の「官兵衛紀行」は、ぜったい室津と「八朔のひなまつり」のエピソードだと思ってたんですけどね。

 官兵衛が幼なじみの死の悲しみに打ちひしがれていたころ、美濃国では竹中半兵衛が、わずか十数名の手勢で稲葉山城を乗っとりました。その理由は、酒色に溺れて、佞臣のみを重用して賢臣を遠ざけ、政務を顧みようとしない主君・斎藤龍興を諌めるためのものだったといいます。これを伝え知った織田信長は、「城を明け渡しくれれば、美濃の半分を与えよう」と半兵衛に伝えますが、これを受けた半兵衛は、「主の斎藤龍興を諫めるため、一時的に城を預かっているだけだ」と答え、信長の申し出を退けます。そして、半年ほど城を占拠したのち、龍興に返還しちゃうんですよね。半兵衛を語るに外せない逸話で、なんとも痛快なエピソードです。

 荒木村重が出てきましたね。いうまでもなく村重は後年、官兵衛の人生を大きく変えることになる人物ですが、当然このときの二人は知るはずもありません。村重は官兵衛のひとまわり歳上ですから、このころは28歳くらいでしょうか。盗賊に襲われた官兵衛主従を助けるという設定の登場でしたが、そのお礼に官兵衛が差し出した饅頭をもらって曰く「饅頭は大好物じゃ!」とのこと。これが、単なる他愛もない演出ではなく、村重にまつわるエピソードの伏線であることは、知ってる人はわかりますよね。

 荒木村重を描いた『荒木村重錦絵図』という絵がありますが、これは、村重が餅を食らうシーンを描いたものです。『太平記英雄伝』によると、村重がはじめて織田信長に拝謁したときに、「摂津国は13郡分国にて、城を構え兵士を集めており、それがしに切り取りを申し付ければ身命をとして鎮め申す」豪語したそうです。これを聞いた信長は、おもむろに腰刀を抜き、その剣先に饅頭を3個ほど突き刺し、「食してみろ!」と村重の目の前に突き出します。同席していた者どもは青ざめてしまいますが、村重は顔色を変えることなく、「ありがたくちょうだいします」と、大きな口を開け剣先が貫いた饅頭を一口で食べたとか。その度胸を気に入った信長は、村重に摂津を任せたといいいます。

 この逸話が実話かどうかはわかりませんが、これが実話なら、荒木村重という人物がいかに肝の座った男であったかがわかります。・・・が、饅頭が大好物だったかどうかはわかりません(笑)。

 「かたじけない。今度会うときは、わしは城持ちになっているからのう。10倍にして返すぞ。また会おう!官兵衛」

 その言葉どおり、今度会うときの村重は城持ちになっていました。でも、恩をアダで10倍返しすることになろうとは、半沢直樹もビックリでしょう(笑)。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-01-20 22:35 | 軍師官兵衛 | Comments(2)