タグ:篤姫(天璋院) ( 8 ) タグの人気記事

 

西郷どん 第5話「相撲じゃ! 相撲じゃ!」 ~斉彬藩主就任~

e0158128_20010110.jpg

 嘉永4年(1850年)2月、43歳にして島津斉彬がようやく藩主の座に就くと、斉彬の藩主就任を待ち望んでいた勢力は、お由羅騒動で前藩主・島津斉興より不当な処分を受けた者たちの赦免を期待しました。しかし、斉彬は斉興時代の重臣たちを罷免することなく、また、処分を受けた斉彬派の赦免も行いませんでした。あくまで藩内融和を第一としたわけですね。これは賢明な斉彬なら当然の策で、ここで前政権の重臣たちを一掃してしまえば、また新たな遺恨を生み、さらなるお家騒動に繋がりかねません。斉彬はそこを見越したのでしょう。

 また、斉彬自身も、藩主就任に至るまでの経緯では相当裏工作を行っています。密貿易の情報をリークして調所笑左衛門広郷を死に追いやったり、幕府主席老中の阿部正弘に手を回して斉興に圧力をかけたり、決して品行方正ではありませんでした。当然、斉興派もある程度それを見抜いていたでしょうから、それらの口を封じるためにも、懐柔策が必要だったんですね。人事は重要な政治です。


 もっとも、赦免を期待していた斉彬派にしてみれば、納得できないのは当然だったでしょう。彼らにしてみれば、斉彬を藩主にするために力を尽くし、その結果、不遇の身となったわけで、斉彬が手を差し伸べてくれなければ浮かばれません。天性正義を好み、姦悪を憎むことの強い西郷吉之助(隆盛)も、憤激して建白書を提出したといいます。もっとも、相撲大会で優勝はしていません。ってか、なぜ斉彬に直訴するのに相撲大会で優勝しなければならないのかがわかりません(笑)。


e0158128_20010581.jpg

 思いのほか早く篤姫が出てきましたね。もっとも、「篤姫」と称するようになるのは斉彬の養女となってからで、ドラマのことときより2年後のことです。彼女は島津氏の一門の今和泉家に生まれ、幼名は「於一」といいました。平成20年(2008年)の大河ドラマ『篤姫』では、於一を「おかつ」と読ませていましたが、今回は「おいち」と呼んでいましたね。どちらが正しいのかはわかりませんが、最近では「おいち」の方が有力のようです。於一はこの2年後に斉彬の養女となって篤子(あつこ)となり、その後、徳川将軍家に嫁ぐために右大臣・近衛忠煕の養女となって敬子(すみこ)と名乗り、将軍・徳川家定の死後は落飾して天璋院と名乗ります。

 ちなみに、嘉永4年(1850年)のこの時期、於一は数えで15歳。いまでいえば中学2年生です。相撲観戦の際にお菓子を賭けていた隣の姫はまぎれもなく10代半ばに見えましたが、於一は・・・。まあ、綺麗だったので許しましょう(笑)。



ブログ村ランキングに参加しています。

よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。

   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2018-02-05 20:06 | 西郷どん | Trackback | Comments(0)  

篤姫~名語録~その4

残念ながら総集編は仕事が忙しくまだ見れていません。
正月休みにゆっくり見ようと思っています。

名言その4は、最終回、49歳になった篤姫が言った最後の言葉。
「この世に意味のないものなど一つもございませんからな。」と言った勝海舟に対して、
「そうじゃの。人は皆それぞれ"使命"、果たさなければならないものを持って生まれて来るのじゃからの。」

志半ばで病没した島津斉彬、攘夷派の反感を一身に浴びて討たれた井伊直弼、新しい日本を目の前にして逝った坂本龍馬、明治政府に順応出来ず散った西郷隆盛、強引な改革断行によって不平士族達に暗殺された大久保利通、その他、名を成すことなく死んでいった多くの幕臣や志士たちのひとつひとつの命が、現代の私たちの日本に繋がっている。
この世に生れてきた命は、ひとつとして無用なものはなく、ひとりひとりが何らかの大切な使命を帯びて生きている。
そして平成の現代、名もなく細々と生きている我々もまた・・・。

そんなことを、大河ドラマ『篤姫』は教えてくれたように思います。

この辺で、『篤姫』の余韻に浸るのは終りにしたいと思います。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2008-12-29 18:36 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

篤姫墓参りツアー

「篤姫」と「和宮」 墓所参拝ツアー

上野の寛永寺にある天璋院篤姫の墓所が今秋初めて一般公開されたそうです。
墓所の場所は、徳川将軍家の菩提寺である上野の寛永寺境内で、夫の第13代将軍・徳川家定の墓の隣だそうです。
篤姫が亡くなったのは明治16年(1883年)。
125年もの間、静かに眠っていた姫は、突然のにぎわいにさぞ驚いていろことでしょう。
宮崎あおいさんも参拝に行かれたとか。
自分の墓参り?
普通の人はなかなか経験出来ないことです(笑)。

e0158128_17464653.jpg


以下、記事本文引用
***************************************************************************
「篤姫」と「和宮」 墓所参拝ツアー
近畿日本ツ-リストは「天璋院篤姫・皇女和宮 墓所特別参拝ツアー」を2008年12月18日に発売、09年1月30日まで予約を受け付ける。募集人数は先着順240名。
天璋院篤姫が眠る上野寛永寺の徳川家霊廟は通常非公開となっており参拝はできないが、NHK大河ドラマの影響で注目が高まったため、参拝が実現。ツアーに組み込まれることになった。
参加者は、天璋院篤姫の墓所の他に、皇女(静寛院)和宮の眠る増上寺の徳川家霊廟を巡る。
実施日は2009年2月27日。
価格は8000円。ただし、第3回江戸文化歴史検定受検者に限り7000円。

by sakanoueno-kumo | 2008-12-25 17:43 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

篤姫〜名語録〜その3

『上等な人間は力で人を動かさねぇもんです。心で動かすもんですよ。』

幕政改革の交渉で幕府老中に対し、薩摩が脅しともとれるやり方で強引にことを進めたことに対する、勝麟太郎の言葉。
まさしくそのとおりですね。
しかし、「心で人を動かす」には、相当な「徳」を持ち備えていなければできません。
凡人の私たちは、つい「立場」という力を利用して人を動かしがちです。
上司の立場、親の立場、客の立場等々・・・。

重ねて勝麟太郎は言います。
『力を使ったやり方は下の下です』

心で人を動かせるよう、自己研鑽せねば・・・。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2008-12-24 19:18 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

篤姫〜名語録〜その2

NHK大河ドラマ「篤姫」が終わって1週間以上経ちますが、未だ余韻に浸っています。
先日の最終回が終わって感想をアップしましたが、まだまだ飽きたらず、ひきつづきドラマの中で心に残っている言葉をここに記したいと思います。
篤姫の母、お幸が言った言葉。
『どんな人の声にも耳を傾け、その人の身になってよくよく考える。
それでも迷ったら考えるのをやめて、自分を信じて感じるがままに任せなさい。』

深イイ言葉です。

不肖、わたくし41歳。仕事、家庭、子供の教育等々、日々迷うことだらけです。
孔子の曰く、「吾れ四十にして惑わず」
とてもその域には達していません。

「迷ったら考えるのをやめて、感じるがままに」

とても出来そうにはない言葉ですが、胸に浸みるものがあります。
五感にまかせて行動する・・・ときにはそういう意識を持ちたいものですね。
そんなことを教えてくれた言葉です。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2008-12-23 22:26 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

今日は篤姫の誕生日?

本日、12月19日は、江戸幕府第13代将軍・徳川家定の正室・天璋院篤姫の誕生日だそうです。
今年の大河ドラマの主役だった篤姫は、天保7年12月19日生誕とされています。
しかし、上記は旧暦でのこと。
現在の太陽暦に直すと、1836年2月5日。
この場合、どちらが誕生日と考えれば良いのでしょうか?
いずれにせよ、生きていれば172歳か173歳。
そんなに大昔のことではないですね。
130年前に生きる彼女は、未来の篤姫ブームを知ったらどう思うでしょうね?
・・・・なんて無意味なことを考えてしまほど、1年間の大河ドラマが終わった余韻に浸っている今日この頃の私です。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2008-12-19 17:26 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

篤姫~最終回を見終えて~名語録〜

1年間楽しませていただきました。
幕末史では本来脇役であるはずの篤姫。
脇役を主役にして1年間もつものかと最初は思っていましたが、結局視聴率が物語っているように大ヒット。
私の中でも大ヒットでした。

本編を通して節目節目でテーマとなっていた『役割』
武士の役割。百姓の役割。将軍の役割。御台所の役割。
西郷隆盛、大久保利通、小松帯刀、龍馬、井伊、阿部、斉彬、家定、家茂、慶喜、そして天璋院篤姫。歴史の中にそれぞれの大きな役割を果たしました。
平成の現在に生きる我々に置き換えても、家族や学校、社会におけるそれぞれの『役割』があります。
『役割』の大切さ・・・私の息子や娘にも教えていきたいと思います。
途中で『役割』を投げ出した安倍さん、福田さんは見てたでしょうか?
そして麻生さんには、ぜひとも『役割』を果たしてもらいたいものです。

宮崎あおいさんの『篤姫』としてのみごとな『役割』、お疲れ様でした。
最後に、於一の母、お幸の第1話での言葉を今一度思い返し、ここに記します。

「風があるから、雲が動く。雲が集まって、雨になる。雨が降るから木が育つ。木があるから火が燃える。火が燃えて、風が起こる・・・・この世のものにはすべて役割があるのです。それは人とて同じこと・・・・・。」

1年間ありがとうございました。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2008-12-14 22:00 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

篤姫にはハマっています。

NHK大河ドラマ「篤姫」がいよいよクライマックスに向かっています。
来週48話が「無血開城」ということで、残り2話でどこまで話をもっていくのか楽しみです。
薩摩藩中心の幕末維新史ですから、西南戦争まで描いて欲しいと私は思うのですが、いかがなものでしょう。
「篤姫」は幕末史の人物としては脇役。
このドラマの製作発表のとき、本来大河ドラマの主役になる人物ではないし、主演の宮崎あおいさんのこともよく知らなかったので、あまり期待していませんでした。
脇役を主役にして、1年間もつのだろうか・・・と。
しかしなんのなんの、1年間めちゃめちゃ楽しませていただきました。
来年は「天地人」。
これまた本来脇役の直江兼続にスポットがあたります。
はっきりいって期待していませんが、以外に楽しめるかもしれません。

by sakanoueno-kumo | 2008-11-26 16:15 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)