タグ:菊池雄星 ( 5 ) タグの人気記事

 

悩める雄星投手に見る、左投手の質の考察。

 今年のプロ野球開幕前の一番の話題といえば、なんといっても埼玉西武ライオンズのゴールデンルーキー菊池雄星投手で、連日彼の動向を伝える報道が後を絶たなかったが、ここにきてようやく過剰報道とも思えた彼の話題も沈静化してきたようだ。高卒としては史上最高の6球団からの1位指名を受け、プロ野球界の宝とまで言われた彼だが、なかなか思うようにいかず苦しんでいるようだ。もっとも、高校野球とプロ野球の差というのは想像以上に大きいもので、あのダルビッシュ有投手や桑田真澄投手でさえ1年目は大した結果は残しておらず、雄星投手もまだまだ焦ることはない。しかしその例でいえば、11年前の高卒ゴールデンルーキーだった松坂大輔投手は、入団初年度から16勝をあげ最多勝利投手、ベストナイン、ゴールデングラブ賞などを総ナメにしており、今更ながらに彼が「30年に一人の怪物」と言われた所以がわかる。雄星投手も30年に一人の逸材と言われているが・・・。

 雄星投手といえば、言わずと知れた速球派の左腕。サウスポーで150キロ超の投手はプロ野球界を見渡してもそうそういるものではなく、そこが、彼が「金の卵」と評される所以なのだが、過去の例から見て、この左の速球派投手の前評判ほどあてにしづらいものはない。桑田真澄、松坂大輔、ダルビッシュ有、田中マー君など、それぞれの時代の甲子園のスターでプロでも大投手に成り得ているのは圧倒的に右投手。大昔まで遡れば、金田正一江夏豊鈴木啓示といった左腕の大投手もいるが、名球会入りした投手で見ても、そのほとんどが右投手だ。それでも左投手というのは重宝され、プロ野球全投手の約3分の1を占めている。

 それでは何故、左投手に大投手が少ないのか。それはプロ野球選手になるまでのプロセスにあるだろう。私は少年野球の指導者をしているが、毎年各学年15人~20人ほどの入部人数の中で左投げの子は1人か2人。しかしその子は左投げというだけで無条件に投手候補になる。サウスポーは希少価値があって有利という理由と、左投げの子は投手を練習させなければ、他はファーストか外野しかポジションがないという理由もある。野球をする子どもたちなら誰でも投手に憧れるものなのだが、左投げの子は競争無く投手になれる。逆に右投げの子は最初から競争なのだ。

 小・中・高校と進むにつれ競争は激しくなり、高校野球でマウンドに立てる子はその競争に勝ち抜いてきた選手。言ってみれば選り抜きの精鋭だ。甲子園に出てきている選手などは内外野手たちも皆、小学校時代は投手だったという選手ばかり。しかし、左投手はといえば、ふるいにかけられることなく生き残ってきた場合が多い。絶対数が少ないのだから当然だ。だから当然、右投手に比べて微妙なところの質が落ちる。左投手にノーコンが多いと言われるのも、その理由のひとつだろう。

 左利きの人の数は、日本の全人口の約8%ぐらいだそうだ。上記、少年野球の左投げの数を見ても頷ける数字だ。しかしプロ野球界で見れば、上にも記したように約3分の1が左投手。この比率から考えれば、左投手は右投手に比べてプロ野球の門は5倍以上広いことになる。例えばイチロー選手なども高校時代は投手で、仮に彼が左投げだったとすれば、おそらく投手としてプロに入っていたことだろう。右投手にとってプロ野球が東大だとすれば、左投手にとってのプロ野球は地方の国公立大学といったところだろうか。もちろんそんな中でも超一流になれる可能性を持った左投手はいるだろうが、確率で言えば、右投手に比べてハズレの可能性も5倍ということだ。

 松坂大輔投手が30年に一人の怪物だとすれば、松坂レベルの左投手が現れるのは150年に一人ということになる。金田投手か江夏投手がその域だとすれば、私の生きている間にはサウスポーの大投手は現れないことになってしまうのだが・・・雄星投手や如何に・・・?!



ブログランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100520-00000021-sph-base

by sakanoueno-kumo | 2010-05-20 17:29 | プロ野球 | Trackback | Comments(11)  

菊池半平太って誰?

 当ブログを運営するエキサイトブログの管理人だけが閲覧できるプライベートページの中に、「検索ワードランキング」というものがあり、月ごとに自身のブログにどんな検索ワードで訪れてもらっているかを、上位10傑まで知ることができる。拙ブログはやはり大河ドラマに関するものが圧倒的に多いのだが、今月もちょうど半分が過ぎた今日久々に覗いてみたところ、奇妙な人名がランクインしていた。↓↓↓
e0158128_23271224.jpg

 奇妙な人名とは6位にある「菊池半平太」。は?・・・菊池半平太?・・・誰それ?・・・武市半平太じゃなくって?・・・そんな人物知らんで!・・・などと不思議に思いながら自身でもググってみると、なんと最上位に自身の武市半平太のブログ記事があるではないか!↓↓↓
e0158128_2337468.jpg

 このほか、ヤフーでもエキサイトでも検索1ページめに出てくる。ちょっと待て?・・・記事内容は武市半平太じゃないか?・・・なんで菊池半平太なんだ?・・・だいたいそんな名前の人物がいるのか?・・・などと思いを巡らせながら自身のブログ内を検証。そこでひとつの結論に達した。拙ブログのタグの欄に、現・西武ライオンズの菊池雄星投手の名前があり、どうやらその「菊池」の姓と「半平太」の名が結びついて検索ワードに引っかかっているようだ。なるほど納得・・・(苦笑)。

 とは言え、菊池半平太という名で検索している人が、今月だけでこの世の中に10人もいることが実に面白い。おそらくは武市半平太という名をうろ覚えで検索した方々の仕業だとは思うが、しかし、いるはずのない「菊池半平太」という架空の人物を、どうやら当ブログで生み出してしまったようだ(笑)。半平太といえば、あの「春雨じゃ、濡れてまいろう。」の名台詞で有名な「月形半平太」が、武市半平太と月形洗蔵(幕末に活躍した福岡藩藩士)の二人をモデルにして作られたそうだが、当ブログで生まれた「菊池半平太」は、「150キロの球を投げる勤王の志士」といったところだろうか(笑)。・・・ちょっと無理があったかな・・・(苦笑)。

 とまあ、くだらないネタに最後までお付き合いいただきありがとうございます。
 たまにはこんなコネタもいかがでしょうか・・・?(笑)。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2010-05-15 00:10 | コネタ | Trackback(1) | Comments(6)  

第91回全国高校野球選手権大会 閉幕

 全国4,041校の頂点に愛知県代表の中京大中京が輝き、91回目の夏が閉幕した。堂林翔太投手を擁する中京大中京(愛知)と伊藤直輝投手を擁する日本文理(新潟)の対戦で行われた決勝戦。まさに決勝戦という名にふさわしい名勝負だった。
 10対4と中京大中京のリードで迎えた最終回、2アウトランナー無しから日本文理の怒濤の追い上げ。10対9の1点差まで詰め寄った粘りはまさにTHIS IS 高校野球! 「野球は2アウトから。」「勝負は下駄を履くまでわからない。」なんて言葉のお手本のような試合だった。これぞタイムアウトのないスポーツの醍醐味。日本文理のファールで粘りながら次へ繋ぐというあきらめない姿勢。そしてその追い上げを受けながらも最後は守りきった中京大中京のナインたち。いい試合を見せてもらいました。

 優勝した中京大中京は大会史上最多の7回目の優勝という名門校だが、優勝は1966年の第48回大会以来実に43年ぶりのこと。喜びはひとしおだろう。惜しくも準優勝となった日本文理は、新潟県勢としては初めての決勝進出。新潟県に初の優勝旗は持ち帰れなかったが、胸をはって帰ってほしい。

 春夏連続決勝進出とはならなかった大会No.1左腕・菊池雄星君を擁する花巻東(岩手)だったが、岩手県勢としては90年ぶりの夏の大会4強入りは立派。もうひとつの4強・県岐阜商(岐阜)も、強豪PL学園(大阪)や帝京(東東京)を破って、岐阜県勢としては45年ぶりの4強入り。近年、地域の実力差が均衡しつつあることを感じる大会となった。

 歴史に残る名勝負となった決勝戦の余韻に浸りながら、第91回全国高校野球選手権大会が幕を閉じた。


     大会結果を作りました。↓↓↓
e0158128_18412134.jpg



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-08-24 18:42 | 高校野球 | Trackback | Comments(2)  

第91回全国高校野球選手権大会 直前

 8日(土)から夏の高校野球甲子園大会が始まる。
 先週末にすべての代表校が決まり、昨日5日に抽選会が行われ、3回戦までの組み合わせが決まった。組み合わせは下記のとおり。(オリジナルで作りました。)
e0158128_2220481.jpg

 49校中13校が初出場というフレッシュな顔ぶれとなった今大会。センバツ優勝の清峰(長崎)は出場しておらず、同大会のベスト8校の中で今大会に出場を決めたのは2校のみ。
 注目は何といっても、センバツ準優勝のプロ注目の左腕・菊池雄星君を擁する花巻東(岩手)。4か月前、同じくプロ注目の右腕・今村猛君を擁する清峰(長崎)とセンバツ決勝戦は記憶に新しいが、今大会ではその清峰を長崎大会で破ってきた長崎日大と1回戦で対戦する。お互いの意地がぶつかる戦いが予想されて楽しみ。
 面白い対戦で言えば、ともに伝統校の龍谷大平安(京都)と選抜ベスト8の中京大中京(愛知)が激突。龍谷大平安は30回目、中京大中京は25回目の出場と、ともに甲子園を知りつくした両校の対戦は目が離せないところ。
 私の地元・兵庫県代表は、70年ぶりの出場となる関西学院。70年ぶりとはいえ、センバツ大会ベスト4の報徳学園と春季県大会優勝の育英を破って出場だけに期待は大きい。

 とにかく今週末から、約半月間の熱い戦いが始まる。また仕事が手につかなくなる。



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

下記、記事本文引用
***************************************************************************

by sakanoueno-kumo | 2009-08-06 22:51 | 高校野球 | Trackback | Comments(0)  

第81回選抜高校野球大会(清峰優勝)

清峰(長崎)が優勝を決めた。試合結果は下記の通り。
**************************************************
清 峰(長崎) 1-0 花巻東(岩手)
**************************************************
大方の予想通り、清峰の右腕・今村猛君と花巻東の左腕・菊池雄星君の息をのむ投手戦となった。両投手ともランナーは出すものの要所を抑える好投で6回までホームを踏ませないピッチング。試合が動いたのは7回表。簡単に2アウトを取った花巻東・菊池君は、8番打者にストレートの四球を与えてしまう。そして9番打者に痛恨のタイムリーツーベース。悔やまれる四球だった。「ノーアウトランナー無しと2アウトランナー無しからの四球は点に結びつきやすい。」とよく言われる。両投手とも好投手だけに連打で点を取るのは難しい。結局勝敗を分けるのは四球ということなのだろう。(WBCのダルビッシュ投手もそうだった。)
清峰・今村君も9回2アウトから連打を浴び、一打同点の場面を背負った。毎回そうだが、今大会も9回に試合が動くことが非常に多い。(これまたWBCのダルビッシュ投手もそうだった。) 「勝負は下駄を履くまで分からない」とはよく言ったものである。つくづく野球はメンタルなスポーツだと思う。
しかし、今村君は最後の最後に集中力を取り戻した様子だった。

結果は清峰の優勝という幕切れだったが、両チームの力に甲乙はなかったように思う。
3年前、今大会の決勝において21対0の大会史上最多失点という屈辱的な負けを喫した清峰は、見事に雪辱を晴らしての優勝だった。おめでとうございます。
花巻東は、東北初の全国優勝には紙一重届かなかったが、優勝に匹敵する旋風を起こした。
願わくば、夏の甲子園において、この両校の戦いをまた見たいと思う。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記バナーをクリックいただけると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

■最終結果(トーナメント表はオリジナルです。)
e0158128_1648282.jpg

ブログ村ランキングに参加しています。
下記バナーをクリックいただけると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-04-02 16:48 | 高校野球 | Trackback | Comments(0)