タグ:裁判 ( 7 ) タグの人気記事

 

光市母子殺害事件の終結に思う、犯罪が起こった時点で、皆、敗者。

今週、山口県光市母子殺害事件の差し戻し上告審で被告側の上告が棄却され、犯行当時18歳1ヵ月だった元少年の死刑が確定、事件発生から13年という長きに渡って審議されてきた同事件の裁判は、一応の決着を見たようです。
私はこの判決の是非について語れるほどの材料を持ちあわせていないので、ここで軽々に私見を述べるのは控えますが、心情的には大方の皆さんと同じ思いです。
ただ、決着といっても亡くなった方の命が戻ってくるわけもなく、この種の事件はおそらくどんな判決が下ったとしても、「これにて一件落着」といったスッキリとする着地点などあり得ないものなのでしょうね。
それはまさしく、遺族の本村洋さんが記者会見で語っておられた、
「この判決に勝者なんていない。犯罪が起こった時点で、みんな敗者だ」
という言葉が、何より言い得ているように思います。

それにしても、理路整然とマスコミに応対する本村洋さんの会見を見ていると、13年の歳月とその間に交わされた議論の厚みを感じずにはいられません。
彼の魂のこもった弁舌に、私はこの13年間しばしば感動させられてきました。
思い出されるのは、たしか第一審で無期懲役の判決が下ったときだったと思いますが、「ニュースステーション」に出演されて発言された言葉。
「司法が彼を死刑にしないのなら、今すぐ彼を釈放してほしい。私がこの手で殺します。」
と、愛する者の命を奪われた遺族としての悲痛な胸のうちを晒したあと、
「死刑は廃止してはならないと思います。死刑の意味は、殺人の罪を犯した人間が、自らの罪と向き合い、犯行を悔い、心から反省をして、許されれば残りの人生を贖罪と社会貢献に捧げようと決心して、そこまで純粋で真面目な人間に生まれ変わったのに、その生まれ変わった人間の命を社会が残酷に奪い取ることです。その非業さと残酷さを思い知ることで等価だという真実の裏返しで、初めて奪われた人の命の重さと尊さを知る、人の命の尊厳を社会が知る、だから死刑が存在する意義があると思うのです。」
といった内容の持論を語られていました(ネット上で探して参照したものですので、一字一句正確ではありません)。
単に犯人へ向けた憎悪の言葉ではなく、論理的で、哲学的で、社会の中の命の尊厳命の価値にまで踏み込んだこの刑罰論を、たかだか24・5歳の若者が語る姿に、あの久米宏さんが言葉を失って聞き入っていたのを今でも覚えています。
もともと頭がよく弁の立つ方ではあったのでしょうが、もし、このような事件に遭遇していなければ、また、あらゆるテクニックを駆使して死刑判決を回避しようとする弁護団がいなければ、この難しい問題についてここまでの意見を持ち得ることもなかったでしょう。
彼でなければ、この事件がここまで世間の注目を浴びることもなかったかもしれません。
もちろん、ご本人はこのように称賛されることを望んではいなかったでしょうが・・・。

死刑確定後の先日の会見で本村さんは、「事件からずっと死刑を科すことを考え、悩んだ13年間だった。」と言っておられましたね。
また、「反省の情があれば死刑にならなかったと思う。」とも・・・。
かつては「万死に値する」とまで訴えていた彼の毅然とした主張からみれば、少々トーンダウンした最後の会見でした。
でも、それもまた自然な胸の内なんでしょうね。
これまで信念を持って戦ってきたものの、いざ望みが叶ったとき、今度は本当にこれでよかったのかと自問自答する。
これはいたって正直な心境だと思いますし、人間らしい感情だと思います。
たとえ極悪非道な殺人鬼の命であっても、いざその命を奪うとなると、決して心穏やかではいられない、つまりは、彼がずっと訴えてきたとおり、それだけ人の命とは重いものだということでしょう。
このたび死刑囚となった元少年にも、死ぬ前にそのことを噛み締めてほしいと思います。
君のような外道の命でも、その命を生かすか殺すかで13年もの長い年月を費やし議論され、悩み苦しんだ人たちがいるんだよ・・・と。

最後に、この13年間の締めくくりといってもいい先日の会見での本村さんの言葉を記します。
「判決は被告のものだけでなく、被害者遺族、何よりも社会に対して裁判所が言っていること。少年であっても身勝手な理由で人を殺害したら死刑を科すという強い価値規範を社会に示したことを社会全体で受け止めてもらいたい。私も極刑を求めてきたものとして厳粛に受け止める。」

あらためて、13年前に亡くなられたお二人のご冥福を心よりお祈りします。
そして、本村洋さんの今後の人生が穏やかであるよう願っています。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120221-00000085-san-soci
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-02-22 16:17 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)  

事件の残虐性。

 この種の裁判で毎回判決理由となる、「残虐性」の定義。そして殺した人数での量刑。多くの人がおかしいと思っているにも関わらず、法に基づく裁きには反映されない。事件の「残虐性」は、秋田連続児童殺害事件の裁判でも争点となっていたと記憶する。

「なぶり殺し」は残虐で、「ひと思い殺す」行為は残虐ではないのか?!
「計画的犯行」は残虐で、「衝動的犯行」は残虐ではないのか?!

どう考えても理解に苦しむ解釈である。

 それでは「残虐」とはどのような事柄を言うのか。国語辞典によると、
【<残虐>・・・むやみに生き物を殺したり傷つけたりするさま。】とある。
さらに「むやみ」を国語辞典で調べると、
【<むやみ>・・・前後を考えずに物事をすること。度を越していること。】とある。
この解釈でいくと星島被告の行為は、計画性はなくとも前後を考えずに人を度を越した殺し方をした行いであり、著しく残虐な行為である。

 一番重視しなければならないのは「動機」ではないのか。「動機」如何では情状酌量の余地もあり、減刑に値する事件もあるだろう。しかし今回のような己の欲望を満たすためという、最も動物的で事故中心的な「動機」こそが残虐極まりない殺人ではないのか。

 計画性がなく、ひと思いに殺したこの事件は、「極めて残虐とまでは言えない」そうである。よって「極刑がやむを得ないとまでは言えない」という結論づけだそうだ。もし、この事件が裁判員によるものだったら、どのような判断が下されただろう・・・。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


下記、記事本文引用
***************************************************************************
<女性バラバラ殺害>星島被告に2審も無期判決 東京高裁
 東京都江東区のマンションで08年4月、2部屋隣に住む会社員、東城瑠理香(るりか)さん(当時23歳)を殺害し、遺体をバラバラにしてトイレに流したとして殺人や死体損壊罪などに問われた元派遣社員、星島貴徳被告(34)の控訴審判決で、東京高裁は10日、無期懲役とした東京地裁判決(2月)を支持し検察側の控訴を棄却した。1審同様量刑が争点となり、山崎学裁判長は殺害の計画性を否定し「謝罪の態度を示し立ち直る可能性がある」として死刑を回避した。
 死刑を求めて検察側が控訴し、弁護側は控訴棄却を求めていた。
 山崎裁判長は「殺害は身勝手極まりない。死体損壊は人間の尊厳を無視する他に類を見ないおぞましい犯行。突然命を絶たれ、ごみ同然に扱われ、さぞかし無念だったと推察される」と述べた。
 しかし「『東城さんを拉致した時点で殺害に着手せざるを得ない状況だった』という検察側の主張は早計」と殺害の計画性を否定し(1)前科前歴がない(2)自白し罪を悔いている(3)立ち直る可能性がある――などと1審同様の判断を示した。
 2審で判断を変更した点もあった。わいせつ目的で拉致したものの、わいせつ行為には及ばなかった点を1審は有利な情状として挙げたが「有利には考慮できない」とした。さらに「殺害行為は無慈悲で残虐。1審が『極めて残虐とまでは言えない』としたのは相当ではない」と述べた。しかし、83年に最高裁が示した死刑適用基準(永山基準)や被害者が1人でも死刑となった過去の事案との違いを指摘し「極刑がやむを得ないとまでは言えない」と結論づけた。
 2審は出廷する義務がないため星島被告は不在だった。
 判決によると、星島被告は08年4月18日、東城さん方に侵入し帰宅直後の東城さんに包丁を突きつけて自室に連れ込み(住居侵入罪、わいせつ略取罪)、東城さんの首を包丁で突き刺し失血死させた(殺人罪)。さらに遺体を切断して捨てた(死体損壊・遺棄罪)。【安高晋】
 ▽東京高検の渡辺恵一次席検事の話 判決内容を十分検討し今後の対応を決めたい。
 ▽星島被告の弁護士の話 裁判所の判断を尊重する。(被告不在については)ノーコメント。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090910-00000242-yom-soci
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-09-10 17:20 | 時事問題 | Trackback | Comments(2)  

飲酒運転への意識を今一度考える。

危険運転罪適用し懲役20年 追突3幼児死亡は飲酒の影響

 酒気帯び運転やスピード違反などで切符を切られた人が「ツイてなかった」という言葉を口にする。以前、私の部下がスピード違反で捕まって免許停止になったときもこの言葉を口にしたので、厳しく叱責したことがある。「ツイてなかった」とは大きな勘違いで、このような大きな事故を起こす前に捕まって「ツイていた」のである。

 数年前から道路交通法の改正によって飲酒運転などの罰則が強化され、「飲んだら乗るな」という意識は浸透しつつあるようである。しかしそれは多分に高額罰金や点数などの罰則を回避するための意識で、犯罪行為という意識は薄いように思えてならない。だから「ツイてなかった」などという言葉になるのであろう。昨年末によく報じられていたひき逃げ事件などでも、その意識の甘さが窺える。

 今回のこの事件はまぎれもなく危険運転罪であって、疑いの余地はない。そしてこのような事件を繰り返さないためには、ハンドルを持つ私たち一人ひとりが、交通ルール違反についての意識を今一度考えなおさねばならない。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000041-jij-soci

ブログ村ランキングに参加しています。
下のバナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

********************************************************************
危険運転罪適用し懲役20年 追突3幼児死亡は飲酒の影響
 福岡市で06年、飲酒運転で車に追突して海に転落させ、幼児3人を死亡させた同市職員今林大被告(24)の控訴審判決で、福岡高裁は15日、1審判決を破棄、危険運転罪を適用し、懲役20年を言い渡した。判決理由で裁判長は「今林被告は相当量の飲酒をしていた」と認定。「正常な運転ならば先行車を当然認識できたはず。脇見が事故原因とした1審判決の事実認定は誤りだ」と述べた。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-05-15 12:42 | 時事問題 | Trackback | Comments(2)  

どうにも釈然としない・・・。<毒物カレー事件>

<毒物カレー事件>林被告の死刑確定へ…最高裁が上告棄却

11年の時を経て、積み上げたのは状況証拠のみというこの裁判。
最高裁は死刑の判決を下した。
物証なし、動機も曖昧なままでの死刑判決は、今後議論を呼びそう。

4人もの人が亡くなったこの事件。
これが真実ならば極刑は免れない。
しかし死刑求刑の根拠は状況証拠だけで、重要な動機に関しては、1審においては「解明することができなかった」とし、2審では「断定は困難」とするにとどまっていた。

積み上げた状況証拠から、「ヒ素をカレーに混入出来たのは林被告以外考えられない。」というのが判決理由。
私もそう思う。
しかし、「考えられない。」という理由で裁けるものだろうか?
もし冤罪だったら・・・・「死刑」だけは取り返しがつかない。

「疑わしきは罰せず」が、刑法の原則だという。
ならば「無罪」が相当かといえば、それも釈然としない。
限りなく黒に近いグレーでも、黒ではない。
でも、それを白というのは憚られるわけで・・・。
どうにも着地点が見当たらない裁判だ。
もうすぐ始まる裁判員制度において、この種の事件がどう扱われるか注目したい。


ブログ村ランキングに参加しています。
下のバナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

以下、記事本文引用
*****************************************************************
<毒物カレー事件>林被告の死刑確定へ…最高裁が上告棄却
 98年7月に和歌山市で起きた毒物カレー事件で、殺人罪などに問われた林真須美被告(47)に対し、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は21日、上告を棄却する判決を言い渡した。死刑とした1、2審判決が確定する。弁護側は一貫して無罪を主張してきたが、小法廷は1、2審に続き退けた。
 カレー鍋に亜ヒ酸を混入したことを示す直接的な証拠はなく、検察側は、「林被告が鍋をのぞき込んで湯気をかぶった」との付近住民の目撃証言や、林被告の自宅などにあった亜ヒ酸と混入物の同一性に関する鑑定など状況証拠を積み重ね、起訴内容の立証を目指した。これに対し弁護側は全面的に争った。
 1審・和歌山地裁は02年12月、「カレーに亜ヒ酸を混入できる機会があったのは被告だけ」と判断、未必の殺意を認めて死刑を言い渡した。1審で黙秘した林被告は、2審で被告人質問に答え自ら無罪を訴えた。しかし、大阪高裁は05年6月、1審を支持して被告側の控訴を棄却した。ただ、動機については1、2審とも認定を避けた。
 弁護側は、上告審で改めて「現場で目撃されたのは第三者の可能性がある」と主張し、亜ヒ酸の鑑定についても「資料の収集、保管がずさんで信用できない」と訴えた。
 事件は98年7月25日、和歌山市の園部第14自治会の夏祭りで起きた。主婦らが作ったカレーを食べた67人が急性ヒ素中毒を発症し、うち▽自治会長の谷中孝寿さん(当時64歳)▽副会長の田中孝昭さん(同53歳)▽私立高1年の鳥居幸(みゆき)さん(同16歳)▽小学4年の林大貴(ひろたか)君(同10歳)の4人が死亡した。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-21 16:51 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)  

「残虐な殺人」とは・・・?

<秋田連続児童殺害>高検が上告断念 畠山被告、無期確定へ

「場当たり的で、計画的犯行とは見られない」
「著しく残虐とは言えない」

言ってる意味がさっぱりわからない。

それでは残虐な殺人とはどのような事例を指すのか?!
事件の「残虐性」は、東京江東区のOL殺人の星島容疑者のときも争点になっていた。
「なぶり殺し」は残虐で、「ひと思い殺す」行為は非残虐なのか?!
「計画的犯行」は残虐で、「衝動的犯行」は罪が軽いのか?!

被害者側の気持ちにならなくとも、客観的に考えても理解に苦しむ。

一番重視しなければならないのは「動機」ではないのか!
被害者に対する「恨み」などの動機であれば、場合によっては情状酌量の余地もあるだろう。
しかし、自分の欲望を満たすためだけの動機や、今回の様な自らの犯行の目をそらすための自分勝手な動機の犯行こそ「残虐」ではないのか?!
何の罪もない、直接自分に関わりのない人間を、欲望や自己保身のために死に至らしめる行為。
これを「残虐」と言わずして、何を「残虐」とするのか?!

死刑という刑罰の賛否は別として、殺人事件における裁判の凡例や事例に基づく判決は、どうにも理解に苦しむことが多い。
もちろん、被害者の立場になって考えれば全て極刑になってしまうであろうから、そこは客観的に考えなければならないだろうとは思うが。
もうすぐ始まる裁判員制度では、そのあたりが問われるのだろう。


ブログ村ランキングに参加しています。
下のバナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村



以下、記事本文引用
*****************************************************************
<秋田連続児童殺害>高検が上告断念 畠山被告、無期確定へ 
仙台高検秋田支部は8日、秋田県藤里町の連続児童殺害事件で殺人と死体遺棄罪に問われた畠山鈴香被告(36)に対して仙台高裁秋田支部が言い渡した1審の無期懲役を支持する判決について、上告を断念すると発表した。畠山被告は判決前の取材に上告しない考えを明らかにしており、無期判決が確定する見通しとなった。
 上告期限の8日、秋田市で会見した仙台高検の高畠久尚刑事部長は「従来の死刑適用の傾向を検討したが、それに反しているとまでは言えないと判断した」と断念の理由を説明した。7日に豪憲君の遺族を訪れ、説明したという。
 3月25日の控訴審判決によると、畠山被告は06年4月、長女彩香ちゃん(当時9歳)を橋から落として殺害。同5月には近所に住む米山豪憲君(同7歳)の首を絞めて殺害し、草むらに遺棄した。
 検察側は無期懲役とした1審判決を量刑不当として控訴し、改めて死刑を求めていた。
 控訴審は1審同様、2人への殺意を認定。豪憲君殺害の動機を「彩香ちゃん事件での嫌疑をそらすため」とするなど、1審に比べて検察側の主張を多く取り入れた。その一方で「場当たり的で、計画的犯行とは見られない」とし、最高裁で死刑相当とされた他の事件に比べて「著しく残虐とは言えない」と判断して死刑を回避した。
 一方、畠山被告は判決前の3月11日の取材に対し、判決内容にかかわらず「自分から上告することはない」と話している。
 豪憲君の父勝弘さん(42)は高裁判決後、「2人の子供を殺害しておきながら命を保障され、更生の機会を与えられ、いずれ社会復帰できる判決。このような世の中でいいのでしょうか」とのコメントを発表した。

ブログ村ランキングに参加しています。
下のバナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-08 15:23 | 時事問題 | Trackback(1) | Comments(3)  

弁護人の「こころ」を問う

福岡3児死亡>夫か子供か、恐ろしい選択…公判で母親陳述

裁判とは検察側、弁護側とも真実を証明するものであって欲しい。
「量刑を軽くするためには手段を選ばない。」とも思われる弁護側の意図が感じられる。
罪を軽くすることが弁護士の力量であるかのような風潮に憤りをおぼえる。
優れた弁護とは、真実を詳らかにし、被告に罪の重さを強く認識させ、被害者に対して誠心誠意謝罪させることであって欲しい。
もし減刑があるならば、それは「反省の度合い」であって欲しい。
本当に優れた弁護人とは、そういった「こころ」の弁護が出来る人だと思うのだが間違っているだろうか?

3人の幼い命が失われたこの事件の、両親の悲痛な思いは察するに余りある。
その上、事故の原因の一端が被害者にもあるような被告側の主張を聞かされた怒りは計り知れない。
交通事故での加害者は、どんな危険な運転だったとしても「殺意」があったわけではないだろう。
そこが「殺人事件」とは違うところ。
それだけに、深い「反省」と「謝罪」が一番必要だと思うのだが・・・。
被害者の語った「私たちが求めることは、あなたが、犯した罪を認めることです」という言葉を、弁護人はどういう思いで聞いたかを問いたい。

以下、記事本文引用
***************************************************************************
福岡3児死亡>夫か子供か、恐ろしい選択…公判で母親陳述
 福岡市の3児死亡事故で危険運転致死傷罪などに問われ、1審・福岡地裁で業務上過失致死傷罪などが適用され懲役7年6月(求刑・懲役25年)を言い渡された元市職員、今林大被告(24)の控訴審第4回公判が30日、福岡高裁(陶山博生裁判長)であった。両親が意見陳述し、母親が「2人の子供を抱えながら海中に沈んでいく夫と、車中に残された子供のどちらかという、恐ろしい選択に直面した」などと、事故直後の状況を生々しく語った。
 両親は大上哲央(あきお)さん(35)とかおりさん(32)。2人は「過失ではなく殺人行為そのものだ」などと、量刑が重い危険運転致死傷罪の適用を求めた。
 今林被告側が哲央さんの居眠り運転などを主張していることに対して、哲央さんは「断じてそのようなことはなく、その主張のせいで心ない人から中傷を受けた」と訴えた。国内での平穏な生活を奪われた結果、現在は海外で暮らしていることを明かし「私たちが求めることは、あなたが、犯した罪を認めることです」と語った。
 かおりさんは「(事故当時は)夫婦で七五三の話をしていた」と哲央さんの居眠り運転を否定。救出時については、車中に残った子供の救出をあきらめざるを得なかった当時の心境を、涙を流しながら振り返った。3児の生前の姿を子守歌を交えながら語ると、廷内からは傍聴者のすすり泣く声も聞こえた。
 意見陳述後、検察側も最終弁論し「1審判決の脇見運転には事実誤認がある」などと、量刑が重い危険運転致死傷罪の適用を求めた。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-01-30 22:24 | 時事問題 | Trackback | Comments(2)  

裁判員制度に向けて

高裁は2児殺害の母に執行猶予 裁判長「同情禁じ得ない」
来年から始まる裁判員制度。
この種の事件はその対象になるのでしょうね。
私としては、被告に同情はするものの、
執行猶予付きの判決はいかがなものかと思います。
意見は真っ二つに分かれるでしょうね。
こんな場所では好き勝手なコメントを発言できますが、
実際、パニック障害や自閉症に対する専門的な知識があるわけではない人の一般市民が、
自分の主観でこのような事件を裁けるものではないように思います。
本当にうまくいくのでしょうか・・・。


以下、記事本文引用
********************************************************
高裁は2児殺害の母に執行猶予 裁判長「同情禁じ得ない」
 広島県福山市で育児の悩みから自閉症の長男ら幼児2人を絞殺したとして殺人罪に問われた泉ひろみ被告(36)の控訴審判決で、広島高裁は25日、1審判決(懲役6年)を破棄、懲役3年、執行猶予5年を言い渡した。楢崎康英裁判長は、自らパニック障害を抱えながら熱心に育てていた被告が「将来への不安などから生きる気力を失い、子どもを殺すしかないと決意」と指摘。「経緯に同情を禁じ得ず、1審判決は重すぎる」と述べた。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2008-11-25 17:35 | 時事問題 | Trackback | Comments(2)