タグ:西郷頼母 ( 4 ) タグの人気記事

 

八重の桜 第28話「自慢の娘」 ~西郷頼母と佐川官兵衛~

 山川大蔵ら主力部隊が入城して、一時的に活気づいた鶴ヶ城内でしたが、戦況は悪化の一途をたどっていくばかりでした。会津国境に出陣して守備していた主力兵が城に戻ったことで、新政府軍は続々と会津領に侵入します。日に日に増強されていく新政府軍に対して、会津藩には援軍の見込みもなく、まったくの孤立無援状態でした。それでも、会津軍首脳は徹底抗戦の姿勢を崩しません。そんななか、家老・西郷頼母はひとり降伏恭順の道を主張します。

 頼母の説くところによれば、この城はもはや保ち難く、ここら辺で、主君・松平容保をはじめ、自身も含めた重臣全員が腹を切り、それで事態を収拾させよというものでした。しかし、他の重臣たちは「そのようなことは、まだ早い」といって聞き入れず、主君の自害などとんでもないとはねつけます。負け戦をこれ以上続けて無益な血を流すより、戦争責任のある幹部の首と引き換えに戦を終結させ、残った者に会津再建を託そうという主張で、いま聞けば真っ当な主張のような気がしますね。しかし、当時の美徳はそうではなく、主君のために玉砕するは誉れ高きことで、ましてや主君に自害を推めるなど武士の風上にも置けないことでした。結局、頼母の主張に賛同するものはひとりもおらず、そればかりか、西郷は自制心を失っているとして軍議から外されました。そんな頼母に、容保は追い打ちを掛けるように、城外に駐留する部隊への伝令と、米沢藩への救援要請に向かうよう命じます。本来、この程度の任務は家老の役目ではなく、つまりは主命にかこつけた追放処分でした。

 「頼母、生きよ・・・。」

 頼母が会津を去ったあとに容保がひとり呟いた台詞ですが、つまりドラマの設定としては、このまま降伏を主張した頼母が会津にいては、藩内主戦派から命を狙われる恐れがあり、そうならないために容保が頼母を逃したという設定でしょうか? なるほど、そう解釈できなくはないですし、そのほうが感動的なシナリオではありますが、はたしてどうでしょうね。頼母を追放したあと容保は、家老・梶原平馬に命じて頼母を暗殺するよう刺客を送らせたという説もあります(結局、刺客の任にあたった者たちは、敢えて頼母を追わずに暗殺は実行されませんでした)。どうもこのドラマでは、容保という人が美しく描かれ過ぎているような気がします。

 籠城戦が始まって1週間が過ぎようとしていた慶応4年(1868年)8月28日夜、会津軍は城下の敵を一掃すべく大作戦を発令します。田中蔵人率いる朱雀士中二番隊、原田主馬率いる朱雀三番隊、春日佐久良率いる別撰隊、杉浦丈右衛門率いる正奇隊、田中左内率いる砲兵隊、小室金吾左衛門率いる進撃隊、辰野源左衛門率いる歩兵隊、間瀬岩五郎率いる朱雀足軽二番隊など約1000人の部隊が編成され、29日早朝を期して突撃するというものでした。戦況劣勢の会津軍にとっては、起死回生の作戦でした。

 出撃の前夜、壮行会が催され、容保より隊員一同を励ますためにが下賜されます。この席で総督の佐川官兵衛は、
「臣誓って西兵を撃攘せん、若し不幸にして利あらずんば再び入城して尊顔を拝せず」(『會津戊辰戦史』)
と、感涙にむせびながら並々ならぬ決意を述べ、これに感激した容保は、官兵衛に正宗の刀を下賜して激励します。ところが、その官兵衛が痛恨のミスを犯します。なんと、酒を飲み過ぎて寝過ごしてしまい、奇襲の機を逸してしまいます。なんともお粗末なミステイクですね。結果的にこの「大寝坊」がアダとなって会津軍はこの戦い(長命寺の戦い)に惨敗、この日の会津側の戦死者は110人とも170人ともいわれ、城下での戦いがはじまった8月23日以降、最大の死傷者を出す結果となりました。「失敗したら二度と城内には戻らない」と豪語した官兵衛。その言葉どおり、これ以後、降伏開城まで二度と入城することはなかったといいますが、当然ですよね。大事な大一番の決戦当日に主将が深酒で寝坊なんて、これこそ切腹ものか、軽くて追放処分ですよ。現代のサラリーマンでも、大切なプレゼン当日に責任ある立場の者が前夜の深酒で寝坊なんて、よくて降格・左遷、ヘタすりゃクビもんですよね。そんな官兵衛が最後まで会津藩兵を指揮し、恭順を唱えた頼母が追放された歴史を、後世の私たちはどう見るか・・・ですね。やっぱ、どう見ても、藩主の無能に尽きるのではないかと・・・。

 「自慢の娘」というタイトルでしたが、八重が容保の前で不発弾を分解して弾の仕組みを説明したというエピソードは、先走って前話の稿(参照:第27話)でふれてしまったので、よければそちらもご一読ください。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-07-16 16:57 | 八重の桜 | Trackback(2) | Comments(0)  

八重の桜 第26話「八重、決戦のとき」その2 ~西郷頼母一族の悲劇~

 自ら命を絶ったのは、白虎隊士たちだけではありません。年老いた藩士や、病気や怪我を負った藩士、さらには藩士の妻や娘たちも、籠城後の足手まといになるとして、死の道を選びました。女性は籠城戦の役に立たないばかりか、自分たちが城内に入れば、その分、備蓄した食糧が減ることになり、それは、主君に対する不忠にあたる・・・と。この日自害した者は、230人余りにも及んだとか。そのなかでも悲惨を極めたのが、ドラマで描かれていた家老・西郷頼母一族の集団自決でした。

 西郷家で自刃したのは妻・千恵子をはじめ母、祖母、妹、娘など9人。また、隣室では縁者12人も自刃します。そのなかには、幼児3人もいました。幼い子どもたちが自らの命を絶つとは考えられません。ドラマでは描かれていませんでしたが、当然のことながら、その幼児たちは母親の手で刺し殺し、我が子の死を見届けたあと、自らの喉を刺して果てたのでしょう。悲惨としか言いようがありません。

 一族が自刃して間もなく、新政府軍の一隊が西郷邸に突入します。ドラマでは突入したのは土佐藩士で新政府軍参謀の板垣退助となっていましたが、通説では、同じく土佐藩士で元海援隊士の中島信行だったといわれています(異説あり)。西郷邸に入った中島は、一族の集団自決という悲惨な光景に目を覆いますが、そのなかで、まだ死にきれずに悶え苦しんでいる16~7歳の少女を見つけます。年の頃から、おそらく頼母の娘・細布子だったでしょうか。少女は人の気配を感じて、「敵か?味方か?」と聞きました。もし敵ならば、死にきれず敵の手に掛かるなど、彼女たちにとって屈辱の極みです。中島はとっさに「味方だ!」と答えます。武士の情けですね。それを聞いた少女は安心して、力を振り絞って懐刀を差し出し、介錯を頼んだそうです。まだ16~7歳の少女に介錯を頼まれるという惨状・・・。中島は涙を流しながら少女の首を落としたといいます。ドラマでもこの逸話どおりに描かれていましたね。

 会津の女性が皆、死を選ぶよう教育されていたわけではありません。すべては一家の主人や妻の考え方いかんでした。思えば6年前、藩主・松平容保京都守護職受諾に断固として反対したため要職を解かれた頼母の思いが、決して我が身可愛さからの主張ではなかったことを、一族が身を持って証明したといえます。これほど壮絶な「内助の功」が他にあるでしょうか?

 西郷千重子 辞世
 「なよ竹の風にまかする身ながらも たわまぬ節はありとこそきけ」
 「風が吹けばしなるほど細いなよ竹のようなわが身ですが、どんなに細い竹でも、強風に吹かれても折れない節があると聞きます。私たち女にも、どんな逆境にも屈しない節義があることを、わが殉死によって知ってください」(拙訳)

 同じ日、家老の田中土佐神保内蔵助が共に自刃します。田中は6年前、頼母と同じく容保に京都守護職受諾を辞退するよう諫言したひとりですが、頼母と違って容保の頑な決意を知るや、以後は容保の片腕として都で働きます。神保内蔵助は、先の鳥羽・伏見の戦いの責任を負わされ切腹した神保修理の実父。二人の早々の自刃は、混乱の責任をとった決意だったと見るべきでしょう。

 「いま斬る腹を、あんときに斬っておけば・・・。家老一同、腹斬ってお断りすれば、会津はこげな道をたどらずにすんだ・・・。」

 おそらく、実際もこの台詞のような心境だったに違いありません。まさしく覆水盆に返らず・・・しかし、後世の誰もそれを責めることはできませんね。彼らは彼らなりに、皆、自国のために尽くした結果だったわけで、少なくとも、現代の政治家のように私利私欲で国を食い物にしたわけではありません。

 「おら、最後に、徳川のためでも幕府のためでもなく、会津のためのいくさをしたのだ。これ以上の名誉なことはねえ。」

 もうすぐ平成の我が国も憲法が改正されそうです。自国のために戦うことを名誉と思う心・・・私たちにあるでしょうか?

 さて、ようやく八重が歴史の表舞台に登場して来ましたね。八重の活躍も書こうと思っていたのですが、本稿もまた長くなってしまったので、次週に送ることにします。実に内容の濃い第26話でした。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-07-02 23:50 | 八重の桜 | Trackback(1) | Comments(2)  

八重の桜 第23話「会津を救え」 〜奥羽越列藩同盟と白河城攻防戦〜

 勝海舟西郷隆盛江戸開城談判が行われる少し前、新政府は東北の雄藩である仙台藩主の伊達慶邦に対して、会津藩討伐を命じていました。そして慶応4年(1868年)2月26日には、左大臣・九条通孝奥羽鎮撫総督に任命されますが、その実験を握っていたのは参謀職を務める長州藩の世良修蔵と薩摩藩の大山格之助でした。彼らは仙台藩に続いて米沢藩上杉家に対しても会津藩討伐を命じます。

 実はこれ以前に仙台藩と米沢藩は、会津藩に恭順するよう勧めていました。しかし会津藩は両藩の勧めを容易に受け入れようとはしませんでした。会津が躊躇していたのは、開城による謝罪、減封の受諾、そして重臣2・3人の首級の差し出しという恭順の条件で、その条件に会津藩が難色を示しているうちに、両藩は奥羽鎮撫総督から会津藩討伐を命じられてしまい、兵を上げざるを得なくなります。そして4月18日、会津藩と仙台藩の間で戦端が開かれますが、双方とも戦う意思はなく、かたちだけの砲弾のやり取りで戦うふりをしただけに終わります。

 その後、会津藩は譲歩の姿勢を見せ、前藩主・松平容保が城を出て謹慎(容保は会津に帰国するとすぐに養子の喜徳に藩主の座を譲っていました)、減封の受諾という線までは受け入れますが、しかし結局はその調停工作も失敗に終わります。

さらに仙台・米沢両藩は、東北諸藩に呼びかけ、会津藩救済のための会議を白石城で開き、寛大な処置を求める嘆願書を総督府に提出します。しかし、この嘆願書も参謀の世良修蔵の強い反対によって、受理されませんでした。これに憤慨した仙台藩士たちは、傲慢粗暴でかねてから怨みがあった世良を暗殺します。その際、世良の持ち物の中から、「官軍の増援部隊が着き次第、会津を一挙に討伐する」とか、「奥羽はみな敵とみなして討つべし」といった内容が書かれた機密文書が発見されます。これを見た奥羽諸藩は、鎮撫総督が自分たちと交渉しているのは、増援部隊を待つ時間稼ぎにすぎないと判断。5月3日、奥羽および越後の25藩の代表が白石に集まり、奥羽越列藩同盟を結成、新政府軍に抗戦することを決めました。こうして戊辰政争は始まります。彼らは一直線に戦争に向かって進んだわけではなく、懸命に戦を避ける道を模索していたわけですが、歴史がそれを許さなかったんですね。

 奥羽越列藩同盟が成立すると、会津藩は新政府軍を迎え撃つため国境を固めるとともに、白河城に向けて軍勢を送ります。その中には、会津に落ち延びてきていた斎藤一率いる新選組130人余りもいました。これより少し前、新選組の局長だった近藤勇は新政府軍に下って処刑され、副長の土方歳三も宇都宮城の戦いで足を負傷し、そのためしばらくの間、斎藤が新選組の指揮をとっていました。

 陸奥国白河は関東から奥州への玄関口にあたり、古来より関所が置かれた要衝の地でしたが、幕末のこの時代、白河城には城主がおらず、二本松藩丹羽家の管理下にありました。それに目をつけた会津藩は白河城を占領します。しかし、新政府軍にとっても白河城を手に入れれば、会津攻略のための重要拠点を確保したことになり、是が非でも欲しい場所。当然のごとく、政府軍と会津兵は白河で激突しました。最初の戦いは会津藩の勝利に終わります。

 その後、会津から家老の西郷頼母横山主税が藩兵1000人を率いて到着。仙台藩や棚倉藩の援軍も加わり、総勢約3000人の兵で陣を張ります。一方の薩摩藩士・伊地知正治率いる新政府軍は約700人。兵力の上では列藩同盟軍の圧勝に見えました。

 ところが、2回目の攻防戦は新政府軍の一方的勝利に終わります。その理由は、ひとつは武器の性能の差。ドラマ中、八重の夫の川崎尚之助が再三訴えていた軍制改革の遅れが、ここへきて大きく影響します。もうひとつは、列藩同盟軍の戦略の拙さでした。兵力で劣る新政府軍の伊地知正治は、敵の陣容をつぶさに観察して果敢な指揮をみせますが、寄せ集めの列藩同盟軍には戦略というものがありませんでした。主力である会津藩の総督は、実戦経験のない西郷頼母。容保の京都守護職就任に反対を唱えて、長いあいだ謹慎処分を受けていたため、京都での滞在経験もなく、したがって戦を指揮した経験もありません。会津藩は、武器の性能で劣るぶん、指揮官は身分にとらわれず有能な人材を配置すべきでした。この日の戦いにおける戦死者は、列藩同盟軍約700人に対して、新政府軍はわずか20人足らずだったとか。なぜ、容保は、重要拠点である白河の指揮官に経験値の少ない頼母を任命したのか・・・? 戦後の容保は会津戦争について多くを語らなかったため、真相は闇のなかです。

 奥州の玄関口である白河を奪われた痛手は大きく、これが列藩同盟軍の瓦解への道を早めたことはいうまでもありません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-06-11 21:21 | 八重の桜 | Trackback(1) | Comments(0)  

八重の桜 第6話「会津の決意」 ~公武合体論と京都守護職~

 「桜田門外の変」で大老・井伊直弼が暗殺されると、幕府の権威は急速に失墜していきました。そこで幕府は、朝廷と手を結ぶことで権威の回復を図ろうとします。従来、朝廷は政治との関わりを規制されていましたが、黒船来航以来、にわかに高まった尊王思想大政委任論などにより次第に潜在的地位が高まり、さらに日米修好通商条約をめぐる論争・政治工作のなかで、老中・堀田正睦が反対勢力を抑えるために孝明天皇(第121代天皇)から勅許を得ようとしたことから、天皇および朝廷の権威は急速に上昇していきました。

 そんななか、朝廷と結束することで幕府の権威低下を防ごうという「公武合体論」が浮上します。ドラマでは割愛されていましたが、井伊直弼の死後、幕政の中心となっていた老中・久世広周安藤信正らは、第14代将軍・徳川家茂の正室に、孝明天皇の妹・和宮親子内親王を降嫁させます。皇女を将軍家御台所に迎えたいという案は井伊直弼生存中からありましたが、当時の案は幕府が朝廷を統制する手段として考えられていたもの。しかしこの段に及んでの婚姻の意図は、いわゆる「公武合体」、すなわち、朝廷の権威を借りて幕府の権威を強固にしようという考えであり、幕府にとってみれば藁をもつかむ策だったわけです。

 一方、幕府の権威低下に伴い、これまで幕政から遠ざけられていた親藩有力外様大名の政治力が急速に高まり始め、有力諸侯を国政に参画させて国難を乗り切るべきであるという公議政体論が台頭しはじめます。文久2年(1862年)6月には、かつて将軍継嗣問題一橋慶喜擁立を推した島津斉彬の実弟で、同藩最高実力者の島津久光が兵を率いて上京し、朝廷から勅使を出させ、その権威を後ろ盾として幕府の最高人事に介入し、一橋慶喜を将軍後見職に、福井藩前藩主・松平春嶽を大老職に相当する政事総裁職に起用することを幕府に認めさせます。いわゆる「文久の改革」です。

 その頃、京都では攘夷を叫ぶ志士が勢いづいており、朝廷内でも破約攘夷論を唱える公家たちが台頭していました。その結果、開国論をとる薩摩藩は朝廷での支持基盤を失ってしまいます。京のまちでは攘夷論を唱える過激な志士たちによる「天誅」と称した殺傷事件が頻発しており、その対象は、攘夷論に反対する幕府よりとみなされた公家やその家臣たちでした。幕府はそうした状況を見かね、京都守護職という軍事職の新設を決めます。そこで白羽の矢が立てられたのが、八重たちの会津藩だったのです。

 京都には、朝廷の監視を任務とする京都所司代が置かれていました。通常、十万石前後の譜代大名が任命される役職でしたが、「天誅」と称したテロの嵐が吹き荒れる京都の治安は、所司代レベルの力で抑えられる域を超えていました。そこで幕府は、二十三万石の会津藩の武力を持って京のまちを鎮撫しようと考えたのです。

 時の藩主は9代目の松平容保。尾張藩の分家・美濃高須藩主・松平義建の六男として生まれた容保でしたが、叔父に当たる会津藩8代目藩主・松平容敬の養子となります。容保が容敬に変わって藩主の座に就いたのは、黒船来航の前年、嘉永5年(1852年)のことでした。藩主になって10年。容保は大きな決断を迫られることになります。

 容保に京都守護職就任を求めたのは、ドラマのとおり政事総裁職の松平春嶽でした。要請を受けた容保が頑なに固辞したのもドラマのとおりです。家老の西郷頼母をはじめ家臣たちも猛反対。いわば無政府状態に陥っていた京都で守護職を務めるということは、ドラマで頼母が言っていたとおり、薪を背負って火に飛び込んでいくようなもの。自ら死地に飛び込むのと同じというわけでした。しかし、春嶽はなおも容保を説得します。もし、藩祖の保科正之が存命ならば、必ず引き受けただろう・・・と。これは容保にとっては殺し文句でした。将軍家への絶対的な忠誠を歴代藩主に求めた『会津家訓十五箇条』(参照:第1話「ならぬことはならぬ」)にしても、養子という立場での藩主であるがゆえに、なおさら容保の心に重くのしかかっていたに違いありません。ここに至り、容保は京都守護職就任を引き受けてしまいます。文久2年(1862年)8月1日のことでした。この決意により、八重たち会津藩の人々の運命は大きく変わることになります。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-02-11 02:33 | 八重の桜 | Trackback(2) | Comments(2)