タグ:赤松則村(円心) ( 4 ) タグの人気記事

 

太平記を歩く。 その31 「六甲八幡神社」 神戸市灘区

阪急六甲駅のすぐ南にある森が、六甲八幡神社です。

e0158128_15084531.jpg

『太平記』によると、元弘3年(1333年)2月の「摩耶山合戦」において、摩耶山城に籠る赤松則村(円心)に対し、幕府六波羅の軍勢が「八幡林よりぞ寄たりける」とあるのですが、その「八幡林」が、ここ八幡神社の森と考えられています。

e0158128_15113238.jpg

いまは街なかにありながらも、境内は広い森となっています。

このあたりの住所は現在も八幡町といい、たぶん、当時はこの辺り一体が森だったのでしょう。

5000の大軍が身を隠すには、もってこいのロケーションだったのでしょうね。

e0158128_15132844.jpg

六甲八幡神社の創祀は、万寿3年(1026年)、この地に水原氏が八幡神を祀っていたものを、治承4年(1180年)の福原遷都に伴い、平清盛石清水八幡宮を勧請したものといわれています。

e0158128_15153244.jpg

その後、戦国時代の戦乱によって荒廃していましたが、天正年間(1573~92年)に林播磨という人によって修築され、寛政7年(1795年)には、その孫の林清兵衛が社殿等を改築。

さらに、領主の石河氏春日大社旧社殿移築したのが、現在の本殿だそうです。

このあたり一帯は、平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災で壊滅的な被害を受けた地域であり、本殿も全壊してしまいましたが、現在は彩色も鮮やかに復興されています。

e0158128_15162693.jpg

ここはわたしの会社から近く、よく通る場所だったのですが、このたび太平記のことを調べていて、ここが関連史跡だと知りました。

いにしえの先人たちの足跡は、けっこう身近にあるものですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-26 01:09 | 太平記を歩く | Comments(0)  

太平記を歩く。 その30 「赤松城跡(神戸大学キャンパス内)」 神戸市灘区

神戸市灘区の山の手にある国立神戸大学のキャンパスが、赤松則村(円心)の建てた「赤松城」だったという伝承があります。


e0158128_20490461.jpg

『太平記』によると、円心は大塔宮護良親王令旨を持って都から帰った子・赤松則祐の勧めで、一族に奮起を促し、「当国赤松城に馳せ参ぜしむべし」と伝えたといわれますが、その赤松城というのが、ここ神戸大学の敷地だったとの説です。


e0158128_20503506.jpg

明治41年(1908年)の発掘調査遺構石垣跡が発見され、ここが『太平記』に出てくる赤松城に違いないという郷土史家の意見から、神戸大学構内に「赤松城之址」という標柱も立てられ、昭和7年(1932年)9月には、このあたりの地名も赤松町と名づけられました。

ところが、その後の調査で、実際の赤松城は播磨国佐用郡の苔縄城とわかり、ここにあったのは一王山十善寺の跡であることが判明。

元弘3年(1333年)2月の「摩耶山合戦」の際に、円心はここ一王山十善寺をとして利用し、六波羅軍によって焼かれたようです。


e0158128_20521569.jpg

城跡(砦跡)は大学敷地内では最も高い場所にある経済学部付近だと知り、キャンパス内を歩いてみたのですが、「赤松城之址」の標柱は見当たりませんでした。

あるいは、もうないのかもしれませんね。


e0158128_20560325.jpg

神戸大学から見た摩耶山です。

この地を訪れてみて、なるほど、摩耶山合戦に際しては、東の砦として絶好の場所だと思いましたね。

西に摩耶山を見渡せ、このちょうど真南には、六波羅軍が陣を布いた八幡の森が一望できたはずです。


e0158128_20560873.jpg

標柱は見つかりませんでしたが、「赤松町」という地名はしっかり残っています。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-24 22:30 | 太平記を歩く | Comments(0)  

太平記を歩く。 その29 「摩耶山城跡」 神戸市北区

神戸市に横たわる六甲山脈のなかで、六甲山の次に標高の高い摩耶山上に、かつて摩耶山城がありました。

ここは、元弘3年(1333年)に播磨国の守護大名、赤松則村(円心)によって築かれた城です。


e0158128_20122201.jpg

城跡には徒歩でも登れますが、登山に慣れないわたしは摩耶ケーブルで登ります。


e0158128_20131923.jpg

摩耶ケーブルの終点「虹の駅」のある一帯が東の曲輪群だそうです。


e0158128_20160644.jpg


虹の駅からの眺望。

神戸港から大阪湾が一望できます。

空気が澄んでいたら、 「その15」「その16」「その17」で紹介した金剛山まで見えるのですが、この日は残念ながら霞んで見えません。

e0158128_20244554.jpg

元弘2年(1332年)11月に大塔宮護良親王が吉野で挙兵、続いて12月に楠木正成が河内千早城にて挙兵。

こうした倒幕の動きを受け、元弘3年(1333年)2月、赤松則村(円心)はこの地に摩耶山城を築き、幕府の六波羅勢を迎え撃ちます。

これが、『太平記』にある「摩耶山合戦」です。


e0158128_20291547.jpg

『太平記』によれば、大塔宮に従っていた則村の三男赤松則祐が、親王の令旨を携え、父・則村に挙兵をすすめたとされています。

これを受けて則村は播磨から摂津に進軍。

『太平記』には、「兵庫の北に当たって摩耶という山寺ありけるに、まず城郭を構えて」とあり、このとき摩耶山城が築かれたと伝えます。


e0158128_20292090.jpg

幕府六波羅軍は5000の兵で摩耶山城を囲みますが、赤松軍は大塔宮によってもたらされた援軍を受けて7000の兵を従え、これを撃破。

幕府軍は敗走します。


e0158128_20292187.jpg

この摩耶山合戦の戦勝で勢いに乗った反幕府軍は、同年5月7日に足利尊氏、赤松則村(円心)らによって六波羅に攻め込み、同月20日には新田義貞が鎌倉を攻略し、鎌倉幕府はその幕を閉じることになります。

遠く関東の鎌倉幕府の瓦解は、ここ神戸の山中から始まったんですね。


e0158128_20314829.jpg

摩耶山城の北側にあった摩耶山天上寺跡は、現在摩耶山史跡公園となっています。

摩耶山天上寺は40年前までこの地にありましたが、昭和51年(1976年)に火災で消失し、より山頂に近い北側に移設されました。

かつては、この地に赤松則村(円心)・則祐親子の五輪塔が建っていたのだとか。


e0158128_20334880.jpg

史跡公園内には、建物跡の礎石だけが残されています。


e0158128_20355411.jpg

公園内の説明板には、在りし日の摩耶山天上寺の空撮写真が紹介されています。


e0158128_20372164.jpg

奇跡的に消失を免れた仁王門です。


e0158128_20423186.jpg

摩耶山史跡公園のすぐ西側には、「摩耶の大杉」と呼ばれる六甲山随一の巨木がそびえます。

幹周りは約8mあり、樹齢1000年と言われています。

一緒に写っている身長150cmのわたしの娘と比べれば、その大きさが伝わるでしょうか?

現地の説明看板によれば、約200年前に摩耶山一帯で起きた大水害のときにもビクともしなかったため、その生命力に驚いた人々は神霊が宿っているに違いないと、「大杉大明神」として崇めるようになったのだとか。


e0158128_20423402.jpg

残念ながらこの大杉は、昭和51年(1976年)の旧摩耶天上寺の大火災の後、火を被ったことが原因で、徐々に樹勢が衰え、現在は枯死してしまいました。

樹齢1000年ということは、「摩耶山合戦」のときにも、すでに樹齢300年の大樹だったんですね。

移り変わる歴史の変遷を見続けてきたこの大杉の姿は、枯死してもなおその存在感を人々に印象づけています。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-03-19 09:58 | 太平記を歩く | Comments(2)  

太平記を歩く。 その11 「杉坂峠関所跡」 兵庫県佐用郡佐用町と岡山県美作市の境

兵庫県佐用郡佐用町と岡山県美作市の県境にある杉坂峠を訪れました。

ここは、旧令制国における播磨国美作国国境にあった関所跡です。


e0158128_21584987.jpg

元弘2年(1332年)、元弘の乱に敗れて隠岐配流される途中の後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)を、備前国の武士、児島高徳奪回すべく立ち上がり、前稿で紹介した船坂峠待ち伏せますが、天皇護送団一行の移動ルートを見誤り、計画は失敗に終わります。

その後、天皇一行を追ってきたのが、ここ杉坂峠だったと伝わります。

しかし、高徳がここに着いたときには、すでに天皇一行は院庄(現在の岡山県津山市)付近まで達していて、完全な作戦ミスの前に軍勢は雲散霧消してしまったといいます。

つまり、ここ杉坂峠は高徳無念の地というわけですね。


e0158128_22041801.jpg
e0158128_22042348.jpg

峠付近にある説明板です。

記載されている文章は、『太平記』巻四の「備後三郎高徳が事」のくだりと、巻六の「赤松入道円心に大塔宮の令旨を賜はる事」のくだりです。


e0158128_22000032.jpg

看板の横の苔生した坂を上ります。


e0158128_22054876.jpg

この道が、旧峠越えの道のようですね。


e0158128_22071879.jpg

しばらく登ると、「杉坂の関の跡」と書かれた看板と、大きな石碑が建てられた広場にでます。


e0158128_22090924.jpg

『太平記』巻六によると、元弘3年(1333年)、大塔宮護良親王の呼びかけに応じて討幕の兵を挙げた赤松則村(円心)は、ここから8kmほど南にある苔縄山の山頂にを築き、ここ杉坂に関所を構えたとあります。


e0158128_22120360.jpg
e0158128_22120888.jpg

石碑は、昭和2年(1927年)に建てられたものだそうです。


e0158128_22133032.jpg

石碑の裏面です。


e0158128_22142899.jpg

石碑の横にある歌碑です。

昭和12年(1937年)に建てられたもののようですが、説明書きがないので、誰の歌なのかわかりません。


e0158128_22162396.jpg

現在の杉坂峠は、中国自動車道と並走する県道365号線上にあるのですが、かつては播磨国と美作国を結ぶ交通の要衝だったこの峠も、現在はこの少し南に国道179号線が通っているためか、あまり利用する車はないようです。

この日も、わたしがここにいた20分くらいの時間、1台も車が通りませんでした。

道路の真ん中に立ってこんな写真も撮れちゃいます。


e0158128_22185612.jpg
e0158128_22190016.jpg


奪回作戦
に失敗した高徳の軍勢は、落胆して散り散りになりますが、それでも、高徳は諦めきれず、単身、院庄の天皇行在所に向かいます。

次稿は、その院庄館跡に向かいます。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-02-09 22:00 | 太平記を歩く | Comments(0)