タグ:赤松則祐 ( 12 ) タグの人気記事

 

太平記を歩く。 その153 「丹生山城跡・明要寺跡」 神戸市北区

「湊川の戦い」新田義貞が京都へ敗走した後も、神戸北部では義貞の一族・金谷兵庫助経氏が足利軍と奮戦していました。

その兵庫助が本陣を布いた場所が、神戸市北区の丹生山山上にあった明要寺でした。

明治に入って寺が廃され、丹生神社と改称しました。


e0158128_22163332.jpg

6世紀創建といわれる明要寺には、この当時、多くの僧兵がいました。

兵庫助はそれらの僧兵を引き連れ、付近の足利方に屈しない近江寺性海寺、さらには「その36」で紹介した太山寺の衆徒をもその配下に置き、赤松則村(円心)軍の攻略を開始します。

太山寺の衆徒といえば、かつては赤松軍とともに鎌倉幕府軍と戦った仲。

その後、円心は足利尊氏とともに後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)に反旗を翻しますが、太山寺の衆徒たちは、南朝方に付いていたようです。


e0158128_22161623.jpg

その後、金谷軍と赤松軍の戦いは長引き、延元3年(1338年)9月、ここ丹生山城を守っていた金谷軍の吉川経清が赤松軍の攻撃によって討死すると、その後も、赤松軍の赤松範資赤松則祐が金谷軍の拠点を次々と攻め、翌年の9月8日、赤松則祐が端谷城を攻略したことにより、赤松軍の勝利に終わります。


e0158128_22161396.jpg

丹生山城は、天正7年(1579年)の羽柴秀吉別所長治のあいだで行われた三木合戦の際にも舞台となっているのですが、その話は、「三木合戦ゆかりの地めぐり」の稿で紹介していますので、よければ一読ください。


e0158128_22150209.jpg

現在、丹生山城跡には石碑だけが残されており、その山頂には丹生神社があります。

かつて戦場となったシブレ山、丹生山、帝釈山、稚児ヶ墓山と連なる丹生山系の山々は、現在はハイキングコースとして登山客が多く訪れています。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-11-02 08:29 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その81 「感状山城跡」 兵庫県相生市

「その72」で紹介した白旗城から東へ7kmほどの場所にある感状山城跡を訪れました。

ここは、建武3年(1336年)に赤松則村(円心)が白旗城にて新田義貞軍を50日間足止めにする戦いを演じた際、円心の三男・赤松則祐が、父に呼応してこの城に籠城し、白旗城を援護したと伝わる城です。


e0158128_22280889.jpg

もとはこの城は瓜生城と呼ばれ、鎌倉時代に瓜生左衛門尉によって創築されたと伝えられますが、「白旗山合戦」の戦功により、足利尊氏から感状を与えられて「感状山城」と呼ばれるようになったと伝えられています。


e0158128_22300777.jpg

標高305m、比高220m感状山ですが、中腹に「羅漢の里」というキャンプ場公園があり、そこから約650mの道のり。

登山道も整備されていて、2.5kmの険峻な登山だった白旗城跡に比べれば、楽に登れます。


e0158128_22325772.jpg

整備された登山道を15分ほど登ると、大手門跡にたどり着きます。

e0158128_22341107.jpg

その横には、物見岩跡があります。


e0158128_22350360.jpg

そのすぐ北側に曲輪跡」があります。

いわゆる「三の丸」のことですね。


e0158128_22355137.jpg

かなり広い面積です。


e0158128_22365963.jpg

ここから急な岩場を登ります。

おそらく、石垣が崩れた跡でしょう。


e0158128_22380547.jpg

岩場を登ると、みごとな石垣の遺構が目に入ります。


e0158128_22390652.jpg

標識には、「南曲輪群」とあります。


e0158128_22401053.jpg

綺麗に残っていますね。

中世の山城では、これほどみごとな石垣跡はなかなか見られないのではないでしょうか。

ただ、この石垣が南北朝時代のものかどうかはわかりませんが。


e0158128_22411249.jpg

南曲輪群から見た南側の眺望です。


e0158128_22425670.jpg

そしてその北側が曲輪跡」です。


e0158128_22441015.jpg

そして更に北へ進むと、曲輪跡」に到着します。

つまり「本丸」ですね。


e0158128_22454097.jpg

曲輪は広大でしたが、曲輪、曲輪は、それほど広い面積ではありません。

白旗城の支城ですから、本城よりは規模の小さなものだったのでしょう。


e0158128_22464988.jpg

本丸からの東側の眺望です。


e0158128_22482193.jpg

その後の感状山城については詳しくはわかっていませんが、天正5年(1577年)の羽柴秀吉上月城攻めの際に落城したとの説があります。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-07-05 23:46 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その79 「宝林寺(円心館)」 兵庫県赤穂郡上郡町

松雲寺赤松居館跡がある赤松から千種川を挟んだ西側の河野原に、宝林寺という寺院があるのですが、ここは、赤松則村(円心)の三男・赤松則祐が、円心の死後、播磨国守護・惣領家を継いだときに建てたといわれています。


e0158128_21432357.jpg

もともと宝林寺は円心の生前から、則祐の自領だった備前国新田荘中山に創建されていましたが、惣領を継いだ後の文和4年(1355年)にこの地へ移されたとつたわります。

その後、赤松惣領家の氏寺として、代々手厚く保護されました。


e0158128_21440804.jpg

かつては河野原集落の全域が境内地であったとみられているそうですが、戦国時代には赤松氏とともに衰微したとみられています。


e0158128_21454080.jpg

現在、境内には赤松氏の資料館「円心館」が設けられ、館内には、赤松則村(円心)、赤松則祐、雪村友梅別法和尚説も)、覚安尼(千種姫)木坐像が安置されています。


e0158128_21465728.jpg

本来は撮影禁止ですが、館を管理する松雲寺の住職さんに、フラッシュをたかないという条件で特別に撮影の許可をいただきました。


e0158128_21490222.jpg

まずは赤松則村(円心)坐像

右手に、左手にを携えた法体姿で、禅僧の九条袈裟と異なる五条袈裟を掛けているは、円心が半僧半俗の沙弥(しゃみ)であったことを示すそうです。


e0158128_21490635.jpg

アップです。

眼球は水晶球だそうですが、眼光鋭く、圧倒されます。


e0158128_21515411.jpg

こちらは、円心の三男・赤松則祐坐像

ここ宝林寺の建立者ですね。

こちらも右手に扇を持っていますが、刀は携えていません。

則祐坐像は、元は京の建仁寺にあったのが、後に宝林寺に移されたといわれているそうです。

禅僧の九条袈裟を掛けた姿は、若くから出家して僧侶のまま武将として活躍した則祐の人生を物語ります。


e0158128_21515832.jpg

アップです。

円心に比べると、顔が小さく首も細いようです。


e0158128_21520296.jpg

こちらは雪村友梅坐像

宝林寺の開山「別法和尚」坐像と伝えられていますが、実際の開山・雪村友梅の像とみられるそうです。

雪村友梅は、「その74」で紹介した法雲寺の開山でもあります。

その隣の坐像は、覚安尼坐像

覚安尼は、円心もしくは則祐の娘千種姫が出家剃髪した姿と伝えられます。


e0158128_21530815.jpg

友梅のアップです。


e0158128_21554612.jpg

この際なので、いろんな角度から。


e0158128_21554900.jpg

ご住職の話によれば、坐像を調査したところ、のちの時代に手を加えた修理銘が見られるため、「国宝」扱いににはならなかったそうです。


e0158128_21555378.jpg

でも、鎌倉彫刻の名残をとどめる価値を認められ、「赤松三尊像」として兵庫県の指定文化財となっています。


e0158128_21564826.jpg

館内には、他にも甲冑太刀書簡など、赤松氏関連の史料が展示されています。

見学料300円は安いです。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-06-30 21:48 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その77 「赤松五社八幡神社」 兵庫県赤穂郡上郡町

前稿で紹介した赤松居館跡のすぐ西隣にある「五社八幡神社」を訪れました。

「五社八幡神社」という名の神社は「その33」で紹介したように神戸市北区にもありますので、ここでは便宜上、「赤松五社八幡神社」と呼ぶことにします(このあたりの住所は、上郡町赤松といいます)。


e0158128_20360445.jpg

参道には、「赤松圓心廟影堂」と刻まれた石碑がありましたが、これは近くの「宝林寺」のもののようです。


e0158128_20370183.jpg

赤松五社八幡神社は、赤松則村(円心)の三男で領家を継いだ赤松則祐が建立したといわれ、明治32年(1899年)には、白旗城麓にあった白旗神社を合祀したそうです(参照:その57)。


e0158128_20381307.jpg

拝殿です。

拝殿内には、中世から戦国時代にかけての武将が描かれた絵馬が、数多く奉納されていましたので、紹介ます。

e0158128_20421684.jpg

まずは、左から北畠親房、源頼朝、源義経


e0158128_20460625.jpg

左から毛利元就、源為朝


e0158128_20443799.jpg

左から吉川元長、小早川隆景、山名宗全


e0158128_20471326.jpg

左から平知盛、細川幽斎(藤孝)


e0158128_20484509.jpg

左から太田持資(道灌)、鈴木重幸、児島高徳


e0158128_20501695.jpg

左から足利義詮、大内義弘


e0158128_20520505.jpg

左から北条時宗、源義朝、北条時頼


e0158128_20532220.jpg

右が加藤清正


e0158128_20543416.jpg

左から源義家、平忠度


e0158128_20552309.jpg

左から斯波義将、武田信玄、楠木正行


e0158128_20563701.jpg

左から柴田勝家、豊臣秀吉


e0158128_20574540.jpg

左から伊達政宗、北条氏政


e0158128_20585636.jpg

左から織田信長、北畠信雄、名和長年


e0158128_21000953.jpg

左から平重盛、上杉謙信


e0158128_21010981.jpg

左から新田義貞、源頼政、新羅三郎義光(源義光)


e0158128_21082280.jpg

左は佐々木高綱、右は・・・明記されていません。だれでしょう?


e0158128_21092050.jpg

そして最後に細川勝元


e0158128_21103080.jpg

というわけで、人選配列も何を基準にしているのかよくわかりませんが、時代が違った英雄たちの絵馬がずらりと掲げられていました。

『太平記』関連でいえば、南朝方の児島高徳、楠木正行、新田義貞、北畠親房、名和長年の絵馬があるのに、なんで楠木正成がいないんでしょうね?

それに、どういう理由か、郷土の英雄である赤松氏からの人選がありません。

ただ、こんなのがあります。


e0158128_21115662.jpg

左は長山遠江守、右が赤松弾正と明記されています。

長山遠江守がよくわからないのですが、名門・土岐氏の人物のようで、赤松弾正というのは、円心の四男で則祐の弟にあたる赤松氏範のことだそうです。

氏範は3人の兄と仲が悪く、円心の死後はひとり南朝方に与し、幾度となく兄弟対決を繰り返しながら、最後は京都の清水寺自害した人物です。

絵馬には、明治11年と記されています。

明治以降の天皇家の歴史認識では南朝が正統とされていますから、赤松氏では唯一南朝方に与した氏範だけが、絵馬としてここに祀られたのかもしれませんね。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-06-28 22:38 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その76 「赤松居館跡」 兵庫県赤穂郡上郡町

少し北に戻って、「その72」で紹介した白旗城跡のある白旗山の西麓にある「赤松居館跡」を訪れました。

国道373号線沿いにある駐車場には、「赤松円心の郷」と書かれた大きな観光用看板があります。


e0158128_21534072.jpg

駐車場内には、赤松則村(円心)を紹介する大きな陶板があります。

とにかく、町全体で円心推しですね。


e0158128_21545436.jpg

居館跡です。


e0158128_21563857.jpg

何もないただの広場です。


e0158128_21572633.jpg

説明板です。


e0158128_21584637.jpg

説明板によると、東西105m、南北約55mのほぼ方半町に削平された台地上の字「御屋敷」にあり、ここが「赤松居館跡」と伝えられているそうです。

史料によると、円心の三男・赤松則祐により建てられ、のちにその子・赤松義則によって修理されているそうです。

また、その子孫で赤松氏を再興した赤松政則も、一時ここに住んでいたとか。


e0158128_22005374.jpg

東側の幼稚園(現在は廃園となり、「赤松の郷昆虫文化館」となっている)の建設前に行われた調査では、土師器皿などの中世の遺物が出土したそうで、ここが赤松氏代々の居館跡と考えて間違いなさそうです。


e0158128_22005648.jpg

居館跡の一角には、なぜか「苔縄城址」と刻まれた石碑があります。

ここは「その73」で紹介した苔縄城跡からは、3km以上離れています。

どういう意味でしょう?


e0158128_22023153.jpg

居館跡から望む白旗城跡です。

この時代の山城というのは居住スペースではなく、臨戦態勢に入ったときに籠るためのであって、平時は麓の居館に住むのが一般的でした。

いつもあんな山の上に居たんじゃ、領民に目を配れないですからね。


さて、次稿では、居館跡のすぐ隣りにある寺社をめぐります。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-06-27 23:57 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その75 「駒山城跡」 兵庫県赤穂郡上郡町

「その73」で紹介した苔縄城跡の南に見えていた駒山城跡を訪れました。

駒山城跡は、苔縄城跡とされる愛宕山から2.5kmほど南下した場所にある標高263メートル生駒山頂上にあります。


e0158128_21124346.jpg

登山道は2コースあるようでしたが、この日は、距離はあるものの比較的緩やかな南側からの登城コースを選びました。


e0158128_21125212.jpg
e0158128_21124709.jpg


登山口には、説明版と案内板が設置されています。


e0158128_21144226.jpg

たしかに登山道は整備されていて藪をかき分けていくようなことはなかったのですが、楽に登れるというわけでもありませんでした。


e0158128_21155342.jpg

しばらく登ると、「馬の蹄跡」と書かれた立札が設置されており、その先に、大きな岩が見えます。


e0158128_21175209.jpg
e0158128_21175626.jpg

よく見ると、確かに馬の蹄ほどの大きさのが、岩の表面にたくさんあります。

立札の案内によると、これは礫岩の礫が抜けてできた穴だそうですが、これが馬の蹄によく似ていることから、そう呼ばれているそうです。


e0158128_21194500.jpg

山頂まで400m

こういう立札は、目安になってありがたいですね。


e0158128_21194831.jpg

山頂が目の前にそびえます。

いかにも、山の形状そのものは城跡らしい山頂ですね。


e0158128_21252974.jpg


そろそろ山頂が近づいてきた感じです。


e0158128_21253260.jpg

荷置岩

たしかに、上部が平らな形状で物が置きやすそうですが、こじつけじゃね?(笑)


e0158128_21270115.jpg

そして登ること約40分

ようやく城跡にたどり着きました。


e0158128_21282654.jpg

本丸跡の登り口には、案内板が設置されています。


e0158128_21320764.jpg

本丸跡です。


e0158128_21321384.jpg

本丸の面積はそれほど広くありませんので、それほど規模の大きな城ではなかったのでしょう。


e0158128_21321644.jpg

駒山城の歴史ははっきりとされていないがませんが、『播磨古城記』には「赤松律師則祐妙善が居城」とあり、『赤松家播備作城記』には「安室五郎義長が天文年間に築城した」とあるそうです。

赤松則祐は言うまでもなく赤松則村(円心)の三男ですが、安室義長という人物のことはよくわかりません。

ただ、その立地から考えても、赤松氏の拠点であることは間違いなさそうですから、おそらく、白旗城を中心とする赤松の里の南の砦として、白旗城合戦でも大いにその役目を果たしたのではないかと想像します。


e0158128_21343147.jpg

本丸から北側を望めば、苔縄城跡や白旗城跡が見えるはずなのですが、樹木が覆い茂っていて展望できません。

やはり城跡めぐりはに来なけりゃだめですね。


e0158128_21354916.jpg

それでも、隙間から辛うじて望む苔縄城跡です。


e0158128_21355424.jpg

こちらは白旗城跡。


e0158128_21373770.jpg

本丸を降り、二の丸へと続く道を進んでいくと、大きな空堀跡が出現します。


e0158128_21385072.jpg
e0158128_21385407.jpg

堀の縁には石垣跡が見られるのですが、これが当時の遺構かどうかはわかりません。


e0158128_21403394.jpg

二の丸跡です。


e0158128_21423787.jpg

二の丸は3段構成になっており、ここは最上段の二の丸です。

本丸はそれほど広くはありませんでしたが、二の丸は結構な面積です。


e0158128_21434632.jpg

二の丸中段から再下段を見下ろします。


e0158128_21450926.jpg

二の丸再下段から望む南側の景色です。

千種川上郡のまちを一望できます。

白旗城の南側の見張り場としては、最適ですね。

それにても、白旗城、苔縄城、そして駒山城と立て続けに近隣三城も攻めると(日はそれぞれ違いますが)、周辺の山々がすべて城跡に思えてきました。


e0158128_21465045.jpg

下山後、麓から見上げた駒山城跡です。


さて、上郡の三城を制覇しましたが、もうちょっと赤松氏の里をめぐります。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-06-24 10:26 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その73 「苔縄城跡」 兵庫県赤穂郡上郡町

前稿で紹介した白旗城から千種川を挟んで西へ3kmほど離れたところに、標高411m愛宕山があるのですが、この山上が白旗城と同じく赤松氏の拠点だった苔縄城があった場所だと伝えられます。


e0158128_13123354.jpg

登城口は、いまは廃校となっている旧赤松小学校の敷地裏にあります。


e0158128_13131633.jpg
e0158128_13151648.jpg

駐車スペースにあった案内板。

愛宕山への登山道は、「苔縄ふれあいの森」と名付けられたハイキングコースになっているようです。


e0158128_21555893.jpg

旧小学校敷地内にあった案内板。


e0158128_21565567.jpg

入山するとすぐに、防獣柵があります。

ここを開けて中に入り、登山道を進みます。


e0158128_21584034.jpg

道中は各所に誘導板が設置されていて、迷うことはありません。


e0158128_21584495.jpg

所々に休憩所が設けられています。


e0158128_22003312.jpg

道中、石塔のようなものを見つけたのですが、よく見ると、上に乗っかっているのは首のない地蔵のようです。


e0158128_22003858.jpg

台座には、『寛政四子七月日』と刻まれています。


e0158128_22015191.jpg

首なし地蔵を過ぎると、傾いた鳥居があります。


e0158128_22035921.jpg

鳥居を抜けると、展望台が見えます。


e0158128_22040316.jpg

展望台付近に石垣跡のようなものがあったのですが、よく見ると石が新しく、たぶん、城跡とは関係ないでしょうね。


e0158128_22060462.jpg

ただ、展望台が設置されている場所は急斜面に突然あらわれた平坦地で、あるいは、ここに曲輪のようなものがあったのではないでしょうか。


e0158128_22073888.jpg

説明板です。

苔縄城は(伝)となっていますね。

ここが苔縄城だったという確証は得られていないようです。


e0158128_22092059.jpg

左端の山が説明板に解説されていた、展望台から見た白旗城です。
下はその拡大。


e0158128_22092318.jpg

『太平記』によると、苔縄城の城主は赤松則村(円心)とあります。

円心は大塔宮護良親王の令旨を持って都から帰った子・赤松則祐の勧めで、一族に奮起を促し、「赤松城に集まる」ように伝えたといわれますが、その赤松城というのが、かつては「その30」で紹介した神戸大学キャンパス敷地内との説もありましたが、現在ではここ苔縄城と考えられています。

しかし、『播磨鑑』では「赤松円心の三男・則祐は元徳3年(1331年)に大塔宮の令旨を受けて、ここに城を築き、義兵を挙げて軍功があり、領国安穏であった」と記されているそうで、初代城主を則祐としています。

また別説として「城主ハ伊豆守祖妙善入道トモ」、あるいは「一説、則祐感状山ニ居住ノ後、又、此城ヲ築キ居ス」、さらに「子息義房其譲ヲ受ケテ居住ス」など、さまざまな記述があるようですが、初代城主は円心と考えるのが正しいとされているそうです。


e0158128_22130416.jpg

東側山麓に千種川が流れ、自然の要害をなしています。


e0158128_22142189.jpg

南側の眺望です。


e0158128_22151944.jpg

真南に見える山の山頂は、同じく赤松氏の拠点・駒山城があった場所です。


e0158128_22152209.jpg

拡大です。

ここも後日足を運びましたので、別の稿で紹介します。


e0158128_22163127.jpg

さて、ここから山頂に向けて登山、といきたかったのですが、ここを訪れたのは初夏で、ここからの道中は見てのとおりシダが生い茂っており、マムシが怖いので登山はここで断念しました。

説明板に(伝)とあったように、特に目を見張る遺構は確認されていないようですしね。


e0158128_22171116.jpg

愛宕山を背後に、下山です。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-06-21 23:31 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その35 「山王神社」 神戸市北区

専念寺から南西に300mほどのところにある「山王神社」を訪れました。


e0158128_15373318.jpg

ここは何の予備知識もなく、専念寺を訪れたついでに、同じ集落で目に入ったので立ち寄ってみたのですが、偶然にも、ここも赤松則村(円心)・則祐父子ゆかりの神社だったようです。


e0158128_15374148.jpg

拝殿です。


e0158128_15383021.jpg

拝殿横に設置された説明板です。

「建武動乱の折り、戦勝を祈願して円心・則祐が金幣などを奉納した」とありますね。

でも、前稿の専念寺と同じく、その立地から考えると、建武年間(1334~1338年)ではなく、元弘3年(1333年)2月の摩耶山合戦の戦勝祈願ではなかったかと想像します。
赤松氏といえば播磨国の印象が強いのですが、神戸市内にもゆかりの史跡が多くあるんですね。

このたびの史跡巡りで、はじめて知りました。


e0158128_15401632.jpg

説明板では、源義経一の谷の戦いの戦勝を祈願して、弓矢を奉納したとも書かれています。

有名な「ひよどり越え」の場所は諸説ありますが、六甲山脈の北側(通称:裏六甲)は義経の進軍路と考えられていますから、この辺りでは義経の伝承も多くあります。

また、別の機会に紹介します。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-04-05 18:44 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その34 「唐櫃城跡(専念寺)」 神戸市北区

神戸市北区の有馬温泉の近くにある「専念寺」というお寺の地が、かつて唐櫃城があったとされる場所で、赤松則村(円心)が一時滞在していたといわれているそうで、訪れました。


e0158128_22055967.jpg

専念寺は、「その33」で紹介した五社八幡神社から直線距離にして約2km南にあり、摩耶山城からは六甲山脈を超えた北側になります(神戸では、六甲山北側のことを「裏六甲」といいます)。


e0158128_22085420.jpg

現地説明板によると、円心が滞在していたのは「建武の頃」とありますが、その立地から考えると、円心がこの地に居たのは、摩耶山合戦の頃、すなわち元弘3年(1333年)2月前後ではなかったかと想像します。


e0158128_22085442.jpg

説明板によると、境内には円心とその三男・赤松則祐供養塔があると紹介されているのですが、肝心の供養塔を示す標示がなかったので、どれかわかりませんでした。

ご住職に訪ねようと思ったのですが、どなたかの法事が行われていて、聞くこともできず・・・。

とりあえず、それっぽい古い石碑を片っ端に撮影しました(笑)。


e0158128_22112812.jpg

これなんて、円心と則祐が二つ並んでるっぽくないですか?


e0158128_22122606.jpg

たぶん、この中のどれかです(笑)。


e0158128_22141060.jpg

唐櫃城の遺構らしきものは確認できませんでした。

たぶん、この裏山なんでしょうが、柵があって入れませんでした。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-03-31 17:38 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その32 「五鬼城展望公園」 神戸市灘区

摩耶山の麓にある、「五鬼城展望公園」を訪れました。

かつてここは摩耶山城のひとつだったと考えられています。

摩耶山の登山口に位置し、「摩耶山合戦」に関わっていないはずはないと思い、シリーズに加えました。


e0158128_21314153.jpg

「五鬼城展望公園」へのルートは、摩耶山登山道と同じです。


e0158128_21331634.jpg

五鬼城の名称の由来は、昔この地を支配していた豪族・五鬼氏からきたものだそうです。

以下、説明板より引用。


五鬼城之由来


昔この地に五鬼氏と云う豪族が住んでいた。祖頃この辺りは昼尚鬱蒼たる大森林に覆われていた。この自然の要塞を砦として外敵のしばしばの襲来にも一度として敗れた事なく、従って一族は益々隆盛を極めて繁栄したものである。当時この付近に住む土着民達の暮しは大変貧しく「病気貧乏ふしあわせ」等で苦しむ人々が多く実に憐れな生活であった、此の姿を見た五鬼氏は五情の戒めを説いて幸せの道として多くの人々の救済に尽くされた。この素晴らしい威徳を讃えて永くこの地の守護神とされたが、今日では僅かに五鬼城の名称のみ残されているにすぎない。


五鬼城講


調べてみましたが、五鬼氏という豪族がいつの時代にいたのか、よくわかりません。

そもそも、この伝承が事実かどうかも定かではありません。


e0158128_21355885.jpg

南北朝時代から戦国時代にかけて、志摩国の海を支配した水軍で有名な九鬼氏がいますよね。

「九鬼氏」「五鬼氏」・・・なんか関連があるのかな?

ここ摩耶山周辺も海に近い海運の要地

あるいは、五鬼氏も兵庫津を支配する水軍だったのでは・・・なんて、これ、すべて私の想像で、根拠はありません。


e0158128_21374349.jpg

公園は標高270m付近にあり、神戸市東部から大阪湾にかけて一望できる展望台になっています。


e0158128_21393793.jpg

西南の三宮方面の眺望です。


e0158128_21394049.jpg

ビルの間に港神戸の象徴ポートタワーが埋もれています。

わたしが子どもの頃は、ポートタワーが神戸でいちばん高かったんですけどね。


e0158128_21422584.jpg

真南の眺望です。

遥か彼方に見えるのは、大阪泉南から和歌山にかけてです。


e0158128_21444814.jpg

そして西側の眺望、大阪湾が一望でき、その彼方に見える山は、右から「その14」「その15」「その16」「その17」で紹介した金剛山、その左が葛城山、そして「その27」で紹介した二上山です


e0158128_21471568.jpg

拡大です。


e0158128_21501571.jpg

ちなみに写真左端に見えるのが、「その30」で紹介した神戸大学キャンパス、その少し右に見える森が、「その31」で紹介した六甲八幡神社です。

e0158128_21501825.jpg

神戸大学にズームイン。

e0158128_21502133.jpg

六甲八幡神社にズームイン

こうして見ると、戦場となった位置関係がわかりますね。

赤松則村(円心)・則祐親子はこの地に立って一王山十善寺の配下と連携を取りつつ、八幡の森に陣を布いていた六波羅軍を撃破したわけです。

たしかに、この位置関係を見れば、赤松軍の圧勝の理由がわかるような気がしますね。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-03-29 18:34 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)