タグ:高倉天皇 ( 4 ) タグの人気記事

 

平清盛 第49話「双六が終わるとき」

 治承5年(1181年)1月14日、福原遷都以来、病に冒されていた高倉上皇(第80代天皇)が崩御し、東山の清閑寺に葬られた。享年21歳。8歳で天皇に即位して13年間、父の後白河法皇(第77代天皇)と義父である平清盛の政争に翻弄され続けた生涯だった。

 色白で美しい容姿だったと言われる高倉上皇。ドラマでは描かれていなかったが、なかなかの女好きだったようで中宮・徳子の他にも多くの側女がいたらしい。その中でもとりわけ入れ込んでいたのが、美貌の上に箏曲の名手であったといわれる小督局という娘だった。一説には、寵姫を亡くして悲嘆に暮れていた高倉帝を見かねて、徳子が小督を充てがったとも言われている。高倉帝の小督に対する寵愛ぶりはたいへんなものだったようである。

 これに怒ったのは義父の清盛だった。自身の娘である中宮・徳子との間にまだ皇子が出来ないのに、中宮を差し置いて小督に溺れる高倉帝に怒り狂い、小督を宮中から追い出し、東山・清閑寺で無理失理に剃髪出家させたという。『平家物語』などで伝えられる、有名な高倉帝と小督の悲恋話である(実話かどうかは定かではない)。

 そんな気の多い高倉院だったが、中宮・徳子との仲も悪くなかったようで、九条兼実の日記『玉葉』によると、高倉院の死後、清盛と時子夫妻が徳子を後白河院の後宮に入れようと画策したところ、「いっそ出家したい」とこれを拒絶したという。従順だった徳子が両親の意向に逆らったのは、後にも先にもこのときだけだったといわれる。やむなく清盛は代わりに厳島内侍との間にできた娘を後白河院に送ったが、法皇はそれほど喜ばなかったという。色好みの法皇といえども、そんなみえみえの懐柔策にのるほど愚かではなかった。

 高倉院の崩御により後白河院政の復活は避けられないものとなり、朝廷内における平家の立ち位置も微妙なものになった。清盛はその打開策として、惣官職というポストを新設して平宗盛に就かせた。この職は畿内(山城・大和・河内・和泉・摂津)と近江・伊賀・丹波の9ヵ国を統括する任で、強力な軍事指導権兵糧米の徴収権が与えられた職だといわれている。畿内を中心とする広域の軍事指導権を平家が掌握することで、朝廷内で実権の維持と、各地の反乱軍に対する牽制が目的だったようだ。

 また、福原遷都に失敗して還都した清盛だったが、今度は京の九条周辺に六波羅に続く新しい拠点づくりを開始した。この付近には九条兼実や皇嘉門院崇徳天皇(第75代天皇)の中宮)などの上級貴族の邸宅もあったが、所領の一部を強制的に没収して、武者たちの宿所にあてた。さらに安徳天皇(第81代天皇)の内裏も八条に移した。これには南都や宇治に通じる交通の要衝をおさえる戦略的な意味があったと考えられるが、あるいは福原遷都に代わる首都移転プランの一環だったのではないかという説もある。しかし、このプランが進められることはなかった。安徳天皇の八条行幸から1ヶ月も経たない治承5年(1181年)2月、突如清盛が病に倒れ、帰らぬ人になってしまったからである。清盛の死後、宗盛はふたたび六波羅を平家の拠点にした。清盛の新都構想は、またしても幻のまま終わったのである。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-12-21 01:50 | 平清盛 | Trackback(1) | Comments(0)  

平清盛 第46話「頼朝挙兵」

 「以仁王の乱」祇王仏御前の逸話については、全話の稿でほとんど述べてしまったため(参照:第45話その1その2)、今回は福原遷都について。

 平家の軍事力によって「以仁王の乱」は、発覚から10日あまりという短さで鎮圧されたが、この乱が銃爪となってか、平清盛はある大きな決断をした。鎮圧から4日後の治承4年(1180年)5月30日、とつじょ安徳天皇(第81代天皇)の福原行幸が発表されたのだ。世にいう「福原遷都」である。いうまでもなく福原には清盛の別荘があり、その近くには清盛の手によって大輪田泊が整備されている。福原は清盛の街といっても過言でなく、その地に都を移すということは、清盛が名実ともに人臣の頂に立ったということだった。当初、安徳帝の行幸は6月3日に予定されていたが、遷都に反対する声がくすぶっていたためか、予定より1日早い6月2日、安徳天皇以下、高倉上皇(第80代天皇)、後白河法皇(第77代天皇)、平家一門や公卿たちとともに福原に向かった。

 しかし、「遷都」と呼ぶにはあまりに衝動的で無計画なものだったようで、安徳帝は清盛邸、高倉院は清盛の弟・平頼盛邸が仮の御所に充てられ、随行した人々は宿所が足りず、路上に座り込むありさまだったいう。本来であれば、新都を整備したうえで天皇の行幸を仰ぐのが遷都の手順であろうが、清盛の行った遷都は、まず天皇の移住ありきで、そののち新都を建設しようという、これまでの清盛らしからぬ無計画なものだったようだ。そんな状態であったため、遷都に対する反対派の声は日増しに大きくなっていった。新都の建設地も二転三転し、迷走のすえ、ようやく結論が出たのは1か月半後。とりあえず平安京を残したまま福原をしばらく皇居とし、道路や宅地を開発していくという路線に落ち着く。遷都を進めたい清盛と、平安京を維持したい反対派の双方の顔を立てる妥協的な結論だった。

 清盛がなぜ遷都に思い至ったかについては、さまざまな理由が考えられるが、一番の狙いは、平家の血を引いた安徳天皇を始祖とする「新王朝」の幕開けを見据えてのことだったのだろう。京都が都である限りは、摂関家藤原氏をはじめとする公家を無視して国政を運営することはできず、また、興福寺東大寺延暦寺といった大寺院の影響力も大きい。こういった点を勘案した清盛は、「新しい時代の国政を展開するには、遷都以外に道はない!」・・・そう考えたのではないだろうか。当然、激しい反発は予想していただろう。なんといっても平安京には、古より継承された歴史と伝統が刻み込まれている。しかし、清盛にとってその伝統は、武士が貴族の武力として利用され続けた屈辱の歴史でしかなかったのだろう。ドラマの表現を使えば、「王家の犬」の歴史である。平安京の歴史は貴族の歴史であり、清盛の目指した「武士の世」を作るには、歴史と伝統は悪しき旧弊でしかなかった。清盛の目指した遷都は、旧弊を払拭した新しい国家体制を宣言する・・・そのためには、遷都という荒療治が必要だったのだろう。ただ、計画があまりにも衝動的でずさんすぎた。

 桓武天皇(第50代天皇)により建都されて以来、380年以上日本の都として栄えた京都を捨て、辺鄙な福原に遷都したことを、『平家物語』「平家の悪行の極み」と評している。遷都の着想自体が悪行だったかどうかはわからないが、もし悪行だとするならば、計画のずさんさにあっただろう。清盛は何を焦っていたのだろうか・・・。

 「助けてくれ・・・誰か、助けてくれ・・・。暗闇ばかりじゃ・・・ここからの眺めは。果てしない・・・暗闇。手に入れても手に入れても、光は・・・光には・・・届かぬ・・・。」

 上りきったその果ての景色とは、どうやら孤独の暗闇だったようだ。孤独が清盛を狂気にさせた・・・? 古今東西、多くの独裁者がたどり着いたであろう境地に清盛も立っていた。頂に立つ者の孤独は、頂に立ったことのある者にしかわからないのだろう。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-11-26 20:45 | 平清盛 | Trackback(2) | Comments(2)  

平清盛 第43話「忠と孝のはざまで」

 一週間遅れのレビューです。

 平清盛にとって娘の徳子高倉天皇(第80代天皇)の皇子を生み、天皇の外祖父になることが大きな願いであったが、徳子が入内してから2年、3年と過ぎても一向に懐妊の兆しはなかった。この結婚が朝廷と平家を結びつける重要な意味を持つことは高倉帝自身も承知のことだったが、いかんせん高倉帝はなかなかの女好きだったようで、次から次へと側女を作り、子どもまでもうけてしまう高倉帝の行動に(幸運にもみな皇女だった)、清盛は気をもんでいたに違いない。徳子の懐妊が知らされたのは、入内から7年が過ぎた治承2年(1178年)6月のことだった。

 徳子のお産はたいへんな難産だったらしい。出産に際しては、後白河法皇(第77代天皇)も一僧侶として祈祷に加わったという逸話も残っている。前年に鹿ヶ谷事件があり、清盛と後白河院の関係は修復不可能な程に悪化していたが、それでも皇子の出産をひたすら祈った後白河院の胸中は、どのようなものだったのだろう。一方の祖父である清盛はというと、ただうろたえるだけだったという。『平家物語』によると、一向に進まないお産に清盛は途方にくれ、人が何かを言っても「とにかくよきにはからえ」と言うのがやっとだったとか。やがて重衡が皇子出産の報を告げると、清盛は感極まって大声で泣いたという。いかに清盛がこの日を待ち望んでいたかがうかがえるエピソードである。皇子は言仁(ときひと)と名付けられ、翌月には早くも皇太子にたてられた。誰にとっても孫は可愛いものなのだろうが、清盛にとっては外祖父の地位が約束されただけに、ことのほか皇子が愛おしく思えたのだろう。

 後白河院を幽閉しようとする清盛に対して、嫡男・平重盛が涙ながらにその不忠を諌め、清盛を思い止まらせたという逸話は、『平家物語』に見られるエピソードである。ドラマでは言仁親王を皇太子に立てたあとに、「機は熟した」として法皇を捕らえるよう号令を発していたが、『平家物語』によると、鹿ヶ谷事件の際に怒りに任せて行おうとした暴挙として描かれている。臣下である清盛が法皇を幽閉するなどの不忠が許されるはずもないが、清盛のあまりの剣幕に圧倒され、平家一門だれひとり異を唱える者がいなかった。『平家物語』の「教訓状」によると、平家一門がみな甲冑に身を纏うなか、重盛はやや遅れて平服で伺候し、こう述べたという。
「悲しきかな、君の御為に奉公の忠を致さんとすれば、迷盧八萬の頂よりもなほ高き父の恩たちまちに忘れんとす。痛ましきかな、不孝の罪を遁れんとすれば、君の御為には、不忠の逆臣ともなりぬべし。進退これ窮まれり。是非いかにもたとえ難し。申請る所詮は、唯重盛が頸を召され候へ。」
(法皇に忠義を尽くそうとすれば親不孝となり、親不孝をしてはならないと思って行動すれば不忠者となってしまいます。進退は極まりました。もはや私の首をはねていただくしかありません。)


 この重盛の涙ながらの懇願に追い詰められた清盛は、自分の非を認めてほこを収めるしか術はなかった・・・というのが、『平家物語』に記されたエピソードで、ドラマでも採用されていた筋立てである。ただ、『平家物語』は清盛の暴君ぶりを誇張した物語で、その対比として重盛が必要以上に聖人君子として描かれているきらいがなくもない。実際に清盛は重盛の病没後に後白河院の幽閉を実行しており、その伏線として、清盛の横暴ぶりを際立たせるために作られた話だと見る人も多いようだ。ただ、このような重盛像は全くの虚像でもなく、『愚管抄』では「小松内府ハイミジク心ウルハシクテ」と述べられており、その他、当時の公家の日記などにも、重盛の人物を高く評価する記述が認められる。『平家物語』で見られるような聖人君子だったかどうかはわからないが、誠実で立派な人物ではあったようだ。

 ちなみに、このとき重盛が発した言葉、「忠ならんと欲すれば即ち孝ならず」は、明治維新以後の国定教科書に記載されることとなる。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-11-12 00:09 | 平清盛 | Trackback | Comments(0)  

平清盛 第41話「賽の目の行方」

 建春門院滋子の崩御をきっかけとして、栄華を極めていた平家一門の前途に暗雲が漂いはじめる。事実、滋子の崩御後、後白河法皇(第77代天皇)は側近の藤原成親平康頼西光俊寛らを重用するようになり、次第に平家を疎んじるようになっていった。法皇の後ろ盾を頼りに出世を狙う近臣たちにとっては、平家の専横を崩すチャンスが巡ってきたように思えたかもしれない。

 滋子の崩御後まもなく、仏門に入っていた後白河院の第九皇子第十皇子を還俗させ、高倉天皇(第80代天皇)の猶子としたのはドラマのとおりである。後白河院にしてみれば、高倉帝が成人して自分の意志で政治を行うようになる前に退位させ、自身の意のままになる幼帝を立てて政治権力を維持しようとしたか、あるいは平家の血を引く帝の出現を阻もうとしたのか、いずれにせよ、高倉帝退位工作の一環であったことは間違いないだろう。しかし、平家にしてみれば高倉帝の中宮である徳子に皇子が生まれる前の退位は、絶対に認められるものではなかった。そんなこともあって、清盛、後白河院の両者の対立はいっそう深まっていく。

 反平家の機運が高まるなか、治承元年(1177年)3月に事件は起きた。のちの「鹿ヶ谷事件」の前哨戦とも言うべき「比叡山の強訴」である。ことの発端は、加賀守・藤原師高の弟で目代(国守に代わって現地に赴任する代官)を務める藤原師経が白山中宮の末寺・湧泉寺(ゆうせんじ)とイザコザを起こし、師経が末寺を焼き払ったことにあった。怒った白山衆徒は本寺である比叡山に訴え、これを受けた延暦寺の山門衆徒は師高・師経の解官と配流を求めて強訴の挙に出る。だが、師高・師経は後白河院の側近中の側近・西光の息子であったため、後白河院は師経だけを罰して事態を収拾しようとした。西光という人物は、もとは信西の家人で俗名を藤原師光といったが、信西が死んだのち出家して後白河院に仕え、「法皇第一の近臣」と言われるまでのし上がった人物である。

 しかし、延暦寺側は後白河院の処分に納得せず、4月13日には七基もの神輿を担ぎだして高倉帝の閑院内裏に押し寄せた。このとき、内裏を警備していた平重盛の軍兵の放った矢が神輿のひとつに命中し、延暦寺の衆徒にも死傷者がでる事態に発展した。怒った大衆は神輿を放置して帰山。しかし、武力攻撃を命じたのが後白河院自身であったということを知った大衆は、ふたたび強訴を行う姿勢を見せる。やむなく朝廷は祇園社に神輿を預けて対応を協議、師高の尾張国への配流を決定し、神輿に矢を射た重盛の家人を監獄へ送った。結局は大衆の要求を全面的に受諾することで事件は決着する。

 この事件に際して、平清盛と延暦寺が何らかの気脈を通じたいたという見方はあるようだが、師経が白山の末寺と起こしたイザコザまでもが清盛の仕組んだことだったというのは、ドラマの創作だろう。師経と延湧泉寺とは、かねてから所領問題でもめていたようだ。ただ、この事件の2ヶ月後に起きた「鹿ヶ谷事件」は、清盛が反平家勢力を一掃するために仕組んだ演出だったという見方が強い。おそらくはその伏線として、本話の設定となったのだろう。

「当人同士の思惑に関わりなく、たまたま出た目に突き動かされるが、双六というもの。おのれの番が巡って来た時に、よりよい目を出すよりほかに、勝つ道はござりませぬ。」
 乙前が後白河院に対して言った台詞。清盛と後白河院の出した賽の目の行方は・・・?
「賽の目は、目まぐるしく変わるものぞ・・・あがりじゃ。」
 このときの清盛の政治力は、たとえ相手が治天の君であっても敵ではなかった。あるいは賽の目さえ自在に操れたのかもしれない。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-10-22 23:21 | 平清盛 | Trackback(1) | Comments(0)