タグ:高台院 ( 4 ) タグの人気記事

 

SMAP解散の舞台裏に見る、関ケ原の戦いと女の確執。

世間がリオデジャネイロオリンピックに熱狂している真っ只中、SMAP年内解散が発表されましたね。

まあ、今年の1月の騒動がありましたから、「やっぱりな」といった感じで特に驚くことはなかったのですが、それでも、オリンピック前の27時間TVで中居正広さんが明石家さんまさんから釘を刺されていたのを観てると、どうにかこうにか修復されつつあるのかなあと思っていたんですけどね。

彼らも全員40前後の大人ですから、自分たちがどれだけ大きな存在で、自分たちで飯食ってる人たちが大勢いるということを理解したうえで、感情的にならず、大人としての対応ができているものだと・・・。

残念ですね。

わたしは、とくに彼らのファンと言うわけでありませんが、なんなんでしょう?、この得も言えぬ喪失感は・・・。


そもそもの発端は、事務所内の女性副社長と敏腕女性マネージャーの確執に巻き込まれたかたちで、グループ内に軋轢が生じたということだそうですよね。

ゴシップ誌などの記事がどこまで鵜呑みにできるのかはわかりませんが、関係者サイドが特に否定していないところを見ると、大筋は事実なんでしょう。

そこで不思議に思うのは、なんで、これほどまで裏事情が明かされているのか?・・・ってことです。

過去、グループの解散というのは数多くありますが、大概の場合、「音楽性の違い」とか「次のステップを目指して」とか、もっともらしい理由付けで解散しますよね。

でも、実際にはそのほとんどがグループ内の人間関係が理由で、ファンもそれはわかっていて、あえてそこを突っ込まず、所属事務所も、解散後の個々の活動のためにも、なるべく綺麗な終わり方を演出するんですよね。

それが、普通だと思います。


ところが、今回のこの醜さはどうでしょう?

想像するに、芸能界一力を持つというジャニーズ事務所ですから、その気になれば、裏事情をもみ消すくらい、たやすいことなんじゃないでしょうか?

それが、このたびのこの筒抜け状態

なんか、あえて裏情報を流しているとしか思えないんですが・・・?

事務所的には、この数ヶ月再三彼らを説得したけど、当人たちの意思がつよくて事ここに至ってしまった・・・と。

だから、事務所的には、最善を尽くしており、悪いのは彼らだ・・・と。

それが言いたくて、わざと裏情報をリークしているんじゃないか・・・と。

穿ちすぎですかね?


この間、もし解散を思い留まるよう彼らを説得できた人がいたとしたら、退社したという女性マネージャーしかいなかったのでしょうが、たぶん、それなりに説得はしたんでしょうが、心の底から説得したかといえば、してなかったんじゃないかと・・・。

だって、彼女は追いだされた身でしょう?

今回の解散発表に至って、どこか痛快に思う気持ちがあるんじゃないですかね?

ほら、やっぱりわたしがいなけりゃSMAPはまとまらないでしょ!・・・的な・・・。

これまた穿ちすぎですかね?

でも、人間ですから、そう思って当然だと思いますけどね。


e0158128_17194731.jpg女性同士の確執
に男たちが巻き込まれた例は、歴史のなかにも存在します。

その最も大きなものとしては、慶長5年(1600年)9月15日に起きた、天下分け目の大戦「関ケ原の戦い」でしょうね。

徳川家康を大将とする「東軍」と、石田三成を中心とする反徳川勢力の「西軍」合わせて20万の兵が激突した、言わずと知れた日本史上最大の内戦ですが、この背景には、実は旧豊臣政権を二分する女の確執があったといいます。

その頂点にいたのが、豊臣秀吉の正室・お寧(北政所・高台院)と、同じく秀吉の側室・茶々(淀殿)でした。

子宝に恵まれなかった北政所と、世継ぎを生んだ淀殿は、秀吉の生前から微妙な関係となりますが、秀吉の死後、その確執は表面化し、側室の淀殿が大坂城を実質掌握し、正室であるはずの北政所は、本丸から西の丸へ移り、やがて大坂城を退去して京都の新城に移り住みます。

経営者よりも敏腕マネージャーのほうが影響力を持ってしまったというジャニーズ事務所の関係性と似てますよね。


e0158128_17203474.jpgこの二人の確執に、秀吉子飼いの大名たちが分裂します。

尾張時代から秀吉に仕え、北政所を母のように慕っていたという加藤清正福島正則らは、必然的に北政所側となり、秀吉が近江長浜城主となってから仕えた石田三成小西行長らは、同じく近江の浅井家の血を引く淀殿に接近します。

もともとこの尾張派近江派は折り合いが悪かったのですが、この北政所と淀殿の対立に便乗するかたちで、より関係は悪化していき、やがて、尾張派は東軍に与し、近江派は三成を大将として西軍となります。

家康にしてみれば、この対立を上手く利用して天下を取ったといえます。


結果は周知のとおり東軍の勝利となり、三成、行長ら近江派は斬首されます。

この戦いで分裂した豊臣政権は屋台骨が崩れ、やがて、滅亡の道をたどることになるんですね。

北政所も淀殿も尾張派も近江派も、豊臣家の存続という目的は一致していたはずが、確執による派閥闘争弱体化を招き、結局は、誰も望まない末路となったわけです。

ちなみに、家康に加担した尾張派も、加藤清正はのちに謎の死を遂げ、福島正則はあらぬ嫌疑をかけられて改易となります。

結局、誰ひとりハッピーエンドになっていません。


副社長と敏腕マネージャーの確執に始まり、それが引きがねとなってグループ内に軋轢が生じ、分裂解散となった今回のSMAP騒動。

結局、誰も得しない結果になるんじゃないでしょうか?

あるいは、ジャニーズの弱体化を虎視眈々と狙っている徳川家康がいるかもしれませんよ。

歴史は教えてくれます。

温故知新です。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-08-25 03:07 | 芸能 | Comments(2)  

大坂の陣400年記念大坂城攻め その3 ~西の丸~

大手口を入るとすぐに、西の丸庭園があります。
古く豊臣時代の西の丸には多くの御殿が建ち並び、豊臣秀吉没後、慶長4年(1599年)には秀吉の正室である北政所が一時ここで暮らし、その後、慶長5(1600年)の関ヶ原の戦いまでは、 徳川家康が移り住んでいたことはよく知られていますね。
現在、入口は庭園南側の冠木門のみとなっています。

e0158128_14592826.jpg

総面積約6万4千平方メートルの芝生庭園となった西の丸は、現在は大阪市民憩いの場所として親しまれ、春には桜の名所として多くの人が訪れます。

e0158128_1524720.jpg

その桜並木です。
といっても、桜が咲いてないとただの樹木ですが(笑)。

e0158128_156672.jpg

庭園西側から見た天守です。

e0158128_156231.jpg

ズームするとこんな感じ。
この天守に淀殿豊臣秀頼が住んでいて、北政所はこうして天守を見上げながら暮らしていたんですね。
小説などでは、自ら望んで西の丸に移住したように描かれたりしていますが、実際には、どんな気持ちで天守を眺めていたのでしょう。
もっとも、豊臣時代の天守と今の天守は、大きさも外観もまったく違うものですが。

e0158128_159821.jpg

西の丸庭園と本丸とのあいだは、こんなに大きな内堀高い石垣で仕切られています。

e0158128_15134731.jpg

こちらは庭園南西から撮影。
向こうに見えるビル群は、大阪ビジネスパークです。
江戸時代と現代の建築技術の粋をあつめた、大いなるミスマッチです。

e0158128_15154078.jpg

庭園内にある大阪迎賓館です。
これは、平成7年(1995年)のAPEC大阪開催の際に建てられたもので、史跡ではありません。

e0158128_151855100.jpg

その北側には、重要文化財に指定されている焔硝蔵という建物があります。
ここは徳川時代の火薬庫で、この中に大量の黒色火薬が保管されていたそうです。

e0158128_1524576.jpg

北側の高麗門です。
現在は開放されていません。

e0158128_15254276.jpg

重要文化財の乾櫓です。
「その1」で外堀側から見た乾櫓を紹介しています。

e0158128_15255340.jpg

こちらは重要文化財の千貫櫓です。
これも、「その1」で外堀側から見た千貫櫓を紹介しています。

e0158128_1527395.jpg

西の丸から見下ろした外堀です。
やっぱデカイですね。

e0158128_15291492.jpg

徳川時代に入り、元和5(1619)年に内藤信正が初代の大坂城代となり、翌年に西の丸はすっかり築き直されたそうです。
その後、明治維新まで70代の城代が、交代で管理にあたってきました。
明治以降は軍用施設として使用されていたそうですが、昭和40年(1965年)に西の丸庭園として開園したそうです。

次回は、二の丸に攻め込みます。

大坂の陣400年記念大坂城攻め その1 ~外堀~
大坂の陣400年記念大坂城攻め その2 ~大手口、搦手口~
大坂の陣400年記念大坂城攻め その4 ~二の丸・豊国神社~
大坂の陣400年記念大坂城攻め その5 ~石山本願寺推定地の碑と蓮如上人袈裟がけの松~
大坂の陣400年記念大坂城攻め その6 ~内堀~
大坂の陣400年記念大坂城攻め その7 ~刻印石、巨石~
大坂の陣400年記念大坂城攻め その8 ~本丸~
大坂の陣400年記念大坂城攻め その9 ~天守閣~
大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~
大坂の陣400年記念大坂城攻め その11 ~城中焼亡埋骨墳~

大坂の陣ゆかりの地めぐりシリーズも、よければ。
   ↓↓↓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2015-07-23 15:30 | 大坂の陣ゆかりの地 | Comments(0)  

江~姫たちの戦国~ 第21話「豊臣の妻」

 後陽成天皇聚楽第行幸したのは天正16年(1588年)4月14日のこと。豊臣秀吉が聚楽第をつくった目的は京都における政庁を作るためだったが、ドラマの台詞でもあったように、天皇の行幸も目的のひとつだったといわれる。行幸に際して秀吉は、室町将軍のときの先例を無視して、内裏に御迎(おむかえ)に参上した。秀吉は、桐紋の牛車に乗って、天皇の乗る鳳輦と向かいあう形で進んでいったという。その光景を見た当時の人々の目には、まるで天皇と秀吉が同格のように映ったかもしれない。その光景は、近年公開された「聚楽第行幸図屏風」で詳しく知ることができる。↓↓↓
e0158128_21482523.jpg

e0158128_21484233.jpg

 秀吉の参内から天皇の行幸まで、豪華絢爛のなかにも、極めて緊迫した空気の中で進められた。厳重な警固が張られ、行幸に際しては、内裏から聚楽第までわずか15町ほどのあいだに6千人の武士が張りついて警備にあたった。屏風絵に描かれた武士たちは、いずれも脇差しすら着けていない。現代でも、国賓級のVIPには政府あげての厳重な警備で迎えるのは当然のこと。この天皇行幸の際の行列によって秀吉は、豊臣政権の権威をより一層世間に知らしめることに成功した。

 秀吉は趣向のかぎりを尽くして後陽成天皇をもてなした。そのあまりの楽しさのため、当初3日間の予定だった天皇の聚楽第滞在は、天皇の意向で5日間に延長されたほどだった。さらに後陽成天皇は、このときの楽しさがよほど心に残っていたのか、この4年後にも再び聚楽第に行幸している。秀吉がいかに接待上手であったかが窺えるエピソードだ。

 お茶々が秀吉の側室となり、さらには秀吉との子供を身ごもったことを許せないお江。お茶々が最初の子・鶴松(お捨)を生んだのは天正17年(1589年)のことなので、今話の設定はその同年初旬、もしくは前年で、お江は15歳か16歳。一度は結婚経験があるといってもまだ子供で、ドラマのような感情であってもおかしくはないように思う。母・お市を亡くして4年。お初が嫁いでしまったあと、お江にとってお茶々は側にいるたったひとりの肉親であり保護者で、秀吉に姉を奪われた思いだったかもしれない。

 許したいけど、許せない・・・。それは、その人のことが大切な存在だからこその感情。たとえば夫婦、親子、兄弟、親友、恋人。どうでもいい間柄の相手であれば、価値観の違いと割りきって向き合えるものである。大切な存在だからこそ、価値観の違いを認められない。でも、本音は許したい。そんな思い、誰でも一度や二度は経験があるのではないだろうか。ドラマのように、お江が秀吉を親の仇として憎んでいたかどうかはわからないが、この数年前のお江の結婚と離縁の経緯を思えば、決して快い存在ではなかっただろう。そんな秀吉と、もっとも大切な姉が結ばれた事実。それを知ったときのお江の感情は、遠からずではなかっただろうか。

 もう一人、お茶々の妊娠に穏やかではいられない女性、秀吉の正室お寧こと北政所
 「秀吉の側室たちに寛大でおられたのも、その中の誰にも子ができなかったからじゃ。己の醜さ、小ささをまざまざと見せつけられた気がした。」
 武将が側室を置くのは、この時代、子どもが夭逝せずに成人するのは簡単ではなく、ひとりでも多くの子供を作るためである(ただ、秀吉の場合は無類の女好きでもあったようだが・・・)。生涯、子宝に恵まれることがなかった北政所としては、正室の立場として側室の妊娠を喜ばなければならない。生まれた子が男子ならば、世継ぎとなるわけである。しかしそれは、当時の倫理であって感情ではない。正室の自分ができなかったことを、若い側室が成し遂げたとあっては、素直に喜べない複雑な思いに打ちひしがれたことだろう。その感情に、戦国の世も現代も関係ない。
 「体をいたわり、丈夫な子を産んで下され。ややのこと嬉しゅう思うております。」
 「ありがとう存じます。」
 「礼を言うのはこちらじゃ。豊臣の子を産んで下さるのですから。豊臣の子を産むのは、お嫌か?」
 「いいえ。どの家に生まれようと、この子が私の子であることに変わりませぬゆえ。」
 「思い違いなきように。そなたの子であるとともに、そこにおるややは豊臣の子にございます。」
 「それともう1つ茶々殿は秀吉の側室ではありません。すでに秀吉の妻。豊臣の家を守るのが私。豊臣の子を産み育てるのが茶々殿。役目の異なる妻と心得なされませ。同じ妻としてこれからはよろしゅうたのみます。」
 お茶々と北政所の会見、見応えがあった。もちろん、全てはドラマの創作だが、実際にもこのような会話があったかもしれない・・・と思った。一見、北政所が謙ってお茶々を同格扱いしているようにも聞こえるが、聞きようによっては、「豊臣の正室はあくまで私で、あなたは子供を産み育てるだけでいい。」と言っているようにも聞こえる。その微妙な感情を台詞の中に含ませる演技は、さすがは大女優、大竹しのぶさんだ。

 お茶々と北政所の微妙な関係については、また折をみて・・・。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-06-06 22:02 | 江~姫たちの戦国~ | Comments(0)  

天地人 第31話「愛の花戦」

 子が出来ない苦しみ、子を亡くした悲しみ。平成の現代にも通ずる非常にデリケートな内容である。正室でありながら世継ぎを授かることの出来ない菊姫と北政所。
「昔は我が身を恨んだものだが、我に果たせぬことは他に任せればよい、我は我の務めに精一杯励めばよい、そう考えれば気が楽になる。」
 同じ境遇にありながら、北政所のかけた気遣いの言葉は菊姫の心を逆撫でしただけだった。たとえ共感できる立場にあっても、同情から出た言葉はときに癪に触るもの。

 一方で実子鶴松を亡くした悲しみが癒えぬ淀殿と、その彼女を励ました菊姫との間に信頼関係が生まれる。正室と側室。子が出来ない身と子を亡くした身と、立場は全く違っても、相手の身になって出た言葉は胸に響くものである。淀殿と菊姫の心が通じ合った。一方で菊姫と北政所の間には深い溝が出来た。これは後の関ヶ原に向けての脚本上の伏線だろうか・・・。

 「ヒメサユリ」をめぐった淀殿と北政所の「花戦」。これと似た話が佐々成政の逸話にある。成政が北政所に対して珍しい花として「クロユリ」を献上する。北政所は大いに喜び一輪の花を銀の花入れに活けて茶会を開き淀殿を招く。それを事前に知った淀殿は、「クロユリ」を大量に取り寄せ廊の竹筒に無造作に生け捨てにした。成政は北政所の怒りをかい切腹させられる。・・・と、いうエピソード。この逸話が実話かどうかはわからないが、今話の「ヒメサユリ」の話はこのエピソードをモデルにしたものだろう。

 何故今話でこの「花戦」を題材にしたのか。それは朝鮮出兵を憂う景勝の言葉にあった。
「これではおなごの花戦とかわらぬ。珍しい花を集めては優劣を競うという・・・勝ったとて如何ほどのこともない。もっともこの戦ははるかにたちが悪いがのう。」
 義を重んじ、正義の戦を重ねてきた上杉。豊臣政権における最大の愚策と言われる朝鮮出兵で、数ある大名の中でも最も憂いていたことだろう。景勝の言葉どおり、「花戦」である。私たちの社会でも、納得できない仕事を任され、それでも立場上職務を遂行せねばならないときがある。身にならないと思える仕事でモチベーションを保つのは難しいことである。そんなとき自分を心を揮わせるのは、兼続の言ったとおり、「家族」や「愛する人」の存在しかないと私も思う。

 余談ですが・・・。ドロンジョ・・・じゃなくって深キョン演じる淀殿。結構ハマり役だと思っているのは私だけだろうか・・・?


ブログ村ランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-08-04 01:34 | 天地人 | Comments(0)