タグ:鳩山由紀夫 ( 6 ) タグの人気記事

 

無能な総理の去就を、無節操な政争の道具にする、無駄な政治屋たち。

二転三転した内閣不信任決議案でしたが、結局は大差で否決、その条件として、当面は菅直人首相が続投するものの、「一定の目処がついた時点で身を引く」といった、任期中の首相が近い将来の辞任を約束するという何とも曖昧な着地点で合意を見たようです。
しかし、そもそも菅内閣では一向に復興に向けての目処がつかないといった理由での不信任案だったはずで、一定の目処がついたら辞任というのも可笑しな話。
結局は茶番だったと言わざるを得ません。

菅首相ではどうにも埒があかない、といった思いは、多くの国民が抱いている感情だと思いますが、戦後最大の国難と言われる今、解散総選挙を行うことが得策ではないことも、誰しもがわかることだと思います。
では内閣総辞職をすれば・・・、多数の造反議員を出してのそれは、与党分裂を意味し、政界再編となりいたずらに政局を滞らせることになるだけで、これも得策ではないでしょう。
野党である自民党の谷垣禎一総裁も、不信任案を出したはいいけど、可決した後のビジョンが何も描けていないようでは、これも無能ぶりを露呈しただけと言わざるを得ません。
結局は、納得はいかないものの、これしか落としどころがなかったということでしょうか。
今はただ、被災地や震災復興を無視した政治ゲームが短期で終わってくれたことに、感謝するほかありません。

ただ、これで一件落着とはいきません。
近い将来の辞意を表明した首相が、長くその椅子に座り続け外交の場などに出ることは、あってはならないでしょうし、私個人的にも、菅氏のこれ以上の続投は御免こうむりたいです。
一刻も早く、円滑に引き継ぐべきだと思いますが、この“円滑に”というのが、まず難しいでしょうね。
今回の件で、やはり、小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前総理を無視した党運営が不可能であることを思い知らされたでしょうし、それに真っ向から対峙する岡田克也幹事長も、いまだ青臭さを拭いきれません。
結局は、「復興に向けて誰が首相の座に適任か」という人選ではなく、「党運営のためには誰が最も無難か」といった人選になるでしょう。
不信任案は否決されましたが、与党内での政争はまだまだ着地点が見えません。
正直、ウンザリですね。

それにしても、政争をしているときの政治家というのは、みんな目が輝いていますね(笑)。
震災対策や原発問題にあたっているときの死んだような目とは別人のようです。
きっと彼らにとって、この時間こそが“政治”なんでしょう。
つまりは、国民の側を向いた仕事などしていないということです。
使い古された表現ですが、永田町でバッジを着けているのは政治家じゃなく、政治屋だ・・・と。
どうすれば彼らを、国のために働かすことができるのか・・・私たち国民一人ひとりが、真剣に考えていかなければならないときがきているのかもしれません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


以下、共同通信記事本文引用
***************************************************************************
菅内閣不信任案を否決 首相、退陣年明けも
 衆院は2日午後の本会議で、自民、公明、たちあがれ日本の3党が提出した内閣不信任決議案を反対多数で否決した。菅直人首相が採決前、東日本大震災復興や福島第1原発事故収束に「一定のめど」がついた段階での退陣意向を示したことを受け、民主党からの大量造反は回避された。ただ首相は夜の記者会見で、来年1月ごろを想定する原発の冷温停止実現まで続投したい考えを明言した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110602-00001020-yom-pol
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-06-03 02:02 | 政治 | Trackback(2) | Comments(2)  

小鳩政権の終焉。

鳩山由紀夫首相が辞意を表明した。
普天間基地移設問題に端を発し、社民党の連立離脱に至り、党内からも退陣を求める声が高まり万策尽きたといったところだろうか。
同時に小沢一郎幹事長を道連れにしたのは、総理として最後の大仕事だったと思う。
今朝の主要新聞は皆「鳩山総理続投」となっており、今日の退陣を予想している報道はなかった。
想像するに総理の辞意は数日前から固まっていて、いかにして小沢氏と刺し違えるかを模索していた数日間だったのだろう。
それとも二人して辞めることが、もっとも効果ある参院選対策と考えてのことだろうか。
いずれにしても、とき既に遅しの観は否めない。
辺野古移設の声明を発した段階で辞任していれば、「沖縄の方々に嘘をつく結果となってしまったことへの責任」という理由付けも成り立ち、少しは名誉挽回になったかもしれない。
ことここに至っての辞任は参院選対策のなにものでもなく、選挙のための首のすげ替えは、旧政権以来、国民ももうウンザリしている。
「政治家の、政治家による、選挙のための政治」はもういい加減にしてほしい。
内閣総理大臣は政府を代表する最高の執政官、行政府の長官であって、選挙の顔ではない。
この辺が、議院内閣制の限界、もっといえば民主主義の限界といえるだろう。

鳩山首相の辞任会見の中で驚いたのは、普天間問題に言及して、
「今は日米安保を大切にしていかなければならないが、将来的には我が国独自で国家の安全を守っていかねばならない。」
という大胆な発言をされていたこと。
辞めることが決まっているから言えることだとは思うが、本気でこの人はそう思っていたようだ。
これはとり方によっては非常に危険な考えでもあり、しかし、永久にアメリカが日本を守ってくれるという保障は何処にもなく、これをきっかけに国民全体で考えていかなければならない問題だとは私も思う。
しかし、現段階では触れてはいけない地雷を踏んでしまった。
愚論だったのか正論だったのかは、後の世になってみないとわからない。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


下記、記事本文引用
***************************************************************************
鳩山首相、退陣表明 小沢幹事長も辞任
 鳩山首相(63)は2日、民主党両院議員総会で、米軍普天間飛行場の移設問題をめぐる社民党の連立離脱など政権運営の混乱の責任を取り、退陣する意向を表明した。首相は同党の小沢幹事長にも辞任を求め、同氏が了承したことも明らかにした。昨年9月の政権交代から8カ月余りでの退陣となる。鳩山内閣は近く総辞職する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000517-san-pol
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-06-02 17:24 | 政治 | Trackback(2) | Comments(0)  

抑止力の低下。

もめにもめた普天間基地移設問題
結局、旧政権の現行案どおり、辺野古への移設と正式に発表された。
「最低でも県外」という鳩山総理の出来るはずもない浅知恵発言から8カ月。
この迷走で得たものは、米国を怒らせ、沖縄県民を落胆させ、移転候補地の人々の不安を煽り、近隣諸外国に侮られるといった、誰一人得をする者はないという最悪のものだった。
このたびのことで改めて考えさせられた国防と抑止力の重要性
米軍基地の存在が抑止力ではない。
日米安保そのものが我が国にとって最大の抑止力であって、基地はその象徴にすぎない。
実際に基地が、その力を発揮するような事態が起こってはならないのだから・・・。
日米関係が良好であってこその基地であって、その関係に暗雲が立ち込めるということは、辺野古であっても県外であっても、その抑止力としての効力が低下するということだ。

このたびの騒動によって、その日米関係の不安定さを諸外国にさらすこととなった。
世界一危険といわれる普天間飛行場。
移設によって、その近隣住民の方々の安全は確保されることだろう。
しかし、それと引換に全国民を危険にさらした現政権の責任は大きい。
どう、おとしまえをつけるのか!


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


下記、記事本文引用
***************************************************************************
日米、普天間の辺野古移設を発表 埋め立て軸に調整
 日米両政府は28日、米軍普天間飛行場移設に関する共同声明を発表。移設先をキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)と付近の海域と明記。同沿岸部を埋め立てる現行計画の3年近くに及ぶ環境影響評価手続きを遅らせないとして移設地域を限定した。ほぼ現行計画通りの埋め立て構想を軸に調整、8月中の工法確定を目指す。発表に先立ち鳩山首相とオバマ米大統領は電話会談し、共同声明の内容を確認した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000523-san-pol
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-05-28 14:16 | 政治 | Trackback(1) | Comments(2)  

愚かな総理。

「確かに私は、愚かな総理かもしれません」
平野官房長官は鳩山首相のこの発言を「謙虚さの表れだ」と擁護したそうだが、そうは思えない。
腐っても一国の首相である以上、外国の新聞社にこき下ろされた程度のこと、強く否定して嘘でも「訴えてやる!」ってなぐらいの気概を見せてもらわないと、とても国を任せようとは思えない。
「辺野古に決めていれば、どんなに楽だったか」
首相の答弁に「泣き」が入ってはおしまいだ。
「職を賭してまでやりぬく気持ちはあるのか」と谷垣さんに迫られていたが、職を賭すも賭さないも、どういう着地点に収まろうが、どのみちこの普天間問題の着地点が鳩山総理の終着点になることは免れないだろう。

そもそも誰が考えたって、丸く収まる着地点なんてあるはずがないこの普天間移設問題。
なんでこんなバカげた公約をしちゃったんだろう。
長年の沖縄の人の苦労は察して余りあるが、だからといって「じゃあうちが引き受けましょう。」なんて声があるはずもないわけで、そんなことは子どもでもわかること。
候補地の理解を得られるはずもなく、腹案をハッキリ示せないのは、アメリカに首を縦に振って貰える場所を模索しているだけで、結局は地元の声なんて何も聞いちゃいない。
もう、「ゴメンナサイ」するしか道はないんじゃない?

この期に及んでまだ「国外移設」なんて出来もしないこといってるみずほちゃん。
予想は出来たことだが、やっぱり社民党とお手々つなぐこと自体無理があったね。
政権を円滑に運営するために手を結んだのに、逆に政権の起爆剤になってしまった社民党と普天間移設問題。
今更ながら、やっぱり民主単独政権で行くべきだったんじゃない?
「参院選で勝たせてもらうまで、もうしばらく待ってください。」ってな具合であくまで単独政権で臨んでいれば、この1年はたいしたことは出来なかったにせよ、ここまで支持率を落とすこともなっかっただろうし、この普天間移設問題もここまでこじれることもなかっただろうに・・・。

民主党政権の終焉もそう遠くなさそうだが、お相手の自民党も空中分解寸前の状態。
米軍基地の移設先以前に、日本国自体の着陸する滑走路が見当たらない。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


下記、記事本文引用
***************************************************************************
「確かに私は、愚かな総理かもしれません」

 21日の党首討論の冒頭、鳩山首相はこう語った。

 自民党の谷垣総裁が取り上げた米紙の報道を引いた言葉だったが、議場は野党議員らのヤジで騒然となった。
 首相は沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題でも「愚直」という言葉を使い、謙虚さをアピールしたが、口ぶりとは裏腹に、発言の内容は「開き直り」「責任転嫁」の連発だった。
 訪米中にオバマ米大統領と10分間の非公式会談しかできなかったことは、「政府の案が決まっていない段階で、あまり長い話をするよりも10分間が良いと、大統領が判断された」と、人ごとのように語った。「旧政権に任していれば普天間は返還されずに先延ばしされていた」と自民党政権に批判の矛先を向ける一方、自らの「腹案」については「控えさせていただく」の一点張りだった。
 谷垣氏は、首相が約束した「5月決着」に進退をかける覚悟を尋ねたが、首相は「すべての政策の実現に向けて、職を賭して頑張ることは言うまでもない」と一般論に逃げこんだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100421-00001142-yom-pol
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2010-04-22 19:35 | 政治 | Trackback(2) | Comments(4)  

鳩山内閣発足。

<鳩山内閣>閣僚名簿を発表 副総理に菅氏、財務相に藤井氏

 永田町の一番長い日。本日午前、麻生内閣は首相官邸において臨時閣議を開き総辞職。午後から衆参両院本会議において首班指名選挙を行い、鳩山由紀夫民主党代表が第93代内閣総理大臣に選出された。投票数は、衆議院327票(定数480票)、参議院124票(定数は242票)を獲得、いずれも定数の過半数を超え、当選を果たした。

 その後首相官邸において平野博文官房長官が閣僚名簿を発表。そして夜、皇居での首相任命式と閣僚認証式を行われ正式に鳩山内閣が発足した。顔ぶれは下記のとおり。

▽総理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鳩山由紀夫(衆院)
▽副総理・国家戦略局担当相・・・・・・・・・・・・菅 直人(衆院)
▽総務相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・原口一博(衆院)
▽法務相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・千葉景子(参院)
▽外務相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡田克也(衆院)
▽財務相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤井裕久(衆院)
▽文部科学相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・川端達夫(衆院)
▽厚生労働相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長妻昭(衆院)
▽農林水産相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・赤松広隆(衆院)
▽経済産業相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・直嶋正行(参院)
▽国土交通相 沖縄北方・防災・海洋担当・・前原誠司(衆院)
▽環境相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小沢鋭仁(衆院)
▽防衛相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・北沢俊美(参院)
▽官房長官・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平野博文(衆院)
▽国家公安委員長 拉致問題担当・・・・・・・・中井洽(衆院)
▽郵政・金融担当相・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・亀井静香(衆院・国民新党)
▽消費者・少子化担当相・・・・・・・・・・・・・・・・福島瑞穂(参院・社会民主党)
▽行政刷新会議担当相・・・・・・・・・・・・・・・・・仙谷由人(衆院)

 主要ポストはここ数日報道等で予想されていた名前のとおり。サプライズ人事はなかった。もっとも小泉政権以降、サプライズを期待する向きがあったが、本来は適材適所に選出されるのが当然であり、予想どおりの人事に納まるのが常道なのだろう。安倍政権などの「お友達内閣」で見られたような鳩山氏の周辺で選んだ感もなく、党内の実力者で固めたというのが大方の見かた。「脱・官僚」を掲げているだけに、官僚のペーパーなしでも答弁出来る面々を揃えたというところだろうか。(個人的にはよく知らない人も3人ほどいるが・・・。)

 注目は、新しいポストである菅直人氏の国家戦略局担当相。ここ数日テレビなどで散々説明してくれたのでシステムはわかってきたが、はたしてどれだけ機能するものだろうか。各担当大臣含めてかなりの責任を担う訳で、円滑に機能するのか不安は拭いきれない。

 国民新党からは亀井静香氏、社民党からは福島瑞穂氏がそれぞれ入閣。思想も主張も全く異なるこの二人が同じ閣議の席について、どのように折り合いをつけていくのか見もの。鳩山首相の手腕が問われるところだろう。

 とにもかくにも、期待と不安が入り混じった鳩山新政権の船出である。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090916-00000732-yom-pol
 
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-09-16 22:58 | 政治 | Trackback(1) | Comments(0)  

「政権交代」~その時歴史が動いた~

 民主の勝利は誰もが疑うところではなかったものの、ここまでの大勝は党幹部でも予想していなかったのではないだろうか。衆院選は民主党308、自民党119、公明党21、共産党9、社民党7、国民新党3、みんなの党5、新党日本1、新党大地1、無所属6という結果となった。これにより単独安定議席を獲得した民主党が与党となり、スローガンどおり「政権交代」が実現する。まさに「その時歴史が動いた」瞬間だった。

 この度の民主圧勝の要因は、4年前の衆院選における「小泉フィーバー」のようなカリスマ性を持った人物に酔わされたわけではない。そして民主党という政党に然したる魅力を感じたわけでもないだろう。にも関わらずこれほど大差の結果となったのは、自民党に対する国民の怒りが沸点に達していた故に他ならない。大敗した自民は、結果を真摯に受け止め再起に向けて立て直しを図ってほしいものだが、大勝した民主は、決して国民はこの議席数ほどの期待も信用もまだ持っていないことを理解しなければならない。

 「政権交代」は望んだものの、民主党のマニフェストの内容全てを望んだわけではない。鳩山さんは「全ての公約実行に向けて」と声高に言っていたが、「高速道路無料化」や「子ども手当」などのバラマキ政策は否定的な声も多いし、「外国人参政権」など多くの国民が望まないであろう主張も存在する。しかし、政権交代を支持した有権者が共通して最も望むのは、マニフェストの筆頭である「官僚主導政治からの脱却」「無駄遣いの排除」である。はたして民主党にそれが出来るかはわからないが、少なくとも自民党には絶対に出来ないと有権者は判断したのである。逆に言えば、もし民主がそれを出来なければ、最長でも4年後に行われる衆院選において今回の自民以上の惨敗を喫するだろう。そのための308議席であることを肝に命じてほしい。

 とにもかくにも「政権交代」がもうすぐ実現する。拭いきれない懸念はあるが、今はとにかく「新政権」に期待したい。



にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


下記、記事本文引用
***************************************************************************
<衆院選>民主党が単独で308議席獲得 自民は歴史的惨敗
 第45回衆院選は30日、投開票され、480議席のうち民主党が小選挙区と比例代表を合わせて単独で過半数(241議席)を大きく上回り308議席を獲得した。1996年の旧民主党結党以来、13年で悲願の政権交代を果たした。93年衆院選で自民党が過半数を割り込み非自民8党派による細川連立政権が発足したが、2大政党間の政権交代は戦後初めてで、戦後政治の大きな転換点となる。首相指名選挙をする特別国会は9月14日の週にも開会、民主党の鳩山由紀夫代表が首相に指名され、同党を中心とした連立政権が発足する。
 与党は自民、公明両党で公示前の計331議席から計191議席を減らし、自民党は1955年の結党以来、初めて第1党の座を失う大惨敗を喫した。麻生太郎首相は30日夜、NHKの報道番組で「責任を負わなければならない」と述べ、自民党総裁の辞任を表明した。
 自民党総裁の任期は9月末で、特別国会後に総裁選を実施し新総裁を選出する。来年夏の参院選に向け党勢の立て直しを迫られるが、新執行部にとって苦難の船出となる。
 民主党は小泉改革で広がった格差への対策として、マニフェスト(政権公約)に子ども手当の支給、高校教育の無償化、農家への戸別所得補償、高速道路原則無料化などくらしを重視する政策を盛り込み、実現を訴えてきた。
 前回の05年衆院選で民主党は大都市部で苦戦し、東京では菅直人代表代行の1議席しか獲得できなかったが、今回は21議席を奪取。首都圏の埼玉、千葉、神奈川でも復調を果たし、自民党が86年に獲得した戦後最多の300議席を上回った。
 民主党は、すべての常任委員会で委員長ポストを独占したうえで委員の過半数を確保できる議席数である絶対安定多数(269議席)を超え、政権与党として安定した議会運営が可能となる。
 民主、社民、国民新、新党日本の4党では319議席で、参院で否決された法案を衆院で再可決できる320議席には達しなかったが、民主系の無所属2人を加えると320議席を超えた。
 自民党は景気対策の継続と自公連立政権の実績を訴えたが、国民の間に「政権交代」への期待感が広がる中、牙城としてきた地方の小選挙区でも多くの議席を失った。首相経験者では海部俊樹元首相が落選した。
 公明党も「政権交代」ムードが高まる中で苦戦を強いられ、太田昭宏代表はじめ小選挙区で立候補した8人全員が落選。比例代表も公示前の23議席を下回った。
 自公批判を前面に出したみんなの党は公示前議席を上回った。共産党は9議席、社民党は7議席を獲得し、それぞれ公示前議席を維持した。国民新党も政権交代選挙の中で埋没し厳しい戦いを強いられた。
 今回の選挙では、比例代表で民主党の当選枠の数が立候補者数を上回るなど計4議席が他の党に割り振られる事態となった。民主党では比例近畿ブロックで2議席が自民、公明両党に振り分けられた。また、みんなの党では東海、近畿両ブロックで1議席ずつ獲得できる得票に達したが、重複立候補者が小選挙区で得票率10%に届かず、復活当選できず、東海は民主に、近畿は自民に回った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090831-00000036-mai-pol
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-08-31 16:31 | 政治 | Trackback(1) | Comments(6)