タグ:麻生太郎 ( 5 ) タグの人気記事

 

政権を選択する選挙。<衆議院解散>

衆院解散、4年ぶり総選挙へ 政権懸け真夏の政治決戦

『日本国憲法第7条により衆議院を解散する。』 『万歳!万歳!バンザ~イ。』
ようやく解散。長かった。
いつも思うことだが、この「万歳三唱」は何の意味があるのだろう?
知ってる人がいれば教えてください。

 さてさて、決戦の火蓋が切られたわけだが、世論調査では民主がかなり優勢な数字。先頃の都議選の勢いも考えると当然の数字なのだろうが、まだ投票まで1か月以上ある。足の引っ張り合いも予想される。選挙期間中も尚、民主党が今の追い風を持続できるかは、まだまだわからない。

 いずれにしても今回の衆議院選挙は画期的だと私は思っている。それは政権を決める選挙であるということ。少なくとも、私が選挙権を得てからはじめてのことである(「山が動いた」といった土井たか子さんの社会党躍進のときは、政権選択とまではいかなかったし、細川護煕政権の誕生時は、選挙で作った政権というより、政界再編で勝手にできた政権だったし・・・)。「民主党に政権担当能力があるのか?」という声もあるが、その議論は別として、少なくとも政権を任せる党を2択出来るわけである(小党支持の方、ゴメンナサイ)。

 今最も求められているのは官僚主導の政治からの脱却。どちらが政権を担うことになっても、国民側を向いた政治を行ってほしい。そのためには、政権を任せられる選択肢が2つ以上必要である。国民は悪政に対して「ダメ出し」を出来る。政権政党は「ダメ出し」をされないために、おのずと国民側に立った政治を行わざるを得ない。これこそ国民主導の政治である。

 というような、理想的な形がいきなり出来るとはとうてい思えないが、少なくともこの選挙が、今までとは違う第一歩になってくれることを私は期待いたい。

 さてさて、1か月後「万歳三唱」をするのはどちらか・・・?


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


下記、記事本文引用
***************************************************************************
衆院解散、4年ぶり総選挙へ 政権懸け真夏の政治決戦
 衆院は21日午後1時開会の本会議で解散された。これを受け政府は臨時閣議で総選挙日程を「8月18日公示-30日投開票」と決定。自民、公明両党連立の継続か、民主党を中心とした新たな連立政権の誕生か。政権を懸けた40日間の真夏の政治決戦がスタートした。衆院選は郵政民営化を訴えた小泉純一郎首相の下で自民党が圧勝した2005年9月の郵政選挙以来約4年ぶり。8月に行うのは戦後初めて。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000007-maip-pol
 

by sakanoueno-kumo | 2009-07-21 15:59 | 政治 | Trackback | Comments(5)  

定額給付金法が成立

定額給付金法が成立 衆院再可決、小泉氏は欠席

もめにもめた定額給付金。
「3分の2を使ってまで再可決する問題ではない。」と、かの小泉氏に言わしめたこの法案だったが、紆余曲折を繰り返しながら結局無理やり成立させた。
いまさら良策か愚策かなどと考えても仕方がないので、個人個人貰えるものは貰って、どう使うか考えるのが良策。

終始一貫性が無かった定額給付金に対する麻生氏の発言。
「生活支援金」と言ってみたり、「経済活性化対策金」に変わってしまったり、自身は「使わない」と言ってみたり、「使う」と言ってみたり、高額所得者の受け取りを「さもしい」と言ってみたり、また釈明してみたり。
結局国民の支持を得られないのは、そういったところなのだろう。
福田前総理のガソリン暫定税率のときも同じことを感じたが、結局麻生総理自身に「迷い」があって、自分の政策に対する自信が少しも感じられない。
小泉元総理のときは、一徹なまでもの自信と、揺らぐことのない改革への決意に、我々国民は酔わされ支持した。(だまされた感はなきにしもあらずだが・・・)

今回の定額給付金も、どれだけ批判されようとも麻生氏に「自信」と「決意」があれば、ここまでもめることもなかったのではないだろうか?そしてまた、ここまで支持率を落とすこともなかったように思うのだが・・・。

いずれにしても可決、成立した「定額給付金」。
どれほどの経済効果があるのか、結論はまだ先のこと。
あまり期待出来ないが・・・・。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村


以下、記事本文引用
************************************************************
定額給付金法が成立 衆院再可決、小泉氏は欠席 
 定額給付金や高速道路料金引き下げなどの財源を確保する08年度第2次補正予算関連法が4日午後の衆院本会議で、自民、公明両党など出席議員の3分の2以上の賛成多数で再可決、成立した。参院で否決された法案が、衆院で再可決により成立したのは昨年12月の改正新テロ対策特別措置法に続き5件目。成立を受けて各地方自治体は支給に向けた作業を急ぐ。自民党の小泉純一郎元首相は本会議を欠席した。

by sakanoueno-kumo | 2009-03-04 22:06 | 政治 | Trackback | Comments(0)  

麻生首相、郵政民営化で滑稽釈明

<麻生首相>2年間勉強し賛成に…郵政民営化で釈明

「2年間の間にいろいろ勉強して、長期的に考えれば民営化した方がいいと最終的に変わった」
こうまで自分の発言に責任を持てないと、怒りを超えて逆に笑ってしまう。
失言、釈明を何度繰り返したら気が済むのだろう。
郵政民営化反対を貫いて議席を失った議員や、党を追われた議員たちのほうがよほど立派である。
彼らは少なくとも自らの主張に責任を持って行動した(のちにいつのまにか復党した者もいるが)。
麻生さん、貴方からは「1日でも長く総理でいたい」という主張しか伝わってこない。

彼の高祖父である明治維新の元勲大久保利通は、今日の官僚制度の基盤を築いた人物として現在でも酷評されることもあるが、どれだけ敵を作っても己の信念を貫いた人物である。
自ら招いた失策は必ず自らが責任を負い、ビジョンを明確にし、信念に基づいてそれを貫いた。
そして実に潔癖であり、蓄財の念は全くなかった人物といわれている。

大久保利通や吉田茂など偉大なルーツを持つ、第92代内閣総理大臣麻生太郎氏。
日本の歴史上、最も愚かな首相になるかも知れない。


下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

以下、記事本文引用
**************************************************************
<麻生首相>2年間勉強し賛成に…郵政民営化で釈明
 麻生太郎首相は9日の衆院予算委員会で、郵政民営化に「賛成じゃなかった」と述べたことに「(03年に)総務相に指名された時は反対だった。だが、(総務相在任中の)2年間の間にいろいろ勉強して、長期的に考えれば民営化した方がいいと最終的に変わった」と釈明した。筒井信隆氏(民主)への答弁。
 首相は05年の衆院解散当時抱いた懸念に、「(4分社化で)もうかる会社と、もうからない会社が出て給与に差が出るのではないか」ことなどを挙げた。
 同委は9日午前、09年度予算案に関する中央公聴会を16日に開くと与党の賛成多数で議決した。反発する野党議員が委員長席に詰め寄って一時騒然とした。

by sakanoueno-kumo | 2009-02-09 20:45 | 政治 | Trackback | Comments(0)  

改革腰ぬけ政権

<麻生首相>郵政4分社化体制「見直すべき時に来ている」

総裁が代われば方針も変わるのであれば、政党政治の意味をなさない。
ましてや今の麻生政権は、小泉政権の延長政権なのだ。
「小泉首相のもとで私は郵政民営化に賛成じゃなかった。」
今更何を言っているんだこのオヤジは?
今の与党の議席は、郵政選挙と呼ばれた基盤のもとに成り立っているのだ。
小泉改革路線を変えたいのならば、まず第1に解散総選挙で国民の声を問え!

そもそも郵政民営化の本来の目的は郵貯・簡保という金融2事業の売却にあったのではないのか?
郵政金融2事業を売却して得られる財政収入のメリットと地方の金融機能が斬り捨てられるデメリットは切り離して考えなければならないはず。
なぜならば、地方における郵便事業のサービス低下など最初からわかっていたことで、そのリスクと比較しても、民営化が必要という判断だったのではないのか?

一部の有識者といわれる屁理屈こきの評論家とマスコミが小泉改革批判を叫んだせいで、世論までもが小泉批判に同調しはじめ、本丸だった「郵政民営化」までも見直そうとしている。
「痛みを伴う改革」ではなかったのか?
「痛み」に耐えられなさすぎではないか!
足りないものは補えば良い。
大切なのは前向きな姿勢。
昔に戻るのでは意味がない。

下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

以下、記事本文引用
**************************************************************
<麻生首相>郵政4分社化体制「見直すべき時に来ている」
 麻生太郎首相は5日の衆院予算委員会で、日本郵政グループの4分社化体制について「四つに分断した形が本当に効率がいいのか。もう一回見直すべき時に来ているのではないか」と述べ、サービスや採算性向上のために再編する可能性に触れた。筒井信隆氏(民主)への答弁。4分社化は郵政民営化関連法を巡って05年に自民党内で議論が起こった際、最も対立が激しかった論点の一つで、党内外に波紋が広がるのは確実だ。
 郵政担当の鳩山邦夫総務相も答弁で「国に戻すのでなければ、聖域なく、どんな見直しをやってもいいということで対処する」と首相に同調した。
 同法は、06年に発足した政府の郵政民営化委員会に、3年ごとに民営化の進ちょく状況や経営形態を総合的に見直すよう求めており、今年3月が期限に当たる。
 これを踏まえ、自民党の「郵政民営化推進に関する検討・検証プロジェクトチーム」は、郵便局会社と郵便事業会社を統合して3社体制にする案や、過疎地で金融サービスを維持する仕組みの導入も協議している。首相答弁は、こうした議論や民営化委員会が3月にまとめる報告に影響を与えそうだ。
 ただ、首相は5日夜、首相官邸で記者団に「(見直し)内容に私がこうしろああしろと言う立場にない」と述べ、具体的な議論からは距離を置く姿勢を示した。
 首相は05年4月の同法の閣議決定当時は総務相。5日の予算委で「小泉(純一郎)首相のもとで私は郵政民営化に賛成じゃなかった。私が反対と分かってたので、(総務相の担当職務から)郵政民営化担当は外された」と自ら披露した。その上で「国会の議論の末、民営化は決定された。今後は国民へのサービスの向上や(経営的に)健全な企業にさせていく」と述べた。

by sakanoueno-kumo | 2009-02-06 14:44 | 政治 | Trackback | Comments(2)  

「定額給付金」使う?使わない?

<定額給付金>「さもしい」首相撤回「高額所得者も盛大に」

もめにもめた定額給付金。
貰えるものは嬉しいが、使うかどうかはわからない。
そもそも買い控えになるのは、お金がないからではない。
先行きが不安だから買い控えるのだ。
来月、再来月、来年、再来年の見通しがつくのなら、買い控えたりしない。
一時的に12,000円貰ったからってどれほどの経済効果があるのだろう。
多少の効果はあったとしても、それも一時的なもののような気がするのだが・・・。

2兆円ものお金。もっと先々の不安を拭えることに使えないものか。
貰えるものは貰うけどね。

以下、記事本文引用
*********************************************************
<定額給付金>「さもしい」首相撤回「高額所得者も盛大に」
 定額給付金をめぐるぶれが指摘された麻生太郎首相が13日、給付金を受け取る高額所得者を「さもしい」と表現した昨年12月の発言も、追い詰められる形で事実上撤回することになった。衆院財務金融委員会で「高額所得者も盛大に使っていただきたい。『さもしい』と思っていたら、そのようなことは言わない」と述べた。

 佐々木憲昭氏(共産)から「盛大に使ってもらいたいなら給付金をもらうのは『さもしい』わけではないのではないか」と指摘されたことを受けた答弁。

 首相は8日、衆院予算委員会で「高額所得者は給付金をもらった以上に盛大に消費してもらいたい」と発言。その後、記者団に「さもしい」について聞かれると「撤回するもしないも言っていることはずっと同じ」と述べていた。

by sakanoueno-kumo | 2009-01-14 11:27 | 政治 | Trackback | Comments(1)