タグ:AKB48 ( 4 ) タグの人気記事

 

朝ドラ『あさが来た』で知ったびっくりポンな女傑、広岡浅子。 その4

e0158128_15522365.jpgさて、話をドラマに移して、主人公・あさの姉・はつについてですが、そのモデルとなった浅子の実の姉・は、浅子が嫁いだ6日後に両替商の天王寺屋五兵衛に嫁ぎますが、25歳で早逝したそうです。

また、春は浅子にとって異母姉で、しかもその母は三井の女中だったそうで、父親は本妻の子である浅子を可愛がったといいます。

ドラマとはずいぶん違いますね。
天王寺屋廃業後に和歌山でみかん農園を作ったというのもフィクションで、実際には、関東に居を移したと言われているそうです。
ただ、明治10年(1877年)頃まで天王寺屋は存在したようで、でも、そのころ春はもうこの世にいませんから、天王寺屋の没落は知らなかったと思われます。

これが大河ドラマだったら、「史実と違う!」といった批判が集まっていたでしょうが、今回のドラマでは、「はつを死なせないで」という要望がNHKに殺到したとか。

大河ファンと違って朝ドラファンは鷹揚ですね(笑)。

まあ、名前も「浅子」と「春」ではなく、「あさ」と「はつ」。

あくまでモデルですからね。

ありなんじゃないかと。

実際、太陽のようなふたりの対比が、物語の核でもありましたしね。

加島屋の成長を照らす太陽あさなら、闇に落ちた山王寺屋を照らす月明かりはつ

太陽も月も、生きていくには大切な光です。

e0158128_15524302.jpgあさの夫・新次郎は、仕事嫌いの遊び人でありながらも、妻のいちばんの理解者として描かれていますが、実在の夫・信五郎、毎日のように謡曲茶の湯といった道楽三昧で、店の経営にはあまり無関心だったようです。

明治新政府の銀目廃止によって店先に客が殺到したとき、病床の父に変わってあさを表に立たせていましたが、これも実話どおり。

経営者としての浅子の能力を見込んでいたともとれますが、単に無責任な人だったのかもしれません(笑)。

でも、もし新五郎さんがやり手の敏腕経営者だったら、経営者・広岡浅子は生まれていなかったでしょう。

その意味では、やはり広岡浅子を生み出したのは、夫の広岡信五郎といえるでしょうか?

新次郎に恋心を抱きながら番頭の亀助と結婚したおふゆのモデルは、浅子の付き人として長年身の回りの世話をした小藤という女性がモデルだそうですが、この小藤という女性、実際には浅子の夫・信五郎となって4人の子供を生んだそうです。

事業に忙しく家を空けることが多く、嫁として家の仕事を充分にできなかった浅子にかわって、小藤がその役割を担っていたそうで、浅子は小藤のこともその4人の子供のことも、終生かわいがったとか。

時代が違うと言ってしまえばそれまでですが、現代人には理解しがたい関係ですね。

当然、朝ドラ向きの話ではないので描かれません(笑)。

先日の稿でお話した五代友厚の女性関係についてもそうですが、こういう話を朝ドラでやると、視聴者がドン引きしちゃうのでしょう。

登校前の子どもも観てますしね。

やっぱ、朝は爽やか話でないと(笑)。

爽やかといえば、今回のAKB48の主題歌『365日の紙飛行機』は、爽やかないい曲ですね。

物語にぴったりな曲で、仕事中にも思わず口ずさんでしまっていました。

この曲、オジサン・オバサン世代にはどこか懐かしい歌なんですよね。

というのも、

♪あさ~の空を見あ~げて 今日という一日が~

♪いの~ち懸けてと~ ちか~った日から~

似てませんか(笑)? 

♪人生は紙飛行機 願い乗せて飛んで行くよ

風の中を力の限り ただ進むだけ

その距離を競うより どう飛んだか どこを飛んだのか

それが一番大切なんだ さあ 心のままに 365日♪

いい歌詞ですね。



さて、ドラマはもうすぐクライマックスを迎えます。

最後までどんなびっくりポンな物語を見せてくれるか、楽しみに観ましょう。

朝ドラ『あさが来た』で異彩を放つ五代友厚 その1
朝ドラ『あさが来た』で異彩を放つ五代友厚 その2
朝ドラ『あさが来た』で異彩を放つ五代友厚 その3
朝ドラ『あさが来た』で知ったびっくりポンな女傑、広岡浅子。 その1
朝ドラ『あさが来た』で知ったびっくりポンな女傑、広岡浅子。 その2
朝ドラ『あさが来た』で知ったびっくりポンな女傑、広岡浅子。 その3



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-03-18 13:23 | その他ドラマ | Trackback | Comments(4)  

第5回AKB48総選挙に見る、そろそろ祭りのあとの予感。

一昨日の土曜日は、AKB48総選挙でしたね。
昨年はたしか平日に行われていたので、仕事から帰ってリアルタイムで観たのは上位の5〜6人だけだったと記憶していますが、今年は土曜日でたまたま仕事も休みだったこともあって、ガッツリTV中継の最初から最後まで観てしまいました(笑)。
一年前は4〜5人しか顔と名前が一致しなかった私でしたが、今年はもう少しわかるようになってましたしね。
昨年もそうでしたが、翌日のスポーツ新聞の一面はほとんどこのネタで、一般紙やNHKのニュースでも取り上げられるという大騒ぎぶりは、一年前の拙稿でも申し上げましたが(参照:AKB48総選挙とAKB商法について思う。)、ただの芸能ネタの域を超えて一種の社会現象といっていいでしょう。
で、とくに熱心なわけもなく、観るともなしに見ていた私ですが、今年も思いついたことを場当たり的に綴ります。

1位はなんと、大番狂わせの指原莉乃さんでしたね。
数日前の中間速報で1位だとは聞いていましたが、まあ、それも盛り上げるために秋元康氏が描いた演出かな・・・なんて思っていたのですが、まさか本番まで逃げ切るとは思いませんでした。
指原莉乃さんといえば、約1年前のスキャンダルによって福岡へ流罪になった子ですよね。
私は、あの話題でようやくこの子の顔と名前を知った次第です。
話題作りとはいえ、秋元さんも酷なことをするなあ・・・と。
でも、結果的にあの流罪によって、私らのようなオジサン世代にもぐっと認知度が高くなったのは事実で、この1年バラエティ番組などの露出度も飛躍的に増え、結果的にこのたび1位となったわけですから、彼女にとっては良かったのか、それとも、それも秋元さんのシナリオだったのか・・・。
元彼のリークによるアイドルのスキャンダルといえば、私ら世代が思い出すものとして、昭和58年(1983年)の高部知子さんのニャンニャン事件がありますが、あのとき高部知子さんは芸能界を追われ、リークした元彼は自殺にまで追い込まれたことを思えば、スキャンダルを糧に(あるいは利用して)トップアイドルの頂点に上り詰めたさしこちゃんは、時代が違うとはいえ、運の強さを感じます。
いまふうにいえば、持ってるな!・・・と。

で、そのさしこちゃんに負けた大本命の大島優子さんですが、思いのほかあっさりとしてましたね。
でも、なんとなく彼女の心情はわかるような気がします。
一昨年までは前田敦子さんとのトップ争いで神経をすり減らしていたでしょうし、昨年はその前田さんが抜けたことによって、絶対に負けられないプレッシャーがあったでしょう。
その意味では、今年はこれまでほどの緊張感がなかったんでしょうね。
彼女にとってライバルは前田敦子さんだけ、その前田さんがいなくなったいまは、とくに誰に負けても悔しくないし、負けたからといって自身の価値が下がるわけでもなく、女王の貫禄とでもいいますか・・・。
そんなところだったんじゃないかと・・・。

あと、私の贔屓だった篠田麻里子さんが卒業(脱退)を表明しましたね。
昨年、「席を譲らなければ勝てないようなメンバーはAKBでは勝てません。」「私をつぶすつもりで来てください」と発言して話題を呼んだ彼女でしたが、1年後の今年は、席を譲る気になったと。
昨年は昨年でなかなか肝の座ったコメントでしたが、今年もまた男前の発言だったな・・・と。
今後の活躍を期待します。

私がこの総選挙を初めて観たのは昨年ですが(それ以前もTVでやってたのかな?)、昨年は平日だったのが今年は土曜日のゴールデンタイム4時間というランクアップで、会場も武道館から日産スタジアムに変わり、観客も7万人という過熱ぶり。
ここまで来ると、冒頭でも述べたとおり芸能ネタを超えて社会現象といっていいと思いますが、一方で、誰かが「お祭りのような総選挙」といっていましたが、まさしく、昨年までのような張り詰めた空気はなく、良く言えば和やか、悪く言えば緊張感に欠ける総選挙だったように思えました。
こういったものは、手に汗握る緊張感が伝わってこそ面白いわけで・・・。
AKBフィーバーもそろそろ・・・じゃないですかね。
今回は立候補制にするなどして、マンネリ化を避けるための策は施されていたようですが、そもそも、この選挙自体、どこまでが脚本でどこからが真実なのかわかりませんし(昨年も言ったことですが、公正な選挙管理委員会をおいて行われているわけでもなく、結果なんて、秋元氏のさじ加減ひとつでどうにでもなるんじゃないかと)、そのあたりを書いている新聞や雑誌も出てきているようですしね。
こういうものは、舞台裏が見え始めると一気に冷めるものです。
それは過去のピンクレディーおニャン子クラブモーニング娘。などを見ればわかることで・・・。
たぶん、あの娘とあの娘とあの娘あたりだけが芸能界に残って、あとはブームとともに消えていくんだろうなあ・・・なんて、勝手なことを言いながら総選挙を観ていた中年オヤジのひとりごとでした。
コアなファンにはお叱りを受けそうですが・・・。

ところで、来月の参院選はこれほどの盛り上がりを見せるでしょうかね(笑)?


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-06-10 14:54 | 芸能 | Trackback | Comments(2)  

AKB48総選挙とAKB商法について思う。

先日のAKB48総選挙の話題を少しだけ。
昨日までは当ブログでは触れないでおこうと思っていたのですが、昨日は1日中テレビでもラジオでも新聞でもこの話題ばかりで、さらにはNHKのニュースまでもが大きく取り上げていたことを受け、さすがに無視して通るわけにはいかないと思い至りました。
ここまで来ると、ただの芸能ネタの域を超えて一種の社会現象と受け止める必要がありそうです。

AKB48の顔だった前田敦子さんの辞退にはじまった今年の総選挙ですが、結果は順当に大島優子さんがダントツの1位だったようですね。
私の贔屓の篠田麻里子さんは5位でした(笑)。
ショックだったのは、2位、3位、4位の子たちをまったく知らなかったことです(苦笑)。
私がなんとか顔と名前が一致するのは、前田敦子さん、大島優子さん、篠田麻里子さん、高橋みなみさん、板野友美さんの5人だけで、他にもかろうじて顔だけわかる子が何人かいましたが、2位から4位の3人は顔も名前もまったく知らず、あらためて自分が社会についていけないことを自覚しました(苦笑)。
まあ、先日発表された野田改造内閣の新閣僚5人も、森本敏防衛大臣以外は知りませんでしたから、似たようなものでしょうか?(笑)

私が帰宅したのは9位の発表のときで、それ以降のことしかわかりませんが、それぞれのスピーチを聞いていて思ったのは、やはり古いメンバーの子たちは言うことが違うな・・・と。
篠田麻里子さんの「潰すつもりできてください」という力強い発言や、大島優子さんの「この景色をもう一度見たかった」という気持ちの入った言葉も印象的でしたが、私が一番感動したのは、リーダーの高橋みなみさんの「私にとって努力は無限大の可能性です」というスピーチでした。
以前から思っていたことですが、彼女は、リーダーという立場でマイクを向けられることが多いせいもあるかもしれませんが、いつもコメントが堂に入っているというか、とにかく素晴らしいんですよね。
喋りだけを聞いていると、とても20歳そこそこの女の子とは思えない。
かつて秋元康氏は、「AKB48とは高橋みなみのことである」という旨のことを言ったと聞きますが、なんとなくわかるような気がします。
グループ内での自身の立ち位置をちゃんとわかっていて、目立ちすぎず控えめすぎず、それでいて芯が強く自分というものを持っていて、自分のこともグループのこともちゃんと客観視できているような・・・。
ちょっと過大評価かもしれませんが、これだけ大勢の、しかもアイドルを目指すような勝ち気な女の子たちが集まった集団で、摩擦が起こらないわけがないと思いますが、それを束ねることができるのは、おそらく彼女のような娘じゃないと無理なんでしょうね。
彼女はきっと、ブームが去っても芸能界に残っているような気がします。

よく、10代20代の女の子を順位をつけて競わせるようなやり方はどうなのか・・・といった批判的な声も聞きますが、私はこれはこれでいいんじゃないかと思いますよ。
だって、一般の社会でも競争は必ずありますし、10代の子のでいえば、受験部活動でもそうですよね。
同じ野球部で一緒に甲子園を目指す仲間でもあり、同時に9つしかないレギュラーポジションを争うライバルでもある・・・AKBと同じです。
彼女たちの場合、全国のファンの注目のなかで競うわけですから、めちゃめちゃ精神がたくましくなるでしょうね(笑)。
古いメンバーの子たちの言葉に重みがあるのは、そうやって鍛えられた心の言葉だからでしょうね。

ただ、「AKB商法」と呼ばれるCDの販売方法については、私も快く思っていません。
昨今のCDが売れない音楽ソフト市場の現状からいえば、彼女たちのCDは業界の方々の飯の種になっているのでしょうし、経済効果の観点でいえば悪いことではないのかもしれませんが、1人でCDを何十枚も買って投票券だけ抜き取って捨てるといったケースもあったりするそうで、そんなことを聞けば、なんか違うような気がしてなりません。
あくまで「おまけ」だったはずの投票券がメインになって、CDのほうが「おまけ」になっているようで、それってどう考えても本末転倒なんじゃないの?・・・と。
つまりは、グリコの「おまけ」だけを取ってキャラメルを捨てるってことですよね。
違法ではないのかもしれませんが、ファンたちの「好き」という気持ちを食い物にするようなビジネスモデルは、あまり褒められたものではないんじゃないでしょうか。
だいいち、楽曲の制作にたずさわった方々はどう思っているのでしょう?
こんな方法でヒットチャートの上位に入って、はたして満足できるのでしょうか?
投票券だけ抜き取って捨てられたCDのことを思えば、きっと複雑な気持ちだと思いますけどね。

あと、総選挙そのものについてですが、これって本当にフェアな選挙なんですかね。
以前の拙ブログでも述べましたが、(参照:AKB48の前田敦子さんの脱退表明に思う。)公正な選挙管理委員会をおいて行なっているわけでもなく、違反したからといって公職選挙法違反の罪を問われるわけでもない(笑)。
穿った見方かもしれませんが、秋元氏のさじ加減ひとつで、順位なんてどうにでもなるんじゃないかと。
ちょうど前田敦子さんが抜けることで、大島さんのライバルとなる新しいスターがほしいところ。
私が秋元氏だったら、ぜったいシナリオを作りますけどね。
大島優子の地位を揺るがす新星○○○、今回は惜しくも届かず2位、次回こそは?!
・・・みたいな(笑)。
でも、もし本当に出来レースだったら、ひとりで何百枚も買い込んだ人が浮かばれませんよね(笑)。
筋書きのないドラマだからこそ、これだけ多くの支持を得ているのでしょうか?
でもでも、筋書きのないドラマに見せかけた筋書きだったりして・・・?
あんまり穿ったことばかり言ってると熱心なファンからお叱りのコメントを受けそうなので、この辺にしておきます(笑)。

今回の総投票数は過去最高の138万票だったそうです。
第1回のときに1位だった前田敦子さんの獲得票数が5000票ほどだったそうですが、この5000票をこの度の総選挙に当てはめると60位にも入らないそうで・・・。
それを聞けば、この2~3年で彼女たちがどれだけ世間の注目を浴びるようになったかがわかりますね。
老若男女を問わず、興味があろうがなかろうが、これを観ていないと翌日の学校や会社での話題についていけない・・・そんなTV番組なんて、ワールドカップやWBCのようなスポーツの国際大会以外に、近年ではなかったんじゃないでしょうか。
その意味では、AKB48はまさしく日本の芸能史の一時代を築いたといえるのでしょうね。
ただ、あまりにも加熱しすぎると冷めるのも速いというのは、ピンク・レディーおニャン子クラブなどの歴史が示すとおりです。
まあ、秋元氏のことですから、そんなことは充分に計算に入っているでしょうけどね。

冒頭で少しだけと言っておきながら、めちゃめちゃ長文になってしまいました(汗)。
実は私もAKB48オタクだったのでしょうか・・・(恥)。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-06-08 15:32 | 芸能 | Trackback(5) | Comments(4)  

AKB48の前田敦子さんの脱退表明に思う。

AKB48前田敦子さんがグループを脱退する意向を発表したそうですね。
中年オヤジの私も、やっと最近になって主要メンバー5〜6人の顔と名前が一致するようになりましたが、ほんの半年ほど前まではこの前田敦子さんしかわかりませんでしたから、やはりAKBの顔は彼女なんでしょうね。
我が家の小4の娘が彼女の大ファンで、今回の発表にショックを受けているようです(苦笑)。
私は特に興味もないですし、そもそも私は、「総選挙」と言われる彼女たちの序列選びのイベント自体、秋元康氏のシナリオどおりに構成された出来レースだと思っていますから(だいたい、選挙といっても公正に選挙管理委員会を設けて行っているわけではないし、結果なんて主催者の意のままにどうにでも操作できるわけで)、今回の前田さんの突然の脱退表明についても、どこまで本当なんだか疑問に思っています。
まあ、アイドルになりたいなんて思うような性格の女の子をあれだけたくさん集めて、その中で序列選びの人気投票なんて仕組みを作ったわけですから、グループ内で摩擦が起きないはずがないと思いますし、そう考えれば、そのトップを走る前田さんの脱退は当然の結果で、これに関しては秋元氏のシナリオではないのかもしれません。
だとすれば、これは「卒業」ではなく「脱退」だと思いますけどね(AKBの台頭によって影が薄くなってしまったモーニング娘。も、メンバーの脱退が相次いだことから、負のイメージを連想させないために途中から前向きな意味合いの「卒業」という言葉を使い始めたと聞きます)。
これをきっかけにモーニング娘。のように「卒業」が慣例化するかもしれませんが、秋元氏のことですから、それをまたプラスの要素に持っていくのでしょう。

上述したとおり、私のようなオジサンでも前田敦子さんだけは以前から知っていたのですが、彼女が一番可愛いと思っていたかといえば、そういうわけでもないんですね。
でも、印象に残りやすい娘だとは思います。
ただ単に可愛さだけでいえば、彼女と人気を二分する大島優子さんのほうがはるかに上だと思うのですが、印象に残りやすいかどうかでいえば、前田敦子さんの足元にも及ばないような・・・(実際私は、大島優子さんのことをなかなか覚えられませんでした。何度も「この娘、可愛いなあ!なんていう名前?」と聞いて、娘に呆れられましたし(苦笑)。)。
印象に残りやすいかどうかは、タレント性の最も重要な要素だろうと思いますし、そのあたりを見抜いた上で、彼女をAKBの顔に抜擢していたとすれば、さすがは秋元氏の眼力と言わざるを得ません。
脱退後の彼女の活躍を期待したいですね。
ちなみに、私個人的には篠田麻里子さんが好みです(笑)。

余談ですが、中高年になると、若いアイドルタレントさんたちがみんな同じ顔に見えるという声をよく耳にしますが、それは、その対象からそれだけ自分がかけ離れているから、という話を聞いたことがあります。
例えていえば、私たち日本人が黒人を見たとき、みんな同じ顔に見えてしまいますよね。
あれは、自分たちが黒人さんとかけ離れているからだそうで、同じアジア人の見分けが付くのは、それだけ自分たちに近いからだそうです。
幼い子供から見ればお年寄りはみんな同じ顔に見えるし、その逆も然り。
つまり、若いアイドルタレントさんたちの見分けがつかなくなってきたのは、それだけ年食ってきて、アイドルたちとはかけ離れてしまったことの表れだそうです。
みなさんはどうですか?
私?・・・私はもちろん、ちゃんと見分けがついてますよ!(汗)


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-03-29 22:52 | 芸能 | Trackback | Comments(2)