「ほっ」と。キャンペーン

タグ:SMAP ( 4 ) タグの人気記事

 

SMAP解散の舞台裏に見る、関ケ原の戦いと女の確執。

世間がリオデジャネイロオリンピックに熱狂している真っ只中、SMAP年内解散が発表されましたね。

まあ、今年の1月の騒動がありましたから、「やっぱりな」といった感じで特に驚くことはなかったのですが、それでも、オリンピック前の27時間TVで中居正広さんが明石家さんまさんから釘を刺されていたのを観てると、どうにかこうにか修復されつつあるのかなあと思っていたんですけどね。

彼らも全員40前後の大人ですから、自分たちがどれだけ大きな存在で、自分たちで飯食ってる人たちが大勢いるということを理解したうえで、感情的にならず、大人としての対応ができているものだと・・・。

残念ですね。

わたしは、とくに彼らのファンと言うわけでありませんが、なんなんでしょう?、この得も言えぬ喪失感は・・・。


そもそもの発端は、事務所内の女性副社長と敏腕女性マネージャーの確執に巻き込まれたかたちで、グループ内に軋轢が生じたということだそうですよね。

ゴシップ誌などの記事がどこまで鵜呑みにできるのかはわかりませんが、関係者サイドが特に否定していないところを見ると、大筋は事実なんでしょう。

そこで不思議に思うのは、なんで、これほどまで裏事情が明かされているのか?・・・ってことです。

過去、グループの解散というのは数多くありますが、大概の場合、「音楽性の違い」とか「次のステップを目指して」とか、もっともらしい理由付けで解散しますよね。

でも、実際にはそのほとんどがグループ内の人間関係が理由で、ファンもそれはわかっていて、あえてそこを突っ込まず、所属事務所も、解散後の個々の活動のためにも、なるべく綺麗な終わり方を演出するんですよね。

それが、普通だと思います。


ところが、今回のこの醜さはどうでしょう?

想像するに、芸能界一力を持つというジャニーズ事務所ですから、その気になれば、裏事情をもみ消すくらい、たやすいことなんじゃないでしょうか?

それが、このたびのこの筒抜け状態

なんか、あえて裏情報を流しているとしか思えないんですが・・・?

事務所的には、この数ヶ月再三彼らを説得したけど、当人たちの意思がつよくて事ここに至ってしまった・・・と。

だから、事務所的には、最善を尽くしており、悪いのは彼らだ・・・と。

それが言いたくて、わざと裏情報をリークしているんじゃないか・・・と。

穿ちすぎですかね?


この間、もし解散を思い留まるよう彼らを説得できた人がいたとしたら、退社したという女性マネージャーしかいなかったのでしょうが、たぶん、それなりに説得はしたんでしょうが、心の底から説得したかといえば、してなかったんじゃないかと・・・。

だって、彼女は追いだされた身でしょう?

今回の解散発表に至って、どこか痛快に思う気持ちがあるんじゃないですかね?

ほら、やっぱりわたしがいなけりゃSMAPはまとまらないでしょ!・・・的な・・・。

これまた穿ちすぎですかね?

でも、人間ですから、そう思って当然だと思いますけどね。


e0158128_17194731.jpg女性同士の確執
に男たちが巻き込まれた例は、歴史のなかにも存在します。

その最も大きなものとしては、慶長5年(1600年)9月15日に起きた、天下分け目の大戦「関ケ原の戦い」でしょうね。

徳川家康を大将とする「東軍」と、石田三成を中心とする反徳川勢力の「西軍」合わせて20万の兵が激突した、言わずと知れた日本史上最大の内戦ですが、この背景には、実は旧豊臣政権を二分する女の確執があったといいます。

その頂点にいたのが、豊臣秀吉の正室・お寧(北政所・高台院)と、同じく秀吉の側室・茶々(淀殿)でした。

子宝に恵まれなかった北政所と、世継ぎを生んだ淀殿は、秀吉の生前から微妙な関係となりますが、秀吉の死後、その確執は表面化し、側室の淀殿が大坂城を実質掌握し、正室であるはずの北政所は、本丸から西の丸へ移り、やがて大坂城を退去して京都の新城に移り住みます。

経営者よりも敏腕マネージャーのほうが影響力を持ってしまったというジャニーズ事務所の関係性と似てますよね。


e0158128_17203474.jpgこの二人の確執に、秀吉子飼いの大名たちが分裂します。

尾張時代から秀吉に仕え、北政所を母のように慕っていたという加藤清正福島正則らは、必然的に北政所側となり、秀吉が近江長浜城主となってから仕えた石田三成小西行長らは、同じく近江の浅井家の血を引く淀殿に接近します。

もともとこの尾張派近江派は折り合いが悪かったのですが、この北政所と淀殿の対立に便乗するかたちで、より関係は悪化していき、やがて、尾張派は東軍に与し、近江派は三成を大将として西軍となります。

家康にしてみれば、この対立を上手く利用して天下を取ったといえます。


結果は周知のとおり東軍の勝利となり、三成、行長ら近江派は斬首されます。

この戦いで分裂した豊臣政権は屋台骨が崩れ、やがて、滅亡の道をたどることになるんですね。

北政所も淀殿も尾張派も近江派も、豊臣家の存続という目的は一致していたはずが、確執による派閥闘争弱体化を招き、結局は、誰も望まない末路となったわけです。

ちなみに、家康に加担した尾張派も、加藤清正はのちに謎の死を遂げ、福島正則はあらぬ嫌疑をかけられて改易となります。

結局、誰ひとりハッピーエンドになっていません。


副社長と敏腕マネージャーの確執に始まり、それが引きがねとなってグループ内に軋轢が生じ、分裂解散となった今回のSMAP騒動。

結局、誰も得しない結果になるんじゃないでしょうか?

あるいは、ジャニーズの弱体化を虎視眈々と狙っている徳川家康がいるかもしれませんよ。

歴史は教えてくれます。

温故知新です。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-08-25 03:07 | 芸能 | Comments(2)  

『SMAP×SMAP生放送』に思う、釈然としない結末。

深夜に帰宅して『SMAP×SMAP生放送の録画を観ました。

とりあえず、最悪の事態は回避したとのことで、これにて一件落着と言いたいところですが、どうも釈然としない気分です。

世間を騒がせたということに対して、ファンに向けて謝罪というのはわかりますが、あれではまるで、独立を画策した4人のみが悪者といった印象です。

違うでしょ!
そもそも今回の騒動は、彼らの野心ワガママで起きたものではないですよね。
ジャニーズ事務所内のイザコザに、タレントの彼らが巻き込まれたものでしょう?

だったら、世間を騒がせたという意味で言えば、事の発端となった副社長マネージャーを筆頭に関係者すべてに罪があるわけで、本来謝罪しなければならないのは、代表取締役社長なんじゃないですか?

木村くんがジャニーさんに謝る機会を作ってくれたから、こうして出てこられた?

はぁ?

なんでそんな裏の事情をTVで言う必要があるんですか?
彼らは、今回の騒動を起こしたジャニーズ事務所を代表して謝罪したんじゃないんですか?

いったい、あの生放送は、そしてあの謝罪は、誰に向けたものなんでしょう?

それに、なんでリーダーであるはずの中居正広さんが仕切らずに、木村拓哉さんが仕切るんですか?

それって、暗にジャニーズに残留を示した木村くんが正義で、反旗を翻した中居くんら4人が罪人だと世間に知らしめたいわけでしょうか?

違うでしょ!!

今回の騒動は、どちらも自身の道理に従ったまでで、どちらが悪いというものではありません。

悪いのは、彼らに苦渋の決断を強いてしまった会社の取締役の方々でしょう!

世間を騒がしたことに対する謝罪であれば、今までどおりリーダーである中居くんが仕切ればいいじゃないですか!

あれではまるで、反乱軍の旗頭である中居くんはリーダー降格で、これからは、会社に忠誠心を示したキムタクがリーダーだと言っているように見えました。

もちろん、木村くん自身は、そんな気はぜんぜんないと思いますが・・・。
まるで、反逆者の公開処刑でしたね。

とにかく、当面は最悪の事態は回避したものの、シコリが残る内容でした。

こんなんで、今までのような関係に戻れるんですかね?

何となくスッキリしない、後味の悪い着地点だったと思ったのは、わたしだけでしょうか?
それとも、まだ本当の意味での着地点が見つかっておらず、とりあえずの不時着だったんですかね?

どうにも釈然としません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-01-19 02:30 | 芸能 | Comments(2)  

SMAP解散報道に思う。

SMAP解散報道で大騒ぎになっていますね。

わたしは、とくに彼らのファンと言うわけでありませんが、さすがに国民的アイドルグループの解散報道とあっては、興味がないとは言えません。

なんでも、SMAPの育ての親であるチーフマネージャーさんと副社長母娘との確執が原因だとか。

なんだかなぁ~・・・ですよね。

本人たちの意向ならまだしも、会社内の派閥抗争に巻き込まれたかたちでの分裂となると、やはり、ファンたちにしてみれば納得しようがありませんよね。


e0158128_19012348.jpg


わが家では、妻と娘が無類のジャニーズ好きなので、ジャニーズ事務所内に派閥抗争があるという話はなんとなく知っていましたが、今回のことでの報道を見聞きすると、事は随分と根深いようですね。

そしてその軋轢を決定的にしたのが、副社長(ばあさんの方)がチーフマネージャーに対して、「SMAPを連れて出て行け!」と言ったとか。

それも面と向かってではなく、ゴシップ誌のインタビューで記者に向かっての発言だそうで・・・。

そら、売り言葉に買い言葉になっちゃうわな!

聞けば、娘を次期社長に据えるため、発言力のあるチーフマネージャーを排除し、盤石な経営基盤を整える狙いだったとか。

同族会社にはよくある話ですよね。

かつて豊臣秀吉は、わが子に跡目を継がせるため、邪魔になった関白秀次濡れ衣を着せて、一族もろとも処刑しました。

また、太古の昔には、天智天皇が太子・大友皇子を後継者にするため、そのとき皇太子だった大海人皇子(後の天武天皇)を退けました。

その結果、自身の死後に天下の騒乱を招いています。

いつの時代も、権力者の強引な世襲による軋轢というのは、なくなりませんね。

会社内の勢力争いに巻き込まれて去就を問われるシチュエーションは、サラリーマンならある意味仕方がない場合があります。

でも、タレントさんは会社員ではありません。

タレントさんは商品です。

商品は社長の私物でも開発者の所有物でもありません。

商品は消費者のものです。

プリウスの開発者がトヨタ自動車退社したからといって、今後いっさいのアフターフォローを受け付けないなんて許されません。

企業は、商品を世に送り出した以上、いちばんにユーザーのことを考えた善後策を講じなければなりません。

今回の場合、本来いちばんに考えなければならないファンの存在が置き去りになっているとしか思えませんね。

チーフマネージャーの退社は回避できないこととしても、それによってSMAPという商品までもが失われてしまうというのは、ルール違反なんじゃないかと・・・。

チーフマネージャーへの恩義を感じて独立する意志だという中居正広さんら4人と、ジャニーズ事務所に対する義理を通して残留の意向だという木村拓哉さん。

どちらの思いも筋の通った立派な考えだと思いますし、どちらが正しいとも言えませんが、ファンの立場からみれば、分裂してしまうという時点で、どちらも正しくないですね。

まあ、わたしのような素人のオジサンに言われるまでもなく、悩みに悩んで出した結論なんでしょうが・・・。

それにしても、とくにファンというわけでもないのに、何なんでしょう?・・・この得も言えぬ喪失感は・・・。

わたしがSMAPをはじめて知ったのは、21年前の阪神・淡路大震災の折り、被災地のラジオで聞いた『がんばりましょう』からでした。

その後、まるで震災復興のテーマソングの如く、あの1年であの歌がよくかかっていて、元気づけられたのを覚えています。

あと、わが家では、現在大学3回生の息子が3歳のとき、はじめて歌った流行歌が『夜空ノムコウ』でした。

現在中2の娘がはじめて口にしたのも、『世界に一つだけの花』

そう考えれば、とくにファンじゃなくても、それぞれの歴史の中に刻まれているんですね。

やっぱ、こんなしょーもない理由で失くしちゃダメでしょう!

ちなみに、上述した豊臣秀吉天智天皇についてですが、いずれも自身の死後、世襲した息子は反乱軍によって攻め滅ぼされています。
強引な世襲は大きな遺恨を残しますから、結局は滅亡の道をたどるというのが先人の残した教訓です。

失礼ながら、ジャニーさんもメリーさんもご高齢ですから、そう長く権力者として君臨することはないでしょう。

こんなことやってると、ご自身の死後、抵抗勢力によって滅ぼされちゃいますよ。

温故知新です。



ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。 
    ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-01-15 19:06 | 芸能 | Comments(0)  

タレントと政治家は酒に注意!

<公然わいせつ>SMAP草なぎ剛容疑者を逮捕 警視庁

別に大騒ぎするほどの事件でもないと思うのだが、国民的人気タレントであるが故、周りに与える影響・損害は大きく、この過剰報道もやむを得ないというところだろうか。
これでしばらく彼は公から姿を消すことになるのだろう。
同情してしまうのは甘いだろうか?

「公然わいせつ罪」という罪状は、起訴された場合刑法によると「6ヶ月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。 」ということらしい。
しかし、泥酔して公園で裸になった罪よりも、泥酔状態で国際会議の記者会見の場で世界に醜態をさらした、どこかの国の大臣の方がよっぽど罪だと思うのだが・・・。
残念ながら取り締まる法律がないため、大臣は辞めても議員は続けている。


ブログ村ランキングに参加しています。
下のバナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

以下、記事本文引用
*****************************************************************
<公然わいせつ>SMAP草なぎ剛容疑者を逮捕 警視庁
 東京都港区の公園で裸になっていたとして、警視庁赤坂署は23日、人気グループ「SMAP」の草なぎ剛容疑者(34)を公然わいせつ容疑で現行犯逮捕した。
 同署によると、容疑を認め「知人2人と赤坂の居酒屋でビールや焼酎を飲んだ。知人と別れ公園に来た」と説明。「何で裸になったか覚えていない。反省している」とも供述しているという。
 23日午前3時ごろ、自宅近くの港区赤坂の同区立檜町公園の広場で裸になった疑い。泥酔状態で、裸で大声を上げ騒いでいるところを110番され、駆け付けた署員に逮捕された。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-23 16:53 | 時事問題 | Comments(3)