人気ブログランキング |

漆黒の烏城、備前岡山城を歩く。 その2「本丸下の段」

「その1」の続きです。

岡山城本丸は、下の段、中の段、本段の三段で構成されています。

本稿では、下の段を歩きます。


e0158128_20403076.jpg


上の写真は中の段南西隅の大納戸櫓下石垣です。

見てのとおりの野面積みですが、それほど古いものではなく、関ヶ原の戦い後小早川秀秋が築いたものだそうです。


e0158128_20452537.jpg


下の段西側の石垣です。

コの字型になっているのですが、向こうの出隅部分の石垣が打込み接ぎ、入隅より手前の赤みがかった石垣が野面積み、手前の低い石垣が切込み接ぎと、明らかに築いた時代が違うであろう3種の石垣が一度に見られるスポットです。


e0158128_20484151.jpg


左が打込み接ぎ、右が野面積みですね。


e0158128_20484444.jpg


こちらは、左が野面積み、右下の低い石垣が切込み接ぎです。


e0158128_20501342.jpg


説明板によると、野面積みの部分が関ヶ原の戦い後に小早川秀秋が築いたもので、打込み接ぎ部分が1620年代に池田忠雄が築いたものだそうです。

その奥には、宇喜多秀家時代の石垣が埋まっているそうです。


e0158128_20535673.jpg


ここらで岡山城の歴史について触れておきます。

岡山城の前身は、南北朝時代に南朝の功臣・名和一族上神高直という人物が築いたとされる石山城と呼ばれる城だったといいます。

しかし、その後についての史料がなく、150年以上に渡って城主も不明で、どのような城だったかも定かではありません。


e0158128_20540092.jpg


次に石山城の存在が記録として確認できるのが、大永年間(1521~27年)に金光備前が在城し、金川城主松田氏に仕えていたという記録です。

この金光氏を滅ぼしたのが、宇喜多秀家の父・宇喜多直家でした。

元亀元年(1570年)に石山城を手に入れた直家は、城の大改修に着手し、3年後の天正元年(1573年)に入城しました。

しかし、その8年後の天正9年(1581年)に直家は死去し、その後、跡を継いだ当時10歳だった秀家は、豊臣秀吉庇護を受けて成長し、57万石の大大名に成長すると、この地に新しく大規模な城を8年の歳月を掛けて築城し、慶長2年(1597年)に完成しました。

このとき、名称を「岡山城」とし、同時に整備された城下町も「岡山」と呼ぶようになったそうです。


e0158128_20540358.jpg


その後、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで西軍に付いたことで秀家は八丈島へ流罪となり、代わって筑前国名島より小早川秀秋が備前・美作52万石の大名として岡山へ入封します。

しかし、その秀秋も2年後に急死し、嫡子もいなかったことから小早川家は断絶となりました。

その翌年の慶長8年(1603年)に播磨国姫路藩主の池田輝政の五男・池田忠継28万石で岡山藩主となり、その後は幕藩体制の下で岡山城は岡山藩の城府となり、池田家を藩主として明治維新に至りました。


e0158128_20561502.jpg


と、歴史を語っている間に下の段北側まで歩いてきました。

写真は、中の段北西の隅櫓・月見櫓を下の段から見上げたものです。


e0158128_20580936.jpg


月見櫓は本丸内で唯一現存する櫓で、元和元年(1615年)に岡山藩主となった池田忠雄が建てたものだそうです。


e0158128_20581363.jpg


その説明板です。


e0158128_20595175.jpg


月見櫓を見ながら、下の段北側を東に向かって歩きます。

石垣は、小納戸櫓下の石垣です。


e0158128_21014807.jpg


きれいな打込み接ぎです。


e0158128_21015259.jpg


小納戸櫓下の石垣の東側には、漆黒の天守が見えます。

小納戸櫓と天守台の間に、中の段に繋がる搦手門廊下門があります。


e0158128_21031676.jpg


これがその廊下門(再建)です。


e0158128_21050395.jpg


廊下門前から見上げる天守北側です。

その手前に見える石碑は、宇喜多直家・秀家父子を称える顕彰碑です。


e0158128_21050754.jpg


これがその顕彰碑。


e0158128_21074916.jpg


天守です。


e0158128_21075491.jpg


よく見ると、一層目に鈍角に突き出した角があることがわかるでしょうか?

岡山城の天守は、珍しい不等辺五角形になっています。

これは、同じく歪んだ多角形平面の天守台を持つ安土城天主を模したものではないかという説や、豊臣秀吉の大坂城天守を模しているという説、また、当時の土地の形をそのまま利用したからこうなったという説など、様々な見方があるようです。


e0158128_21101738.jpg
e0158128_21102271.jpg


天守台の石垣です。

野面積みですね。

これは、最も古い宇喜多秀家の築城時のものだそうです。


e0158128_21130688.jpg


説明板によると、石垣が赤く変色しているのは、昭和20年(1945年)6月29日未明の岡山大空襲時によるものだそうです。


e0158128_21143421.jpg


天守台沿いにそのまま下の段東側に向かって歩きます。


e0158128_21161205.jpg


下の段東側の水の手と本段をつなぐ六十一雁木上門(要害門)です。

要害門とは、非常口のようなものでしょうか?


e0158128_21181084.jpg


「六十一雁木上門」という名前の由来は、江戸時代初期に整備された際に、61段の石段があったことにちなんでいるそうです。


e0158128_21182096.jpg


門は再建ですが、石垣や石段は池田氏時代に築かれたものです。


e0158128_21221402.jpg


下の段南側にやってきました。

写真左側に見える建物は、中の段と本段を結ぶ不明門(復元)です。

その右側に続く白塀の下の高い石垣は、本段の石垣。


e0158128_21221750.jpg


石垣は宇喜多時代のものだそうです。


e0158128_21242171.jpg


その説明板です。


e0158128_21222266.jpg


門の下の石垣だけ色が新しいのは、たぶん、門を復元する際に足されたのでしょうね。


e0158128_21243591.jpg


ここから中の段に登ります。

下の段だけでずいぶんと長くなっちゃいました。

次稿、中の段を歩きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


# by sakanoueno-kumo | 2019-04-25 10:38 | 岡山の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

漆黒の烏城、備前岡山城を歩く。 その1「内堀~大手門」

過日、備前岡山城を訪れました。

岡山城は、豊臣秀吉から目をかけられ、57万石の大大名となった豊臣五大老のひとり・宇喜多秀家が8年の歳月をかけて完成させた梯郭式平山城です。

現在、城跡は国の史跡に、岡山後楽園は国の特別名勝に指定されています。


e0158128_20150226.jpg


岡山城の登城ルートは、南側の大手門から入るルートと、北側の後楽園側の搦手門から入るルートとがありますが、この日は、南側の大手門から登城しました。

写真は、大手門前に建つ「烏城みち」の石碑。

「烏城」とは岡山城の別名で、天守が黒漆塗の外観のため、そう呼ばれるようになったそうです。


e0158128_20182156.jpg


城跡南西から見た内堀石垣です。

岡山城の内堀は本丸の南側と西側にL型で構成されています。

北側と東側には旭川が流れており、天然の堀の役割を果たしています。


e0158128_20201228.jpg


城跡公園の案内図です。

南側と西側をL型で守っているのがわかります。


e0158128_20225118.jpg


こちらは南側内堀

土橋が見えるのは、大手門に通じる目安橋(内下馬橋)です。


e0158128_20225552.jpg


内堀南西隅にある太鼓櫓跡の石垣です。

野面積みですね。


e0158128_20255681.jpg
e0158128_20260070.jpg
e0158128_20260350.jpg


大手門に向かって目安橋(内下馬橋)を渡ります。

寛永9年(1632年)に因幡鳥取から入封した池田光政の時代、この橋のたもとに領民からの投書を受け付けるための目安箱が置かれたことから、そう呼ばれるようになったのだとか。

かつては木橋が架けられていたそうですが、明治になって撤去され、土橋に改められました。


e0158128_20272456.jpg


橋をわたると枡形虎口の形状になっています。

その隅には、「烏城公園」と刻まれた石碑が。


e0158128_20284011.jpg


枡形虎口内にある大石の説明板です。


e0158128_20301811.jpg


枡形のニノ門跡です。

かつてここには櫓門がありました。


e0158128_20310990.jpg


その櫓門の土台の石垣です。

ここにも大石が使用されています。

説明板によると、これらの巨石は実は板状になっていて、厚さはないそうです。

発掘調査の結果、関ヶ原の戦い後に池田氏が築いたものと考えられているそうです。


e0158128_20325170.jpg


さて、本丸内に入りました。

「その2」では本丸下の段を歩きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


# by sakanoueno-kumo | 2019-04-24 01:02 | 岡山の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

いだてん~東京オリムピック噺~ 第15話「ああ結婚」 ~金栗四三の結婚~

 「しかれども失敗は成功の基にして、また他日その恥をすすぐの時あるべく、雨降って地固まるの日を待つのみ。人笑わば笑え。これ日本人の体力の不足を示し、技の未熟を示すものなり。この重圧を全うすることあたわざりしは、死してなお足らざれども、死は易く、生は難く、その恥をすすぐために、粉骨砕身してマラソンの技を磨き、もって皇国の威をあげん」


e0158128_19143806.jpg ストックホルムで途中棄権した翌日の日記にこう記した金栗四三は、その誓いどおり、帰国するとすぐに4年後のオリンピックに向けてトレーニングを開始しました。日本人初のオリンピック選手として経験したことを未来に繋げねばならない。彼は自身の失敗を教訓に、まずは暑さを克服すること、そして欧州の硬い石畳や舗装された道路への対策など、様々な工夫を凝らして練習に励みます。そして大正3年(1914年)に東京高等師範学校(現・筑波大学)を卒業した彼は、当初、名古屋の愛知県立第一中学校(現・愛知県立旭丘高校)の教師に赴任することが内定していましたが、悩んだすえ、この話を断ったそうです。理由は、次のオリンピックに向けての練習に専念したいという思いからでした。彼の並々ならぬ覚悟のほどが窺えますね。そんな金栗の思いに対して、嘉納治五郎校長は東京高師の研究科に籍をおいて練習に励めるよう配慮します。金栗を日本初のオリンピック選手にしたのは嘉納ですから、最後まで支援しようという思いだったのでしょう。ドラマで、「プロフェッショナル」という言葉が出てきましたが、まさしく、日本初のプロスポーツ選手の誕生だったといえるかもしれません。


 同じ年の4月10日、金栗は地元、熊本県の池部家の養子となる話がまとまり、石貫村の医者の娘である春野スヤ結婚します。金栗は数え歳で24歳、スヤは23歳でした。ドラマではスヤは再婚という設定ですが、実際にもそうだったのかどうかは知りません。まあ、当時の女子の23歳といえば、行き遅れの年齢と言えるでしょうから、再婚は本当の話だったかもしれませんね。オリンピック選手との結婚と聞けば、現代の感覚でいえば華やかな縁談に思えますが、当時の感覚でいえば、変わり者と結婚するようなものだったかもしれません。スポーツ選手なんて職業は存在しなかった時代ですからね。当時の結婚適齢期の16、7歳の初婚の娘さんには、とても相手にはされなかったかもしれませんね。実際のところ、年増のバツイチが関の山だったんじゃないでしょうか。


 ちなみに、ドラマでは金栗とスヤは幼馴染の設定ですが、これも、本当の話かどうかはわかりません。たぶん、ドラマオリジナルの設定なんじゃないでしょうか。ちなみにちなみに、池部家の養子となった金栗でしたが、かれはその後も旧姓の「金栗」を名乗り続けます。日本初のオリンピック代表選手として彼の名はすでに全国に知れ渡っていましたからね。そのへんを考慮してのことだったのかもしれません。


 さて、晴れて妻帯者となった金栗でしたが、祝言から5日目には新妻を残して東京に旅立って行きました。次のオリンピックを目指して練習に励むためでしたが、それを可能にしてくれたのが、池部家の養母による支援でした。こののち、養母の幾江は東京の金栗に仕送りし続けます。当時、都会で働く息子は実家に仕送りをするのが当たり前でしたから、全く逆だったんですね。金栗は幾江とスヤに宛てて筆マメに便りを送っていますが、それは、仕事もせずに走ってばかりいることで、妻と養母に対しての引け目だったのかもしれません。


e0158128_00501876.jpg


 ちなみに余談ですが、オープニングのタイトルバックに現れたスヤさんの回転レシーブにはビックリしましたね。あと、スヤさんの冷水浴。あのシーンの瞬間視聴率は高かったんじゃないでしょうか(笑)。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



更新を通知する


# by sakanoueno-kumo | 2019-04-22 00:53 | いだてん~東京オリムピック噺~ | Trackback | Comments(0)  

黒田官兵衛の生誕地と伝わる播磨黒田城跡を訪ねて。

兵庫県西脇市に黒田官兵衛孝高生誕地と伝わる黒田城跡があります。

江戸時代に編纂された福岡藩主・黒田家の公式記録『黒田家譜』によると、官兵衛の祖先の黒田氏は近江国伊香郡(現在の滋賀県長浜市木之本町)の出自で、官兵衛の生誕地は姫路であると記されており、これが通説になっています。

ただ、これは実は確たる証拠はなく、『黒田家譜』の記述によるところが大きいのが事実です。

一方で、江戸時代に編纂された播磨国の地方史料などには、官兵衛やその父は多可郡黒田村(現在の西脇市黒田庄黒田)生まれとする記録が多数あり、江戸時代の播磨地区では、その説が広く認識されていたようです。


e0158128_23050469.jpg


現在、その跡地には「黒田官兵衛生誕の里」と刻まれた石碑が建てられています。


e0158128_23063665.jpg


最近建てられた石碑のように思えたので裏を見てみると、「平成二十六年NHK大河ドラマ軍師官兵衛放映祝碑」とありました。

なるほど、大河ドラマ誘致が決まって、にわかに建てられたもののようですね。


e0158128_23073301.jpg


駐車スペースに車を停めて、誘導表示に従って進みます。


e0158128_23085494.jpg


道中も官兵衛推しです。


e0158128_23105625.jpg


しばらく進むと、「姥が懐」と書かれた看板と「黒田官兵衛生誕地」と刻まれた石碑が建てられている場所に出ます。


e0158128_23104649.jpg


『播磨古事』によると、城山と黒田城下を流れる北谷川に囲まれた田畑の周辺が「姥が懐」と記されており、このすぐ近くにあった多田城(構居)に付随する邸宅跡だったと伝わるそうです。

官兵衛生誕地というのは、あくまで推測です。


e0158128_23122864.jpg
e0158128_23123208.jpg


その説明板です。


e0158128_23142306.jpg


さて、城跡に向かって進みましょう。


e0158128_23142671.jpg


道中、とにかく官兵衛生誕地推しです。

大河ドラマ効果というのは絶大ですね。


e0158128_23160768.jpg


城跡本丸跡には現在稲荷神社が鎮座しており、登り口には鳥居があります。


e0158128_23161077.jpg


その横には、官兵衛の里と書かれた案内看板が。


e0158128_23173317.jpg


鳥居が連なる石段を登ります。


e0158128_23173611.jpg


頂上が見えてきました。


e0158128_23183807.jpg


どうやらここが本丸跡のようです。


e0158128_23212598.jpg


「黒田城跡」と記された木碑と説明板があります。


e0158128_23212989.jpg


説明板です。


e0158128_23213339.jpg


縄張り図。


e0158128_19471689.jpg


説明板によると、黒田氏は赤松則村(円心)の弟・赤松円光を先祖とする赤松庶流の一族で、観応2年(1351年)に円光の子・七郎重光が多可郡黒田城に移り、黒田七郎重光と名乗って初代となったそうです。

その後、9代・黒田治隆まで200年以上この地を拠点としますが、元亀3年(1572年)に丹波の赤井五郎、石原掃部助連合軍の突然の襲撃に敗れ、黒田城は落城しました。

一方、治隆の弟・孝隆は、それより早く姫路城主・小寺職隆の猶子(養子)となっており、御着城主・小寺政職家老になっていました。

この小寺官兵衛孝隆が、のちの黒田官兵衛孝高だと説明しています。


e0158128_19472019.jpg


本丸跡からの眺望です。


e0158128_19443388.jpg
e0158128_19500364.jpg


本丸跡に鎮座する稲荷神社。


e0158128_19503191.jpg


こちらは、縄張り図にあった東郭です。


e0158128_19510994.jpg


黒田氏播磨国発祥説

通説とは大きく異なる説ですが、通説自体も根拠に乏しい分、こちらの説も、まったくの俗説といってしまうことも出来ないでしょう。

実際、官兵衛は播磨国で育ったことは間違いないわけですから、むしろ、近江国から流れて来たという説よりも、もともと播磨国発祥という説のほうが、見方によっては自然な気がしないでもないです。

官兵衛のみならずですが、中興の祖と呼ばれる戦国大名のそれ以前の出自というのは、けっこう曖昧で、後世に作られたものが多いですからね。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


# by sakanoueno-kumo | 2019-04-20 19:54 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

但馬国守護大名山名氏の本拠、此隅山城登城記。 <後編>

前編の続きです。

西郭を跡にして、主郭を目指します。


e0158128_22310200.jpg


ここから主郭までの進路には、小さな郭跡とみられる削平地が連なっています。

いよいよ主郭近しといった感じです。


e0158128_22334645.jpg


傾斜がキツくなってきました。


e0158128_22333220.jpg
e0158128_22334235.jpg


主郭の近くまで登ると、大きな岩がゴツゴツと行く手を阻みます。

足の短いわたしにはツライ(笑)。


e0158128_22350692.jpg


ようやく登りきり、広い削平地に出ました。

ここは主郭下の第2郭です。

のちの言葉で言う二ノ丸ですね。


e0158128_22364149.jpg


ここまで、麓から約30分ほどです。


e0158128_22381375.jpg


二ノ丸と主郭の間にある「切岸」です。

切岸とは、斜面を削って人工的に断崖とした構造で、斜面を通しての敵の侵入を防ぐために作られた防御壁です。


e0158128_22395473.jpg


その説明書き。


e0158128_22405561.jpg


そして、ここを登ると主郭です。

いざ!


e0158128_22452651.jpg


主郭です。

のちの用語でいえば本丸ですね。

此隅山城の主郭は標高140mの山頂にあり、南北42m、東西15mの細長い形をしています。


e0158128_22453658.jpg


此隅山城は但馬国の守護大名・山名氏の居城として、伝承では応安5年(1372年)頃に山名時義が築城したとされていますが、定かではありません。

応仁元年(1467年)に始まった応仁の乱では、西軍の総帥となった山名宗全(持豊)の元に計2万6千の軍勢が集まったといいますが、それも、ここ此隅山城だったと伝えられます。


e0158128_22474492.jpg


此隅山城が古文書ではじめて確認できるのは、永正元年(1504年)夏のことで、山名致豊垣屋続成との抗争で、垣屋続成が山名致豊と田結庄豊朝の立て籠もる此隅山城を攻めたという記述が残っています。

しかし、戦国時代に入って山名氏はその勢力を失い、永禄12年(1569年)に織田軍の羽柴秀吉但馬侵攻によって但馬国の18の城が落とされ、そのとき、ここ此隅山城も落城しました。

この後、その後、秀吉軍と和睦した山名祐豊は、天正2年(1574年)にここから約3km南の有子山山頂に有子山城(参照:有子山城跡と出石城跡登城記。)を築いて本拠としました。

此隅山城は別名・子盗城とも言いますが、その「子盗」という名を山名祐豊が嫌って、次の城は「有子」城と名付けられたともいわれています。


e0158128_22500368.jpg
e0158128_22500698.jpg
e0158128_22501074.jpg


主郭からの眺望です。


e0158128_22474082.jpg


主郭に設置された説明書きと縄張り図です。

縄張り図を見ると、主郭を中心に、尾根伝いに四方に郭が多数連なっているのがわかります。

説明書きによると、尾根という尾根にこれだけ多数の郭を設けている例はあまりないそうです。

主郭はそれほど大きくはありませんが、縄張り全体で見ると、南北約750m、東西約1200mもあり、但馬国最大の大城郭だったことがわかります。


e0158128_22584510.jpg


下山しました。

此隅山城の遠景です。

なんか、カメラの設定が狂っていたようで、色が変になっちゃっています。


e0158128_22555375.jpg


南側に目を向けると、有子山城も見えます。


e0158128_22555639.jpg


山名氏はその後、祐豊の息子の山名堯熙のときに毛利氏方についたため、天正8年(1580年)の秀吉による第二次但馬征伐で再び攻撃を受け、有子山城は落城。

200年に渡って隆盛を誇った山名氏は滅亡しました。

栄枯盛衰は世の慣いです。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


# by sakanoueno-kumo | 2019-04-19 00:30 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

但馬国守護大名山名氏の本拠、此隅山城登城記。 <前編>

先日の稿で紹介した有子山城、出石城から3kmほど北上したところに、此隅山城跡があります。

此隅山城は但馬国の守護大名・山名氏が有子山城に移る前に拠点としていた城で、有子山城と合わせて「山名氏城跡」として国の史跡に指定されています。


e0158128_21551873.jpg


登山口は兵庫県豊岡市出石町にある「いずし古代学習館」の裏側にあります。


e0158128_21572348.jpg


説明板と縄張り図です。


e0158128_22040076.jpg


登山道は見学者用に整備されているので、進路を迷うようなことはありません。


e0158128_22040435.jpg


此隅山城跡の城主・山名氏は、もとは新田氏の流れをくむ関東上野国の武士で、足利尊氏にしたがって室町幕府成立の騒乱で活躍します。

室町幕府の四職家で最大級の大名となった山名氏は、その一族が但馬、因幡、丹波、美作など日本全国66カ国中11カ国守護職を兼帯して「六分の一殿」と呼ばれました。

元中8年/明徳2年(1391年)の明徳の乱によって、一族の内紛を起こしたために一時衰退しましたが、嘉吉元年(1441年)の嘉吉の乱で勢力を回復し、応仁元年(1467年)に始まった応仁の乱では、山名宗全(持豊)西軍の総帥となりました。

但馬国はこの山名氏の根拠地であり、戦国時代まで一貫して山名氏が守護大名としてこの但馬国を治めました。


e0158128_22070417.jpg


道中、急勾配の道はロープが張られていました。

けっこうキツイ。


e0158128_22065095.jpg


主郭まで300mとあります。


e0158128_22093500.jpg


急勾配の道を登りきったところに、郭跡のような削平地があります。


e0158128_22092747.jpg


説明板が設置されています。


e0158128_22104307.jpg


郭を過ぎたところに、堀切跡らしき地形が見られました。


e0158128_22130233.jpg


さらに進むと、今度ははっきりと分かる堀切跡があります。


e0158128_22125277.jpg


その説明板です。


e0158128_22140358.jpg


さらに進むと、主郭西郭への分岐点があります。

まずは西郭に行ってみましょう。


e0158128_22162585.jpg


何やら説明板が見えます。


e0158128_22182266.jpg
e0158128_22182974.jpg
e0158128_22182556.jpg


土塁跡のようです。


e0158128_22203317.jpg


さらに尾根伝いに西へ向かいます。


e0158128_22230103.jpg


説明板らしきものが見えてきました。

どうやら、ここが西郭のようです。


e0158128_22225150.jpg


案内板です。

汚れててさっぱり読めない(苦笑)。


e0158128_22243830.jpg


西郭からの眺望です。


e0158128_22244287.jpg


西郭の真ん中には、大きな盛り土のコブがあります。

土塁?

何の遺構かよくわかりません。


e0158128_22254877.jpg


さて、引き返して主郭に向かいましょう。

続きは「後編」にて。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


# by sakanoueno-kumo | 2019-04-18 00:54 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

いだてん~東京オリムピック噺~ 第14話「新世界」 ~明治の終焉~

 第5回ストックホルムオリンピックのマラソンが行われた日から半月後の明治45年(1912年)7月30日、明治天皇崩御し、元号が「大正」に改められ、同日は大正元年7月30日となりました。先ごろ、平成の次の元号「令和」が発表されましたが、「令和」の出典は万葉集からだそうで、日本の国書からの出典は歴史上初のこととして話題になっていましたが、「大正」の由来は『易経』彖伝・臨卦「大亨以正、天之道也」(大いに亨(とほ)りて以て正しきは、天の道なり)からだそうで、過去4回、候補に上がりながら採用されず、5回目での採用だったそうです。当時はネットSNSもありませんから、巷でむやみに予想されることもなく、学者さんたちも決めやすかったでしょうね。


 「激動の昭和」などとよく言われますが、明治期もまた、昭和に勝るとも劣らない激動の時代だったといえるでしょう。戊辰戦争の真っ只中に改元され、薩長閥を中心とした新政府が発足したものの、明治10年(1677年)の西南戦争までは各地で内乱が続き、その後は「富国強兵」をスローガンに掲げ、殖産興業政策とともに産業が発展し、明治22年(1889年)には憲法議会が設置され、曲がりなりにも近代国家の仲間入りを果たしました。


また、軍事面においても、明治27年(1894年)から翌年にかけての日清戦争、明治37年(1904年)から翌年にかけての日露戦争に勝利したことで、明治の終わりには世界の強国に名を連ねるようになりました。当時、八大強国と言われたのは、イギリス、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア=ハンガリー、ロシア、そして日本でした。幕末、ペリー艦隊黒船来航で大騒ぎになった日本は、わずか半世紀余りで世界有数の軍事大国となったわけです。昭和の敗戦からわずか40年ほどで世界一の経済大国となった昭和の時代と似てますよね。本気を出したときの日本の力はすごいんです。


 もっとも、日露戦争に勝利したあとの日本は、自国の国力を過大評価し、盲信し、やがて昭和の敗戦を迎えるまで軍国主義が国を支配し、国を滅ぼすに至ります。一方で無類の経済発展を遂げた戦後の日本も、昭和の終わりにバブル経済に浮かれ、やがて崩壊し、失われた20年の平成期に至ります。やはり、急激な発展というのは、地に足がついておらず、なにか歪なものを生み出すのかもしれません。


 明治天皇は、日露戦争の前ぐらいから糖尿病を患っておられたようでした。当時、糖尿病は原因がわかっておらず、正しい治療法が確立されていませんでした。明治天皇はたいへんな酒豪だったそうですが、おそらく、糖尿病を患われてからもお飲みになっていたのでしょう。明治45年になると病状はどんどん悪化し、7月19日に倒れられ、そのまま昏睡状態となり、7月30日、最後は心臓麻痺で崩御しました。宝算61歳(満59歳)。


e0158128_22463989.jpg 9月13日に大喪の礼が執り行われましたが、その夜、陸軍大将乃木希典が奥さんの静子さんとともに自害した話はあまりにも有名ですね。いわゆる「殉死」というやつですが、このとき、当然のことながら、乃木大将夫妻の行いを讃える人批判する人の両方があらわれ、大いに議論されたようです。その死は文学作品の中でも扱われ、日露戦争後に乃木は学習院の校長を務めていましたが、その乃木の教育方針に批判的だった白樺派志賀直哉芥川龍之介などの一部の新世代の若者たちは、乃木の死を「前近代的行為」として冷笑的批判的な態度をとりました。これに対し、夏目漱石は小説『こゝろ』森鴎外は小説『興津弥五右衛門の遺書』をそれぞれ書き、白樺派などによってぶつけられるであろう乃木に対する非難や嘲笑を抑えようとしました。当時は当時で、幕末生まれと明治生まれのジェネレーションギャップがあったようですね。


 ちなみに、アイドルグループ「乃木坂46」の乃木坂は、乃木大将の殉死を悼んでつけられたネーミングなんですが、そんなこと、彼女たちのファンは知らないだろうなぁ。


 と、気づけばドラマのストーリーにほとんど触れずにきちゃいました。とにかく、オリンピックを終えた金栗四三たちが帰国したときの日本は、そんな状態だったわけです。彼らにしてみれば、明治に旅立って帰ってきたら大正になっていたのですから、さぞ驚いたことでしょう。もっとも、オリンピックで結果を残せなかった彼らにしてみれば、そんなドサクサに紛れて帰ってこられて良かったのかもしれませんが。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



更新を通知する


# by sakanoueno-kumo | 2019-04-15 22:49 | いだてん~東京オリムピック噺~ | Trackback | Comments(0)  

有子山城跡と出石城跡登城記。 その4 ~出石城~

「その3」有子山城跡をすべて攻略したので、下山して麓の出石城跡を散策します。

出石城は関ヶ原の戦い後の慶長9年(1604年)、有子山城主だった小出吉英が山頂の城を廃し、麓にあった居館を整備して出石城と命名し、幕府に居城として届けた城です。


e0158128_21433434.jpg


橋や城門は後世のものですが、石垣は江戸期のものです。

背後にそびえる山が、有子山です。


e0158128_21450262.jpg
e0158128_21450799.jpg


城門の横に目を向けると、「続日本100名城選定」と印刷された横断幕が。


e0158128_21472329.jpg


城門をくぐると、西郭があり、そこから見た二ノ丸の石垣と西隅櫓が上の写真です。


e0158128_21504964.jpg


こちらが、その西郭


e0158128_21504028.jpg


二ノ丸に登る石段です。


e0158128_21542340.jpg


二ノ丸です。


e0158128_21540890.jpg


「二の丸跡」の石碑の背後に見えるのは、本丸西隅櫓です。

昭和43年(1968年)に建てられた模擬櫓


e0158128_21565574.jpg
e0158128_21565954.jpg


二ノ丸東側を見上げると、本丸東隅櫓が見えます。

これも同じく昭和43年(1968年)の模擬櫓


e0158128_22011292.jpg
e0158128_22011596.jpg
e0158128_22011806.jpg


本丸西側の石垣と西隅櫓です。


e0158128_22133117.jpg


本丸に登ってきました。


e0158128_22133532.jpg


本丸といっても、最上段ではありません。

もともと有子山城の麓の居館だったところを改築した城ですから、籠城戦を想定して築かれてはいないんですね。


e0158128_22060225.jpg
e0158128_22060668.jpg
e0158128_22061016.jpg


本丸の背後には、高さ13.5mの高石垣がそびえます。

但馬地方の城跡では、最大級の石垣だそうです。


e0158128_22081344.jpg


東隅櫓です。


e0158128_22081628.jpg


西隅櫓です。


e0158128_22082052.jpg


江戸時代に入り、徳川幕府によって制定された一国一城令により、出石城は但馬国唯一の城郭となります。

やがて9代続いた小出氏は無嗣改易となり、その後、出石藩主は松平忠周から仙石政明へと引き継がれ、以後、廃藩置県まで仙石氏7代の居城となります。


e0158128_22112550.jpg


本丸には、その仙石氏の中興の祖である仙石秀久を祀った感応殿が鎮座します。


e0158128_22155211.jpg


本丸を出て、さらに上段の郭に向かいます。

その道中、本丸東側にある山里丸です。


e0158128_22155575.jpg


苔むした高石垣。


e0158128_22185753.jpg


そして最上段の郭。

ここには有子山稲荷神社が鎮座することから、稲荷郭と呼ばれます。


e0158128_22184521.jpg
e0158128_22184803.jpg


社殿は江戸後期のものですが、有子山稲荷の始まりは、小出吉英が城内鎮護のために有子山城にあった稲荷社を移したものとも、旧領の岸和田の稲荷社の分霊を勧請したものともいわれます。


e0158128_22233526.jpg
e0158128_22233985.jpg


稲木郭から本丸を見下ろします。


e0158128_22234337.jpg


稲荷郭から見た出石の城下町です。


e0158128_22234726.jpg


出石の城下町のシンボル、辰鼓楼も見えます。


e0158128_22260315.jpg


参道を通って下山しましょう。


e0158128_22284774.jpg


辰鼓楼です。

背後の有子山山頂に、有子山城本丸石垣がかろうじて見えますね。

辰鼓楼については、以前の拙稿を一読ください(参照:日本最古の時計台~辰鼓櫓~)。


e0158128_22320142.jpg


せっかく出石に来たので、出石そばを食べて帰りましょう。

最後に、続日本100名城のスタンプです。


e0158128_22330845.jpg

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


# by sakanoueno-kumo | 2019-04-14 12:08 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

有子山城跡と出石城跡登城記。 その3 ~有子山城本丸・千畳敷~

「その2」の続きです。

有子山城を登り始めて約1時間、ようやく本丸(主郭)までたどり着きました。

眼前に現れたのは、見事な石垣


e0158128_18430259.jpg


450年近く前の野面積みの石垣です。

よくこんなに綺麗に残っていましたね。


e0158128_18501096.jpg
e0158128_18501320.jpg


出隅は第3郭で見られた鈍角シノギ積みとは違って、直角になっています。

でも、強度の高い算木積みの技法は見られません。

でも崩れずに残っていたんですね。


e0158128_18502840.jpg
e0158128_18502010.jpg


本丸北側の石垣は、ネットで保護されていませんでした。

その前に、「犬走り」のような狭いスペースがあります。

その下は崖になっています。


e0158128_18475040.jpg
e0158128_18475388.jpg


本丸に登る23段の石段です。

虎口は幅約5mあります。


e0158128_18572316.jpg


本丸です。

広い!!

東西42m、南北20mあります。


e0158128_18572829.jpg


前稿でもふれましたが、有子山城は但馬国守護の山名祐豊が築城した城です。

元来の山名氏の本拠は、ここから3kmほど北の此隅山城を居城としていましたが、永禄12年(1569年)の羽柴秀吉但馬攻めで落城し、その後、秀吉軍と和睦した山名祐豊が、天正2年(1574年)に標高321mの有子山山頂に有子山城を築いて本拠としました。

此隅山城は別名・子盗城とも言いますが、その「子盗」という名を山名祐豊が嫌って、次の城は「有子」城と名付けられたともいわれています。

しかし、祐豊の息子の山名堯熙のときに毛利氏方についたため、天正8年(1580年)の秀吉による第二次但馬征伐で再び攻撃を受け、落城しました。

その後、有子山城には秀吉の実弟・羽柴秀長が入り、そのとき、石垣の城に改修されます。

現在残る石垣の遺構は、秀長時代のものということになりますね。


e0158128_18573346.jpg


秀長時代の改修は、築城の名人として知られる藤堂高虎が関わっていたようです。

高虎の生涯を記した『高山公実録』に、「28歳、羽柴秀長の命により出石(有子山)に築城を命ぜられた」という記述があり、記録上、高虎が最初に手がけた石垣の城が、ここ有子山城だったのではないかと言われています。


e0158128_19002758.jpg


案内板が設置されています。


e0158128_19003152.jpg


心ない落書きが酷いです。


e0158128_19041808.jpg
e0158128_19042240.jpg
e0158128_19042574.jpg


本丸からの眺望です。


e0158128_19042859.jpg
e0158128_19043335.jpg


雲が近い。


e0158128_19071378.jpg


麓をズームアップ。

出石の城下町のシンボル、辰鼓楼が見えます。

わたしの愛車も見えます(笑)。


e0158128_19101365.jpg


わたしの山城めぐりの必須アイテム(笑)。


e0158128_19120863.jpg


本丸南東を見下ろすと、大堀切があります。

幅28m、深さ12mあります。


e0158128_19130379.jpg


その向こう側には、千畳敷と呼ばれる有子山城最大の郭跡が見えます。

行ってみましょう。


e0158128_19135863.jpg


先ほどの大堀切の下です。

巨大なV字型になっています。

おそらく、往時はもっと深かったのでしょう。


e0158128_19163491.jpg


そして、千畳敷です。


e0158128_19190003.jpg


東西135m、南北50mもあり、但馬国の城郭では最大の郭だそうです。


e0158128_19190390.jpg


所々に建物があったとみられる礎石跡があります。


e0158128_19154609.jpg


庭園もあったとされているそうです。

この大きな岩は、その名残でしょうか?


e0158128_19204169.jpg


千畳敷から見た本丸です。


さて、これにて有子山城をすべて攻略しました。

「その4」では麓の出石城を散策します。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


# by sakanoueno-kumo | 2019-04-12 01:03 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

有子山城跡と出石城跡登城記。 その2 ~有子山城二ノ丸・三ノ丸~

「その1」の続きです。

有子山城を登り始めて約40分、ようやく石垣の遺構までたどり着きました。


e0158128_17591556.jpg


写真は主郭から数えて6段目の第6郭の石垣です。


e0158128_18025897.jpg


こちらが縄張り図です。

有子山城は標高321mの山頂に主郭を置き、東西740m、南北約780mの大城郭です。


e0158128_18041002.jpg


手前の石垣が第6郭のもので、奥の上段に見える石垣が、第5郭の石垣です。

450年近く前の石垣ですが、綺麗に残っていますね。


e0158128_18060704.jpg


第6郭の上です。


e0158128_18061194.jpg


第6郭からの北側眺望。


e0158128_18073595.jpg


第6郭上から見た第5郭の石垣。

崩れないようにネットで保護されています。


e0158128_18090943.jpg


こちらは第4郭上です。

第4郭には石垣がありません。


e0158128_18175059.jpg


第4郭横の細い道を通って上の段に上がります。


e0158128_18223032.jpg


眼前に現れたのは、第3郭の見事な石垣。

思わず、「おお~!」と声が出ました。


e0158128_18223467.jpg


石垣の出隅が鈍角になっています。

この技法を「シノギ積み」と呼びます。

ネットが掛けられているのが、少し残念ですね。


e0158128_18265068.jpg


有子山城は天正2年(1574年)に但馬国守護の山名祐豊が築城した城です。

山名氏といえば、応仁の乱の西軍の総大将だった山名宗全が有名ですね。

祐豊は宗全から5代あとの当主でした。


e0158128_18264010.jpg
e0158128_18264586.jpg


元来の山名氏の本拠は、ここから3kmほど北の此隅山城を居城としていましたが、永禄12年(1569年)の羽柴秀吉の但馬攻めで落城し、その後、秀吉軍と和睦した山名祐豊は、天正2年(1574年)に標高321mの有子山山頂に有子山城を築いて本拠とします。

しかし、祐豊の息子の山名堯熙のときに毛利氏方についたため、天正8年(1580年)の秀吉による第二次但馬征伐で再び攻撃を受け、落城しました。

その後、有子山城には秀吉の実弟・羽柴秀長が入り、そのとき、石垣の城に改修されます。

現在残る石垣の遺構は、秀長時代のものということになりますね。


e0158128_18263003.jpg
e0158128_18263796.jpg


第3郭下が本丸千畳敷の分かれ道になっています。

ここは、まず本丸を目指します。


e0158128_18293588.jpg
e0158128_18293984.jpg


第3郭石垣の上です。


e0158128_18321803.jpg
e0158128_18322247.jpg
e0158128_18322507.jpg


こちらは第2郭石垣です。

少し崩れかけているように見えますが、虎口が枡形に折れ曲がっているようにも見えます。


e0158128_18360903.jpg


第2郭からの眺望。


e0158128_18361333.jpg


雲が低い。


e0158128_18361712.jpg


本丸、二ノ丸、三ノ丸といった用語は、豊臣秀吉の時代から使われ始める言葉ですが、それでいえば、この第2郭から第6郭が二ノ丸から三ノ丸に相当すると思われます。

さて、いよいよ主郭(本丸)と言いたいところですが、長くなっちゃったので次稿に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


# by sakanoueno-kumo | 2019-04-10 22:36 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)