人気ブログランキング |

神戸の町は今・・・。<新型インフルエンザの1週間>

<新型インフル>神戸市、兵庫県で休校措置を解除

 わが町神戸に新型インフルエンザ感染が確認されてから1週間が経とうとしている。連日膨れ上がる感染者の人数が報道され、陸の孤島と化した神戸・大阪。学校は全て休校、仕事を持つ親は休暇を余儀なくされ、職場では人手不足で右往左往の企業もあるとか。イベントや学会、会合なども続々と中止され、各方面に与えた影響ははかり知れない。
 
 我が家では中3の息子が修学旅行が中止(延期?)になり、もんもんと自宅待機している。小2の娘は幸いにして近くに祖父母がいるため、先週土曜日から預かってもらうことが出来、家内は休暇を取らずにすんでいる。来週から休校措置を解除し平常授業を再開するそうだが、感染が沈静化してきたわけでもなく、根拠がよくわからない。弱毒性であることは早くから認識されていたわけで、全校休校などという荒療治が必要だったのだろうか?必要なのであれば沈静化していない現状で解除する理由が理解できないし、このタイミングで解除というならば、最初から必要なかったのではないかと思ってしまう。

 一昨日、東京、神奈川で感染者が確認され、今日また埼玉で出たもよう。マスコミ報道の目は一気に関東に向けられ、陸の孤島と化していた神戸・大坂にようやく平常が取り戻されそう・・・などと言ったらお叱りを受けるだろうか?しかし、それほどこの1週間の騒ぎは異常で、感染者を犯罪者の如く報道する内容を見ると、ウィルスに感染することには恐怖を感じないものの、感染したあとの2次災害のほうに恐怖を覚える。感染しても申告せず、自力で治そうとする人たちも多くいるように思えてならない。

 神戸では150人ほどの感染者が出ているようだが、神戸の人口で考えると1万人に1人程度の感染率。通常の季節性インフルエンザと比べてもはるかに少ない。そもそも大騒ぎするほどのことではなかったのでは?弱毒性ということであれば、ただのウィルス性の風邪なんだから・・・。

 1日も早く平常の生活に戻れることを願うばかりだ。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村


以下、記事本文引用
*************************************************************
<新型インフル>神戸市、兵庫県で休校措置を解除
 神戸市は16日から続けていた市立の保育所や幼稚園、小中学校・高校、特別支援学校の休校・休園措置を22日で解除することを決めた。週末のため、授業再開は25日からになる。休業中の市内のデイサービス施設などは23日から業務を再開する。政府が22日に柔軟な対応が取れる新方針を決めたことを受けて決定した。一方、兵庫県も県内の全県立高校の休校措置と私立・公立学校への休校要請を22日までとすることを決めた。10人以上の感染者がいる3校は休校を7日間延長、10人未満の5校は直近の感染者の発症日から7日間を休業とする。

by sakanoueno-kumo | 2009-05-22 17:28 | 時事問題 | Comments(6)  

Commented by marquetry at 2009-05-24 21:37
確かに、過剰反応と言えなくはない...住んでいる人達には、迷惑千万だったでしょうね...。でも、新型インフルエンザの本当の怖さは、第2、第3段階...つまり、これからだと思います。
新型故に、どう変化するかが解らない。ワクチンも製造が追いつかない。一度入り込んでしまったら、人から人へ感染を繰り返すうちに、強さが増す可能性がある....スペイン風邪の時も、始めから強いウィルスだった訳じゃないらしい...。今回の経験で解った事は、病院の体制も、検閲の体制も、イザと言う時には全く足りない..ということ。神戸は良く対応している方だと私には見えました。日本はこの状況で、イザと言う時に本当に対応できるのか?不安だというのが、私の実際の感想です。
追伸...リンクありがとうございます。私も頂いていきます。
Commented by sakanoueno-kumo at 2009-05-24 22:57
感染者が10代の中・高生に集中しているということらしいですが、もちろん今回のウィルスにはそういう特徴があるのも事実なんでしょうけど、これだけ過剰に報道されると、大人は正直に申告してないのでは・・・と思ってしまいます。
最初に成田の検疫で確認された大阪の高校は、心無い人たちの誹謗・中傷で「謝れ」「帰ってくるな」などの理不尽な攻撃にさらされたそうです。
あきれたのは、先日東京・神奈川で感染確認された女子高校生の成田を出てからの足どりを、電車やバスの位置までことこまかく解説していた報道。
あのようなさらされ方を見れば、職場や取引先などへの風評被害を懸念して、言わない方がいいと判断する大人は沢山いても不思議ではありません。
おっしゃるように新型故にどう変化するかわからないことを考えると、細心の注意が必要なのでしょうが、ああいった過剰な報道や国民の不安をあおるような対策は、かえって感染拡大を後押ししているように思えました。
Commented by marquetry at 2009-05-25 14:10
そうですね、近年のマスコミは、ニュース報道まで精査されず、単なる興味本位、心ない噂レベルが多く、また、そのニュースを鵜呑みにし、一緒になって騒ぐ愚かなものが多い事も悲しい事です。インフルエンザよりも、こうゆう別な精神的感染が一番人間を怖いものに変えますよね。
Commented by sakanoueno-kumo at 2009-05-25 15:31
今日の報道によると、新型インフルエンザの新たな感染者数は2・3日前から急激に減少傾向にあるようですね。同時に世間の関心も急激に薄れてきたように思えます。なんか、あっという間の出来事で、台風にみまわれたような気分です。(まだ感染患者はたくさんいますが・・・。)
神戸ではまだマスクを外せない生活ですが、学校も始り、ボチボチ平常の暮らしを取り戻していきます。
marquetryさん、リンク返しありがとうございました。
Commented by kasakoblog at 2009-05-28 20:51
東京ではほとんど混乱もなく、
マスクをしている人もとても少なかったです。
神戸がそんな事態になっていたとは・・・。
もし東京が先だったら、すごいパニックだったろうと思うと、
ぞっとします。
Commented by sakanoueno-kumo at 2009-05-28 22:11
かさこさん、コメントありがとうございます。
今日、神戸市も安全宣言したようです。
まさに「台風一過」といったところでしょうか。

<< 天地人 第21話「三成の涙」 使い続けざるを得ない選手に!鳥... >>