人気ブログランキング |

悩める雄星投手に見る、左投手の質の考察。

 今年のプロ野球開幕前の一番の話題といえば、なんといっても埼玉西武ライオンズのゴールデンルーキー菊池雄星投手で、連日彼の動向を伝える報道が後を絶たなかったが、ここにきてようやく過剰報道とも思えた彼の話題も沈静化してきたようだ。高卒としては史上最高の6球団からの1位指名を受け、プロ野球界の宝とまで言われた彼だが、なかなか思うようにいかず苦しんでいるようだ。もっとも、高校野球とプロ野球の差というのは想像以上に大きいもので、あのダルビッシュ有投手や桑田真澄投手でさえ1年目は大した結果は残しておらず、雄星投手もまだまだ焦ることはない。しかしその例でいえば、11年前の高卒ゴールデンルーキーだった松坂大輔投手は、入団初年度から16勝をあげ最多勝利投手、ベストナイン、ゴールデングラブ賞などを総ナメにしており、今更ながらに彼が「30年に一人の怪物」と言われた所以がわかる。雄星投手も30年に一人の逸材と言われているが・・・。

 雄星投手といえば、言わずと知れた速球派の左腕。サウスポーで150キロ超の投手はプロ野球界を見渡してもそうそういるものではなく、そこが、彼が「金の卵」と評される所以なのだが、過去の例から見て、この左の速球派投手の前評判ほどあてにしづらいものはない。桑田真澄、松坂大輔、ダルビッシュ有、田中マー君など、それぞれの時代の甲子園のスターでプロでも大投手に成り得ているのは圧倒的に右投手。大昔まで遡れば、金田正一江夏豊鈴木啓示といった左腕の大投手もいるが、名球会入りした投手で見ても、そのほとんどが右投手だ。それでも左投手というのは重宝され、プロ野球全投手の約3分の1を占めている。

 それでは何故、左投手に大投手が少ないのか。それはプロ野球選手になるまでのプロセスにあるだろう。私は少年野球の指導者をしているが、毎年各学年15人~20人ほどの入部人数の中で左投げの子は1人か2人。しかしその子は左投げというだけで無条件に投手候補になる。サウスポーは希少価値があって有利という理由と、左投げの子は投手を練習させなければ、他はファーストか外野しかポジションがないという理由もある。野球をする子どもたちなら誰でも投手に憧れるものなのだが、左投げの子は競争無く投手になれる。逆に右投げの子は最初から競争なのだ。

 小・中・高校と進むにつれ競争は激しくなり、高校野球でマウンドに立てる子はその競争に勝ち抜いてきた選手。言ってみれば選り抜きの精鋭だ。甲子園に出てきている選手などは内外野手たちも皆、小学校時代は投手だったという選手ばかり。しかし、左投手はといえば、ふるいにかけられることなく生き残ってきた場合が多い。絶対数が少ないのだから当然だ。だから当然、右投手に比べて微妙なところの質が落ちる。左投手にノーコンが多いと言われるのも、その理由のひとつだろう。

 左利きの人の数は、日本の全人口の約8%ぐらいだそうだ。上記、少年野球の左投げの数を見ても頷ける数字だ。しかしプロ野球界で見れば、上にも記したように約3分の1が左投手。この比率から考えれば、左投手は右投手に比べてプロ野球の門は5倍以上広いことになる。例えばイチロー選手なども高校時代は投手で、仮に彼が左投げだったとすれば、おそらく投手としてプロに入っていたことだろう。右投手にとってプロ野球が東大だとすれば、左投手にとってのプロ野球は地方の国公立大学といったところだろうか。もちろんそんな中でも超一流になれる可能性を持った左投手はいるだろうが、確率で言えば、右投手に比べてハズレの可能性も5倍ということだ。

 松坂大輔投手が30年に一人の怪物だとすれば、松坂レベルの左投手が現れるのは150年に一人ということになる。金田投手か江夏投手がその域だとすれば、私の生きている間にはサウスポーの大投手は現れないことになってしまうのだが・・・雄星投手や如何に・・・?!



ブログランキングに参加しています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100520-00000021-sph-base

by sakanoueno-kumo | 2010-05-20 17:29 | プロ野球 | Comments(11)  

Commented by heitaroh at 2010-05-21 16:07
野球というスポーツは考えてみれば、凄いですよね。
人間にあったスポーツではなく、人間があわせたスポーツなんですから。
野球という競技をするために、右投げに変え、左打ちに変える・・・。
今は、かなり早い段階からそうするんでしょ?
以前、貴兄様から聞いたんでしたっけ?
高校野球に入ってきたときにはすでに皆、右投げ左打ちになっている・・・と。
最初から、これは右投げ左打ちでやるスポーツです・・・と言ったら、おそらく、やる人たちは少ないんじゃないでしょうか。
それが、右投げ左打ちは有利だよ・・・となると、皆、率先して変える・・・。
少し考えさせられる話ではありますが、何か違うような気も。
Commented by 神戸ブログポータルKO-CO at 2010-05-21 18:43 x
はじめまして。
【神戸ブログポータルサイトKO-CO】運営事務局の中畑と申します。
http://www.ko-co.jp/

突然のコメントを大変失礼致します。

神戸での情報配信でお役に立てるかと思い、メールしました!
とてもコアな情報を発信されていると感じました!!
よろしければ、こちらでもブログを開設して、
神戸の方に面白い情報を配信してください^^
Commented by 雪だるま at 2010-05-21 22:34 x
はじめまして。

雄星くんの「ドラフト1位」は、将来性に対してです。
監督も「1年間は体作り」と仰っていました。
それをマスコミは、雄星くんを「メシの種」として
あることないこと色んなことを過剰に書きたてました。
地方の普通の野球部出身の純朴な彼にとって、精神的に
かなり辛いことがあったことは想像に難くありません。

特に、ゲ○○イや夕刊○ジなどといった3流タブロイド紙あたりの節操のない記事には呆れてしまいます。

このような状況の中で、高卒ルーキーの結果論を語る
のは少々、酷なような気がします。

夏の甲子園が終わっても、誰よりも早くグラウンドに
出て、黙々とグラウンド整備をしていた雄星くんです。
「捲土重来を期す」、彼は必ず這い上がってきます!
Commented by sakanoueno-kumo at 2010-05-21 22:48
< heitarohさん。
いえいえ、投手の場合同じ力量なら間違いなくサウスポーのほうが有利だと思います。
ただ、絶対数が少ないため、その力量のある投手が少なく、歴史に残る大投手は結果として右投手が多い・・・ということです。

おっしゃるように利き手を矯正することには私も思うところがあります。
その件に関しても、近日中に起稿するつもりでしたので、またそのおりに・・・。
Commented by sakanoueno-kumo at 2010-05-21 22:50
< 神戸ブログポータルKO-COさん。
ご丁寧な案内ありがとうございます。
が、申し訳ありませんが、新たなブログ開設は遠慮させて頂きます。
このブログひとつでいっぱいいっぱいです。
Commented by sakanoueno-kumo at 2010-05-21 23:03
< 雪だるまさん。
はじめまして。
コメントありがとうございます。
勘違いしてほしくないのは、私も雄星投手には期待しています。
12球団の中で、若手を育てるのが一番上手いのはライオンズだと私は思っていますし、彼には超一流になれる天分が備わっていると私も思います。
あくまで左投手の一般論を述べたまでです。

>地方の普通の野球部出身の純朴な彼にとって、精神的にかなり辛いことがあったことは想像に難くありません。

私もそう思います。
が、同時にあの素朴で愛すべき性格は、投手としては不安材料でもあります。
投手には、いい意味でのふてぶてしさが必要だと思います。
心ないマスコミの報道もスター選手は誰もが通る道で、ここで壊れてしまうようではダメなんじゃないでしょうか。

キャンプのときから思っていることなんですが、彼、イップスなんじゃないでしょうか?
彼の真面目な性格が、彼の本来持つ力を抑えつけているように思えてなりません。
Commented by T37umanami at 2010-05-23 21:45
こんばんは。
雄星投手には、頑張ってほしいですね。
ちょっと考え過ぎてしまう点が今苦しんでいる原因なのかなと
考えています。

自分も左投げ・左打ちで投手出身だったので、よくわかります。
小学校の部活で最初やったのは、投手でしたね。
記事の点から、やはりどこかで「左」だから大丈夫的な

事を考えてしまって安心したことから、
高校時代は伸びなかったのかなと考えてしまいました。
Commented by sakanoueno-kumo at 2010-05-23 22:36
< T37umanamiさん。
貴殿も左投手だったんですね。
拙文で気を悪くされましたらお詫びします。
でも、左投手はやっぱ有利でしょう?
今春の甲子園大会を見ても、サウスポーのエースの多さには驚きました。
決勝の興南・島袋君や日大三・山崎君はどちらも左腕でしたし、なんか年々サウスポーの比率が高くなっているように思います。
でも過去を遡って思い出せば、江川、桑田、松坂、ダルビッシュ、田中マー君・・・記憶に残る甲子園のスターは皆右投手ですよね。
彼らは皆、その後プロに入っても期待通りの活躍をしており、逆に左腕の投手は期待外れという場合が多いのが現実です。
それは、拙文のような理由にあるのかと・・・。
Commented by ライオンズファン at 2014-07-12 18:59 x
4年前の記事ですが非常に興味深くコメントさせていただきます
その菊池雄星はもうプロ入り5年目になりましたが未だに勝てずに苦しんでいます
そのライオンズの1軍は「他に左投手がいないから」という理由だけで1軍に残っているような投手がいるような現状であり、今日もその投手が延長12回の土壇場で決勝点を取られ敗退し、サウスポー投手ならプロ入りも右投手よりハードル低いし、入団後もサウスポーの希少性からクビにもなりにくいし、いろいろ有利なんだろうなと思いました

ただサウスポーの素晴らしさを1つ擁護するとすれば、40歳も過ぎてプロで活躍できる投手はほとんどがサウスポーという点もありますね
工藤投手・山本昌投手・下柳投手・吉田豊彦投手・・・
昨年40才で引退してしまいましたが石井一久投手などは明らかにまだ体を絞ってしっかりトレーニングすれば3年はできる余力あったと思いますし、本人も「遣ろうと思えばまだできる」と言ってましたからね

サウスポー投手は右投手よりは寿命が長いと言えるでしょう
右投手はほとんどの投手が30歳を過ぎるともう球威に衰えが出てきてしまいますし、華の時期は短いとも言えますからね
Commented by sakanoueno-kumo at 2014-07-13 18:36
< ライオンズファンさん

コメントありがとうございます。
当方、阪神ファンですので、交流戦以外でパ・リーグの試合を観る機会が少ないのですが、たしか菊池投手、去年の前半は頑張っていましたよね。
先発ローテに定着して、オールスターにも選出されて、ようやく才能が開花したか!と思ったのですが、後半、たしか故障しちゃったんですよね。
その後、また彼の話題を耳にしなくなっちゃいましたが、まだ故障を引きずってるんでしょうか?
この稿を書いたのは入団1年めの開幕5月で、まだ彼の実力が海の物とも山の物ともつかないときでしたが、いまの彼は、たとえ数ヶ月といえどもオールスターに選出されるほどの活躍をした実績をつくりましたから、見方は変わったんじゃないでしょうか。
やはり、実力があることは立証されたわけで・・・。
なんとかもう一度這い上がってほしいものです。
Commented by sakanoueno-kumo at 2014-07-13 18:42
< ライオンズファンさん

つづき
たしかに、サウスポー投手に寿命が長い選手が多く思えますが、それは、ひとつには希少価値ではないでしょうか。
同じ力があっても、右投手ならとうにクビになってたんじゃないかと。
それともうひとつ、上に挙げられた投手の方々は、いずれも速球派ではありませんよね(下柳投手や吉田豊投手は、若い頃は速球派でしたが)。
速球派の投手は、どうしても衰えに直面するときがあり、そこで上手く技巧派にシフトできなければ、寿命が短くなっちゃうわけで・・・。
その意味では、左投手のほうが技巧派にシフトしやすいかもしれません。
これも、やはり希少価値が理由のひとつではないかと。
右打者と左打者は、ほぼ半々くらいの割合でいますから、投手も、それに合わせて数を揃えておきたいといったところじゃないでしょうか。
石井一久投手が、まだまだ余力があったとおっしゃる論でいえば、右投手にも、まだまだ余力がありながら定員オーバーで戦力外になった例はたくさんあるんじゃないかと・・・。
超一流選手以外は皆、30歳超えたら生き残り合戦ですからね。
その点、左投手は右投手に比べて敵が少ないですから。

<< 龍馬伝 第21話「故郷の友よ」 龍馬伝 第20話「収二郎、無念」 >>