人気ブログランキング |

坂の上の雲 第7話「子規、逝く」

 秋山真之が外国勤務を解かれて帰国したのは、明治33年(1900年)秋のことだった。翌34年には海軍少佐に昇進した。この頃彼は、いよいよ海軍戦術の研究に熱中していたらしく、その熱心さを人に感心されると、やや照れ隠しもあってか「一生の道楽」といっていたという。軍人も官僚である以上、そういうことをしなくても日々の任務を真面目に勤めていればちゃんと昇進していける。そういう意味では、彼の戦術研究は「道楽」であったかもしれない。この当時、日本海軍には戦術家と自他ともに認められている人物は、驚くほど少なかったという。自然、真之は全てを自分でやらねばならず、中国の兵書の「孫子」「呉子」をはじめ、欧米の戦史、戦術書はもちろん、日本の戦国時代の軍書から水軍(海賊)古法まで、あらゆる兵学・軍学書をことごとく読んだ。あるとき人から、真之の戦法は古来の水軍のようだと笑いながら指摘されると、彼は無愛想に「白砂糖は、黒砂糖から出来るのだ。」と答えたという。真之が、いわゆる「秋山軍学」を作り上げてゆくプロセスは、これだったのだろう。

 明治35年(1902年)7月、海軍大学校戦術講座が設けられ、真之はその初代教官に選ばれた。「秋山以外に適任とすべき者はいない。」というのが、海軍内部の定評だった。海軍大学校の校長・坂本俊篤がアメリカ勤務時代の真之にワシントンで会ったとき、「君は海軍大学校に入らんのかね?」と聞いたところ、真之は不思議そうな顔をして「私に教える教官がいるのでしょうか?」と反問したという。なんとも太々しい答えだが、真之にしてみれば自惚れでもなんでもなく、当然の答えだった。坂本は素直に納得して、「これは学生というより教官だ。」と思い直し、考慮するまでもなく戦術講座の初代教官に指名したという。

 真之の講義は、不朽といわれるほどの名講義だったらしい。彼自身が組織して体系化した海軍軍学を教えただけでなく、それをどのようにして組織しえたかという秘訣を繰り返し教えた。彼が兵学校の学生だったころの教官・八代六郎も、選科の受講生として入校し、真之の講義を熱心に聞いた。豪傑をもって知られた八代は、疑問に思うところは容赦なく質問し、しばしば講義の壇上と壇下で喧嘩のような議論になった。あるとき双方譲らず、ついに真之はこのかつての恩師に対して、「愚劣きわまる。八代という人はもっとえらい人かと思っていたが、これしきのことがわからぬとは、驚き入ったことだ。」と罵った。翌日、目を真っ赤にした八代が真之のもとを訪れ、「秋山。君のほうが正しかった。」と、教室の中で大声であやまった。昨夜寝ずに考えたという。普通なら上級者が折れて恥じ入っている場合、下級者としては答えようがあるように思うが、真之は「そうでしょう。」と、にべもなくいったという。愛嬌もなにもない。「どうも天才だが、人徳がない。」と、一部ではこの応対を見て思う者もいたようだが、真之にいわせれば、「戦術に愛嬌がいるか。」ということであった。

 そんな愛嬌もくそもない合理的な現実主義者の秋山真之の講義を受けた学生たちが、日露戦争で各戦隊の参謀として配置され、真之の指示のもとに秋山戦法を個々に実施し、このため、作戦面ではほとんど一糸乱れずに全軍が動く結果を得ることになる。

 原作小説では、正岡子規の死は驚くほどあっさりと書かれている。その原作の記述を大筋でしっかり守りながら、ドラマならではの演出で見事に見せてくれた。
 「子規は自分の死期が近いことを悲しむというふうなところはなかった。」
と、作者は小説の中で語っているが、志半ばでその生涯を終えることは無念だったに違いない。
 「まだまだええ句がうかんできよるんじゃあ・・・。」
 ドラマ中、見舞いに訪れた真之に言った子規の言葉が、まだまだ死にたくないという彼の心の叫びだった。

 6年余りの病床生活を経て、子規の病態はいよいよ悪化し、耐え難い苦痛が彼を苦しめていた。死の直前の明治35年(1902年)9月12日から14日にかけての「病牀六尺」には、そんな苦痛の声が記されている。
 「百二十三 支那や朝鮮では今でも拷問をするそうだが、自分はきのう以来昼夜の別なく、五体なしといふ拷問を受けた。誠に話にならぬ苦しさである。」(9月12日)
 「百二十四 人間の苦痛はよほど極度へまで想像せられるが、しかしそんなに極度にまで想像したやうな苦痛が自分のこの身に来るとはちょっと想像せられぬ事である。」(9月13日)
 「百二十五 足あり、仁王の足の如し。足あり、他人の足の如し。足あり、大般若の如し。僅に指頭を以てこの脚頭に触るれば天地震動、草木号叫、女媧氏いまだこの足を断じ去って、五色の石を作らず。」(9月14日)
 しかし子規は、そんな苦痛の中にあっても文学者としての感受性を失わなかった。死の前日の9月18日には、庭先の糸瓜を写生するべく、傍らの画板に三首の句を書いた。

 「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」
 「をととひの糸瓜の水も取らざりき」
 「痰一斗糸瓜の水も間にあはず」


 これが子規の絶筆となった。

 正岡子規がこの世を去ったのは、明治35年(1902年)9月19日の午前1時。ドラマのとおり、誰にも看取られずに静かに逝った。子規の病床を献身的に看病していた高浜虚子が、わずかに眠っていたあいだだった。子規の母・八重がふと蚊帳の中が気になりのぞいてみると、子規はもう呼吸をしていなかった。虚子は、近くに住む河東碧梧桐らに知らせるため外に出た。この日は旧暦の十七夜だった。虚子が外に出ると、十七夜の月が、子規の生前も死後も変わりなく輝いている。
 「子規逝くや十七日の月明に」
と、虚子が口ずさんだのはこのときであった。生前の正岡子規は、「俳句とは写生だ。」と、その文学的生命をかけてやかましく言った。その写生を、虚子はいま行ったつもりだった。

 正岡子規。享年35歳。
 彼は辞世の句を作らなかったが、彼の35年の生涯を表しているような一首がある。
 「世の人は四国猿とぞ笑ふなる 四国の猿の子 猿ぞわれは」
 子規は、自分が田舎者であることをひそかに卑下していたが、その田舎者が日本の俳句と和歌を革命したぞという叫びたくなるような誇りを、この歌にこめている。
 「正岡子規はとんでもない楽天家であった。明治というオプティミズム(楽天主義)の時代にもっとも適合した人間であったといえる。」
 作者・司馬遼太郎氏はそう評しているが、そんな彼だけに、誰よりも坂の上の雲を見つめながら、ついには頂上まで上り得なかった切なさがある。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2010-12-13 03:04 | 坂の上の雲 | Comments(9)  

Commented by ブラック奄美 at 2010-12-13 20:44 x
私は、子規が既に天に召されていたシーンにおいて、彼がキチンと胸の上で手を組んでいたという演出にすごく心奪われました。私自身も今年は実父を看取る・・・という体験をしたわけですが、全身を襲う苦痛にさいなまれる患者の寝姿はあのように安らかなものではありません。それは「北斗の拳のラオウ」ではありませんが、「天に還るにあたって、もう皆さんの手は煩わさせません。今まで有難うございました」と子規が最後に語っているように思えて、熱く胸にこみ上げてくるものがありました。それは又、最後の瞬間まで己の命を燃やし尽くした者のみに与えられる天からの永遠の安らぎのようでもありました。いずれにせよ、このドラマは、饒舌かつ稚拙な内容の台詞が繰り返されることなく、俳優陣の表情の作り方や淡々とした演出の中に、制作サイドの強い意志を感じ取ることができるドラマです。何より、登場してくるすべての人格に対して敬意をもって丁寧に描かれている点が素晴らしい。とっても真面目なドラマだと考えます。
Commented by marquetry at 2010-12-13 23:08
菅野美穂がいい目をしている...。
モックンよりも、ついつい周りの俳優さんの凄さに心奪われる私です。
kumoさんのブログを読む様になって、ついつい、龍馬から坂の上の雲まで、録画してみる様になってしまいました...しまったぁって感じです...ふふふ。
Commented by sakanoueno-kumo at 2010-12-14 00:48
< ブラック奄美さん。
いやいやまいりましたね。
実は私も胸の上で手を組んでいたシーンに、同じような思いを抱きました。
昼間あんなに苦しんでいたのに、なんと安らかな死姿だと。

実は、私は小学校1年生のときに父を癌で亡くしています。
そして偶然にも、父の命日は子規と同じ9月19日でした。
しかも時間までほぼ同じ、深夜1時前。
死の直前、父はもがき苦しんでいました。
6歳の私はわけもわからず、ただ病床の横でお袋と一緒に手を握っているだけでした。
そして臨終のときには、私は眠ってしまっていました。
6歳ですからね・・・仕方なかったと思います。
翌朝、目が覚めると父の顔には白い布がかけられていました。
幼い私でも、それがどういう意味かはわかりました。
布を取ると、父の顔は昨夜苦しんでいた顔が想像もつかないくらい、穏やかな顔でした。
そして黄色く冷たくなった手が、胸の上でシッカリ組まれていたのを鮮明に覚えています。
同じ命日ということもあって、そんなことを思い出していた今話でした。
Commented by sakanoueno-kumo at 2010-12-14 00:50
< ブラック奄美さん。
つづき

父は無類の日本史通だったそうで、家には歴史の本がたくさんありました。
亡くなる少し前には、この「坂の上の雲」を熱心に読んでいたと、後年お袋から聞きました。
6歳で別れてますから、父から歴史を教わることはなかったわけですが、今また私の書棚に歴史小説が並んでいるのを見て、血は争えないといつもお袋が言います。

スミマセン、コメントの返事になってませんね。
おっしゃるとおり、本作は私にとっても心に残る名作になりそうです。
Commented by sakanoueno-kumo at 2010-12-14 01:08
< marquetryさん。
え~、私の影響なんですかぁ!!
それは責任重大じゃないですかぁ・・・って、私はNHKから金もらってるわけじゃないですからね(笑)。

この「坂の上の雲」の原作は、いろいろと意見が別れる作品です。
日清・日露戦争を「自国防衛戦争」だったとする司馬史観に対し、左よりの方々や反戦論者の方々は「侵略戦争」だったと主張して今でもテレビ放送反対の声が絶えません。
そこらへんの歴史解釈になれば、私もよくわかりません。
でも、司馬さんの描く明治人の姿が私は好きなのです。

「彼らは明治という時代人の体質で、前をのみを見つめながら歩く。
上って行く坂の上の青い天に、もし一朶(いちだ)の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて、坂を上っていくであろう。」

という明治人の姿が・・・。

Commented by ブラック奄美 at 2010-12-14 01:44 x
私の父も、生前は「坂の上の雲」を敬愛、読破しておりました(享年85歳)。父の場合、特に太平洋戦争中に悲惨な目に合い、この戦争指導者達への批判の意味を込めて、本小説に心酔していたようです。秋山兄弟や児玉総参謀長への敬愛ぶりなど、相当なものでしたよ(苦笑)。今、児玉総参謀長の第三軍への介入に対する異論などが出される中、父が生きていたらどう思うだろうか?と私にとっては感慨深いものがあります。そんな父ですが、本ドラマは第一部を観ただけで逝ってしまいました。「原作とだいぶ違う・・・」などと文句を言いつつも・・・(私とよく似ているかも)。後に残された者としては、第二部の各話が始まるとせめてもの供養としてテレビの前に位牌を移動して安置してあげることしか出来ません。そして大好きだった「ブラック奄美(黒糖焼酎です。ご存知ですよね)」のお湯割りも一緒に供えて・・・・・。
Commented by sakanoueno-kumo at 2010-12-14 10:13
< ブラック奄美さん。
私の父は生きていれば、貴兄のご尊父様より少し若い80歳になります。
終戦時15歳ですから、ぎりぎり徴兵いません。
私の父が亡くなったのは昭和48年、43歳のときでしたが、その父がこの作品を知っていることを思えば、もうずいぶんと前の史観ともいえるかもしれません。
司馬さんがこの作品を書いたのは東西冷戦の時代ですし、それから時代もかわって価値観もかわってますから、今なぜ「坂の上の雲」なのか、という反対派の人の意見もわからなくもないです。
司馬さんが頑なに映像化を拒んでいたのも、その辺に理由があったのかもしれません。

児玉源太郎という人は、小柄で愛嬌のある人物だったと司馬さんは述べてます。
その人物像でいえば、高橋英樹さんはちょっと格好良すぎですね。
映画「二百三高地」での丹波哲郎さんもそうでしたが・・・。
Commented by marquetry at 2010-12-14 15:01
歴史解釈は様々有って良いと思います。...侵略戦争だというのも、後からはなんとでも言える事。慰安婦問題もそうです。慰安婦や慰安所は戦後つけられた名前。当時、中国ではわざと感染した女性を日本兵に差し出し、感染による死者も、戦闘の死者に匹敵するとも言われています。感染に頭を悩ませた軍が、現代のコールガールのように管理されたもとで性行為を許諾したという文書が残されているそうです。侵略行為や暴漢行為を行なった兵士もいると思います...が、それは、戦争という中では、どこの国でもおなじだったのではないか?と思います。
...ただ、戦わなければならなかった事に対して、日本の貧しさや近代化や、いろんな要素が色んな人の気持ちと少しづつ重なり合う様に、時代は動いて行ってしまったんじゃないかと...龍馬が、戦う事を覚悟して起こした革命は、戦わずに納められましたが、国としての成長は、諸外国相手にそうそう上手く事は運ばなかったという事でしょう。希望が有ると信じて戦った人達の姿を、知って欲しかったのかもしれませんね...。どんなに希望のためであっても、残酷な結果にしかならなかった戦争と言う事実と共に。
Commented by sakanoueno-kumo at 2010-12-14 18:28
< marquetryさん。
人類の歴史は戦争の歴史と言っても過言ではないと私は思います。
これは近代も、古代も、原始時代でさえ同じでしょう。
戦争によって文明は進歩し、殺し合いで生き残ってきた人間の末裔が私たちだということは、変えようのない事実です。
私は戦争を否定も肯定もしません。
ただ、人間とはつくづく愚かな生き物だなあと感じるだけです。

歴史解釈については、全話の稿の末文に書いた司馬さんの言葉につきると思います。
「後世の人が幻想して侵さず侵されず、人類の平和のみを国是とする国こそ当時のあるべき姿とし、その幻想国家の架空の基準を当時の国家と国際基準に割りこませて国家のありかたの正邪を決めるというのは、歴史は粘土細工の粘土にすぎなくなる。」と。
しかし、この言葉が、この作品を否とする方々の批判の的となっているのが事実です。

<< 宇宙戦艦ヤマトに思う、「世界統... 坂の上の雲 第6話「日英同盟」 >>