人気ブログランキング |

心癒される桜の木の下で思う、野球ができることの幸せ。

 昨日に引き続いて今日も桜観賞。といっても、今日の本来の目的は桜ではなく、少年野球の試合観戦のついでです。今日は私の指導している少年野球チームの春の大会の1回戦で、本来ならばユニフォームを着てベンチに入るところだったのですが、如何せん先日の怪我のため今日も松葉杖状態で、ならば子供たちの写真を撮ろうとカメラを持参して観戦に足を運んだ次第です。

 で、行ってみると、試合会場に隣接する公園の桜がとても綺麗で、思わず今日もシャッターを切りました。いつも大会の度に通る公園なんですが、野球の戦闘モードで行っているときは目に入らないんですよね。今日も、もしユニフォーム姿で行っていたら、きっと桜どころではなかったと思います。そう考えれば、たまには怪我をしてみるのもいいもんです(苦笑)。

 ここは神戸市垂水区の海岸沿いにある平磯公園。桜の木の向こうに見えるグランドが、少年野球試合会場の垂水スポーツガーデンです。
e0158128_18162194.jpg

 今日の神戸は春らしいうららかな陽気で、まさに花見日和でした。
e0158128_18212459.jpg

 夜桜も綺麗ですが、私はやっぱり青空の下の桜が好きです。
e0158128_18241052.jpg

e0158128_18255994.jpg

e0158128_18263388.jpg

 白い花びらの桜です。詳しくないので、品種はわかりません。
e0158128_18334785.jpg

e0158128_18344057.jpg

 少年野球の試合も、青空の下、いい試合ができました。東北地方にも、きっと野球少年はたくさんいるのでしょうが、今はそれどころじゃないでしょうね。直接の被災地ではなくとも、野球場や運動施設にはこれから仮設住宅が建設され、子供たちの野球ができる環境に戻るのは、何年も先になることでしょう。16年前の阪神大震災の神戸も、野球の試合などできる広場はありませんでした。こうして桜観賞や野球ができることが、如何に幸せなことであるか、あらためて思わされます。もちろん、衣食住もままならない被災地の現状で、野球の話なんてどうでもいいことといえばそうなんですが、今日、おもいっきりプレーしている子供たちを見ていて、ふと、そんな思いになりました。東北の野球小僧たちも、きっと野球がしたいだろうなぁ・・・と。そう思えば、こうして穏やかな休日を過ごさせてもらっていることに、感謝せずにはいられません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

by sakanoueno-kumo | 2011-04-10 19:07 | 神戸の史跡・観光 | Comments(2)  

Commented by ブラック奄美 at 2011-04-11 00:19 x
本当に写真がいいですね。近くの桜は花びらの奥まで鮮明で、遠くの桜はきれいにぼかす。そして青空に映えてあくまでも美しい。私も夙川の桜で教えられたのですが、花びらの間の新緑の葉も、たくさんついていたほうが、桜がより美しく見えるのだそうです。貴兄の写真で、そのことが良く分かります。
Commented by sakanoueno-kumo at 2011-04-11 01:50
< ブラック奄美さん。
ありがとうございます。
別に花写真ブログになったワケではありませんので、誤解のなきよう(笑)。
花には特別詳しくありませんが、日本人は皆、桜が好きですよね。
まさに日本を代表する花です。

<< 江~姫たちの戦国~ 第13話「... 心癒される桜の木の下で思う・・... >>