人気ブログランキング |

東日本大震災から1年、いま思うこと。

1000年に一度の大災害といわれ、2万人近くの死者・行方不明者を出した東日本大震災から間もなく1年を迎えようとしています。
改めて、震災により亡くなられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

震災1周年ウイークの今週は、各テレビ局とも連日のように震災を振り返る特集番組を放送しているようです。
おそらく、3月11日の明日は朝から晩までその話題になるのでしょうね。
まあ、ひとつの節目として振り返るのは悪いことではないと思いますが、まだまだ震災は現在進行形といってもよく、もっと普段から報道すべきなんじゃないかとも思ったりします(特に、連日のようにくだらない女性タレントの占い師洗脳ネタをトップニュースに持ってくる情報番組には、正直いって辟易しています)。
17年前の阪神・淡路大震災のときも、地震発生から2ヵ月余りが過ぎたとき、東京であのオウム真理教による「地下鉄サリン事件」が起こったため、世間の関心は一斉にそちらに移り、マスコミからも震災の話題がフェードアウトしていきました。
「地下鉄サリン事件」の場合は重大な事件でしたから、報道の目がそちらに向くのはやむを得なかったにしても、それによって被災地以外に暮らす人の「阪神」への感心が薄れていったのも事実です。
「人の噂も七十五日」とは、よく言ったものだと思いました。
昨年の東日本大震災の場合は、原発問題もあって被災地以外の人にとっても他人ごとではなく、阪神のときほど極端にフェードアウトすることはなかったものの、それでもやはり、報道が減れば関心は少しずつ薄れていくでしょう。
1周年ウイークが過ぎても、報道は変わらず続けて欲しいですね。

それにしても、久しぶりに津波の映像をじっくり見ましたが、改めてその恐ろしさを実感しました。
2004年に起きたスマトラ沖大地震のときの津波映像も衝撃的でしたが、東日本大震災で撮影された津波映像は学術的にも貴重な映像が多かったそうで、今後の津波研究の資料として大いに役に立つと期待されていると聞きます。
たしかに、あのCG映画のような非現実的な光景はそう簡単に撮影できるものではなく、この資料をもとに今後の防災計画津波予測に大いに役立てて欲しいとは思いますが、しかし、私は昨年の地震発生当初から、この映像を見て複雑な思いがありました。
というのも、あの映像の大半は被災者が撮影したものですよね。
つまり、あれだけたくさんの映像が残っていることから察するに、撮影していて逃げ遅れてしまった人も大勢いたのではないかと・・・。
残されている映像のなかには、かなり際どい映像も多々見受けられますからね。
たしかにあの映像のおかげで、私たちは被災地で何が起こっていたかを知ることができたのですが、撮影していて逃げ遅れたら何の意味もありません。
生命あってのことですからね。

という私も、実は17年前の阪神・淡路大震災の発生時、まず持ちだしたのはカメラでした(当時私はカメラが趣味だったことと、子どもが生まれたばかりで普段からカメラを持ち歩く習慣があったので)。
しかし結局、被災地を撮影したのは地震発生から1ヵ月が過ぎてからでした。
今から思えば、大変貴重な光景の中に毎日身を置いていたのですが、とりあえずは家族も住まいも無事だった私が、被災地に向けてファインダーを覗くのは何だか不謹慎に思えたからです。
当時は携帯電話を持っている人も珍しかったですし、持っていてもカメラなど付いていませんでしたから、プロのカメラマンでもない限りなかなかカメラを持ち歩いている人は珍しかったですからね。
今は、誰でもカメラ付の携帯電話を持ち歩いていますし、ムービーカメラもコンパクトになって各家庭に当たり前のようにある時代。
1億総カメラマンといっても過言ではないでしょう。
それゆえに、逃げ遅れて失われた生命がたくさんあったような気がしてなりません。
テレビは、被災者が撮影した映像を当たり前のように放送していますが、その前に、災害発生時はカメラを捨てて、まず逃げることを優先して欲しいと呼びかけるべきなんじゃないでしょうか。

さて、明日で地震発生から1年を迎える被災地ですが、1年というと、「阪神」のときの例でいえば、被災者の中にも格差が生じ始めた時期でもあります。
震災発生直後は、右を向いても左を向いても皆、大なり小なり不幸を背負ってましたから、被災者全員が仲間で、励まし合っていました。
しかし、1年も経つと、自力で再建を目指す力のある人、再建の目処は立たずとも前向きに境遇と向きあう人、被災地を離れる人、どうしても復興の波に乗れない人と、否応無しにも格差が生じ始めました。
そんな中、数カ月前までは仲間意識で励まし合っていた被災者の方々の中も、少しずつ温度差が見え始めます。
残酷ですが、同じ被災者同士でも、「いつまで震災のせいにしてるんだ」という空気が漂い始めたのが1年ほど過ぎた頃でした。
「東北」の場合は、「阪神」と比べて復興は遅々として進んでいないようで、今なお30万人以上の方が避難生活を余儀なくされていると聞きますから、そういった温度差はまだ目立ってはいないかもしれませんが、遠からずのような気がします。
よく、“心のケア”という言葉を耳にしますが、これからはそういった格差によって生じるメンタル面に気を配っていく必要があるでしょう。

いろんな意味で、まだまだ現在進行形の東日本大震災。
明日の14時46分には黙祷し、そして1年の節目が過ぎても、まだまだ被災地から目を逸らさずにいたいと思います。
そして1日も早く、過去形で語れる日が訪れることを願ってやみません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2012-03-10 23:13 | 時事問題 | Comments(2)  

Commented by お夕 at 2012-03-13 00:51 x
がれき処理の県外受け入れがクローズアップされていますが、問題なのは県内処理が遅々として進んでいないことだと思っています。

新しいプラントを建設するのに、条例や法律が立ちはだかっているとのことです。
未曾有の国難……というのなら、平常時の段階を踏まずスピーディーな対応を望みます。
そちらのカモフラージュのために、県外処理を声高に訴えているのでは……と想ったりします。

産廃利権も見え隠れしているようで、かなり複雑で胡散臭いものを感じます。

本質がわかるような、正しい情報がほしいです。
Commented by sakanoueno-kumo at 2012-03-13 16:26
お夕さん

コメントありがとうございます。
あまり詳しくないのでいい加減なことは言えませんが、ご意見お伺いして、少々穿ち過ぎな気がしないでもないです。
平常時の段階を踏まずスピーディーな対応を望むというご意見はおっしゃるとおりだと思いますが、カムフラージュとか、産廃利権とか、疑いだせばキリがないように思います。
スピーディーな対応という意味では、がれき広域処理は効果的だと思いますし、やむを得ないんじゃないでしょうか。
どんなに優れた政策でも、そこに利権を見出して甘い汁を吸おうとする輩は必ずいます。
それら全てをクリーンにしようとしたら、何も前には進まないような気がします。
荒っぽい言い方ですが、今はベストな選択は不可能で、ベターを選ぶしかないんじゃないかと・・・。

追伸。
以前コメントをいただいたとき、貴ブログにもコメントを残そうと思ったのですが、私は「木枯し紋次郎」をほとんど知らないため、何もコメント出来ずに帰って来ました(苦笑)。
また、いつでもコメントくださいね。

<< 平清盛 第10話「義清散る」 平清盛 第9話「ふたりのはみだし者」 >>