人気ブログランキング |

夏休み丹波路紀行 その3 「かやぶきの里・北村」

京都府は南丹市美山町にある山村集落『かやぶきの里・北村』に行ってきました。
ここはその名のとおり、今では珍しくなった茅葺き屋根の家屋が数多く残っているところで、現在50戸ある家屋のうち38棟が茅葺き屋根の建築だそうで、集落での茅葺き屋根数でいえば、世界遺産として有名な岐阜県白川郷、福島県下郷町大内宿に次いで全国第3位だそうです。

e0158128_23365264.jpg

その伝統的技法による建築物群を含めた歴史的景観の保存度への評価も高く、平成5年12月には国の重要伝統的建造物保存地区に選定されたそうです。

e0158128_23393580.jpg

田園風景と茅葺き屋根の集落の風景が、まるで1枚の絵画映画の1シーンを切り取ったかのようです。
実際にこの村は、何度か映画のロケ地にもなっているそうで、あのドラマシリーズ『水戸黄門』の最終回のロケ地にもなったそうです。

e0158128_23412936.jpg

われわれ都会人にとっては、こんな稲穂の絨毯を目にすることが少ないですから、たまにはこういった景色を見て目の保養が必要でしょうね。

e0158128_23432587.jpg

この昔懐かしいポストから見た景色が、絵葉書などにもなっているロケーションです。

e0158128_012621.jpg

なかには資料館や店舗、民宿もありますが、白川郷と同じくそのほとんどが今も実際に生活されている住居だそうです。
ですから、茅葺き家屋の庭にハイブリッドカーを駐車している家もありました(笑)。
生活スペースが観光地になるってのは、どんな気分でしょうね。

e0158128_23475440.jpg

ここ北村は、谷間のゆるい傾斜地にあります。
地理的には昔の丹波国に属しますが、京都と日本海の玄関口の若狭小浜との中間に位置するので、建築や生活文化にはいろいろな地域の影響が見られるところだそうです。

e0158128_2349734.jpg

現存する茅葺き家屋は寛政8年(1796年)建築のものが最古だそうですが、19世紀中頃までに建てられた家屋が18戸と江戸時代に建てられたものが多く残っているそうで、歴史的価値が高いものばかりです。

e0158128_235269.jpg

写っているのは私の妻ですが、彼女の身長は158センチほどです。
茅葺き家屋の高さは、現代の家屋でいえば3階建てくらいの高さはあるでしょうか。

e0158128_23532483.jpg

このパン屋さんの看板もなかなかレトロですね。
「西湖堂パン」とは、昔、京都のあった老舗のパンメーカーだそうです。

e0158128_23572370.jpg

集落内にある美山民俗資料館では、茅葺き家屋の内部の造りを見ることができます。
囲炉裏を囲んで、はいチーズ!

e0158128_2359880.jpg

縁側からみた茅葺き屋根の裏側です。

e0158128_003968.jpg

風呂場です。
ここでおりょうは幕府の追手に気づき、裸で階段を上がって龍馬を助けに行きました・・・って、もちろんですよ(笑)。

e0158128_01491.jpg

屋根裏に上がると小屋組の構造、屋根のふき方を見ることができます。
外から見る以上に広くて高く、屋根裏部屋というより、といってもいいほどです。

e0158128_074335.jpg

村の外れにある観光客用のお食事処、手打ち蕎麦の「きたむら」です。
私が食した「地鶏せいろ」は、なかなか上品な味で美味でしたよ。

e0158128_0153251.jpg

最後にもう一度、ポストのところで記念撮影。
この日は気温35度を超える猛暑日だったため、集落を散策すること約2時間、さすがに汗びっしょりとなってしまいましたが、本来であれば山際で標高も高く、都会よりははるかに涼しいところだと思います。
ネットで調べてみると、このあたりの冬は京都でも有数の豪雪地域のようですね。
雪景色のなかの茅葺き家屋もまた風情があるんじゃないでしょうか。
集落には茅葺き家屋の民宿もあるので、今度は雪景色の季節に訪れてみるのもいいかもしれませんね(茅葺き家屋に泊まって囲炉裏で鍋料理ってのもいいかも)。

e0158128_0223672.jpg

そんなこんなで、夏休みの丹波路紀行シリーズを終わります。
明日から9月ですが、今年は1日・2日が土日なので学生の夏休みは例年より長いそうですね。
まだまだ厳しい残暑が続きますが、そろそろ夏休み気分は終わりにして、秋に向けて気持ちを切り替えていきましょう。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2012-08-31 00:25 | 京都の史跡・観光 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/18754518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by heitaroh at 2012-09-12 18:21
こんな所があるんですね。
これも初めて知りました。
Commented by sakanoueno-kumo at 2012-09-13 22:11
< heitarohさん

京都といっても、北は舞鶴まで京都府ですからね。
こういうところもあるんです。
同じ京都でも、山城国と丹波国ではまったく文化も違うんですよね。

<< 平清盛 第34話「白河院の伝言」 夏休み丹波路紀行 その2 「質... >>