人気ブログランキング |

軍師官兵衛 第23話「半兵衛の遺言」 ~日本史上最も残虐な事件~

 本話のタイトルは「半兵衛の遺言」ですが、前話の稿に引き続き、いま少し荒木村重について考えます。 

 有岡城落城に際して織田信長は、「尼崎城(大物城)と花隈城を明け渡せば、女子供は助ける」との条件を荒木方に提示します。城主不在となった城を守っていた荒木久左衛門は、この信長の提案を受け、村重の判断を仰ぐべく妻子たちを人質に残して尼崎城に向かいます。しかし、村重は荒木久左衛門との面会を拒否。窮した久左衛門らは、有岡城に人質の妻子を残したまま逃亡してしまいます。なんか、村重といいその家臣たちといい、どうも武士らしからぬ行動が目立ちますね。こんなんで、よく1年にも及んだ籠城戦を耐えぬいたな・・・と。あるいは、その長きに渡る籠城戦に疲れ果て、正常な判断能力を失っていたのでしょうか・・・。

 しかし、どうあれ信長がそれを許すはずがありませんでした。怒った信長は、見せしめとして、日本史上最も残虐といわれる処刑を、荒木一族に対して行います。重臣の妻子122名が尼崎城近くの七松にての上、長刀によって処刑され、その他510余名の小者や女中たちは、枯れ草を積んだ家屋に閉じ込められ、家もろとも焼き殺されます。そして、村重の妻・だしをはじめ荒木一族36名は、大八車に縛り付けられ京都市中を引き回されたのち、六条河原で首をはねられました。このときの様子を、商人・立入宗継は、「かやうのおそろしき御成敗は、仏の御代より此方の始め也」と、自身の見聞録『左京亮宗継入道隆佐記』に記しています。その後も信長は、逃亡していた荒木一族を見つけ次第、皆殺しにしていったといいます。信長の怒りの激しさが伺えますが、この苛烈な報復行為には、荒木一族のみならず、信長に付き従う者たちも皆、恐れおののいたに違いありません。ドラマでは、複雑な心境を隠し切れない明智光秀の姿が描かれていましたが、あるいは本当に、これも「本能寺の変」に繋がるひとつのきっかけだったのかもしれませんね。

 それにしても理解できないのは、村重の行動ですね。妻子を置き去りに城を抜けだしたことはもちろん、その後の信長の提案に乗らず、一族を見殺しにした事実も、後世にして「卑怯者」と罵られる所以です。もし、このとき観念して信長の提案をのみ、自身の腹を切って妻子を助けていたら、後世の評価もずいぶん違ったものになっていたことでしょう。というのも、ドラマでは、尼崎城を出たあとの村重の行方は、「ようとして知れなかった」と濁していましたが、史実では、その後も摂津花隈城に逃げ込み、最後は毛利領に亡命して隠れていたといいます。これを、しぶといと見るかブザマと見るかは意見が分かれるところでしょうが、せめて、打倒信長を掲げて再起を目指していたと思わなければ、殺された一族が浮かばれない気がします。

 作家・司馬遼太郎氏はその著書『歴史のなかの邂逅』のなかで、この一連の出来事について、
 「われわれが持った過去の事件で、村重に即してみても、虐殺された女子供たちに即してみても、これほど救いがたい事件はないのではないか。」
 と、記しています。残虐な報復行為を指示した信長も、それを見殺しにした村重も、どちらも人格的欠陥者がもたらした日本史上最も救いがたい事件だ・・・と。

 結局、本能寺で信長が落命したことにより、村重の再起はありませんでしたが、その後の村重はに移り住み、千利休らと親交を持って、晩年は茶人として豊臣秀吉に仕えたといいます。これもまた、現代の私たちの感覚では理解しがたい事実ですね。いくら当事者の信長亡き後の世とはいえ、そんな簡単に過去を水に流せるものだろうか・・・と。

 あと、村重と黒田官兵衛のその後の関係についてですが、1年間もの長きにわたって土牢に幽閉され、その後、後遺症に苦しんだ官兵衛。普通なら、官兵衛にとって村重は、殺しても殺し足りないほど憎い相手のはずですが、最近見つかった史料によれば、どうも、それほどでもなかったようなんですね。昨年末の神戸新聞の記事によれば(参照:官兵衛、幽閉への遺恨なし? 荒木村重への書状確認)、有岡城落城から4年後、本能寺の変から1年半後に官兵衛から村重に送った書状が見つかったそうで、そこには、「(秀吉の)お供で姫路においでになると思っていたが、おいでにならず残念。機会があれば会うことを考えている」などと記されているそうです。社交辞令だとしても、とても非道な仕打ちを受けた宿敵に宛てた書状とは思えない内容ですね。

 この時代、妻子や一族に対する愛情も、宿敵に対する遺恨の感情も、私たちの感覚よりもずいぶんとドライなものだったのかもしれませんね。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2014-06-10 18:07 | 軍師官兵衛 | Trackback(2) | Comments(2)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/22098690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ショコラの日記帳・別館 at 2014-06-13 17:35
タイトル : 【軍師官兵衛】第23回感想と視聴率「半兵衛の遺言」
「半兵衛の遺言」 来年の大河ドラマ『花燃ゆ』のヒロイン・吉田文(井上真央)の兄、... more
Tracked from ショコラの日記帳 at 2014-06-13 17:36
タイトル : 【軍師官兵衛】第23回感想と視聴率「半兵衛...
「半兵衛の遺言」来年の大河ドラマ『花燃ゆ』のヒロイン・吉田文(井上真央)の兄、吉田松陰役、伊勢谷友介さんだと発表されました。(詳細はこちら)第23回の関東の視聴率は、前回...... more
Commented by heitaroh at 2014-06-10 19:44
村重の行動は褒められた行為ではないのでしょうが、人間というものの、最後の最後の本性が如実に表された行為ではなかったでしょうか。先の大戦でも普段、偉そうなことを言っていた人がいざとなったら、自分だけ逃げた・・・などという話がたくさんあったようですし。

それと、確か、だしは信長の愛妾・生駒の方の連れ子ではありませんでしたかね?
だとすれば、嫁がせたのも信長なんじゃないかなと思うのですが、それで殺されたのではたまったものではないですよね。

官兵衛という人は当時の人がすべて恬淡としていたというわけではなく、やはり、そういう性格なんでしょう。小寺の子孫も召し抱えてますし。今も、そういう人いますよ。意外にすぐに忘れる人。B型?(笑)。

ちなみに、残酷さという点では私は大陸の方に比べれば、驚くには値しないように思いました。連中はむちゃくちゃしますからね。
Commented by sakanoueno-kumo at 2014-06-10 22:07
< heitarohさん

>最後の最後の本性が如実に表された行為

たしかに、そう考えればそうなんでしょうが、三木城攻めの別所長治といい、備中高松城攻めの清水宗治といい、自らの切腹と引き換えに家中の者の命を助けたことを思えば、村重くんなぜ逃げた?・・・と思っちゃいますよね。
しかも、村重は信長も認める有能な武将だったはずですから、なんでかなぁと・・・。

だしの出自についてはよく知らなかったのですが、そういう説もあるようですね。
まあ、実弟をも殺す信長ですから、そんな柵は頓着なしでしょうね。

官兵衛という人の性格は、貴兄の著書でも、司馬さんの小説でも、淡白な性分の人間性で描かれていますよね。
おそらく、遠からずの人物だったのでしょうが、でも、自身を不自由な身体にした張本人を相手に、まるで旧友に送ったかのような書状の内容は、さすがに無頓着すぎやしないか?・・・と。
ましてや、本当に姫路に村重が来たら、家臣たちが黙ってなかったんじゃないかと思う次第で・・・。
昔の人の考えることは、よくわかりません(笑)。

<< ドラマ『影武者徳川家康』にみる... 映画『アナと雪の女王』鑑賞記 >>